自然の中で暮らしたい、でもガジェットも好き
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ぽんじゅーすさん
ブログタイトル
自然の中で暮らしたい、でもガジェットも好き
ブログURL
http://daifukupon.hatenablog.com/
ブログ紹介文
普段の生活で気に入ったものの紹介や、旅行の体験を綴ります。ふるさと納税レポートも。
自由文
-
更新頻度(1年)

7回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2016/01/24

ぽんじゅーすさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,920サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,050サイト
国立公園・国定公園 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8サイト
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,192サイト
ふるさと納税 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 452サイト
コレクションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,341サイト
鉱物・岩石・化石 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 120サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,920サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,050サイト
国立公園・国定公園 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8サイト
その他生活ブログ 4,736位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,192サイト
ふるさと納税 98位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 452サイト
コレクションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,341サイト
鉱物・岩石・化石 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 120サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,920サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,050サイト
国立公園・国定公園 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8サイト
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 31,192サイト
ふるさと納税 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 452サイト
コレクションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,341サイト
鉱物・岩石・化石 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 120サイト

ぽんじゅーすさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぽんじゅーすさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぽんじゅーすさん
ブログタイトル
自然の中で暮らしたい、でもガジェットも好き
更新頻度
7回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
自然の中で暮らしたい、でもガジェットも好き
  • 2018冬 長崎・島原半島旅行(4)

    本日は島原半島の南側を廻ります。インフルエンザなのか体調が徐々に悪くなり、修行のようにポイントをまわり、早々に宿に戻り一晩高熱を発症、翌日は回復、という忙しいながらも最短で回復したので今思えば良かったです。 まずは「龍石海岸」で露頭を見学。 www.geologyjapan.com 続いて「原城跡」を見学。 www.geologyjapan.com そして「早崎玄武岩」を確認。 www.geologyjapan.com そして「両子岩」。 www.geologyjapan.com そして欠かせないジェラート屋でのジェラートチェック。 「オレンジジェラート」 オレンジジェラート 小浜の塩ミルクと…

  • 2018冬 長崎・島原半島旅行(3)

    昨日より天気がよさそうだったので本日は普賢岳ハイキングです。 仁田峠第二展望所からの眺望。荒々しい平成新山が目の前に現れた時は思わず息を飲みました。 仁田峠第二展望所より平成新山を望む 仁田峠で車を止め、ロープウェイにのって上まで移動します。 雲仙ロープウェイ ハイキングルートはジオパークガイドに載っていたこのコース。 ハイキング ルートマップ 幸運なことに(登山的には??)霧氷ができていました。美しい花道を通って出発です。 霧氷の花道 この突き出た岩が見えた辺りは下りだったのですが、ところどころ岩の上がうっすらと凍っていたので、神経を使って疲れました。。 面白い形をした岩 平成新山が目の前!…

  • 2018冬 長崎・島原半島旅行(2)

    天気が今ひとつの朝。登山は厳しそうなのでまずは「雲仙岳災害記念館がまだすドーム」の見学からスタートすることにしました。 立派な建物です。 がまだすドーム がまだすドームの上には展望スペースが有り、島原湾、普賢岳が一望できます。 普賢岳を望む がまだすドームについてはこちらに記録しました。 www.geologyjapan.com 居心地がよく長居してしまいました。 次に向かった先は普賢岳の麓にある「平成新山ネイチャーセンター」。がまだすドームからは車で20分ほどです。 こちらに記録を残しています。 www.geologyjapan.com 見学者は我々だけでした。こちらものんびりと展示内容を見…

  • 2018冬 長崎・島原半島旅行(1)

