searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ナルシス2世さんのプロフィール

住所
富田林市
出身
中央区

最初はPCのキーボドに慣れる為に趣味で始めたエッセイ。沢山の方々に読んでもらい、所見を頂きながら2つの章に分けて作成しました。より多くの方にも作品にふれてもらいたく、ブログの登録をしてみました。

ブログタイトル
ナルシス2世のブログ
ブログURL
https://shinano-masatale.muragon.com/
ブログ紹介文
痔で入院していた高校生時代の日記、卒業後に出会った沢山の恩師からの学びをエッセイとして作成
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2016/04/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ナルシス2世さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ナルシス2世さん
ブログタイトル
ナルシス2世のブログ
更新頻度
集計中
読者になる
ナルシス2世のブログ

ナルシス2世さんの新着記事

1件〜30件

  • あとがき

    ご愛読ありがとうございました。この作品は部屋を整理していた時に見つけた日記がネタもとです。その日記をパソコンのタイピング練習の為に、打ち始めた文章でありました。 途中まで仕上がった段階で読んでもらった所、ご好評を頂きましたので、調子に乗って作品にさせて頂きました。 日記を読...

  • 【奇跡のようなお話】

    (2008 /10 /13 ナルシス1世 mixi日記より) 10月4日にナルシスは『ピンクリボンチャリティパーティー』に行って来ました。 ご存じの方も多いと思いますが『ピンクリボン』とは、乳がんで娘を亡くした女性が同じ悲しみを繰り返さないようにと願いを込めて、孫にピンクの...

  • 【ちょっと感動できるお話】

    (08年2月・妹の結婚式にて兄よりのスピーチ) 妹は幼稚園の頃に母親を病気で亡くし、高校生の頃には父親が家からいなくなるという不幸に聞こえるような出来事に遭遇しています。  しかし母は亡くなる前に自分の両親に託したのでした。それは実に幸福な道へと導いてくれました。  祖父母...

  • 其の8 大阪の新天地

    俺は東京へ行き、素晴らしい出会いをたくさんし、多くの経験と財産(人との縁)を手に入れた。そして2006年2月から大阪へ戻り、新たな物語が始まった。  約束通り声を掛けてくれた孔明店長がオープンさせたお店で、2014年2月末までの8年間お世話になった。ここでも多くを学び、経験...

  • 其の7 東京歌舞伎町のBAR

    26歳の10月、俺は夢と希望を膨らませ東京へと飛び立った。この地でもたくさんの縁があり、多くを学び、貴重な経験もできた。その中でも大きな縁になるのが、東京で出会い付き合う事になった女性との縁である。過去のトラウマから、人を本気で愛する事が出来なくなっていた俺に愛を与え、そし...

  • 其の6 ブランド品のリサイクルショップ

    孔明店長の退職後、俺はその半年後に退職して実家へ帰り、プータロー生活を続けていた。 念願のショットバーに勤める事ができたのに、退職したのには理由がある。大きな夢を掲げながらも、具体的な方向性は何も決めていない。念願のショットバーで働きながら、俺は葛藤していた。やりがいはある...

  • 其の5 念願のショットバー エピソード⑦おまけ【科埜政武ホモ伝説】

    自衛隊にいた経験があって痔持ちだという事を知られると、ある疑いがかかる事であった。それは『科埜政武ホモ伝説』 ホモセクシャルを軽蔑する訳ではないが、そうでないのに疑われたり、思われたりすると辛いモノがある。違うとムキになって反論すればするほど、ドツボにはまってきた。 今とな...

  • 其の5 念願のショットバー エピソード⑥【タバコ】

    バーテンダー時代はお金の使い方、人との接し方、物の見方・考え方、生活習慣等、一番変化のあった時期でもある。大嫌いだったタバコも吸うようになった。孔明店長の何気ない一言がきっかけだった。   『タバコを吸った事のないお前には無理やけどな』   悔しくてたまらなかった。その一言...

  • 其の5 念願のショットバー エピソード④【読書】

    話下手な俺は、伝達事項や接客においても失敗を繰り返し、時にはお叱りを受ける。追い打ち要素として、南河内の富田林という田舎出身の俺は、河内弁で言葉使いがきたない。同じ大阪弁にも細かい違いがある事を、その時に初めて知ったのである。市内の一等地にあるこのバーには、様々なお客さんが...

  • 其の5 念願のショットバー エピソード③【出入口の法則】

    学生時代からテレビゲームやエロ本にはまっていた俺には、これといった趣味や興味のある事がなかった。接客業にたずさわる上では致命的である。お客さんと会話する際の【話のヒキダシ】が少ないのだ。さらに典型的なB型である俺は、自分の話ばかりしていた。  ある日、孔明店長は俺に休日の過...

カテゴリー一覧
商用