searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/waterlineblog
ブログ紹介文
みんなで買おうプラモデル!おじさん艦隊発進!
更新頻度(1年)

258回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2015/12/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課さん
ブログタイトル
ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課
更新頻度
258回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課

ウォーターライン こちら艦プラ生活広報課さんの新着記事

1件〜30件

  • プラモデルを盗んだ61歳

    ネットニュースにで「事後強盗の61歳男性不起訴処分に」と言う見出しの記事を思わず読んでしまった。なんとこの61歳のおじさんは、自宅近くの本屋でプラモデルなど盗んで逃げているときに、追いかけてきた高校生を殴って通報され捕まったようだ。どうしても欲しいプラモデルがあったのか・・・何のプラモデルか気になります。(笑)怒りというより、悲しいニュースわかまるは、プラモデルを盗まなくてもいいくらいストックがあるので定年後は準備万端です。プラモデルを盗んだ61歳

  • 印象が変わった

    モデルアート9月号久しぶりの艦船特集「軽空母」日本とアメリカの軽空母は、カタパルトの有無で運用、活躍の度合いに大きく差がついた記事をよく見かけますし、その通りだとずっと思っていました。しかし、今回のモデルアート誌を拝見して、今までの考えが大きく180度変わりました。大鷹型の3姉妹が前線に向け、運搬した航空機は2000機以上!しかも、1942年3月~1943年12月まででだ。凄いの一言本来の運用とは違うものの戦況には十分貢献した事だろう。「日本海軍でもっとも活躍した空母」の見出しに異論なし!(誌面では、もっと活躍になっていますが・・・ちゃんと校閲してほしいな)(笑)印象が変わった

  • 驚きの中身

    「祥賀」の中身は驚きです。ボックスアートから推測すると、タミヤさんの「翔鶴」のコピー品が入っていると思いきや、「赤城」!しかも、ウォーターラインシリーズ「赤城」からのパクリではありません。見た目ウォーターラインシリーズの「赤城」より小ぶりです。想像するに、「マルイ」さんから発売されていたスーパーサンマルシリーズの「赤城」のコピー品だと思われます。組み立て図は下記の通り驚きの中身

  • アオシマ「日本海軍 潜水艦 伊156 」1/700

    アオシマさんから「日本海軍潜水艦伊156」が11月に発売です!「ジュピター」のSPキットに付属していたキットから独立しましたね。こういった販売は大歓迎です。2隻で1500円ボックスアートが楽しみです。アオシマ「日本海軍潜水艦伊156」1/700

  • 日本海軍「祥賀」1/700

    ん?「祥鳳」?いや違う「祥賀」です。日本海軍の秘密兵器か!以前にもボックスアートの紹介をしました「祥賀」です。ボックスアートは完全にタミヤさんの「翔鶴」をパクっています。ただ、煙突が「赤城」の大型煙突に変更は過去にも書いた通り。メーカーのロゴも★マークが少しくずれて人になって赤と青の色使いでなんとなくタミヤさん箱の裏も、パクリのオンパレードです。でも、日本のプラモデルも海外のパクリからスタートした事を思うと、真似をされるくらい優秀な商品に成長してきたという証ですね。次回は、驚きの中身を紹介したいと思います。日本海軍「祥賀」1/700

  • スノーマンモデル「アメリカ チャールストン海軍造船所 第一号ドック」1/700

    スノーマンモデルさんの、チャールストン海軍造船所第一号ドックの販売発表がされてすぐに予約したのが、1月30日。この時の発売予定が3月~4月となっていましたが、その後6月になり、いまだ商品は届いていません。これも、コロナの影響なんでしょうかね。以前にも、タカラトミーさんのストラクチャーが予約してから1年近くたってから結局販売中止になりキャンセルになった事もあり、CV65エンタープライズも発表されてから中止になったりと色々なケースがありました。忘れたころに届くとサプライズ!的な嬉しさがプラスされて喜びも増える事を願ってまちましょう!スノーマンモデル「アメリカチャールストン海軍造船所第一号ドック」1/700

