プロフィールPROFILE

畑恵さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

学校法人 作新学院 理事長 学術博士[科学技術政策](Ph.D. in Science Policy) “Galerie du Temps” 代表

ブログタイトル
畑恵 ブログ
ブログURL
http://hatakei.hatenablog.com/
ブログ紹介文
畑恵のブログです
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2015/11/15

畑恵さんのプロフィール
読者になる

畑恵さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,729サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,729サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,732サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,729サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、畑恵さんの読者になりませんか?

ハンドル名
畑恵さん
ブログタイトル
畑恵 ブログ
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
畑恵 ブログ

畑恵さんの新着記事

1件〜30件

  • 作新学院 ボランティア報告@思川流域

    作新学院の有志高校生26名と教職員4名が、また雨が降る前に被災を受けた方々のお手伝いがしたいと、冠水した鹿沼市思川流域へ昨日(18日)早朝から学院のマイクロバスで向かい、支援物資を届けた上で、土嚢袋約450個分の泥土のかき出しなどを昼過ぎまで行いました。ボランティア活動を実施した現地には、前日に社会貢献活動の担当教諭2名があらかじめ訪問し入念な調査・確認を行い、高校生が安全にボランティア活動を実施できる作業内容と場所を現地の受け入れ担当者と綿密に協議した上で、学院として実施を決定しました。教員による事前調査で現地から要望の高かったゴミ袋4000枚、マスク1000枚、軍手1000組、ブルーシート…

  • 台風19号、記録破りの大災害から何を学ぶのか

    昨日掲載した台風19号被害に関する記事に対し、多くの皆様からお見舞いや励ましのメッセージを頂戴し、本当にありがとうございました。 またあらためまして、被災され避難を続けている皆様、停電や断水などでお困りの皆様には心からお見舞い申し上げますとともに、随分と冷え込んでいる中、今もなお救助を待たれている方々が少しでも早く救出されますことを、切に祈っております。 お陰様で作新学院では、氾濫した河川流域に取り残され救助を待っていた生徒が、今朝7時過ぎ無事に救出されたという連絡が入り、心の底から安堵しました。 (後略) 全文はこちらからご覧ください。ameblo.jp ブログランキングに参加しています。良…

  • 台風19号、被害確認続く

    昨日の台風19号による影響はいかがでしたでしょうか? これまでに例を見ないほど広域にわたり記録的豪雨となった今回の台風、被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。 また今この時も救助を待たれている方々の一刻も早い救出とご無事を、心からお祈りしております。 作新学院がある宇都宮市では駅前の田川が氾濫し、周辺の住宅が浸水するなどの被害が出ています。 (後略) 全文はこちらからご覧ください。 ameblo.jp ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…にほんブログ村日記・雑談 ブログランキングへFC2 ブログランキング

  • 千葉県、停電・断水の現場から〜支援はまったく足りていません!

    台風15号の直撃を受けた千葉県君津市に住む叔父夫妻の安否が心配で、先週金曜日に支援物資を携え現地入りしました。 君津市では送電線をつなぐ高さ約57メートルと45メートルの鉄塔2基が倒壊、当初は県内約64万戸が停電に見舞われました。90歳を超え、現在はケアハウスに入居している叔父夫妻を訪ねると、お陰様で二人ともとても元気そうで安堵しましたが、停電、断水、電話回線不通、さらには記録破りの猛暑という四重苦の中、毎日ほぼ水とおにぎりだけで丸4日間を凌(しの)いだとのことでした。 支援物資として私は、水やお茶のペットボトル、パンや野菜ジュース、常温で長期保存できる牛乳パック、カップ麺や缶詰などの保存食、…

  • 東京五輪全力応援❗️(2)〜楢崎智亜、強く自由に頂点へ!

