searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

家庭教育推進協会さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

不登校対応方法や引きこもり問題などに関わるお堅い話から、はたまた、どうでもいいような日常を不定期に書き綴るブログです。

ブログタイトル
家庭教育推進協会プラス
ブログURL
https://www.fepa.or.jp/blog/
ブログ紹介文
不登校対応の指導、親のためのカウンセリングなどを行う家庭教育推進協会スタッフがつづるブログ
更新頻度(1年)

23回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2015/11/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、家庭教育推進協会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
家庭教育推進協会さん
ブログタイトル
家庭教育推進協会プラス
更新頻度
23回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
家庭教育推進協会プラス

家庭教育推進協会さんの新着記事

1件〜30件

  • 今年、高校生、私立中学の不登校が不利な条件とは。

    2020/9/26今年はコロナ休校によって不登校や行きしぶりの子が例年より増加しています。特に私立中学や高校生の場合は出席日数の分母(年間登校日数)が休校により減少しています。つまり最低限進級に必要な出席日数が少ないということです。子どもや学校の先生に任せるのではなく、親御さんが学校に直接確認しましょう。

  • 学校に行かなくて良い?選択登校性になった子どもに教えること

    不登校、引きこもりの支援をしている家庭教育推進協会です。コロナウイルス感染予防として寝屋川市で選択登校性という制度が実施されています。学校に行かなくても欠席にならず、オンライン授業で参加するというものです。子どもが学校へ行かなくなったら、学校で自然と身につく社会性を家庭内で親が補わなければいけません。失敗体験や成功体験など親に教えられる限界はあると思いますが、過干渉や過保護をせず、自立を促す対応を家庭教育で学びましょう。

  • 夏休みは子どもへの過干渉が増加!

    不登校や引きこもりの支援をしている家庭教育推進協会です。コロナによって夏休みが短くなり子どもたちも外出せず家で過ごす時間が増えます。夏休みは過保護・過干渉が増えるので親の対応に注意して過ごしましょう。昼夜逆転、ゲーム依存、勉強をしない、これらの考え方や対応を参考にしてみて下さい。家庭教育推進協会では不登校の悩みを初回無料でカウンセリングしています。不登校の情報交流サイト【不登校~復学を目指す親の会】も紹介しています。

  • 子育てはスモールゴールが成長の鍵。

    不登校、登校渋りの支援をしている家庭教育推進協会です。子どもの自立を伸ばしたいと考えていてもなかなか自立の道は遠いものです。大きな目標達成にはスモールステップやスモールゴールなど小さな目標を設定して大きな目標を達成しましょう。不登校の場合もこのスモールゴールを使って復学を目指します。先生に会う、教科書を見る、朝起きるなど、できることからスタートして成功体験を積み重ね、モチベーションを保ちましょう。

  • 子育てはスモールゴールが成長の鍵。

    不登校、登校渋りの支援をしている家庭教育推進協会です。子どもの自立を伸ばしたいと考えていてもなかなか自立の道は遠いものです。大きな目標達成にはスモールステップやスモールゴールなど小さな目標を設定して大きな目標を達成しましょう。不登校の場合もこのスモールゴールを使って復学を目指します。先生に会う、教科書を見る、朝起きるなど、できることからスタートして成功体験を積み重ね、モチベーションを保ちましょう。

  • 子どものコロナウイルス感染予防には、歯磨きの習慣化!

    不登校・登校渋り支援をしています。家庭教育推進協会です。今回はコロナウイルス感染予防に効果があると言われている歯磨きについてご紹介。口の中の細菌は5時間で1000倍になると言われています。コロナウイルスも唾液に多く含まれ、感染初期から30日間はウイルスが唾液として吐き出されるそうです。歯磨きの習慣化はコロナウイルス感染予防似効果があると言えるのではないでしょうか。この機会に親子で歯磨きの習慣化を見直しましょう。

  • 休校中のスマホ依存

    不登校の原因とも言われるスマホ依存ですが、コロナ休校による長期休み、外出自粛などで今年は増加傾向にあります。なぜスマホ依存が起きるのか?スマホ依存にはつながり依存とコンテンツ依存があり、どちらも依存してしまう要素があります。これらの依存は子供のみに関わらず、私達大人にも依存を引き起こします。スマホやネットゲームを悪いことと考えるのではなく、親として現代の社会に柔軟に対応して子育てをしていきましょう。

  • 中学生に不登校が多い理由とは?

