フルートと飛行機
住所
出身
ハンドル名
風神のしもべさん
ブログタイトル
フルートと飛行機
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/planespotter/
ブログ紹介文
旅客機とフルートとその他について少し。
自由文
-
更新頻度(1年)

182回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2016/02/07

風神のしもべさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(IN) 15,181位 15,285位 15,232位 15,153位 15,059位 14,925位 14,628位 969,717サイト
INポイント 20 10 20 20 20 20 20 130/週
OUTポイント 40 70 70 30 100 70 60 440/週
PVポイント 150 180 270 100 210 160 140 1,210/週
その他趣味ブログ 178位 177位 175位 173位 174位 176位 176位 16,757サイト
航空・飛行機 14位 14位 16位 15位 14位 14位 15位 738サイト
クラシックブログ 247位 246位 245位 245位 247位 250位 246位 4,582サイト
フルート 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 191サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,559位 18,658位 19,758位 20,475位 20,674位 19,898位 18,513位 969,717サイト
INポイント 20 10 20 20 20 20 20 130/週
OUTポイント 40 70 70 30 100 70 60 440/週
PVポイント 150 180 270 100 210 160 140 1,210/週
その他趣味ブログ 118位 126位 137位 144位 151位 140位 121位 16,757サイト
航空・飛行機 13位 14位 15位 15位 15位 15位 13位 738サイト
クラシックブログ 356位 362位 370位 386位 392位 386位 372位 4,582サイト
フルート 17位 17位 17位 17位 17位 16位 15位 191サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(PV) 9,182位 9,475位 9,315位 9,944位 10,087位 9,994位 9,905位 969,717サイト
INポイント 20 10 20 20 20 20 20 130/週
OUTポイント 40 70 70 30 100 70 60 440/週
PVポイント 150 180 270 100 210 160 140 1,210/週
その他趣味ブログ 155位 160位 158位 173位 173位 172位 169位 16,757サイト
航空・飛行機 11位 13位 13位 14位 14位 14位 14位 738サイト
クラシックブログ 89位 93位 91位 94位 93位 93位 93位 4,582サイト
フルート 5位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 191サイト

風神のしもべさんのブログ記事

  • 645(2019138) ゴイサギ・カワセミ

      2019年8月22日(木)  ↓10:43   前日ギンヤンマが産卵していた場所にはゴイサギの幼鳥がいました。 ギンヤンマも鳥の捕食の危険にさらされているわけです。   ↓足の指が長すぎて少しアンバランスな感じがしないでもありません。  ↓2019年8月19日(月)9:55   数週間

  • 644(2019137) 函館 その5(砲台)

      2019年7月9日(火)    ↓16:13   函館山展望台のスタッフに聞いたところ、二つ残っているうち司令所跡がよりおもしろいかも知れないと言いました。 それで遠い方の司令所跡に行ってみました。  ↓途中何カ所かに巡礼札所のようなものがありました。  ↓16:43   道

  • 643(2019136) 函館 その4(ロープウェイと函館山山頂)

      2019年7月9日(火)    ↓13:49   元町配水場の上をロープウェイが通っています。  ↓水のマークがある番人詰所。  ↓15:01   ロープウェイから。  ↓15:10  函館山展望台から。 函館山という頂上はなく、13ある山々の総称だそうです。 一番高いのは展望台やアン

  • 642(2019135) ギンヤンマのオスとメス

      2019年8月21日(水)  俊敏なため子供の頃どうしても捕獲できなかったギンヤンマがいました。  ↓10:19   胸部と腹部の境界部分が青いのがオスです。 オスはメスを他のオスに取られないように腹部後端でメスの頭部を捕まえて交尾するということです。 そのままでは交尾

  • 641(2019134) 函館 その3(教会3寺1)

      2019年7月9日(火)  元町公園を坂の上のままロープウェイ方向に行くと、教会とお寺があります。  ↓13:22   1916年(大正5年)に再建されたハリストス正教会。 日本初のロシア正教会聖堂。 ハリストスとはキリストの意味である由。 鐘の音から通称「ガンガン寺」。   ↓

  • 640(2019133) ゴイサギ

      ゴイサギの幼鳥というか若鳥がいました。 アオサギと比べるとゴイサギの目は思索的というか知的であると思っています。  ↓2019年8月18日(日)10:48     ↓2019年5月24日10:05   成鳥です。 幼鳥とは色が違っています。 目も黄色から赤色に変っています。 成鳥の色彩

  • 639(2019132) 函館 その2(元町公園)