    「スポーツクライミング世界選手権」でボルダリングと複合の二種目で優勝を果たし、来年の東京五輪出場を決めた楢崎智亜選手から、サイン入りのポストカードが届きました。楢崎智亜選手は、弟の明智選手とともに作新学院の卒業生で、幼小中の12年間を学院で過ごしました。早速、額装をし、学院の「アカデミア・ラボ」にあるライブラリー(記念資料室)に展示したいと思います。 今年3月には、世界を転戦し大変多忙なスケジュールを縫い、兄弟揃ってわざわざ母校を訪ねてくれ、後輩である小・中等部生のため午前中はボルダリング教室を開いてくれた上、午後には学院誌『作新の風』のため長時間の鼎談にも応じてくれました。https://a…

  • ㊗️楢崎智亜、完全優勝&東京五輪出場決定❣️弟の明智も5位❗️〜スポーツクライミング世界

    スポーツクライミング世界選手権の複合(コンバインド)で、作新学院卒業生の楢崎智亜選手が圧倒的な強さで完全優勝、来年の東京五輪出場が決定しました㊗️🎉🎊🙌同時に、やはり作新卒業生の弟・明智選手も全体で5位、日本人で3位につけることができました❗️日本に与えられた五輪代表枠は2枠。智亜・明智兄弟が揃って東京五輪を闘い、ワンツーフィニッシュを実現するという夢が、グッと現実味を増して来ました‼︎ スポーツクライミングは、スピード、ボルダリング、リードの3種目の順位を掛け合わせたポイントの少なさで順位が決まりますが、今回智亜選手はスピード2位、ボルダリング1位、リード2位という圧倒的なポイントで他選手を…

  • すべてに感謝❣️〜甲子園から無事帰校、楢崎兄弟は世界予選を揃って通過

    (前略)さて、選手たちが宇都宮駅に降り立った時は、雷鳴轟く豪雨⚡️にもかかわらず、駅の改札口やコンコースには大勢の方々が詰めかけ、選手団を出迎えて下さいました!実は3年前、深紅の大優勝旗ともに帰還したチームも、台風で新幹線がストップする寸前という嵐の帰郷にもかかわらず、駅を埋め尽くすほどの方々が出迎えて下さり、その時の有り難さと感動が今日また蘇り胸が熱くなりました💓これまでも、そしてこれからも、沢山の人たちに支えられ、守られ、励まされて、私たちは今日という日を生きていることを、改めて実感させて頂きました。なお、チームからは2年生の横山陽樹選手が、今年の「U-18ベースボールワールドカップ」代表…

  • 甲子園に女神降臨❣️

    (前略)ただ派手さがない代わりあくまで基本に忠実、一瞬の気持ちの緩みもないまま、やるべきことを全員がきっちりしっかり積み重ね、その結果が「18-0」というスコアに結実しました。この前日である15日の終戦記念日には、選手や応援団には黙祷を捧げるよう伝えてありましたが、生徒誰しもが平和の有り難さとそれを守る責任に思いを致したことと思います。未来を担う子どもたちには、まず勝負に勝つ前に、人にも天にも常に挨拶と感謝を忘れることなく、人として当然の礼節や思いやりを尽くせる人間に育ってもらいたいと願っています。 そして、それこそが“作新の強さ”の源みなもとであると信じています。 ということで、明日の準々決…

  • 世界選手権ボルダリング 楢崎選手優勝㊗️〜甲子園へ吹き渡れ“作新の風”

    甲子園での初戦突破に沸く作新学院ですが、卒業生の楢崎智亜選手が昨日、スポーツクライミング世界選手権ボルダリングで優勝、2大会ぶり2度目の金メダルを獲得しました🏅 同大会は、来年の東京五輪出場権がかかる大事な一戦。 スポーツクライミングはボルダリング、リード、スピード3種目の合計得点を競う競技で、今大会の決勝で7位以内に入った日本勢の最上位者が五輪代表に決定します。 (後略)全文はこちらをご覧ください。 ameblo.jp ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい… にほんブログ村 日記・雑談 ブログランキングへ FC2 ブログランキング

  • 「神々の黄昏」

    いよいよ明後日の朝に迫った、作新学院の「甲子園」初戦。大阪湾におわします綿津見の神に祈りを捧げ、選手たちを激励するため、今夕、大阪入りしました。 迎えてくれたのは、「神々の黄昏」の如き圧巻の夕焼け。(後略)全文はこちらをご覧ください。 ameblo.jpブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい… にほんブログ村 日記・雑談 ブログランキングへ FC2 ブログランキング

