ニャンコだいすき!
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ニャンコだいすき!さん
ブログタイトル
ニャンコだいすき!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tamamusi110
ブログ紹介文
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」
自由文
-
更新頻度(1年)

86回 / 321日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2016/02/19

ニャンコだいすき!さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 24,676位 23,242位 21,100位 21,237位 19,548位 21,149位 19,583位 974,845サイト
INポイント 10 10 0 0 40 0 0 60/週
OUTポイント 10 0 0 20 40 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 833位 805位 771位 783位 741位 782位 737位 28,146サイト
シャム猫 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 120サイト
猫のいる暮らし 109位 105位 100位 100位 97位 99位 96位 1,292サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,488位 41,287位 37,875位 38,024位 37,690位 36,412位 35,366位 974,845サイト
INポイント 10 10 0 0 40 0 0 60/週
OUTポイント 10 0 0 20 40 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 1,035位 1,030位 951位 939位 933位 887位 851位 28,146サイト
シャム猫 4位 5位 5位 5位 4位 4位 4位 120サイト
猫のいる暮らし 133位 133位 123位 124位 124位 120位 121位 1,292サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,845サイト
INポイント 10 10 0 0 40 0 0 60/週
OUTポイント 10 0 0 20 40 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,146サイト
シャム猫 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 120サイト
猫のいる暮らし 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,292サイト

ニャンコだいすき!さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ニャンコだいすき!さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ニャンコだいすき!さん
ブログタイトル
ニャンコだいすき!
更新頻度
86回 / 321日(平均1.9回/週)
読者になる
ニャンコだいすき!
  • 月暈(つきがさ)

    昨晩、日本×スコットランドのラクビーの試合は凄かったですね。家で見ていたのですが、興奮して、勝ったときは叫んでしまいました。興奮状態が冷めやらないで、外に出たら、きれいな満月が見えました。台風一過で空気が澄んでいたのか、はっきりくっきり、美しく見えました。すぐに、薄雲が月を隠したとき、今度は、きれいな虹の環、月暈(つきがさ)が見えました。熱くなったハートがこの景色で冷やされました。月暈(つきがさ)

  • 黒猫は不吉?幸運を呼ぶ?

    目がまん丸ですね。かわいい!ネットで見つけた黒猫です。黒猫は幸運を呼ぶ猫・・、黒猫が前を横切ると不吉・・、黒猫は魔女の使い・・など、黒猫を巡って、いろいろなことが言われています。日本では、黒猫は福猫として、縁起の良いネコと言われています。招き猫にも黒猫があります。中世のヨーロッパでは、宗教上の魔女狩り、魔女裁判がよく行われました。魔女は黒い服を着ているとされ、黒い猫は魔女の手下のように言われていました。このため、ベルギーでは、黒猫を捕まえては高い塔から落として殺すという事が行われていたのです。こんな迷信のある国では、黒猫が前を横切ると不吉などと言い出したのです。しかし、イギリスなどでは、黒猫は幸運を呼ぶ猫とされていました。黒猫の評価は、国によっていろいろですね。うちに来る片目のクロちゃんは膝にすりすりしたりして...黒猫は不吉?幸運を呼ぶ?

  • 指を突き出すと必ず匂いを嗅ぐ・・・

    ネコは、ネコの顔の前に指を突き出すと、必ず指先の匂いを嗅ぎます。この行動はほとんど反射的に起こります。ちゃーちゃんに試したら、すぐに鼻先を指の先にもってきます。そして、あきらかに匂いを嗅いでいます。これは、ネコ同志の挨拶行動で、本能的、反射的なものなのです。敵意のないネコ同志が出会ったとき、この行動が必ず見られます。お互いに鼻を近づけて、匂いを嗅いで、あいさつしているのです。顔の先に付き出している鼻は、出会ったときにお互いの匂いを嗅ぐときに最初に触れ合う場所で、匂いによって、相手をいろいろ判断しているのです。人によっては、俺の指くさいのかな?!なんて気にする人もいますがこれは、ネコにとってのたんなる反射的な行動で、特に意味は無いので気にする必要はありません。もっとも、「くさや」や「ブルーチーズ」などを指先でつま...指を突き出すと必ず匂いを嗅ぐ・・・

  • ネコは寝ているときになぜ目を手で覆うのか?

