searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

むぎさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

日本城郭検定準1級〈武者返級〉合格。1級合格目指しブログを通して予習復習しながら勉強中。

ブログタイトル
むぎの城さんぽ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mugiide
ブログ紹介文
日本百名城や史跡・城郭めぐりの旅の記録と日本城郭検定の問題でお城の勉強をしよう!という日記です。
更新頻度(1年)

119回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2016/02/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、むぎさんをフォローしませんか?

ハンドル名
むぎさん
ブログタイトル
むぎの城さんぽ
更新頻度
119回 / 365日(平均2.3回/週)
フォロー
むぎの城さんぽ

むぎさんの新着記事

1件〜30件

  • 角城(新潟県)

    【角城】かくじょう【別名】椎谷城【構造】山城【築城者】不明【築城年代】室町時代【指定史跡】ー【場所】新潟県柏崎市椎谷地図1507年(永正4年)長尾為景が上杉房能を天水越で討ちました。すると、兄である関東管領の上杉顕定が関東軍を率いて越後へ侵攻し長尾為景軍を大敗へと追い込み、長尾軍は越中へと逃れました。今度は長尾軍が体制を立て直し、寺泊・椎谷の戦いで上杉軍を撃破しました。その時の椎谷の合戦で戦場になったのが角城だと思われます。椎谷陣屋の裏門へと続く道から撮影しました。丸の中に角城があります。この先で、道路の真下から見上げると登れそうにない急勾配でした。主郭は30m×25mと小振りながら周囲には土塁が構築されています。華蔵院入口にあたる華蔵院へやって来ました。この裏に登城路がありますが、城域には立ち入る人が無いため...角城(新潟県)

  • 柿崎城(新潟県)

    【柿崎城】かきざきじょう【別名】木崎城【構造】平城【築城者】柿崎景家【築城年代】不明【指定史跡】ー【場所】新潟県上越市柿崎区柿崎地図木崎山に築かれた長尾氏(上杉氏)の重臣として活躍した柿崎和泉守氏の居城です。近くを流れる柿崎川が天然の堀とも言われています。現在は北陸自動車道・柿崎インターチェンジの料金所と国道8号を結ぶループ状の道路に囲まれています。国道8号線正面の橋の右袂の茂みが柿崎城です。入口国道沿いを歩いていると入口が見えて来ました。ここは国道8号沿いの北東側にある入口です。案内看板案内看板によると、入口は全部で3ヶ所あるようです。藪で断念か?と思いながら進んでみると人が通る道だけはあるようで、とりあえず行けるところまで行ってみることに。蜘蛛の巣を払い除けながら登って行くと大きな裏向きの看板が見えて来まし...柿崎城(新潟県)

  • へしこ

    🍶へしこ「へしこ」と呼ばれる福井県若狭地方の伝統料理があります。青魚を塩漬けにしたあと、ぬか漬けにして一年~二年の長期にわたり本漬け熟成したものです。福井県から京都府まで続く「若狭街道」は、若狭湾で水揚げされた鯖を京都まで運んでいたこともあり、「鯖街道」と呼ばれるようになったことでも知られています。鯖は足が早い食材ですが、日持ちをさせるために編み出された調理法で、冬場のたんぱく源の保存食として鯖街道沿線の宿場や、京都などで重宝されていました。日本海側へ行くと、つい「カニ」食べよう!と思ってしまいこのような伝統的な食べ物が頭に浮かばなかったのですが、攻城団の団員総会後に団員さんたちと食事をした時に、初めて食べてみました。福井の地酒と頂いて、めちゃめちゃ美味しかった。ほんとに酒の肴には最高です。良いものを教えていた...へしこ