    あと数日で新年という年の瀬、長崎・島原半島を訪れました。 今回の主目的は「普賢岳・平成新山」。 きっかけはその① ↓こちらの本↓に記載されている116ヶ所のうちの1つであること。ちなみに今回の訪問で38ヶ所目となりました。 日本の地形・地質―見てみたい大地の風景116 (列島自然めぐり) 作者: 斎藤眞,下司信夫,渡辺真人,北中康文 出版社/メーカー: 文一総合出版 発売日: 2012/03/03 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログを見る きっかけその② は直近の北海道旅行で有珠山を訪れた際、三松正夫記念館で雲仙で亡くなったモーリス夫妻の写真を発見したこと、そこから館長…

  • 2018秋 北海道旅行(3)

    登別温泉で朝を迎え、まず向かった先は「地獄谷」 ↓その他の写真はこちらに掲載しています↓ www.geologyjapan.com 次に「倶多楽湖」に向かおうとしましたが道路が閉鎖されていたため行けませんでした。 気を取り直し、「オロフレ峠」を越えるルートで「支笏湖」を目指すことに。 青い空〜、白い雲〜、そして洞爺湖が見えます。 お昼は「きのこ王国」で「大滝鍋」をいただきました。 野菜がたっぷり入って250円! 素晴らしいことに、きのこ王国の向かいにジェラート屋さんがあるんです。 デザートはジェラート屋さん「星の家」で。 「クリームチーズ」と「あずき」をいただきました。 クリームチーズは粘り気…

  • 2018秋 北海道旅行(2)

    朝一で向かった先は「レイクヒルファーム」。 目的はもちろんジェラート。 「ホワイトクリーム」と「 ラムレーズン」のダブルをいただきました。 ホワイトクリームはフワフワ柔らかく、メレンゲみたいでした。 夫は「クリームチーズ」と「トウモロコシ」。 ゆきちゃん このあと絵鞆半島の外海岸にある金屏風(岩)を見に行ったのですが、暴風雨が激しくとても見ていられない状況になってしまったので、宿泊地である登別温泉へ早めに移動、旅館でのんびりしました。 ↓旅の続きはこちら↓ daifukupon.hatenablog.com

  • 2018秋 北海道旅行(1)

    9月6日に発生した胆振東部地震。 それから2週間後に予定していた北海道旅行ですが、余震も少なくなってきたようなので予定通り出発しました。 初日、2日目が洞爺湖、3日目は登別温泉、最終日は支笏湖へ宿泊です。 洞爺湖の宿泊は「きつつきカナディアンクラブ」 きつつきカナディアンクラブ 予想以上、大満足の滞在となりました。ログハウスからは洞爺湖が一望でき、夜の花火も見ることができました(花火のことを知らなかったので、何かドンドン音がするなぁと思い外を見たら花火でした!) こんなロケーション↓。今写真を見返してもきれいだなぁ、また行きたいと感じます。 部屋から見える朝焼け。 お部屋は水回りを新しくした直…

  • 2018夏旅行③ 城原海岸

    今年2度目の城原海岸。前回来てとても気に入った海岸です。 真夏でしたが2時間位いて、海にもぐったり、石を探したり、岩を眺めたり。 水が綺麗なので魚も見えます。ウツボみたいなニョロニョロしたのもいました。 そしたクラゲも。。チクチクやられました。 毎回この岩の色のグラデーションに魅せられます。ウットリ。 天気にも恵まれ幸せなひと時でした。 飛行機まで時間があるので甘い物タイム。 「橋本牧場 イタリアンジェラート アイス工房」へ。 「ラムレーズン と ブルーベリー」をいただきました。 さっぱりした口当たり。甘さは若干控えめでちょうど良かったです。お客さんも多く、賑わっていました。 旅の締めくくりは…

  • 2018年夏旅行② 丹波〜豊岡〜玄武洞〜城崎

    本日朝一で訪れたのは春日神社の裏にある「野村断層」。 丹波市のホームページの記載を抜粋 地殻の力が作用して生じた地層の食い違いを断層という。巨大な力をうけるため断層にそって破砕帯がみられ、しばしば粘土を生じている。 野村断層は左横ズレの断層であり、垂直成分はなかったことが断層面に残された条痕からわかる。断層面はチャ-トからなり、走向は南北線より26度西に向き、傾斜は65度東へ傾いている。破砕帯の幅は20m以上で美しい鏡肌をもち断層面の南西側につづいる。その部分は著しく破砕されているが粘板岩・砂岩からなる。この部分はもろくなっていて、はげしく浸食された結果断層面があらわれたものである。 約30m…