    ネコは寝ているときに、写真のように手で目を覆うことが良くあります。ネコの先祖の頃は、木の洞や穴に入って昼でも暗い中で寝ていました。夜行性のネコは、夜に備えて、昼に十分に睡眠を取り、徹夜で獲物を捕まえるためです。ところが人と暮らすようになって、昼も夜も照明で明るい部屋で寝なくてはならなくなりました。人間といつも一緒にいたいネコは、明るい部屋でも寝なくてはならないので、アイマスクがわりに手で目を隠すようになったのです。ネコ用のアイマスクがあれば売れますね?でもネコは顔に何かを付けるのはいやがるので、残念ながら、ネコ用のアイマスクはアイデア倒れになりますね。ネコは寝ているときになぜ目を手で覆うのか?

  • みなとみらい横浜

    9月27日、写真クラブの仲間と「みなとみらい横浜」に撮影会に行ってきました。横浜まで渋谷からJR湘南新宿ライン快速で25分。横浜駅から歩いて、シーバス乗り場へ、シーバスに乗ってみなとみらい横浜へ。これが、シーバスです。海上からいろいろ写真が撮れる。出発してすぐの所の大きなビルの壁面は、すべてガラス窓。ここに近くのビルが写って不思議な風景に。海上をダグボートが軽快に走っていた。横浜ベイブリッジが遠くに見える。みなとみらい横浜の建物群が見えてきた。中央のランドマークタワーは70階建て、高さ296.33m,1993年に開業ですから、もう26年も経っているのですね。69階に展望フロアがあります。今回見損なった。ビルの高さでは、あべのハルカス(300m)に抜かれて2位になってしまいました。そして、横浜港大桟橋国際旅客船タ...みなとみらい横浜

  • ヒガンバナ真っ盛り

    先日、9月25日に、藤沢の小出川というところにヒガンバナを撮影に行きました。以前行ったときは、9月24日で満開だったので、ちょうど良い時期かなと思って行ったのですが、今年は、雨が少ない時期があり、開花が遅れていると言うことです。この日のヒガンバナはこんな感じでした。まだ開花前でした。ヒガンバナに来るチョウの写真も撮りたかったのですが・・・花が咲いていなければ、チョウもきません。わずかに咲いている所にチョウが集まっていました。それはそれで撮りやすいのですが、豪華な赤いバックがないと寂しいです。このため、9月28日に再度訪問。この日はヒガンバナが満開でした。やはり満開のヒガンバナはきれいです!ここからは、富士山が見えました。ちょっと霞がかかってはっきりしませんが、遠景にちょっと雲を被った富士山が見えました。ヒガンバ...ヒガンバナ真っ盛り

  • 天使のはしご

    今日はネコは出てきません。気象現象の写真です。今日、あるホームセンターの4階駐車場から天使のはしご(天使の階段ともいう)の写真が撮れた。天使がこのはしごを使って空から降りてくる。でもあの小さい天使がこの長い梯子を下りてくるのは大変でしょうね。1時間以上かかりそう?でも踏み外しても羽があるから大丈夫だね。梯子が終わると、こんな夕焼けになった。天体ショーは飽きませんね。刻々と変わってゆくその姿がきれいです。天使のはしご

  • クロタン連日顔見せ

    一時、来なくなった野良ネコのクロタンは最近、毎日のようにやってくる。エサをやると、膝にスリスリして、頭をなでてやるとよろこぶ。すっかり、うちの外ネコみたいになって来た。家には、ちゃーちゃーんがいるので、家には入れない。なんとなく入りたがっているみたいだが、そこだけはダメとはっきり伝えてある。しかし、人の膝にすりすりし、頭をなでてやると喜ぶくらいだから、やはり、以前、人に飼われていたに違いない。根っからの野良はそんなことしないからだ。土日祭日は、うちに来ないこともある。たぶん、休みの日は、違うところで、すりすりやっているのだろうと思う。クロタン連日顔見せ

