水彩画 from いわて
読者になる
住所
岩泉町
出身
岩泉町
ハンドル名
Tetsu0116さん
ブログタイトル
水彩画 from いわて
ブログURL
http://suisaigafromiwate.blog.jp/
ブログ紹介文
水彩画ブログ。東北各地、主に岩手県内の自然や風景を題材とした自作の水彩画を日々アップしています。
自由文
-
更新頻度(1年)

89回 / 352日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2016/02/04

Tetsu0116さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(IN) 10,279位 10,207位 10,204位 10,191位 10,212位 10,175位 10,210位 975,351サイト
INポイント 20 30 30 30 30 20 30 190/週
OUTポイント 10 30 40 100 20 30 80 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 63位 62位 64位 60位 59位 56位 56位 8,212サイト
水彩画 19位 18位 20位 19位 18位 18位 16位 550サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,226位 17,498位 17,332位 17,768位 18,248位 15,075位 14,673位 975,351サイト
INポイント 20 30 30 30 30 20 30 190/週
OUTポイント 10 30 40 100 20 30 80 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 60位 38位 38位 37位 44位 26位 26位 8,212サイト
水彩画 35位 25位 26位 26位 28位 16位 16位 550サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,351サイト
INポイント 20 30 30 30 30 20 30 190/週
OUTポイント 10 30 40 100 20 30 80 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,212サイト
水彩画 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 550サイト

Tetsu0116さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Tetsu0116さんの読者になりませんか?

ハンドル名
Tetsu0116さん
ブログタイトル
水彩画 from いわて
更新頻度
89回 / 352日(平均1.8回/週)
読者になる
水彩画 from いわて
  • 秋の入り (岩泉町・安家・岩手県)

     昨日は紅葉取材で釜津田、櫃取へ、台風後の渓流はほぼ濁りも取れていました。湿原は台風の風で葉が落ち紅葉は一部残るのみ。下流域はまだ紅葉が始まったばかり、葉も残り渓流に日差しが届かずにいるので画題探しは努力が必要です。櫃取の牧野には短角牛が山を降りずにいま

  • 寄せ波の浜 (大槌町・浪板海岸・岩手県)

     三年前を思い出しながら一夜を過ごしました。またまた各地で大きな被害がありました。自宅周辺は被害もなく幸いでした、昨夜は近くの避難所(役場支所)に行ってみましたが、慌てる様子は全くなく、町内会の皆さんもそれぞれ避難をされていました。消防団の皆さんも行動を

  • 初秋 (岩泉町・安家・岩手県)

     松ヶ沢の岩場、安家川です。三年前の台風豪雨で大きく姿を変えました。「三年」とか「豪雨」をタイトルに入れるのことも考えましたが、これからはこの景色がベース、普通につけました。秋色が差し始めた9月の景色です。 紅葉が目に入って来ますが取材に行けず、少し焦り

  • 長月の浜 (大槌町・浪板海岸・岩手県)

     少し前ですが浪板海岸周辺で構成したIBCの「わが町バンザイ」が放送されました。丁度描き上げた後、同じ景色が出てきたので嬉しくなりました。その時に砂浜の再生と地元の期待を知りました。 満潮でもあり砂浜の露出は一部、集落を入れました。 かき氷屋さんや菓子屋

  • 岩と石 (大槌町・浪板海岸・岩手県)

     釜石エリア中心に活躍中の高校同級のY君、浪板海岸のホテルオーナーと会う機会を作ってくれました。時間を見つけ取材、津波で砂浜が流れ、さらに満潮、浜の南側にわずかに砂浜が。海岸線も長く、広大ですから中央部を画題にするのは難しいのです。岩の色に変化をつけまし

  • 漁を待つ(普代村・太田名部・岩手県)

     昨日は盛岡へ、道路脇の蔦(山葡萄か)が色づいていました。時間が取れたらいつもの奥渓流に行ってみたいと思っています。場所によって紅葉の度合いが違うのでタイミングが大切です。 画題が枯渇、以前の取材資料を眺めていました、見つけたのがこれ、漁船の重なりはバ

  • 豆打ち (軽米町・繁尻・岩手県)

     葛巻町経由で八戸に向かう途中で見つけた光景、木造の建物、以前は牛舎として使われていたと思われます。以前自宅裏に蚕室と言っていた木造二階建てがありました。二階が養蚕専用、三室ありそれぞれ違った作業が行われていました。一階は粉をひくための足踏みの臼、隣が畜

