生まれる前から探していた
住所
出身
ハンドル名
Tsutakoさん
ブログタイトル
生まれる前から探していた
ブログURL
http://umarerumae.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
恋愛をするために巡り逢ったのではない、と感じています。恋愛のように関わろうとするから苦しいのかも。
自由文
-
更新頻度(1年)

290回 / 290日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2015/11/04

Tsutakoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 全参加数
総合ランキング(IN) 20,621位 22,389位 20,473位 20,496位 20,585位 20,592位 20,529位 972,636サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 40 130 60 130 200 90 90 740/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 208位 224位 206位 201位 205位 206位 204位 24,967サイト
ソウルメイト・ツインソウル 9位 8位 6位 6位 6位 6位 6位 257サイト
今日 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 12,174位 12,737位 13,130位 12,667位 13,056位 14,587位 14,569位 972,636サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 40 130 60 130 200 90 90 740/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 162位 168位 169位 166位 170位 194位 195位 24,967サイト
ソウルメイト・ツインソウル 5位 5位 6位 6位 6位 7位 7位 257サイト
今日 09/21 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,636サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 40 130 60 130 200 90 90 740/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 24,967サイト
ソウルメイト・ツインソウル 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 257サイト

Tsutakoさんのブログ記事

1件〜30件

  • 心で創り出した障害物

    [7年目]12月22日 メッセージ(友人宛て)「いっしょにいたい」という心のままに海を越えられないのはあたりまえです。 最初から逃避も回避もしない、というのでは、ひとの弱い部分に寄り添いにくいのではないでしょうか。 わたしは自分の言うことが「正論すぎる」ときがあるかも、とおもうのです。ひとを批難するつもりはなくても……… 自分には物理的な障害物がひとより多いため、「心で創り出した障害物」を超えないひとの...

  • だから、逢いに行った

    [7年目]12月20日 投稿(彼に宛てて) 先月に逢えた後、早朝に窓を開け、街が背景になるほど低く飛んでいく飛行機を見ていると、島の稜線を越えて高く飛んでいく飛行機も視えるようでした。 貴方が数百キロの彼方へ帰っていくとおもったら、すぐにまた逢いたくなりました。 だから、逢いに行ったのです。 昨日はいろいろとありがとうございます。 様々な場面で嬉しそうな顔をしていたとはおもいますが、言葉にはならなくて...

  • 最後に願いを書き加え

    [7年目]12月18日 投稿(彼に宛てて) 明日のいまごろは、いっしょにいられるのですね。 このあいだ、お話をうかがっている間、「きれいな鼻すじをなさっているなあ」と見惚れていました。 貴方の笑顔はだいすきですが、お顔立ちまではわかっていなかったのです。魂を愛しているから、わかっていなくてもよかったのでした。 明日に逢えるから幸せな気持ちで過ごしてきました。 次は春になります……… 抱きしめてください。-...

  • 隔てるものは距離だけ

    [7年目]12月14日 メッセージ(友人宛て) 12月12日から魂の(?)乗り物になるエネルギー体(?)ができる……みたいな話をどこかで読みました。(引用にならないほど「?」が付いていますね。)「できる」ではなく『活性化する』だったとおもいます。 たしか男のひとはそのエネルギー体を使って愛するひとを見守っている、というような話でした。 万葉集の相聞歌をおもわせるような話だと感じました。 あの時代に、遠距離恋...

  • 最愛の相手は存在する

    [7年目]12月14日 メッセージ(友人宛て) 社会には「計算が必要な場」も多いようです。 しかし、誰と接するときも計算をするようになると、それが通用する相手しか周りに残らないとおもいます。「裏工作ばかりをしている」と表でも有名な方々の眼差しは(ここ数年、目が合う機会もないけれど)「内面の幸福感」を感じさせません。  目先の利益を掠めていくだけで終わるため。  正直に生きると正直に生きている方々から信...

  • 魂の相手を標として

    [7年目]12月14日 メッセージ(友人宛て) あなたのように人の幸せのため尽力するのは無理でも、自分を幸福感で輝かせることはできます。 それが関わる方たちのうちにあるものと響き合えば……とおもうのです。 今春から「心友」「魂友」と言ってくださる方々と、わたしは出逢い続けています。 あなたが先日にくださったカードの写真をみたとき、「ツインフレーム」という言葉が浮かびました。 意味を確かめてみたら、『2本...

