chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ゆったりと写真を楽しむ。 https://blog.goo.ne.jp/kinio090612

写真を始めて6年、どんなジャンルにも挑戦しています。 最近は「まつり」「動物」が多いようです。

ゆったりと写真を楽しむ。
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2016/03/26

1件〜100件

  • 光害カットフィルター

    今回、光害カットフィルターの検証KANI角型フィルターの中で光害カットフィルターを使用した写真と使用しない写真の比較最初の写真は使用していないもの2枚目が使用した写真日の入りが19:10(撮影時間は19:45)黎明期の写真ですが、明らかに空のブルーの色合いですより深いきれいな色合いになっています夜の撮影、星空の撮影に最適ですね100×100㎜のフィルターで2万円弱と高額ですが、此処迄変わると良い感じです又、街頭などの光もすっきりと撮れます光害カットフィルター

  • 長太(なご)の大楠

    天然記念物に指定されている長太の大楠初めての撮影です6人ぐらいが毎日のように撮影に来ているようです自分の作品を初めてきた人たちに見せてくる人も固定観念に左右させることなく自分の画角でと思っているのに田んぼの真ん中にこれほどの大きい楠があるのにびっくりです最初の写真以外は太陽の沈んだ後19:00過ぎの撮影です長太(なご)の大楠

  • 今日の母鴨

    今日は名古屋も梅雨入り宣言しとしとと降る雨、意外と温度が低いので過ごしやすいトレーニングジムで筋トレ30分ランニングマシーンで時速5/㎞で今日は4.4㎞約1時間1週間に2回、カイロプラクティック通っている今回は右腰が腰を曲げるとキヤッ!とするようになった為「カイロプラクティック」とは身体の歪みをつくるおおもとの原因を探して背骨や骨盤を矯正し、身体全体のバランスを整えていくことが目的である私は何度もカイロプラクティックに助けられている全く痛いことは無く、ただ体に軽く触れられている感じだけ今回で5回目ですが見事に完治、それと体のバランスが良くなりマシーンで歩いていても安定感抜群です心拍数も106くらいで安定、これまで3㎞歩くと汗びっしょり、心拍数も120を超えていたが嘘のようにスムーズ毎回約1時間施術で110...今日の母鴨

  • 卵を温める母鴨

    家の前の荒子川で鴨が卵を温めています1週間程前に見つけて毎日様子を見ている毎年2組ほど子育てをしますが、もう少し下流でした今回は歩いて5分程度の所です最初の写真が見つけた時の写真2,3枚目は今日の写真ミドリガメのデカいのが沢山いますコンクリートの川で元々が工場の排水が源その為水温が高くティラピアが住み着いているたまに、30㎝以上の大きさのものも見かけます釣り愛好家や近所の子供達も釣りにやってきます最後の写真が大きいティラピア卵を温める母鴨

  • 紫陽花

    この日はパラパラと雨が降りだしたころに撮影鉛色の空はアジサイも美しく撮れますねピーカンの晴、日差しはうまく撮れません今回は更に露出補正を-2~-3と暗く撮りPhotoshopで部分的に追い焼き、周辺露光を落としたりをしていますさも紫陽花が発光しているような雰囲気です紫陽花

  • 武将隊と共にまきわり船に乗る

    旧東海道で唯一船で渡るのが名古屋熱田の七里の渡しから桑名までその昔は佐屋街道を通って桑名へのルートがありましたがこの辺りは湿地帯で雨が降れば通れなくなり庄内川木曽川長良川揖斐川を渡るのも大変でしたそんな訳で海上ルートが確立しました武将隊は祭では人気で沢山の人と記念撮影など大サービスですまきわり船にのり堀川河口をゆったりと回遊できました最後は良い夕暮れを見ながら神輿と一緒に豊郷神社へ帰りました武将隊と共にまきわり船に乗る

  • 堀川祭

    私の友人でもある名古屋を代表する男優が運営する武将隊が七里の渡しで行われる堀川祭まで豊郷神社から神輿を誘導すると言う事で撮影に行った献燈まきわらを真似た男神輿女神輿を担いで豊郷町の皆さんが行列を作って参加(本来のまきわら献燈は熱田神宮で行われる)最後の写真は今どきのわたあめ製造機です堀川祭

  • 大提灯

    八坂神社にある大提灯を片付けると言うので撮ってみた大きな鉄の大提灯が入るケースが造られている飾ってある提灯の下に置いて順番に蛇の目を畳んでいくのです洋服ダンス用のナフタリンを沢山放り込んで透明ビニールとブルーシートで包んでケースの蓋をするだけ毎年のことで段取り良く完成しました大提灯

  • 八坂神社例大祭

    私が生まれ育った名古屋市西区にこんな祭が在ったとは……。2年ほど前に知ったがコロナ過で中止やっと今年開催とのことで出かけました完全に今まで通り踏み切れなかった主催者側提灯に和ろうそく一本一本燈すことは無かったこんな提灯の素敵な祭りは中々ありませんよカメラマンが私と友人の二人だけ主催者もフレンドリーで楽しかったこの祭りを広めてほしいと言われました来年の1週間前に拡散することに最後の写真は自宅から西区の医者迄自転車で行ったアップルウォッチのデーターです時間は76分15,44秒帰った時の心拍数81拍(最高は115)平均時速13.7㎞標高差12m(中川区は標高0,5m)走った所での最高標高差です走行距離17,44㎞でした八坂神社例大祭

  • チンドン祭

    五十年以上続くチンドン祭古い歴史がありますねこの祭りはカメラマンも大変多い全日本写真連盟も駅前で参加者をチェック古い街並みの前を歩くチンドン屋を撮る為陣取る人達が多い全国から集まったチンドン屋も舞台でコンテストが開かれているお昼の休憩時間は臨時駐車場になっている学校の体育館私も休憩から出発するところを待ち構えて撮影チンドン祭

  • 萩原町のチンドン祭

    3年ぶりのチンドン祭が開催された一宮市萩原町商店街にてこの商店街は名古屋城からの美濃街道沿いまだまだ古い街並みが多く残っています今回は祭で撮った人々をご紹介次回はチンドン屋がらみでアップいたします。萩原町のチンドン祭

  • 大きな鉛筆

    笠置山山中に突然大きな鉛筆が……一枚目の写真内に孟宗竹を輪っかに切ってあるものがありますので鉛筆の大きさが判っていただけると思います随分ペンキがはげていますので製作から随分経つのでしょう笠置山にはロッククライミングができる場所が多くあり走っていると大きなマット(落ちても安全なように敷くマット)を畳んでいる方に出会いました知らない道を走って面白いものを発見できると楽しくなりますね大きな鉛筆

