荒川区に住んでます
住所
荒川区
出身
ハンドル名
荒川つまさん
ブログタイトル
荒川区に住んでます
ブログURL
https://www.arakawalove.com
ブログ紹介文
夫が大好きな妻による、夫の観察絵日記です。ハプニング体質の夫のおかげで楽しい毎日。
自由文
夫婦の日常やおすすめのごはん屋さん(荒川区)、レシピなどいろいろ書いています。
更新頻度(1年)

38回 / 118日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2016/04/07

荒川つまさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(IN) 15,604位 15,901位 15,827位 15,917位 17,009位 17,125位 17,213位 972,299サイト
INポイント 20 20 10 20 20 10 20 120/週
OUTポイント 70 40 70 60 40 70 70 420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
イラストブログ 343位 344位 338位 338位 353位 350位 353位 16,795サイト
絵日記 79位 83位 80位 81位 85位 85位 83位 2,180サイト
漫画ブログ 86位 87位 87位 87位 93位 96位 98位 14,322サイト
4コマ漫画 27位 27位 27位 28位 29位 29位 29位 1,598サイト
ライフスタイルブログ 2,574位 2,608位 2,600位 2,596位 2,675位 2,666位 2,687位 65,894サイト
二人暮らし 52位 51位 52位 54位 53位 54位 54位 1,704サイト
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,536位 18,141位 16,598位 17,440位 18,488位 18,761位 19,948位 972,299サイト
INポイント 20 20 10 20 20 10 20 120/週
OUTポイント 70 40 70 60 40 70 70 420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
イラストブログ 247位 246位 216位 229位 238位 237位 254位 16,795サイト
絵日記 65位 67位 65位 64位 67位 66位 71位 2,180サイト
漫画ブログ 56位 56位 49位 51位 53位 54位 65位 14,322サイト
4コマ漫画 17位 17位 15位 16位 16位 17位 20位 1,598サイト
ライフスタイルブログ 3,176位 3,157位 2,963位 3,038位 3,143位 3,149位 3,310位 65,894サイト
二人暮らし 71位 71位 64位 67位 70位 72位 74位 1,704サイト
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,299サイト
INポイント 20 20 10 20 20 10 20 120/週
OUTポイント 70 40 70 60 40 70 70 420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
イラストブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,795サイト
絵日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,180サイト
漫画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 14,322サイト
4コマ漫画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,598サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,894サイト
二人暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,704サイト

荒川つまさんのブログ記事

1件〜30件

  • 何様、夫様

    支えるの、やっぱいいや…… 夫様は翌朝、クラムチャウダーを朝から3杯食べていきました。 世の夜ごはん作り係を悩ます、急な「今日は夜ごはんいらないや」問題……。 我が家はたいてい夫から「帰る」という連絡が入ってから夜ごはんを作り始めるので、 急な飲み会など不測の事態もメニュー変更をすれば済むだけなのですが、たまにちょっと気を使って連絡前に作っておくとこれだ……笑。 でも携帯電話が普及したおかげで、そのへんのやりとりはよほどマシになったはずですよね。んごご。 わたしが微妙に怒りを抑えているのを感じたのか、夫が外ごはんに連れて行ってくれました。 池袋でいつもなら聚福楼で羊の丸焼きですが、今回は東来順…

  • 夫、高い志を持つ

    生きるとは、目の前にあるレンジ焼きそばを食べることである──荒川おっと 刻一刻と迫る予定日。 数ヶ月後の生活の想像はまだ全然つきません。 でもそうこうしているうちにベビーベッドだのベビーカーだの出産準備品もどんどん到着して、ほぼ揃いました。 まあ、まだ無事に産めるかわからないので増えていくその品々が嬉しくもありプレッシャーでもある……。 夫は今の気持ちを「期待と不安しかないなあ」と言っていますが、夫は責任感が強いので、もしかするとわたし以上にプレッシャーを感じているのかもしれません。最近ちょっと疲れ気味のように見えます。 夫の父はわたしたちが結婚して間も無く、くも膜下出血で急死してしまったので…

  • 愛されているという自信に満ち溢れた夫

    気まぐれなところが魅力的でしょ! らしいです。んなこたない 夫は最近、わたしが何を言っても「そういうところが可愛いでしょう」と言ってニヤニヤするだけで開き直りがち。または「ウルシェー!」と叫んで逃げていく。 妻はなめられたもんだ……。 でも美味しいパスタを作ってくれたので良しとしよう。 食べた瞬間、「なんだこれっ、うまっ!!」と言ってしまった夫特製パスタ。 「あるでん亭」というパスタ屋さんの「ファンタジア」というメニューを再現したものらしいです。 むかし銀座のソニービルにお店が入っていて、夫父と夫の憩いの場だったとか……。 癖になる味でとても美味しかったので、夫にレシピを書いてもらったのでご紹…

  • 夫、新たな才能が開花する&食卓の三種の神器が揃う!