  • 柴犬ときはるが行く!〜“受難の夏”がやって来た(T-T)

    こんにちは、時晴(ときはる)です!毎日ホント暑いですねぇ〜 夏でもモフモフ、フカフカの柴ワンにとって、この暑さはもう殺人的(んっ、殺犬的?)です。さらに、そんなボクを凹ませるのが、今年もやって来ました「甲子園」。このところパパとママは、ボクのことなんかそっちのけで野球の話ばっかり。週末からは、選手たちの応援に行っちゃうから、ボクはこの夏もペットホテルでお留守番。でも、ちゃんと箱根神社にも一緒に御礼詣りに行って来たしね。 (後略)全文はこちらをご覧ください。 ameblo.jp ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい… にほんブログ村 日記・雑談 ブログランキングへ FC2 …

  • 女子硬式野球部も遂に全国優勝!

    (前略)ただ私は参拝の際、必ずこの反橋を渡ることを習いとしていましたので、選手たちがこの日はたして渡れるか密かに心配していました。ところが、ちょうど御神輿が反橋を渡り切ったその時、入れ替わるように選手たちが到着したそうで、対応して下さった神官の方も大変驚いていました。ということで無事に祝詞も上げて頂き正式参拝を終え、お暑い中、高井宮司にもお出ましいただいて記念写真を撮影させて頂きました。 住吉大神の神霊をお遷しした御神輿は、大阪市と堺市を隔てる大和川を、橋を使わず人が川の中を担いで勇壮に練り回りながら、御旅所である堺の宿院頓宮に到着します。実は優勝した翌年から、選手たちの宿舎は十三から堺に移さ…

  • 9夏連続、令和初の甲子園出場が決定!

    令和初、第101回を迎える夏の甲子園大会に、9夏連続の出場が昨日決定しました! 梅雨空も炎天下も変わることなく、連日熱い声援を送り続けて下さった皆様、本当にありがとうございました!気がつけば9連覇で、あたかも作新学院は何の不安もなく順風満帆に勝ち進んで来たように思って下さる方もおられるようですが、それはまったくの誤解です。 地元栃木は強豪校揃いですから、毎年最後の最後まで接戦を繰り広げ、ほんの紙一重、カツカツのところでなんとか優勝させていただいています。 特に今期の選手たちは、昨年の秋の県大会決勝戦では佐野日大に、関東大会でも群馬の前橋育英にどちらも一点差で惜敗。 さらにセンバツ(甲子園)行き…

  • “学を楽しみ、知に遊ぶ”〜北野天満宮こぼれ話

    京都・北野天満宮の絵馬処に掛かるこの奉納額。「回文八重襷(やえだすき)」と読みます。回文とは、上から読んでも下から読んでも同じ言葉になる文章。この「回文八重襷」はその名の通り、左側に漢字と仮名で三行ほど記されている連歌が、縦・横・斜めと襷掛けに回文となっている上、さらに格子状にも回文として成立しています。 算額も、高等数学をなんとも美しく粋いきに楽しんでいて心踊りましたが、この回文八重襷はその見事さが、私のような数学音痴にもすぐに分かるので感動ひとしおです!それにしても、五七五で天満宮への奉納に相応しい歌を回文で詠むだけでも大変だと思うのに、それを三首、それぞれが縦・横・斜め襷掛けに回文となる…

  • “学を楽しみ、知に遊ぶ”〜「和算」がつなぐ物語(2) ~最古の算額が結ぶ、京と東の粋な縁~

    (前略) 1686年に奉納されて以来、上から絵を描かれてしまうなど、算額として認識も評価もされることなく、ひっそりと330年余もの月日を重ねてきたこの歴史遺産。 それを発見したのは、なんと栃木県にある小山高等工業専門学校の松崎利雄教授でした。 1982年、公務で京都を訪れていた松崎教授は、たまたま参拝に立ち寄った北野天満宮で絵馬処を見上げたところ、一枚の気になる額を見つけます。 在京の研究者に連絡し調査してもらったところ、間違いなく算額であることが判明し、発見当時は様々なメディアで報道されたそうです。 ちなみに松崎教授は、和算史だけでなく伊能忠敬をはじめとする日本測量史の大家でもあるそうですが…