  • 歴代ウォーターラインガイドブック

    歴代のウォーターラインガイドブックを並べて見ました。デザイン的には、5種類と思っていいですが、6種類として並べてみました上段の真ん中と右は、フジミさんが脱退し、内容が改定されたもので表紙はほぼ同じですが、微妙に色は違っています(これが、色あせなのか印刷の違いなのかは不明です)もっと細かく見ると、初版も艦名の訂正で2版出ています。並べて見ると、渋めの色でスタートして、徐々に明るいイメージになっています。1=1976年5月=上左=7年2=1983年6月=上中=13年3=1996年12月=上右=5年4=2001年5月=下左=10年5=2011年12月=下中=8年6=2019年11月=下右最新ガイドブックの発行日がわからないのですが、タミヤさんのホームページに「情報は2019年11月27日時点のものです」と書かれていま...歴代ウォーターラインガイドブック

  • 順調

    部品を付けれどなかなか見栄えの良くならなかった「あぶくま・じんつう」しかしマストを付ければ護衛艦らしくかっこよくなりました。このマストの作りにくい事。アドバイスとしては、マスト単体で組み上げない事です。艦橋の基部に接着してからトラストを挟んだほうが作りやすかったです。単体で作る時に、トラストがなかなかつかなくて、落下して紛失。探すのが意外と時間かかりました。順調

  • 最強のプラモ環境を目指して~古民家リノベーション~

    部屋どころか家一軒とは凄い!うらやましい!最強のプラモ環境を目指して~古民家リノベーション~

  • ガイドブックへ込めた思い?

    9年ぶりに表紙の色を変えてマイナーチェンジしたウォーターラインガイドブック昨日テレビを見ていて「おやっ」と思った事があった。「ターコイズブルー」はっきり言って自分の人生の中では聞きなれない言葉ですが、なんとこの色が、ウォーターラインガイドブックの表紙の色に近い!というか同じに見えました。忠実な色の再現をウェブやテレビで魅せるのは難しいですが、良く似ている。ターコイズブルーと呼ばれる色の大元は、ターコイズ(トルコ石)日本ジュエリー協会によると、石言葉は「成功」なんだそうだ。この何とも言えない色の表紙にした理由の裏には、こんな思いがこもっていると、勝手に思うと、いい色に見えてきました(笑)ガイドブックへ込めた思い?

  • モデルアート発売

    モデルアート最新号が発売です。今回は、艦船模型が特集されているので買います!モデルアート発売

  • ワールドスケールモデラー

    この域になると職人ですね。凄いです。ワールドスケールモデラー

  • 修行

    まず、部品を手にしたときに、おやっ?と思ったのが、プラスチックの材質です。ハセガワさんのキットのプラ材はとても硬いイメージがあったのですがこのキットは軟らかいです。イメージといっても実際に、「祥鳳」を作った時はめっちゃ硬かった。今回のキットは、タミヤさんを普通、ハセガワさん硬い、フジミさん軟らかいと並べた時にタミヤさんとフジミさんの間くらいの感覚です。箱を開けて、ランナーが多いのは気にはなっていましたが、小さな艦だし簡単に完成かなと思ったがそれは大間違いでした。何しろ、上構造物はすべてが箱組み。一個を作るのに部品が5個必要です。おのずと部品数も増え、ランナーも多くなるはずです。しかも、箱組み部品がAやB、Cなど別々のランナーにまたがって配置されているので、探すのも時間がかかり、作りにくい。船体も例外ではありませ...修行

  • 届きました

    NEWウォーターラインガイドブックが届きました。まずは、ちゃんと青色のガイドブックが届いた事に一安心。ネットで見るより印象のいい青色です。内容は、一言一句同じでした。届きました

  • プラモデル制作専用フルモジュラーシステム ArttyStation(アーティステーション)

    こんな環境がそろえば最高ですね!プラモデル制作専用フルモジュラーシステムArttyStation(アーティステーション)

