searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

お散歩うさぎさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

季節の物を俳画に描き、京都を中心に季節の移り変わりや行事・イベントを写真で紹介し、神社仏閣の歴史も一緒に紹介しています。

ブログタイトル
お散歩うさぎさん《京都・色々》
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/matikado/
ブログ紹介文
季節の俳画をアップして、京都を中心に散策、行事・イベントを写真で紹介しています。
更新頻度(1年)

181回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2015/11/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、お散歩うさぎさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
お散歩うさぎさんさん
ブログタイトル
お散歩うさぎさん《京都・色々》
更新頻度
181回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
お散歩うさぎさん《京都・色々》

お散歩うさぎさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 北野天満宮・ずいき祭り 2020 御御輿(1)

    10月1日~4日は 北野天満宮のずいき祭りです 今年は神幸列も中止ですが ずいき神輿はどうなるのかな。 御神輿だけは北野天満宮に 飾られるというので出かけました。 写真の整理に手間取って 記事の時期

  • お月様 こんばんは

    月はこうこうと照る満月も 美しいく魅惑的です。 また 満ちては欠け、欠けては満ちる姿に 引き付けられます。 一昨日(18日) 細いお月様が西の空に白く・・・。 こんなに細いお月様は初めてです。

  • 誤解されて可哀そう!

    秋の美しい実のひとつ 「ムラサキシキブ」と 呼ばれているのは 「コムラサキ」 「ムラサキシキブ」のほうが 聞こえが良いのでしょうね。 でも実際の実は コムラサキと比べてわびしいです。 下記がムラ

  • 平野神社の花 自然な神苑が素敵!

    京都・平野神社の コムラサキや彼岸花、野の花など 神苑の自然な様子が素敵です。 平野神社通りから鳥居をくぐって 鳥居をくぐって左横、境内の神苑へ コムラサキや芙蓉などを 植えられています。

  • 平野神社で今年のお月見

    2020年のお月見は 京都・北区の平野神社へ 通称:平野さん 社紋も桜です。 四神が祀られておりご利益も・・・。 西大路通の鳥居です。 桜の時期は露店が出て お花見客で埋まります。 特に夜桜は一押し

  • 秋の大原 彼岸花を求めて

    寂光院には寄らずに彼岸花を求めて 途中から田の畔道を歩き バス停へ向かいます。 逆さですが ハート型に見えませんか。 明日 咲く花!? 鉄柵に トンボが並んでとま

  • 京都・大原をぶらぶら・・秋の花

    石川県羽咋市に冬の使者・白鳥が 飛来してきたとのこと そのような時期になったのですね。 遅ればせながら 秋の花を・・・。 京都・大原と言えば 彼岸花! バスを降りたら迎えて暗るのが コスモス

  • 白砂にハート 障壁画に衝撃! 特別拝観・智積院

    夜間特別公開の 総本山 智積院(ちしゃくいん) 大書院の名勝庭園のライトアップと 宸殿の障壁画も公開されていました。 (今年は9月28日~10月4日で終了) 宸殿から大書院の庭

  • 智積院の特別公開 名勝庭園のライトアップ 十三夜

    総本山 智積院 10月4日までおこなわれた 中秋の名月に合わせての特別公開と 講堂前の名勝庭園の ライトアップです。 この日は満月の二日前の 十三夜が顔をのぞかせました。

  • 名月の前に 名画を智積院にて

    今宵は十五夜の前の十三夜 この日も桔梗(キキョウ)が 迎えてくれた総本山智積院 東山七条です。 受付時間までぶらぶらと 久しぶりの境内を楽しみました。 夕刻

  • 残念です・・・。

    昨日は中秋の名月 夜空は晴れて雲はなく 美しい月が見られました。 ですが・・・ 今年の酷暑で お気に入りのカメラのセンサーが 傷んでしまったようです。 昼間、曇りでも明るいのでしょう 白飛びし

  • 良いことの独り占めをしない!

    働く女性を守るといわれる 京都・山科区の折上稲荷神社は 京都・伏見稲荷大社に 稲荷神が降りたと同時に 稲荷神が降りたと言われる 山科区に残る二基の古墳の一つ 稲荷古墳 伏見稲荷大社の裏山「稲荷山

  • 日本最古のお稲荷さん 働く女性の守り神!

    ​ 京都・山科の「折上稲荷神社」 創建は711年 稲荷神が 西野山の三の峰に下りた時 (稲荷山のことだと思います) 同時に折上稲荷神社の境内の稲荷塚に 稲荷神が下りたとされています。 伏見稲荷大社

  • 遊びに来たよ!? 植物園にて

    ひときわ大きな花は 「モミジアオイ」 この花の名前を調べましたが・・・ 「????」 「シオン」 「コメツブボタン」 「タマスダレ」 京都府立植物園

  • 変わった酔い方 酔芙蓉 真如堂にて

    真如堂の本堂の前の樹の実です 花は6月の上旬頃に見られるようで 今は小さい実がなっています 実で数珠を作られるそうです。 菩提樹と表現されていますが 沙羅双樹(さらそうじゅ) とも言います。

  • 花を訪ねて 真如堂 新たな発見!

