searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

荒川つまさんのプロフィール

住所
荒川区
出身
未設定

夫婦の日常やおすすめのごはん屋さん(荒川区)、レシピなどいろいろ書いています。

ブログタイトル
荒川区に住んでます
ブログURL
https://www.arakawalove.com
ブログ紹介文
夫が大好きな妻による、夫の観察絵日記です。ハプニング体質の夫のおかげで楽しい毎日。
更新頻度(1年)

99回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2016/04/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、荒川つまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
荒川つまさん
ブログタイトル
荒川区に住んでます
更新頻度
99回 / 365日(平均1.9回/週)
フォロー
荒川区に住んでます

荒川つまさんの新着記事

1件〜30件

  • 夫、車を買う&ワクチン接種の備忘録

    「リフォームが安くなるっていう話、あえてつまちゃんにする必要はないかな〜って思ったんだけど、面白いから、した」という夫。なんなんだ夫め…… 荒川家にとうとう車!! が来ることになりました。マイカー!! ヒー、こっこ襲来でライフスタイルが変わってほんと入り用だわ。 夫はもともと釣りを始めてから車を欲しがっていたので、こっこを盾にして「しょうがないから! しょうがないから!」とまあ嬉しそうです笑。 せっかく駅から近い家なのになあとかいろいろ思うところはありますが、確かにこっこにはいずれ山とか海とか、郊外の大きな公園を見せてあげたい気持ちもあるので、これからの休日が楽しみです。 家のリフォームはまだ…

  • いつでもパパはヒーローよ

    「パパはいつでもこっこのヒーローでいたいけど……さすがに天候までは操れない」と肩を落とす夫。いや、そりゃそうだ こっこにとっては2回めの夏。 やたら「れいぼう?」「じょしつぅ?」と、エアコンに頼りたがる軟弱なこっこ。 まあ、あっついですもんね……。 あっついと、がっつりしたものが食べたくなる! ということで、冠新道の西日暮里側の入り口近くにある「とん國」の名物味噌カツ弁当を買いに行ってきました。 こちらは1973年創業の老舗。お店の年季が入った雰囲気が気になりつつも、我が家から冠新道はちょっと遠いので入ったことがなくて。 こっこがいると遊び場を求めて区民館めぐりをするので、冠新道にもしょっちゅ…

  • やかまし村の夫と娘と連休

    やっと気づいたか こっこもうるさいが夫もうるさい我が家。 こっこはもうサンシャイン池崎かというくらい「イェエエエエイ!!! たっのしいねェ!? おもしろいねぇエエエエエ!!!!? あああ!? ありさんいたねぇエエエ!!!」と叫んだり、とにかく声が大きいです。 夫は夫で「ねェ!? おもしろいねぇエエエエエ!!!! ありさんのおうちぃイイイ!!!」と声が大きくてうるさい。 酔っ払ってるんじゃないかしらこの人達、と思うことがある 0歳の頃もこっこがよく大声で叫んでいたので「なんでこんなにうるさいんだろう、この人は……」と気にしていたら、たまたま子育て交流サロンの保健師さん?が「まだお話できないからマ…

  • 三人暮らしの冷蔵庫2021

    今年も定点観測の季節がやってきました。 なんでこの季節なんだっけ。特に理由はなかったけれど、もう5年目です。 昨年生まれた娘も1歳8ヶ月になりました〜。 三人暮らしの冷蔵庫2021 まずは今までの振り返りをば。2017-2020。 なんかこう、冷蔵庫のスペースを活用しきれていない気がする。 2021年の冷蔵庫 今年はこんなかんじです。べべーん。 スイカが大きすぎて、冷蔵庫に何が入っているかほとんど隠れて見えない笑。 最下段の奥のほうにはカレー粉とかの粉類や瓶ものが入っております ただでさえスイカに圧迫されている冷蔵室ですが、今年は間違えて白だしを900ml瓶という大きなサイズで買ってしまい、さ…

  • (娘1歳7か月)パパ、ロマンチック?