  • 栃久保の棚田

    坂折棚田撮影後木曽川沿いに下って行くと栃久保の棚田と案内があった散策路もあったが上の方は休田ばかり畑として利用してあるのわずかで放置状態になっているところもある急な山裾に石垣を積んで造った大変さを感じた稲作は全て人力でしかできない急こう配だし休田もしかたがないな~ぁと感じましたでもこの石垣は美しい一番下の木曽川がすぐ見える所は稲作がされている栃久保の棚田

  • 自然に溶け込む廃車

    笠置山中腹に軽四輪が放置され何年かたっていいるタイヤも半分埋まった状態窓には意味深な文字?記号らしきものも何年も放置されているのでしょう自然に溶け込む廃車

  • 坂折棚田へ

    今日は朝3時に出発夜明け前に恵那市の坂折棚田日着くために今朝の天気予報は曇りの為あまり期待をしていなかった以外にも、暫くの間陽も差した今回もND16ND1000ハーフNDCPLフィルターを駆使して撮り続けました最初の写真は4:274:445:055:20坂折棚田へ

  • 父と暮らせば

    3月にチラシのスチール写真撮影に滋賀県へ出かけた写真でチラシが出来上がった映画のチラシのような雰囲気でお気に入りです井上ひさし原作で、何度も舞台で上演されていますし映画にもなりました宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信らが主演でしたあらすじは原爆投下から3年後の広島を舞台に、生き残った負い目を抱える娘と、彼女の前に幽霊となって現れた父の交流を描いた人間ドラマです今回も完全な広島弁での二人舞台演出と父役は小沢寛で娘役がトリプルキャストとなり、7月に公演稽古も立稽古まで進んでいますゲネプロ撮影、稽古風景も撮影していこうと思っています先日の戦争を語り継ぐ演劇公演「さくら桜」はコロナ過でゲネプロもマスク着用初めて本番で撮影、ミラーレス一眼で良かった完全消音撮影で危機を乗り越えた父と暮らせば

  • 結婚記念日

    もう結婚して52年を過ぎました4人の息子と4人の孫、そして今月末にパリに住む3男にも子供が生まれます男系家族と言うか孫4人もすべて男、やっと5人目が女の子のようです生まれたらパリに行くことに決めていますが、長男が一緒に行こうと言ってくれている数か月のうちにはと思っている年子と双子を見事に育て上げた妻に感謝です数か月前に橋本病と診断され歩くこともままならなかったのですが、薬のお陰で何とか普段通りに生活できるようになりました最初の写真は記念日と言う事でランチを食べに行った時のレストランの壁画でパチリ古布リメイクを趣味でやっていますバックも帯で造ったりしていますこの年になるとほん感謝ですね「ありがとうこれからも宜しくね。」結婚記念日

  • Apple Watch Series7

    数か月前にiPadを購入して、使い勝手が良いのでハーウエイのデジタルウオッチもAppleWatchに変えようと名古屋の松坂屋前のAppleストアに行ってみた平日の10:00開店に合わせて出かけると12:30まで予約があるとの事でびっくりそんなに待てないなぁ、もう機種もベルトも決めてあるから何とかならないかと尋ねるとそれなら暫くお待ちくださいと数分で購入できました希望のベルトが品切れでほかのカラーにした今は説明書なども全く無し、事前にyoutubeなどで調べていたので何とかなりました画面も自分ようにカスタマイズできるのも面白い最初の写真は利用可能なアイコンが並んでるシーン指でタッチすれば内容が分かるようになっている私は2種類の画面をカスタマイズしてTPOで変えようと思っている時計は何十種類から選べますしこの画面の...AppleWatchSeries7

  • 岡崎神明宮例大祭夜の宮入

    神明宮例大祭のクライマックス、19:10から宮入が開始町内を巡り21:00に神明宮神社へ集まります各役員が提灯で宮入を祝い、山車が順次出かけていきます真っ暗の中、撮影は大変ですが、長秒撮影フラッシュはリアシンクロに設定、露出中の光は流れ、雰囲気が出ます岡崎神明宮例大祭夜の宮入

  • 岡崎神明宮例大祭Ⅱ

    子供達が山車の前に出された舞台で踊りを披露踊りの最中に投げ銭が沢山放り投げられ、係の人が道具で集めます舞台下ではつられて踊りだす子もなんとも愛らしい自動車で次の場所に移動するシーンも可愛い笑顔がいっぱい時節柄舞台以外ではマスク着用なんですが、こんな時には透明なフェイスフィールドが良いね可愛い自転車姿、傘で遊ぶ子も祭りを楽しんでます3年ぶりの祭の主役もやっぱり子供達❣岡崎神明宮例大祭Ⅱ

  • 岡崎神明宮大祭

    始めて岡崎の神明宮大祭に出かけました朝10:00出発で帰ったのが22:30と長丁場体力維持のため近くのジムに通い続けて4ヶ月が過ぎ、その成果が感じるられるように朝6時過ぎに起床しラジオ体操を欠かさず毎日朝10時からアスティスポーツクラブで筋トレ20分、時速5㎞の速さで2㎞~3㎞歩きます3㎞の速足の45分は流石に汗だくにるプールは続かなかったが、こちらの方は続きそうだ垂井曳山祭は24000歩、今回は21000歩(カメラ2台、レンズ5本と諸々で7㎏を背負って)コロナ規制が無くなり祭りも開催されるようになり忙しくなってきたが歩くことにはちょっと自信が持てるようになってきた岡崎神明宮大祭

  • 垂井曳山祭番外編

    中山道の垂井宿は歴史ある宿場町で曳山祭りは650年の歴史があります子供歌舞伎が始まったのは1772~1780年垂井宿の中心地に3台の山車が揃います今回は街中で撮った祭に関するスナップです垂井曳山祭番外編

  • 垂井曳山まつり

    3年越しの垂井曳山まつりに出かけました本格的な制限のない祭りは久しぶりです祭は5月2日~4日までの設楽,本楽,後宴の三日間開催私は3日の本楽の古式練込み(町内を東,中,西の子供歌舞伎の役者達が練込みと言ってゆっくり行列をすること)練込み中は絶対に行列を遮ってはいけないルールなのに最近は注意されることが多い朝8時出発し家に着いたのは夜の9時、2万歩近く歩きました最初の写真は練り込みが始まる場所に遠い西の役者を車で運んできた時のもの山車の上で子供歌舞伎演じます祭を撮るのではなく祭で撮るを心がけています今回は役者さんが演技を終了後休憩宿に運ばれる時を中心にアップ垂井曳山まつり

