searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

黒田真生さんのプロフィール

住所
北区
出身
新見市

EBMを行うにあたって必要な用語解説や、黒田真生による論文の批判的吟味実例なども紹介しています。EBMという側面から、薬剤師を取り巻く様々なトピックや問題点を考察しています。これまで見たことのないタイプの薬剤師に興味がある方、必見です。

ブログタイトル
薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで
ブログURL
https://ameblo.jp/intelligent-pharmacist/
ブログ紹介文
薬剤師の黒田真生です。EBMの基礎の解説、薬剤師業務に役立つ情報の紹介、学んだ内容の共有など。
更新頻度(1年)

52回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2016/01/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、黒田真生さんの読者になりませんか?

ハンドル名
黒田真生さん
ブログタイトル
薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで
更新頻度
52回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで

黒田真生さんの新着記事

1件〜30件

  • ビスホスホネートによる非定型大腿骨骨折に関して

    こんにちは、黒田です。ビスホスホネート (BP) が多剤に変更されたケースを経験。このケースは異なるのですが、BPの長期使用は非定型大腿骨骨折 (AFF) の…

  • ピボキシル基含有抗菌薬によるカルニチン欠乏について

    こんにちは、黒田です。ピボキシル基含有抗菌薬によるカルニチン欠乏は、割と有名な副作用です。が、実際にそれらしいケースを見たことがないので、あまり詳しく調べたこ…

  • アスピリン不耐性について

    こんにちは、黒田です。少し気になることがあったので、アスピリン不耐性について調べることに。まずは総説から重要な点を抜粋・列挙します1)。  アスピリン不耐性喘…

  • 耳鳴に対するニコチン酸アミドの効果

    こんにちは、黒田です。ニコチン酸アミドを有効成分にした耳鳴の治療薬が、うちの薬局で引き出しの肥やしになっています。使用期限はまだかなりあるのですが、全然処方が…

  • 新規アトピー性皮膚炎治療薬デルゴシチニブについて

    こんにちは、黒田です。新規作用機序を持った、アトピー性皮膚炎に使用できる軟膏が出たとのこと。まずは添付文書から基本的な情報を集めることにします1)。 基本的な…

  • トラネキサム酸による視力障害について

    こんにちは、黒田です。ずいぶん以前に、トラネキサム酸による色覚異常について取り上げたことがありますが、通常の (?) 視力障害を来した症例報告を見つけたので、…

  • 頚性めまいについて

    こんにちは、黒田です。耳鼻科や脳外科の処方を受けることが多い薬局では、めまいを主訴にして受診した人が結構来ると思います。今回はめまいのなかから、頚性めまいにつ…

  • ヒドララジンの降圧効果

    こんにちは、黒田です。前回、メチルドパの降圧効果について調べました。今回は、同じく妊娠高血圧症候群に使用されることが多いヒドララジンの降圧効果を調べたいと思い…

  • メチルドパの降圧効果

    こんにちは、黒田です。妊娠高血圧症候群の薬物治療で用いられることが多いものとして、メチルドパが挙げられます。薬理学や薬物治療の教科書でも必ずといってよいほど出…

  • アスコルビン酸の併用で鉄剤の効果は改善するのか?

    こんにちは、黒田です。2価鉄は3価鉄と比較して消化管吸収されやすいことが知られています。そのため、経口鉄剤の吸収率を高める目的で、還元作用のあるアスコルビン酸…

  • 白内障手術前にα遮断薬は休薬したほうがいいのか?

    こんにちは、黒田です。プライマリケア領域で仕事をしていると、白内障の手術を受ける人と遭遇することは多いものです。内服関係で白内障手術との関連があるものとして、…

  • 片頭痛予防薬の効果に関して

    こんにちは、黒田です。片頭痛の予防に用いる薬物は、一度開始すると特に問題が生じない限りはずっと継続となるパターンが多いと思います。ときに疑問に思うのですが、こ…

  • レンボレキサントの効果

    こんにちは、黒田です。少し前に、スボレキサントの類似薬である、レンボレキサントが発売になりました。個人的な感想としては、何よりもまずその商品名に面食らったので…

  • 抗インフルエンザ薬によって家庭内感染を予防できるか?