  • 「丸」発売です

    「丸」最新号が発売です。「丸」発売です

  • NEWウォーターラインガイドブック

    ウォーターラインガイドブックがリニューアルされ・・・と言うか表紙の色が変わりと言った方が正しいかもしれませんが、ざくっとマイナーチェンジですね。色が変わっただけでも欲しいのですが、本屋に行っても売っているわけないし、模型店は近くにないし、プラモデルを売っている大きなお店にあるのかないのか・・・結局、ネットで注文をする事が一番楽なのかもしれません。が、ネットでの注文には一抹の不安があります。表示は最新のガイドブックでも、届いたら過去のガイドブックかー。なんて事を想像してしまいます。こういったたぐいの、「ネット購入がっかりこんなはずでは」は、誰もが経験していると思います。金額は安くても勇気がでませんが、タミヤさんのサイトなら大丈夫でしょう。NEWウォーターラインガイドブック

  • 今朝のニュースで!

    「敵ミサイルを陸で探知、船から迎撃政府が地上イージス代替案」というニュースを目にしました。なるほど!いいアイデアですね。中でも、模型目線から見た一番気になった文面は「退役が計画されている護衛艦もあり、これらにイージス・システムを搭載するか、延命措置をとって海自全体の護衛艦態勢に不足が生じないようにすることも検討する。」と言うところ。「退役が計画されている護衛艦にイージスシステム搭載」とはなかなか興味をそそられます。「しまかぜ」が退役近いです。「しまかぜ」なら、前部のスペースはたっぷりあるので、前部のターターの所に砲塔を移設して、アスロックも取り払って、空いたところにVSLを納めてはどうだろう。模型なら簡単に再現できそうです。ちょっと夢のあるお話しですね。今朝のニュースで!

  • ミリタリー・クラシックス発売

    空母「瑞鳳」「祥鳳」「龍鳳」の特集です。ミリタリー・クラシックス発売

  • 漫画本処分

    「ジパング」「空母いぶき」を本を買い取ってくれるお店に持っていき処分しました。「空母いぶき」は最終巻の13巻も早くも売っちゃいました。前部で50冊超。まあ、一冊、50円としても3000円くらいにはなるだろうと勝手に思っていたらなんとまあ、1880円!明細を見ると、古い巻など5円!いやー厳しいですね。でも、必要で読みたい人の所に行くわけですから良かった良かった。帰りに食事して、車の部品を交換したら当然1880円はあっという間になくなってしまいました。漫画本処分

  • 「あぶくま」「じんつう」建造開始

    ハセガワさんから2004年に発売された「あぶくま」「じんつう」の建造を開始。発売された時は驚いたのなんの。購入してから16年も経っているなんて、信じられない。16年と言えば、生まれた子供が高校生です。ため息しかでません(笑)箱には2隻分のパーツがぎっしり入っていて、学生の頃なら、お買い得ラッキーと思っちゃうかもしれないけど、一隻にして値段を下げてもらった方がありがたいです。2隻で2200円だけど、1隻で1500円でも十分購入者はいると思うんですが、パッケージや組み立て図をそれぞれ作るコストを考えると2隻になってしまうんでしょうね。「あぶくま」「じんつう」建造開始

  • 英・H級駆逐艦・ハーヴェスターH-19・英海軍1943年

    IBGさんから8月末に、英・H級駆逐艦・ハーヴェスターH-19が発売です。アオシマさんと合わせて英国海軍の艦艇のキット化が進んでいますね。全長98.5m・排水量1340トン・蒸気タービン3基2軸・速力36ノット4.7インチMk.IX単装砲4基・4連装魚雷発射管2基・爆雷20個H級駆逐艦。1940年就役しダイナモ作戦などのフランス撤退作戦に従事。その後船団護衛任務に従事。1940年10月アイルランド沖でU32を撃沈。その後地中海方面の作戦に従事。1943年3月10日、U444を撃沈。翌日U432の雷撃で沈没。英・H級駆逐艦・ハーヴェスターH-19・英海軍1943年

  • 届きました

    「1/700港湾アクセサリシリーズ港湾建物セット3」が届きました。7月3日に注文して10日。意外と早く着きました。送料いれて1200円ほどなら、まあ、お買い得だと思います。実物を見の前にすると、やっぱりハードルが高く感じますね。曲げ方を間違えると終わりのイメージ。組み立ては気合が入った時にしようっと届きました

  • 精密プラモデル作りの技

    精密プラモデル作りの技(2007年10月)精密プラモデル作りの技

  • いつの間にかマイナーチェンジ!

