プロフィールPROFILE

むぎさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

日本城郭検定準1級〈武者返級〉合格。1級合格目指しブログを通して予習復習しながら勉強中。

ブログタイトル
むぎの城さんぽ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mugiide
ブログ紹介文
日本百名城や史跡・城郭めぐりの旅の記録と日本城郭検定の問題でお城の勉強をしよう!という日記です。
更新頻度(1年)

144回 / 339日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2016/02/20

むぎさんのプロフィール
読者になる

むぎさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 17,498位 19,525位 21,054位 19,359位 17,931位 19,204位 17,779位 977,606サイト
INポイント 20 30 0 0 0 20 30 100/週
OUTポイント 20 10 0 0 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 62位 71位 74位 67位 62位 62位 64位 4,198サイト
城・宮殿 9位 10位 10位 10位 9位 9位 9位 218サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 47,851位 49,730位 46,714位 41,686位 36,494位 38,120位 35,097位 977,606サイト
INポイント 20 30 0 0 0 20 30 100/週
OUTポイント 20 10 0 0 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 118位 123位 106位 77位 58位 64位 55位 4,198サイト
城・宮殿 11位 11位 11位 10位 8位 9位 8位 218サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,606サイト
INポイント 20 30 0 0 0 20 30 100/週
OUTポイント 20 10 0 0 10 0 10 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,198サイト
城・宮殿 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 218サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、むぎさんの読者になりませんか?

ハンドル名
むぎさん
ブログタイトル
むぎの城さんぽ
更新頻度
144回 / 339日(平均3.0回/週)
読者になる
むぎの城さんぽ

むぎさんの新着記事

1件〜30件

  • 矢島城(長野県)

    【矢島城】やじまじょう【別名】北林城・矢島屋敷【構造】丘城【築城者】北林氏【築城年代】不明【指定史跡】-【場所】上田市常磐城207地図矢島城はかつて北林氏が築城し、北林城と呼ばれていました。1335年(建武2年)諏訪の神氏一族の矢島氏が北林氏を川中島方面に追放し、北林城に居城を移しました。太郎山の麓に位置し、上田平一帯を見通せる居館となっていました。搦手口かつてはこのカーブまで堀切がありました。このカーブに駐車できるスペースがあるのでこちらに駐車しました。二重の堀になっていたようですが、道路を造った時に外側の堀は破壊されてしまったようです。それでも内側の堀は良く残っているのでここを下った瞬間に「おお~」となります。空堀見事な堀と土塁が見られます。虚空蔵沢反対側も虚空蔵沢側に堀が落ちています。東斜面、沢側は矢竹が...矢島城(長野県)

  • 準1級の過去問【5】

    🏯近世の御用米曲輪の発掘で、最近その下層から戦国時代の庭園が見つかったのはどこでしょうか。★①小谷城②小田原城③新府城④高取城🏯譜代の小大名が転封を繰り返した東海道の重要拠点で、天守は建てられず、本丸北西隅に三重の層塔型の鉄(くろがね)櫓を天守代用としていたのはどの城でしょうか。★①岡崎城②吉田城③高槻城④大垣城🏯徳川家光の上洛のために宿館として築城、その後の将軍が利用することはなかった城はどれでしょうか。★①水口城②名古屋城③伏見城④宇都宮城トップへ【公式】日本城郭検定過去問題集―2級・3級・4級編―公益財団法人日本城郭協会学研プラス準1級の過去問【5】

  • 明知陣屋(岐阜県)

    【明知陣屋】あけちじんや【別名】―【構造】陣屋【築城者】遠山方景【築城年代】1615年(元和元年)【指定史跡】-【場所】恵那市明智町古町地図明知城の山麓にある陣屋(代官所)で、明知城が廃城となり陣屋が構えられました。旗本の遠山氏が江戸時代から明治の大政奉還となるまで行政を行った場所であります。当初は参勤交代で江戸を行き来していましたが、1678年(延宝6年)からは江戸定府となり明知陣屋の代官を村上氏が勤めることとなりました。北町奉行などを歴任した遠山景元は名奉行として知られ、時代劇の「遠山の金さん」のモデルになるほどの名奉行でした。駐車場日本大正村の駐車場にやって来ました。ちなみに、明知陣屋、大正ロマン館には駐車場がありません。明知城縄張図大正村の駐車場にも明知城の案内看板が設置されています。周囲の施設は、まだ...明知陣屋(岐阜県)

