プロフィールPROFILE

フィリピン留学 英語初心者への学校 BECのブログさんのプロフィール

住所
フィリピン
出身
緑区

フィリピン マニラ郊外にある日系の語学学校です。 英語の話や学校の日常、フィリピンの話などを書いています。 一人でも多くの方に英語の勉強・練習がしやすいようにお手伝いさせていただいております!

ブログタイトル
フィリピン留学 英語初心者への学校 BECのブログ
ブログURL
https://www.english-bec.com/ryugaku-blog/
ブログ紹介文
フィリピン留学 初心者や発音に強いBECの公式ブログです!フィリピンや学校や英語の事を書いています!
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2016/01/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、フィリピン留学 英語初心者への学校 BECのブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
フィリピン留学 英語初心者への学校 BECのブログさん
ブログタイトル
フィリピン留学 英語初心者への学校 BECのブログ
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
フィリピン留学 英語初心者への学校 BECのブログ

フィリピン留学 英語初心者への学校 BECのブログさんの新着記事

1件〜30件

  • 学校から都市部への行き方

    こんにちは! 今日は学校から、都心部(マカティ、BGC、pasay方面)への 行き方を紹介します。 ①学校からバス停へ まずは学校の前を走っている、「トライシクル」を使えます。 「Pacita」または「Bus station」と伝えると乗せて行ってくれます。 Googleマップに「トライシクル」の選択肢はないので 車だとして8分。 料金は40ペソです。 バス停に何台かバスが停まっているので、 窓に釣り下がっている、行き先をちゃんと見ておきましょう。 ②いざ、バスに乗って都心部へ 「AYALA」と書いてあるバスだと乗り換えなしで行けます。 「ALABANG」と書いてあるバスに乗って、AlabangからAyala行きに乗り換えることもできます。 運転してしばらくすると、スタッフが清算にまわって来ます。 行き先を「Ayala!!」と伝えると金額を伝えてくれるので、 清算しましょう。金額は55ペソでした。 日本円で約120円! とても安いですね。 Google Mapでは50分ですが、道が空いていれば約40分 混んでいると2時間かかることもあるので、 余裕を持って出かけましょう♪ SKY WAY(日本でいう高速道路)に乗る前は、 バスのスタッフが扉をあけて、道ゆく人に勧誘しながらバスが動いていくことも・・・ そしてバスがバス停に止まるたびに、 車内販売のようにお菓子や水を売っているお兄さんたちが 次々入って来て営業してきます。笑 なんて、自由なんでしょう。 ※ジプニーの中や、車で移動中などでも見かけます。 SKY WAYに乗ると渋滞もほぼなく、スムーズに進んで行きます。 窓から高層ビルも見えてきました。 ③AYALA に到着!! SKY WAY(高速道路)を出てしばらくすると、 SMモールが目印のAYALA STATIONに到着します。 お疲れ様でした! ここまでの交通費は トライセクル 40ペソ 公共バス 55ペソ 合計 95ペソ(約200円)でした。 ④マカティに着いてからの交通手段

  • 「フィリピンのウォール街」といわれる「マカティ」とは

    「フィリピンのウォール街」とも言われるマカティとは? これからフィリピンに来る人、来て間もない人に向けて「マカティとは何か?」を紹介していきたいと思います。 1.マカティとは マカティとは、メトロマニラと呼ばれる首都圏に属する都市です。正式にはマカティシティであり、首都マニラの南東に位置しています。高層ビルがずらりと並ぶビジネス地区であり、インテル、マイクロソフト、ネスレなど大企業がオフィスを構えている場所です。「フィリピンのウォール街」とも呼ばれるくらいに商業発展した地区です。 2.マカティの範囲 マカティはメトロマニラの一つの都市ですが、マニラシティ(下の写真左)とは異なります。 また、BGC(下の写真右)の部分が含まないため変わった形になっています。BGCについてはこちらから⇐ 3.4つの大きなモール マカティの中心と言われるAyala(アヤラ)には3つの大きなモールがあります。4つはつながっており、モールの内で移動できます。アヤラのMRTステーションを出ると目の前にSM Makati が見えます。そのモールすぎると、Glorietta(グロリエッタ)その奥にはThe Landmark(ランドマーク)、そして更に奥にはGreenbelt(グリーンベルト)があります。初めて行くと迷子になるくらい複雑で広いです。 個人的にはグリーンベルトがオススメのモールです。モールの中に中庭があり、緑豊かでリラックスできる上に、おしゃれなカフェスペースやバーがあって普通のモールとは一味違います。 *左がAyala Station , 右がAyala Station とSM Makati バスを降りると駅に上がって、そこから逆の方に出るとSMがあります。(サンペドロ方面から来る場合) アヤラのバスターミナルからはたくさんのバスが出ているので便利です。 *Glorietta(グロリエッタ)。複雑な形をしているので自分がどこにいるのか分からなくなることも… グロリエッタ1,2,3,4

