住所
出身
ハンドル名
manaさん
ブログタイトル
「私だって幸せになります」(デカ女の婚活記)
ブログURL
http://konnkatuseikatu111.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
小学生の頃から「大きいね」などと周囲からよく言われてきたデカ女。でも結婚できました。今、幸せです。
自由文
-
更新頻度(1年)

149回 / 210日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2015/11/11

manaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(IN) 3,973位 4,045位 4,047位 4,077位 4,340位 4,940位 4,936位 964,799サイト
INポイント 60 120 90 90 110 40 80 590/週
OUTポイント 1,020 1,620 1,610 1,660 1,290 870 1,020 9,090/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 47位 46位 46位 48位 50位 56位 58位 25,620サイト
女の本音・女心 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 744サイト
婚活成功 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 233サイト
大人の生活ブログ 92位 90位 88位 87位 101位 114位 118位 5,089サイト
エッチな恋愛(ノンアダルト) 2位 2位 2位 2位 4位 5位 5位 421サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(OUT) 1,381位 1,394位 1,403位 1,450位 1,611位 1,719位 1,703位 964,799サイト
INポイント 60 120 90 90 110 40 80 590/週
OUTポイント 1,020 1,620 1,610 1,660 1,290 870 1,020 9,090/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 33位 33位 33位 38位 42位 43位 41位 25,620サイト
女の本音・女心 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 744サイト
婚活成功 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 233サイト
大人の生活ブログ 103位 106位 105位 105位 111位 115位 111位 5,089サイト
エッチな恋愛(ノンアダルト) 2位 2位 2位 2位 2位 3位 3位 421サイト
今日 06/26 06/25 06/24 06/23 06/22 06/21 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 964,799サイト
INポイント 60 120 90 90 110 40 80 590/週
OUTポイント 1,020 1,620 1,610 1,660 1,290 870 1,020 9,090/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 25,620サイト
女の本音・女心 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 744サイト
婚活成功 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 233サイト
大人の生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,089サイト
エッチな恋愛(ノンアダルト) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 421サイト

manaさんのブログ記事

  • 「卒業できる?」

    やっぱり彼は、来ました。夜、遅くだったけれど・・・昨日、来るだろうなって思ってたら。夜遅かったのです。午後9時すぐになって、インターホン。ディスプレイに映ったのは、彼。そのお顔見て、予想通りだったから可愛くて、可笑しくもなっちゃった私です。でも、演技演技・・・冷たい顔をつくって、玄関へ。ドアを開けると、彼。「manaさん、ゴメンナサイ・・・、ぼく勝手なことばかり言っちゃって・・・」みたいなことを玄関先...

  • 「もう、しばらく帰らないから・・・」と彼に

    昨晩の彼からのお休みメール。いつもの時と違って、9時ごろから来てたの。いつもだったら、寝しななのにねー。これまでは、11時過ぎが普通だったの。それで、私は、一言だけ返信しました。「もう、しばらく帰らないから、ひとりでがんばってみて!」と。この一言で、きっとうちの彼、青ざめただろうなって想像できた。案の定、その後、何度もLINEの書き込みがあったんです。それ見てて、可笑しくなっちゃいました。ほんとに彼、...

  • 「鼻が痛い」と彼

    昨夜の彼からのLINEのお休みメール。彼、「鼻が痛い」みたいなことを書き込んできました。あんまり続くようだったら、明日、耳鼻科に行こうかと思ってる、というのです。詳しく訊いてみると、この前の週末に、私にドシンとやられたことが原因らしいのです。いつもだったら、手で防御したりしてるのに、あの時はラップテープだったし、もろに受けちゃったみたいなことをいうのです。確かに、私も勢いをつけて座っちゃったかもしれま...

  • 今朝は、大変!!

    今朝は、大変。昨夜、彼の願いを聞き入れて、こっちに泊まっちゃったから・・・今朝は、おうちからの出勤です。さっき、彼を送り出して、さあー、これから私自身の準備なんよ。まだ、お化粧もしてないし。さあ、今週も私、がんばります!!応援よろしくお願いします!!”女の本音・女心”ブログランキングは、こちらから===>...

  • 手とり足とりって、このこと?

    私の前では、本当に赤ちゃんになってしまう彼。私から離れられないのかな?って思っちゃう。そんな彼を・・・一昨日の夜と昨日の夜と、手とり足とり教えてあげたの。もう結婚してすぐの頃みたいにです。彼にとっては、すごくコンプレックスになってるみたいです。被っていて、すぐに痛がるのです。だから、普通に夫婦生活を送れないんです。それで、ずっと私の中に入れないでいたんです。一時は、改善していたのですが私が単身赴任...