  • 明知城(岐阜県)

    【明知城】あけちじょう【別名】白鷹城・明智城【構造】山城【築城者】遠山景重【築城年代】1247年(宝治元年)【指定史跡】県指定史跡【場所】恵那市明智町城山地図明知城は、岩村城に次ぐ規模の城郭で明知遠山氏代々の居城です。「畝状堀群」が特徴的で斜面に複数の横堀と竪堀が郭の周囲に構築されています。戦国期には織田信長の配下にあり、武田信玄の将で高遠城主の秋山氏が東濃地方へ侵攻。これに遠山方は惨敗し、武田方に落ちます。しかし、この後も一国一城令で廃城になるまで明知城の奪還を繰り返す戦が続いていました。入口入口は何本かあるのですが、駐車場が設けられた主要地方道瑞浪上矢作線から登ることにしました。「白鷹城」の旗や看板が見えて来るので、従って入って行きます。駐車場通り抜けの出来ない脇道を入ると、駐車場と案内看板があります。ここ...明知城(岐阜県)

  • 成島館(山形県)

    【成島館】【別名】【構造】【築城者】【築城年代】【指定史跡】【場所】地図令和元年10突き27日登城成島館(山形県)

  • 問題と解説(二俣城)

    正解!✤準1級✤🏯戦国時代、今川氏の被官・松井氏が築城と伝わり、その後武田・徳川の攻防の舞台となり家康の長男信康が自刃した城はどれでしょうか。①二俣城②長篠城③天竜城④高天神城【公式】日本城郭検定過去問題集―2級・3級・4級編―公益財団法人日本城郭協会学研プラス問題と解説(二俣城)

  • 二俣城(静岡県)

    【二俣城】ふたまたじょう【別名】蜷原城【構造】平山城【築城者】二俣氏【築城年代】【指定史跡】国指定史跡【場所】浜松市天竜区二俣町地図【城郭検定】出題あり未登城の城二俣城(静岡県)

  • 武節城(愛知県)

    【武節城】ぶせつじょう【別名】地伏城【構造】平山城【築城者】菅沼定信【築城年代】永正年間【指定史跡】-【場所】豊田市武節町城山地図武節城は、田峯城主菅沼定信によって田峯城の支城として築かれました。信州と美濃の国境にあり、武田、徳川の戦乱に巻き込まれ三河の最前線基地として物見や狼煙を上げる情報伝達の重要拠点でもありました。長篠の合戦では、敗れた武田勝頼が敗走し、武節城に辿り着き一泊したとして知られています。道の駅どんぐりの里いなぶ道の駅で、トイレを済ませ、五平餅と子持ち鮎の塩焼きを食べて準備完了!さあ、攻めましょうか登り口入口アクセスは2ヶ所、まずはトンネルの脇の道から看板に従って行ってみることにしました。登り口道の駅があるので、車を置いて歩くのもありです。でも、車が足の人なのでどこまでも車で行こうと思ってしまう...武節城(愛知県)

  • 金窪城(埼玉県)

    【金窪城】かなくぼじょう【別名】太瑯城【構造】平城【築城者】加治家季【築城年代】治承年間【指定史跡】県指定史跡【場所】児玉郡上里町金久保地図金窪城は、別名は太瑯城(たやじょう)よも言い、武蔵国の最北端にあって上野国との国境の城として重要とされていました。戦国期には摂津守定利が居城していましたが、1582年(天正10年)神流川合戦で織田信長の家臣滝川一益に攻められ、落城しました。後に、徳川家康の関東入国により武田信玄の甥である川窪信俊の所領となり、陣屋がおかれたのですが、1698年(元禄111年)に川窪氏が丹波へ転封となったため廃城となりました。県道392号を走っていると金窪城址の看板が見えて来ます。ここで看板に従って曲がります。萠美保育園保育園が見えたところで車を一旦停止。ここから館の敷地に入ります。館址入口保...金窪城(埼玉県)