  • ネコのけんか

    室内外のちゃーちゃんは、ご主人(私)にケンカを売ることがしばしばあります。ネコは発情期によくケンカします。オスネコ同志がメスをめぐってケンカすることが多いのです。ふだんは、オスはなるべくケンカしないように慎重に行動しています。ただ、ばったり出くわしてしまったりすると、鳴き声で脅しをかけ、その時点で、これは敵わないと思ったオスは、ケンカをせずに逃げて行きます。どちらも、強いオスネコの場合、ケンカが勃発しますが、ネコパンチの応酬などで、耳や顔にひっかき傷が出来るくらいで致命傷は負いません。ただ、どちらかが、このやろう、絶対許さない!なんて思ったりすると、追いかけて、かみつき、大けがをさせることがたまにあります。メス同士は、けんかをしません。ただ、メスが乳飲み子を守っているときは、うかつに近づいた、メスは攻撃されます...ネコのけんか

  • イヌとネコは同じ先祖

    イヌもネコも「ミアキス」という先祖から別れていった食肉性の動物です。ですから、イヌとネコは同じ先祖から別れていったのです。イヌは草原に、ネコは森林に住むところ変えて進化して行きました。イヌは走るのが得意で、疲れを知らないマラソンランナーです。草原のシカなどを、群れで相手が疲れてへたり込むまで追いかけて、捕まえていました。群れ社会で生活していたため上下関係が生まれ、リーダーをトップにする階級社会だったのです。ネコは森林で単独で暮らすようになり、木登りのために爪が鋭くなりました。しかも、森林は暗く、主に夜に活動するネズミを捕まえるため、目が発達して、暗闇でも見える目になったのです。同じ先祖ですが、単独と群れという生活の仕方がまるで違うので、イヌとネコは性格もまるで違う動物になったのです。イヌ好きの人、ネコ好きの人は...イヌとネコは同じ先祖

  • ネコは本当は砂浴びが好き!

    わずかに積もっている乾いた砂で砂浴びををするちゃーちゃん。たたくと砂ぼこりが立つほど、よごれて帰って来ます。ネコの先祖はリビアヤマネコで、砂漠地帯に住んでいました。したがって、雨があまり降らず、体の汚れはほとんどなめて落としますが、たまにはお風呂に入りたいと思っているのです。(きっと・・・?)そのため、お湯のお風呂の代わりに、彼らは砂浴びをします。まるでスズメみたいですが、乾いたきれいな砂があれば、砂浴びします。ネコは公園の砂場がすきなのも砂浴びとトイレが出来るからです。でも砂が湿っていたりすると砂浴びはしません。砂漠地帯のようにさらさらで、乾ききっている、きれいな砂でなくてはその気になれないのです。ネコの砂浴び用の砂と、砂風呂を作ったら売れるのではないでしょうか??そんな商品はないですね。やはり、売れないのか...ネコは本当は砂浴びが好き!

  • 猫のきもちがわかる?

    なんとなく、冷たい目つきで、この奴隷どうやってしつけようかと考えている見たいですネコは、自分の気持ちがすぐ分かるように、つねに飼い主を訓練しています。こういう鳴き方をしたら、ごはんがないので、早く用意すること。こういう鳴き方としぐさをしたら、トイレが汚れているので、すぐそうじをすること!まあ、いろいろな種類の声と動作があり、じぶんの要求を知らせてきます。私はちょっとボーッとしたところがあるので、ねこの気持ちを読み違えたりします。そのときは、「このバカ、使いようがないわ!」なんて怒って、どこかに行ってしまいます。まったく、飼われているくせに、ネコは飼い主より威張っているのです。私なんか、奴隷同然の身分です。猫のきもちがわかる?