  • 「なら、どうすればいいの?」と、彼に・・・

    昨夜、彼からのお休みメール。私、「ちゃんとできないなら、この週末も帰らないからネ!」と返信してやりました。そしたら、すぐに彼からその返信が。「ぼく、絶対に頑張りますから帰ってきてください・・・」だって。「なら、どうすればいいの?具体的に考えといて!」と返信してから、もう私からは打ち切りにしました。それ以降も何度か彼からメールが送られてきましたが、もう無視して、寝ちゃったわ。話は変わって、今夜は、あ...

  • 彼、心配みたい・・・

    先日から、彼にちょっ冷たい私がいます。以心伝心で、やっぱりそれが伝わったのかな・・・?彼、心配でならないみたいです。私がこのまま離れて行ってしまうのではないかと本気で考え始めてるよう。昨夜も何度LINEの送信があったかしれません。私の返信は、一度きり。「必ず治しといて!」の一言。あんまりにも私が甘やかしてしまったからでしょうか。彼ったら、今まで本気で治そうとしなかったんだもの、甘えるばかりで。もう許さ...

  • 玄関の前に男のひとが・・・

    昨日、8時過ぎにアパートに帰宅すると、玄関の前に、男の人が立ってるの。驚いちゃった。私だって、女ですもの。それで、誰かと思ったら、なんと旦那様の彼だった。私を見るなり、「manaさん、ぼく、ごめんなさい!」と頭をさげて、彼が言ったの。「どうしたのよー? こんなとこまで来てさー」と、わざと怒ったように言った私。でも、とにかく上がってもらいました。私は気にしてなかったけど。彼、あのとき、私が怒って帰っちゃ...

  • 初めての接待ゴルフ

    日曜日に、あの社長さんとゴルフに行きました。土曜日の昼間、彼の待つおうちに、帰ったのはいいのですが、その夜には、もうアパートに戻って来ちゃった私です。なぜかというと、やっぱり彼、ベッドで私の前に来ると、いつものようにコワがってしまって何もできないから、もう私だって、しびれを切らして怒りました。思わず上体をおこすと、私の目の前で下を向いて、何かモソモソしてた彼の両頬をパシーン!!と、両手ではさみビン...

  • 毎回誘われていたら、私だって・・・

    私が単身赴任してからというもの、彼の甘えん坊さんぶりが度を越しています。私の目がないことをいいことに、普段着けておきなさいよ、と言って私が以前買ってあげたものもまるで着けていないようだし・・・だから、彼のモノは結婚前の時とおんなじになっています。ずーっと被ったままなんです。だから、いざというときにできないの。すごく痛いんだって言って。私の中で出血したこともあるくらいだから、ほんとなんでしょうけど。...

  • 純真な彼を裏切れない

    彼って、どうしてこうも純真というか単純というか・・・私を疑ったり、心配したり、絶対にしないの。そういうところが全くない。前回は週末も帰らなかったというのに。疑うことを知らないひと。『浮気したってしらないから!』と、私だって心の中で言いたくなっちゃう。ところで・・・昨夜は、週中の忙しい中でしたが、彼の待つわが家に帰りました。遠いし、仕事も定刻に終われない私。それで、、帰宅したのが昨晩は午後10時近く...

  • もう後に引けない

    うちの会社、先月と先々月、とても好調でした。これには、私も少し貢献しているわけだけど、ほとんどは、あの社長さんのお陰なんだ。こうなると、私もう後には引けないの。もし、嫌ならここを辞めるしかないだろうとも。最後は、私、あの社長に口説き落とされちゃうのかな? でも、ただでは起きないから、絶対に。今まで、どんなことにでも負けないで乗り越えてきたんだもの。昨日、あの社長さんから夜来たメールには、前にも直接...

  • 初めての返信

    毎晩のように、あの社長から送られてくるメール。昨晩は、ついに返信してしまいました。でも、それがいけなかったです。「私的なメールは困ります。連絡は会社にお願いします。」と返信したとたん。次々とそれへの返信が送られてきたからです。まずは、「返事、ありがとさん」から始まって・・・「今、何してる?」とか。「わたしゃー、ずっと○○ちゃん似の女性と出会えるのを待っていたんだ・・・君は理想の女性なんだ」とか。もう...

