プロフィールPROFILE

河童人さんのプロフィール

住所
北海道
出身
草津市

自由文未設定

ブログタイトル
趣味を探してみたり
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kajitomokapapa
ブログ紹介文
いつも何かに熱中していた少年時代への回帰を目指すブログ
更新頻度(1年)

26回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2016/04/11

河童人さんのプロフィール
読者になる

河童人さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,106サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 20 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,408サイト
国産アメリカン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 155サイト
夫婦ライダー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 108サイト
バイクいじり 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 142サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 65,039位 65,734位 65,779位 65,813位 65,868位 66,013位 59,051位 980,106サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 20 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 1,040位 1,050位 1,057位 1,068位 1,089位 1,090位 970位 11,408サイト
国産アメリカン 10位 10位 9位 10位 10位 11位 11位 155サイト
夫婦ライダー 27位 27位 27位 26位 26位 27位 28位 108サイト
バイクいじり 28位 27位 26位 26位 24位 24位 21位 142サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,106サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 20 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,408サイト
国産アメリカン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 155サイト
夫婦ライダー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 108サイト
バイクいじり 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 142サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、河童人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
河童人さん
ブログタイトル
趣味を探してみたり
更新頻度
26回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
趣味を探してみたり

河童人さんの新着記事

1件〜30件

  • 小ネタ2発

    バイク冬季預かり11月10日バイクを預けてきたもちろん奥さんのバイクも預けた11月26日通勤用の50ccスクーターも預けたスーパーカブが気になったTheNumberofTheBeast奥さんの愛車に乗ってたらトリップメーターの数字が並んだ真っ先に頭に浮かんだのはこの名作決して映画に詳しくない河童人ではあるが自分の中ではこの映画と“マニトウ”がホラー映画の双璧暗闇から突然何かが現れたりとか、静かなシーンで急に大きな音が鳴ったりとかびっくり系ホラーが苦手な河童人はこの2作品をホラーの金字塔と考えている“マニトウ”は肝心のクライマックスがB級感にあふれているのはささいな欠点と言っていいだろうその点、シリーズ化されたりリメイクされたりのオーメンはメジャー級のホラーと言っても差し支えはあるまいそんなオーメンの、特に3作目...小ネタ2発

  • 松山出張+α 後編

    道後温泉の宿にチェックインしたのは陽が落ちるちょうどそのころ夕食まで1時間ちょっとあったのでとりあえず道後温泉の本館を見に行ってみた左、真ん中、右の屋根が各々違う形になっているのがキーポイント4日目まずは道後温泉を見に行った正面は改装中なので向かって左にある出入り口だけが解放されていた裏口的なものかと思ったらこちらが元祖正面口らしい現在の正面から見て左・真ん中・右の順に建て増しされたらしく屋根の様式が違うだけでなくよく見れば軒の重なり具合もなんだかおかしなことになっていたなお新しい公衆浴場「飛鳥の湯」も出来ているので道後温泉に泊まらない人も温泉は堪能できる模様この日は松山城を見に行く予定なので市電の道後温泉駅で坊ちゃん電車の乗車券を買って時間があったのでハイカラ通りをぶらぶらしてなぜか北斗印のお酒を発見中身は同...松山出張+α後編

  • 松山出張+α

    1日目機窓から見下ろす函館山閑散期に函館と関西を結ぶ直行便は昼過ぎの伊丹空港行き一便のみなので割とのんびりしたスタートでしたが伊丹空港でレンタカーを借りて西に向かってひた走り宿へ入ったのはもうすっかり暗くなった18時半ホテルの窓からは何年か前に再現されたという津山城がすでに暗くなった夜空に浮かび上がっていましたシャドウファントムつながりの知人に宿まで迎えに来てもらってこの夜は楽しい会食地物色々と食べさせていただいてありがとうございました。飲んで食って喋ってとっても楽しい時間を過ごすことができました2日目津山から今度は南に向かい海の上をひた走り与島P.A.で観光客丸出しの写真を撮ってもらいランチタイムぎりぎりにあらかじめ調べておいた「カフェ&レストラン神椿」へこちらのレストラン軽食喫茶を利用すれば駐車場に車を置い...松山出張+α