  • 飯野陣屋(千葉県)

    【飯野陣屋】いいのじんや【別名】-【構造】陣屋【築城者】保科正貞【築城年代】1648年(慶安元年)【指定史跡】県指定史跡【場所】富津市下飯野地図飯野陣屋は飯野藩初代藩主保科正貞(高遠藩主保科正之の弟)が築いた陣屋です。以後明治維新を迎え版籍奉還に至るまで保科氏が藩主を勤めました。正貞は、信州高遠城主保科家に生まれ、早くから徳川家に仕えて大阪夏の陣では大活躍をしました。前封に飯野村を加増され、飯野藩は譜代大名となり、大阪城番や江戸城の門番を命じられていました。飯野陣屋濠跡碑濠跡へやって来ました。水濠になっていて、水が濁っているので底の様子は見えないのですが、ここにある説明を読むと泥に埋まっていると思われますが、薬研濠になってるようです。この先は本丸でもある飯野神社の参道になります。大手道城を持つことが許されなかっ...飯野陣屋(千葉県)

  • 麻底良城

    【麻底良城】まてらじょう【別名】麻氐良城・左右良城【構造】山城【築城者】秋月種実【築城年代】1615年(元和元年)【指定史跡】-【場所】朝倉市杷木志波地図【城郭検定】出題あり未登城の城福岡県の城郭―戦国城郭を行く福岡県の城郭刊行会銀山書房麻底良城

  • 須田城(長野県)

    【須田城】すだじょう【別名】臥竜山城【構造】山城【築城者】須田氏【築城年代】室町時代【指定史跡】市指定史跡【場所】須坂市臥竜3地図須田氏は井上城主の分家であり、臥竜山に出城を構えたのが須田城です。本城は本郷にある大岩城で、当初村上氏に属していましたが、武田氏と上杉氏の争いでは武田氏につき、武田氏が滅亡すると上杉景勝が北信四郡を占領したため上杉へと下り越後へ。越後須田氏は海津城の城将として信濃に帰国し、武蔵国八王子城の城将も勤めています。その後、慶長三年に上杉氏の会津への国替えの命が下ると、これに抵抗し、須田氏は海津城で自害して果てました。残された者は上杉氏と伴に会津へ移り、須田城は廃城となりました。臥竜公園とりあえず臥竜公園目指して行ってみました。案内看板を見ると公園内に須田城があります。テニスコート駐車場に車...須田城(長野県)

  • 栗田城(長野県)

    【栗田城】くりたじょう【別名】堀之内城【構造】平城【築城者】栗田仲国【築城年代】鎌倉時代【指定史跡】-【場所】長野市大字栗田482地図栗田城は村上一族の栗田氏居城で、栗田寛覚の子「仲国」が築城以来戦国時代末期まで代々居城としました。「川中島の戦い」では武田方につき、旭山城に入って戦いました。その後、甲斐に移り栗田城は廃城となりました。鳥居日吉神社(栗田神社)の鳥居です。公園になっているので、この日も親子が遊んでいていました。カメラを持ったあやしいおばちゃんの来る場所ではないです^^;でも、おじゃましま~す案内看板わりと新しい感じの看板です。栗田城址を整備する会が立てた案内看板です。栗田城址想定図栗田城は現在この公園に神社とともに残る土塁が遺構として残っていますが本来は宅地になっている部分も含めると、結構広い回字...栗田城(長野県)

  • 長沼城(長野県)

    【長沼城】ながぬまじょう【別名】-【構造】平城【築城者】信濃島津氏【築城年代】室町時代【指定史跡】-【場所】長野市穂保地図長沼城は、地頭の島津氏が築いたとされる平城ですが武田信玄の信濃侵攻により撤退、その後川中島の戦いの舞台となったこの城は武田氏と上杉氏によって幾度となく改造されました。武田氏滅亡後は織田信長の支配下となり、本能寺の変の後には上杉領となり、上杉景勝自ら長沼城へ入城しました。村山豊野停車場線この辺りかとキョロキョロしていたら最初にみつけたこの看板。長沼城はこっちか…。ちょっと狭いがこっちと言うなら看板に従って突き進むのみ!案内看板ここを入って行けば本丸まで直行ですね。それにしても普通車はいっぱいいっぱいですよ。侍屋敷跡随分細い道なんですけど…。すれ違いなんて絶対できないぞ。しかし、この道の両脇の果...長沼城(長野県)