  • Orphanage(孤児院)でのクリスマスパーティー

    Christmas Party 2018 今年(2018年)のクリスマスは新しい形で Christmas Party を開催しました。 例年は学校内でプレゼント交換やゲームなどを行う形でやっていましたが、今年はOrphanage(孤児院)で行うことになりました。 孤児院にはたくさんの恵まれない子供たちがいます。 しかし、それを感じさせないくらいの元気と明るい笑顔、そして希望を持っています。 そんな子どもたちのために、少しでも助けになる物や、楽しい時間をプレゼントしようということで、開催することになりました。 今回はその時の様子をご紹介していきたいと思います。 ・opening ceremony パーティーのはじめの様子です。フィリピン人講師が、パーティーの概要や、進行役の紹介などをしている時です。 日本人の生徒さんと子どもたちはまだ打ち解けていないので、少し表情が硬いですね(笑) あいにくの雨模様で、屋根のあるスペースで無理集まったのでこんなギュウギュウ詰めになってます(笑) この後雨も上がり、予定していたレクリエーションが全部できて一安心でした。 ・Ice Breaker Game 2チームに分かれてゲームしている様子です。真ん中にいるのが先生で、ゲームの説明、進行をしています。 みんなで手をつつなぎ、握られたら次の人に握り返して伝え、より早く伝えていく伝達ゲームのようなものです。 お互い近い距離感で接することで会話や笑顔が生まれ、一気に距離が縮まりました。 ・Christmas Dance 一ヶ月近く練習してきたクリスマスダンスの発表の様子です。 少し恥ずかしいのと、楽しいのとで、みんないい笑顔です。 毎日練習で「Last Christmas」を聞いてきたので、未だに耳から離れません(笑) 子どもたちも笑顔で見てくれて、最高の思い出になりました。 ・Group Lunch

  • ”酒好き必見”フィリピンのお酒を知ろう!Part2

    2.Brandy(ブランデー) ・PRIMER LIGHT (プリメラ ライト) 先ほど説明したビールと同じサンミゲル社のブランディーです。 口当たりが優しく、飲みやすいので親しまれています。 香りもいいのでロックでもいい感じです👍 ・EMPERADOR LIGHT (エンペラードール ライト) フィリピンだけではなく他の国でも有名なブランデー。 エンペラードールはブランデーの販売数量が断トツで世界1位らしいです(゚∀゚) 味はほんのり甘いやさしい味で、現地の人はコーラなどで割っています。 3. Rum(ラム) ・TANDUAY RHUM (タンドゥアイ ラム) フィリピンではとても有名なラム酒。 私もかつて友人から勧められました。 味はというと... すごく渋いです(笑) ラム好きの友人は美味しいと言っていたので、ラム好きの人はぜひ! 番外編 ここまでは男性が飲みそうなお酒を中心に紹介してきたので、 番外編ではお酒の弱い女性向けのお酒を紹介します。 ・TANDUAY ICE (タンドワイアイス) さまざまなテイストがあり、どれも味は美味しいです! 個人的には青色の味が好きです。ココナッツというか南国みたいな匂いと味がします(笑) お酒の弱い方でもこのカクテルなら楽しめます👍 まとめ フィリピンでよく見かけるお酒を中心に紹介してきました。 フィリピンはお酒がびっくりするほど安いです! ジュースよりお酒が安いという現象が起きていて衝撃を受けました(笑) フィリピンに留学、旅行される方はぜひお酒を飲んでみてください👍 ではまた次回の記事で!

  • “酒好き必見” フィリピンのお酒を知ろう!Part1

    皆さんお酒は好きですか? もちろんこの記事を読んでいる方はYes!ですよね(笑) 今後フィリピン旅行や留学を考えている人の中で、 「フィリピンでお酒を飲みたいけど、なにを飲めばいいの?」 「お酒の弱い女性でものめるお酒はあるの?」 なんて思っている人いるんじゃないでしょうか? 今回は自称heavy drinker(笑)の私がフィリピンのお酒について紹介していきたいと思います。 目次 Part1 1. Beer (ビール) Part2 2.Brandy(ブランデー) 3. Rum(ラム) 番外編 4.Cocktail(タンドワイアイス) Part1 1. Beer (ビール) ・サンミゲルライト 人気No1 といっても過言ではないビール。 light というだけあって飲みやすいビールで、何杯でも飲めてしまう。 まずビールを飲むならこれで決まりです! ・サンミゲルペールピルセン サンミゲルライトに引けを劣らないくらい人気なビール。 サンミゲルライトに比べ苦味が少し強めで、ザ・ビールっといた感じです。 アルコール度数は5%なので日本のビールと同じくらいです。 ・サンミゲルアップル/レモン ビールがあまり得意でないひとでも飲みやすいフルーツビール。 味は少し甘いビールと言う感じで、あまりビールと言う感じはしないのが本音です。 女性や、ビールが苦手な人はおすすめです! ・サンミゲルスーパードライ 他のビールよりはマイナーなビールで、あまり頻繁には見かけません。 味に関しては、のどごしが良く美味しい! メニューには「スーパードライ」とだけ書いてある事が多く、 日本人はまず間違えなくアサヒスーパードライと間違えるので注意してください(笑) ・レッドホース

