searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Shinji T.さんのプロフィール

住所
奈良市
出身
清須市

自由文未設定

ブログタイトル
まほろば悠々ブログ
ブログURL
http://mahorobauu.blogspot.com/
ブログ紹介文
絵画自作品など、ライフスタイルを楽しむ情報や話題をお贈りします。
更新頻度(1年)

8回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2015/07/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Shinji T.さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Shinji T.さん
ブログタイトル
まほろば悠々ブログ
更新頻度
8回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
まほろば悠々ブログ

Shinji T.さんの新着記事

1件〜30件

  • 木の下の少女

      絵の題材を探していたとき、印象に残った少女の写真と木立の写真を背景とした構成が思い浮かび、これを水彩で描いてみました。

  • イラストぽい絵に挑戦

    今回は、今までと全く異なった作品を描こう思い、鮮やかな色彩で描く絹谷幸二氏の作品を勉強のため模写してみようと思いました。 画材は全く異なり、カラーの画用紙に水彩ガッシュで彩色しており、構図も若干アレンジを加えています。 自分の作品のカラーを一度破ってみることも、大切ではないでしょうか。

  • シャープマスク当選

    ほぼ諦めていた当選確率ほぼ100倍のシャープマスクが当選しました。 送料及び消費税込みでは3938円になってしまい、ちょっと高いとは思いましたが、中国産や〇〇〇マスクのように不良品が混入している恐れがあるものより、液晶工場の高クリーン度で作られ高品質が担保された製...

  • コロナ・ブルーを吹き飛ばせ

    新型コロナのニュースを見るたびにブルーな気分になるのは私だけではないと思います。 そんなブルーな気分を吹き飛ばすために、馬見丘陵公園(奈良県河合町)へ行ってきました。 平日の為か公園内の人影はまばらで、マスクなしでも全く問題ないような状況です。 春めい...

  • アンスリウム

    アンスリウム、和名は大紅団扇(おおべにうちわ)を描いてみました。 この花、上向きに尖った黄色い部分が花で、ピンク部は葉の部分だそうです。 実は何の花か全く気にしないまま描きましたが、作品が出来上がった後に気になり始めました。 そこで、類義画像を調べるのに便利と...

  • 金剛宝菩薩

    新幹線の京都駅から南側に位置する東寺には、空海の構想によって造立された21体の仏像群があります。 その中で、金剛宝菩薩を描いてみました。 この仏像は高さ95㎝で木造の漆箔造りで西暦839年に制作され、国宝に指定されています。 追記) 空海は日本で最初の私立学校を設立。更に...

  • 紅葉が始まった奈良公園・浮見堂

    スケッチの会の誘いで久しぶりに奈良公園に行きました。 この時期の奈良公園は多くの観光客が目立ちます。 浮見堂辺りは人影が少なく静かなところでスケッチには適した場所でしたが、現在ではここも人が多くでなってしまいました。 とりわけ他の観光地同様に海外の観光客が激増しているの...

  • イガ栗

    暑かった日々も終わり朝晩は涼しくなってきました。 スーパーでは梨や柿など秋の味覚が並び始めています。 先日知人がイガがついたままの栗を入手したということで、食欲の方はちょっと横に置いといて、まずは水彩画のモチーフとして描いてみました。 〔 水彩、F6size 〕...

  • ダチョウの卵程ある松ぼっくり

    知人が大きな松ぼっくりを見せてくれた。 在来の松は鶏の卵ほどの大きさですが、見せてもらったのはダチョウの卵程の大きさがあり、このような大きな物を見るのは初めてでした。 おそらくこれは北米産の松笠ではなかろうかとのことです。 そこで、これをモチーフとして描いてみること...

  • 難民キャンプ

    国連UNHCR協会発行の広報誌を見ました。 この広報誌に掲載されていた中で、南スーダンの難民キャンプにて食料配給を待つ人々の写真が印象に残り、このシーンを水彩画として描いてみました。

  • 大和民俗公園の梅が見頃

    大和郡山市にある大和民俗公園。 暖かさに誘われ、今年も梅を見に行ってきました。 平日にもかかわらず公園には観梅や民族資料館など、広い敷地を散策しながら楽しむ姿が多く見られました。 公園内にある民族資料館では、江戸時代や明治時代の豪華で希少な雛人形の特別...

  • 今年も福寿草が咲きました

    庭石の縁に顔を出した福寿草。 午前中は蕾でしたが、お昼頃には春の陽射しに合わせて咲き始めました。 毎年この時期には目を楽しませてくれますが、別に手入れをしている訳でもありません。 ただ、生えている場所が庭石のおかげで踏まれたりすることがなく、地下茎が生...

  • 長岳寺の鐘楼門

    前回掲載しました石上神宮の南に長岳寺があります。 どちらも山の辺の道沿いにあり、ハイキングスタイルでの参拝者を多く見かけます。 この長岳寺は天長元年(西暦824年)に淳和天皇の勅願によって弘法大師が大和神社の神宮寺として創建された古刹だそうです。 大門をくぐり、両側につつじの生垣...

  • 鶏のいる石上神宮

    奈良から桜井までの古道として有名な山の辺の道。 この道を歩けば、四季折々の草花と共に、二上山、葛城山、金剛山の山々の眺めも美しいく、多くのハイカーが訪れます。 石上神宮はこの道のほぼ中間地点沿いにあり、勿論ハイカーも参拝者に交じって訪れています。 この神宮、日本最古の...

  • 紅葉に染まる談山神社

    関西の日光とも言われている談山神社。 木造の十三重の塔は日本最古で、周りには3000本のカエデに包まれ、美しく染まる紅葉と歴史ある景観が楽しめます。 今年は例年より暖かく、11月下旬には本格的な見頃になるのではないでしょうか。 無料の駐車場が整備され...