    しかもその後もほとんどピタリ賞でした 昨夜から今朝にかけての台風、すごかったですね! 朝方くらいに夫が「キュウ〜キュウ〜」と変な高い声を上げているので慌てて起こしたら、「リトルマーメイドの悪役みたいな人に張り付けにされて刺青を無理やり入れられている夢を見たよー」と、窓に叩きつける雨風の音のせいでうなされていたみたいでした。びっくりした。 ひとまず嵐は去ったようで、よかったです。 2017年の雹に比べると今回の台風は全然ましだったような……。 ミモザやソヨゴがバキバキになったり、悪夢だったなあ さてまんがの話に戻ります。 最近ごはんを冷凍するときはひとつひとつクッキングスケールで重さを計っていま…

  • 都内でプチ旅行〜ホテルクラスカでのんびり

    別段変わってはいなかった 毎年恒例、夫婦の夏休み&誕生日旅行に出かけておりました。 貴重な夏休み、二人で過ごす思い出を作っておきたい。 というか出かけたがりの夫が「遊びた〜い、外に出た〜い」とうるさいので、何かしないといけない。 しかしわたしのおめでた生活も終盤戦に入っているので、もしものことを考えると出かけるとしても車や電車で1時間程度、さらに緊急時に受け入れてくれそうな病院を調べて……となると意外と行ける場所ってないような。 鎌倉や箱根でも家から1時間半以上はかかるし……。 ということで大事をとって遠出はせず、都内のホテルで1泊のプチ旅行気分を味わってみることにしました。 CLASKAでの…

  • 終わらない歌で胎教を始める

    宿無しで一文無し おめでた日記。 胎動がわかってからは胎教というか、赤ちゃんが起きていそうなときに歌をうたってみています。 『わたしは宿無し(終わりがない歌)』は母から昔ふざけて教えてもらいましたが、永遠に歌い続けることができて無心になれるので、母体のリラックスにもちょうどいいやと切迫早産の自宅安静中も日がな歌っていました。 歌詞は ♪わたしは宿無しで一文無しだけど、心は朗らかです というフレーズだけ。 この洗脳されそうな奇妙な動画はなんだろう(音量注意) しかし、夫も一緒になって語りかけるようにいつも歌っていたら、なんだかお腹からの反応が良くなるにつれお腹の子が 「どうも、わたしゃ宿無しです…

  • パンドラ夫と寄稿のお知らせ

    エンゲル係数が爆発してしまう! 夫のパンドラの箱はパン屋さんのパンと自家焙煎のコーヒー豆に始まって、その後は薄力粉(ドルチェ)、お気に入りのりんご等々、パカパカとパンドラの箱を開けまくっています。 食べるのが好きな我が家では、一番重きを置いているのが「口に入るもの」。 ぼろを着て女房を質に入れてでも、いや、夫婦で質に入ってでも美味しいお米は食べたいな……。 ということで「パンドラの箱」は開けてはいけない箱ですが、やっぱり美味しいなあ、他と違うなあと思うものを知ってしまうとなかなか元には戻れません。 もちろんお肉やお魚はスーパーの特売でもいいじゃんと夫の意向を無視することも多々ありますし(スーパ…

  • 夫というミューズ

    ブログを「ミューズ観察絵日記(芸術作品)」に改題しよう 2016年から細々と続けている夫観察ブログですが、夫自身は自分について書かれていることは知っているものの、「ぼくがブログを読んでいると知ったらあなたが遠慮してぼくのことを良く書こうとするだろうから、赤裸々に書いて欲しいからぼくはあえて読まない」と宣言。 ということで夫は自分がどんな書かれようなのか知りません。 わたしにとって夫は「小ネタの宝庫」なんですが、夫は「インスピレーションを与えるミューズ(芸術の神)」と自分のことを思っているのが判明したので、これからも尻のでかいミューズでいてほしいです。 ここからミューズへの供物。 うちのミューズ…

