searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

風神のしもべさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
旅客機と周辺生物
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/planespotter/
ブログ紹介文
旅客機と周辺生物の写真たまにフルート関連
更新頻度(1年)

408回 / 365日(平均7.8回/週)

ブログ村参加:2016/02/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、風神のしもべさんをフォローしませんか?

ハンドル名
風神のしもべさん
ブログタイトル
旅客機と周辺生物
更新頻度
408回 / 365日(平均7.8回/週)
フォロー
旅客機と周辺生物

風神のしもべさんの新着記事

1件〜30件

  • 1314(2021217) オオアオイトトンボ雄

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月15日(火)13:05   メタリックブルーのきれいなこれはオオアオイトトンボでしょうかね。 去年の秋の初見以来の2回目。 神社横崖。  ↓13:30   邸宅跡公園にもいました。 去年の秋10月に大量発生していたのはここ。

  • 1313(2021216) アメリカピンクノメイガ

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月16日(水)12:29   初見のピンク色の蛾が葉に止まりました。 外来種の様です。 レンガ花壇近くの草地。

  • 1312(2021215) クロバネツリアブ

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月17日(木)13:27   初見のクロバネツリアブ。 アジサイ庭園。  ↓尾端の二つの白帯が左右に分かれているとメス、つながっているとオスという説があり、それならこれはメスか?  ツリアブという名前の如く、確かにビロードツリアブと同様

  • 1311(2021214) メジロ・シジュウカラ

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月16日(水)13:12   久しぶりのメジロ。 雨上がりの空橋公園。  ↓留鳥のシジュウカラ。

  • 1310(2021213) 中野上空のA359エコ塗装機

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月15日(火)16:18   札幌からのA350-900(初飛行Aug2019・機齢1年)。 JALエアバス三号機。 車輪はまだ出ていません。  ↓出初め。  LEDの衝突防止灯は点灯時間が長いので全部に写りました。

  • 1309(2021212) ベッコウハゴロモ幼虫

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月15日(火)12:34   初見のベッコウハゴロモ幼虫。 池。  ↓14:07   散歩コースを一巡して戻ってきたらまだいました。  ↓白いふわふわしたものは自分で分泌する蝋状の物質だそうです。  マクロレンズを持っていなかったのが残念。

  • 1308(2021211) ウスバキトンボ・不明虫・イトカメムシ・ マダラホソアシナガバエ・セグロカブラハバチ

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月14日(月)12:09   小さな池にウスバキトンボ。 ホバリング中ではなくて、俊敏に飛び回る中20コマ/秒連写でまぐれで写ったもの。 ミラーレスならでは。 邸宅跡公園。  ↓水面にちょんちょんと産卵。 これもまぐれの産物。  ↓12:25  

  • 1307(2021210) オオタカ

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月15日  遠過ぎの写真。

  • 1306(2021209) ゾウムシの仲間?

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月14日11:10   これは何でしょう。 階段踊り場。  ↓13:45   散歩から帰っていたらまだいました。 白っぽくなったような。

  • 1305(2021208) 黒い小さなハチ・キイロクワハムシ・セマダラコガネ・シオヤアブ雌

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月13日(日)12:22   最近よく見る黄色縞1本の黒いハチ。 不明。 蟻に比べると大きいですが、実はかなり小さいハチです。 アジサイ庭園の花びらが散ったガクアジサイ。  ↓12:25   2回目に見たキイロクワハムシ。 街道土手下。  ↓12:35

  • 1304(2021207) シオヤアブ雌orマガリケムシヒキ雄?・黒いハチ

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月12日(土)12:04   腹部先端の形状からして最近見かけ始めたシオヤアブのメスなのか、それともマガリケムシヒキのオスなのか? 口吻をハエの背中に突き刺しています。 街道土手下。  ↓12:39   タチアオイにいたこの黒いハチは何? アー

  • 1303(2021206) 中野上空のStar Wars塗装機

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月12日(土)16:33   ヒューストンからのB787-9(初飛行Sep2015・機齢5年)。 中野上空に来るのを待っていました。 といってもこの塗装機の就航は2015年10月なので、異例に長く続いています。 何度か貼り換えているのでしょうかね。

  • 1302(2021205)

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月11日(金)10:50   何かを捕えたクサグモ。 中学土手下。  ↓11:06   崖フェンスにセマダラコガネ。  ↓11:21   オオシオカラトンボでしょう。 複眼が黒っぽくシオカラの緑色ではないので。 腹部先端も黒色が少ない。  ↓11:50  

  • 1301(2021204) キイロホソガガンボ雌・ドロバチの仲間・チャドクガ幼虫

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月10日(木)11:33   キイロホソガガンボ。 翅に黒斑がないのでメスか。 アジサイ庭園。  ↓11:47   ドロバチの仲間? レンガ花壇。  ↓撮っているときは全く気が付きませんでしたが、右上方にも虫のようなものがいます。  ↓12:05  

  • 1300(2021203) 中野上空のJALトリプルセヴン

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月6日(日)17:00   ニューヨークからのB777-300ER(初飛行Sep2007・機齢13年)。 この機体を含め大体がこのあたり(着陸の5分くらい前)で車輪が出終わっています。  ↓17:29   ロサンゼルスからのB777-300ER(Feb2003・18年)航空連合塗装。

  • 1299(2021202) エゾツノカメムシ(蝦夷角亀虫)

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月8日(火)12:19   このパステルカラーのカメムシはネット画像を検索すると蝦夷ツノカメムシが一番近い感じ。