  • tたんぽぽ

    ブログの仲間の写真展を拝見してその帰りアクアトトの西にある河川環境楽園へ寄ってみたタンポポの綿毛の飛翔撮影を楽しんだtたんぽぽ

  • 水郷巡り

    近江八幡市の水郷巡りを撮ってみたコースは3ヶ所あります一番手ごろは日牟禮八幡宮の入口に流れる水郷巡り此処は手漕ぎと動力ので距離も少ない後の2ヶ所は葦の茂る水郷巡りで時間もたっぷり手漕ぎ船ばかりです最初の3枚は水郷のさと「まるやま」定期便は1日3回です葦も生え始めで遠くの手こぎ舟が見えますがもう少しで撮影は困難になります長いコースを予測して舟を撮影出来る所を探しました2枚目の写真は艪だけをぶらそうと挑戦1/13秒で実現後の3枚は日牟禮八幡宮の近くの水郷です此処は水郷を歩ける散歩道が造られて楽しい散歩道に5月になりますと水郷の周りは菖蒲杜若の花が楽しめます地元の皆さんが雑草を取り去ったりとボランティア活動をされ訪れる観光客へのおもてなしの心を感じました水郷巡り

  • 桜と菜の花

    此処は海津町成戸木曽川と長良川の間にある堤防2つの川を隔てるのは堤防だけ民家は少し下に行かないと在りません国土省が管理しているので車も通れませんが、許可証のある人は鍵を持っているので通れます菜の花も種をまいて立派に育っています桜の木も元気で花がとても綺麗桜の季節は知る人ぞ知る名所桜と菜の花

  • 桜と樽見鉄道

    樽見鉄道と桜を撮影に谷汲口の撮影は大変な賑わい沢山のカメラマンが場所取り、思い思いのモデル、子供、母親に旅行鞄、小道具インスタ映えする写真を撮ろと……。最初の写真はあちこち探した結果、揖斐川と桜と鉄道のセットあまり良い場所ではありませんが……。後の3枚は谷汲口の撮影です桜と樽見鉄道

  • 磯部和ろうそく店

    岡崎の和ろうそく店に寄ってみた運悪くロウソクの製造過程は毎日やってないとのことで残念でした実際に和ろうそくを点けてもらいました幻想的で炎が均一ではなく面白かった磯部和ろうそく店

  • 桜ぐるぐる

    家の前の荒子川の源流となる小さな公園桜が美しく咲き、散り始めるとぐるぐるが撮れる私が撮っていると何を撮っているの土地数いてきたご婦人撮れた写真見てびっくり、見てもグルグルになってないじゃないと私はどれぐらい花びらが動いているかで判ります25秒の露光で見えてくる絵があるのです今回は昼の時間なので適正露出で撮影するにはNDフィルターが不可欠今回はND1000とPLフィルターを装着して25秒という適正露出を得ました桜ぐるぐる

  • メダカ水槽

    先日、メダカ水槽2つを1つに横450㎜×奥行300㎜×高さ360㎜と大きな水槽1つにした飼育セット水槽2つは水替え簡単ろ過装置もセットされていましたが、ろ過機が故障したらどうしようもなくなりました半年で壊れてしまうのは残念で仕方がない今回は反省を兼ねて水槽は水槽だけ、ろ過機は別売りをと言う感じで。故障しても1つだけ交換できるようにしました最初の写真は苔取り名人のヤマトエビ、メダカとの相性も良く苔を食べてくれる現在メダカが13匹、ヤマトエビ3匹ですがヤマトエビを6匹ほど増やす予定私が水槽に近づきますとメダカ全員が寄ってきてくれ、水槽をトントンと叩くと餌がもらえることをよく知っています水草が育つように炭酸ガスの細かい気泡を作る機械も設置、もちろん水質検査もしっかりし、メダカの生活できる環境を作り上げています毎日2回...メダカ水槽

  • 3年ぶりの犬山春祭り

    3年ぶりに犬山祭りが規模を縮小し開催されました祭り好きの私にはつらい2年間でした良いことは風景も勉強できたこと新しく買い替えた三脚、雲台、角型フィルターも財産になり撮影の幅も増えました祭そのものを撮るのではなく祭にかかわっている人々を切り取るスナップを心がけるようになりました3年ぶりの犬山春祭り

  • 舞台写真のスチル写真

    井上ひさし作「父と暮らせば」のチラシ、カタログ、ポスターのスチル写真を撮りに滋賀県へ宮沢りえ主演故黒木和雄監督の作品映画もあり、沢山の劇団も上演している名作広島の原爆投下から3年、生き残った後ろめたさから幸せになることを拒否し、苦悩の日々を送る主人公・美津江と父・竹造が悲しみを乗り越え、未来に目を向けていく…。最初の写真は背景が彦根市にある天寧寺の5百羅漢がバックで、人物はスタジオ撮影Photoshopで合成残像を入れた撮影は長秒で大変な作業でした出演者の写真もアップしました舞台写真のスチル写真

  • 岐阜市林陽寺のしだれ桜本番

    昨日は快晴の空の下で林陽寺のしだれ桜を楽しみましたこの境内には100年近いハクモクレンがあります車に映り込んだ桜、ソフトフィルター、広角15㎜で近づき迫力をを出したりNDフィルターを使用し長秒撮影などなど少し風が強く長秒では旗が一部溶けるようになったり、花が揺れたり本堂の裏手から瓦と、かすかな日差しに照らされた窓楽しく撮影できました最後に林陽寺の住職様をはじめご家族、関係者の穏やかでフレンドリーさに心打たれました仏様に仕え、悟られているのだと本堂に手を合わせて帰りました岐阜市林陽寺のしだれ桜本番

  • 林陽寺のしだれ桜

    穴場の桜の名所を探して行ったのが岐阜市岩田の林陽寺樹齢200年のしだれ桜が3分咲き、満開の時にはライトアップもあるようですライトアップはホームページで確認してと住職さんこの下見したのが3月24日、27日(日曜日)の夕方に出かけてみようと思っています白モクレンも満開3月27日はしだれ桜縁日が開催されるそうです。林陽寺のしだれ桜

  • かぐや姫の散歩道

    岐阜県可児市の木曽川河川敷に竹林が600m続く散歩道があります通称「かぐや姫の散歩道」木曽川渡し場の遊歩道中々こんなに竹林がある場所は有りません犬の散歩、ジョギング等、市民には楽しまれていますね去年の9月の大雨では水に浸かったそうです楽しく散歩できましたかぐや姫の散歩道

  • 東海ザクラとメジロ

    今日は妻と一緒に墓参りに行く予定で妻の用事が終わるまでの一時間、名古屋市市政資料館でメジロと東海ザクラの写真を撮った此処もメジロとヒヨドリが桜の蜜を食べに沢山来ます今回は1/2500秒~1/4000秒できっちり飛んでるメジロを止めようと挑戦平日の昼頃はサラリーマン、OLさんで賑わいますが日曜日は意外と人が居ないメジロと撮っているのは私だけ、ほとんどの人が市政資料館と桜の撮影です何とか飛翔メジロを撮ることが出来ました東海ザクラとメジロ