  • 追い詰められた夫の脅し

    散らかすのはやめようと思いました 靴下を「暑い」と思った瞬間にその場でポイと足で脱いだり(そして放置)、冬は温まった布団のなかで靴下を脱ぐことになんともいえない快感と背徳感を覚える悪癖があります。 冬の冷え性対策の重ねばき靴下も、脱ぐために履いているようなもの……。 ただ夏は小さなスニーカーソックスやフットカバーを履くので、なんかいつのまにか靴下があっちゃこっちゃ行ってどこかに消えている。 ロボット掃除機がソファーの下からわたしの靴下を抱えて出てきたりして。 こういうことをしていると、洗濯してもだんだん靴下が揃わなくなってきます。 先日も出がけの急いでいるときに靴下が見つからなくて、どうせ靴は…

  • 日暮里繊維街でトッポンチーノのカバー作りのお買い物

    「わざとじゃない、気づいたら出た」by夫 おめでた日記。 人生何が起こるかわからないので、赤ちゃん用品を準備するのは臨月になってからでいいかな〜と悠長に考えていました。 しかし6ヶ月で早々と切迫早産になったりして、赤ちゃんというより自分に何が起こるかわからないからこそ早めに準備したほうがいいかも……と、ぼちぼちグッズを揃え始めました。 トッポンチーノのカバーを作る!(手縫い) 中身の布団を作るのは挫折 なにか手作りのものも用意してみたいなと思い、せっかく日暮里繊維街が近所にあるし、赤ちゃん用のお布団「トッポンチーノ」を縫ってみることに。 トッポンチーノはイタリア生まれの繭のような楕円形のミニ布…

  • お出かけ記録:メスキータ展とかき氷

    メスキータ展 東京駅のステーションギャラリーで開催中の「メスキータ展」に滑り込みで行ってきました。 高いデザイン性と見るものを貫くような力強い木版画もさることながら、ドローイングの奇妙な世界観がすごく面白かった! ここ数年で観た展覧会のなかでもかなり楽しかったかもしれない。 いや〜間に合ってよかった。 新生児は白黒のパッキリしたコントラストの絵を好むというので、我が子への誕生プレゼントにちょうどいいやとノートも買ってみました。わたしが使うけど メスキータ(1868-1944)は日本ではあまり知名度のない作家ですが、オランダで版画家や画家、デザイナーとして活躍したアーティストです。だまし絵で知ら…

  • 西日暮里の美味い居酒屋さんはランチも美味い!

    昼も夜も、いつも楽しい時間をありがとう一合!! お盆休み前に夫が有給を取ったので、平日にしか出来ない何かとっておきのことをしようと話し合いました。 すると夫からの一言めが「西日暮里の居酒屋さん、一合(いちごう)でランチを食べてみたい……」とのこと。ランチね! 西日暮里駅前の居酒屋「一合」でランチ! 西日暮里駅からすぐの開成学園の向かいにある「酒処・一合」は、我が家も友人や親戚が遊びに来たときなどに利用させていただいたりして、 人を連れていって「うちの徒歩圏内にはこんないい居酒屋さんがあるんだぜ?」と自慢したくなるようなお店。 こちらが平日のみランチ営業をしていることを知り、以前も有給を取った日…

  • 6ヶ月で切迫早産!夫の戦いの記録(自宅安静から解除まで)

    夫の子育て活動 おめでた日記。 22週を迎えたばかりのある日、歩いているときに突然ギューっとお腹が痛くなってしまいました。 家に慌てて帰って横になっても、お腹が膨らんで1時間に2回くらいのペースでパンパンに! お腹の張り=陣痛に繋がるということで、これはまずいんじゃないかと緊急で病院を受診したところ「切迫早産」との診断。 家のなかでの軽い家事以外はできるだけ横になっているようにと言われ、しばらく薬をもらって自宅で安静にしていました。 わたしの場合、お腹のなかで赤ちゃんと外界(というのか)の蓋の役割をしている「子宮頸管」の長さが短くなり、それの長さが25mmを切ったら入院というところ27mmとギ…

  • 道化と大麦粉パン

    うるさい男である 夫はわたしが怒ると「ほ〜らほらほら、踊る夫ですよ」と頼んでもないのに踊ってごまかそうとしがち。 しかもひとしきり踊ったあと「ぼくは家でも外でも、どうせ道化者なのさ」と落ち込みだすので面倒くさいです。 さて、今日は大事な弟分だったインコの17回めの命日。彼もまたオスのくせに無駄に尻のでかいインコでした。 恒例のお供えパンを焼きました。 いつもは強力粉300gで食パンを作るところを、今回は大麦粉110g強力粉190gの配合にして「大麦パン」に挑戦。 大麦にはグルテンがないので見た目はライ麦パンに似たずっしり系ですが、食べてみるとあっさりしっとり、大麦の甘みを感じられるパンになりま…