    こっこの得意技・人にふっておいて放置 その後の夫、わたしの「いまなんか言ってた?」の質問に「あのね、こっこがパパロマンチック? って聞いてきたからパパはロマンチックだよ、なぜならママという……って答えてね」と詳しく説明してくれて、そして今このブログを書き始めて「夫、あのときなんて言ってたっけ?」と再び聞いたところ、「パパはロマンチックだよ、なぜならママという……」とまた丁寧に説明してくれました。 もしや殺し文句だったのか笑。 でも「恋人」と表現してくれるのは嬉しいですフフフ。 こっこはたまにふと「ろまんちっくぅ?」と聞いてきます。 意味わかっているのかな。 いや、そもそもロマンチックってなんだ…

  • 荒川区の1歳6か月児健診(1歳半健診)に行ってきました

    荒川区の1歳6か月児健診(健康診査) お久しぶりの集団健診 先日、娘・こっこと荒川区の1歳6か月児健診に行ってきました。 赤ちゃんの小粋なジョークなのか、最近「3歳」と無駄に逆サバを読むこっこ 健診は現在は新型コロナの感染拡大防止の影響でずれ込み、1ヶ月遅れのスケジュールで行っているとのこと。ということで1歳6ヶ月健診だけれど実際は1歳7ヶ月健診。 昨年3月に受けた4か月児健診の頃はまだ新型コロナも流行り始めで、しかもこっこの場合は健診が生後初めての人が集まる場所への外出だったので、だいぶ恐る恐る行った記憶が鮮明に残っています。 そして帰り道にグーグルストリートビューに刻まれたことも。 (いま…

  • (1歳7ヶ月)勢いで押し通す赤ちゃんと成長ぶり

    こっこへの効果的な怒り方を悩むこの頃…… 荒川こっこ1歳7ヶ月の成長ぶり。 悪さをしたのをこちらが怒ると勢いでごまかすか、逃げるか、急に甘えてくるか……。そんなかんじの調子のいい人です。 片足で立ったり、しゃがんでジャンプしたり、身体能力もちょっとアップ。「ハキラ」とは虫歯予防用の赤ちゃん用ラムネ菓子みたいなやつです 1歳7ヶ月になって、絵を描いたり、折り紙をちぎって糊で貼ったり、米粉のねんどをねじって遊んだりなど工作で遊ぶ時間がより増えた気がします。 そしてねんどで作った人形やぬいぐるみなどを使って、声色を変えて喋りながらおままごとやごっこ遊びをしたり、親にもぬいぐるみを持たせて「ママ、◯◯…

  • (娘1歳7ヶ月)楽しい七夕と枯れる笹

    すなごは色紙などに吹き付ける金銀箔の粉なんだそうな。あーあれね 今日は七夕ですが、荒川家ではサラサラではなくカサカサに干上がった笹の葉がカラカラと冷房の風に揺れています笑。 うしろは水切れしているパキラ 季節の行事を楽しみたい系赤ちゃんのこっこ。 先日幼稚園の未就園児向けイベントに行った際、先生に七夕の歌と飾りを紹介していただいて。 家に帰ったあともこっこが「きんぎんすなご〜」と歌って笹飾りに興味しんしんだったので、そんなに楽しかったんだ……と我が家でも七夕をすることにしました。 しかしケチ心が働いて「せっかくなら長く飾りたいな〜」と七夕1週間前に笹を購入。 家族3人で飾り付けをして、初めての…

  • 風呂場の聖なる夫

    その理由は、たぶん腰に巻いたバスタオルの”紀元前”感 いや、夫の父性が聖なる域に達しているのやもしれません……。 基本的に我が家は夫がいるときは夫がこっこをお風呂に入れてくれます。 こっこはわたしに頭を洗われるのが相当嫌なようで、一緒にお風呂に入ってごきげんで水遊びをして、「さあ、こっこ頭洗うよ」と言っただけで「ママぁああ!! 痛いィィィ!!!ママぁあああ!!!?」と、もう手がつけられないくらい号泣。 いやなことがあるとすぐ「痛い」と叫ぶこっこ。そろそろ近隣から通報されそうでこわい たぶんわたしの洗い方が雑で気に食わないんでしょうね……。 確かに、数ヶ月前にこっこの髪を洗っているとき、こっこの…