  • ワルキューレ ちょいカスタム その2

    前回の更新から1ヶ月ちょい開いてしまいましたがツーリングもしてないしカスタムも細かいのが2つだけでしたその①ハイウェイボード前車のシャドウファントムから移植したハイウェイペグは河童人の短い脚がリラックスするにはちょっとだけ遠かったのですがGLシリーズ用のアームが長いハイウェイボードをヤフオクでゲットしたので(出品者様の画像より)付けてみたおぉっけっこう手前まで来てる!けど左側は後付けのシーソーペダルに近くてシフトのたびに爪先が引っかかりそうだな・・・うん、気を付けよう。それ以外の解決策は無い。それはそうと縁の部分が光るみたいだけどどう活用したものか・・・(出品者様の画像より)その②アンモ缶デタッチャブルシステム車体に取り付けたステーとアンモ缶の接続は蝶ネジがしっかり固定されていないので扱いづらかった(タイラップ...ワルキューレちょいカスタムその2

  • ソロキャンデビュー

    週末に引き続ききじひき高原へやってきた河童人平日の14時ということもあり現在のところ唯一の利用者です週末に奥さんと来た時にはほとんど風が吹いていなかったのですがこの日は画面右手前から左奥に向かって風が吹きまくり木々の枝が左方向を向いているのは強風の証しこの強風の中タープを張るのにあーてもないこーでもないと試行錯誤してようやくタープとツーリングテントを張り終わったのが16時半常に風が吹いているので風に圧されてタープが凹んでいますこんな風の中でも牛たちはのんびりと食事中風は強いが景色は最高南には左から七飯町、函館市、北斗市、奥に函館山北東には駒ケ岳と大沼とりあえず写真を撮ったのでまだ明るかったけど17時半にはひとりBBQスタートピーマンも買ってたけど水場まで洗いに行く気になれなくてシイタケの次はもう肉に突入牛カルビ...ソロキャンデビュー

  • きじひき高原キャンプ場

    お気楽近場キャンプ第2弾はクルマで近場という最強のお気楽キャンプまずは奥さんのリクエストで近くの牧場の馬を見物近いところにいなかったので早々にキャンプ場へ移動手前がカーサイトでその左がフリーテントサイトどちらもテント一張り310円管理棟のあるキャンプ場としてはかなりレアな料金設定だろう我々が目指すのはカーサイトではなく見晴らしの良い高台サイト管理棟で借りたリアカーに荷物を積んだままあちらこちらとさまよった末に通路の踊り場的な場所でお気に入りのワンポールテント&タープを設置ポール用スクリューペグの助けも借りて今回は河童人一人で設営できた天気がいいから写真の色もメリハリがあっていいね夜景の見えるベストポジション(画面左の方)は混み合ってたけどこちらはこちらで眺めの良い場所をキープできた河童人がテント設営に夢中になっ...きじひき高原キャンプ場

  • お気楽キャンツー

    本年初キャンツーの場となった黒松内町の歌才オートキャンプ場ル・ピックは自宅から約130km土曜日も昼まで仕事の河童人は帰宅してご飯食べてから出発するので休憩をはさみながら走ると現地に着くのは下手すりゃ午後5時を過ぎてしまうなので週末キャンプは1時間圏内がいいねということになりやって来ました函館市戸井ウォーターパークフリーサイトは一泊2,625円(平日1,310円)で5人までOK一人増えるごとに+525円だけどライダー専用の場所は一張り525円という親切設定でこの日の利用は二組のみ混んでる時期ならタープまで張るのはマナー違反かも知れないな自宅から30km弱という午後から移動しても楽々キャンプができる安心の距離感ちなみにこの戸井という町はマグロ漁が盛んで大間のマグロと同じく津軽海峡を漁場としており水揚げ後の処理技術...お気楽キャンツー

  • 大沼 Bike Ride & CAMP 2019

    去る9月14日大沼のほとりで試乗会が開催されたので知人N氏と奥さんとで参加したこれまではなんやかんやと予定が重なって参加できなかったので今年が初参加自動車学校で開催される試乗会には結構参加してるけど今回の試乗会は規模が大きそうなんか寂しそうな写真だけど実際には人も多くて結構な賑わいでしたまずは入り口左に並んでいたハーレーダビッドソン達手前から883アイアン、フォーティエイト、ブレイクアウトこちらは国産バイクたち手前左からカワサキNinja650、カワサキW800cafe、ヤマハXMAX、ホンダフォルツァ左奥で後を向いているのがスズキGSX250R入口の左側に並んでいたのはトライアンフのストリートツインとボンネビルT120(とドヤ顔の知人N氏)そしてハスクバーナビトピレン701&401、一番奥は・・・なんだろう?...大沼BikeRide&CAMP2019

