佐々木司の妄想快楽クラブ
住所
名張市
出身
枚方市
ハンドル名
佐々木司さん
ブログタイトル
佐々木司の妄想快楽クラブ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/witch0331/
ブログ紹介文
佐々木司の官能小説の世界。貴女の心の中に人には言えない欲望がある。
自由文
-
更新頻度(1年)

55回 / 348日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2016/05/16

佐々木司さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 56,410位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,614サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 161 192 152 144 113 112 119 993/週
PVポイント 99 456 880 424 105 427 497 2,888/週
大人の生活ブログ 413位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,826サイト
恋愛小説(愛欲) 40位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 389サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,830位 11,578位 12,018位 11,909位 12,297位 12,362位 12,654位 972,614サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 161 192 152 144 113 112 119 993/週
PVポイント 99 456 880 424 105 427 497 2,888/週
大人の生活ブログ 139位 148位 152位 148位 155位 152位 161位 4,826サイト
恋愛小説(愛欲) 12位 13位 14位 13位 14位 14位 14位 389サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 6,155位 6,095位 5,772位 6,386位 6,447位 6,312位 6,738位 972,614サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 161 192 152 144 113 112 119 993/週
PVポイント 99 456 880 424 105 427 497 2,888/週
大人の生活ブログ 72位 69位 67位 72位 73位 74位 76位 4,826サイト
恋愛小説(愛欲) 9位 8位 8位 8位 8位 8位 8位 389サイト

佐々木司さんのブログ記事

1件〜30件

  • 神村聡美の場合 15

     佐々木のペニスはすでに勃起していた。 固くそそり立つペニスを聡美はじっと見つめている。 「さぁ、舐めろ」 聡美はゆっくりと舌を出し、亀頭を舐め始めた。 「聡美は、結局、淫らな自分に抗えない」 陰茎の裏筋へと舌を這わし、丹念に舐めていく。 「あぁ、いいぞ

  • 神村聡美の場合 14

     爽やかな日差しが屋上を照らす。でも、聡美の周りだけにはその日差しは届いていないような気がする。聡美と佐々木のいる場所だけが目に見えない膜のようなもので包まれているようだ。 佐々木はスカートのホックを外した。聡美の下半身が剥き出しになる。白いショーツ、む

  • 神村聡美の場合 13

     重なり合う唇。舌と舌が絡み合い、卑猥な音を奏でる。 「むぐぐっ」 聡美は呻きに似た声を上げ、それでも、佐々木の濃厚なキスを受け入れる。体温が上昇し、顔が紅潮しているのを感じた。彼女は、無理やり犯されているのに、感じてしまっているのだ。恋愛感情の先にある

  • 神村聡美の場合 12

     佐々木は聡美の髪に触れた。 「綺麗な髪だね。男の性欲をそそる、いい香り。素晴らしい」 聡美は視線を逸らし、何も言わない。沈黙という名の抵抗。それが効果がないということは分かっているのだが、そうせざるを得ない。 「うん?体は差し出しても、心は差し出さない

  • 神村聡美の場合 11

     快晴。 校舎の屋上から見える景色は清々しい。 昼休みには生徒のほとんどが教室かカフェテリアで昼食を摂る。神村聡美は屋上で一人で食事をすることが多い。友人達と食事をするのはもちろん楽しいのだが、一人の時間も好きなのである。 空を見上げる。 心地良い陽気。

  • 官能小説家佐々木司の背徳 50

     美穂は犬のように首輪を付けられ、四つん這いで動き回る。 「雌犬の散歩。もっと尻を高く上げて」 佐々木はいつの間にか片手に鞭を持っていた。 「ほら、どうした。言うことを聞けないとお仕置きだ」 美穂の尻に鞭を振るう。 「あっ、あぁ」 彼女は小さな悲鳴を上げ

  • 官能小説家佐々木司の背徳 49

     精液で汚れたペニスを丁寧に舐め上げる。美穂は自らの唾液を絡め、吸い付くようにペニスを貪った。フェラチオは前戯だけでなく、後戯あるいは掃除としても行われる淫行である。 「次はセックスだな」 「えっ、はい」 美穂はすでに思考や感情が壊れ始めていた。自分の中

  • 官能小説家佐々木司の背徳 48

     白濁の精液が美穂の口の中に広がり、彼女はむせ返った。 「ほら、ちゃんと飲み干しなさい」 佐々木は片手で彼女の口を塞ぐ。獣臭、あるいは青臭い匂いが彼女の鼻腔をくすぐる。吐き出すこともできず、涙目になりながら、でも飲み込むことができずにいる。 「強情だな」