  • (娘1歳7ヶ月)世界は君を中心にまわっているんだね&どうしようの棚

    みんなお友達だね こっこに「あの動物さんは何してるのかな?」と聞くと「こっちゃ〜ん♡って言ってるね」との返しをしてくることが多いです。 傍目にはカラスとかはこっこがしつこく声真似をするので「うるさい赤ん坊ね」とムカッとしてそうでしたが、実際はわたしたちにはわからないだけで「こっちゃ〜ん」ってみんな挨拶してくれているのか……な……笑? とりあえずこっこはスーパーポジティブ赤ちゃんです。 話は変わりまして。 こっこの遊び場はリビングなのですが、どんどん増えるおもちゃや絵本の収納に悩まされている今日この頃。 こっこの好きな絵本「どうぞのいす」をもじって、わたしたちは「どうしようの棚」と呼んでます………

  • (娘1歳7ヶ月)娘、働く父の背中に学ぶ

    1歳児にからかわれ、かわいそうな夫 夫が電話をしていると「もっしィー」となぜかバブリー風味で夫のモノマネ(?)をするこっこ。 夫は「ぼくそんなかんじ……?」と微妙に傷ついています。そんなことないと思うけれど、こっこにはそう見えるのだろう。もっしィー。 ここで唐突に最近食べたおいしかったものの記録。 荒川区役所の近く、仲原通り商店街おかず横丁の焼き鳥店「鳥喜」さんにて、前々から気になっていたオムライスを買いました。ランチタイムのみの販売だとか。 ちなみにおかず横丁はお惣菜やさんやおにぎり屋さんが軒を連ねていて、なかなか楽しいスポットです。 オムライスはおいくらだっけ……300円とかとにかくお手頃…

  • (娘1歳7ヶ月)赤ちゃんの見る世界

    イメージ映像・夫 なるほどこっこにとって雨のなかの植物はごはんを食べたり、お風呂に入っているように見えるみたい。 (ちゃぷする=お風呂に入る、あむってする=ごはんを食べる というこっこ語) わたしは「園芸において水やりを植物の栄養のように考えると失敗するんだよな」とか思っていたので、こっこの言葉に少し心が洗われました。 イメージが大事だね、イメージが。 そして小さなこっこの大発見を共有してもらったら、ひとつひとつ忘れないようにしたいなと思いました。 特に植物や動物に興味があるこっこ。本人も野生に近いですからシンパシーを感じるのでしょうか。自然を慈しんでおくれ〜。 そんなこっこが毎日使命感をもっ…

  • 荒川家のシベリア餃子・ペリメニのレシピ

    よく食べます 楽しいペリメニの作り方 そんなわけで今日は、夫が自分の習性(もったいながって微妙な量を残す)を越えた行動を取るほどに目がない「ペリメニ」というロシアの水餃子風料理のレシピをご紹介したいと思います。 ペリメニはこちら〜。卵入りの生地に合びき肉のあんが入ってます。 つるつるー 我が家ではいつも多めに作って冷凍。 もともと餃子系の料理は大好きですが、産後はこういう大量生産できて冷凍ストックできる、かつ主食と主菜を兼ねる料理が重宝するようになりました。 お昼にサッと茹でてソースや醤油をかけながらそのまま食べたり、夜ごはんには野菜と煮てスープ仕立てにしたりアレンジも自在。 わたしたちは1食…

  • さようなら、すべてのおしりナップマン

    リニューアル後のパッケージのほうがかわいいんですけどね…… 「おしりナップ」を知らない方にはなんのこっちゃな日記ですが。 新しく届いたおしりナップを開封したらパッケージが変わっていてちょっと、いやけっこうショックだったので、その勢いです……。 新生児のこっこと過ごす不安な夜も、大量のうんちをしたタイミングに限っておしりふきがほぼ空だったときも、こっこの胸におしりナップのシールを貼るだけで20分は笑えました。 そんな笑いの止まらないわたしを見て、夫は「つまちゃん疲れているの?」と心配してくれていたけれど……。 自分が思っているよりナップマンに救われていたんだなあ。 ありがとうナップマン。 次はな…

  • (娘5ヶ月)コーヒーミルに対抗する娘と産後のコーヒー事情

    ゴリラゴリラ赤ちゃん (こっこ5ヶ月の頃に書いた思い出です) 生後4ヶ月半〜5ヶ月頃から始まった、こっこの謎の行動。 それはコーヒーミルや掃除機のウィーンという音に対して「わたしのほうが大きな音出るわよ」とばかりに「ああああああ!!!」と大声で叫ぶこと。 音を嫌がっているとかではなく、声量を対抗してくるかんじです。謎だ。 さて、産後のコーヒー事情……。 ↑では自称エグゼクティブ・ビジネスパーソンの夫(ところでエグゼクティブってなんだ)が気分を出すために「今日はケニア」とか言ってますが、我が家はそもそも1種類の豆しかいつも置いてないです笑。 わたしはこっこがお腹にいるのがわかってから、普通のカフ…

