searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

hisdaddyさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

子どもを突然連れ去り離婚を有利に進める配偶者 無責任な連れ去りを金儲けの手段とする弁護士たち 連れ去った者を有利に扱う裁判官や調査員たち 様々な抜け穴だらけのDV防止法や女性支援 これらにより被害を受ける子供たちと 子供をもがれ資産や年金までももがれる片親たち こんな状況を一日も早く打開すべく行動する方たちと有益な情報共有をさせてください。

ブログタイトル
過去を取り戻す未来を創る
ブログURL
https://savechildren.amebaownd.com/
ブログ紹介文
配偶者による子の連れ去り問題に立ち向かう情報サイトです。
更新頻度(1年)

7回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2016/02/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hisdaddyさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hisdaddyさん
ブログタイトル
過去を取り戻す未来を創る
更新頻度
7回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
過去を取り戻す未来を創る

hisdaddyさんの新着記事

1件〜30件

  • 実子誘拐横行の社会問題における全体主義

    このブログは、息子を拉致され生き別れを強要されて以降、同様態の被害親の参考にしてもらう為に書いてきた匿名ブログだ。実名にする必要が無いから匿名にしただけだが、匿名であるという理由だけで2面性があると曲

  • 親子断絶法、反対したら戦犯?(後編)

    前編が他人の投稿の紹介だけだったので、後編で解説しようとおもっていたところ、共同親権国賠訴訟を進める会のメルマガが届いて、それを読んでいたら、もう新たに解説するのもくどそうに感じたので、後編も完全なコ

  • 親子断絶法、反対したら戦犯?(前編)

    (画像:共同養育支援法全国連絡会HPより 欠陥法成立の脅威は未だ去っていない)親子断絶促進法を阻止したい切実な解説子どもに会えずに苦しんでいる親達の無念や怒りを、何とか私に向けさせようと親子ネットSK

  • 誹謗中傷がやめられない親子ネット役員へ告ぐ

    親子ネット現役役員Sくん長年にわたり、別居父親達への誹謗中傷活動お疲れ様です。ピクトグラムが宗教であるという指摘について親子ネットの斉脇健一らと、気に入らない別居親を新興宗教扱いし、ネット上で冒涜挑発

  • デモ行進への提案

    息子が連れ去られてから1477日目。一日たりとも心休まる日など無く毎日必死なので、全く自覚は無かったのだけれども、新規被害当事者達が発生しまくっているために、古い当事者の扱いを受けるようになってしまっ

  • 配偶者に因る誘拐の刑事告訴状況調査

    表題の件を定期的に調査しています。丁度一年前に、調査にご協力いただいた方の情報は、最下部画像の通りで、この一覧の共有が新たな告訴受理に繋がりました。親権独占目的の誘拐被害が横行する時代を終焉させる為に

  • 子どもを連れ去られた親達からのご相談について

    2020年1月26日日曜日 Facebook Noteより転載子どもを連れ去られ自由に会えなくなっている親御さんからのご相談を多く受けますが、私自身は、息子と全く会えず声を聞くことも写真を受け取ること

  • LBPへのお詫び

    2020年1月12日のフェイスブックのnoteを転載します。

  • 共同養育支援法関係者達との闘いの日々

    共同養育支援法議員連盟の役員で、上程予定(と言われて3年以上放置)の最終条文案作成者である立憲民主党の初鹿明博衆議院議員が、強制わいせつの疑いで書類送検をされネットを賑わしている。日頃、女性の被害を訴

  • 個人での情報発信方法について

    共同養育支援法に反対している立場を表明して以来、議連議員の政策秘書や推進団体の一部の別居親からの嫌がらせが激化している。彼らの悪意的な風評の流布に「あいつは、匿名のマルチアカウントを使っている」という

  • 拉致司法被害親達は裁判官の報酬増を容認するのか

    メディアは、桜を見る会が首相の後援会接待に流用されている問題を取り上げることに白熱しているが、ニュースで取り上げられることも無く、裁判官らの職務評価に対する追及も無いまま、裁判官らの給与増額の法案が可

  • よくある問合せ

    子どもの拉致を伴う離婚請求事件の被害者から寄せられる相談でもっとも多いものについて公開の返答をさせていただきます。

  • 親権者同士の子の連れ去りが刑事罰となった判決文

    3年前に,このサイトで実子誘拐の刑事告訴を呼びかけた頃には,実際に刑事告訴をする人も殆どおらず,受理情報も皆無と言って良い程だった。何とか探して見つけた判例は,連れ去りでは無く,連れ戻しばかりだった。

  • 拉致ビジネスを黙認する弁護士会を糾弾しよう!