  • 津山ホルモンうどん

    津山ホルモンうどん居酒屋「金両」【場所】津山市大手町2−2津山セントラルホテルタウンハウス1F地図津山の食文化としては、古くから牛馬の市が開かれたように、牛馬の流通の拠点だったようです。明治時代以前に肉食が禁止された近江などでもあった「養生喰い」は、「健康の為に食べる」・「薬として食べる」という意味で、津山藩の領内では牛肉を食べることを江戸幕府に許可されていました。そのため津山の牛肉は全国的にも有名になり、名物となりました。近年、酒のつまみの一品として食べられていたホルモン焼きに締めの一品としてうどんを一緒に焼いて食べていたのが、ホルモンうどんの起源だとされています。津山城へ行った際、夕食に食べたのですが、帰りにはホルモンうどんのタレを買って帰りました。万能なタレです!津山ホルモンうどん懐かしのホルモンうどんた...津山ホルモンうどん

  • 四方田氏館(埼玉県)

    【四方田氏館】よもだしやかた【別名】堀の内【構造】館【築城者】四方田弘長【築城年代】鎌倉時代【指定史跡】ー【場所】埼玉県本庄市四方田光明寺地図武蔵七党のひとつである児玉党に属し、四方田を本拠地としたことから四方田氏を名乗り、この地に館を築きました。四方田氏の名前は「北条本」と呼ばれる戦国時代の武将たちに愛読された「吾妻鏡」にも見られます。駐車場光明寺の駐車場をお借りして現存する堀跡を散策。正面に見える畑が主郭です。山門光明寺の山門です。いつもながら、先ずはお参りをしてからの散策とします。本堂外堀と内堀の間に光明寺があります。光明寺の東側が主郭となり、外堀は道路と化しています。内堀跡(西側)光明寺の東側には今でも内堀跡が残っています。ここは主郭との間の堀跡になります。既に埋め立てられて、幅も狭くなっていますが、堀...四方田氏館(埼玉県)

  • 延岡発祥 破れ饅頭

    🍡破れ饅頭破れ饅頭の由来は、天岩戸に隠れたアマテラスオオミカミをアメノウズメノミコトが木の小枝を持って舞い踊り、この時の小枝が皇賀玉(おがたま・招霊)の木でした。破れ饅頭はこのオガタマの実を形どっています。そのため別名「オガタマまんじゅう」とも言われてます。1605年(慶長10年)、延岡城の下町の製菓店が売り出したのが始まりで、中町にあった佐々木磯吉菓子店が受け継ぎ広まりました。近所のスーパーで期間限定で売り出していたので早速買って食べてみました。ほぼほぼあんこです。皮はものすご~く薄く、中のあんこは昔ながらの甘さです。(甘さ控えめではありません)お茶🍵といただくのがベストです。【虎屋】破れ饅頭(12個入)延岡発祥破れ饅頭

  • 五十子陣(埼玉県)

    【五十子城】いかっこじん【別名】五十子城【構造】平城【築城者】上杉房顕【築城年代】1457年頃【指定史跡】ー【場所】埼玉県本庄市大字東五十子地図1454年(享徳3年)享徳の乱勃発後、間もなく構築された陣です。享徳の乱は古河公方足利成氏方と関東管領上杉氏との争いで、五十子に本陣を置き、上杉氏は新田荘から足利荘を攻め一旦は成氏を古河から追うことに成功。しかし、その後成氏に五十子陣を攻められ、上杉政真が上杉顕定が死去すると上杉顕定が長尾景春に五十子陣を追われ、群馬県前橋市にある宿阿内城へ逃げ込んでいます。このとき五十子陣は激しい攻撃を受け崩壊しました。てんぐ茶屋主郭にあるという「てんぐ茶屋」を目標に五十子陣跡へやって来ました。稲荷神社主郭内にある稲荷神社。陣の守護神として当時からあったとされる稲荷神社が当時のままと言...五十子陣(埼玉県)