  • (娘1歳7ヶ月)体力が有り余る赤ちゃんと国立科学博物館

    さわやかに目覚め、この日は夜9時にごはんを食べて11時に寝るという残業赤ちゃんになりました 体力がついてきたせいか、お昼ごはんを食べたあとになかなかスッとお昼寝をしない日が増えたこっこ。 夕方までノンストップで遊んで、そろそろ夜ごはんだよというタイミングで眠くなりだすこともしばしば。 しかし先日はお昼寝をしそこねてよほど体力の限界が来たのか、5時半前に突然力尽きてこんこんと眠ってしまい、いつもならそれでも7時前には起きるのに、7時になっても8時を過ぎても全然起きない。 無理やり起こしたところ泣いてぐずってまた寝てしまい、その後も部屋の電気を煌々とつけて好きな歌(ハメハメハ大王)を大音量で流し、…

  • あまのじゃくな夫とアスパラ祭り2021

    ただただ高い電球買っただけになったンギギギ…… 我が家は2016年あたりに家の電球をすべてLED電球にしたのですが、先日洗面所の電球が切れてしまいました。LEDだけど10年持たないのかー。 もしや夫が洗面所の電気をよく消し忘れるから……? と思い、コロナ対策も兼ねてちょいとお高いけれど人感センサー式の電球にしてみました。 そうしたら今度は夫が「センサーもったいなくない?」とスイッチをまめに消すようになり、こちらとしては電気がつくと思って洗面所に飛び込むと暗くて「あれ……」みたいなことが多々。 センサーにした意味ない笑。 話は変わりまして。 毎年恒例の、父方の祖母からのアスパラのプレゼント…

  • (娘1歳5ヶ月)元気だね

    夫の災難は続く こっこ1歳5ヶ月の思い出。 夫はこっことお風呂に入る際は自分の股間を出来るだけ隠しているそうですが、ある日こっこが夫の股間を見つけてしまい、触ろうとしたそう。 そこで夫が「これはちんちんだから触っちゃだめだよ」と注意したところ、「ちんちん」を一発で覚えてしまったこっこ。それからは夫の股間を指して「ちんちん」を連呼するブーム到来……。 夫を追いかけながらなぜか「ちんちん元気だね〜元気だね〜」と言うので夫は「やめてよ!」と半泣き。 一時はどうなることかと思いました(ひとまずブームは去った)。 親がいやがると面白がって余計やるんですよね赤ちゃん。先が思いやられる。 そういえば、話は全…

  • 子の成長と裏腹に

    いろいろと雑です 根が雑なので、育児に対しても雑さが目立つようになりました。 しかしそれはしょうがないとして、こっこを1年半ちょい育ててみて思うことは、こっこの成長ぶりと裏腹に自分はびっくりするくらい何も変わらないものだなあということ……。 多少強くなるとか優しくなるとか丁寧になるとか、そういう成長が自然とあるのかなあと思いきや全然普通です。 産前の自分と変わった、と唯一明確に言えるのは尻の傷跡くらい(裂けた)。 ちなみに夫についても、たぶんまったく変わってないんじゃないかなと思います。 まあ育児くらいで勝手に人格者になるなら、今頃世界はネズミに統治されてるはずですねフハハ……。 さてそんな変…

  • イサム・ノグチ展とバッファローウィング

    まだまだ緊急事態宣言下ではありますが……。 こっこと上野の東京都美術館で開催中の『イサム・ノグチ 発見の道』展に行ってきました。 昨年10月から予定だった展覧会が延期になって、ずっと楽しみにしていたのでひとまず無事に見ることが出来て嬉しい。 ”彫刻と空間とは一体である”というノグチの思考に基づき、「彫刻の宇宙」「かろみの世界」「石の庭」の3章に分けた展示空間で彼の芸術の「発見の道」を体感する展示です。 こっこにとっては、昨年夏に行ったピーター・ドイグ展、そして今年の3月に行った吉田博展に続く人生3回目の美術展覧会。 吉田博展では大好きな鳥の絵に「ぴよぴよォー!!」と興奮してしまい、そそくさと会…