  • 伊豆山神社で死んでいる猫発見!

    先日、囲碁合宿で熱海に行きました。そのとき時間があったので、伊豆山神社をお参りしてきました。バス亭から、長い階段を登って行きます。本殿。本殿に行く前の広場に、猫が死んでいました。そばに行って、触ってみてもピクリともしません。ぐりぐり動かしても反応がありません。死んでいるのかい?・・・一瞬そう思いましたが、体は温かく、よくみると呼吸もしていました。どうも死んだようにぐったりして昼寝しているようです。よかった!意外なところで意外な猫との出会いがありますね。地面の方が冷たくて気持ちが良いのでしょうね。肉付きが良いので、神社の人が保護している猫なのでしょう。本殿の彫刻がすごく迫力がありました。相当腕の良い彫り師が作ったものなのでしょうね。神社の池には錦鯉がたくさん泳いでいました。1匹いくらなのかわかりませんが高価そうな...伊豆山神社で死んでいる猫発見!

  • 猫はなぜ人を平気で踏んづけてゆくのか?

    ちゃーちゃんも近道するため、寝ている人の上を平気で踏んづけてゆきます。ある人の説では、「猫はもともと省エネルギータイプの動物で、いざというときの、狩りをするためエネルギーをできるだけ無駄遣いしないようにしている。そのため、人が寝ていても、遠回りをしてエネルギーを無駄遣いするよりもその上を横断して行く方がベターと考え、そうしている。」ということです。本当かよ?!とおもいますが、猫の権威ある先生の言うことですので、いいかげんな説ではないと思いますが・・・飼いネコは狩りをしないでも生きて行けます。ですからエネルギーを無駄遣いするなど気にしなくてもいいのに、頑固に守っていると言うことなのですね。そうなんだ!?猫はなぜ人を平気で踏んづけてゆくのか?

  • レッサーパンダがかわいい!!

    ちょっと用事があり、千葉県の市川の方に出掛け、市川の動植物園に寄ってみました。動物の種類は少なく、こぢんまりした動物園でしたが、動物たちはのびのびしていた。レッサーパンダ。「あぢい!!なんとかしてくれ〜」と叫んでいるようです。木に3頭登っていましたが、ここには計5頭のレッサーパンダがいました。ミーアキャット。この者達は、いつも立ち上がって、遠くを見ていますね。器用に二本足で立ちます。敵を少しでも早く、見つけるために立ち上がります。カワウソが3頭いました。せわしなく動きまわっていて、落ち着かない奴です。これは、ハクビシン。私が行く農園の近くにも住んでいて、今年は、小玉スイカを3つほど食べられました。なかまのスイートコーンも相当被害がでました。植物園のバラ園にいた、のらちゃん。なかなか鋭い目つきですね。めすのようで...レッサーパンダがかわいい!!

  • 羊毛フェルト猫

    ネットで見たのですが、羊毛フェルト猫がすごいですね。羊毛フェルト猫作家のヒナリさんが作った猫です。どうみてもほんものですね。下のURLをクリックすると、その記事に飛びます。https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/18/news008.html写真がたくさんあるので、ぜひご覧下さい。この羊毛フェルト猫の造り方の本もでています。「うちのコにしたい!羊毛フェルト猫のつくり方」という本です。しかし、難しそうですね。ちゃーちゃんのフェルト猫を作ってみたいですが・・無理だろうな?!羊毛フェルト猫

  • 旅猫リポート

    先日、「旅猫リポート」の映画がテレビで放映されていました。まだ見ていなかったので、見ました。内容は・・・む〜〜〜ん!猫は可愛かったですね。でも、話の筋があまりにも泣かせようとしているのが露骨で、ちょっとがっかりでした。人によって感じ方が違うと思いますが、主人公(猫ではなく)の両親が亡くなったり、最後は主人公まで病気になり、死んでしまったり・・・。なにかやたら次々死んでしまうので、ついてゆけなかった。ちゃーちゃんは、相変わらず、家に中の自然の涼しさを求めてうろうろしてます。気に入ったところは、玄関のたたきのタイル。旅猫リポート