  • 水軍の賄い飯宇和島鯛めし

    宇和島鯛めし海鮮居酒屋がいや鯛の刺身をご飯にのせ、生卵、ごま、ねぎ、のりなどの薬味をのせて特製タレでいただくという郷土料理です。船上では火を使えないので、切身を醤油につけてご飯の上にのせて丼物にして豪快に食べたのがはじまりで、「宇和島鯛めし」は宇和海の日振島を拠点に活動していた伊予水軍が船上で食べられる賄い飯として誕生したといわれています。海賊達が酒盛りをしながら刺身を食べている時に、締めの料理として酒盛りをした茶碗にご飯をよそって残った刺身をのせて食べたのではないかと言われています。鯛めしが誕生した当時は鯛に限らず、白身でも赤身でも魚の刺身ならどれでもOKで、鯵などの刺身も使用していたいいます。ちなみに、鯛だけを使うようになったのは昭和に入ってからと言われています。また、「宇和島鯛めし」は元々は「ひゅうが飯」...水軍の賄い飯宇和島鯛めし

  • 練習問題(準其之一)

    🏯大和政権の九州統治の詰城的な施設として築いた朝鮮式古代山城は、どこをモデルとした防衛構想か?①平壌②扶余③漢城④倭城🏯「日本書紀」などに記載のない鬼ノ城は、次のどの分類に属する?①朝鮮式山城②大和式山城③中国式山城④神籠石系古代山城🏯石垣山一夜城の正式な史跡名は次のうちどれ?①史跡石垣山城②史跡石垣山一夜城③史跡石垣山④史跡一夜城🏯明治6年の廃城令で破却となった城はいくつか?①122城②144城③266城④288城🏯平屋建ての門の中では最も格式が高い城門は?①棟門②薬医門③高麗門④長屋門🏯表御殿の玄関であり待合室である車寄の近くに位置する空間は何と呼ぶ?①書院②遠侍③対面口④近習🏯鹿児島城の藩内要所には防備のため外城を多数作ったが、どのくらいあったか?①50②80③100④120🏯川越城の本丸御殿はかつてはど...練習問題(準其之一)

  • 練習問題(其之四)

    🏯次の中で一番巨大な敷地面積を誇った城はどれ?①江戸城②名古屋城③松本城④大坂城🏯忠臣蔵でおなじみの大石内蔵助が筆頭家老だった城はどれ?①姫路城②水戸城③名古屋城④赤穂城🏯別名白鷺城と呼ばれる城は次のどれ?①大阪城②名古屋城③熊本城④姫路城🏯現存12天守に当てはまらない城は次のうちどれ?①名古屋城②丸亀城③松本城④犬山城🏯なぜ、現在の江戸城に天守がないのでしょうか?①資金が無かった②関東大震災で崩れた③明暦の大火で焼けた④第二次世界大戦の空襲で焼けた🏯大坂の陣で徳川家康と戦った敵方の総大将はだれ?①上杉景勝②豊臣秀頼③真田幸村④石田三成🏯旧幕府脱走軍と明治政府軍の激戦の城、五角形星形平面の西洋式の城とはどれ?①根城②松前城③五稜郭④弘前城🏯甲斐の国を拠点とし、「風林火山」の旗印で有名な武将はだれ?①武田信玄②上...練習問題(其之四)

  • 練習問題(其之三)

    🏯日本の古代遺跡の中で、城のはじまりとされる環壕集落の遺跡はどれ?①伊場遺跡②吉野ヶ里遺跡③岩宿遺跡④登呂遺跡🏯古代に朝鮮の技術で築かれた山城があるが、次のうちどれ?①竹田城②苗木城③洲本城④大野城🏯663年、大和政権が朝鮮半島で惨敗した戦いとはどれ?①扶余の戦い②平壌の戦い③白村江の戦い④京城の戦い🏯朝倉氏の造った中世の館があるのはどれ?①一乗谷城②多賀城③小谷城④秋田城🏯15世紀から16世紀ころの琉球王朝の王城はどれ?①座喜味城②首里城③勝連城④今帰仁城🏯韮山城主だった北条早雲が、相模国に侵入して最初に奪い取った城はどれ?①小机城②小田原城③新井城④津久井城🏯尼子氏の居城で「我に七難八苦を与え給え」と三日月に祈った名将・山中鹿之助で知られる山城はどれ?①津和野城②鬼ノ城③月山富田城④鳥取城🏯琵琶湖の岸辺に織...練習問題(其之三)