  • 口説かれた夜・・・

    私、悩みました。この土曜、日曜と、結局自分のおうちには帰らないで、考えちゃったの。それで、よく眠れなかった。金曜日の夜、あの社長と仕事の後に夕ご飯をご一緒したとき、うちの会社に来ないか、みたいなことをさんざん言われて・・・。お酒も入っているし、当然冗談と思って受け取っていたのですが、そのお話を長々と、ずっとするのです。しかも、もっとすごいことも言われました。結婚を申し込まれたんです。「社長、私、既...

  • また呼び出されて・・・

    昨日は、朝がいつもより長い通勤時間だったせいか、会社に着いたときには、もう疲労困憊。暑かったし・・・。前の晩、彼をうんとイジメてしまったせい?と自分を責めている私がいました。なんとなく、目覚めが悪くてエンジンのかからないでいた午前中の私に、またあの社長から、会社を通じて呼び出しがありました。とにかく、明日の午後こっちへ来い、と言ってきたというの。なら、ということで別の同僚が行くことにしようとしたの...

  • アタシのことそんなにコワいの?

    昨夕は、週中だったのですが、帰りました。自分のおうちにです。彼には、昼休みにメールを送っておいたので、「なら、ぼく今日は早く帰ります!」と返信ももらってました。でも、申し訳ないけれど、いくら早く帰っても定刻にでれば、私がおうちに着くのは、8時近く。だから、私がつく前には、もう、彼帰ってました。帰りの電車の中でLINEで「8時ちょっとすぎには、着くからネ!」と連絡。なので、わが家の前で、インターホンを押...

  • 今夜は帰らなくちゃ!!

    昨日は、蒸し暑い一日でしたよね。オフィースにいると気づきませんが、外回りをするとよくわかります。昨日は、先日契約をしてくださったところへ、行ってきました。帰る時には、すっかり汗ばんでいた私です。湿気の高い季節が確実に近づいてきているのを感じました。ところで、このところの営業の成績が良いので、私、夏のボーナス時に特別手当てが加算される旨、昨日、お話をいただきました。驚くぐらいの額だったので、びっくり...

  • 連日続くメール

    あの社長さんから連日、夜になるとメールが届くようになりました。私が、まったく返信しないのにです。これも、仕事の一部と考えればいいのかな?と自分の気持ちを抑え込んでいる私。それに、毎晩の彼からのお休みメール。こうなると、私だって頭の中が混乱してしまいそう。彼の方は、この前の週末、おうちに帰っているとき、あまりかまってあげなかったのがいけなかったのでしょうか。しつこくて、それにHな内容すぎて読んでいる...

  • 旦那様とは週1が普通に

    仕事に精を出せば、家庭の方は手を抜かなければならないところがどうしてもでてきます。時間が限られているからです。今、自分のおうちに帰るのは、結局週に1日になりました。これが普通になってしまうのかもしれません。その分旦那様とは、いつまでも新鮮でいられるのだろうとは思いますが、やがて気が付いたときには、手遅れだった、みたいな結果にならないようにしたいと思ってます。土曜日に帰って、日曜日の夕方には旦那様と...

  • あの社長、まだ40代だったの

    一昨日、あの社長のお蔭で、また取引先を増やすことができました。相手先のオフィスにうちの会社からは私一人で出向いて、プレゼンをやって契約まで取り付けることができました。これも、あの社長の口利きがあったからこそです。こういう面では、感謝感謝の気持ちでいっぱいです。ところで、同行してくださったこの社長と、帰りに居酒屋で食事とお酒を一緒にした時、驚いたことを知りました。社長のお話から、お歳は、まだ40代で...

  • 夜に、ふたりからのメールが・・・

    昨日、会社を通じて、またあの社長から連絡がありました。さらに取引を広げたいという趣旨でです。会社としては、みんな大歓迎。その話があるから、また来るようにと、私を名指しで指名してきたそうです。なので、今日も午後には先方に私が伺うことになりました。仕事のお話だけなら、全然問題ないのだけれど、またヘンな話をされそうで不安です。今週は、あの社長さんからは、まったく連絡がなく安心していたというのに。そしたら...

  • 一事が万事なんだから

    人間、ちょっとした仕草で、その人の本性みたいのが見えたりしますよね。私、細かいのかな?と、思ってしまうこともあるのですが・・・。細かいことなのですが、職場の午後3時の休憩時間。うちの職場では、同じ部署内でグループになっていてお金を出し合ってお菓子を買っています。それを、一番若い子が、輪番で、休憩時間に、いつも配ってくれるのです。が・・・、人数で配った時に、余った1個とか2個をどう処理するのか、私な...