  • エアコンに集まる猫たち

    ネットで面白い画像を見つけました。https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/04/news002.html猫は毛皮を着ているため(脱げないのですよ)この暑さにはうろたえていますね。ちゃーちゃんも玄関のたたきのタイルの方が冷たくて気持ちが良いのか、どこにいったのか?さがすと、玄関のたたきのタイルの上で寝ています。この暑さ、いつまで続くのやら・・・エアコンに集まる猫たち

  • 東十条・王子と鉄ちゃん写真

    7月30日、写真を撮影する仲間たちと鉄道写真を撮りに行きました。いわゆる「鉄ちゃん」になって、鉄道写真をねらってみました。最初は、”東十条のカーブ”で、東十条駅近くに大きなカーブがあり、機関車やいろいろな電車が通ります。大きなカーブなので長く連結した電車など全体が撮りやすいのです。機関車も良く見ると、かっこういいですね。スペーシア東十条から王子駅に移動して、飛鳥山公園に行きました。この公園からも電車が撮れると言うことですが、金網が多くて撮りにくく、あまり撮りませんでした。公園には蒸気機関車が保存されていたのでそれを撮りました。車体ナンバーの最初に「D51・・・」とありますが、いわゆるデゴイチです。都電の王子駅がそばにありました。ここは路面電車の都電がまだ元気に道路を突っ走っているのです。このあと「北とぴあ」とい...東十条・王子と鉄ちゃん写真

  • 梅雨明け!

    蒸し暑くて寝てばかりいるちゃーちゃん。7月27日、東京でも梅雨が明けた。久しぶりの太陽光線。気持ちいいですね。長雨のため、しばらく行っていない農園に雑草取りに行き、帰りに農園近くの温泉に入った。けっこう混んでいて、温泉は黒茶色の湯の、東京独特の温泉です。そして、その帰りに、府中の郷土の森公園の「修景池」でハスが咲いているというので撮りに寄ったが、もう盛りが過ぎて花は少ない。白いハスの花大賀ハス白っぽいハスカルガモが池にいた。近くの多摩川から撮った雲、台風が近づいているためか不気味な雲が出ていた。カラスが上を飛んでいたのでとっさに撮影。このカメラよく撮れます。これは、新潟県柏崎の花火大会の写真。じつはテレビの画面を撮ったものです。文字などはフォトショップで消してあります。しかし、最近の花火は昔に比べると、ずいぶん...梅雨明け!

  • 猫の島の世代交代劇

    NHKの昨日の「ダーウィンが来た!」ご覧になりましたか。面白かったです。メスネコが子どもを2匹生んで、育てるドキュメントの記録ですが、大発見なのが、雄ネコが子育てを手伝うことが分かったのです。明らかに自分のこどもと認識していて、他の雄から子どもたちを守り、メスに協力するイクメン雄ネコの生態が明らかにされたのです。イクメン雄ネコ「シャーム」名前の通りシャムの血が入ってる雑種です。コガネという母ネコ。この島の女王として君臨していた白ネコ「ミュウ」のこども。コガネと仲良くなったシャームの子を2匹産む。この子育ての時に、シャームは、巣を守って、他の雄が近づくのを阻止したりする。雄ネコが子育てに参加する記録映像は世界でも初めてだそうです。再放送をするかと思いますが、ネコ好きの人は是非見てください。メス猫は、ただ強い雄を受...猫の島の世代交代劇

  • 上野不忍池のハスの花

    7月20日(土)に上野の不忍池に行って来ました。ここはハスの花で有名です。そろそろ咲き始めているという情報で、午前中の出来るだけ朝早くが、花がきれいと言うことで、朝6時に起きて、7時半には不忍池に着いた。花が咲いているところにカメラを持ったおじさんがたくさんいた。この付近は、けっこうたくさんの花が咲いていた。ハスの花は、花びらの色がピンクで、グラデーションもあり、きれいです。好きな花です。バックのみどりの葉とのコラボレーションもいいですね。上野のビル群との対比も面白い写真になります。弁天堂をバックにぼかして、1輪の花をあしらいます。池の周りにスズメガたくさんいて、それも人慣れしているのか、近づいても逃げません。植え込みの中で砂浴びしているものもいました。今回、このところの長梅雨の天候不順のせいか、花が少なく、以...上野不忍池のハスの花