  • しゃっくり夫とドイツ週間

    しゃっくりは止まってた 夫が本当に腰くだけになってヘナヘナと床にへたりこんだので、驚かせたこちらもびっくりしました……。 夫はわたしのことを驚かそうとするわりに、自分が一番びっくり系に弱い男です。 最近の夫ごはんの記録。 夫が「シュバイネブラーテン(Schweinebraten)」というドイツ料理を作ってくれました。ドイツのご家庭では定番のドイツ風ローストポークとのこと。 作り方はとてもシンプル。 塩コショウやハーブ(クミン、タイム)をもみこんでしばらく置いた豚のかたまり肉をフライパンで両面焼きつけて、香味野菜(玉ねぎ、セロリ、人参)とビールと一緒にオーブンに入れてじっくりロースト。 冷蔵庫に…

  • 二人暮らしの冷蔵庫2019

    2017年より始めた、暮らしの定点観測。 3回めの今年は妻がおめでた中とあって、過去2年の冷蔵庫の中身とはまた少し違ってきました。冷蔵庫は相変わらず265リットルの同じ機種です。 二人暮らしの冷蔵庫 2019 まずは2017-2018 そして2019。 べべーん。 言っても鍋が入っているだけであまり変わってないか!? 中身はこのようなかんじ。 今の時期はお昼ごはんもしっかり栄養を摂らねばならないので、夜ごはんを多めに作って次の日のお昼のおかずに回すことが増えました。 ということで、先日買ったジオのポトフ鍋がデデンとぶちこまれています。 お手軽なお餅や生パスタを常備するようになったのも去年の夏と…

  • 夫、独学でピアニストを目指す

    はたして夫は来年のフジロックに呼ばれるのか!? 今年は毎年泊まりで行っていたフジロックに行かなかった夫。 ということでyoutubeでフジロックの中継をぼんやり見守る週末となりました。 わたしは毎年置いていかれています。昨年は中継に映る夫を発見したんだっけな……。 フジロックもいいけれどMelt Festival行ってみたい 以前から夫は「ピアノが弾けるようになりたい」と言っていたのもあり、フジロックに行かなかったかわりのお楽しみとして、お手軽なキーボードを買ってピアノを始めることにしました。 ひとまず教室には通わず独学で練習するらしい。 ばばーーん。 61鍵だと足りなくなっちゃいそうだったの…

  • 青森旅行の思い出(4/4)青森県立美術館のシャガールに、夫婦の夢かなう

    そんな話だったのか 青森旅行の思い出(3) ▼前回 沼めぐりの朝 青森旅行最終日となりました。 朝起きたときの肌のつるつるっぷりに感動。蔦温泉の美肌効果、すばらしいです。 朝風呂のあとは朝食ビュッフェへ。小さめサイズのイガメンチがあったので、お月見団子のごとくお皿に盛りに盛って食べました。 朝食用だからか、あっさりめの味でした 蔦温泉旅館のそばには隠れた絶景スポット、7つの沼を巡る「沼めぐりの小道」という散策路が整備されています。 チェックアウトのあと少し散歩してみました。 森の新鮮な空気が気持ち良かったです こちらが一番大きな蔦沼。水面に映る景色がとてもきれい! ちなみに蔦沼は紅葉の季節は水…

  • 青森旅行の思い出(3/4)十和田湖を時速80kmでぶっ飛ばす!!リブボートクルーズ

    気持ちよかったな〜ボート! 青森旅行の思い出 ▼前回 十和田湖を楽しむリブボートクルーズ! いよいよ2日めのハイライト、十和田湖クルーズへ。 イギリスの特殊部隊も使うという高い安全性を持つ軍用ボート(リブボート)に乗り、十和田湖を最高時速80kmで縦横無尽に駆け巡って自然や歴史を楽しむ50分のツアー。 小回りのきくボートならではの特権で、立ち入りを禁じられている特別自然保護区や十和田神社の秘密のパワースポットにも近づくことができます。 80kmで飛ばすのはアヒルボートではなく、桟橋の奥の黒いボートです お客さんはたまたまわたしたちしかいなかったので、なんと贅沢にも貸し切りクルーズ! ガイド兼操…