  • 練習問題(其之二)

    🏯築造中は「亀田御役所土塁」と呼ばれた城はどれ?①五稜郭②松前城③四陵郭④龍岡城🏯宣教師ルイス・フロイスが城下町の賑わを見て「バビロンの混雑に等しい」と日本史に記載され城は次のどれ?①安土城②彦根城③岐阜城④金沢城🏯藤堂高虎の築城論理が生かされた広い内堀が本丸を囲む城は次のどれ?①今治城②津城③大洲城④宇和島城🏯蒲生氏郷が織田信雄の松ヶ島城を廃し、その瓦を用いて伊勢地方に築いた城は次のどれ?①津城②伊勢亀山城③松阪城④伊賀上野城🏯加賀藩主前田利長の隠居城は次のどれ?①富山城②高岡城③金沢城④福井城🏯現存12天守のうち、天守や御殿が五角形の内堀に囲まれていた城は次のどれでしょうか。①丸岡城②彦根城③松本城④金沢城🏯徳川家康が本丸と二の丸の縄張を行ったと伝えられ、石垣は笏谷石で造られている城は次のどれ?①岡崎城②駿...練習問題(其之二)

  • 練習問題(其之一)

    🏯次の中で総延長が最も長かった惣構(総構)はどれ?①金沢城②姫路城③京都御土居④小田原城🏯佐倉城に残っている馬出の分類はどれ?①真の角馬出②草の角馬出③真の丸馬出④草の丸馬出🏯大坂城(徳川)の外郭にある門で出枡形式のものは次の中のどれ?①桜門②玉造門③青屋門④京橋門🏯石垣に使用する石材を自前の石で築かれた城は次のうちどれ?①久保田城②仙台城③盛岡城④弘前城🏯跳出が石垣の勾配の一つとして挙げてる軍学書はどれ?①海国兵談②武教全書③士鑑用法④甲陽軍鑑🏯江戸の人口が江戸中期に100万人に達した。人口の約何%が男性だったか?①80%②55%③70%④65%🏯徳川幕府の「一国一城令」発布以前の城の数はいくつ?①3000②6000③10000④800🏯北条早雲に始まる北条五代の城主たちは各地の有力大名たちと婚姻関係を築いて...練習問題(其之一)

  • 胃に優しい思いやりの白石うーめん

    白石うーめん白石うーめんは、白石の城下町にいた浅右衛門という青年により白石温麺は誕生しました。今から約400年前、浅右衛門は胃腸が弱く病弱な父親のために「消化が良く元気になる食べ物はないか」と、毎日方々を探し回っていました。ある日、旅の僧から、油を使わず消化に良い麺があると聞き、その製法を伝授してもらいました。浅右衛門はさっそく小麦粉と塩水から作る製法で、麺を完成させました。その麺は消化が良く、滋養となり、父親の胃病はたちまち回復していったそうです。その後、浅右衛門の造った麺は評判を呼び、白石城の片倉小十郎の耳にも入り献上されました。すると病の父を思いやる心から、この麺が誕生したことに感銘を受け小十郎はこの麺を「温麺」と名付け、浅右衛門は「味右衛門」と名乗ることを許されたと言われています。うーめんの由来は諸説あ...胃に優しい思いやりの白石うーめん

  • 松山タルト

    長崎探題職を兼務していた定行が1647年(正保4年)にポルトガル船が運んできた南蛮菓子を食し、その味にいたく感動したため、製法を松山に持ち帰ったといわれています。その南蛮菓子はカステラの中にジャムが入ったロールケーキのようなもので、現在のあんこが入ったタルトは定行が独自に考案したものだそうです。その後、このタルトは久松松平家の家伝とされ、明治以降、松山の菓子司に技術が伝わり、愛媛の銘菓となりました。中のあんこも柚子餡だけでなく、栗入りや伊予柑風味の商品もあり、メーカーとしては一六本舗、六時屋、ハタダなどが有名です。(とくに一六本舗の「一六タルト」は県外でも知られるほど有名ですね)一六タルト柚子タルトひと切れタルト一六タルト柚子タルト5個入り一六本舗内容量:5個入りpiashop松山タルト