  • ネコのイヌ化

    以前、イヌのネコ化の話を書きました。イヌが役に立つ動物から一気に愛玩動物になり、その結果、部屋で飼いやすいネコのような小形のイヌが増えてきているという話です。今度は逆にネコがイヌ化しているという話です。先祖がヤマネコで、その単独生活者の性格を引き継いできたネコは、人に飼われた初めの頃は、人につかず、離れずのうまい関係を維持していました。雑食性の人間の食べ物では、タンパク質が足りないため、ネコは人の住みかに居着いたネズミを狩って、不足する栄養分を補っていました。この関係は両者に都合の良い、利益をもたらす関係だったわけです。ツンデレの性格はこのときの性格が基になっています。でも、最近のネコのエサはタンパク質が豊富で、完全栄養食になり、ネズミなど取らなくて済むようになって来ました。そして、イヌのように芸などしてエサを...ネコのイヌ化

  • 対等に扱ってくれるネコ

    吾輩は主人である。召使いよ!なまけるでないぞ!ネコって、ほんと人間くさいところがありますね。犬は飼い主たち(家族)に順位を付けて接します。つまり、一家の主人がトップの順位で、絶対服従しますが、それ以下の人間達を自分より上か下かで判断し、接し方も変えるようです。でも、ネコは飼い主たちに順位を付けることはしません。対等に付き合いますが、ネコは、トイレ掃除係、食事係、遊び相手・・・などいろいろなネコから見た自分の世話係としてみているのではないかと思います。よくいわれますが、人間はネコから見たら、狩りの下手な運動神経の劣る「鈍くさい大きなネコ」と思っています。わたしは、トイレ係とエサ係と遊んでやる係と・・・こき使われています。鈍くさい大きなネコは、ネコにとって便利な召使いなのです。順位付けはしなくて、対等なはずなのです...対等に扱ってくれるネコ

  • クロタン生きていました!!

    2日と明けずに餌をもらいに来ていたクロタン。2週間も来ないと言うことは・・・もしかして死んでしまったか?事故にあったか?確かめようもなく、「今日も来なかった」と、毎日悶悶としていました。ところが、一昨日の朝、ドアに黒い影が映ったので、おや?!と開けたら、「ニャー」と鳴いて、クロタンがいました。うれしかったですね!おおっ!生きていたのか!どこに行っていたの?と話しかけ、久しぶりにエサをやったら、頭を膝にこすりつけてきて、可愛い声で鳴くではないですか!あわててかみさんを呼びに行きました。なんと、からだがきれいになっていて、どこかでシャンプーをしてもらったらしい。ツメも切ってありました。ほんとよかったです。その日はうれしくて心がはずみました。2週間ぶりに現れたクロタン!とてもきれいになっていました。クロタン生きていました!!

  • 増上寺の七夕祭り

    東京、芝の増上寺で七夕祭りがあり、撮影に行ってきました。すいてきた8時過ぎに撮った写真です。あたりが明るい6時頃は、和紙で出来たキャンドルを並べ中です。このキャンドル3000個あるとか書いてありました。暗くなるまで、境内を散策中にたくさんの水子地蔵が並んでいるところがありました。撮影していたら、急に風が吹いてきて、風車が一斉に回り出した瞬間です。和紙のカンテラに火が点され、暗くなって、きれいにかがやき、川の流れのようになっています。本堂と東京タワーを入れて撮りましたが、この場所は、ものすごい混み合って、満員電車並で、みんなスマホを持って手を上げているので、撮りにくかったです。しぶとく並んで待っていて、8時過ぎにやっと最前列に行く事が出来撮れました。しかし、外国人も多く、背の高い図体の大きい外国人がスマホを持って...増上寺の七夕祭り

  • クロタンが消えた!