  • 2019 初キャンツー

    今年は春からキャンプ熱が盛り上がっていた河童人と奥さんですが8月末になってようやくキャンプツーリングです奥さんと二人だけのキャンプは初めてかも・・・初心者二人のキャンプの会場にはなにかと揃った歌才オートキャンプ場ル・ピックが選ばれました管理棟にはスタッフが24時間常駐しているという安心感この管理棟にはシャワーブース×3(お湯は5分100円、お湯の出方に差あり)があるほか窓口の前では薪や炭、アイスクリーム、ウインナーなどが販売されています河童人がお昼まで仕事だったので帰宅してから荷物の積み込みを始めて家を出たのが14時くらい途中で荷物が傾いて縛り直したりなんだかんだで現地に着いたのは17時に近かったと思う今年導入されたワンポールテントは独りでも設営が簡単とはいえ六角形のテントなのでインナーテントとフライシートを6...2019初キャンツー

  • 福島 出張ツーリング

    今年二回目の出張ツーリングは4泊5日福島の旅でしたスタートは例によってこんな天気です8時半に函館港を出て大間港には11時に到着むつはまなすラインから八戸自動車道、東北自動車道を南下していると盛岡を過ぎたあたりで雨いっつも降られるな~とか思ってたらまさかの豪雨東北道を2輪で走ったのは2015年にシャドウファントムミーティングで仙台に向かった時以来その時も豪雨の高速道路を半泣きで走っていました今回は様子を見ていると雨も弱まったのでレインウェアを着込んで覚悟を決めて出発意気込んで走り出したら数分後には雨の地域を抜けたのでひょっとして雨宿りしなくても良かったのかななんて考えながら走り続けて暗くなる前に本日の宿に到着一関インター降りてすぐの宿は市街地と郊外の境目あたりでしたこの日は近くのツボ八で喰って飲んでその日のうちに...福島出張ツーリング

  • 第30回 白老牛肉まつり 後編

    2日目10時開場ということで10時半の会場入りを予定した河童人と奥さん我々の“早めに動こう”はだいたいこんなもんです2輪駐車場は会場近くに用意されているのですが砂利道というより土と石の道という感じで一般道からここまで(300メートルくらい?)がとてつもなく遠く感じられた1枚目の写真の右の方に写っていたのが正しい入場ルートすでに会場内は肉を焼く人たちで埋め尽くされあちこちから白煙が立ち込めているかなりの数の椅子と簡易コンロとテーブルは用意されてるけど開いている場所を探すのがなかなか大変でバケツに炭を入れて巡回しているおじさんに声をかけたら二人分の場所を見つけてくれたおじさんありがとう(*´∀`*)ネットで前売り券を買っておいた白老牛と当日ゲットした野菜で早めの昼食スタート前売り価格は白老牛180gに場所代や炭代な...第30回白老牛肉まつり後編

  • 第30回 白老牛肉まつり

    6月2日の“第30回白老牛肉まつり”に行こうと5月31日の夜に思い立ってそれから宿を探して急遽一泊二日のツーリングが決定奥さんの愛車にもETCを付けたので最寄りの大沼I.C.から白老I.C.まで約200kmを一気に駆け抜けて・・・なわけもなく目的地の50km手前の有珠山S.A.でトイレ休憩売店&トイレから戻ってくると奥に見えるENEOSのおっちゃんがバイクの写真を撮っていた持ち主(河童人)が戻ってきたことに気が付いて「撮らせてもらっていいですか?」っていやあんた、もう撮ってるだろなんか嬉しいからどんどん撮ってもらっていいんだけどさ(*´Д`)土曜日の半日仕事を終えてから出てきたので宿に着いたのは19時くらい何十年だか続いた旅館を買い取って改装したというホステルの客室はリアルな昭和感が残っていてなんかとっても落ち...第30回白老牛肉まつり