    こんにちは、黒田です。インフルエンザで抗インフルエンザ薬を処方された人の家族から、「この薬を使えば、家族にインフルエンザがうつるのを防げるのか?」という旨の質…

  • アスピリン喘息について

    こんにちは、黒田です。調剤やOTCの販売において、NSAIDsを触る機会は多いものです。NSAIDsといえば、アスピリン喘息が副作用として有名ですが、そういえ…

  • 偽痛風の治療に関して

    こんにちは、黒田です。偽痛風の症例を経験・・・したのはいいのですが、この疾患の治療について系統立てて勉強したことがないことに、いまさらながら気が付きました。ち…

  • NSAIDで認知症リスクは変化するのか?

    こんにちは、黒田です。とあるNSAIDを服用している方から、「この薬を飲むと認知症になると新聞に書いてあったけど、大丈夫なのか?」といった旨の質問を受けました…

  • 咳の消費カロリーについて

    こんにちは、黒田です。どこで目にしたのかは忘れてしまったのですが、かなり前に「咳をすると1回あたり2kcalを消費する」という旨の記載を見た記憶があります。当…

  • アレルギー性鼻炎に対するデスロラタジンの効果

    こんにちは、黒田です。比較的最近に発売された抗ヒスタミン剤である、デスロラタジン。しばらくの間、供給が停止していましたが現在では普通に流通するようになりました…

  • ムカデに咬まれた時の対応

    こんにちは、黒田です。最近、暖かくなってきたのですが、そうなると虫たちの活動も活発になります。私の仕事場は田舎にあるためか、しばしばムカデが出没します。幸いな…

  • ビタミンCは風邪に効くのか?

    こんにちは、黒田です。先日、久々に「ビタミンCを摂ると風邪をひきにくくなるのか?」という質問を受けました。プライマリケア領域で尋ねられる素朴な疑問のなかでも上…

  • 抗うつ薬を服用すると自動車事故を起こしやすくなるのか?

    こんにちは、黒田です。抗うつ薬の添付文書には、「眠気を生じるので、服用中は自動車の運転などには従事しないこと」という旨の注意書きがされています。副作用として鎮…

  • 食酢を飲むと血圧が下がるのか?

    こんにちは、黒田です。特定保健用食品の中に、「血圧が高めの方の食品」として酢酸が挙げられています。要するに食酢で、理科系以外の方にもなじみ深い食品だと思います…

  • 急性汎発性発疹性膿疱症について

    こんにちは、黒田です。業務の関係でいろいろと調べ物をする過程で、急性汎発性発疹性膿疱症に興味を持ちました。まれな副作用なのであまり知識がないことから、この機会…

  • モンテルカストの副作用について

    こんにちは、黒田です。ロイコトリエン拮抗薬を調剤したときに、同薬物の副作用について質問を受けたことが、これまで何度かあります。しかしながら、薬理学の講義などで…

  • アセトアミノフェンの空腹時投与は避けるべきなのか?

    こんにちは、黒田です。解熱剤・鎮痛剤としてアセトアミノフェンは汎用されています。あるときふと気づいたのですが、この薬物の添付文書には、『空腹時の投与は避けさせ…

  • 術中虹彩緊張低下症候群へのα遮断薬の影響は薬物によって差があるのか

    こんにちは、黒田です。高齢者を中心に白内障手術を受ける人は多いものですが、α遮断薬を使用していると術中虹彩緊張低下症候群のリスクが増大することはよく知られてい…

  • こむらがえりについて

    こんにちは、黒田です。こむらがえりに悩んでいる人は、結構多いものです。それゆえに、プライマリケア領域ではこれについて質問・相談されるケースはよくあります。たい…

  • イチョウ葉エキスの効果

    こんにちは、黒田です。欧州などで古くから民間療法に用いられていた、イチョウ葉エキス。最近では、日本でもこれを含んだ食品を目にするようになりました。仕事をしてい…

  • ヘパリン起因性血小板減少症に関して

    こんにちは、黒田です。薬理学の本を読んでいると、ヘパリン起因性血小板減少症に関する記述がありました。以前から知識として知ってはいましたが、薬局勤務という都合も…

カテゴリー一覧
商用