    不登校や引きこもりは小学生より中学生が何倍も多くなります。その理由には新しい環境に適応できずに起こるとされている中1ギャップ、中学2年の精神状態、中学3年生の受験期、など様々です。子どもが反抗期になるのは親から自立しようとしているからです。思春期のそのタイミングで過干渉過保護をせず、自立しようとする子どもを見守りましょう。家庭教育推進協会では不登校や引きこもりの無料の電話カウンセリングを行っております。

  • 休校明け、「学校に行きたくない」子どもの対応

    不登校や登校渋りは全国で増加傾向にあります。今回コロナウイルスの影響で休校が長引き、学校に行くという事が面倒になった子供が増えると想定すると不登校増加率も増えると考えます。最近ではメンタルが弱くいろいろな事に過敏になる子供が増えています。そのような子には無理に行かせようとせず、安心と安全が確保されてからの登校でも良いでしょう。生活リズムが乱れ、もっとゲームをしていたいなどわがままな理由で登校拒否をしていたら家庭内で気持ちを切り替えさせて登校を促しましょう。

  • 新型コロナが家庭も崩壊させる!?今できる家庭教育の実践。

    不登校、引きこもりの専門機関家庭教育推進協会です。コロナ休校と在宅勤務によって親子で過ごす時間が増え、親子のトラブルが増加しています。家庭内暴力は親から子だけでなく、子から親の暴力も増加しています。完璧な親はいません不登校解決のためにも家庭教育を学び、過保護過干渉を控え正しい親の対応を学びましょう家庭教育推進協会では臨床経験豊富なカウンセラーが無料で相談をお受けいたします。初回電話カウンセリングは無料です

  • 新年度に不登校解決を目指そう!

    不登校や引きこもりで悩む親御さんに新年度からの復学のポイントをご紹介します。まず1つ目は生活利ずくの改善です。学校へ行くことになればしっかりとした生活リズムが必要です。2つ目は学校の準備です。制服や体操服などサイズが変わっていることもよくあります。注文が必要なものは早めに準備しましょう。3つ目は勉強面です。不登校で勉強に不安がある場合はこの休み中に少しづづでも取り返しましょう。家庭教育推進協会は不登校解決のアドバイスをしています。無料カウンセリングを御料下さい。

  • 責任感のある子を育てよう

    不登校や引きこもりになる親の特徴には、過保護過干渉があります。 子どもに失敗させず親が先回りをしてやってしまう事で子供が失敗の経験をせず、反省も責任も持たない子になってしまうかもしれません。親にゲームを取り上げられ二度と学校に行かないと怒る子どもは学校を自分の問題としてとらえていないかもしれません。不登校専門のカウンセラーや家庭教育相談士に相談してみませんか家庭教育推進協会の電話カウンセリングは初回無料です。

  • 子どもが「嫌だ」と感じた時が自立のチャンス

    不登校や引きこもりには自立が足りないと言われていますが、当人だけの問題だけでしょうか?不登校、引きこもりの子達の育ち方に要因があるかもしれません。親の育て方で最近問題視されているのは、過干渉・過保護です。子どもが失敗すは前に手出し口出しし、失敗の経験や失敗からの成長の経験を奪ってしまうと言われています。問題が起きた時、子どもが嫌な経験や困った時こそ、見守り、本人に乗り越えさせるチャンスかもしれませんよ。

  • 親の過保護・過干渉 子どもとの会話添削例(登校前)

    不登校、引きこもり支援専門の家庭教育推進協会です。不登校、引きこもりの親によくみられる過保護・過干渉について紹介します。朝の会話例をチエックし、修正してみましょう。この会話は朝の登校前によくみられる会話です。中学生、女子とその母親の会話です。子どもをコントロールしたいという親の気持ちが過保護・過干渉につながっていることがよくわかります。これらの会話に注意しながら子育てをしていきましょう。無料電話カウンセリングも実施しています。

  • 新年のご挨拶

    新年明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。 昨年はラグビーワールドカップで日本中が熱狂しましたね! 協会代表、訪問カウンセラー阿部先生には昨年もたくさんのナイストライを決めていただきました(笑)

  • 年末年始のお知らせ

    皆さんこんばんは!家庭教育推進協会です。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 今週で2学期の終業式を迎える学校が多いと思います。 子ども達には待ちに待った冬休みですね! 夏休みに比べるとお休みの期間が短いですが、家庭での会話も増える時です。

  • 2019家庭教育相談士【東京】

    不登校や引きこもりに悩む方の支えとして活動を期待されている家庭教育相談士、今年も大阪に続き東京で養成講座が開催されました!心理学から実践のロールプレイまで、家庭教育の学びがたくさん詰まった講座です。不登校児をもつ親が集まる懇親会では、不登校支援の先生を囲み、子育ての悩みやアドバイスをもらい今後の子育てに自信を持って対応できる事ができると感想ももらっています。家庭教育相談士は1年に1度なので今回参加出来なかった方は来年お会いしましょう!