  • 早春の日差し (岩泉町・釜津田・岩手県)

     14日は久慈市の絵画教室、主催はコンテの会、テーマは写真から描く風景。生徒さん8名と少し濃いめの時間を過ごしました。海の画題を選んだ方に「見慣れているから描きやすいでしょう」と話したら「あまり見ません」と話していました。見慣れた景色はスルーしてしまいがち

  • 深山の夏(岩泉町・釜津田・岩手県)

     夏の渓流、奥地です、にわか雨の後、陽光が差し込み鮮やかな緑を見せていました。暑さでバテ気味の下流部とは別の空気です。岩手芸術祭洋画部門出品作、結果は「展示します」。10月5日〜8日県民会館。 F50、用紙はワトソン、絵の具はシュミンケをメインにしました。

  • ちどり丸 (八戸市・蕪島付近・青森県)

     久慈市の絵画サークルからの要請で今週末に絵画教室の予定。マスキングの教材用に描いてみました。マスキングがわかるようにデータは作りましたが、そこに力が入りすぎたようです。 遠方に火災で全焼し再建中の蕪島神社、手前の漁船は奥から第五ちどり丸、第八ちどり丸

  • 港の午後 (八戸漁港・青森県)

     九戸村から軽米町経由で八戸へ、山道は濃い緑の連続で画題探しは難しいのです。というわけで蕪島へ、神社本体は姿を現しましたが周囲は工事中です。港に目を向けました、地図ですと八戸港がありその中に八戸漁港があるわけで広範囲です、さらにエリアごとに名前があると思

  • サンパラソル (自宅)

     岩手芸術祭への作品額装、搬入手配も終え一息、そして脱力感。取材にも出かけていなかったので画題もなくやむなくカミサンが育てている花を描きました。 夏の花も描いたりしていたのですが今年は初めて、サラッと処理したかったのですが、いつもの癖か県展作品の流れか

  • 落流 (岩泉町・釜津田・岩手県)

     夏の川、釜津田の中居村木炭生産組合の炭焼き窯裏手です。川に降りる道がいつも綺麗になっています、私のためではないのでしょうが嬉しくなります。今回の県展出品作はこの場所を画題にしました、別角度で広く捉え描きました、機会を見て紹介します。 最近取材にも行っ

  • 夏の川面(岩泉町・釜津田・岩手県)

     気温も下がり少し過ごしやすくなりました。いつもの年だと花の絵を挟んだりして息抜きをするのですが今年は風景を描き続けています、そのまま県展の作品に取り掛かっています、また川です。 筋肉の衰えを考えず草刈機を使ったあとに炎症を起こし腕に痛みが出てまだ完全

  • 巨釜と半造(気仙沼市・唐桑半島・宮城県)

     自宅から気仙沼市内まで3時間弱で到着、宮古から自動車道が全通したということで走ってみました。一休みして唐桑半島に、巨釜・半造周辺でで画題探し、唐桑町の二作目です。巨釜から見える半造、独特の景観です。画題は豊富にありそうでしたが帰路のエネルギーを考えこの

  • 夏を流れる(岩泉町・釜津田・岩手県)

     暑い日が続いています、7月の釜津田渓流。サップグリーンをよく使うのですが今回は遠慮がち、夏の緑はこれでいいだろうと思ったりしています。早朝の渓流に行きたくているのですがタイミングを掴めずにいます。F6ストラスモア、シュミンケ。

  • 梅雨明けの頃(岩泉町・龍泉洞前・岩手県)

     龍泉洞前の清水川、今年は雨が少なく龍泉洞からの水も量が少ない気がします。それでもこの暑さ、洞内の涼を求めて観光客で賑わっていました。遊歩道周辺の景色はこれまでも描いていますが宇霊羅山の北側になるのであまり光が入らず難しい面があります。少し霧がかかってい

  • 六月の丹洞 (岩泉町・岩泉・岩手県)

     少し前にアップした「岩壁の夏」と同じエリア。岩壁全体を入れてみました。以前冬の様子を描いたのですがその時は岩から染み出した水で氷柱ができていました。その時を思い出そうとしても暑くて無理です。F4ウオーターフォードホワイト細目、シュミンケを使いました。

  • 紫陽花の岸辺(岩泉町・龍泉洞前・岩手県)