  • 2018年 夏旅行① 蓬莱峡〜丹波

    前日に大阪入り。まずは六甲山の「蓬莱峡」へ。六甲山は8000〜7000万年前、白亜紀の時代に貫入した花崗岩の山です。 この景色が見えてきた周辺で駐車場を探しましたがみつかりません。 私有地の入り口にスペースを見つけて駐車。 こっちの方面かな、とあるき始めるとそこには石の置物が。目にした途端不気味な感じがしてドラマシリーズ『トリック』の世界かと思いました。 恐る恐るブロガーさんの記事を見てみたところ、大丈夫そうなので前進。 噂のブルートレインもありました。 ブルートレインを見たら左側に川につながる小道があります。川を渡って少し進むと、 ありました!うっとり眺めます。 岩登りやトレッキングの人はも…

  • 橋立鍾乳洞

    近場の散策ということで「橋立鍾乳洞」へ行ってきました。 秩父鉄道「浦山口」で下車 駅から歩いて10分ちょっとです。 敷地内に入ると迫力ある岩が目の前に! 岩は高さ約75m。 この鍾乳洞は武甲山をつくる石灰岩体の西の端に位置します。 入場料を払い入り口へ。 いざ入場すると、、 このうねうねした感じは、アンテロープキャニオンみたい! daifukupon.hatenablog.com 一瞬感じただけですので、日本のアンテロープキャニオンだとは思わないでください。。 こちら「石筍」 入った瞬間洞窟内は涼しく感じたのですが、狭い通路なので腰をかがめたり、急な階段を登ったりととで、出口に着く頃には暑くて…

  • 吉見百穴

    その名を知れど、今まで訪れたことがなかった「吉見百穴」へ。 東松山駅を降りるとノーベル物理学賞を受賞した梶田さんの記念碑がありました。東松山出身だったんですね。 暑かったのですが行きは歩いて向かいます。 吉見百穴の手前にある 「岩窟ホテル」跡。立入禁止でした。 この辺は凝灰岩が露出しており、比較的人の手でも彫りやすいけど頑丈、と条件が良かったのでしょうね。 岩窟ホテルのすぐ横に「岩室観音堂」がありました。ここもうまく自然の岩を活用しています。これと似ている場所として「大谷石(栃木県)」の近くにある「大谷寺」を思い出しました。大谷石も軽石凝灰岩なので岩質が似ていますね。 お散歩&寄り道しながらで…

  • 2018春 日本海 鳥取県〜兵庫〜京都 旅行 4日目

    城崎温泉で向かえた旅行4日目。御所の湯で朝風呂をいただきました。 本日まず目指すは「竹田城」跡。 元々予定にはなく、竹田城を知ってはいたもののまさか近くにあるとは思わず。旅館の方に勧められたことがきっかけで行くことにしました。 教えてもらえてよかったです。 ゴールデンウィークなので「山城の郷」駐車場は混んでいるだろうなぁと思い、竹田駅近くの駐車場に向かいました。幸い待つことなく車を停められてよかったです。ただし、駅からだとちょっとした山登りになりますので、体力にあまり自身がない方は避けたほうがいいです。 風情のある竹田駅を通り過ぎ、、 こちらの登山口から竹田城を目指します。 ひたすら上り坂。と…