    この1週間、クロタンが顔を出さない。何かあったのだろうか?いろいろ考えてみたが・・・1.どこか別のところで餌をもらい、そちらの方が美味しいので、来なくなった?2.かみさんが、もう1匹、クロタンと別の黒猫をみたという。その猫との縄張り争いに負けて来なくなった。3.具合が悪くなって、動けなくなった。4.ネコ保護活動家など、他の人に保護されて、飼いネコになった。5.ネコ虐待男(もしかしたら、いるかもしれません)に捕まった。6.自由を求めて放浪の旅にでた。来ないと、いろいろなことを考えてしまいます。元気で無事だといいのですが、毎日つい,いつもきていた場所を見てしまい、来ていないな〜とがっかりしています。この前のネズミは、お別れの贈り物だったのかしら?いなくなる前に道で、ばったり出会ったのですが、いつもは慌てて逃げてしま...クロタンが消えた!

  • ネコの年寄り

    1歳くらいのときのちゃーちゃん。最近のちゃーちゃん(15歳)年寄りネコの特徴として、人間と比較してみると・・・1,被毛の艶がなくなる:ちゃーちゃんも毛艶が悪くなりました。まだ15歳ですけど。毛づくろいが余り好きでなく、太っているので、背中や下半身を余りやりません。私の場合は被毛が上の方がなくなってきました。いわゆるハゲですね。2.歯が抜ける:ちゃーちゃんは歯は全部ありますね。歯に関しては、まだ年寄りではないです。私の歯はかなりいじっていますが、まだ自分の歯もだいぶ残っています。3.動きがゆっくりになる:確かに、動きはゆっくりで、じゃれなくなります。私も膝を痛めたり、腰を悪くしたりで、動きはゆっくりになりました。4.寝ている時間が多い:たしかに寝ている時間が長くなりました。でも寝るのが仕事みたいなネコですから、歳...ネコの年寄り

  • 野良ネコのお中元

    野良ネコは、日々のえさの確保など、厳しい生活を強いられています。うちに来る「クロタン」も最初の頃は毎日定期的に来ました。そのうち、2〜3日おきに来るようになりました。どこかもう一〜二箇所餌をもらえる所があるに違いません。この前は4日ぐらい顔を見せないので、とうとうどこかに移動したのかな?と思いましたが、また現れました。幾分痩せたような気がします。そして、なんと、クロタンは「いつもお世話になります。詰まらないものですが・・・」とネズミの死体を持ってきたのです。「うへえ〜〜!」思わず叫んでしまったのですが、ご飯を食べてお帰りになった後、ネズミの死体をつまんで、庭に穴を掘って埋めました。きっと、いつもご飯をもらっているお礼だったのでしょうね。いまの時期ですから「野良ネコからのお中元」だったのでしょう。けっこう義理堅い...野良ネコのお中元

  • 猫語の解釈

    鳴き声の意味ちゃんとわかってよ!ネコは、人間と暮らすようになり、良く鳴くようになりました。それは賢いネコたちは、人間とうまくやって行くためには、人間とコミュニケーションが必要と感じて、鳴き出したのです。ネコ同志の会話はボディランゲージを主です。鳴くのは、怒ったときの「シャー!」、恋のセレナーデ、迷子の子猫探しなどの限られたときです。人間とうまくやって行くために、ご飯などの要求の鳴き声、甘えるときの鳴き声、挨拶の鳴き声・・・・などネコは必要に応じて鳴くようになったのです。しかし、その鳴き声の意味を解釈するには、人間も努力しないとダメですね。けっこうバリエーションがあり、鳴き声の意味を誤って解釈すると、ネコは呆れて、コミュニケーションを取りたがらなくなります。これは私自身がずいぶん経験しています。鳴き声の意味を分か...猫語の解釈

カテゴリー一覧
商用