  • “学を楽しみ、知に遊ぶ”~「和算」がつなぐ物語(1):作新生が算額奉納

    作新学院高校の生徒2人が考案した「算額」が、7月11日宇都宮市の蒲生神社に奉納され、学業成就を祈念して奉納式が行われました。「算額」とは、「和算」の問題や解法を額や絵馬に記して、問題が解けたことを神仏に感謝し、益々勉学に励めますようにと祈って神社や仏閣に奉納するものです。ちなみに「和算」は日本独自に発達した数学で、江戸時代後期に日本中で数学ブームが起き、中でも「算聖」と謳われる関孝和が世界に先駆けて行列式や終結式の概念を確立するなど、和算を実用数学から高等数学へと昇華させ大成させました。 このような算額奉納の習慣は世界を見ても他に例がないようで、明治維新によって西洋から最新の技術や知識がもたら…

  • みかん畑に、思いよ届け!〜作新学院 “復興”支援活動報告(1)

    (前略) 【目指すのは、復旧でなく「復興」】 吉田町では現在、原状回復の「復旧」ではなく、同じような水害による被害を二度と起こさず、しかもより効率的により多くの収穫が得られるよう畑を整備する「復興」計画が進められています。 小さな話で恐縮ですが、作新でも東日本大震災で被害を受けた体育館を建て直す際、元通りに建物を作れば相当の補助金が行政から支給されたところ、敢えて近県には無かったような床面を人工芝で貼った「総合室内練習場」を、学院で全額負担し建設しました。 私は震災当時、子どもたちに対して「日本は震災からの“復旧”ではなく、(震災を糧に前よりももっと良くなる)“復興”を目指さねばならない」と語…

  • 東京五輪 全力応援!(1)〜楢崎兄弟、目指せワンツーフィニッシュ

    作新学院の卒業生には、リオ五輪金メダリストの萩野公介選手を筆頭に、来年のオリンピック&パラリンピック出場候補選手が数多いますが、中でも俄然注目を集めているのが、東京五輪から正式種目となる「スポーツクライミング」の楢崎智亜(ともあ)・明智(めいち)兄弟。幼稚園から中等部までの12年間、作新で過ごしたお兄ちゃんの智亜選手は2016年、ボルダリングの世界選手権で日本人として初優勝。 同年に続き今年もワールドカップのボルダリング種目で年間総合優勝を果たし、複合のジャパンカップでは昨年に続き連覇を達成するなど、東京五輪で金メダルを期待されるトップアスリートの一人です。 一方、幼稚園・小学部の9年間を作新…

  • 話題のサマースイーツ ピエール・エルメ「Miss Gla ’Gla (ミス・グラグラ)」

    日経新聞でも取り上げられ話題のアントルメ・グラッセ「Miss Gla ’Gla (ミス・グラグラ)」をサマーギフトにいただきました。「ミス グラグラ」は、世界的なパティシエ、ピエール・エルメが得意とするマカロンの生地で、マーブル状のアイスを挟んだ夏季限定商品。早速開封し試させていただきましたが、ピエール・エルメらしくバラやスミレ風味のバニラアイスクリームと各種のベリーやトロピカルフルーツのソルベを絶妙に組み合わせ秀逸で、宅配できるアントルメ・グラッセの中では格別のクオリティを感じました。 中でも、「アンヴィ」というスミレの入ったバニラクリームとカシスのソルベを薄いマカロンで挟んだ「グラグラ」は…

  • 梶田隆章先生と本音でトークセッション

    記念講演に引き続き、ノーベル賞受賞者の梶田隆章先生と、基礎科学をテーマにトークセッションをさせて頂きました。 折角の機会なので、過酷な環境下で続けられたカミオカンデ建設やノーベル賞受賞の瞬間など、できるだけ本音ベースで質問させて頂いたところ、梶田先生もそれは誠実に正直に対応して下さいました。 ただそのお答えがあまりにも想定外(!)で、驚きと笑顔満載のトークセッションとなりました。 (後略) 全文はこちらをご覧ください。 ameblo.jp ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい…にほんブログ村日記・雑談 ブログランキングへFC2 ブログランキング