      ↓2019年7月9日(火)11:42   基坂(もといざか)を見上げる。 正面突き当りが元町公園。  ↓坂を上がる途中左にある旧イギリス領事館。  ↓背が低くかったという初代領事。  ↓坂の右側にはペリー像があり、赤い靴の少女像と同じ小寺真知子作。  ↓元町公園   正面の

  • 638(2019131) 函館 その1(ベイエリア)

      ↓2019年7月8日(月)17:31   ホテルから見た夕方の函館山。  ↓2019年7月9日(火)7:01   朝の函館山。 早朝なのでロープウェイはまだ運行していません。  ↓7:02   ベイエリア方向。手前は函館市水産物地方卸売市場。  ↓10:57   七財橋(しちざいばし)からのレン

  • 637(2019130) シジュウカラのクモ捕食

      緑地を散歩してもカラスとスズメの他に鳥がいません。 涼しい山へ移動したのですかね。 珍しい鳥とは言えないシジュウカラでもいると貴重な感じになります。  ↓2019年8月17日(土)10:30   クモを咥えています。  ↓足で押さえています。  ↓10:31   食べてしまった

  • 636(2019129) 空中のトンボ

      飛行中のトンボを撮りたいと思っています。 照準器を買いましたが、設定にその都度三脚が必要ということが説明書に書かれており、三脚を持って散歩に行く情熱はないので放置しています。 照準器無しで手持ちで撮ったまがりなりの空中トンボです。  ↓2019年8月11日(日)10

  • 635(2019128) 函館空港 その6(再びNo.8ゲートへ)

      2019年7月12(金)   離陸機を撮るため高松展望広場からNo.8ゲートに移動しました。    ↓12:30   B787-8が羽田へ向け離陸上昇します。  ↓12:42   台北へ戻ります。  ↓13:15   DHC-8 Q300。海上保安庁のホームページからすれば、愛称は「おおたか」で仙台航空

  • 634(2019127) 函館空港 その5(再び高松展望広場)

      2019年7月12(金)    ↓10:02   ホテルの部屋から。 羽田行きB767-300ER(初飛行Apr2002・機齢17歳)。 就航が一日前の7月11日であったという「みんなのJAL2020ジェット」塗装2号機。 オリンピックキャラクターのデザインです。   ↓東風の離陸には遠すぎるのが残念です

  • 633(2019126) 函館空港 その4(ホテルと五稜郭から)

      2019年7月11(木)       ↓8:46   羽田からのB737-700(初飛行Aug2007・機齢11歳)。 ホテルの部屋の西側窓から。  ↓東側窓から。  ↓11:14   五稜郭タワー展望台から。 台北からのA320-200(Jan2015・4歳)  ↓11:29   羽田からのB787-8(May2012・7歳)。  ↓ホ

  • 632(2019125) ヒガラ

      ↓2019年8月9日(金)10:08   シジュウカラに似ているがそうではないのは明らかでした。 図鑑で調べてスズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属のヒガラであることがわかりました。 シジュウカラよりも小さく、シジュウカラには胸から腹にかけて黒いネクタイがありますが、ヒ

  • 631(2019124) カラス

      ↓2019年8月10日(土)10:35   栓をひねって水を飲むのかしばらく見守りましたがやりませんでした。 ここは私も水を飲むのでやってほしくないです。 紙切れを咥えて遊んでいます。  ↓10:37   目に周りの景色が映っているのですが、解像度がいまいちでわかりにくいです

  • 630(2019123) オナガ

      珍しい鳥ではないようですが、緑地の散歩で初めて見ました。   ↓2019年8月8日(木)9:47  ↓2019年8月9日(金)9:13  夏だからか、暑いからか、毎日散歩していてもカラスの他にめったに鳥に遭遇しません。

  • 629(2019122) 函館空港 その3(ホテルから)

      2019年7月10日(水)   湯の川温泉にあるホテルの9階の部屋から。    ↓18:46   羽田からのB767 OneWorld塗装機。 機体記号が見えません。  ↓滑走路は平たんではなく東側を少し上げてある様です。  ↓18:53   同じく羽田からのB787-8(初飛行Dec2012・機齢6歳)。

  • 628(2019121) 函館空港 その2(ひがし広場)

      2019年7月8日(月)    着陸機に飽きたので、離陸機を撮るべく、東へ徒歩で移動しました。 試行錯誤しながら「空港緑地 志海苔(しのり)ふれあい広場 ひがし広場」というところに行きました。 フェンス越しに離陸機が撮れました。 No.8ゲートのそばには海上保安庁の格納庫