  • 彼との違い

    [7年目]12月13日 メッセージ(Xoさん宛て) Xoさんはたびたび嬉しい気持ちにさせてくださいます。 ひとを愛するために生まれてこられたような気がします。 以前、今年のうちにあと1回は遠出をする、という願いを伝えましたけれど、先月には彼が近くまで来てくれたので、それが今年の締めくくりになるだろうと考えていました。 でも、春に初めてお目にかかった翌月、ファンの方たちと彼が「Xoさんの進化」をとても誉...

  • 真実に寄り添う覚悟

    [7年目]12月13日 メッセージ(友人宛て) 深いやりとりって、他ではしないような会話でしょ。「わかるような気がする」「共感を覚える」というあたりまでは確かかもしれません。 そこで、「わかります」「同感です」と書いてしまうと、実はわかっていなくても、異なることを感じていても、やりとりは終わってしまいます。 ていねいにやりとりを続けて、「ほんとうに、同じだった」とわかったときには、たがいがとても嬉しく...

  • 縁の深い魂に囲まれて

    [7年目]12月13日 メッセージ(友人宛て) あなたとは、春から何度も何度も、「出逢えて良かった」と伝え合いましたね。 辛かったことさえ「経験できて良かった」とおもえるのは、あなたが絶妙な距離で見守ってくださったからです。 インターネットで、「今年の夏至が過ぎたら、魂の友たちと出逢うひとが増える」という記事を、昨夜に読みました。 ほんとうにそうだった、とおもいましたよ。 家族はみんな、わたしが魂の友...

  • 新たに創らなくても

    [7年目]12月12日 メッセージ(友人宛て) 言葉や文字にして伝えるだけでも簡単ではないのに……受け取られないことも少なくありません。 たいていのひとは自分が知らないことを、「存在しないもの」にしたいのです。 存在を認めるとは、自分のうちに場所を創ること。 うまく言葉や文字にできなくても、伝えるようとする努力を怠らなければ、受け取ろうとしてくれるひとたちに逢えます。「やりとりするうえでの障害を壁とみな...

  • 欲を満たそうとすると

    [7年目]12月12日 メッセージ(友人宛て) 人間には生存本能がありますので、心が健全であれば、自分から危険に近づかないはず。 欲にかられると、「内なる声」を聴かなくなります。〔過去記事 2019/1/5 〕より--------------------「強く願って、言葉にすれば叶う」といった真実を借りても、誰かの最愛のひとに成ることはできない。(なにを犠牲にしても、最愛のひとという地位を取り引きで得ることはできない。)「自分は最...

  • 逢えない間も

    [7年目]12月10日 メッセージ(友人宛て) 子どもの頃に見たアニメの登場人物の設定を知るたび、「年下だったのか」と、なんとも言えない気分になります。 現代人は見た目が年齢の7割になっているらしいですよ。  わたしは子どもの頃、老成していると言われていました。(おとなの代わりをしていたためでしょう。) しかし、先日に下の子が教えてくれました。 上級生から、「君のおかあさんは、少女といってもいい」と言わ...

  • 彼とともに放つ光

    [7年目]12月9日 メッセージ(友人宛て) ひとがオーラの色を教えてくださったのは初めてです。 彼の隣にいるときには金色ですか…… いま思い出しました。あの日が初対面だった方に(文章でやりとりをしたことさえもない未知の方でした)、「オーラがすごい!」と叫ばれたのです。それから何回も。 あなたと共通のお友達には先日、「後ろ暗い所があれば、いまのような笑顔ではいられない」と言い切ったのですよ。 暗い想い...

  • いったん離れると

    [7年目]12月9日 投稿(彼に宛てて) 貴方のお話を聴かせていただくのが好きです。先月には、アーティストとしての矜持を語ってくださいましたね。 先々月には別の分野にも進まれたとうかがいました。 その方面でも多くのひとが笑顔でいられるようサポートをされるのでしょう。  先日の『ターニングポイント』を経て、また変化なさったのでしょうね。「変化し続けるひととの関係は常に新しい」と、わたしはよく言っていま...

