家庭教育推進協会プラス
読者になる
住所
出身
ハンドル名
家庭教育推進協会さん
ブログタイトル
家庭教育推進協会プラス
ブログURL
https://www.fepa.or.jp/blog/
ブログ紹介文
不登校対応の指導、親のためのカウンセリングなどを行う家庭教育推進協会スタッフがつづるブログ
自由文
不登校対応方法や引きこもり問題などに関わるお堅い話から、はたまた、どうでもいいような日常を不定期に書き綴るブログです。
更新頻度(1年)

26回 / 304日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2015/11/17

家庭教育推進協会さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 12,920位 13,823位 16,804位 33,718位 37,301位 33,375位 33,356位 975,624サイト
INポイント 10 30 80 10 0 10 0 140/週
OUTポイント 30 160 130 10 0 10 30 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 257位 279位 354位 901位 1,111位 895位 883位 64,819サイト
不登校・ひきこもり育児 19位 21位 23位 41位 51位 40位 40位 497サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 19,024位 21,041位 28,164位 43,240位 41,005位 33,974位 31,817位 975,624サイト
INポイント 10 30 80 10 0 10 0 140/週
OUTポイント 30 160 130 10 0 10 30 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 573位 653位 953位 1,572位 1,480位 1,191位 1,119位 64,819サイト
不登校・ひきこもり育児 32位 33位 43位 68位 67位 53位 51位 497サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,624サイト
INポイント 10 30 80 10 0 10 0 140/週
OUTポイント 30 160 130 10 0 10 30 370/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,819サイト
不登校・ひきこもり育児 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 497サイト

家庭教育推進協会さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、家庭教育推進協会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
家庭教育推進協会さん
ブログタイトル
家庭教育推進協会プラス
更新頻度
26回 / 304日(平均0.6回/週)
読者になる
家庭教育推進協会プラス
  • 高校生の不登校、増える原因と親対応

    皆さんこんにちは。 しばらく間が空いてしまいましたね。 今回は最近相談が多い高校生の不登校について知っておくべき原因と対応を紹介します。 高校生の不登校は支援が難しく相談機関も少ないのが現状です。 高校生の不登校解決にはいくつかの壁があります。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 壁その①義務教育の終了

  • 2019家庭教育セミナー【大阪】報告

    不登校対応の訪問カウンセリングはとても効果的な支援ですが、子育ての基本は家庭内の対応です。大阪で開催された家庭教育セミナーでは子どもの社会人基礎力を高める「家庭教育」をしっかり学ぶ事が大切だと講師の先生がおっしゃっていました。過保護・過干渉をせず、先読みして親の気持ちを押し付ける子育て(最近は毒親と呼ばれています)にならない様、親も学ぶ必要があります。「家庭教育」を学び家庭に笑顔を取り戻しましょう。

  • 2019家庭教育セミナー【東京】報告

    皆さんこんにちは、名ばかりの事務局長坂下です。 2019家庭教育セミナーが開催されました。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 今回で20回目の開催です。 第1部の講師は家庭教育推進協会の訪問カウンセラー阿部先生です。

  • 訪問カウンセリングについての質問コーナー

    皆さんこんにちは、家庭教育推進協会です。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 新学期が始まり、1週間が過ぎようとしています。 今週は新学期の不登校が多いからか、訪問カウンセラー派遣についての問い合わせを多くいただいております。

  • 新学期の再登校!不登校の親がしてはいけない対応とは?

    不登校の親がしてはいけない対応を家庭教育の視点からご紹介します。家庭教育の視点から学校の問題は親の問題ではなく、子どもの問題としてとらえさせましょう。今回のブログでは、再投稿の際に注意する4つの点があります。①起こし方②朝ごはん③学校の準備④送り出し、この4つを不登校専門のカウンセラーが家庭教育の視点から詳しく解説しています。夏休みが終わるこのタイミングで、4つの間違った対応をしないように心がけましょう。

  • 子育ては友達親子に気をつけて

    みなさん、こんにちは。 家庭教育推進協会理事の佐藤です。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 さて、今回は家庭教育において持っておきたい考え方をご紹介したいと思います。

  • 2019年家庭教育セミナーのお知らせ

    2019年9月に東京、大阪で家庭教育セミナーを開催します。 毎年開催されている家庭教育セミナーですが、今回は不登校の訪問カウンセリングを年間200~300件こなす家庭教育推進協会のカウンセラー阿部先生と、坂下先生の最強コンビが講師です。第1部は【不登校を支える訪問カウンセリングの現状】というテーマで阿部先生が、第2部は【多様性の時代を家庭教育の視点から考える】というテーマで坂下先生が皆さんにお話しします

  • 不登校の子は素直になれない?叱ると謝れない子が多い心理と親の対応

    皆さんこんにちは、家庭教育推進協会です。 電話カウンセリング、訪問カウンセリングの場でも「小さい頃から叱られた時にごめんなさいと言えた事がないんです」と申し訳なさそうにおっしゃる親御さんがいます。 皆さんのお子さんはどうでしょうか? 注意した時に謝罪、反省をしっかりさせられているでしょうか?