  • 新城市ミツマタ群生地

    良く行く三重県のミツマタ群生地は1㎞程坂道を登った先にあり、苦労しましたでも此処は道路の左右に広がる群生地なので足腰の弱い人でも舗装された道から撮影できますので安心です今回もKANI角型フィルターハーフND8プレミアムリバースGND0.9(ハード・ソフトGND、一枚二役のハーフND6・2.5絞り分減光)とPCL,NDフィルター16を使用しています最初の写真はPCL+ND16を使用しSSは6秒2枚目PCL+ハーフND8プレミアムリバースのソフトGCL(ND6)の方を使用SSは2.5秒3,4枚目はKANI角型フィルターハーフND8プレミアムリバースGND0.9を斜め掛けで使用SSは5秒角型フィルターはレンズの前に付けますので斜め掛けも可能です普通に撮った写真とNDフィルターを使用して撮影した写真では深みが違うように...新城市ミツマタ群生地

  • 川売の梅の里

    昨年に続き新城市川売の梅の里へ3月14日出かけました昨年は3月8日で満開でしたが今年は7分咲きです今年の冬が寒かったのでしょうね今年も雨模様と狙って出かけましたが7時前にはもう晴模様運よく川霧が残っていましたKANI角フィルター使用を使用しましたCPL,ND16,premiumLRMCDualPurposeGND0.75を使用して空の明るさを調整丁度、老夫婦のカメラマン、小学校の社会見学に出会いました10時にはピーカンとなりここを離れました川売の梅の里

  • 日間賀島と言えば蛸とフグ料理

    日間賀島と言えば蛸とフグ料理漁港での散策タコとフグのSnaps写真をピックアップタコ壺が至る所に置いてあります昔は陶器製が触ってみるとプラスチック製フジ壺がびっしり付いた古いものタコの餌にしているのでしょうか貝殻が周りに転がったり、中にあったり本来ならタコの並んで干してあるシーンが撮りたかったのですが、シーズンオフかなお店にしか並んでいなかったフグは港に干からびた小さなものを発見漁業で活気のある島に感じた旅館民宿も多い日間賀島と言えば蛸とフグ料理

  • 島の宿 あじ浜

    日間賀島東港で船を降り、最初に出会ったのが島の宿「あじ浜」のおかみさんお店のパンフレットかホームぺージの情報を変更の為かカメラマンと撮影の最中一緒になって撮らせてもらいました日間賀島を「トゥク」の三輪車で元気にお客さんを送り迎え、観光と走り回っています元気な笑顔が素敵なおかみさんでしたタコ料理とフグ料理が日間賀島の売り物です日間賀島へお泊りの方は是非ご利用くださいhttp://yado-ajihama.comがお店のホームページです。素敵なおかみさんの為ちょっと宣伝させてもらいました島の宿あじ浜

  • 日間賀島水中ゴムスーツ編

    日間賀島は漁業が盛んで街中を歩くと玄関にゴムスーツが干してあることが多いよく見ますと上下が干してあるのを見るとサル君の顔が2つ!4枚目は今考えるとゴムスーツであったのかどうか思い出せません5枚目はゴムスーツ関連ですが、形が良く似ているだけプロパンガスで、交換分が沢山港において得ありました最後は漁船に干してあった雨合羽、これも人のように見えますよねこんな面白いものを発見するのもスナップ撮影の楽しみ日間賀島水中ゴムスーツ編

  • 河津桜とメジロ

    もう東海地方は春日和です南知多市で河津桜が見頃今回は飛んでいるメジロを撮りたいと挑みましたEOSR6+EF100-400㎜+エクステンダー1.4+RFマウントアダプター装着560㎜の望遠+三脚R6は動物瞳センサーもあるのですが、この桜の枝,花のある状況下センサーが効きません数撃ちゃ当たる戦法で何とか数枚撮ることが出来ました。河津桜とメジロ

  • 集落のお歳より

    大雪の奥伊吹の集落をいくつか廻った平日の午前中は会う人はお年寄り(自分もその一員?)今年は雪が解ける前に降り続いた、この雪の下には根雪があるとおじいさんと話している間、老犬がウロチョロ、もう目が見えないのでねと次の集落は雪が多かった雪と雪の細い間が唯一の出口、やっぱりすってんころり近所同士のお歳より、雪を落とす溝にスコップで頑張っていた名古屋から雪景色を撮影に来たよと話をする間に打ち解けて良い笑顔をしてくれた撮るよと言ったら頭の毛を直そうと…いくら年をとってても……そのしぐさが可愛かった写真を送ってあげること約束してお別れ集落のお歳より

  • 奥伊吹は雪が多い

    奥伊吹の雪風景は美しいですね。幹線道路、生活道路も完璧に除雪機が雪を除けてくれ、全く問題は有りません奥伊吹スキー場へ行く道は姉川に沿っている最初の写真は姉川ダム、上流のダム湖は雪原ダムへ入る道は2m以上の雪の壁に墨絵のようなモノクロの写真のようで満喫しました友人の乗る車、スバルXVは世界で一番雪道に強い車YouTubeで見たんですが10tトラックが雪で立ち往生しているのをスバルの車が引っ張っていましたヨーロッパでが雪に一番強い車はアウディの4輪駆動と言われていますが、アウディが立ち往生する雪道もスイスイと走って行くスバル車はAWDと言って何時でも4輪駆動で走ります。奥伊吹は雪が多い

  • 雪の奥伊吹へ

    今日、雪の奥伊吹へ出かけた。バックミラーにまで迫った雪カッコいい家に雪化粧赤い車もすっぽり雪の中お話した奥伊吹の人たち雪の中元気なお年寄りです。雪の奥伊吹へ

  • 冬景色

    阿弥陀ヶ滝へ行く前、郡上市白鳥町六の里で撮った冬景色です。六の里にはgooblogの「フォトリーフつれづれ」さんのご夫婦の実家があり週末に帰ってみえるとのことで寄らせていただきました。このご夫婦は二人とも土門拳奨励賞を受賞されている写真家さんです。毎年地元で写真展をされていますので近くになりましたらご紹介いたします。郡上市の四季を通したスナップ写真ですが、切り口とキャプションがとても魅力的なんです。冬景色

  • 冬の阿弥陀ヶ滝Ⅲ

    阿弥陀ヶ滝まで向かう途中で撮影した写真です。滝から流れる川と道の区別もつかない場所もあります。駐車場のトイレもご覧の通りです。赤い橋ももう少しで見えなくなりそう。動物の足跡も……。冬の阿弥陀ヶ滝Ⅲ

  • 極寒の阿弥陀ヶ滝Ⅱ

    今回は氷瀑と滝壺付近の撮影です。滝壺辺りは雪もこんもり、水量も少ないのですが凍つてはいません。こんな雰囲気は初めてです。苦労して来て良かったと思いました。極寒の阿弥陀ヶ滝Ⅱ