  • TED Talks やり方とオススメの動画

    TED Talks 。英語に興味を持たれている方は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 TEDを知らない方はこちら TEDを勉強している方の中にも勉強法がよくわかっていなかったり、聞き流しているだけの人がいると思います。 今回は、学校のメソッドでもあるTEDの勉強法を紹介していこうと思います。 ・TEDの勉強法 STEP1 まず、どのスピーチを選ぶかがすごく大切になります。 大切なポイントは、興味のあるもの、5分以内の短いもの、であるということです。 興味がなければ学習が続きません。 興味があっても時間の長いものは、繰り返し勉強することが難しくなります。 興味があり、5分以内のものを選びましょう。上級者は何を選んでも構いません。 STEP2 次は、何から始めるかについてです。 聞いてみる、スクリプトを読むなどそれぞれやり方があると思いますが、まずはディクテーションをしてみてください。 1フレーズを数回聞いてもわからないところは飛ばし、あやふやでもいいので、できるだけ書き取ります。 一通り終わると自分が聞き取れなかったところが空白になっている状態です。 初めは空白がたくさんある状態で構いません。自分の聞き取れていない部分を見つけるためです。 STEP3 次に、音を聞きながら、答え合わせをしていきます。実際に聞きながらやるところがポイントです! 耳が音に慣れるまで聞いて直していきます。 STEP4 すべての修正が終わったら、次はオーバーラッピングです。 スクリプトを印刷することがベストですが、自分の作成したものでも大丈夫です。 そのスクリプトを読みながら音声に続いて音読していきます。最初は段落などで区切りをつけて繰り返し同じ場所を練習しましょう。 大げさかもしれませんがこれを100回くらいやると、スクリプトなしでも読めるようになってきます。 STEP5 そうなると次はシャドーイングです。 音声につづいてひたすら読みます。 発音、アクセントを真似しながら、スピーカーと同じように読むように心がけます。 これも毎日繰り返し、100回以上繰り返します。

  • 意外と知られてないフィリピン料理

    突然ですが皆さん、「世界の料理」を全部知っていますか? もちろん私も全然知らないです。(-_-;) そんな「世界の料理」の中の1つ「フィリピン料理」ですが、日本での知名度はあまり高くないと思います... しかし、「フィリピン料理」は日本人が好む味とかなり一致している、米を主食とすることなどの理由で実はすごく美味しいのです! 今回はそんな「フィリピン料理」の中からぜひ皆さんに食べていただきたい4つの料理を紹介したいと思います! 1. sisig(シシグ) 細かく刻んだお肉と玉ねぎ、にんにくを炒めたもので、お店によってスパイシーかどうかは変わってきます。 主に使われるのは豚肉の耳や頬のお肉で、聞こえは奇妙ですが、味はとっても美味しいです! 酒飲みにはたまらない最高のつまみになること間違いなしです!もちろんお米にもよく合います👍 他にも鶏肉や魚を使ったタイプのシシグもありますが、初めて食べるならポークシシグをおすすめします! 2.adobo(アドボ) 豚肉とじゃがいも、卵などを煮込んで作る料理で、日本の豚の角煮によく似ています。 癖になる絶妙な甘辛さで、ほとんどの日本人の方は気にいるであろう馴染みの味です。 ビールのおつまみにもなりますが個人的にはご飯のおかずとして食べるのが好きです。ご飯が進み過ぎて止まらないです(笑) 3. dinuguan(ディヌグアン) 真っ黒で不気味な料理(笑) さらに聞いて驚くのが、豚の血を煮込んで作られた、豚の血のシチューだということ!(笑) 私自身すごく抵抗がありましたが、恐る恐るトライしてみると、不思議な優しい柔らかい味ですごく美味しかったんです! もちろんなかに入っている具材によって味は大きく変わってきます。 私が一番美味しいと感じたのはフィリピン人の友人宅で食べたものです。 やはり母の料理には愛があるのか!と感じるくらい優しかったです。 フィリピン料理のレストランで手軽に食べられるので、食わず嫌いにならずぜひトライしてください!! 4.sinigang(シニガン) 伝統的にタマリンドというものを使う酸味のきいたスープであり、フィリピンでは日本の味噌汁のように好まれています。

  • 「フィリピンの宗教」について考えてみました!

    フィリピン留学をして学んだのは英語だけではありません。少し難しいトピックかもしれませんが、宗教について一緒に考えましょう! 留学に行くか悩んでいる人に対しても「留学は英語だけのためではない」ということを伝えたいです。

  • 【講師紹介】 Teacher Kamille(カミール)

    フィリピンにある初心者専門の英語語学学校・ビーイーキャンプTeacher Kamille(カミール)をご紹介します。

  • 【講師紹介】 Teacher She(シェ)

    フィリピンにある初心者専門の英語語学学校・ビーイーキャンプTeacher She(シェ)をご紹介します。

  • 【講師紹介】 Teacher Seth(セス)

    フィリピンにある英語初心者専門の語学学校・ビーイーキャンプのブログです。ビーイーキャンプの講師・セスをご紹介します。

カテゴリー一覧
商用