  • 2018春 日本海 鳥取県〜兵庫〜京都 旅行 3日目

    旅行3日目。 早朝、外湯に向かう途中に見つけた石。天然の柱状節理を切ったもののようです。 ちなみにこの写真の向こう側、旧御所湯跡地に2010年完成の「ポケットジオパーク」があり「石の蜂の巣」と名付けられたモニュメントなどがあったそうなのですが、更地になっていました。。何があったんだろう。 気を取り直し、まずは今回の旅行の1番の目的であった「玄武洞」へ。 大きな川、「円山川」です。川沿いを南下していきます。 城崎温泉から近いのですぐに到着。 玄武洞は160万年前の火山活動で発生した玄武岩質柱状節理の発達が観察できる場所です。岩石名「玄武岩」はこの場所にちなんで名付けられました。また松山基範がここ…

  • 2018春 日本海 鳥取県〜兵庫〜京都旅行 2日目

    今朝の天気は曇り空、少し雨もぱらついていますが昨日よりは良くなっています。まずは「鳥取砂丘」へ。 プレハブ小屋の「鳥取砂丘ジオパークセンター」で散策ルート確認。直ぐそばに改修中(建設中?)の建物があったので、完成したらそちらに移るのかもしれませんね。 寒いし風も強い。。でもこの強い風が鳥取砂丘を生み出しています。まずは遠くに見える丘、高さ47メートルの「馬の背」を目指します。 馬の背に到着。そこから北方向を見下ろした写真。写真だと穏やかに見えますが、頂上にいると風に煽られた砂にバシバシ叩かれて、立っているのも大変です。 少し進んで人が少ないところでは「風紋」ができています。 こちらは大山の火山…

  • 2018春 日本海 鳥取県〜兵庫〜京都旅行 1日目

    ゴールデンウィーク後半、「玄武洞」の見学を兼ねた旅へ。 昼過ぎの飛行機に乗り鳥取空港へ飛びます。天気は曇り。一緒に飛行し始めたお隣のJALさんをパチリ。 鳥取の空港ですが、正式には「鳥取砂丘コナン空港」。コナンの作者さんの出身地なんですね。 時間通り鳥取に到着し空港でレンタカーを借りました。車は空港内の駐車場に用意されているのでとってもスムーズでした。 こじんまりした空港でANAの羽田便のみが就航されています。 さて、晴れていたら「鳥取砂丘」に行くことを考えていましたが、雨が振っているので「鳥取県立博物館」に向かいます。 博物館は「鳥取城跡」の麓にありました。 常設展に入ってすぐに現れた「地質…

  • 2018冬 鹿児島旅行(2)

    daifukupon.hatenablog.com (続き) 天気予報通り1日だけ晴れた旅行の中日は念願の「桜島」へ。 そう言えば鹿児島にいるのにまだその姿を拝めていませんでした。 早速フェリー乗り場に向かます。 向かう途中、NHK朝ドラ「あさが来た」に出ていた五代さんがいました。鹿児島出身だったんですね〜。 あーーー。桜島だ!ようやく見えました。朝は逆光なので写真はいまいちですが。。 9:00発のフェリーでいざ桜島へ! そう言えばお金払っていない、、って運賃は行きも帰りも桜島の料金所で払うのだそうです。 行きは逆光なので帰りのフェリーから撮った桜島がこちら。美しいです。 15分くらいで到着。…

  • 2018冬 鹿児島旅行(1)

    NHK大河ドラマ「西郷どん」が放映中ではありますが、前々から行きたいと思っていた「鹿児島」。鹿児島にまだ行ったことない!と思っていましたが、「与論島」(鹿児島県最南端だそうです)に20年ほど前に訪れたことがあり、なんと滞在中に初・鹿児島ではないことが判明。。 それはさておき、桜島あり、火山フロントあり、金鉱山、屋久島、甑島などなど、ジオ好きにとっては見どころだらけ。 短い滞在中何を選ぶかと言えばまずは活火山、誰でもご存知「桜島」でしょう。 地元の人に「何しに鹿児島へ?」と聞かれ「桜島を見に来ました!」と答えたところ、1秒位地元の人は返答に迷ったようで空白が。。2人に聞かれましたが反応がふたりと…