  • 足助城(愛知県)

    【足助城】あすけじょう【別名】真弓山城・松山城【構造】山城【築城者】鈴木氏【築城年代】不明【指定史跡】-【場所】豊田市足助町須沢39-2地図足助城は、真弓山の山頂に築かれた足助氏が居城した戦国時代の山城です。現在復元されているのは鈴木氏が築城した15世紀以降のもので発掘調査に基づき復元されています。城下から真弓山山頂を目指して来ると、迷うことなく入口までやって来ました。ここを左折してまもなく到着します。管理棟管理棟の前に駐車場もあるので、公園になっているだけあって車で来ると楽に来られます。ここで入館料を支払って入城です。こちらで、御城印が購入できます。日付はお願いすると帰りまでに書いて用意しておいてくれるので、お願いして見学へ。入口さて、入城です!門を過ぎて、奥に見えるコーナーを曲がると…どうですか!この光景思...足助城(愛知県)

  • 加瀬城(神奈川県)

    【加瀬城】かせじょう【別名】-【構造】平山城【築城者】加瀬資親【築城年代】鎌倉時代【指定史跡】―【場所】川崎市幸区南加瀬1地図加瀬城は夢見ヶ崎公園の敷地内にあり、一帯は加瀬山古墳群になっています。太田道灌にまつわる山吹の花の言い伝えがあります。夢で東北の空に縁起の良い舞鶴を見たことで、江戸城を築くきっかけとなったという言い伝えも残っています。登城口ナビで案内された入口まで来てみましたが…先日の台風15号の影響でしょうか、倒木のためこの最短の道が使えないようです。南加瀬貝塚先ほどの山道が使えないので回り込んでルートを変えてみました。すると貝塚がありました。関東地方では珍しい弥生時代の貝塚で、縄文、弥生時代の区分をする最初の標識土器が出土された場所のようです。図書館前この道をどんどん登って行きます。夢見ヶ崎鳥獣保護...加瀬城(神奈川県)

  • 井上城(長野県)

    【井上城】いのうえじょう【別名】大城・小城・井上氏館・井上氏居館【構造】山城【築城者】井上氏【築城年代】平安時代【指定史跡】県指定史跡【場所】須坂市井上地図長野市と須坂市の境界となる尾根上に、大城と小城から成る井上城と麓に井上氏の居館が構えられていました。井上氏は清和源氏頼信の子頼季がこの地に住み、後に井上氏を称したとされています。浄運寺浄運寺は、およそ800年の歴史を誇る、長野県で一番古い浄土宗寺院です。案内看板このお寺周辺も井上城本城の郭の一部であったことが推測されています。仁王門松平氏が寺領を寄せたことから、寺紋も徳川葵となり、家康公、秀忠公の位牌が安置されています。登城口登城口はこの先にあります。他にも小城側にも登城口あるよです。この日は、もう日が暮れてしまったので登城口の確認だけして次回へ持ち越し。ち...井上城(長野県)

  • 稲村城(千葉県)

    【稲村城】いなむらじょう【別名】-【構造】丘城【築城者】里見義豊【築城年代】室町時代【指定史跡】国指定史跡【場所】館山市稲地図初代里見氏は本城を、白浜城(南房総市)~稲村城(館山市)~滝田城・宮本城(南房総市)~久留里城(君津市)~佐貫城(富津市)~岡本城(南房総市)~館山城(館山市)と変遷しています。最初の白浜城から千田城へ移り、さらにそこから稲村城の築城をしました。義豊が義堯に攻め滅ぼされた「天文の内訌」の舞台となった城です。この内乱によって大きく二分されることとなった稲村城は、この後廃城となりました。まずはナビに従いここまで来たのですが…駐車場に困って周辺をうろうろ。この奥の貴船神社まで行ってみるも駐車スペースはみつからず。この後、線路沿いに走っていたら、行き止まり、困っているところに地元の方が不審そうに...稲村城(千葉県)