  • 小ネタ集

    なんとなく日を過ごしているうちに前回の更新から3週間を超えてしまったのでちっちゃい出来事を連ねてみますその1:ETC取り付けた待ちに待ったETC助成を利用して奥さんの愛車にETCを取り付けた写真は預けてた愛車を引き取った帰り道その2:恵山つつじ祭り(下見)手短なツーリングを兼ねて恵山へつつじの開花状況を確認しに行った判定は4分咲きってところかその3:熊石あわび祭りおそらく熊石町で最大のイベントだろうイカ焼き〇ホタテ焼き〇焼きアワビ〇和牛串〇カレーは半炊きの米に微量のルーでお店だったら「店長呼んで来い」レベルイベント会場のカレーははずれ続きだなぁけど、自衛隊の軽装甲機動車で機嫌を直し熊石歴史記念館も見学して帰り道で初めての構図で写真を撮ってご機嫌で帰宅その4:試乗会函館マジマ主催の試乗会で期待すらしていなかったバ...小ネタ集

  • 2019 ファトムミーティング@新潟 後編

    シャドウファントムミーティング開催場所の“道の駅マリンドリーム能生”から次なる集合写真場所へひと時のマスツーリング隊列の後半はOB組が占めています何年か前に仙台で開催されたミーティングではここらへんの要領が分からなかった河童人は勝手にホテルへ向かって独走してしまいましたが今回は違いますでも今回はマスツーに参加できたのでちょっとうれしい河童人でしたミラーの中のバイクもOB組の参加者というかシャドウファントムBBCの始祖なのですそんなこんなで第二の撮影場所に到着ここでも何枚か写真を撮ってとりあえず解散河童人もホテルにチェックインして夕方の懇親会(二次会)に備えます外観の写真撮るの忘れたけど今回の1泊4日ツーリングの1泊でお世話になったのはJR高田駅からほど近いアートホテル上越「バイク泊められるとこありますか?」て聞...2019ファトムミーティング@新潟後編

  • 2019 ファトムミーティング@新潟 前編

    恒例のシャドウファントムミーティングも今年でちょうど10回目新潟での開催だったのでフェリーを利用して参加することにしたこの日は好天に恵まれ小樽港へ向かって高速を快走・・・していたけど高速を降りたあたりから太陽は見えなくなったこの日この辺りの最高気温は10℃未満だったらしい5月なのに気温ひとケタかい・・・高速降りてから晴れ間を見ることなく一般道を走って小樽港に到着後の高い渡り廊下は徒歩乗船客がターミナルから船に乗る時に通るところターミナルから見るとずいぶん歩かされるのがよく分かりますね車両用の坂道の向こうに停まっている船が今回お世話になる「らべんだぁ」ひらがな表記に昭和を感じるけど船体はけっこう新しいはず以前乗った船には無かった二輪用の甲板この日のバイク乗船は5台繁忙期にはここにずらりと2輪が並ぶのかなフェリーは...2019ファトムミーティング@新潟前編

  • GW後半

    5月3日ようやく晴れたのでまずはバイクで道の駅“つど~る・プラザ・さはら”へイベントのチラシを見てホタテカレーとオムカレーを食べに来た※写真はチラシではなく現地のメニューを撮ったもの河童人はオムカレーを頼んでみたピーマンは乗ってないしサラダは“食べかけか?”という感じホタテカレーにもピーマンは乗ってなくてピーマン好きの奥さんはがっくりホタテフライも冷めた半切が3ヶだけだったコーヒーはセルフサービスで飲み放題だったけど多分もうここのイベントには来ないだろう食後は恵山のツツジ公園で開花状況をチェックして帰宅(開花予想では2週間ほど後らしい)5月4日奥さんとバイクで松前城へちょうどワッショイ!ワッショイ!やってたのでしばらく見物ひとしきり見物したあとは出店ゾーンに移動して焼きツブ1ヶ、タコ串1本、焼き牡蠣2ヶを注文ツ...GW後半