  • 厳冬の阿弥陀ヶ滝

    念願かなった冬の阿弥陀ヶ滝へ行ってみた。昨年は先人の足跡がなかったため断念、今年も無理かと思いましたが、運よく行ってきた人に話を聞き決行した。40分位かかったと思いますが、何とか撮ることが出来ました。足跡は30㎝程の幅しか無く、崖になっているところも……。用心深く、三脚をステッキ代わりにして何とかたどり着きました。夏の様とは違いスケール感は雪の為、狭くなっていた。位置を変え、レンズを変え100枚以上撮影残念なことに滝裏の道は雪で途絶えていました。今回は全体の写真をアップしました。次回もお楽しみに。厳冬の阿弥陀ヶ滝

  • 谷汲山華厳時

    節分の日に谷汲山華厳時へ山門に大きな赤鬼が鎮座してました。わずかに屋根にも雪が残っています。山門の周りで掃除している人、山門で遊ぶ家族ずれ、いい案配に手作りのお面を被った親子も来てくれました。谷汲山華厳時

  • 朝靄

    ハリヨの繁殖地から谷汲山華厳時へ向かう途中、東の山すそに朝霧が湧き幻想的な雰囲気を醸し出したので寄り道、山裾に向かって撮影ポイントを探し撮影。畑にはビニール、ペットボトルが柔らかい日差しに輝いていた。この辺りの農道は狭く通行止めもあり、整備されていませんが、区画整理事業が始まるようでした。都会に住んでいるとこんな風景に憧れます。朝靄

  • ハリヨの繁殖地

    今年からスポーツジムに通い始めた。フリータイム、何回でも好きな時に行け、プールもお風呂もOKで1ヶ月9900円1月は14回通いました。一日おきに通ったことになります。サイクルマシーン15分、トレーニング器具8点30分、最後はランニングマシーン30分~40分と頑張ってましたが、最近、勤務している従業員が相次いで5人コロナ感染、これはちょっとやばいなと今週2日からお休み。3日は朝から大垣から谷汲山方面に撮影に出かけた。最初は偶然毛嵐のように川から湯気が上がっているので車を止めた。揖斐郡池田町八幡のハリヨの繫殖地を見つけた。最初の写真が湧水の繁殖地、地下水は暖かいので湯気が上がるのでしょう。よく見ると浅い川にサギ、川鵜が沢山餌となる小魚を取りに来ている。繁殖地は釣り糸が細かく張り巡らされ、野鳥から守られています。この...ハリヨの繁殖地

  • しらかわホール閉館

    三井住友海上火災保険は18日、名古屋・伏見のクラシック音楽専用ホール「三井住友海上しらかわホール」を2024年2月末に閉館すると発表した。今年の3月売却すると言う。芸処名古屋と言われた時代も薄れ、クラッシック音楽だけの専用ホールも2年後に幕を下ろします。クラッシック音楽ファンの皆様には悲しいお知らせとなりました。コロナの影響もあり決断されたとのことです。芸処名古屋としては残念なことですが、まだ2年間は公演が続けられるとのことです。しらかわホール閉館

  • 雪深い在原地区

    滋賀県と福井県の県境にあり、茅葺の家が多く残っているのがが在原地区。最近は茅葺の屋根は葺き替えるのが大変で茅葺屋根をトタンで覆うのが多くなりましたね。残念ですけど、葺き替え職人もいないし経費も掛かるので苦肉の策なのでしょう。住民からはプライバシー保護のための掲示板に注意勧告が書かれています。私達もなるべく気を使いプライバシーにかかわるような撮影は遠慮しています。雪下ろしをしている写真は、お話をして撮らせていただいております。雪深い在原地区

  • 大龍寺ダルマ大祭

    2年越しのダルマ大祭です。参道は露店がいっぱいで賑わいがありました。1時からお焚き上げが始まりまり、トラック6台のダルマが次々に投げ込まれます。その中で、偶然ですが、岐阜市が誇る国会議員の野田聖子氏のダルマを撮ることが出来ました。体中が熱くて堪りません、私も小さなダルマを購入、願い事をして帰りました。大龍寺ダルマ大祭

  • 彦根の天寧寺の五百羅漢

    此処は3度目の撮影です。527体が安置されています仏殿内四面にぎっしりと規則正しく安置されています。3枚目の写真がお釈迦様と十大弟子が中央、正面にあります。最後の仏様は527体の中で一番惹かれた仏様です。中々写真を撮れない所が多いのですがこの天寧寺は撮っても良いそうです。彦根の天寧寺の五百羅漢

  • 余呉湖

    琵琶湖のビオトープのコハクチョウの撮影後、余呉湖へ1月10日は雪が残るものの道路は全く雪がありません。昨年は余呉湖一周した時は道路にもしっかり雪が残っていた。2ヶ所にワカサギ釣りの場所がありますワカサギ釣りはマニアが多い、てんぷらでも美味しいし、微妙な当たりが堪らないようですね。湖畔の集落の屋根は真っ白で、冬景色として美しいです。余呉湖

  • コハクチョウの飛翔

    朝、近くの田んぼへ食事の為飛び立ちます。最後には早崎ビオトープには1羽もいなくなりました。夕暮れに又、戻ってきます。コハクチョウの飛翔

  • 早崎ビオトープの夜明け前

    成人式の日昔を思い出しますと、成人式を欠席してました。大学時代、小劇場の舞台に出演していて成人式なんかどうでもいいと思っていた。朝5時に友人と琵琶湖方面に撮影に出かけた。夜明け前に白鳥のいる琵琶湖野鳥公園手前の早崎ビオトープ着きたかったから白鳥のなく声が聞こえるだけで辺りは真っ暗、暫くするとだんだんと朝焼けが始まりだし、早起きの白鳥たちが動き始めます。正面に見えるのは伊吹山。この頃にはカメラマンが十数人となっていました。早崎ビオトープの夜明け前

  • 明けましておめでとうございます。

    皆様あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。我が家では元旦から3日まで孫が鎌倉からやってきた。今年はパリ在住の息子にも高齢出産となりますが5月に孫娘が誕生します。待望の女の子です。私には4人の息子、孫4人も男の子と言う男系家系?なのに最後に女の子。6月にはパリに妻と一緒に出かけようと思っています。最後の海外旅行、ヨーロッパ観光もと考えていますが、オミクロンもどうなる事やら……。家にいる孫の撮影です。明けましておめでとうございます。

  • 伊根の舟屋群

    今回の撮影の最終目的地は伊根の舟屋群です。此処迄も凄い吹雪の中、どうなるんだろと思ったこともありましたが、せっかく来たのだから伊根の舟屋群は欠かせないと決断しました。意外と天橋立から伊根町は雪は大したことありませんでしたが、降り続いていました。入り口ではイカ釣り船が停泊していました。遊覧船に乗り、海からの舟屋を撮影。燈台の役目をする照明塔、偶然に後シンクロにセットしたフラッシュ撮影で偶然に照明塔が照らされた感じにはまりました。最後の写真はこんなイメージで雪降る舟屋を撮りたいと思った作品となります。深々と降る雪の中の舟屋……。伊根の舟屋群

