プロフィールPROFILE

ブログタイトル
カラカルRR 車♪バイク♪のblog
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/caracalz/
ブログ紹介文
大阪住みの独身43歳  趣味が車や バイク 映画 好きな 男の日記 なのでどうぞよろしく♪
更新頻度(1年)

15回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2015/11/02

読者になる

カラカルRRさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(IN) 55,045位 55,045位 55,270位 55,273位 55,283位 52,762位 51,389位 980,267サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 526位 526位 520位 514位 514位 483位 465位 9,462サイト
カーライフ 33位 33位 33位 34位 35位 28位 26位 413サイト
バイクブログ 876位 876位 880位 882位 884位 830位 794位 11,412サイト
バイクライフ 52位 52位 51位 54位 56位 47位 44位 434サイト
映画ブログ 391位 391位 389位 376位 383位 360位 339位 10,676サイト
映画日記 51位 51位 50位 50位 50位 45位 43位 923サイト
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 96,506位 980,267サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,054位 9,462サイト
カーライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 71位 413サイト
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,916位 11,412サイト
バイクライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 94位 434サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 615位 10,676サイト
映画日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 67位 923サイト
今日 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 12/04 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,267サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,462サイト
カーライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 413サイト
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,412サイト
バイクライフ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 434サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,676サイト
映画日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 923サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カラカルRRさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カラカルRRさん
ブログタイトル
カラカルRR 車♪バイク♪のblog
更新頻度
15回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
カラカルRR 車♪バイク♪のblog

カラカルRRさんの新着記事

1件〜30件

  • 相次ぐ高齢者の車事故 自動ブレーキを義務化強制するべきと考える

    あまりにも高齢者の事故があとを たたない個人的な考えでは高齢者は 自動ブレーキシステムを義務化強制するべきだと考えるまた 自動ブレーキのついてない車を高齢者が運転した場合は違反罰則を つけて絶対に自動ブレーキシステムのついた車両にしか乗れない義務化強制するべ

  • 新しいMazda3を見てきた 高級感が

    高いと感じた全体的に 大きくもなく小さくもなく感じたが中は 広く 革張りのシートは 特に よくできていてかたすぎず やわらかすぎず スタイリッシュでまるで 高級スポーツカーのような 形運転席も すごく Tの形を 意識したつくりで スペースも きっちりと つ

  • 車業界は為替の変動を受けない経営にするべき 例えば為替変動価格表示取り入れ

    例えば 為替が動いたら 車の価格も変動制に するとかガソリン 価格が変わるように海外で 販売している車両価格も為替変動によって車両価格を変えるなどして為替の変動の影響を受けない 販売にするとか実際 そういった ことはされているのかどうかは知らないのだがあまりにも

  • トヨタ GRスープラの0-100km/h加速がレクサスLFAのニュルブルクリンクパッケージより速い!

    おどろいたトヨタのGRスープラがレクサスLFAのニュルブルクリンクパッケージよりも速い!GRスープラの0-100km/hを実際に計ってみたら3.8秒でたいしてレクサスLFAニュルブルクリンクパッケージは3.9秒これは!レクサスLFAよりも 相当性能価格がお得だということになる数千万円

  • YOUTUBEで 日産自動車株式会社 日産自動車 2018年度決算発表記者会見中

    ゴーンが 給料いらなくなったのにいい 発表を しないのは なにか おかしいコスト かかってるとこは なくして利益でているとこを 伸ばしていけば いいと個人的 に 感じるもっと 月次と 発表 公表 していかないとどんどん 発表を していくことで ニッサンの

  • あいつぐ飛行機事故から バッテリーで飛ぶ飛行機を造れば事故を大幅に防げる

    あいつぐ 飛行機事故で一番 原因が あるのが燃料の引火 爆発それが 大部分をしめているのならばバッテリーで 飛行機を飛ばせばいいと 自分は 考えた調べてみると研究 開発のようなことはされているようだがおおやけな開発研究ではないみたいで確実に ゴーをだした開発とまで

  • 新東名で210キロの制限速度違反はアウディのセダン

    いろいろとしらべてみるとアウディのセダンタイプということで20歳の 無職ということなので一番 可能性の高いのがアウディの A3それ以外ではアウディS3アウディA4アウディS4アウディA6アウディS6アウディA8アウディS8中古で購入した場合はハイグレードの可能性もあり

  • KYBサスペンション SRの乗り心地感想

    ゴツゴツ感は ほとんど 感じられないほど上質コトコトコトコトと細かい段差にも追従して地面に たいしてのくぼみやオウトツに ついていく感じでかたくはないのにロールが少なく 高速でのカーブでもロールせず そのぶん車体が 水平に 保たれているのでハンドルをきっていって