  • 第9回子育て整体セミナー報告

    皆さんこんにちは、家庭教育推進協会です。 6月25日に名古屋市緑区にある【ほのぼの整体院と〜たす】で子育て整体セミナーを開催しました! ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 子育てで疲れたお母さんを応援する整体院の先生とのコラボセミナーです。

  • 高校生の不登校に気をつけろ!高校生はここが違う!

    高校生の不登校は大変です。中学生のの不登校とは違い、欠席日数が多くなるほど留年の可能性が高まるからです。不登校を中学生の時から経験し、その状態が続いている場合は「根もち」の可能性があります。過去の不登校をしっかり解決できないまま高校生になっても同じことを繰り返してしまいます。高校生で不登校になってしまったらどうしたらよいのか?しっかり欠席日数と結果時数を把握しましょう。担任の先生からの警告を待っていては手遅れになるかもしれません。

  • 子どもの短所を長所に変えるテクニック

    皆さんこんにちは、不登校・引きこもりを支援する家庭教育推進協会です。 ←ランキング応援お願い致します。 にほんブログ村 今回は子どもの長所を短所に変えるテクニックをご紹介します。 家庭教育相談士養成講座でも人気が高い【リフレーミング】というテクニックです。 【リフレーミングとは?】

  • 2019子育て整体セミナー 春

    不登校カウンセラーと整体のコラボ!子育て整体セミナー2019春開催のお知らせです。 年二回開催している子育て整体セミナーです。不登校専門カウンセラー坂下先生と名古屋市緑区の子育て応援整体院と〜たすの院長坂本先生のコラボ企画は毎年大盛況! 笑いあり、学びあり、身体はスッキリ!心も体も癒します! 疲れたお母さんの為に自分でできるセルフストレッチや足つぼをご紹介しています!名古屋にお住いの方は是非参加して下さい!

  • 家庭教育は親の考え方から

    不登校や引きこもりの家庭において親の考え方というのは大きな影響があります。幼児期からの子育てはその家庭によって様々です。親の対応でよくないと言われているのは指示、命令、提案です。これをしてしまう事で子どもの考える力や自立が失われてしまうと言われています。親の考え方を押し付けすぎると反発も出ますし、答えがすぐ出てきてしまえば考えることもなくなり、不登校や引きこもりになってしまう事も少なくありません。

  • 不登校会報誌PLUS・YEEL19より親の声

    不登校専門カウンセラー達が作り上げる不登校専門会報誌『PLUS・YEEL』のご紹介です。今回ご紹介するのは不登校を解決した親御さんの記事「つみかさね」です。実際に不登校を経験しその後家庭教育と出会い復学を果たすまでの経緯と、復学後の状況を記事にしていただきました。この記事は不登校を乗り越えたお母さんから、今子どもの不登校で悩む親御さんへのエールになればと書いていただいてるものです。この記事が不登校解決のきっかけになればとスタッフ一同願っております。

  • 大阪公演『今子どもの不登校で悩んでいるあなたへ』出版記念講演会

    4月に東京、名古屋、大阪と3都市で開催された不登校復学専門カウンセラー上野剛先生の2冊目の著書『今子どもの不登校で悩んでいるあなたへ』の出版記念講演会が大阪上本町で開催されました。不登校に悩む親は子どもにどう対応していったらよいのか?1000人以上の不登校を解決し復学へ導いた上野先生が家庭でするべき教育論を1冊の本にまとめました。不登校で悩む親御さん、先生、に復学支援という方法を知ってほしいというのが上野先生の願いです。

  • 『今、子どもの不登校で悩んでいるあなたへ』出版記念講演会in名古屋

    今不登校の子どもで悩んでいるあなたへの無料出版記念講演会が名古屋で開催されました。東京、大阪、名古屋で開催されている出版記念講演会ですが、この講演会で上野先生が伝えたいことは、家庭教育や復学支援という学校へ戻るという選択肢を知ってもらいたい。という事です。不登校には様々な対応があり、動けない子どもにどう対応するかは親の決断にかかっているといっても過言ではないでしょう。復学という選択肢、家庭教育を学びましょう。

  • 『今子どもの不登校で悩んでいるあなたへ』出版記念講演会in東京

    不登校の子どもを1000人以上復学に導いた不登校専門のカウンセラー上野剛先生の著書、「今子どもの不登校で悩んでるあなたへ」出版記念講演会が4/6東京で開催されました。今回の講演会は無料だったのでたくさんの方が参加してくださりました。家庭教育とは勉強だけではない社会性や協調性を身につけさせるものです。家庭教育推進協会認定の家庭教育相談士による相談会や、不登校児の親御さんが集まる懇親会を開催し、大いに盛り上がりました。