  • 人力車で浅草

    出張で東京へ行ったついでに浅草をちょこっとだけ巡ってみた横浜あたり出身の奥さんが立てたプランに乗っかってまずは隅田川を船でさかのぼるあ、ちがったこっちの船です初隅田川で旅行気分あふれる河童人と浮かれる河童人に素で付き合う奥さんスカイツリーや有名だけど謎のオブジェ(スーパードライ?)などを鑑賞40分ほどで終点の浅草に到着予約しておいた人力車「えびす屋」の俥夫さんが船着き場で待っててくれたので軽くあいさつを交わした後写真を撮るのも忘れて人力車ツアー開始伝法院通りとか人通りの割と多いところも周囲に丁寧な声をかけながら進み江戸時代っぽい自販機(清涼飲料販売箱)を見てたら上の方には謎の人形ここには壁に張り付く人形歌舞伎のネタにもなっている白波五人集でその名の通り全部で五人いるけどあとの三人がいるところは流石に人力車では入...人力車で浅草

  • 春だからアンモ缶を付けてみよう の巻

    ようやく春が来たので冬季預けておいたワルキューレを引き取ってうちのレシプロエンジン大集合!※エンジン以外の動力で動く人がひとり混じっていますで、ここからが本文です。前回のアンモ缶加工時には無かった穴がふたつホムセンで頑丈なパーツを見繕って作ったアンモ缶用ステー先ほどの穴にステーを取り付けてその他パーツの細かい位置決め缶の側面には斜めに補強が入っているのでこれを避けるため黒いパーツの位置がステーごとに異なりますLRとか書いてるのは“左側の後”という意味でLFは左側の前おおまかに缶側パーツの位置決めをして穴あけ以前の穴はいずれなんとかするとして新たな穴の上には防水を意識してゴムシートを張り付けこれまた以前加工したステーを再利用ステー側に蝶ネジをどうにかこうにか固定して左右×前後で計4本のステーが完成缶側はこうなっと...春だからアンモ缶を付けてみようの巻

  • ビーノ プチカスタム

    身長173cmの胴長体型にとって ビーノはやはり小さいのか?ハンドル位置が低いのでちょっと前かがみになってしまいけっこう首を振らないとミラーで後方を確認できない(写真はちょっとやり過ぎか)純正ミラーはステーが手前に曲がってその先にハウジングがあるので横から見ると鏡面自体はグリップの真上くらいにあるというわけで ミラーをあれこれ探してみたヤマハは右側のミラーが逆ネジということだけど外してみると正ネジと逆ネジの二段構えになっているどうなってんだこれは?で、ばらしてみて納得構造がわかったところでAmazonでいろいろと探してみるステーがそれなりに長くて手前に曲がっていないもしくは奥へオフセットしていて鏡面が直径10cmくらいの真ん丸でできれば車体に似た赤色で、安くて条件に合っているのを見つけたので早速ポチって届いたの...ビーノプチカスタム

  • うちのニューフェイス

    オフシーズンの間にマフラーのメッキ部分を隅々まで磨こうとバイクを預けてあるレッドバロンへマフラーを引き取りに行った時のこと例によって店内の在庫バイクをひと通り見ていた時に目についたのが内外ともに状態の良さそうな一台女子大生のワンオーナーで卒業と同時に手放したらしいで、ちょっと跨ってみる成人男性が乗るにはちょっと小さいけど無理はないレベルかな・・・なんだか着ていたジャケットとの相性が良さそうな・・・イメージが膨らむで、こうなりました先日作ったお弁当用ダレスバッグをシート下に収めてようやく雪の解けた函館を元気に通勤しています重さはワルキューレの5分の1で排気量はの30分の1これはこれで楽しいなぁ(*´∀`*)うちのニューフェイス

  • 一年ぶりの革工房 後編

    ハンドル作成で勢いを付けて本体の縫製に取りかかります胴体の下部になる厚めの革を横につなげ外に赤いポケットを縫い付け内側には帆布で作ったパーツを縫い付けましたが帆布パーツの完成度が低かったので薄い革でパーツを作り直して縫い直し接続用の細い革を使って胴体下部の革を横につなげて筒状に筒になったら気合いもろともひっくり返してブログ用の写真撮影上縁には胴体上部の革と接続するため細い革を縫い付けてありますまたまた裏返して胴体上部の柔らかい革を縫い付け前側の革と後側の革は継ぎ目が内側へ入り込むいわゆる袋縫い胴体上部の革にはあらかじめバックルの類を縫い付けておきます口金を細長い革でくるんでくるんだ革と胴体上部の革を縫い合わせ外側の口金には取っ手の台座と肩紐用のギボシをネジ止め同じように内側の口金を縫い付けて厚い革の底板も縫い付...一年ぶりの革工房後編