    錦林車庫前でバスを降ります。 西側の山は真如堂、でも裏側です。 真如堂前という停留所もあります。 心持ち錦林車庫前が近いかなぁ。 錦林車庫は 京都の南北通りの一つ、 東大路より東にある白川通りです

  • ドキッ!とする光景!?

    目の前に こんなのがぶら下がってきたら・・ ちょっと慌てませんか? スイカみたいなくへちまの仲間 そばかす美人!? 愛嬌がある瓢箪 CMではないですが・・・、 なが~~

  • 暑い!見ていたい!!(微笑)醉芙蓉の一日 その2

    本満寺の酔芙蓉の続きです 花の色変わりを 後ろからも見てみよう。 《蜜も美味しいけど・・・》 《暑いのです~・・・》 もぐって出てきませんでした。

  • 酔芙蓉 白からピンクへ! 本満寺にて

    ​​ 京都で酔芙蓉が見られるところは いくつかありますが お勧めは本満寺かなぁ。(微笑) 本堂前の二本の酔芙蓉です。 鴨川を隔てれば糺の森・下鴨神社 ご本尊が十界曼荼羅 創建は旧いのですが 歴

  • イチ押! 本満寺の酔芙蓉!!

    花を撮るのは朝のうちですが、 高温に日差しも強いためか 酔芙蓉がピンクになる時間が早く 他所を廻って到着すると 綺麗なピンクに・・・。(;υ;) リベンジ開始! 朝8時半に到着 花は白か

  • 秋だよ~! 京都府立植物園

    ​​コロナでも自然はは移ろう。 彼岸花は咲いていました。 京都府立植物園です。 ワタシ珍しいでしょう^^と 言いたげな 「アメリカフヨウ」 咲くのは明日だよ~^^

  • 遊びたいよ~~^^ 鴨川のお散歩

    《いい気持ち~~^^》 気持ちよく寝そべっている わんちゃん! 何処だと思いますか? 鴨川の流れの中です。 よほど気持ちが良いのか 飼い主さんにせき立てられても 動こうとしません。

  • こちらも芙蓉! 京都・妙蓮寺へ行こう!

    芙蓉が咲く時期には 寄ってみたい場所の一つ 「妙蓮寺」 日蓮上人から京都布教の遺言を 託された日像上人によって 1294年に創建された 妙法蓮華寺です。 鐘楼も修復が終わり 優雅な姿を

  • 鴨川は楽しい!

    お散歩うさぎさんのお散歩道! 三条から鴨川べりを北へ 植物園の北側の道に接している 北大路橋まで4880m (各橋の横に掲示されている表示板) 御池大橋までが205m 鴨川は 桟敷ヶ岳付近を源流にし

  • だるまさんは見ている! 通称だるま寺・法輪寺

    祈願成就のだるまが奉納されて 通称:だるま寺と」呼ばれる 法輪寺です。 境内の達磨堂 達磨堂の入り口に 達磨大師の立像!? 達磨大師の像はいたるところに 立っています。 奥に赤い衣を

  • あの人だぁれ!? 通称だるま寺・法輪寺

    人々はだるま寺と親しく呼ぶ 法輪寺 境内の達磨堂(だるまどう)に 祈願成就の達磨が並んでいます。 JR円町から近く横を 紙屋川が流れる静かな一画です。 芙蓉と少し時期が遅れて 酔芙蓉が見られます。

  • 芙蓉(ふよう)が美しい! 法輪寺

    JR円町駅に近く横になれるのは 北野天満宮の横を流れている 紙屋川 川を渡ったところに 法輪寺 通称:だるま寺 だるま寺と言われているのは・・・。 本尊は釈迦如来ですが 境内の達磨堂に たくさんのだ

  • 招き猫のおみくじ! 超可愛いぃ!! ガン封じの因幡薬師(いなばやくし)

    平等寺(びょうどうじ) 別名:因幡薬師(いなばやくし) 真言宗智山派の寺院です。 夕顔の碑を訪れた時に 立ち寄りました。 因幡堂、因幡薬師の名前で 親しまれています。 本尊は薬師如

  • 願いを天へ! 京の七夕 お焚き上げ

    市営地下鉄の改札口や 店頭に消毒液を置き、 係りの職員の間には ビニールカーテンで仕切るなど コロナ予防対策を工夫されいるが 収束の様子がみられません。 京都の夏の風物詩、 京の七夕も中止になり 全

  • 神や仏の総力で 京の七夕 お焚き上げ

    神への祈りも寺院での終息法要も 平気で拡大続ける 憎いコロナウイルス! 京の七夕も中止になり 皆さんの願いを 天に届けるお焚き上げ 8月16日、場所は京都・清水寺 (三重塔を見上げる下桐茶の西の辺り)

カテゴリー一覧
商用