  • 天橋立と智恩院

    その次に寄ったのが天橋立と知恩院。やはり此処は名勝だけあってそこそこの観光客がいた。ここへ来る途中、食事するところを探したがまったくなし、此処ならあると思いました。色々な食事処があり、適当に入りましたが、中はいっぱいの人。メニューを見て一番安いかつ丼が990円だった。天橋立と智恩院

  • 由良川橋梁

    12月26日は雪の表情を撮影に舞鶴市から由良川橋梁、天橋立と廻り、最後に伊根の舟屋と廻って17時過ぎに帰路についた。名古屋を6時に出発、関ヶ原ぐらいからすっかり雪化粧で、予報では1日中雪で日本海側では大雪警報が発令されておりました。雪が深くなったら途中で引き返せは良いと思っていました。舞鶴港に着きますと猛吹雪、数枚撮影して由良川橋梁へ、全体で小さな電車を撮ろうと思っていたのですが甘かった。そこそこの大きさにならなければ何が何だかわからないと言う状況で一瞬薄日が差したときに電車が通りました。ラッキーとシャッターを押したのが最後の写真です。由良川橋梁

  • チコちゃんに叱られる

    12月17日金曜日のNHK番組チコちゃんに叱られるに長男が出演してました。ストラディバリウスの研究者、バイオリン製作者として「ストラディバリウスはなぜ高いのか」を解説しました。以前には、「美の壺」「嵐にしやがれ」などにも出演しております。その様子を撮影しましたのでアップします。最後に長男をご紹介するアドレスを張り付けさせていただきました。https://www.horisviolin.com/artistsチコちゃんに叱られる

  • どんき祭

    もう2年ぶりのお祭り撮影です。どんき祭は楽しい祭りです。主催者側からはなるべくなら来ないでほしいけど、ある程度は来てほしい感じでした。だめもとで行きましたが、無料駐車場案内もありました。いつもの常連のカメラマンはちゃんと来てました。カメラマンは2割程度と少なく撮る方には好都合でした。どんき祭

  • レッドビーシュリンプ

    水槽にメダカとヤマトエビ、もう一つの水槽にレッドビーシュリンプを飼育中今回はレッドビーシュリンプの様子をアップ。弱酸性を好むためPHを6.2~6.5で管理しています。その為シュリンプリーフを水槽に沈めてあります、一枚目の枯れ葉です。水泡が沢山出ていますが、植物が育つように炭酸ガスを水槽に送り込んでいる。このエビは1㎝から1.5㎝と小さいもの最初は日本の沼エビの突然変異から柄を固定させたそうですが、今では赤、ブルー、黒、黄等凄い品種があります。10匹いますが、送料も含め3300円なり。簡単に増えるみたいなので楽しみです。レッドビーシュリンプ

  • ルーセントタワー通路

    これがルーセントタワービルです。右側は敷地内のオブジェです。ルーセントタワーへ通ずる地下道へここからエレベーター、階段で降りることができます。地下道には一面アートな壁画があり、異空間になっています。猫のお腹の下を通る感じの通路、海の中、ヒッチコックの鳥のイメージ、アフリカの草原等にある通路のような感じに……。地下の写真の初めの写真は手持ち撮影0.6秒で連射した4枚を比較暗合成してみました。最後の写真はハイヒールの壁画を背景に歩いている人の足が地に着いて蹴り上げるまでの秒数は0.6秒程、沢山の人が通る時を選んでシャッターを切りました。ルーセントタワー通路

  • インスタ映えするTSUTAYA

    今年の秋オープンしたイオンモール則武、ノリタケの森の隣です。TSUTAYAさんもおしゃれなオブジェを作ったものです。中国の「鐘書閣」をイメージした感じですね。インスタ映えすると言う事で今日も沢山の人がスマホで撮影してました。インスタ映えするTSUTAYA

  • レッサーパンダ

    今日はレッサーパンダ君です。愛嬌があり人気者ですが、結構獰猛のようですね。パンダと言うだけあって笹が主食。仕草が可愛いので人気者。今年東山動物園に仲間入りしました。東山動物園は種類は東洋一かもしれませんが、展示も下手で、動物たちが小さな檻の中で可愛そうです。この地方では豊橋ののんほいパークが一番。動物が近くからクリアガラス越しに見えたり、草原に放し飼いのシマウマなど動物の事、見る人間の事をよく考えています。河村市長さん、金メダルを噛んだりしていないで動物園も考えてください。レッサーパンダ

  • アシカと黄葉

    黄葉が奇麗なのでアシカ君と一緒に撮ってみました。アシカ君は優しい顔と表情をしています。お髭をピント張る時はあまりない、ずいぶん待ちました。アシカと黄葉

  • RF100mmマクロレンズ

    東山動物園で撮影後植物園へRF100㎜F2.8LISUSM+EOSR6で撮影。最大撮影倍率1.4最短撮影距離0.26m5段の手振れ補正SAコントロールリング(ボケ具合の調整)SAコントロールリングが使いこなせていませんが、魅力的な画像が期待できます。RF100mmマクロレンズ

  • ペリカンの水遊び

    ほんとに久しぶりに東山動物園へ。日差しとペリカン君の水遊びが重なって楽しいシーンが撮れました。こんなに活動的なイメージは有りませんでした。これも運なのでしょうか?私は動物撮影はSS優先で撮影しています。SS:1/500秒ISO:オートで、ちなみに今回はSS:1/500秒絞り:F6,3ISO:160焦点距離218,4、レンズEF100-400mmF4,5~5.6+エクステンダー1,4を装着+EOSR6ペリカンの水遊び

  • 流し撮り

    愛岐トンネル群を撮影していると庄内川(愛知県は庄内川、岐阜県では土岐川)の向こう岸を通る愛岐道路を行きかう自動車1/4秒で流してみました。三脚使用なのでこの秒数でも十分。トンネル撮影の息抜きにやってみました。流し撮り

  • 愛岐トンネル群

    毎年春、秋に一般公開され沢山の方々が訪れるようになりました。一般公開の初めの頃は整備も不十分でしたが、今年行ってみると入口も危険のない階段に造り替えられ、トンネル内もより整備され誰でもが楽しめるようになりました。ボランティアの方もほんとに多く安心です。4つの廃線トンネルが公開されています。最初のトンネルでは蒸気機関車D51の大きなのれんが出迎えてくれます。光跡のあるトンネルは皆さんが暗いトンネルを安全に行こうと懐中電灯、ヘッドライトを付けているのです、長秒で光跡を捉えてみました。5枚目の写真が私のお気に入り、2.5秒で撮影、手前のブレた女性の赤いカバンが良いポイントになりました。秋の公開は今週の日曜日までのようです。一度行かれると面白いと思いますよ。JR中央線定光寺駅を降りますと判ります。駅員が教えてくれます。...愛岐トンネル群