  • 飯羽間城(岐阜県)

    【飯羽間城】いいばまじょう【別名】飯狭城【構造】平山城【築城者】遠山氏【築城年代】鎌倉時代【指定史跡】-【場所】恵那市岩村町飯羽間地図飯羽間遠山氏は鎌倉時代に岩村遠山氏から分家し、発祥しました。飯羽間城は、18ある支城のうち本家岩村城から最も近い支城で、とても重要な城でした。戦国期は織田信長に属し、村上合戦に出陣すなど遠山一族の中でも七遠山のひとりとしても活躍していましたが、1574年(天正2年)武田勝頼の攻撃により飯羽間城は廃城となりました。草木に阻まれているものの、山肌に「飯羽間城」の大きな看板が見えて来ます。中山道方面から岩村への入口の要となる場所に位置します。案内看板案内看板も立っているので何気に車を走らせていても城跡であることに気が付きます。飯羽間城落城の歌朽ちる寸前の看板がありました。以前はここに立...飯羽間城(岐阜県)

  • 館山城(千葉県)

    【館山城】たてやまじょう【別名】―【構造】山城【築城者】里見義康【築城年代】1588年(天正16年)【指定史跡】―【場所】館山市館山地図館山城は、里見義頼が重臣に築城を命じ、1588年(天正16年)義頼の子である義康が築城しました。昭和57年に三層四階の模擬天守が建てられ、館山市立博物館になっています。駐車場麓には無料の駐車場とトイレが完備されています。里見茶屋前回来た時にはあったのかなあ?全く気付かなかったお団子屋さんなのですが、テレビで見て寄ってみたかったのですが朝なのでまだ開いていません。孔雀園に行く道です。台風15号の影響で立ち入り禁止になっていましたが、現在は開通しているようです。本丸への道も立ち入り禁止とされていましたが現在は通ることが出来ます。彫刻の径台風15号により倒れた木です。館山市立博物館本...館山城(千葉県)

  • 高松城(埼玉県)

    【高松城】たかまつじょう【別名】武蔵高松城【構造】山城【築城者】長尾氏【築城年代】戦国時代【指定史跡】-【場所】秩父郡皆野町下日野沢地図高松城は、戦国時代北条氏邦の家臣逸見若狭守が居城した城です。秩父盆地に最後に残された上杉側の拠点といわれていますが、1561年(永禄4年)高松城に立て篭もる上杉勢を威嚇して、城の明け渡しを要求、北条側の鉢形城を中心とする秩父制覇を成し遂げました。しかし、豊臣秀吉の小田原攻めの際に本城である小田原城落城と共に終わりを告げることとなりました。入口どうやらここが高松城への道がある場所のようです。しかし、工事関係者以外立ち入り禁止になっていてこれ以上進むことは出来ません。残念ながら、ゲートもあって完全に入ることは出来ません。農山村具展示館入口攻城団での攻城メモによると「皆野町農山村具展...高松城(埼玉県)

  • 阿佐見氏館(埼玉県)

    【阿佐見氏館】あさみしやかた【別名】阿佐美館【構造】居館【築城者】阿佐美左馬助【築城年代】1694年(元禄7年)【指定史跡】町指定史跡【場所】秩父郡皆野町下日野沢地図日野沢川左岸の山腰に築かれた居館は、今も見事な石垣が残っています。二重、三重に巡らされた石垣の角には、三ヶ所の食違い門が設けられていました。戦国時代、鉢形城主北条氏邦に仕えていた阿佐見氏は1569年(永禄12年)に武田信玄が派遣した甲州勢を追い返し、その時の軍功により名字を朝見に改めました。駐車出来る場所が無いかと辺りを見渡すと、入口付近のバス停向いの路肩に待避スペースがありました。乗用車サイズ以上になると道路にはみ出してしまいますが、軽自動車ならギリギリ路肩に停められます。入口標柱があるのでここから坂を登って行きます。けっこう坂がキツイです^^;...阿佐見氏館(埼玉県)