  • 一年ぶりの革工房 前編

    何か月か前からぼんやりと練っていた構想をバイクに乗れない冬の間に実現することにしたダレスバッグを作りたいその想いは唐突に河童人の脳内に現れやがて河童人にデザイン画を描かせた部品点数が多いのでめずらしく設計図も作った今回の本気度はけっこう高いネットで見つけたクラフトショップの通販で口金を購入しちょっと短くして目的のサイズに合わせ必要なネジ穴を開ける複数種類の革から各パーツのための革を切り出す切り出したパーツを適宜加工したり手縫いのための穴を開けたり地道な作業が続く一部のパーツは帆布で作ったまず縫製に取り掛かったのが取っ手の部分適当な取っ手を探してホームセンターとか手芸店とか見てみたけど見かけるのは女性用ハンドバッグに使うようなものばかりだったので仕方なく自作してみたけど厚めの革を重ねて折り曲げつつ薄めの革を重ねて...一年ぶりの革工房前編

  • 沖縄旅行最終日 +α

    最終日の記事を忘れていました。まぁ大した記事ではないんですけどね楽しかった沖縄旅行も最終日レンタカーを返却したらあとは飛行機に乗って帰るだけです那覇空港でお土産を物色自衛隊機が何機か飛び立つのを見て『自衛隊と共用なんだ~』とか思ってたら上空が混み合っているとのことで羽田行きの出発時刻がけっこう遅れた那覇空港では毎年何百回も某国の領空侵犯でスクランブル発進しているそうだそんなわけでこの日はビジネスホテルへ羽田空港で乗り継げなかったんです(ホテルの窓から見た羽田空港)沖縄ではあちこちで外人観光客の迷惑パワーを実感させられたけど最後まで本当に迷惑な国だ(#゚Д゚)ただ、日本の航空もひどかった乗り継ぎの時間が心配だったので那覇空港で函館行きの搭乗口までの距離を聞いたら「結構離れていますが、羽田では職員が先導します。」と...沖縄旅行最終日+α

  • 沖縄旅行5日目 斎場御嶽

    午前の久高島に続き午後は斎場御嶽(せーふぁうたき)をめぐりますここは琉球国王が参拝し最高位の神女である聞得大君(きこえおおきみ)の就任儀礼が執り行われた場所で琉球王国内に数ある御嶽(神の降臨する聖域)のなかでも最高の聖地とされる場所ですセーファ御嶽を見学するには南城市地域物産館に車を停めてチケットを買い斎場御嶽入口まで約400メートル緩い坂道を登ります斎場御嶽内にあるイビ(神域)のおおまかな位置関係は図の通り公式HPからパンフレットをダウンロードできるので興味のある方はぜひまずやってきたのは斎場の入り口ともいえる①御門口(ウジョウグチ)看板の下に角ばった石が6個おいてあるが蹴るのはもちろん触れてもいけないこれらは祭祀の際に使う香炉であり御嶽内の6カ所の拝所を表しているらしい御門口の手前には急な下り坂があるけどひ...沖縄旅行5日目斎場御嶽

  • 沖縄旅行5日目 久高島

    沖縄旅行の五日目は河童人が楽しみにしていた琉球の神様めぐりまずは南城市の安座真港から船に乗ります往路は高速艇で15分目指すは神の島“久高島”乗り物酔いやすい奥さんは引きつった顔をしていました①ハビャーン琉球開闢の祖『アマミキヨ』が降り立ったとされる地アマミキヨの名前の由来は天(あま)とか奄美とかいろんな説があるらしい河童人夫婦と社会人3人組の計5人で現地ガイドの方に案内してもらった②フボー御嶽(うたき)この先に信仰上重要な場所があるらしいんだけど立ち入りできるのは道から数メートルくらいまでなので見えるのは木々のみこうした場所はあくまで祭祀の場であり観光地ではないことをあらためて心に刻んだ③一色浜理想郷ニライカナイから五穀の種が入った壺が流れ着いた場所とされる祈りをささげるのは神に仕える女性でありメンバー唯一の女...沖縄旅行5日目久高島