  • 官能小説家佐々木司の背徳 47

     美穂は一心不乱に佐々木のペニスを咥えた。フェラチオは男性への性的奉仕である一方、女性の性欲を高める効果もある。そそり勃つペニスを自由に愛撫する喜び。どんなに性欲が高まっても、実際には理性や様々な感情が働き、性行為で本能を剥き出しにすることは難しい。 で

  • 官能小説家佐々木司の背徳 46

     拘束を解かれ、自由になった美穂は床に座り込んだ。性的興奮で熱を帯びた体は無意識に快感を求めてしまう。頭の中から恐怖は搔き消え、色欲に取って代わられた。 佐々木の股間の膨らみにそっと手を伸ばし、触り始めた。昼間、図書館でも同じような行為をした。美穂はそれ

  • 官能小説家佐々木司の背徳 45

     美穂の尻を掴み、秘部に顔を埋めるように佐々木は愛撫した。体を捩ることすらできず、美穂はただ快感に溺れていく。 図書館での淫行よりも、さらに興奮してしまう。自分の変態性に動揺しながらも、こんな淫らな行為は日常では味わえない。頭の片隅でそう思った。 「あぁ

  • 官能小説家佐々木司の背徳 44

     「もう十分、濡れてるね」 佐々木は故意に大きな声で言った。 「やっぱり、なんだかんだで、こういうので感じるんだな」 美穂は何も答えない。 地下室は音が響く。剥き出しのコンクリートの壁と床。キングサイズのベッドと棚。そして、調教器具が幾つか、所々に設置さ

  • 官能小説家佐々木司の背徳 43

     美穂は混乱していた。佐々木のキスを受け入れるしかないこの状況で、しかしながら、そのキスで興奮している自分がいる。歪んだ性欲を持っている自覚はあったが、改めてそれを実感した。体の奥が熱くたぎっているのが分かる。 佐々木はゆっくりと乳房を口に含む。先ほどま

  • 官能小説家佐々木司の背徳 42

     鋏の先で全身に撫でるように触れられ、美穂は緊張と興奮を覚えた。乳房を揉まれ、乳首が硬くなっているのを感じる。こんな状況でも体は快感を認識するのだ。 「あぁ、まだ、ここが残っていたな」 ショーツに鋏を当てた。 「えっ、あっ」 美穂は思わず悲鳴を上げた。 

  • 官能小説家佐々木司の背徳 41

     美穂の胸が露わになり、もはや衣服はショーツだけになった。鋏の切っ先が乳首に触れる。 「怖いのかい?」 鋏の冷たい感触に少し体を震わした。 「何を、これから、どうするの?」 美穂はやっとの思いで言葉を口にする。 「うん?変態M女子奴隷になるんだろ?」 「そ

  • 官能小説家佐々木司の背徳 40

     美穂の服が刻まれていく。 「えっ、いやぁ」 佐々木はそれを無視して、鋏を動かし続けた。 「変態M女子奴隷には、もうなりたくないのかな?」 美穂は首を横に振った。 「こんな、こんなの違う」 「奴隷には選択の自由はない」 鋏がロープを切り落とした。美穂はそれ

  • 官能小説家佐々木司の背徳 39

     佐々木は壁際まで歩き、棚の引き出しから布切り鋏を取り出した。 「まずは、力関係をはっきりさせないとね」 美穂は言葉を失っている。微かに恐怖が芽生えていた恐怖が増幅していく。性的嗜好が異常ではなく、彼はただの変質者なのではないか、美穂はその疑いを抱き始め

  • 官能小説家佐々木司の背徳 38

     「今から、何をするつもりなの?」 美穂は体を動かそうと踠きながら少し大きな声を出した。 「あれ?私のM女子奴隷になるんだよね。図書館では積極的にフェラチオをしてくれたのに、こういうのは好きじゃないのかい?」 佐々木は鷹揚に答える。 「えっ、でも、こんな監

  • 官能小説家佐々木司の背徳 37

     佐々木はビデオカメラを三脚の上に設置した。美穂を正面から捉えている。彼女はまだ眠っていて、動かない。美穂の体を視姦しながら、ピントを調整した。 「美穂、そろそろお楽しみの時間だ」 頬を軽く叩き、美穂を起こそうとした。 「うっ、うん、あぁ、あれ」 美穂は

