searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

お散歩うさぎさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

季節の物を俳画に描き、京都を中心に季節の移り変わりや行事・イベントを写真で紹介し、神社仏閣の歴史も一緒に紹介しています。

ブログタイトル
お散歩うさぎさん《京都・色々》
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/matikado/
ブログ紹介文
季節の俳画をアップして、京都を中心に散策、行事・イベントを写真で紹介しています。
ブログ村参加
2015/11/15
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、お散歩うさぎさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
お散歩うさぎさんさん
ブログタイトル
お散歩うさぎさん《京都・色々》
フォロー
お散歩うさぎさん《京都・色々》

お散歩うさぎさんさんの新着記事

1件〜30件

  • お堂からお堂へ 伽藍は広い! 永観堂(京都)

    ​​​​ 古方丈前の中庭です。 釈迦堂の前に勅使門 釈迦堂の横の庭園には 珍しい灯籠が・・・。 高麗灯籠 400年以前に韓国から 渡来した珍しい灯籠です。 灯籠の宝

  • 永観堂(京都)の紅葉 早すぎた!

    ​​​​​​​ 南禅寺を経て 哲学の道へ行こうと 出かけたが 途中の永観堂へ 寄ってしまった。 来るのが早かったかなぁ と思いましたが 入っちゃいましたぁ。 人が並んでいなかったのも

  • 静寂の中に青龍社 京都・安祥寺

    十一面観音菩薩 ​​​​​​​​​ 吉祥山寶塔院 安祥寺 京都・山科の疎水を渡ると 山を背に寺院があります。 通常は非公開ですが 2019年より年に春と秋に 特別公開されるようです。 安祥寺の しおり

  • 希望の灯り 京都・安祥寺

    ​​​​ JR東海の 「そうだ京都、行こう」の キャンペーンの一環で 開催された 「ひかりの京都」です。 JR東海さんのHPによると 京都の皆さんと 共に歩んできたJR東海は 「京都が元気を取り戻す日」と 「

  • 弁財天のご利益は・・・ 長浜・竹生島へ 一泊旅行

    ​ 弁財天 ​​​​​​​​​​​ 165段の石段を上がり 宝厳寺へお参りして 三重塔を経て 観音堂まで 下りてくるのですが・・・ 帰りの船に 乗り遅れないように ひたすら本堂を目指して 上りま

  • 伝説とパワースポットの島・竹生島 一泊旅行の二日目

    ​​​​​​​​​ 長浜・竹生島への一泊旅行は 2日目も良いお天気でした 長浜城も爽やかです。 ホテルを後にして 観光船のりばへ向かいます。 10時10分発~ 竹生島着10

  • 人気の黒壁スクエアへ 歴史の町・長浜を歩く

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ 地ビール 長浜浪漫ビール どんな味でしょうね。 夕食時に 飲めたら良いのですが・・・、 無かったです。 舟板塀 船に使われていた板を 塀や土蔵に使われて

  • 長浜の歴史を学ぶ! 親睦一泊旅行・長浜へ

    長浜市の散策して一泊 翌日は竹生島へ 関西圏ならバスで行くより 電車で行く方が便利な場所です。 改札を出て左に伊吹山 長浜駅に13時15分集合 観光ガイドさんがお二人 最近は便利

  • 難しいけど撮る! 近江八幡・八幡堀めぐり

    八幡堀めぐりは 日牟禮(ひむれ)八幡宮→ 新町通→ 赤煉瓦工場跡まで行って 戻ってくる約35分のコースです。 今回は写真を撮るのが目的で 過去に八幡堀めぐりの船は 乗りました。 今回は乗っていませんが

  • 堀と橋が魅力的! 近江八幡・八幡堀

    あきんどの道 商業の町として発展してきた 近江八幡市 過去、近江商人と言われて 全国を行商して歩き 豪商と言われるまでに 発展しています。 蔵が目立ちます。 蔵を店に改築したようです。

  • 写真クラブ 近江八幡へ

    今年度からスタートさせた 写真クラブの撮影会です。 各自が写真を撮ったものを 見ながら構図などを 学んでゆく予定です。 少しはましな写真が 撮れれようになれば嬉しいです。 撮影中の講師からの指導は一切

  • お出かけ

    金木犀 家人が留守でも薫りが高く 存在感がありますね。 花言葉は「謙虚」 「気高い人」とも言われていますね。 雨が降れば 潔く散ってしまうからだそうです。 現在、お出かけ中で予約投稿です。 行き

  • 秋の夜ながを楽しむ 東林院にて

    住職手作りの瓦の梵燈や ローソクの灯りだけの庭園が 特別公開される 妙心寺の塔頭。東林院の 「梵灯のあかりに親(した)しむ会」 今年も開催されたので伺いました。

  • 気になるスタイル

    昨日はハロウィンでしたが 衣装を着けて 賑やかに行進するイベントは 中止され代わりに 画像を送る オンライン仮想コンテストです。 ゼスト御池に (京都市役所前地下街) コーナーが設けられて 子どもさ

  • 蝶々と遊ぶ!