  • 627(2019120) 函館空港 その1

      2019年7月8日(月)  はるばるきました函館。  滑走路の北側にある展望デッキからは逆光で、また質の良くないガラス越しなので、滑走路の下をくぐっているトンネル道路を通って、反対側にある高松展望広場に行きました。 フェンスに沿ってススキをかき分けながらトンネル

  • 626(2019119) オオタカ 33 ロープが外されました。

      2019年8月3日(土)     細美(三番子)の死を残念がる観察者が大勢いました。  2日(金)朝7時に細美(三番子)の死骸を見たという人の写真を見せてもらいました。 その後公園関係者により運び出されたということです。 外傷はなさそうだったということです。 ということはカ

  • 625(2019118) オオタカ 32 孵卵後推定75日目 細美(3番子)の終焉

      2019年8月2日(金)の朝細美(三番子)が死んだそうです。 死骸が軽かったということで餓死ではないかと言われていますが、考えにくいものがあります。   ↓昨日9:52の細美です。 下の7月2日(火)の1回目に保護された後のやつれた姿からは見違えるように回復しています。 自力

  • 624(2019117) オオタカ 31 孵卵後推定74日目の細美(3番子)

      2019年8月1日(木)   孵卵後推定74日目。   ↓9:52  ↓10:20  ↓10:26  細美(三番子)の方が丸子(一番子)より美人と言えるかも知れません。 鳴かないのは自力で餌を確保できるようになったからか? 丸子の姿は見えず。

  • 623(2019116) オオタカ 30 孵卵後推定69日目 推測初めてのカラス捕獲

      2019年7月28(日)   孵卵後推定69日目。   ↓10:29   一番子(3羽のうち一番大きく、餌を独り占めしていたメス)。 便宜的に一番子と呼ばれています。 二番子のオスは餌が回ってこないため死に、三番子も衰弱して一時保護されました。 顔が丸いので私は丸子と名付けます

  • 622(2019115) オオタカ 29 孵卵後推定66日目 川での水浴び

      2019年7月24(水)   孵卵後推定66日目。 毎日熱心に観察している人の話だと、多分初めての川での水浴びかも知れないということです。 確かに水に入る前に少しためらっていました。  ↓11:16   電線でうんちをした後.....。  ↓11:19   川岸に降りて水辺に行きます。

  • 621(2019114) オオタカ 28 孵卵後推定61・63・64日目

      ↓2019年7月19日(金)10:38   孵卵後推定61日目。 活動範囲が広がっています。  ↓11:20   しばらく離れて戻ってくると、水浴び場にいました。 保護される前のへたり状態ではなく、優雅にくつろいでいるように見えます。  ↓2019年7月21日(日)9:36   63日目。 飛び

  • 620(2019113) オオタカ 27 孵卵後推定60日目

      2019年7月18日(木)   孵卵後推定60日目。  ↓11:14   木片を餌と見立てて遊ぶ幼鳥。 これは衰弱して一時保護された方の幼鳥です。 今は元気になりこんなことをする余裕があります。 母親が持ってくる餌の他に、誰かが食べるものを置いているという推測があります。 賛

  • 619(2019112) トンボ

      ↓2019年7月18日(木)10:56   池で。毎日の散歩でときどき飛行中を撮るもことごとく失敗、珍しく草にとまっていました。  ↓10:59      ギンヤンマも飛んでいますが、撮らせてくれません。

  • 618(2019111) オオタカ 26 孵卵後推定56日目

      2019年7月14日(日)   孵卵後推定56日目。  ↓9:58   雨に濡れながら、食べるものを探しています。 保護されていた幼鳥が数日前に再び戻されたそうですが、これはその幼鳥ではないかと思われます。  ↓9:59  ↓10:00   大分元気になっている様です。  ↓10:11 

  • 617(2019110) オオタカ 25 孵卵後推定46日目

      2019年7月6日(土)   孵卵後推定46日目。  ↓9:52   幼鳥の飛翔。  ↓10:10   巣に戻ってきた母親が川で水浴びし電柱で翼を乾かしています。 餌は持ってきませんでした。  ↓10:10   カラスが真下にとまりました。  ↓10:10   何をするでもなく再び飛び去りま

  • 616(2019109) オオタカ 24 孵卵後推定42日目

      2019年7月2日(火)   孵卵後推定42日目。  ↓10:45   元気な方の幼鳥。  ↓10:46  ↓10:46