  • 官能小説家佐々木司の背徳 36

     コーヒーを片手に、地下室へと降りていく。廊下は冷んやりとして、肌寒い。否、下着しか身に付けていないせいだろう。 扉の前で佐々木は立ち止まる。見た目は錆びれているが、淀みなく扉は開く。この地下室自体は後付けなので、上階の建物よりも新しく、ただデザインは故

  • 官能小説家佐々木司の背徳 35

     官能小説は人間の本質を追求する物語である。人間が抗えない欲求は、睡眠欲、食欲、そして性欲だ。生物学的に男性と女性に分類され、遺伝子を残す為の繁殖活動としての性交は人間の活動として必要不可欠なものである。それを円滑に行う為に性欲が存在する。自発的に性欲が

  • 官能小説家佐々木司の背徳 34

     沙希はマットレスの上で佐々木の顔に跨るようにして重なった。ソープで滑りやすく、体勢が不安定だが、佐々木の勃起したペニスを掴み、扱き始める。 「あぁ、凄い、まだ精子が残ってるんだ。いっぱい出したのに」 沙希は独り言のように呟いた。 佐々木は沙希の膣口に舌

  • 官能小説家佐々木司の背徳 33

     浴室の洗い場は浴槽に比べればかなり広い。ウレタンマットレスが立て掛けてあり、沙希がそれを床に置いた。佐々木が以前に教えたので、沙希はその使い方を理解している。もしかしたら、以前から知っていたのかもしれないが、それは言わないのが女性の美徳であろう。 沙希

  • 官能小説家佐々木司の背徳 32

     浴槽はそれほど広くないが、体を寄せ合えば、一緒に入浴することができる。沙希は佐々木にもたれかかるようにして、佐々木は後ろから抱きしめるようにして、湯船に浸かっている。 「あぁ、気持ちいい」 快楽に溺れた時のそれとは違い、単純に入浴の心地良さを表現してい

  • 官能小説家佐々木司の背徳 31

     部屋の中に響き渡る男女の喘ぎ声。シーツの擦れる音。空調のノイズ。空気中には体液と汗の匂いが拡散し、淫靡で狂おしい雰囲気。 全裸で交わり合う二人。唇と唇は何度も触れ合い、舌と舌は際限なく絡み合う。肉体と肉体は重なり合い、陰部と陰部は結び付く。 貪るように

  • 官能小説家佐々木司の背徳 30

     シーツの乱れが淫らな交わりの激しさを物語る。 佐々木は勃起したペニスを沙希の膣に挿入した。愛液で十分に湿った秘部に吸い込まれるように奥まで入っていく。仄かに暖かく、優しい締め付けを感じる。 「あぁ、何度しても、沙希のあそこは気持ちいいな」 繰り返される

  • 官能小説家佐々木司の背徳 29

     佐々木の人差し指が沙希の膣に挿入され、引き抜かれる。ゆっくりとそれを繰り返していくと愛液が溢れ出し、流れ落ちていく。粘着性のある愛液は彼の指に絡み、蛍光灯の明かりを反射して鈍く輝く。 「いやらしい、淫乱だな、沙希は。もうこんなに感じて。今までにも誰かに

  • 官能小説家佐々木司の背徳 28

     しなやかに動く指先。沙希は下着越しにペニスを触る。ゆっくりといやらしく。佐々木が興奮する部分を探るように。 吐息を耳に当てる。性的な魅力を解放し、淫らで卑猥な本能に忠実な姿を曝け出す。沙希は佐々木の下着を脱がせて、体を重ね合わせて、ペニスに擦り付けた。

  • 官能小説家佐々木司の背徳 27

     沙希のショーツを脱がし、佐々木は彼女の秘部に顔を埋めた。 「あぁ、はぁ、あっ」 甘美を帯びた喘ぎ声は大きくなり、室内に響く。彼女が体をよじる度にシーツが擦れ、その音が喘ぎ声を交わる。 舌を伸ばし、クリトリスを舐めた。陰部の突起は硬く、濡れている。溢れ出

  • 官能小説家佐々木司の背徳 26

     沙希の乳房に吸い付き、舌先で乳首を転がす。片手でもう一方の乳房を揉み扱き、彼女の適度な大きさの胸を堪能していく。彼女は小さく喘ぎながら、徐々に興奮していた。佐々木のもう一方の手が彼女の下半身に伸び、ジーンズのホックを外した。 執拗で濃厚な愛撫。沙希の乳