薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで
読者になる
住所
北区
出身
新見市
ハンドル名
黒田真生さん
ブログタイトル
薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで
ブログURL
https://ameblo.jp/intelligent-pharmacist/
ブログ紹介文
薬剤師の黒田真生です。EBMの基礎の解説、薬剤師業務に役立つ情報の紹介、学んだ内容の共有など。
自由文
EBMを行うにあたって必要な用語解説や、黒田真生による論文の批判的吟味実例なども紹介しています。EBMという側面から、薬剤師を取り巻く様々なトピックや問題点を考察しています。これまで見たことのないタイプの薬剤師に興味がある方、必見です。
更新頻度(1年)

55回 / 349日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2016/01/17

黒田真生さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 52,745位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 20 60 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 1,383位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
薬・薬剤師 33位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 456サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 39,884位 42,039位 41,827位 42,020位 42,165位 44,390位 47,097位 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 20 60 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 1,317位 1,403位 1,401位 1,404位 1,405位 1,469位 1,571位 21,571サイト
薬・薬剤師 12位 13位 13位 13位 13位 15位 18位 456サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,433サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 20 60 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,571サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 456サイト

黒田真生さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、黒田真生さんの読者になりませんか?

ハンドル名
黒田真生さん
ブログタイトル
薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで
更新頻度
55回 / 349日(平均1.1回/週)
読者になる
薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで
  • 後発医薬品を使うと医療費が抑制できるのか

    こんにちは、黒田です。少子高齢化などに伴う、社会保障費の増大についてはすでに常識化したといってよく、ここで改めて指摘するまでもありません。こうした事態に対処す…

  • ウラジロガシエキスは効くのか?

    こんにちは、黒田です。ウラジロガシエキスが処方されているケースを、今でも時々見かけます。以前から、本当に効果があるのか疑問に思っていた薬で、効果のほどについて…

  • 血清前立腺特異抗原値に対するセルニルトンの効果

    こんにちは、黒田です。セリニチンポーレンエキスを有効成分とする「セルニルトン錠®」。極たまに使用しているケースを見かけますが、有体にいえば泌尿器関連の不定愁訴…

  • スボレキサント錠の規格単位は、なぜ10・15・20mgの3種類なのか

    こんにちは、黒田です。比較的あたらしい睡眠導入剤である、スボレキサント。一時期いろいろな意味で話題となりましたが、私の薬局でも調剤することが時々あります。この…

  • スイッチOTCの承認審査はどのように行われているのか?

    こんにちは、黒田です。いろいろな仕事をする過程で、スイッチOTCの承認審査がどのように行われているのか疑問を持ちました。医療用医薬品については大学の講義でも承…

  • ADHDに対するグアンファシンとアトモキセチンの効果

    こんにちは、黒田です。私の薬局で、アトモキセチンカプセルが不動在庫になってしまったので、懇意にしている薬局に引き取ってもらえない相談を持ち掛けました。その薬局…

  • 結膜下出血に関して

    こんにちは、黒田です。個人的にここ最近は見ていないのですが、水害前は眼科の処方を受けることが多かったために、結膜下出血の患者が頻繁に来局していました。自然治癒…

  • トラネキサム酸は心血管疾患のリスクを高めるのか?

    こんにちは、黒田です。扁桃炎その他の治療目的で、トラネキサム酸が処方される患者は多く、調剤する機会もよくあります。この薬の薬剤情報提供書には、止血作用があるこ…

  • デキストロメトルファンは効くのか?

    こんにちは、黒田です。先日のことですが、薬理学の本を読んでいるときにデキストロメトルファンに関して「コデインに匹敵する鎮咳作用を持つ」という趣旨の記述を見つけ…

  • ループ利尿薬による聴覚障害について

    こんにちは、黒田です。薬剤師国家試験の解説を作成する過程で勉強した内容をまとめていたときに、ループ利尿薬の副作用として聴覚障害が挙げられている資料を目にしまし…

  • 関節リウマチに対する生物学的製剤の効果発現どのくらいかかるのか?

    こんにちは、黒田です。関節リウマチに対して生物学的製剤を使用し始める人が、「病院では、この注射薬は即効性がないといわれた」と話してがっかりしていたことがありま…

  • 小児におけるメフェナム酸の投与回数はなぜ1日2回までなのか?

    こんにちは、黒田です。以前の話ですが、上気道炎と思われる小児に対して、メフェナム酸シロップが1日3回で処方されたのを目にしたことがあります。普通は1日2回だと…

  • 抗コリン作用を持つ薬物を服用すると認知症リスクが増大するのか?