    花がいっぱいの​​京都府立植物園へ 秋の七草を求めて出かけました 秋の七草はつたない絵で・・・。 <m(_ _)m> 蝶々も楽しませてくれました。 今回は蝶々の追っかけ~^!

  • コスモス 京都府立植物園

    自粛で祭事やイベントが中止 出かける先がなく悶々と すごしていましたが 花は季節に合わせて 美しく咲きほこります。 外の風と花に出あいに 京都府立植物園へ こに時期コスモスが 可憐に咲いているはず・

  • ご無沙汰でした!

    ルーターの電池寿命のため ”ちょっとお休み”が 長くなりました。 秋が深まり ヒンヤリした夜風に虫の音(ね)が 聞こえてくる時期になりました。 一方、自粛が解除され 京都・ゼスト御池の (京都市

  • ちょっとお休みします。

    ルーターの不具合で ネットへの接続ができませんので ブログの更新をお休みします。 ご訪問もできませんが ごめんなさい。

  • ヒガンバナ・マンジュシャゲ

    ​​赤い花なら 曼殊沙華 オランダ屋敷に雨が降る 濡れて泣いてるじゃがたらお春 未練な出船の ああ鐘が鳴る ララ鐘が鳴る ♪ 歌は「長崎物語」 作詞:梅木三郎 作曲:佐々木俊一 1939年(昭和14年)に

  • 彼岸花を追って 法住寺

    後白河法皇の御所として 三十三間堂の北に造営された 法隆寺 ご本尊は 義仲の放火の際、 法皇の身代わりになったと 伝えられている不動明王 その敷地は 東西に 東山から賀茂川に東岸 南北には 七条の

  • 秋の花々を楽しむ! 勝念寺

    京都・伏見の「萩の寺」 通称:かましきさん 安養山往生院勝念寺 浄土宗知恩院末の寺院 織田信長が帰依した 聖譽貞安上人により 1578年に開創された寺院です。 閻魔法王自作霊像などは 原則として非公

  • ケロケロと身がわりカエル 勝念寺(かましきさん)

    蜂が密に夢中になっているすきに 開祖の貞安上人が 信長公より賜った 仏像が安置されている勝念寺 ご本尊の身代釜敷地蔵尊は 地獄で釜茹で 苦しむ亡者に代わって 自

  • 秋です! 萩です! 勝念寺

    ​​​京都で萩の名所は 叡電・出町柳駅の南にある 山門を入ると萩があふれる 「常林寺」(じょうりんじ) この時期、献詠された短冊が 萩の枝につるされる 京都御苑に近い「梨木神社」 土塀に沿って萩が咲

  • 中秋の名月は今夜!

    9月は旧暦なら8月 今夜は中秋の月、 満月が見られると言われていますが 西日本のお天気は崩れそうです。 昨夜は雲もない晴れた夜空 満月には少したりませんが くっきりとした月! 一晩早く ”前撮り!?”

  • プロ選手が参加して 建植式 上賀茂神社

    ​​​​​​​​​​ウサギも歩けば行事にあたる​ (^▽^)/ 「​​火気厳禁​​」の立札を立てる 建植式が 京都古文化保存会と プロバスケットチーム 「京都ハンナリーズ」が 連携協力協定を結び 消防署の方も同

  • 重陽(ちょうよう)の節句 上賀茂神社にて

    9月9日は重陽の節句、 菊が咲き始めることから 菊の節句ともいわれています。 陰陽思想では 奇数は陽の数、 陽の数字”9”が重なることで 重陽と言われるのですが 良い意味だけではなく 気が強すぎることで

  • 大きくなれないの!

    秋の味覚の一つ「くり」 美味しい栗ご飯や 焼き栗になる栗もあれば 大きくなれないまま 落下してしまう栗があります。 某野暮用で行く道中に コロコロと転がっていました。 子どもたちが ゴルフボールの

  • 風鈴が奏でる 松尾大社の八朔祭

    コロナ禍でなければ賑々しく 御神輿が桂川を船で渡御して 御旅所に向かい、 境内では 元気などもたちの相撲や 赤ちゃんの土俵入りがあり、 泣く赤ちゃんには悪いが 微笑ましい光景が見られる 京都の夏の最後

  • 階様は早々と・・・松尾大社 八朔祭

    前夜祭の盆踊りは中止! ならば・・・ 八朔祭は中止と思いながらも 出かけた松尾大社です。 夜も良いですが 明るい太陽の下で見るのも 良かったです。 手慰みにご覧ください。

  • 風鈴の音も花を添える 松尾大社・八朔祭前夜

    京都・嵐山の松尾大社 京都の夏の最後の祭り八朔祭 その前夜祭を彩る提灯が 吊り下げられた灯りが 境内を照らします。 コロナ禍がなければ 盆踊りがおこなわれます。 手水場は亀 鶴は千年、

カテゴリー一覧
商用