  • 少しずつでも

    [7年目]12月8日 メッセージ(友人宛て) 生まれてくるのは愛を形にするためだとおもっています。 動物の頭を撫でるだけで世界に愛を増やすことができる、という文章をどこかで読んだとき、少しずつでもいいのかとおもえました。 若い頃には、多くの収入を得るため就職して、自然からも生きがいからも離れていると気づいたとき退職しましたが、大量の書類を処理していく仕事は自分に合っていました。 夜に書き物ができたら...

  • わざわざ誤解するのは

    [7年目]12月7日 メッセージ(友人宛て) 想いを言語化できる方々とのやりとりでは、言葉や文字にとらわれないよう気をつけています。 うまく話せないとおっしゃる方々には、「言葉はテキトーでかまいません。想いのほうを聴きますから」と伝えます。 いつか、想いだけでやりとりできるようになったら、想いが通じるのは当たり前になりますね。 他人の言動をわざわざ誤解するのは自分のためですよ。 わたしは言葉では真意...

  • 疑いを生じさせようとは

    [7年目]12月5日 メッセージ(友人宛て)「おもったままを口にしてはいけない」と踏みとどまるのが、かつては普通だったような気がします。 記憶も薄れるほどの過去であるのが嬉しい……。  そのまま伝わってしまうと問題になる想いが無いのなら、思ったままでいいのです。 どのような表現をされても、あなたの言葉との間に疑いを生じさせようとは考えません。 ひとの言葉が矢のように感じられるときには自分のうちに的を用...

  • 幸せでいる訓練

    [7年目]12月5日 メッセージ(友人宛て) あなたが教えてくださった姓名判断では(インターネットは便利ですね)、家庭運が凶でした。「旧姓だと、大凶だから、いまが幸せにおもえるのかも」と、家族に話していたのですよ。  ささやかな幸せを涙ぐんでしまうほど幸せと感じられます。 得な人生です。 生年月日でも「仕事に生きなさい」と占断されています。 もし家庭運が良かったら、それをたのんで、温かい家庭を創る努...

  • 崇拝も依存も

    [7年目]12月4日 メッセージ(友人宛て) わたしになにかを強いることはできませんから、ご安心をなさってください。 答えるのが楽しいから答えています。 そして、あなたについて書くのは、結局、自分を知ることとなるのです。 崇拝も依存も、ふたりの間に段差をつくります。 愛で満たされるのをたくさんのひとが望んでいるけれど、敬愛で繋がる関係がそれをもたらしてくれる、というのは、あまり知られていないかもしれ...

  • 違いを差し出し合って

    [7年目]12月4日 メッセージ(友人宛て) あなたは苛立った時を「考える機会」になさるのですね。 わたしは、数えきれない機会をいただいています。 なにを伝えても、加工しないまま受け入れ、それに対して言葉を返してくださるとき。「わたしたちは『自分にとって正しいこと』を選んでいます。相手もそうです」というのを解っていらして、「わたしにとって正しいこと」を尊重してくださっているのが分かります。 そのうえ...

  • 思い込む必要がない

    [7年目]12月3日 メッセージ(友人宛て) 彼との繋がりを特別視しないのは…… 特別だと思い込まないのは、思い込む必要がないから。 驚くべきシンクロさえ「他にない」と考えられないのです。 彼を介して出会った方々とも同様のシンクロがあるため。 先日に会場で隣り合わせた方とは数時間前にも同じ所に居たと判りました。何百キロも離れた街の小さい駅の前。 あなたも先日、そこに立っていらっしゃいました。 お住まい...

  • 自分の居場所を自分で

    [7年目]12月3日 メッセージ(友人宛て) 既存のものが気に入らなくても、変革する気がないなら、あるいは、自分に合うものを創り出せないなら、在るもので間に合わせるしかありません。 子どもたちにはそれを、やさしい言葉で伝えてきました。 わたしは、比喩ではなく自分に合うものが社会にほとんど無いため、常に創り続けています。 ですから、「快適に過ごせる場が用意されていない!」と怒り出すひとたちが(少なくな...