  • 青森旅行の思い出(2/4)虹のマートでイガメンチに心奪われ〜そして十和田湖へ

    早く食べたくてたまらなかったらしい 青森旅行の思い出 ▼前回 「虹のマート」で朝ごはん 青森旅行2日めの朝は、弘前食料品市場「虹のマート」という市場で朝ごはんにしました。 こちらは地元の方のお買い物スポットとのことで、海産物のお店やお惣菜が充実しています。 朝一番の時間に行ったのでお店はまだ準備中のところも多かったですが、なんだかこの活気に満ちた楽しそうな雰囲気にワクワクが止まらない。 たらこ!! すじこ!! まぼろしの津軽そば さっそく虹のマート内の「めんの店アキモト」にて「津軽そば」を食べてみました。 麺のつなぎに大豆をつぶした汁を使い、茹で置きして寝かせるという手がかかる&日持ちしない製…

  • 青森旅行の思い出(1/4)りんごの妖精、弘前に現る

    夫はいつもポーズを取ってくれますが、別に写真を撮られるのが好きなわけではなくて「あきらめ」らしい 青森旅行の思い出 昨年の夏休み旅行で青森県に行ってきました。 だいぶ時間が経っちゃいましたがその思い出です。 青森はわたしたち夫婦にとって、長年行ってみたかった場所。 というのも、付き合い始めたころから夫が 「青森県立美術館に学生時代に行ったんだけど、とても面白くてね。マルク・シャガールがバレエの舞台の背景画に描いた大きな作品があって、いつかそれをつまちゃんと見たいんだよねえ、ぼくの夢さあ」 と部屋の壁に貼ったポストカードの前でよく話してくれていて。 学生時代の夫の趣味は18きっぷで全国の美術館め…

  • 夫、胎動を感じる

    胎動だけでなくお腹に耳を当てると心音も聴こえるんだとか。それを知った夫は「つまちゃんさ〜、なんか家で心音が聴けるお高い家庭用ドップラー欲しがってたじゃない。エンジェルサウンド?それそれ。ぼくが心音聴くなら買わなくていいでしょ。エンジェル夫と呼んでいいよ」と偉そうに言ったわりに「うーん、お腹鳴ってる」しか言わない適当なやろうだ おめでた生活も折返し地点を過ぎ、毎日胎動を感じられるようになりました。 最初に「これはもしや」という小さな動きを感じたのは、台所で本格インドスパイスを使ったカレーを味見しながら煮ているときでした。夫のカレー好きの遺伝子のせいかなと思ったのですが、単純に辛すぎて異変に暴れて…

  • 夫婦の相性

    つまり相性は良いってことかい……? 先週は夫がかなりハードな週で、日を追うごとにヘトヘトになっていましたが、何もしていないはずのわたしまで何故か夫と一緒にヘトヘトになっていました。 ここ数年を顧みても2人同時に体調を崩すことが多くて、夫婦のバイオリズムが無駄に奇跡的に連動しているようだ。当たっていたのか、ワンコイン占い笑。 ちなみにこの占いをしたときに中華街で買った照宝のせいろは現在も活躍中。コンパクトな18cmの杉製2段を選びました。 シュウマイは用意に7分、蒸し10分くらいですぐ用意が出来るので、きれいに包もうという気持ちさえ捨てれば疲れているときの晩ごはんに良いです。他のおかずが質素でも…

  • 夫、探検隊になる

    なんなんだそれは…… ああ〜、ぶっとい太ももをねじると出てしまうアレの存在が、一番知られたくない相手にバレてしまった……。 夫は目を輝かせて「何これェ!」と人の足をねじり、 「まだあるかもしれないから探してあげようか! 今日からぼかぁセルライト探検隊だ!」 と、追い打ちをかけてきました。 その妙にキャッチーな響きにも腹が立ちますが、そんな探検隊、遭難してしまえ。 乙女心が傷ついたのでごはん作りを拒否。夫が贖罪のグリーンカレーを作ってくれました。 MAE PLOY(メープロイ)のカレーペーストとココナッツミルク缶と鶏ももを買って、あとは家にあった茄子やピーマンなどの野菜で。 トマトはあとのせ(わ…