  • 2018冬 思い立ち三浦半島へ

    京浜急行「三崎口駅」で下車し路線バスに乗り終点の「城ヶ島」で下車。 「馬の背洞門」に向かいウォーキング開始後、すぐに現れた路頭。 洗濯板のようなところがたくさんあります。このあたりは「三崎層」と呼ばれ、1200万年〜440万年前のシルト・凝灰岩互層、出っ張っているところはスコリア質砂岩や凝灰岩で構成されているそうです。 「馬の背洞門」が見えてきました。 海蝕洞です。 馬の背洞門は「初声層」に属し、400万年〜300万年前に堆積した凝灰質砂岩でできているとのこと。 このまま海食が進むと、もっと穴が大きくなるのか、上の橋が崩れてしまうのか、、どうなるんでしょうね? 馬の背洞門でお昼休憩をとりました…

  • 皆既月食

    2018年1月31日に皆既月食を観察。次回は2037年! 当日まで月食のことは知らなかったのですが、寒い中ベランダから観察することに。 最近使っていなかったカメラや三脚を慌てて取り出して撮影もしてみました。カメラやレンズはあるものの元々使いこなせていなかったので試行錯誤。充電池の残量があったのが幸い。リモコンの電池は当然のように切れていました。 数年前にコンタクトからメガネを常用にしたこともあり、マニュアルだとピント合わせがうまくできませんでした。月がかなり高い位置だったのでアングルを合わせるのにも首や体勢に負担が。エキスパートな方々はもっと楽に撮影しているんだろうなぁ(まず三脚や雲台が自分が…

  • ハイキングメモ ー 埼玉 大高取山 その2

    今回は越生町役場から登るルートで。ちなみに前回は「ゆうパークおごせ」から登りました。 登り始めてすぐのところにある展望 山頂

  • ハイキングメモ ー 埼玉 大高取山

    桂木観音展望台より 山頂より 露頭写真

  • 2017冬 大分旅行(3)

    本日は日本ジオパークに認定されている「おおいた姫島ジオパーク」の姫島へ。 姫島へは国東半島の伊美港から定期フェリーが出ています。 時刻表。1時間10分〜30分間隔ですね。 このフェリーで出発です! フェリーから眺めた姫島。東西約7kmだそうです。 姫島に到着。自転車を借り、まず向かう先は「ジオパーク天一根(あまのひとつね)」 向かう途中、村役場の近くにあった黒曜岩。 ジオパークのインフォメーションセンターに到着しました。 ある程度予想していましたが先客なし。3人の職員さんに笑顔で出迎えて頂きました。 まずは15分程度のビデオでジオパークについて説明を受けました。そして館内の展示物見学。 姫島の…

  • 2017冬 大分旅行(2)

    本日は少し早めの朝食をいただき、別府市内のレンタカー屋さんへ。目指すは念願の高千穂峡。12月ということでいざ出発となった時に雪や凍結が気になりましたが、結果としては問題ありませんでした。 途中何箇所かジオサイトを立ち寄りながらという行程で出発進行〜。 最初の目的地は「手取蟹戸」。て・ど・り・が・ん・ど、と読みます。 大野川層群犬飼層の露頭(白亜紀・海成層)。 この箇所を含む大野川盆地は、今から9万年前の阿蘇火山4度目の噴火によって発生した巨大な火砕流により埋め尽くされたそうですので、侵食が進んで古い地層が現れたんでしょうね。 お次は「岩戸」。13万年前、および9万年前に阿蘇山が噴火した際の溶結…

  • 2017冬 大分旅行(1)

    10年程前に訪れた大分は別府の鉄輪温泉。また行きたいとの思いがようやく実現しました。 宿泊は「しんきや」さん。 公式ホームページ www.shinkiya.com こちら↓楽天トラベルへのリンク。 湯煙ただよう和の宿 しんきや旅館 実は1年前の同じ時期(繁忙期)に行こうかと予約を試みたのですが既に満室。今年は数か月前に予約をきっちり入れて実現しました。落ち着くお宿です。 さて本日は地獄めぐりの一日。徒歩、バスを織り交ぜ、下のような行程となりました。 まずは歩いて龍巻地獄、血の池地獄へ。 途中「みはらし坂」からの景色。湯けむりの町そのものです。 まずは「龍巻地獄」。ここは間欠泉。吹き出す前はこん…