  • 帰属欲求が満たされたら

    [7年目]12月3日 メッセージ(友人宛て) 自分が属している場で、しばしば新しい参加者から、「ここに居てもいいのだろうかとおもっていたら、貴女が声をかけてくれて、居てもいいんだとおもえた」と言われます。 とある閉鎖的な社会で、「背を向けて輪を作り、新参者は話に入れない」という対応をされてきたので、親しいひとと話していても輪を閉じないよう気を配っています。 夢中になって話しているだけなら輪を閉じてし...

  • 特別な関係であっても

    [7年目]12月3日 メール(友人宛て) 「彼とは、自分の波動を下げてまで対でいる必要はない」とおもうことができるのはなぜか、と問われるのですね? 子どもの頃から、「たがいが輝きを増すような出会い」を好みました。 特別な関係であっても(あなたが名づけたようにツインであったとしても)、向上心を失った相手に執着をしないのは同じです。 彼が「地獄」に居座るのなら、放っていくつもりでした。 行く先は、彼が作品...

  • 真実が感じられないとき

    [7年目]12月3日 メール(友人宛て) 美しい言葉は、そうではない現実を隠せません。 それで、「自由に振る舞って楽しいなら、地獄に居るとはおっしゃらないでしょ」と、容赦なく追及を始めたのでした。 相手の真実が感じられないときにはいつもこうです。--------------------《追記》「受け入れる」とは、誤りを見過ごすことではありません。〔過去記事 2015/11/27 〕より-------------------- 意にそぐわなくてもけっこ...

  • 自由の意味まで忘れて

    [7年目]12月3日 メール(友人宛て) あなたが彼を『二元論のひと』として考察なさったことは、失礼ではありませんよ。当時はそのとおりでした。「目先の楽なほうへ行った」と、わたしは感じていました。 苦しみを感じなくていい軽い関係(複数)のほうへ。 それはほんとうの苦しみに対して無感覚になることです。 それなのに、「自分たちの魂は自由なはず」と、言葉だけ美しいから、「彼は自由の意味まで忘れている」と感...

  • 逢えないからではなく

    [7年目]12月3日 メール(友人宛て)『一元論はぜんぶ繋がっているという考え方』なのですね。『精神的な繋がりは有り得る』と。『完全に理解し合える』『かならずしも物理的な接触は無くてもよい』 上記の点は、そのとおりでした。 相思相愛とわかった頃には。 でも、逢いたくて涙をこぼすことは多かった……「逢えないから」ではなく、「逢いたくて」です。〔過去記事 2019/7/27 〕より-------------------- メールに書いて...

  • 様々なことに囚われて

    [7年目]12月3日 メール(友人宛て)『物理的な接触を実現して初めて繋がれるということを彼は愛と言っているのではないか』とおっしゃるのですね。 そういう経験が多いので、そこに囚われてしまったのかもしれません。 けれども、「地獄」と表現するほど苦しみつつも、わたしに「欲」を向けたことはありません。 まなざしにも行為にも言葉にも、それは、些かも含まれていませんでした。〔過去記事 2015/11/5 〕より--------...

  • 敬意は常に感じていた

    [7年目]12月3日 メール(友人宛て) 自分の気持ちはわかります。言語化もできます。 主人の想いもわかります。たびたび確認できます。 それで、こちら側に問題が生じたことはありません。「彼に、伝えないといけなかったこと」は、ケンカをしたから伝えられたのでした。 彼には、自分の気持ちとともに主人の想いも、ていねいに伝えないといけなかったのです。 過去の作品からは、ひとと関わるときの「枠」が無さそうと感...

  • 究極の愛を伝える作品

    [7年目]12月3日 メール(友人宛て) そうですか。『ツインソウルは、3次元的には築こうとおもっても築けない非常に難しい関係』なのですね。『自分の中でお互いをどう位置づけたら良いのか、しっくり来るまで最短2年かかる』と……。 わたしは動かしようがない立場なので、早々と自分たちを位置づけることができたのでしょう。 彼は最初のうち、純真な中学生みたいだったのですよ。 傍からも、そう見えたそうです。 出逢...