  • 2019家庭教育相談士養成講座【大阪】

    不登校、引きこもりの要因には家庭内のバランスが崩れていると言われています。子どもの不登校に悩んでいる場合は、家庭の見直しをしてみて下さい。家庭の力が低下していませんか?家庭教育を学び子育てや不登校の解決に役立てて下さい。 今回は大阪での家庭教育相談士養成講座報告です。家庭教育相談士養成講座は家庭教育相談士を目指す方、家庭教育を学びたいという方、家庭教育に興味を持っている方が受講されます。

  • 不登校を乗り越えた親御さんの会報記事20号

    皆さんこんにちは、今年も残り2ヶ月を切りました。このブログを見ている方は子育てや不登校の対応に悩んでおられる方ばかりでしょう。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 お子さんが不登校や行き渋りになった場合どうしたら良いのか?家庭でできる対応【家庭教育】という考え方があります。

  • 20191年、家庭教育相談士養成講座のお知らせ

    不登校でお悩みの親御さんが学ぶ家庭教育の基礎知識、実践スキルを1日で取得できる家庭教育相談士養成講座が開催されます。11月23日大阪、11月30日東京です。多様性の時代になり、子育ては親が自ら学び、養育していかなければなりません。不登校のスペシャリストが分かりやすく家庭内対応を教えてくれます。この機会に参加し、子育てに自信を持ってください。

  • 第10回子育て整体セミナー報告

    不登校になったら選ぶ選択肢というテーマで子育て整体セミナーを開催しました。前半は子育てに疲れを感じるお母さんを応援する為、セルフケアの紹介です。足つぼで自律神経を整えて子育てを楽にしましょう。 後半は家庭教育のお話です。子どもが不登校になった時に親が考える選択肢を紹介、フリースクールや保健室登校、留学や転校、あまり知られていない復学支援についても紹介しました。不登校になったら学校を諦め、違う選択肢を取るのも1つの方法です。

  • 高校生の不登校、増える原因と親対応

    皆さんこんにちは。 しばらく間が空いてしまいましたね。 今回は最近相談が多い高校生の不登校について知っておくべき原因と対応を紹介します。 高校生の不登校は支援が難しく相談機関も少ないのが現状です。 高校生の不登校解決にはいくつかの壁があります。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 壁その①義務教育の終了

  • 2019家庭教育セミナー【大阪】報告

    不登校対応の訪問カウンセリングはとても効果的な支援ですが、子育ての基本は家庭内の対応です。大阪で開催された家庭教育セミナーでは子どもの社会人基礎力を高める「家庭教育」をしっかり学ぶ事が大切だと講師の先生がおっしゃっていました。過保護・過干渉をせず、先読みして親の気持ちを押し付ける子育て(最近は毒親と呼ばれています)にならない様、親も学ぶ必要があります。「家庭教育」を学び家庭に笑顔を取り戻しましょう。

  • 2019家庭教育セミナー【東京】報告

    皆さんこんにちは、名ばかりの事務局長坂下です。 2019家庭教育セミナーが開催されました。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 今回で20回目の開催です。 第1部の講師は家庭教育推進協会の訪問カウンセラー阿部先生です。

  • 訪問カウンセリングについての質問コーナー

    皆さんこんにちは、家庭教育推進協会です。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 新学期が始まり、1週間が過ぎようとしています。 今週は新学期の不登校が多いからか、訪問カウンセラー派遣についての問い合わせを多くいただいております。

  • 新学期の再登校!不登校の親がしてはいけない対応とは?

    不登校の親がしてはいけない対応を家庭教育の視点からご紹介します。家庭教育の視点から学校の問題は親の問題ではなく、子どもの問題としてとらえさせましょう。今回のブログでは、再投稿の際に注意する4つの点があります。①起こし方②朝ごはん③学校の準備④送り出し、この4つを不登校専門のカウンセラーが家庭教育の視点から詳しく解説しています。夏休みが終わるこのタイミングで、4つの間違った対応をしないように心がけましょう。

  • 子育ては友達親子に気をつけて

    みなさん、こんにちは。 家庭教育推進協会理事の佐藤です。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 さて、今回は家庭教育において持っておきたい考え方をご紹介したいと思います。

  • 2019年家庭教育セミナーのお知らせ

    2019年9月に東京、大阪で家庭教育セミナーを開催します。 毎年開催されている家庭教育セミナーですが、今回は不登校の訪問カウンセリングを年間200~300件こなす家庭教育推進協会のカウンセラー阿部先生と、坂下先生の最強コンビが講師です。第1部は【不登校を支える訪問カウンセリングの現状】というテーマで阿部先生が、第2部は【多様性の時代を家庭教育の視点から考える】というテーマで坂下先生が皆さんにお話しします

  • 不登校の子は素直になれない?叱ると謝れない子が多い心理と親の対応

    皆さんこんにちは、家庭教育推進協会です。 電話カウンセリング、訪問カウンセリングの場でも「小さい頃から叱られた時にごめんなさいと言えた事がないんです」と申し訳なさそうにおっしゃる親御さんがいます。 皆さんのお子さんはどうでしょうか? 注意した時に謝罪、反省をしっかりさせられているでしょうか?

  • 第9回子育て整体セミナー報告

    皆さんこんにちは、家庭教育推進協会です。 6月25日に名古屋市緑区にある【ほのぼの整体院と〜たす】で子育て整体セミナーを開催しました! ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 子育てで疲れたお母さんを応援する整体院の先生とのコラボセミナーです。

カテゴリー一覧
商用