  • ペアレンツキャンプ出版記念講演会パーティ報告

    先日ペアレンツキャンプ10周年&ペアレンツキャンプ代表の水野先生の出版記念講演会に参加しました。盛大なパーティの乾杯挨拶を務めたのは水野先生の先輩でもある家庭教育推進協会代表理事上野先生です。これまでのユーモアを交え水野先生とペアレンツキャンプのさらなる発展と参加者の皆さんのご健闘とご活躍を記念し声高らかに乾杯されました。

  • ルールを守らない子ども、守らせられない親の特徴

    不登校や登校拒否の子どもの特徴には家庭内のルールが守れないという事があります。ルールが守れない子の特徴には、わがまま、子ども上位、ごめんなさいと言えない、我慢ができない、発達障がいを持っているなどの特徴があります。上記の特徴に加えて親側のルール設定にも、ルールが厳しすぎる、日によってルールを変更するなどの問題がある場合があります。

  • 2019出版記念講演会のお知らせ

    不登校、登校拒否に悩む親御さん必見!1000人以上の不登校児を復学に導いた不登校専門カウンセラー上野剛の2冊目の著書、「今、子どもの不登校で悩んでいるあなたへ」が出版されます。出版を記念して4月に東京、名古屋、大阪で無料出版記念講演会を開催します。どなた様でも参加できますので、不登校でお悩みの方は当協会HPお申込みフォームよりお申し込みください。講演会後には無料相談課も実施します。

  • 不登校専門カウンセラーがおすすめする親の対応~アイメッセージ編~

    不登校や登校渋りでお困りの方、親子でのコミュニケーションが本当に取れていますか?子供に対してイライラしたりおこったりしてしまう背景には、しっかりと伝えたいことが伝えられていない可能性があります。今回不登校専門のカウンセラーがおすすめする会話テクニックはアイメッセージです。アイメッセージとは相手の行動や考え方に対して命令や

  • 不登校専門カウンセラーがおすすめする親の対応〜アクティブリスニング編〜

    子育ての悩みで多いのが子どもとのコミニュケーションです。子どもとのコミュニケーションで大切と言われている傾聴、聴き方について不登校専門のカウンセラーが使うテクニックをご紹介いたします。具体的な方法は、①子どもの言ったことを繰り返す②タイミングに応じて要約する③子どもの気持ちを組む④以上3点により、共感的に理解する。こういった聴き方をすることで「言おう言おう」とせずに「聴こう聴こう」という姿勢を見せられることになります。

  • 学校は子どもの問題か?親の問題か?②

    皆さんこんにちは、家庭教育推進協会坂下です! ポチっと押してブログ応援お願いします!→ にほんブログ村 前回、学校の問題は「親」の問題ではなく、「子ども」の問題と捉えましょう。と問題所有についての考え方を書きましたが、その続きです。 親が細かく、全ての準備を手伝っても子どもが学校に行けない場合、何が問題なのか?

  • 学校は子どもの問題か?親の問題か?

    三学期が始まり家庭教育推進協会のカウンセラーも忙しく復学支援をスタートしています。この時期の不登校の子供は4月から学校絵戻りたいと話します。この時期に学校へ戻っても居場所がないと感じ、クラス替えのある4月から復学したいと感じるようです。4月からの復学を目標とする場合、新学期までに準備をしたいですね。しかし、学校の準備すべてを親がしてしまうと、子どもが頑張って学校に戻ったのか、親が頑張って学校に戻ったのかわからなくなってしまいます。

  • 新年のご挨拶

    あけましておめでとうございます。 家庭教育推進協会は今年で10年目を迎えます。 平成の終わりと新たな時代へ向けた準備の年、家庭教育の推進に向けて家庭教育推進協会スッタッフ一同精進してまいります。 新しい年を迎えるにあたり、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げますと共に、今年も善き1年でありますようにご挨拶申し上げます。

  • 子どもとお年玉の使い道について考えよう

    不登校、登校拒否の専門カウンセラーをしている坂下です。 冬休みに入り、お年玉の使い方を子どもに聞くと、お年玉を使わせてくれない、お年玉をゲームに使うなど、家庭によってお年玉の使い道は様々あると感じました。家庭教育推進協会がおススメするお年玉の渡し方は、全て貯金、全て渡す、ではなく、一部のみ渡し残りは貯金するというやり方です。家庭教育的目線では「好きに使えるお金」と「今後の為に貯金するお金」を分けて考える事でお金の勉強にも繋がると考えます。

カテゴリー一覧
商用