  • 曽爾(そに)高原のススキ

    奈良県曽爾村の曽爾高原はすすきで有数の名所です。 ここは標高約700メートルの地点にあり、約40ヘクタールの一面にススキが自生しています。 毎年10月下旬~11月中旬に見頃を迎え、この黄金色の世界を見ながらハイキングを楽しむ方が多く訪れるそうです。 奈良市内から曽...

  • イガ栗

    最近は穏やかな秋晴れが続き、日差しが無いとちょっと肌寒さを感じるようにもなってきました。 今年もいっぱいに日差しを浴びて育った果物がおいしそうです。 例によって食べる前に感謝を込めて描きましたので紹介します。

  • 藤原京跡のコスモス群

    立て続けに台風が来たのを忘れてしまいそうな、穏やかな秋晴れが続いています。 奈良の藤原京跡では300万本ともいわれているコスモスの花がシーズンを迎え、秋晴れの下多くの行楽客が一面に咲き誇る花畑を盛んに写真に撮っていました。 私も東側に香久山、北側に耳成山を背景に写真をと...

  • 秋の味覚

    今年は次々と強力な台風に見舞われ、野菜や果物の生育に影響が出てきています。 このような状況にあって、おいしそうな果物をいただけることは感謝の念が絶えません。 そこでいつものように、味覚を楽しむ前に感謝を込めて描くことにしました。

  • 合掌造りの白川郷

    ユネスコの世界遺産に登録され、合掌造りの集落で有名な白川郷。 白川郷は岐阜県荘川流域の呼称で、この合掌造りは屋根裏の容積を大きくし、豪雪対策や養蚕にとって都合の良い切り妻屋根を採用しており、この集落の自然との調和が美しく、ゆったりとした空間が印象的です。 そして、白川郷の萩町地区...

  • 安曇野・大王わさび農場の水車小屋

    大王わさび農場は松本市からも近く、長野自動車道・安曇野インターチェンジから北方面に、車で約10分程の所にあります。 わさびは冷たく清らかな湧き水が流れるところでしか栽培できないと言われるように、ここは北アルプスの雪解け水が湧き出る水が栽培に適していることから、日本で一番広...

  • 奈良公園・手向山八幡宮

    お水取りで有名な二月堂の南側にある手向山八幡宮。(たむけやまはちまんぐう) 奈良時代 聖武天皇が大仏の造営時、宇佐八幡宮を東大寺大仏守護神として勧請したことから、東大寺の鎮守社として崇敬されてきました。 また、この辺りは紅葉の名所としても有名です。 ...

  • おいしそうな果実

    美味しそうな果実。 すぐにでも食べたくなりますが、ちょっと我慢。 このみずみずしさを描くには、うってつけの水彩で描いてみました。 手前みそですが、おいしそうと思って描けば、不思議とおいしそうな絵になりますね。 ※ページ欄には各種作品集を掲...

  • 奈良公園・浮見堂

    春日大社より奈良公園内の浅茅が原(あざしがはら)の林を抜けると鷺池に突き当り、この池には桧皮葺き(ひわだぶき)の八角形の浮見堂が、水面上に浮かぶように建てられています。 前回紹介した円窓亭から斜面を100m程南に下った所に位置します。 この池周辺には人力車に乗った観...

  • 奈良公園・円窓亭

    浮見堂の北側にある円窓亭(まるまどてい)。 もともとは春日大社の経蔵だった建物だそうで、三面の板壁を円形の窓でくり抜いた特徴的な建物です。 付近一帯は梅林が多く、円窓の梅林または片岡の梅林とも呼ばれ、奈良公園の早春はまずこの辺りの清楚な梅花の香りで始まると言われ...

  • 飲んべ~?

    暑い日が続き、ぐったり・うんざりです。 そんな時には、暑気払いにビールでも飲んで、その後ちょっとうたた寝なんて最高かもしれませんね。 こんな飲み干した空き缶も、りっぱなモチーフになります。 そこで、空き缶を片付ける前に下の様な絵を描いてみました。 さ...

  • 二度嬉しい野菜

    今年は猛暑が続き、野菜の育ちが良くないようで、スーパーでの高値続きに主婦の嘆きが聞こえてきます。 この状況の中でありがたいことに、家庭菜園をしている親類から時々野菜をいただき、大いに喜んでいます。 勿論、この野菜は美味しくいただいておりますが、調理前にちょっ...

  • 興福寺の阿修羅立像

    イケメンとして女性に人気が高く、マスコミにも多く取り上げられた国宝の阿修羅像。 当像は乾漆造りで奈良時代につくられたそうです。普段は奈良の興福寺で見ることができますが、時々首都圏で特別展示されたりしますので、まだ実物を見たことがない方は一度見た方がよいと思います。 ...

  • いわさきちひろ作品を色鉛筆で描く

    いわさきちひろの絵本を一度は見たことがある人は多いと思います。 ちひろが母親として子供を育てながら生涯のテーマとして描き続けたと言われる作品には、まさに母性愛が感じられます。 やわらかで清澄な独特の色調で描かれた絵を見たとき、私もこんな絵を描いてみたいと思いました...

  • 空想を楽しんで描く

    東海道五十三次を描いた歌川広重。 19世紀後半、ジャポニスムの流行を生んだ要因のひとつともされ、大胆な構図と藍色の美しさで日本のみならず欧米でも高く評価されました。 これを模写しようと思いましたが、ただ単に模写するだけでは面白くありません。 ふと京都の太秦撮影...

カテゴリー一覧
商用