  • 東京ミネラルショー 2017

    今年も足を運ぶことができた「東京ミネラルショー」。 土曜日の午後の訪問でしたが、ものすごく混んでいました。普段は人を押し分けて進むようなタイプではないのですが、ところどころ強気に出てみました。そうでないと押し戻されてしまうので。。。 開場を一回り、二回りしても「これ!」というものに巡り合えず歩いていると、「7,999円以下の商品は全て1,000円で〜す」なんて、呼び込みの声も聞こえてきて、「そうじゃないんだ~」と内なる声。「店内全品50%オフでーす」と一日中呪文のように叫んでいる某アパレルショップを思い出しました。 それはさておき、5巡目くらいにようやく見つけた一品「ルベライトと石英」の岩石を…

  • 東京大学総合研究博物館

    展示に力を入れた博物館、というより研究の一環で膨大にある標本館の一部を公開したようなところでした。 化石、昆虫標本、土器、石器、などと一緒に鉱物系も展示されていました。 山梨県乙女鉱山の双晶。かなりの大きさです。 捕獲岩石 アジア象の化石 遮光器土偶もありました

  • 2017夏 群馬1泊旅行

    週末何も予定が入らない日ができたので、急遽近場の旅行に出かけました。 碓氷軽井沢IC近くから見えるた「高岩」 碓氷軽井沢ICを下りて浅間山方面に向かう途中の「ロマンチック街道」。 最初の目的地、「鬼押出し園」に到着。幼少の頃に来て以来でしたが、自分の記憶とは随分違っていました。記憶の中では岩がもっと黒くて、煙が上がっていました。おそらく煙というのは付近の温泉地から上がる煙で、記憶が混じってしまったようです。 浅間山 園内に「ヒカリゴケ」がありました。蛍光鉱物のようでした。 さて、お次は「火山博物館」へ。うーん、もう少し手を加えられたほうがいいかなぁ。解説テープが途中からどんどん高速になっていっ…

  • 地質標本館

    筑波にある地質標本館へ行ってきました。 入り口から石や愛くるしい看板が出迎えてくれて、なんか期待値上がります。 そもそも来ることになったきっかけは、北川隆司 鉱物コレクションを展示しているからなのですが、いきなり入り口でお出迎えです! 岡谷断層のはぎとり標本 つくば隕石。隕石が落下した1996年1月は以前ちょうど筑波にいた頃。隕石の話はどこかで聞いたことがある気がしますが、まさか自分がいた頃だったとは驚きでした。 アンモナイト階段を上って第2展示室へ。 展示とは直接関係ないのですが、地質系の写真コンクールで入賞した作品がアンモナイト階段の壁に展示されていました。 この写真、ユタにあるフライガイ…

  • 2017 東北旅行 9日目、10日目

    東北旅行9日目、10日目は移動日です。 9日目は大雨の中、中継地の新潟まで移動して一泊しました。 9日目にして体に予期せぬ異変が起きてしまいました。東北旅行中、美味しいお刺身を食べすぎてしまったのか、急に生魚を食べたくなくなりました。お刺身を前にして少し食べたあと、急に自分の体の何かが拒否をし始め、これ以上食べると発作が起きそう、という考えが浮かんでしまいました。 旅行から帰ってきて1ヶ月経った今も、まだ生魚を食べる気がせず一切口にしていません。。 そろそろ復活させてみようかな。 10日目は関東までの帰途となりますが、まず「新津油田」に立ち寄りました。 ここも、「日本の地形・地質ー見てみたい大…

カテゴリー一覧
商用