  • たっぷり溺れさせてあげるから

    月曜日の朝は、マンションの自宅からの出勤で大変だった私。久しぶりの長時間の通勤時間は辛いです。大勢の人にまみれるって、それだけで疲れますものね。というのも、日曜日にアパートの方へ帰れなかったからなんです。なぜかというと、月曜日は、運動会の振り替え休日で彼はお休みだったの。それで、日曜日の夜も彼にとっては、私に甘えられる貴重な夜だったからなんです。日曜日の夕方になって、私がアパートへ戻る準備をしよう...

  • 真っ赤っかになった彼のお顔に塗ってあげたの

    もう夏みたいな暑さでしたよね、昨日の関東地方は。これが5月なの?という言葉が、思わず口から出てしまいそうでした。でも、自然には従順に従うしかない私たちです。これも、楽しまなくちゃ、罰があたるわ!と、そう思うのは、うちでは彼も一緒です。そういう些細なことの価値観の一致が、私たちが仲よくいられる一因かもしれません。昨日は、昼間にお家に帰っても彼はいませんでした。といっても、そのわけは前もって彼から聞い...

  • 仕事は成功だけど・・・

    あの社長の口利きで、私、また仕事でお手柄を得ることができました。『こんなに影響力があるの? この社長。』そう思って社長の顔を横から見てしまった私です。 もうすでに話をつけておいてくれたらしくて、本交渉は、私がプレゼンをするまでもなく、あっさりと終わってしまい、先方の方は、超忙しいらしく、さっさと席を外してしまいました。応接室から、今度は社長室へ招かれた私。やがて入ってきた社長とソファで対面したので...

  • まさか・・・あのときの?

    「明日の午後、来てほしい」と、先方から昨日会社に連絡がありました。大事な営業、相手に合わせるしかありません。それで金曜日の予定だったのを、今日木曜日に私が行くことになりました。嫌な予感がします。というのも、昨夜は返事もしなかったのに、またあの社長から、私のスマホにショートメールが届いたんです。「明日は、待ってるよ。ところで、昔、君にすごく似た女性をある店で見たことあるんだけど、〇〇〇〇という店知っ...

  • すごい風雨の中で

    昨日は、すごい風雨でしたよね。皆さんの地域はどうでしたでしょうか?私、会社を出て外出中だったとき、傘をさしていたのに、横からの風と雨でもうすっかりお洋服も濡れてしまい大変でした。周りを歩いていた人たちも同様の光景だった。みなさん苦労していたみたいです。大都会の東京でも、雨と風にこんなにも弱いのです。自然の力の偉大さを改めて、思い知らされた感じです。ところで、昨日の夕方、私のスマホに、ショートメール...

  • 仕事は順調だけど・・・

    私、うちの会社の営業範囲を広げることができた報酬で、特別昇給されることになりました。結果がすべての社会だから当然なのかもしれないけれど。別にそれをめざしていたわけではないし・・・。むしろ、嫉妬とか妬みとか、色々あって、そっちがコワくなっちゃった。社内に敵まで作ってしまいそうな気がする。皆、口ではおめでとうと祝福してくれるけれど、本心はどうなんだろうと、疑心暗鬼にもなってしまう私。それに、またこの週...

  • 逃げちゃダメでしょー!!

    土曜日、お昼ちょっとすぎにおうちに着いた私。やっぱり彼はまだ寝ていたの。インターホンを押しても出てこないんだもの。なので、自分でカギを開けて入っていったんだ。いつも私が帰る日は、ドアのチェーンはかけないようにしてもらってるから入れるんだんけれど・・・。『今は、運動会の準備の季節で、よっぽど疲れてんのかな?』と思いつつ。『それとも、鬼嫁のいぬ間にのんびりしてるのかな?』とも。とにかく、寝室にそっと入...

  • 付き合ってくれないかと

    昨夕のできごと・・・お付き合いの会食が終わると、会食のすぐ隣のお部屋に移っての飲み会がありました。要するに、これが二次会っていうこと。あるホテルの2部屋を借りての会場で行いました。そしたら、先日のあの50代半ばの方が私の隣に座ってしまって、ずっと私に話しかけてきて、お酌は要求するしで、ほんとに苦痛だった。宴席は盛り上がっていたのです。でも、ずっと話しかけられていて私はその席を離れられなかったんです...