  • 小島氏館(埼玉県)

    【小島氏館】おじましやかた【別名】ー【構造】館【築城者】小島氏【築城年代】平安時代~鎌倉時代【指定史跡】ー【場所】埼玉県本庄市小島5丁目4−12地図武蔵武士と言われる武蔵七党のひとつ丹党に、小島郷を本拠地とした小島氏の祖で小島重光の居館であったのではないかと推定されています。現在土塁と空堀が北・南・西に残っています。東側は利根川の崖地になっているため、初めから土塁がなかったと考えられています。長松寺長松寺を目指してやって来ました。案内看板少しばかりですが、この中に小島氏の居館あったことが記されています。長松寺を囲むように断片的に残る土塁からこのお寺が館の中心であったと思われます。石碑何やら絵が描かれた石碑ですが、文字が読み取れなくてどのような意味を持つ石碑か分かりません。う~ん、気になる。鐘楼正面に回り込んでみ...小島氏館(埼玉県)

  • 岩染城(群馬県)

    【岩染城】いわぞめじょう【別名】城山【構造】山城【築城者】不明【築城年代】不明【指定史跡】ー【場所】群馬県富岡市岩染地図岩染城は、藤田氏の藤田城を守るための砦として築かれた城とも、小幡氏の国峰城の支城とも考えられ、実際のところはどちらの説も確証のあるものはみつかっておらず、推論でしかありません。しかし砦であった遺構は今も見事に残っていて、この地に城が築かれていたことは間違いありません。入口以前入口の確認にここまで来ました。駐車スペースも何とか確保しましたが、路面は見た目と違い赤土と舗装の境目が滑るので注意が必要です。軽自動車であれば通れそうですが、途中倒木があるので車での通過は断念。しかしながら、いつもHPを拝見させて頂いている余湖氏のアドバイスもいただき、今回は、このルートから楽ちんに行くことが出来ましたこの...岩染城(群馬県)

  • 問題の解説(西尾城)

    城郭検定から学ぶ✤1級の過去問✤屏風折れの土塀丑寅櫓から天守台につづく土塀は、木造で控え柱である構造で、「屏風折れ」と言われる土塀です。折れに対応して土手も張り出しているのが特徴です。2020年6月26日(金)に完成し、7月11日(土)から一般公開が開始されました。第18回の問34の写真問題に使用されたアングルから撮影してみました。よくわかる日本の城日本城郭検定公式参考書加藤理文ワン・パブリッシング問題の解説(西尾城)

  • 東西対決!関ヶ原のうどん

    国道21号線沿い関ヶ原にある麺処「やまびこ路」左のうどんは、薄口昆布だしの関西風右のうどんは、濃口鰹だしの関東風東西のダシの分け目もここにあり!どちらも甲乙つけがたかったのですが、個人的な感想としては憧れは関西風、食べてみれば馴染の関東風ということで関ヶ原の戦いのごとく惜しくも関東風に軍配ですかね。でも家康より三成の方が好きなのでなんとも複雑な気分です^^;場所:岐阜県関ケ原町大字野上1380−1地図マルちゃん赤いきつねうどん(東)96g×12個内容量:96g×12食東洋水産マルちゃん赤いきつねうどん関西96g×12個原材料:油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、かやく...東洋水産東西対決!関ヶ原のうどん

  • 寺子屋(城郭検定の手習い)