  • (娘1歳6ヶ月)我が子に胸キュンする瞬間と成長ぶり

    親バカがほとばしります 恥ずかしながら、我が子に「かわいい♡」とキュンとしてしまう瞬間。 それはこっこが「かくれんぼ!」と言いながらも、数をかぞえるわたしの横で目をプルプル下手くそにつぶりながら隠れずに突っ立っているときです。 我ながら親バカですが、がんばって目をつぶっているのと、かくれんぼなのに全然隠れていないのが本当に面白くて……キュン。 そんな親バカの元ですくすく育つ、こっこ1歳6ヶ月の成長ぶりはこのようなかんじ。 身長を測ろうとすると逃げるので正確に測れていませんが、背がまたぐっと伸びた気がします。こっこが大の字で寝ている姿を見ると、ふと「なんか長いなあこの人」と思う…… 「ごはんあむ…

  • 町屋のボンボンキャンディに顔が爆発する

    語源はフランス語らしいです。つまりフランス人が爆発したという…… (うそです) ”ボンボン”といえば洋酒の入ったチョコレートもありますが、荒川区町屋にあるムラマツ製菓さんで作られているのは洋酒やジュースなどがお砂糖の薄い殻に入ったボンボンキャンディ。 ムラマツさんのボンボンを常備するためにキャニスターを買ってしまったわ 「ボンボン」の響きにはどことなく昭和のレトロな雰囲気を感じますが、昭和の時代に親しまれたウイスキーボンボンは、なんとこちらのお店が発祥なのだそう。 ボンボン(夫)もボンボンに舌鼓 まあるくて滑らかなボンボンを口に含んで薄氷のような殻に少し歯を当てると、途端に殻はジャリッと小さな…

  • ズーム会議怖い

    みんな大人なので無視してくれました 言い訳をすると、夫はいつもZOOM会議のときはちゃんとシャツを着ていて、今回は起き抜けの部屋着のままだったのでまさか会議しているとは思わず……。 「ハウルみたいなうんち出た〜!」とそびえ立つうんちおむつを片手に叫びながらドアを開けてしまいました……。 夫の肩越しにモニター画面に映る自分を見てしまって「おほっ」とほんと変な声が出ました。つらい。 こっこが汗かきながら3日ぶりに出したブツがどんなものだったかは、ハウルの動く城を検索してみてください。 (キムタクの声で再生) 夫の在宅ワーク、外部の方とのシビアな会議のときなどは夫にも知らせてもらってこっこと家を空け…

  • (娘3ヶ月)こっこの足がくさい

    よほど(くさい)なんだな こっこが生後3ヶ月半の頃に書いた日記です。 赤ちゃんといえば甘いミルクの匂い、だと思っていたのですが、足が……。 足がなんかほのかにすっぱい立派なかほりが。 毎日お風呂に入って、ボディソープで指も洗っているのに。汗っかきだからかなあ。 しかし「サラリーマンみたいに臭い」と言ったら夫に「ぼくの足はそんなもんじゃない、こっこに謝りな」と注意されてしましました。 そんな夫は「ブテナロック足洗いソープ」が欠かせません。 こっこのくさいあんよ。 足を撮るついでにお気に入りのCDも散りばめてみました笑。 新生児の頃から一緒に聴いている5枚、母の心の支え&赤子の英才教育(笑)のプレ…

  • (娘1歳6ヶ月)雨の日の父娘

    雨の日は地面がぬかるんで滑りやすくなっているから気をつけようby夫 梅雨入りが迫ってきた今日この頃。 去年の今頃はまだようやく腰が座ってきたくらいで自分で動けなかったこっこにとっては、外で活動を始めて以来初の本格的な雨季。 公園に行けず、体力を持て余し赤ちゃんになるのではないかと親はけっこう戦々恐々としていますが、ひとまずこっこは雨の日の散歩が好きみたいで長靴を自分から持ってきては出かけたがるので、雨の日もフラフラしています。 雨に濡れるあじさいや葉っぱを眺めたり、水たまりに葉っぱを浮かべたり、雨の日ならではのスペシャル散歩。 また雨の日の散歩は夫もはしゃぐので(こっこの”遊びの先輩theパパ…