  • 「ランドセル」で紛争地の子どもたちに教育の機会を!〜回収ご協力のお願い

    今月20日の「世界難民の日」に合わせ、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR )が発表した報告書によると、昨年末の難民は7080万人と過去最高を更新しました。 難民と言うとどうも日本では他人事のように思われがちで、UNHCRへの拠出金は世界第5位であるものの、日本政府が昨年、難民認定した人数は申請者数1万493人に対しわずか42人でした。 難民問題に限らず日本では、国内向けの復興支援などに比して、国際支援全般に対する関心がグローバル化著しい現在でも低く、それはとても残念なことです。 作新学院では以前、創立130周年に向け「アフリカ一万足プロジェクト」と銘打って使用済みの運動靴を回収し、洗浄・乾燥…

  • 沖縄慰霊の日

    今日は令和初の「沖縄・慰霊の日」。本土防衛の最前線として、20万人を超える犠牲者を出した壮絶な沖縄戦から74年。 当時、沖縄の民間人4~5人に一人が命を落としたと言われています。戦争体験者が年々減少し、日本人の脳裏から戦争の記憶が急速に風化する今も、国土面積の約0.6%しかない沖縄県には、 全国の米軍専用施設面積の約70.6%が 集中しています。そのような沖縄の方々による多大なる犠牲と、あまりに過重で不平等な負担のもとに、日本の平和は今も保たれています。その厳粛なる事実を、すべての日本人が真正面から受け止め、日本に暮らし平和で安全な生活を享受している一人ひとりが沖縄の事を我が事として考え、沖縄…

  • 柴犬 時晴が行く!〜 ちょっぴり大人になりました

    こんにちは、時晴(ときはる)です! ママの仕事が忙しすぎて、すっかりご無沙汰してしまいました。 ボクももうすぐ2歳半。 第二次性徴期って言うのかな、体格もガッチリしてきて、お散歩でもやたらクンクン、友達の匂いが気になって仕方ないんだ。道で誰かに声をかけられても、女の人だとちょっと恥ずかしくて、ワザと知らん顔しちゃったりね。 なんか素直になれなくて、照れちゃうんだ・・・ ママと写真を撮る時も、そう。 (後略) 全文はこちらをご覧ください。ameblo.jp ブログランキングに参加しています。良かったら応援して下さい… にほんブログ村 日記・雑談 ブログランキングへ FC2 ブログランキング

  • 首位打者&ベストナイン!〜吉鳥から届いた朗報

    今週月曜日の昼下がり、神棚の御清めをしていたところ、それは美しい一羽のオナガが拙宅のベランダ、それも手を伸ばせば届くほどの近さに飛来しました。 この日は天気予報に反し、昼過ぎから重い雲が吹き払われ、空がグングンと高く蒼く澄み渡り、刷毛でサーっと撫でたような極薄の絹雲がたなびく様にしばし見惚れていたのですが、舞い降りたオナガの羽色はその空色を映したように高貴で優美、胸の空くような美しさでした。 都心では見かけることも滅多にないオナガの来訪にびっくりし、確か尾長鳥は古来より吉祥で、飛来した先に吉報をもたらすはず・・・などと思いをめぐらしていたところ、作新学院から明治大学に進学した添田真海(まなみ)…

  • ノーベル賞受賞者 梶田隆章先生を迎えて〜JVF設立25周年記念講演会〔後編〕

    梶田先生の基調講演、トークセッションに引き続き、「ジャパン・ビジョン・フォーラム(JVF)」設立25周年を記念しての懇親会を開催しました。冒頭のご挨拶は、当会が発足した当初から発起人をお引き受け下さっているユネスコ第8代事務局長の松浦晃一郎大使に、発起人の皆様を代表してお祝辞を頂戴しました。松浦大使には、国会議員を務める以前に私がパリに在住していた折、駐フランス大使として何かとご高配を賜わり、奥様にも大変良くして頂きました。また、議員となり松浦大使がユネスコ事務局長となられてからも、パリを訪れる度にユネスコ本部に招いて下さり、国際文化交流などについて細やかにご指導を頂きました。 松浦大使が帰国…