  • やっぱりKYBは トヨタよりも手厚い

    トヨタ自体が純正部品の販売をやめたのに対してKYBは 販売しているそこがやはり ユーザーに信頼される要因にもなるであろうKYB昨今ニュースにもなって 問題となったがKYBは 個人的に強く フォローしたいなんせトヨタが 純正部品 とりあつかわなくなってもKYBは 販売している

  • 純正のショックが製造されていない!しかしKYBがつくっている

    現在 18年とかの車になると ショックが悪くなると 交換するにも純正部品が なくなっている製造されていない!しかし KYB現在 ビルなどで話題のKYBは そういった純正部品の製造がなくなってもKYBがわで製造しているさすが 信頼のKYB悪いニュースでてもきっちりと 治します!と

  • 最近のフェラーリはホワイトが人気のもよう

    近所でも 白のフェラーリをみかけアブダビの与沢翼氏も白のフェラーリを所有フェラーリは新型もふえてあらたに人気が でているもよう。

  • ロールスロイス ファントム とベントレーミュルサンヌスピードの違い カーグラTV感想

    ロールスロイスファントム5460万円 観音開のドア車内は 広めシートの厚さは 分厚い車内 静か車体の上下動 フワッフワッとしたサスペンション動き振動を伝えない室内は静かにしかし 運転していても眠くなりそうな 非リニア感ベントレーミュルサンヌスピード3800万円エンジン

  • トヨタMR2がハイブリッドで 2021年に復活へ

    情報によるとハイブリッドシステムで排気量は2リッターで予想のデザインは見た感じは レクサスのスタイルのように見られるがこのデザインは あくまで予想CGなので今後 2021までどう 変わっていくかは 疑問だが情報としては2021と年数まで 示唆しているのでぜひとも だして も

  • マツダ ロータリーエンジンを復活させる しかし

    本来の駆動力でエンジンを使うのではなくて発電専用としてのエンジンとして使うもので ロータリーエンジンがコンパクトな 特性をいかすかたちとなる搭載車はデミオとなっているもようで2020年以後の発表となるもようで今回 ロータリーエンジンを発電専用として復活したとし

  • マツダ CX-8(2019)の 乗り心地 メリット デメリット

    まず 音が凄く静かで一昔前のセルシオかそれ以上か?車体が2トンほどあるのに重さを まったく 感じさせないスタートのラグがなくワンテンポ遅れるなどがない非常にリニアに反応ハンドルが意外に小径でスポーツタイプのハンドルかと思うほど 持ちやすいしかも ちょうどいい太

  • TOYOTAのMR2が復活するのではないかというニュース

    雑誌にでかてかとMR2復活の可能性とのっていたそして ライバルをポルシェのケイマンなどをあげているしかし 個人的に感じているのが過去にもMR2がなぜ 人気が いまひとつ上がらなかったのかの理由はまず わざわざ2席の車なのにスポーツカーとしての性能が抜けていないところ

  • NISSANに求められるリーダーはTOYOTAの豊田章男代表取締役社長のような存在

    NISSANが次に求められるパワーは 現在のTOYOTAの豊田章男氏のような存在であると強く 感じるかつて エアーバッグ問題でもアメリカで 社長自ら強く弁論したあのテレビでの姿はあれぞまさに 一大企業を背負う存在しかしかつて 社長自身父からは 厳しくお前は 今はTOYOTAには認

  • このレクサスRCF-GTが ニュルをテスト走行 すごい!!

    レクサスRCF-GTがニュルでの走行テストを開始した見た目にわかるのはボンネットとルーフがカーボンリアウイング5リッターV8エンジンを使うとのことで軽量化を 前回50キロだったものを100キロの軽量化にするとのことで1400キロ台もしくはかなり軽量化して1300 キロ台 までは

  • 三菱ランサーエボリューションが11になって2019年に復活か!?

    なぜランサーエボリューションが11復活の可能性がでたかというのは三菱の社長が 業績がよければ前向きに検討したいとの発言によりランサーエボリューション11のうわさが たったしかし2019年に発売か?などの憶測 うわさが出てるとするならばかなり 近い2019年すると すでに開

  • ポルシェマカンターボ1160万 燃費約8個人的に高いと感じる

    国産のマツダや日産トヨタのSUVもしくはレクサスを買った方が個人的にかなりコストめんでリセールバリューは高いと感じる

  • ホンダ シビックタイプR 2018年月28日発売のインプレTV見ての 感想

    デザインが ゴツいかつてのランエボ風ホイールはもとから20インチでリアウイングがもとから 大きいのがついているあとから つけようとすると大変だがもとからこれだけのものがついてて しかも純正 標準なのが うれしい車重が 1390キロと他車を 圧倒しているしかも320馬力でト

  • 86はターボは このまま出さず2020まで

    このままの2020年まで現在の状態を維持したまま発売されると予測トヨタは 86現状維持のままいじれる車としてメーカー側はエンジンに手を加えないようにしているのかもしれないまた ハイブリッドやガソリンエンジンをやめて電気自動車化へとシフトするためにあえて このままで

カテゴリー一覧
商用