     桜以来の花登場です。龍泉洞前の遊歩道、陽のあたる時間、場所の選択が難しいのですがこの日は紫陽花がピーク、作品に。 遊歩道と清水川の流れは定番ですが岩をどうするか、今回は岩除きでこのアングルにしました。北側の日陰ですから遊歩道沿いに様々な種類を長く楽し

  • 作品展示のお知らせ(岩手県予防医学協会・ロビー展)

     岩手県予防医学協会(盛岡市・北飯岡)の要請により8月1日から30日までロビー展。20作品ほど展示中です。土日祝日、お盆はお休み、都合のつく方はご覧になってください。

  • 山腹の牛舎 (葛巻町・葛巻・岩手県)

     葛巻町から岩手町に向かう途中、地名は小屋瀬だと思うのですが携帯の検索では第28地割だけしか出ません。 見慣れた景色ですが改めて考えると普通は平地にあるのです、山間地ならではの景色、トラクターの姿も見えましたが、傾斜地での作業、危険も伴います。酪農王国を

  • 大理石海岸(気仙沼市・唐桑町・宮城県)

     釜石から気仙沼までの自動車道が全通したというので行ってみることにしました。小本から自動車道、途中田老で切れますがあとははひたすら気仙沼まで、3時間弱で到着、最後に無表示で一般道に入るのが不思議な感じがしました。岩手県沿岸部は今年の初めに走ったので今回は

  • 夏空の高原牧場(葛巻町・くずまき高原牧場・岩手県)

     高原牧場です、牛舎を始め加工施設、交流宿泊施設など広大な牧草地の中に点在します。夏空を入れて広さを描きたいと思いました、新たな牧草地を造成中、印象的な光景です。これで三作目、今季はここまで。F6ウオーターフォードホワイト、シュミンケ。

  • 夏いろの牧場(葛巻町・くずまき高原牧場・岩手県)

     広大な敷地に多くの施設があります。取材中に羊の声、畜舎から数頭顔を出していますが、防疫上の問題もあるので近づかないことにしています。近くに小さな小屋がありました、少し朽ちていますが牧場の歴史を感じ、描くことにしました。牛は放牧されていますが、外に出た羊

  • 岩壁の夏 (岩泉町・丹洞・岩手県)

     ここより少し下流で台風10号で大きな被害を受けた鼠入(そいり)地区からの流れと合流します。大きな岩壁がそそり立つ場所、上流には流れ着いた岩と流木が残っています。北側なので日中は陽が当たりません、朝早くの光景です。道端に広場もでき木製のベンチが置かれていま

  • プラトーの牛(葛巻町・くずまき高原牧場・岩手県)

     葛巻町の北西、岩手町、一戸町に隣接する位置に広大なくずまき高原牧場があります。交流宿泊施設、地場産品販売、パン工房もあります。 年間を通じ様々なイベントが行われていますが、この日は平日でいたって静か、ゆっくりと画題探し、とは言っても大部分が牧草地。と

  • 海辺の蕗 (八戸市・種差海岸・青森県)

     種差海岸の一角、これまで気がつかなかったのですが岩の脇に蕗の葉がありました。作者の居住地は山間地ですから蕗は見飽きているのですが、広大な芝生と太平洋に囲まれている景色が新鮮でした。 この後蕪島に行き立派に再建された神社を見るのですが眩しくて描くのは遠

  • 砂の浜 (八戸市・金浜・青森県)

     前々作と同じエリア、大きな砂浜です。流れ込む川と岩で構図を決めました。この浜はウミネコの遊び場でもあります、必ず多くのウミネコがいます、まとまっているのです、蕪島にも、近くの漁港にもたくさんいるので縄張りがあるのかも知れません、中央左に入れました。分か

  • ニッコウキスゲ (八戸市・種差海岸・青森県)

     六月のある日、久慈市からゆっくりと種差海岸へ、平日なので観光客は少なめ。地元の小学生が野外授業(と言っていましたが)、自然を満喫していました。岩場では写真撮影、女性がペットボトルを持って様々なポーズをとっていましたが、なぜペットボトルなのか分かりません

  • 海へ (八戸市・金浜・青森県)

     岩手県沿岸部は東日本大震災の復旧と津波対策の防潮堤の建設が進んでいます、同時に砂浜も消失しています。形状にもよるのでしょうが青森県の太平洋側には大きな砂浜が点在します。その一つ、陸地から川がそのまま浜に流れ込んでいます。その一角を切り取りました。「金浜

カテゴリー一覧
商用