  • 「ノーベル賞受賞者 梶田隆章先生を迎えて〜JVF設立25周年記念講演会〔1〕」

    国会に初当選以来、主催して来ました政策研究会「ジャパン・ビジョン・フォーラム(JVF)」が、今年で設立25周年を迎えることとなりました。 これまで変わらぬご支援を下さった皆様方に、心から御礼を申し上げます。 これを記念して先週、東京大学宇宙線研究所長で、ノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章先生をお迎えし、記念講演会を薫風吹きそよぐ綱町三井倶楽部で開催しました。 最も小さいと考えられる素粒子であるニュートリノに質量があることを発見してノーベル賞を受賞された梶田先生は、ご自身の分野のみならず基礎科学全般の重要性を熱心に発信して下さる研究者としても知られています。 現在、私が教育と並行して取り組んでいる…

  • 「日本の科学技術、その復興に向けて ~「基本問題小委員会」とりまとめ(2)」

    《科学技術イノベーション戦略調査会 基本問題小委員会 とりまとめ》 2019.4.23 【エピローグ】 科学技術政策は開国まもないかつての日本にとっても、経済発展や安全保障の基盤を担う最重要課題であり、明治政府は多くの外国人を日本に招致し、急速な近代化を成功させた。 その中の一人で、日本の医学の発展に多大な功績をあげたドイツ人医師 エルヴィン・フォン・ベルツ博士は、 「日本人は科学を機械のように思っているが、西洋ではギリシャ以来、土地を耕し種をまいて科学の樹を育て、果実を実らせてきた。日本人はそれを理解せず果実だけをとろうとしているが、それは誤りである。」と、日本の科学の発展を心から願っていた…

  • 「日本の科学技術、その復興に向けて ~「基本問題小委員会」とりまとめ(1)」

    平成も幕を閉じようとする今月23日、昨秋から取り組んで来た自民党科学技術イノベーション戦略調査会「科学技術基本問題小委員会」(船田元委員長)のとりまとめ文書が、自民党・政審(政務調査会審議会)で正式に承認されました。 委員会発足当初、このブログでもご紹介した通り[https://ameblo.jp/japanvisionforum/entry-12416888076.html]、「基本問題小委員会」は国際競争力の低下により深刻な危機を迎えている日本の科学技術、中でも低迷が著しい「基礎科学の振興」と、困窮し減少する「若手研究者の支援」などを柱に設立されました。これまでに、本庶佑氏、山中伸弥氏、梶…

  • 満開の桜のもと~入学式に憶う

    新園児たちを満開の桜とともに迎え、昨日、作新学院すべての設置校で入学式を無事に終えることができました。 作新に奉職してもう20年になりますが、4月4日の高校入学式から13日の幼稚園入園式まで、幼・小・中・高・大5つの設置校すべてで、新入生を満開の桜のもと迎えられたのは、今年が初めてです。 この間に始業式も行われましたので、都合6回の式典がいずれも桜色の寿ぎに包まれ、平成から令和への御代替わりに相応しい新学期となりました。 そうした中でも、4月10日の小学部入学式はとりわけ印象に残っています。 この日は朝から凍える寒さで、桜も薄っすら雪化粧という一日となりました。 天気予報でも、以前からこの日だ…

  • 作新学院ホームページ リニューアルのお知らせ

    平成から令和へー新たな時代を迎える新学期が、作新学院でも今日からスタートしました。 “御代替わり”に先立ち、作新では学院ホームページを全面リニューアルしました。 https://www.sakushin.ac.jp/遅ればせながら、スマートフォン専用ページも作成しましたので、よろしければアクセスいただけると幸いです。ただ何分、リニューアルして日も浅く、日々改善といった状況でありますため、お気付きのことなどございましたら、ご指摘いただけますと大変有り難いです。 またこれを機に、理事長としての挨拶文も以下の通り一新しましたので、合わせてご笑覧いただけますと幸甚です。 《ご挨拶》 作新学院では、明治…

カテゴリー一覧
商用