    日本城郭検定の過去問の解答を基に、見所とポイントをまとめてみました。現地を訪問された際の参考にして散策すると、お城めぐりがより一層楽しくなるのではないでしょうか。北海道・東北【北海道】🏯根室半島チャシ跡群🏯五稜郭🏯松前城🏯志苔城🏯上ノ国勝山館【青森県】🏯弘前城🏯根城🏯浪岡城🏯三戸城【岩手県】🏯盛岡城🏯九戸城🏯志波城🏯胆沢城【宮城県】🏯多賀城🏯仙台城🏯白石城🏯船岡城【秋田県】🏯久保田城🏯秋田城【山形県】🏯山形城🏯米沢城🏯長谷堂城🏯舘山城【福島県】🏯二本松城🏯会津若松城🏯白河小峰城🏯向羽黒山城🏯神指城🏯霊山城関東・甲信越【茨城県】🏯水戸城🏯土浦城【栃木県】🏯足利氏館🏯宇都宮城🏯黒羽城【群馬県】🏯箕輪城🏯金山城🏯名胡桃城🏯前橋城🏯高崎城【埼玉県】🏯鉢形城🏯川越城🏯忍城🏯武蔵松山城【千葉県】🏯佐倉城🏯大多喜城【東京都】...寺子屋(城郭検定の手習い)

  • 問題と解説(古川城)

    問題と解説🏯古川城🏯✤1級✤🏯1585年(天正13年)、秀吉の命を受けた金森長近・可重が三木氏を滅ぼすと、増島城を築くまでの間に拠点にしたと伝わる城の本丸跡で、5間✖4間が想定される基礎建物が発見され、重層櫓となる可能性も指摘されている。この城はどれでしょうか。①小島城②野口城③小鷹利城④古川城解説:1585年に侵攻してきた金森がもともとあった城を「大改修」し、城の入り口「虎口」に大規模な石垣を築いたことがわかりました。標高623メートルの山頂部は造成され、約680平方メートルの平地の一段高い場所には「主郭」(9メートル×7メートル四方)の跡も見つかっています。よくわかる日本の城日本城郭検定公式参考書加藤理文ワン・パブリッシング問題と解説(古川城)

  • 古川城(岐阜県)

    【古川城】ふるかわじょう【別名】蛤城【構造】山城【築城者】古川氏【築城年代】不明【指定史跡】県指定史跡【場所】岐阜県飛騨市古川町高野地図【城郭検定】出題あり未登城の城古川城(岐阜県)

  • 問題と解説(清水山城)

    問題と解説🏯清水山城🏯✤1級✤🏯文永・慶長の役の際に豊臣秀吉が渡海するのに備えて対馬に築かれた城はどれでしょうか。①金田城②金石城③桟原城④清水山城よくわかる日本の城日本城郭検定公式参考書加藤理文ワン・パブリッシング問題と解説(清水山城)

  • 清水山城(長崎県)

    【清水山城】しみずやまじょう【別名】ー【構造】山城【築城者】宗義智【築城年代】1591年(天正19年)【指定史跡】国指定史跡【場所】長崎県対馬市厳原町西里地図【城郭検定】出題あり未登城の城清水山城(長崎県)

  • 足利城(栃木県)

    【足利城】あしかがじょう【別名】両崖山城・飯塚山城・小屋城・栗崎城・足利宿城【構造】山城【築城者】足利成行【築城年代】平安時代末期【指定史跡】市指定史跡【場所】足利市本城両崖山地図足利城は、両崖山の山頂を主とした山城で足利成行が築城したと伝わります。その後、平地に足利氏館(鑁阿寺)に居館を移しました。天正18年、豊臣秀吉による小田原攻めにより、この時城主であった上杉景長は敗れた北条方であったため転封となり足利城は廃城となりました。駐車場本城1丁目側には御厚意により3台ほど駐車が出来る場所があります。駐車場だけでなく、お水も頂けるありがたい場所があります。多くの方は織姫神社側からハイキングコースを2kmほどアップダウンを繰り返しながら城址を目指していると思いますが、城址を見学するだけならば東側の本城地区から登る方...足利城(栃木県)

  • 松井田西城(群馬県)