    本来法的にも違法な筈の,子どもの連れ去りが優遇される裁判官らの実務の運用を見透かして,拉致ビジネスを生業にしている弁護士らが増殖し続けています。子どもの為に,離婚事由無き離婚請求や有責配偶者からの離婚

  • 子の拉致後の監護権親権剥奪に対する国賠の検討

    やたらと国賠をやらないんですか?という問い合わせというか,焚き付けが多くなってきたので,原告団と弁護団のサウンド確認のような募集を始めます。原告団及び弁護団の組成呼びかけサイトに情報を載せました。

  • 子の拉致-告発義務違反の告発をしよう!

    家事事件民事事件担当者は,子の拉致は他人事 ある日突然,子どもを拉致され裁判ゲームをしかけられた後の裁判所手続きは,子の監護者の指定,子の引渡し請求,面会交流請求という家事事件になるが,担当裁判官らに

  • 政治家への「ご意見」送付文例

    子どもをある日突然拉致され,分離強要された挙句に,拉致弁護士や拉致幇助裁判官らの出来レースのおもちゃにされている被害親達は,ツイッターやアメブロで無念を必死に吐露しているケースが多い。しかし,そこには

  • 罷免訴追請求裁判官

    罷免訴追請求裁判官 - 拉致幇助の非行により,裁判官罷免訴追請求をされている裁判官の訴追請求状の情報です。H30.4.27 東京高裁21民事部 中西 茂 原 道子 鈴木 昭洋H30.5.10   名古

  • 拉致司法の暴走を止める為の本来の担い手

    全ての裁判官がそうではありませんが,多くの裁判官が拉致を優遇し動機づける判決を下します。多くの調査官がそれを忖度して,真実を追求しない意図的な調査報告書を作成します。法的救済ではなく,本来の犯罪行為に

  • 情報求ム!面会交流保全が認められた判例

    818日前に突然,拉致され,声も聞かせぬ断絶を強要させ続けられた息子は記憶を失っていました。自分の住んでいた家も,隣の神社も,桜の花も,毎日餌をあげていたドジョウさんも,じいじもばあばも,○○叔母ちゃ

  • I have a dream.

    I have a dream  that one day私とお風呂に一緒に入るのが大好きであった息子といつの日か一緒にまた風呂に入る。I have a dream that one day私は,息子と

  • 子の被奪取後の手続きメモ

    拉致常習弁護士などに或日突然,子どもを拉致断絶された場合にどんな法手続きがあるのかのメモ1.児童相談所に通報する。 →拉致弁護士らは無視するように教唆する。裁判手続き中だと脅されれば児相職員は手が出せ

  • 署名活動

    署名活動 - にほんブログ村

  • 署名キャンペーンから見える実子誘拐問題を解決するための政策

    実子誘拐と親子分離強要の人権問題は何故解決せずに,日本独自の悪慣習として発展し続けていくのだろうか?面会交流事業に予算をつけ,業者を援助することを政策とする動きが活発化し始めたが,本当にそれで解決する

  • 外に出て活動しよう!自分たちの手で社会を変えよう!

    子どもの連れ去り問題の解決を期待する議員の駅頭に立ち会い政務報告のビラを配ったり,選挙時に応援していると,寒い日も暑い日もあり,生き別れの子どもの為に必死に行動している実感が持てる。昨年の5月5日には

  • 衆議院議員選挙アンケート

    10月10日(月)告知日,10月22日(日)投票日の衆議院選挙の候補者に親子引き離し問題のアンケート調査を行ないました。実子誘拐と親子分離強要という人権蹂躙の日本独自の司法の非行の問題が成長し維持し続

  • 子の奪取,親子分離強要の違憲性

    人づくり解散と呼ばれ,子育てが急務だということで発足したばかりの内閣の大臣達に一度も国会で仕事をさせずに解散するほど,子育てが急務らしい。数日後に控えた衆議院選挙と同時に行われる最高裁判所裁判官の国民

  • 東京都議会議員選挙候補者アンケート

    6月23日(土)告知日,7月2日(日)投票日の東京都議会議員選挙の候補者に親子引き離し問題のアンケート調査を行ないました。選挙を機会に親子引き離し問題に関心を持って頂き,また投票の参考になればと考えて

  • 親子を引き離さないでくれという激しい争い

     つい今しがた,裁判所から面会交流審判前の保全の抗告の棄却の決定書が届いた。マイナーな手続きだと思うけれど,実は一番思い入れの強い手続きだ。連れ去りがあったとしても,すぐに面会交流が認められれば,争い

  • 都議選と当事者団体について思う

    子どもを連れ去られて法的救済が無いことを思い知らされてから,ありとあらゆる選挙で,拉致司法,拉致行政を改善するご助力を頂けそうな方を探し,応援することにしている。都議選の選挙告示まで残り3日,投票まで

カテゴリー一覧
商用