  • 横山城(長野県)

    【横山城】よこやまじょう【別名】善光寺横山城【構造】平山城【築城者】不明【築城年代】南北朝時代【指定史跡】-【場所】長野市長野地図善光寺を見下ろす位置にある横山城は、軍事的施設として重要視された城郭で南北朝時代には守護所が置かれていました。周囲には旭山城や葛山城を拠点とした戦場でもあり、武田信玄と上杉謙信が対峙した川中島合戦も繰り広げられた地域です。駐車場こちらの駐車場に停めさせていただきました。長野市立城山公民館城山公民館のある場所も二ノ郭になります。こちらの駐車場を利用させてもらうために受付へ行ってお願いして来ました。あわせて、パンフレットか資料が無いか尋ねてみたのですが残念ながらそういったものは置かれていませんでした。案内看板城山公民館入口に掲げられている案内看板。主郭から公民館の方まで続いていた二ノ郭は...横山城(長野県)

  • 白浜城(千葉県)

    【白浜城】しらはまじょう【別名】-【構造】山城【築城者】白浜氏【築城年代】不明【指定史跡】市指定史跡【場所】南房総市白浜町白浜地図15世紀後半、関東管領上杉氏の勢力がこの地を領有していました。房総里見氏初代とされる里見義実が安房に入り、最初の城がこの白浜城でした。麓の青根原神社周辺は居館があったと思われる地名が残されています。前期里見氏の有力家臣である木曽氏の子孫とされる人々が集住しています。また、城跡は第二次世界大戦中に軍用地として使用されました。遊歩道入口大手道とされるのは青木観音堂とされいますが、今回はみつけやすかったこちらの「じょう山展望台入口」の方へやって来ました。案内看板この案内看板は丈夫だったようで健在です!白浜里見古道足元には壊れた看板枠があり、看板は土手下へ飛ばされていました。櫓口台風15号の...白浜城(千葉県)

  • 岡本城(千葉県)

    【岡本城】おかもとじょう【別名】-【構造】平山城【築城者】岡本氏【築城年代】不明【指定史跡】-【場所】南房総市富浦町豊岡地図もともとこの土地の豪族である岡本氏の居城で、1570年(元亀元年)に里見義弘の要請により岡本氏は城を譲渡し千代村に移ると義弘は岡本城の改修をして弟であり養嗣子の義頼を置きました。義弘の死後義頼と実子梅王丸との間で抗争になり里見氏は衰退しました。登城口旧道から細い道を入るとトンネル手前に「里見氏城跡岡本城跡」の看板があります。台風15号の影響で、付近はまだ停電したままでした。信号機は発電機により点いている場所もありますが、まだ消えている場所もありました。館山、白浜の方まで行ってみたのですが、岡本城のあるこの辺りは特に被害が大きいようです。建物の破壊も激しく、大変なさ中にもかかわらず、登城道を...岡本城(千葉県)

  • 荘田城(群馬県)

    【荘田城】しょうだじょう【別名】和田屋敷【構造】段丘【築城者】沼田景泰【築城年代】1247年(宝治元年)【指定史跡】市指定史跡【場所】沼田市井土上町386−8地図沼田氏発祥の地で、利根氏は平将門討伐戦に加わり、平氏一人を伴ってこの地に戻り、井土上の和田に館を建てて住まわせ、庄田氏・沼田氏を称しました。七代の経家と孫の大友能直と重縁の三浦氏が北条時頼に亡ぼされた際、一族の一人が逃れてきて、沼田景泰と称し城郭を築いた。小沢城に移るまでの8代158年間の居城で、往時は城跡外に荘田沼がありました。現在、熊野神社がある場所が本郭跡になります。駐車場熊野神社脇に駐車場があります。上段から車で来ると、道下に駐車場が見えますがダイレクトに行くことは出来ません。神社入口のある下段から入って下さい。駐車場から見た神社裏にある小川は...荘田城(群馬県)