    ネットを見ていると鮮やかな色のウォーターラインガイドブックを発見!なんだこの色!?パープルの表紙が最新のガイドブックだったので色調整のミスでインターネットに載っているのかと思い、タミヤさんのホームページをチェック。なんと、全く同じものが掲載されていて、初めてマイナーチェンジをしたことに気が付きました。パープルの表紙は販売期間が短かったですね。購入をしていないので内容は定かではありませんが、多分、全く同じもので表紙の色が変わっただけだと思います。これで、細かいマイナーチェンジを除くと、5回目になりますね。何とも言葉で表現しにくい色ですが、手に取りやすいイメージのある色ですね。いつの間にかマイナーチェンジ!

  • 空母いぶき最終巻

    「空母いぶき」の最終巻が発売されていました。12巻が出てから、なかなか発売されないなと思っていましたが、出勤前に即購入し通勤中に読破してしまいました。空母いぶき最終巻

  • フェニックスモデル「乾ドックベース 」1/700

    フェニックスモデルさんから「乾ドックベース」1/700が2種類8月に発売です。このようなストラクチャー系の新製品は大歓迎です。両方の商品とも、大きさは50センチ×25センチです。結構大きいですね。「信濃」でも余裕で入渠できます。しかし、見た感じ浅いな・・・いやここは目つむりましょう。最大の問題は1万超えは痛いところです。ベースが発売されたので、これからクレーンなど周辺のキットの発売に期待したいと思います。フェニックスモデル「乾ドックベース」1/700

  • 「ランボー」見た

    「ランボー」見てきました。席も一席おきだしゆったりみられて詳しい事は書きませんが、ランボー怒ってたなー!!相手は兵士でもなく、戦闘では素人さんなんで殺されまくり!ランボーの手にかかればちょちょいのちょいですね。映画を観終わった後に家に帰って「ランボー4」の特典DVDを見ました。なんとそこには、今回の映画のストーリーが「ランボー4」のストーリーとして候補になっていたことがわかりました。残念ながら、その時は採用されなかったようです。ランボーシリーズでは、自分の中では2が一番面白かったですね。その次は1かな。ランボー3は、先行上映で見ました。仕事を終え原付で映画館までかっ飛ばして行き、館内に入ってすぐに、スタローンが、海岸を走るシーンが!おおっ!もう始まったかとワクワクしていると「伊藤ハムおいしい」とスタローン。ただ...「ランボー」見た

  • モデリウム「水船」1/700

    モデリウムさんの3Dレジンキットの「水船」が完成完成といっても部品を3個付けるだけです。レジンキットで必ず行わないといけないのが、キットの洗浄。ゴシゴシすると、部品を割ってしまいそうなので、洗剤で優しく洗って組み立て開始。インジェクションキットとちがい、部品は平面だけでゲートに支えられていないのです。下からのゲートもあり、普段と違う3Dキットである事を感じます。「パキッ!」やってしもうた・・・結構パーツは硬くてゲートから切り離す順序を考えないといけません。まずは下のゲートを切り離す方がいい感じがします。同じくモデリウムさんのタグボートで余っていたタイヤを舷側に接着して完成です。艦番号は31になっていますが、21にしたかった。しかし、2のデカールが足りず3でごまかしました。塗装は「しもきた」で使って余っていたタミ...モデリウム「水船」1/700

  • 「すずつき」航行

    プリンツオイゲンに続いて今度は、「すずつき」を走らせてみました。自衛艦なら、青空は似合いますね!ローアングルからの写真は手抜きし放題で迫力も出るので一石二鳥です。ちょっとした撮影で、キットに命が宿った気がします。「すずつき」航行

カテゴリー一覧
商用