  • 沖縄旅行4日目 琉球村

    グラスボートの後は昼食を求めてウロウロしたけど結局はそのまま琉球村へきじむなあ食堂で沖縄ソバとソーキソバを食べてエイサー演舞へまっしぐら3人の演者が会場中を動き回りながら息の合った演舞を見せてくれる次は沖縄舞踊を見に行こうかな・・・どこでやるんだろう?※各アトラクションの開催場所はパンフレットには記載されておらず入り口近くのアトラクション時刻一覧表で確認するしかないので入場の際に写真を撮っておくことを激しくお勧めするなんとなく人の流れから場所を察して琉球舞踊を見学音楽の開始・停止から司会進行まで独りでこなしていたこのあとはスイーツで小腹を見たしいろんな旧家を見て回る実際に人が住んでいた家が何軒か村の中へ移設されており一般家庭というより裕福な家の造りを見学できる低い生垣とオープンな造りの玄関前に目隠しの石版を置く...沖縄旅行4日目琉球村

  • 小ネタをひとつ

    Indian(インディアン)の公式ホームページをキャプチャハーレーの宣伝にしか見えないんだが小ネタをひとつ

  • 沖縄旅行4日目 グラスボート

    四日目は宿のスタッフお勧めの古宇利島へ行ってみたけど写真を全然撮っていなかったのでブログ的にはスルーさせていただきます眺めは良かったんだけど展望ポイントは人が多すぎて・・・そのあとは“かりゆしビーチ”へ目指すはホテルでクーポンをもらったグラスボート!定員何人かは知らないけど20人乗ったらちょっと窮屈かなーってサイズ乗客が大人4人+小さい子供1人だったから一番小さなグラスボートだったんだろう底がガラスになっていて水中メガネの要領で水の中が良く見えます縞々よりも大きな魚が美味しそうだな、とか思うのはきっと心が汚れているんだろう途中で船頭さんがエサを投げると公園の池の鯉かよ!っていうくらいの盛り上がり水の中には小さな青い魚とか縞々とか真っ黒とかヒトデとかようやく撮れたハリセンボンとかけど一番感動したのはシャコガイ(ヒ...沖縄旅行4日目グラスボート

  • 沖縄旅行3日目 美ら海水族館

    3日目は昼過ぎまで別の用事を済ませて夕方近くになってから美ら海水族館へ行ってきました〇〇ショーとかはやっていない時間だからか入場料が安くなっていて前売りチケット持参でも差額を返金してくれました良心的~(*´Д`)触れ合いコーナーがあったりチンアナゴがたくさん生えてたり目の前後が光ってエジプトの壁画みたいになってる魚がいたりけどやっぱり美ら海水族館と言えば巨大水槽一番人気のジンベイザメはヒトが小さく見える圧巻のサイズ色んな魚が代わる代わる目の前に現れますみんなで一斉に口を開ける小さめの魚たちやなぜか顔の左半分が変形してるけど平然と泳いでる魚など『貴様!見ているな!』っていう目つきのサメこの巨大水槽は何層にも重ねた計603㎜のアクリル板で出来ています巨大水槽を堪能した後はサメの輪切り模型を見たりプラスチックの模型に...沖縄旅行3日目美ら海水族館

  • 沖縄旅行2日目 ネオパークオキナワ

    さて朝から首里城を見たあとちょっとばかし仕事をしてアメリカンビレッジに移動して遅めの昼食食べ放題のお店ですそんでもって目の前にはこんな感じで海が広がっていてこれはリゾートだわここはFOGOBRAZIL(フォーゴブラジル)というお店道路側には看板がでてないので知ってる人しか来ないのかも本当は“ステーキハウス金城”で石垣牛を食べよう、って思ってたんだけど休みだったので隣の店に入ったらとっても満足できるランチにありつけました食事の後は高速に乗って名護市へ移動しネオパークオキナワへ若干早送りでいきますパークへ入る直前にあるトリのエサを買って鳥の群れに挑みます奥さんはえさを求めて付いてくるトリがいたく気に入った様子園内には白やら赤やら別のところには黒やらダチョウやらクジャクやらエミューやらトリばかりかと思いきやペッカリー...沖縄旅行2日目ネオパークオキナワ

カテゴリー一覧
商用