  • 1298(2021201) ムラサキツバメ雄

      (R6+RF100-500㎜)  ↓2021年6月7日(月)12:12   ムラサキツバメ。 紫色が鮮やかではないので雄でしょうかね。 オスを見たのは初めてかも。 アジサイ庭園横道。  ↓比較のため2020年11月に撮ったメス。 メスの方が地味というのが普通なので、この虫は非普通。

  • 1297(2021200) 蟻がぶら下がるハムシ

      (D850+マクロ105㎜)  ↓2021年6月3日12:34   蟻が足に噛みついているハムシ。 淡黄色のこれは何ハムシ?。 キイロクワハムシ?  ↓歩行コースを変えたり翅を羽ばたいて振り落とそうとしても蟻はしっかり噛みついたまま。  蟻酸を注入して弱るを待っているのでしょう

  • 1296(2021199) マダラホソアシナガバエ

      (D850+マクロ105㎜)  ↓2021年6月3日11:32   きれいなメタリック色ですが、ピントが合わせにくかったマダラホソアシナガバエ。 街道土手下。

  • 1295(2021198) ホシミスジ

      (D850+マクロ105㎜)  ↓2021年6月3日11:40   コミスジはよく見かけますがホシミスジは今年初見。 翅を損傷しています。 アーチ付近。  ↓12:03   別個体。 バスケット籠付近のツツジで。 ホシがよく見えません。  ↓翅裏付け根の黒点が見えてホシミスジ。  ↓比較

  • 1294(2021197) 月見草

      ↓2021年6月2日(水)13:36   月見草は夜に咲き朝にしぼんでしまうそうですが、これはいつ見ても日中に咲いています。色や形から月見草に間違いないと思うのですが。 中にいるのはニホンミツバチかな。 果実広場付近。 (D500+マクロ105㎜)  ↓2021年6月3日(木)13:13  

  • 1293(2021196) ヨコヅナサシガメがカメムシを刺した

       (D500+マクロ105㎜)  ↓2021年6月2日(水)13:48   帰りの左岸アーチ付近橋のたもとのタチアオイにヨクヅナサシガメが。  ↓ヨクヅナサシガメの成虫が刺しているのを目撃するのは初めて。  ↓13:51   ひっくり返して腹部先端から体液を吸引。  ↓上の方にキマダラ

  • 1292(2021195) シロバンバ・コカゲロウのターバン眼

       (D500+マクロ105㎜)  ↓2021年6月2日(水)12:15   タンポポの種の様にふわふわ降りてきたシロバンバ。 と信じつつも、ネット検索しても秋冬に飛ぶというのが大半。 唯一西伊豆の旅館の5月のサイトにシロバンバが飛んでいるというのが載っているだけ。 今の暑い季節に

  • 1291(2021194) アカサシガメ・キンシバイ(金糸梅)

       (D500+マクロ105㎜)  ↓2021年5月31日(月)13:13   帰りのアーチ小道にアカサシガメ。 ちょっと出過ぎ。 しかし魅力的。  ↓この虫には表情があるのか。  ↓13:49   あちこちで咲き誇っているキンシバイ(金糸梅)。 中にいるのはなんとチャバネゴキブリ。 住宅入り

  • 1291(2021194) ササグモ・タチアオイ・カナヘビの舌

       (R6+RF100-500mm)  ↓2021年6月1日(火)12:17   ササグモが捕獲しているのは何でしょうか。 アジサイ庭園。  ↓12:32   あちこちで複数の色で鮮やかに咲いているタチアオイ。 レンガ花壇。  ↓13:30   散歩の帰り長いトカゲがいましたがカナヘビでよいのかな?

  • 1288(2021191) アステリカリス・ホオズキカメムシ・アカサシガメ・シデムシの仲間

       (D500+マクロ105㎜)  ↓2021年5月22日(土)11:47   雑草として咲いているこの野菊のような花はたぶん地中海原産というアステリカリス。 虫はナミホシヒラタアブか。 アジサイ庭園  ↓花びらの先端がギザギザになっていますね。 シマサシガメが珍しく花に。  ↓11:54

  • 1289(2021192) キイロホソガガンボ雄・クワキヨコバイ

       (R6+RF24-105㎜)  キャノンのミラーレスとなんてっちゃってマクロ機能のあるキットレンズで撮りました。  ↓2021年5月30日(日)12:01   キイロホソガガンボ。 翅に黒い点があるのがオスというのがインタネットにあり、つまりこれはオスということになります。 アーチ

  • 1287(2021190) アカサシガメとシマサシガメ

       (D500+マクロ105㎜)  ↓2021年5月28日(金)12:41   アカサシガメが飛んできてミントの葉に止まりました。 いまだに放置されているレンガ花壇で。 手入れされた花壇には虫は来ないのでずっと放置されてほしい。  ↓緑の葉に赤色が映えます。  ↓12:46   数十メート

  • 1286(2021189) ネコハエトリ・ツマグロオオヨコバイ・シロバンバ・ベニキジラミ・アリグモ雄

       (D500+マクロ105㎜)  ↓2021年5月28日(金)12:15   何かを捕えているネコハエトリ。 この目にはいつもノックアウト。 アジサイ庭園。  ↓12:18   久しぶりのツマグロオオヨコバイ。 ガクアジサイで。  ↓12:49   解像した写真が撮れた試しがないしろばんば。 レ

  • 1285(2021188) 不明虫 コマユバチ仲間?

       (D500+マクロ105㎜)  ↓2021年5月28日(金)11:34   わからない小さなきれいな虫。 何かを食べています。 アーチ小道付近の若い桜の葉上。

カテゴリー一覧
商用