    【松井田西城】まついだにしじょう【別名】諏訪城・西城小屋【構造】山城【築城者】安中忠親【築城年代】1487年(長享元年)【指定史跡】ー【場所】群馬県安中市松井田町新堀地図松井田西城は、金剛寺のある場所にあったと伝わります。安中出羽守忠親が越後国新発田からこの地へ移り居城としました。忠親の子、忠清が1525年(大永5年)に榎下城へ移るまでの38年間をこの地で過ごしました。鬼門の方角には信濃国諏訪湖より勧請した諏訪神社が祀られています。駐車場金剛寺の駐車場を拝借して松井田西城の散策へ。金剛寺略縁起仁王門の横には金剛寺の略縁起の碑があります。残念ながら、ここには城についての記述はありませんでした。とりあえず、本堂目指して上の段へ登ってみよう。山門「碓氷山」の扁額が掲げられている山門です。本堂まずは参拝をしてからの散策...松井田西城(群馬県)

  • 高梨子代官所(群馬県)

    【高梨子代官所】たかなしだいかんしょ【別名】ー【構造】代官所【築城者】井伊直政【築城年代】1590年(天正18年)【指定史跡】ー【場所】群馬県安中市松井田町高梨子地図松井田城の大手道にあったとされる安中藩の代官所は、井伊直政が12万石をもって箕輪に入り代官所をこの地に置かれました。代官所としての遺構は井戸跡だけで、現在は宅地となり代官所であった範囲もはっきりとしたことはわかっていません。井戸跡唯一の遺構である代官井戸と称される井戸が集落の中にあります。代官井戸を中心に、小板橋守氏宅を正門と推定し、代官所があったものと考えられていますが、はっきりとした範囲はわかっていません。井戸は現在は使用されていませんが、今も水が湛えられています。かつては、「百人町」や「与力町」「横町」といった呼びで城下町が形成され、松井田城...高梨子代官所(群馬県)

  • 補陀寺館(群馬県)

    【陣屋・館】【別名】【構造】【築城者】【築城年代】【指定史跡】【場所】地図令和3年5月23日訪問補陀寺館(群馬県)

  • 猫城(群馬県)

    【猫城】ねこじょう【別名】猫山城・猫寄居【構造】山城【築城者】都丸氏【築城年代】不明【指定史跡】ー【場所】渋川市赤城町敷島地図南は諏訪沢、北は持久保の深い谷に挟まれた丘陵で、東西約100m、南北10数mの小さい城である。加沢記によれば、城主の牧和守は泉守は北条方で、上杉方の真田軍と大いに奮戦している(標柱より)この城は、東郭と西郭から成る一城別郭として構築されています。そして、白井の属城で天正時代には津久田城と共に牧和泉守の守る城でした。大手道ここから西郭へ登ることが出来るようです。ちょっと覗いてみましたが…。真上に尾根道があるようですが、あまり急斜面を登りたくないので、戻って、舗装路を進むことにします。この場所から尾根に出て、尾根伝いに行くことが出来るので体力はいりません。先ほど見えたカーブミラーが目印です。...猫城(群馬県)

  • 矢田城(群馬県)

    【矢田城】やたじょう【別名】矢田陣屋【構造】平城【築城者】小林氏【築城年代】不明【指定史跡】ー【場所】高崎市吉井町矢田530地図かつて小林氏が築いた矢田城のありました。松平氏は三代将軍徳川家光の正室鷹司氏の従弟にあたり、その縁で旗本となりました。1709年(宝永6年)松平信清は上野国で三千石の加増がされ、大名となると矢田に居所を置き矢田陣屋としました。その後、信友の代になると吉井に居所を移し当時は矢田陣屋をそのまま名称としていました。1864年(元治元年)信発の時に吉井陣屋と名称を改めました。矢田城、矢田陣屋のあった場所には民家があるため、残念ながら中に入って見学することは出来ません。道路から垣根越しに堀を確認することが出来ます。矢田城虎口右の垣根の東側は矢田城になります。左の畑を挟んで北側が矢田代官所があった...矢田城(群馬県)

カテゴリー一覧
商用