  • 3級の過去問【7】

    🏯現国宝の城で、明治中期から近年まで唯一の個人所有の城はどこでしょうか。★①犬山城②彦根城③姫路城④松本城🏯城の周辺には戦いのために集まった大名たちの陣屋が立ち並び、「京をもしのぐ」賑わいのあったとされる陣城はどれでしょうか。★①小倉城②伏見城③名護屋城④佐賀城🏯徳川家康が関ヶ原の戦いで戦功があり娘婿でもある池田輝政に与えた城とはどこでしょうか。★①掛川城②岡山城③姫路城④篠山城🏯天守に付属して小天守や櫓を持たない形式を独立式天守というが、次の中で独立式天守はどれでしょうか。★①犬山城②松本城③松江城④宇和島城🏯城主の常陸からの転封により、石垣がほとんど使用されない土塁技術で築かれた城で、御物頭御番所が唯一の現存建物の城とはどれか。★①宇都宮城②鉢形城③箕輪城④久保田城🏯築城では一般的に選地(地取)・縄張り・普...3級の過去問【7】

  • 須坂陣屋(長野県)

    【須坂陣屋】すざかじんや【別名】須坂藩御館【構造】陣屋【築城者】堀直升【築城年代】1617年(元和3年)【指定史跡】-【場所】須坂市須坂地図須坂陣屋は須坂藩一万石を堀氏が14代に渡り治めて来た須坂地方の陣屋です。堀氏は元々奥田姓を名乗っていましたが、秀政が信長に仕えていた秀吉に堀氏を名乗ることを許されたことで奥田氏から堀氏へと改姓されました。現在跡地には須坂小学校と奥田神社があり、須坂小学校北側に石垣、神社境内に鐘楼が残されています。鳥居大手道から見た奥田神社です。駐車場は教育会館の駐車場を利用しました。案内看板鳥居をくぐって、左手にある案内板です。須坂藩館の図江戸時代末期に描かれた須坂藩館の図です。版籍奉還後に東京鎮台の所轄となり、廃城となりました。詞碑須坂町役場から上高井教育会館と使用され、役目を終えたたこ...須坂陣屋(長野県)

  • 福島正則館(長野県)

    【福島正則館】ふくしままさのりやかた【別名】福島正則屋敷・福島城【構造】居館【築城者】福島正則【築城年代】1619年(元和5年)【指定史跡】県指定史跡【場所】上高井郡高山村高井地図関ヶ原の戦いで敗れた毛利輝元が広島城を福島正則に明け渡し萩城へ移ったのですが、台風被害で崩れた広島城の石垣など修復した際、幕府に無断で石垣を改築したと武家諸法度の法に触れ、1619年(元和5年)改易となりました。その後、信州高井郡2万石と越後魚沼2万5千石の合計4万5千石を与えられ、高井野の地に住居を定めました。しかしここでの生活は短く、わずか5年でこの世を去ることになります。64歳、病死でした。信濃に来た正則は、検地や治水、新田開発と民政に尽くしたと伝わります。火の見櫓と標柱県道沿いに見える火の見櫓。その脇に見える標柱には「福島正則...福島正則館(長野県)

  • 3級の過去問【6】

    🏯関東の巨大な山城で東西3キロ、南北約4キロあり、山頂近くに石垣で復元整備された日の池のある城はどれでしょうか。★①岩村城②鉢形城③金山城④箕輪城🏯江戸の背後を固める城で代々譜代の大名が城主となり、石垣を使わず全て土塁で曲輪や現存の巨大な角馬出を築造した城はどれでしょうか。★①川越城②佐倉城③水戸城④小田原城🏯平成の発掘調査をもとに、大手虎口や石敷きの城道が復元された石造りの山城はどれでしょうか。★①春日山城②久保田城③岩村城④金山城🏯城郭部が城下町より低い位置にあることから「穴城」とも呼ばれ、現存の三の門が重要文化財になっている城はどれでしょうか。★①新発田城②高遠城③上田城④小諸城🏯平成17年に築城400年を記念して、備中櫓が復元された城はどれでしょうか。★①備中松山城②津山城③岡山城④津和野城🏯中国揚子江...3級の過去問【6】

カテゴリー一覧
商用