  • 小原の四季桜

    朝早くから香嵐渓の紅葉を撮影して、向かったのは豊田市小原の川見の四季桜の里。此処も数年ぶり、平日とあってあまり混んでなかった。薬師寺が隣にあり、急な階段を上り本殿へも上がってみた。此処も観光バスがひっきりなしに観光客を乗せてくる名所になってしまった。小原の四季桜

  • 香嵐渓紅葉

    久しぶりの香嵐渓紅葉を撮りに出かけました。今年は一斉に紅葉にはなりません、もう終わった木、真っ盛りの木、これからの木と様々です。香嵐渓は矢作川の支流、巴川沿いに紅葉がとても美しい渓谷です。香積寺の山門は見どころの一つ。8時過ぎに光が差す頃が最高ですね。香積寺から足助山を少し登った場所からは香積寺の瓦ぶきの屋根が紅葉に囲まれる、大好きな撮影スポットになります。香嵐渓紅葉

  • ほぼ皆既月食

    11月19日はほぼ皆既月食と言う日、前日の下調べより数百メートル長良川堤防を下った所。待ち構えた場所からもう少し下流で重なったのでちょっと残念でした。3枚目の写真からそのまま上へ登っていきました。instagram,Facebookでも凄い写真が載っていましたが駆け出しの私ではこんなもの。月の動く速さは早いですね。ほぼ皆既月食

  • 岐阜城と月

    明日の皆既月食の撮影の下調べで行ってきました。超望遠レンズ撮影(560㎜)トリミングをしています。月の軌道は素人の私では不可能、詳しい友人の月と岐阜城が重なる予測時間と場所を教えていただき撮れました。ありがたいことです。岐阜城から数キロ離れた長良川の右岸から撮影。岐阜城と月

  • 日本丸と海王丸

    練習帆船日本丸、海王丸2艇が同時に名古屋港に寄港するのは4年ぶりとなります。11月9日10:30名古屋港を出発しました。2年間はコロナの為、帆をはったり、船内見学、出発式も取りやめで寂しい出発でした。雨の降る中でもかなりの見物人が来ておりました出発時を始めてポートタワービルの展望階から撮影雨粒のある窓ガラス越しなので苦労しまた。最後の写真は数年前に帆張り訓練の時に写真ですが、やっぱり帆を張った時が美しいですね。日本丸と海王丸

  • 晩秋の花蓮田

    晩秋は夏の昆虫、アマガエルと美しい花を咲かせた蓮の哀れを撮れる面白さを感じました。面白いのは蓮の実の穴に雨がたまり、水が盛り上がって見える不思議さも発見しまいた。そんな風に見えるのは、画像を180度ひっくり返しています。晩秋の花蓮田

  • 蓮田の今

    今どきの花蓮田も面白い。朝まで降った雨のお陰で蓮の実が表面張力盛り上がっていました。かぼちゃのハロウィンお化けに見えませんか?小さな蓮の実があった穴に雨がたまり空が映り込んでいるので片方の手を振ってみました。丁度うまい具合にクモの親子が散歩中でした。蓮田の今

  • メダカ飼育

    きな吉君が亡くなって数か月、妻からメダカでも飼ったらどう?元々、生き物を飼うのが好きだった、子供が小さかったころは大きな水槽に川で捕まえた鮒、ハエ、もろこを飼育してたことを思い出し、飼うことにしました。今はネットで本当に詳しく飼育方法を教えてくれます。メダカも水生植物も購入、やっと環境が整いメダカ君を水槽に入れました。メダカも品種改良が進み私たちが捕まえていたメダカと違いカラフルで可愛いです。もちろんこんな改良されたメダカを川などに放流すること厳禁。毎日メダカ君を見るのが楽しみです。メダカ飼育

  • 波を雨のように

    今回は波が岩にぶつかり散るのを雨のように細い線にできるのではないかと試行錯誤要は露出時間の問題だけのようです。夕日の逆光で撮ったものをご紹介ちなみに最後の写真は1/20秒です。波を雨のように

  • 知多半島野間海岸

    今日は昼から知多半島、恋人の聖地と言われています。今日もウエディングドレスを着た結婚式の前撮り撮影に3組が来ていました。CPL+NDフィルター1000を使用して長秒撮影で楽しみました。1枚目が15秒撮影、2枚目が25秒撮影、3枚目が30秒撮影です。知多半島野間海岸

  • Photoshopの新機能

    数日前にPhotoshopが2022年版として新しくなりました。ちょっと面白いのが簡単に風景写真の季節を変えることが簡単にできるようになりました。Photoshopの上にあるフィルター内にニューラルフィルターが加わりました。その中に3つほど新しい機能が追加されています。今回はその中の風景ミキサーを選び遊んでみました。数日前に撮った御射鹿池の写真を風景ミキサーの雪景色を選択したのが2枚目です。よく見ますと完全に雪景色ではありませんのでプリセットの下の四季の冬を選択して強弱をスライドでコントロールしたのが3枚目です。完成度は別として楽しめますね。Photoshopの新機能

  • 白樺湖~車山高原

    横谷渓谷から白樺湖、ビーナスラインを通って車山高原、天然記念物八島湿原へ廻った。こちらの紅葉はあまり美しくないと思ったのはモミジのような赤い色がない、ほとんどが黄色、オレンジ色の為。白樺の幹の白さは良い感じだった。車山高原は南アルプス、富士山、中央アルプス、北アルプスの雪を被った峰々が美しかった。最後の写真が八島湿原です。極寒、新緑の頃に又来てみたいと思いました。白樺湖~車山高原

  • 雨もり日陰の湯

    面白い所だと判って、探したのですが入り口が判らず30分程探し、橋の付近に道らしきものが……。間違っていれば戻ればよいと入った。なんとなく人の通った痕跡をたどりましたが、笹の群生で悩むところもあったのですが、何とかたどり着きました。この鉄分が多くて赤茶けた上に湯が沸いていました。そういえばこの辺りは温泉宿が多い。不気味な雰囲気でした。雨もり日陰の湯

  • 御射鹿池と横谷渓谷の滝

    朝2時に出発して御射鹿池に5時過ぎに到着三脚をセットして少し明るくなる時を待ちましたミラーレス一眼は今までピンを取れなかった暗さでもオートで簡単に合わせてくれます日の出前に撮った写真はどうしてもブルーがかった写真になりますどうも違和感が出ますので少し編集してみましたのが2枚目となります御射鹿池の近くから横谷渓谷へ入る山の宿明治温泉からすぐにある滝滝が緑色でびっくり、苔の生えた上を水が流れているのですこんな滝初めてです白樺湖からビーナスラインで車山高原から八島湿原まで足を延ばしましたそんな写真をアップしていきます御射鹿池と横谷渓谷の滝