  • 夫と一緒に床掃除

    なんで夫はこんなに騒がしいのだろう…… 黙々と雑巾で床掃除をする時間がけっこう好きです。 学生時代やひとり暮らしの頃も、夜などにコソコソ床掃除していました。 料理をし終えたあとの台所の床なんかはクイックルの棒に雑巾をつけてさっと拭きたいですが、「床磨こう!」というときは巾木(はばき)のホコリがたまる部分もついでに拭くので手で拭きます。 家事というよりはただの瞑想を気取った気分転換に近いので、きちんと掃除しろと言われたらむしろやらないです。 うちはフローリングなので固く絞った雑巾の水拭きでも充分なのですが、床掃除の愛用品はリンレイの「天然由来の成分だけを使った床ワックス」。べべーん。 たいして気…

  • 荒川区のゆりかご面接へ&母子手帳をもらいました

    大いにありうる…… 母子手帳とゆりかご面接 妊娠11週のときに荒川区役所の裏にある荒川区保健所(がん予防・健康づくりセンター)へ母子手帳をもらいに行ってきました。 以前は区役所でも手続きが出来たはずですが、2019年度からは妊娠届出書の提出と母子手帳の交付は保健所か区民事務所のみに。 そして保健師さんとの面接を強化するのか「保健所で面接をするとカタログギフトがもらえるよ!」という新サービスが始まっていました。 その変更をギリギリまで知らなかったので夫は残念ながら一緒に来れず(区役所の日曜開庁で手帳がもらえると思っていた)、今回はてくてくと平日に妻一人で。 手続きの流れ わたしは保健所のほうに行…

  • 蚊と夫が憎い

    妻を蚊のエサにしようとした夫を許さない 憎き蚊の季節がやってきました……。 外を歩くときは『天使のスキンベープ』が手放せません。 しかも今年はジカ熱には絶対気をつけなきゃいけないので、しばらく公園には行けないな。 天使のスキンベープは成分が優しいらしいです 家のなかでは昨年日記にも書いた『菊花せんこう』を使っています。 こちらは虫を殺すものではないので、フラーッと入ってきた蚊がいる場合は自分で追いかけて叩かなきゃいけないのですが、焚いておくとそれなりに虫も弱るし、煙に弱い夫も「これなら喉がイガイガしない」と言うので重宝しています。 それにしても夜寝ているときの耳元で「プ〜ン」は最悪です。家のな…

  • アイスランドで新婚旅行した人あるあるオブスローンズ最終章

    あるある わたしたちが新婚旅行で訪れたアイスランドは、ダイナミックで美しい大自然の風景から映画やドラマのロケ地に使われることが多い国。 (旅行記はこちら→ 旅行絵日記-アイスランド新婚旅行の思い出 ) SF映画やファンタジー映画に使われるのも納得のロケーション! 有名なところでは映画『インセプション』や『インターステラー』、そして海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』もそのひとつ。 夫婦で『ゲーム・オブ・スローンズ』にハマったのは、やっぱり楽しかった新婚旅行の思い出と重なるからでしょうか……笑。 旅の思い出を『ゲーム・オブ・スローンズ』の凄惨な戦闘シーンに重ねながらニコニコと見守るのは、アイス…

  • 夫の献身と妻のつわり

    眠かったらしい。安らかでした…… おめでた初期のつわりはほぼ誰もが通る道ですが、英語でMorning sicknessとは言ったもので朝起き抜けの吐き気にも悩まされました。 何かを口にしたら楽になるので、夫が「軽めの朝ごはんをベッドで食べてから起きるのはどう?」とわたしより先に起きて水とシリアルをベッドに持ってきてくれるように。 これでだいぶ気分が楽になって、朝の支度ができるようになりました。 でも、寝ぼけたまま「お水持ってきてあげる」と言い残してベッドの上で走っていた夫の姿は傑作でしたが……。 そしてなんだかんだで夜ごはんもあまり食べられなかったので、「夫とごはんが食べられなくて寂しい」とこ…

  • 夫は猫またぎ

    と書きましたが、魚をきれいに食べられる人は本当に尊敬します! 夫は魚が大好きで、焼き魚も頭の骨の一番硬いところと、背骨と尾っぽ以外はほぼ残さないくらいきれい〜に平らげます。ほんとに見事です。 アジの干物は塩分が気になるのでたまの楽しみ。この日の他のおかずは冷奴にモロヘイヤとオクラと梅を叩いてのせたもの、アスパラと新ジャガのきんぴら、椎茸と玉ねぎのお味噌汁にしました。減塩むずかしい わたしは魚をきれいに食べるのが苦手なので、身をチマチマ味わうので精一杯。 しかも夫がジーッと目を見開いて、わたしがお皿の隅にのけた骨などを「まだ食べるとこあるのに……目玉がおいしいのに……」と言いながら見てきて、その…