    こんにちは、黒田です。認知症やアルツハイマー病の症状に対して、抗コリン作用を持つ薬物が悪影響を与えることは広く知られています。それゆえ、こうした疾患を有する人…

  • ステロイドはなぜ抗がん剤誘起性の嘔吐に効くのか?

    こんにちは、黒田です。今回のテーマは、私が学生時代に抱いた疑問です。当時から、がん化学療法に伴う悪心・嘔吐 (CINV) の予防にステロイド、というかデキサメ…

  • 豪雨被害から1年が経過しました

    こんにちは、黒田です。    今日は7月8日。昨年の西日本豪雨から1年が経過しました。私の薬局が水没したのは7月7日だったのですが、その直接的な原因となった堤…

  • イコサペント酸エチルは効くのか?

    こんにちは、黒田です。先日、偶然European Medicines Agencyから出された、文献1を見つけました。大雑把に要約すれば、イコサペント酸エチル…

  • 抗ヒスタミン薬による眠気は耐性を生じるのか?

    こんにちは、黒田です。先日、調べものの一環で市販の「睡眠薬」についていろいろな文献を見ていたところ、いくつかの総説に「第一世代抗ヒスタミン薬を含む市販の睡眠改…

  • ザリガニを飼い始めました

    こんにちは、黒田です。  本日、私の薬局に新しいスタッフが着任しました。下の写真で紹介します。    世にも珍しい (?) 青色のザリガニです。待合がやや殺風…

  • 血管性浮腫に関して

    こんにちは、黒田です。血管性浮腫と思われる症例を経験しました。基本的には、蕁麻疹に準じた治療を行うと理解していましたが、この疾患についてあまり詳しく調べたこと…

  • 歯磨きで薬剤性歯肉肥厚を予防することは可能か?

    こんにちは、黒田です。先日、薬理学の本を読んでいたらカルシウム拮抗薬の副作用として歯肉肥厚が記載されていました。それはいいのですが、そこに「適切に歯磨きをする…

  • トフィソパムは効くのか?

    こんにちは、黒田です。先日、「自律神経失調症」という言葉を耳にする機会がありました。自律神経失調症という病名は、正式には存在しないんだよなーと思いながら聞いて…

  • 動揺病に対する薬物治療に関して

    こんにちは、黒田です。少し前に、機会があって動揺病について調べました。今回、備忘としてその内容のいくつかを書き残しておく異にします。 動揺病への効果が検証され…

  • 透析施行中患者に対する薬物投与量は予測可能か?

    こんにちは、黒田です。少し前に、併用薬から「ひょっとしたら血液透析をしているかも」と推測されるような人が来局したことがありました。詳しく話を聞いたところ、実際…

  • 薬剤性女性化乳房に関して

    こんにちは、黒田です。またまた薬剤師国家試験絡みですが、第104回の試験で薬剤性の女性化乳房を意識したと思われる症例が出題されました。その際に、関連する生体物…

  • 爪白癬治療薬「ホスラブコナゾール L-リシンエタノール付加物」の効果

    こんにちは、黒田です。取引している卸業者さんが、投与日数に制限のある新医薬品をリストにしたものを下さいました。その中に、爪白癬治療薬の「ホスラブコナゾール L…

  • 高尿酸血症患者にはアスコルビン酸の投与を控えるべきか?

    こんにちは、黒田です。高尿酸血症治療目的で、尿アルカリ化を行っている患者に対して、アスコルビン酸製剤が処方されたケースを経験したことがあります。もともと実施し…

  • チアマゾール使用と急性膵炎発症の関連について

    こんにちは、黒田です。いつものようにNIHSの医薬品安全性情報を閲覧していたところ、抗甲状腺薬であるCarbimazoleと急性膵炎のリスクが関連する可能性が…

  • 薬剤誘発性の吃逆に関して

    こんにちは、黒田です。とある理由から、薬剤誘起性の吃逆について興味を持ったので、これについて調べたことを以下にまとめておきます。参考にしたのは、下記の文献1及…

  • トラネキサム酸による色覚変化について

    こんにちは、黒田です。NIHSの医薬品安全性情報を見ていたところ、マレーシアNPRAからトラネキサム酸によると思われる色覚変化に関する報告が載っていました1)…

  • インフルンザに対するアマンタジンの効果

    こんにちは、黒田です。これまた第104回薬剤師国家試験の解説を作成しているときに目についたことですが、アマンタジンの抗インフルエンザ薬としての作用機序を問う問…

カテゴリー一覧
商用