  • 覇王の道「新君伊賀越え」

    戦国ミュージカル「覇王の道」神君伊賀越えのゲネプロ撮影と上演中のスチル担当の為劇場に詰めております。昼夜の公演もすべて満席と人気が高い。今回は写真集も製作するとの事で気合が入ります。戦国ミュージカルなので鎧着た役者の殺陣あり、ダンスあり、歌ありと出演者64名が必死です。舞台袖には名入り携帯酸素がズラリと並びます。子役も実に可愛いし、上手い。中でも家康の年少期を演じたこの子がたまりません!覇王の道「新君伊賀越え」

  • 赤目四十八滝

    赤目四十八滝へ初めて行ってきた「行きはよいよい帰りはこわい」これは「通りゃんせ」の中に出てくる一説正しくその通り、全ての滝を巡ろうと出かけたのは良いのですが自分の体力を過信いていた家に帰ってパンフレットをじっくり見ますと「運動が得意で、体力のある方にお勧めのコース」とありました後期高齢者にはほんと辛かった。リュックにはEOS5D4+EF70-200F2.8+EOSR6+RF24-104mmF4+RF100mmマクロF2.8+RF15-35㎜F2.8エクステンダー1.4+RFレンズアダプター+カニ角型フィルター一式+交換電池など諸々+三脚、家で計量してみますと9.96kgもありましたこれだけ担いで急な階段の上り下り、往復約6km、帰り道はふらふらになってやっとのことで下山、友人と二人で行ったので帰ってこれました私...赤目四十八滝

  • 円頓寺商店街

    名古屋城から美濃路を通って庄内川を渡って岩倉街道へ行けば犬山城へ美濃路へ行けば清州城を通って中山道へ通じます名古屋城開城には清州城の商人達がこぞって名古屋城近くに移り住み活気のある城下町が形成されました円頓寺アーケード商店街は城下町から美濃路にへ行くには通らなければならない道で栄えました随分寂れた感じですが、若者たちが頑張って変わっていくようですね円頓寺商店街

  • アインシュタインの相対性理論?

    何回か車窓より流し撮りした写真をアップしました今回も妻の実家に行った時名鉄電車の車窓より遊んでみました電車と同じ速度でカメラを動かせ、シャッターを押せばピントを合わせたものは止まると思い挑戦しています今回1/30秒のSSでトライしました今回の路線は瀬戸線なのでほとんどが街の中を走る為、少しスピードが遅いので良かったのかもしれません、1枚目の白線を見ますと良く判りますが手前が大きく横ブレし、ピンの合っている奥は横ブレが少ないことが判りますこの写真を見て友人がアインシュタインの相対性理論の撮影だと言ってきましたので、ちょっと読んでみようかなと思っていますアインシュタインの相対性理論?

  • 森川花蓮田で出会った虫

    今日は昼からふらっと愛西市へ愛西市と言えばレンコン産地毎年シーズンに訪れていますが、秋に行くのは初めて最近購入したマクロレンズは欠かさずバッグへ小さなイトトンボとバッタを捉えてみた森川花蓮田で出会った虫

  • そば畑がある風景

    三重県いなべ市の麦畑のある風景いなべ市はまだまだ自然がいっぱい何時も西側に藤原岳見える駅構内の写真は三岐鉄道丹生川駅蕎麦の花越しの鉄橋を渡る場所も駅の無料駐車場から100mと近い自転車通学でも電車に乗せられるそうですそば畑がある風景

  • 路地

    組み写真に挑戦その2大須観音門前町は今は若者が集まる活気あるアーケード商店街です商店街の皆さんの努力は半端ではなかったはずあちこちのアーケード商店街が寂れる中でこれは凄い事柳ヶ瀬商店街は日本でも有数のアーケード商店街でしたこの中で昔取引があった岐阜薬局の1ヶ月の一坪あたりの売上単価二百数十万円で全国3位凄かった商店街も今では寂しい感じがします大須商店街は昔ながらの老舗、外国人、若者の店が入り乱れ独特の雰囲気を醸し出しています車も通れない細い路地も沢山あり、スナップに欠かせない場所なのです路地

  • 残暑

    残暑をイメージして3枚の組み写真に初めて組み写真を考えてみましたが、これからいろいろと挑戦しようと思っています残暑

  • シュウメイギク

    最近新たにRF100㎜マクロF2.8LISUSMを購入ししました。EFレンズ100マクロを落として不具合が生じていたのでRFマウントマクロを購入接写率も向上し近くまで寄れる、1.4倍大きく表現できる、ボケ具合を調節できるなどレベルアップしている昔EF100mmマクロのボケ具合にほれ込んだ時がありましたが、もっと進化しているようです価格も1.5倍高く、レンズも長くなっています。手振れ補正も8段になっています接写にすると8段の手振れ補正になりますが、1.4画像が拡大するのでやっぱり三脚使用が良いですね、50㎝~無限迄に切り替えるとポートレートなどにも使用できるようですSAコントロールリング(ボケ具合を調整できる)これは機能をもう少し確かめないと使えませんベランダに咲いているシュウメイギクは園芸品種で八重咲で普通のシ...シュウメイギク

  • 猫カフェ

    今日は妻の父の命日と言う事で瀬戸市へ久しぶりの瀬戸は随分変わっていた時代の流れと言うかコロナのせいか、陶器工場の閉鎖も多いようだ帰りに瀬戸市の銀座商店街の猫カフェへ30分でドリンク付きで1000円、安いのか高いのかも判らないカメラを持っていたので撮影新レンズRF100㎜マクロLISUSM+EOSR6動物の目もしっかり追随してくれるので実に簡単でした猫カフェ

  • 戦国ミュージカル覇王の道Ⅱ

    戦国ミュージカル「覇王の道」の稽古風景今回も役者さんのアップ写真マスク顔に慣れて、素顔を忘れてゲネプロでびっくりするかもしれませんね稽古中にコロナ感染が一人でも出れば舞台もできないかもしれないと言う厳しい中での稽古細心の注意をしています戦国ミュージカル覇王の道Ⅱ

  • 戦国ミュージカル「覇王の道」

    今回は舞台撮影はやめても良いかなと思っていました稽古風景だけならと出かけました、もちろん自転車で御器所近くの教西寺へ片道9.2㎞、自宅から行きは40分、運河3本と結構上りが多い帰りは楽で30分と早かった今回の舞台は54人の出演者と多い子役の頃から撮っていた子が数年見ないうちにすっかり見違えた視写体としても撮りたい衝動に駆られてしまった今年も撮ることにした戦国ミュージカル「覇王の道」

ブログリーダー」を活用して、ゆったりと写真を楽しむ。さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゆったりと写真を楽しむ。さん
ブログタイトル
ゆったりと写真を楽しむ。
フォロー
ゆったりと写真を楽しむ。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用