  • (娘1歳6ヶ月)夫、追い詰められる

    ハメハメハだらけ 「南の島のハメハメハ大王」が好きすぎるこっこ。 口を開けば「はめーはめー」、テレビをつけては「はめ、みる」、歌の本を持ってきては「はめ、きく」、紙を持ってきては「はめ、かく」。 こちらがやめようとすると「もっかい」「もっと」と延々とリピート。 もう……はめはあきた。 ↑の夫の絵のように、親はひたすら修行のようにハメハメハを歌うか描かされている日々。今日も朝起きて朝食を食べるまでに8回フルで歌っていたので、たぶん1日50回は歌っているのでは……。 さすがに絵の真ん中のグジャグジャはこっこが描いたものですが、夫も相当ハメハメハに追い詰められています。そろそろ他の歌にハマってくれ。…

  • 【娘への英才教育】花のみち・胎教編

    黄泉の帝王は教育によろしくない 娘への英才教育の日々、またはヅカを知らない人は置いてけぼりシリーズ開幕。 親の趣味を押し付けるのはよくないけれど、自分が楽しいものを娘も一緒に楽しんでくれたらいいなあ〜とはコッソリ思います。 「死ねばいい!!」はミュージカル『エリザベート』のなかの名シーン。 実在のオーストリア皇妃・エリザベートの波乱の生涯を、彼女に魅入った黄泉の帝王・トートとの邂逅から悲劇的な死までを描く、「死」との恋物語です。 「死ねばいい」のくだりは、夫の不貞の証拠写真を突きつけられ「どうしたらいいの」と嘆くエリザベートに、人間の医者のふりをしていたトートが正体を現し言い放つ台詞なんですね…

  • (娘1歳5ヶ月)自分の限界を知る赤ちゃんと成長ぶり

    短気な人だよな…… こっこ1歳5ヶ月にして、「無理だァ!!」と悲しい台詞を叫ぶようになりました。 イライラしたり、あと滑り台で一人で滑るのが怖くなったときなんかに「ムリダムリダムリダ!」と早口で我修院達也さんみたいな声を出します……。 もしかしてこっこが覚えてしまうほど、こっこの前でわたしたちは「無理だ」って言ってるのかなあ、と夫とちょっと反省しましたが、確かにこっこが「それは無理だ、やめてくれ」みたいなことをよくするので、ついつい言ってしまう笑。 あまり悲しい語彙を増やしたくないのに、どうすればいいのか悩みどころ。 そんなこっこ1歳5ヶ月の成長記録。 こっこはわりと慎重なところがありま…

  • (娘1歳5ヶ月)こっこ、その胎内記憶

    お産で尻ズタズタのビリビリになったものな ある日こっこに「どんなふうにお腹から出てきたか覚えてる?」と聞いたところ、「あ、それね」とでも言いたげな訳知り顔でドアの向こうに走って行き、そして片手をまるで印を切る陰陽師のようにぶん回しながら得意げにのしのし歩いてきました。 いったい何を薙ぎ払ってるんだかと思ったら、夫いわく「あれはつまちゃんのお尻のお肉をバサバサ切ってるとこじゃない」。 なるほど……。そうやって道を作って出てきたのか。 そのあとお産より時間かかったもんなあ、縫合。 果たしてこれは本当にこっこがこの世に生まれ出た際の記憶なのかはわかりませんが、そのような動きはこの質問をしたとき以外は…

  • 産後の夫婦関係と、おすすめ荒川区テイクアウト

    現在、ちゃんと夫を労ることが出来ているかというとそうでもないのですが……仕方ないのよ もうすぐ6回めの結婚記念日! 前回のような「1日のスケジュール」の日記を書いて生活を細かく振り返ると、夫には本当に助けられているなあと思います。 特に産後すぐの頃は、夫に対して語気が荒くなるというか当たりが強くなってしまっているなと反省することが多くて。でも疲れで頭がボーッとしているせいか口が滑っちゃうんですよね……。 それでも夫はわたしに対してキレ返したりせず、穏やかに対応してくれていました。「そんなきつく言わなくてもいいんじゃない?」と悲しそうに言ったのは1回だけ。たまにこっこには「こっこのばぁ〜か、もう…

カテゴリー一覧
商用