もうだめかもしれない。
住所
出身
ハンドル名
hanadekameganetさん
ブログタイトル
もうだめかもしれない。
ブログURL
http://hanadekameganet.hatenablog.com/
ブログ紹介文
30代会社員、一男一女の父親の僕が子育てや気になったことについて書くブログです。
自由文
鼻がデカくて目が離れていると妻に罵られる毎日ですが、なんとか日々生きております。休日も子供に叩き起こされ「俺の休みはいつなんだ」と遠い目の先にあったパソコンで久しぶりに始めたブログです。読んで頂けると泣くほど嬉しいと思います。
更新頻度(1年)

73回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2015/10/14

hanadekameganetさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 971,995サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
お笑いブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,210サイト
ユーモア・ジョーク 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 660サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,573サイト
パパの育児 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,135サイト
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,975サイト
インドア派オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 85,252位 85,793位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 971,995サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
お笑いブログ 82位 82位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,210サイト
ユーモア・ジョーク 24位 23位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 660サイト
子育てブログ 5,080位 5,128位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,573サイト
パパの育児 96位 95位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,135サイト
オヤジ日記ブログ 742位 730位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,975サイト
インドア派オヤジ 3位 4位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 971,995サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
お笑いブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,210サイト
ユーモア・ジョーク 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 660サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,573サイト
パパの育児 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,135サイト
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,975サイト
インドア派オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト

hanadekameganetさんのブログ記事

1件〜30件

  • 店員

    店員さんとのやりとりというのがいつまで経っても苦手なのだが、誰でもそういうものなのだろうか。ある程度の年齢を重ねるとまあなんとなく上手くなるのだろうけど、いつまで経ってもお店の人、というのは自分より年上であるという認識が拭えず、自分より何歳も年下であろう若い女の子に接客されても緊張してしまう。何年か前に居酒屋に行った時、まだ学生と思われる若い男の子とが接客してくれた。本当に子供みたいで、下手したらまだ高校生くらいだったかもしれない。でも居酒屋だから高校生って働いていいのかな。よくわかんないけど。で混んでたので俺たちに「少し待つかもしれません」みたいなことを言うので「どれくらい待ちますか?」と聞…

  • 通販

    通販で靴を買っているのだが妻は「信じらんない。通販で靴なんて怖くて買えない」と言う。そんなに怖いことではない。なぜなら自分の靴のサイズなど知っているから。俺は26センチなら靴はなんでもいいのだ。ZOZOで26センチのいい感じの靴がセールになっていたので買った。届いた靴をうきうきしながら早速履く。ギッチギチでめちゃくちゃちっちゃい。足が痛い。両サイドはくい込むし、甲に関して言えば破裂寸前。靴全体がナイスバディがボンテージを着ているような限界寸前のセクシー具合。もうピッチピチ。なにこれ。26センチだっつったろ。靴を見ても箱を見ても26センチの文字。改めてサイトの商品情報を読み直すと「スリムなデザイ…

  • 視線

    人を傷つけることに鈍感になりそうなことが怖い。年齢を重ねて色々鈍感になる。少し前までそれは加齢によるものだから仕方がないと割合簡単に諦めていく所存だったが、ここ最近年齢の若い世代と仕事を一緒にすることが増えてきたことを受け、そこに恐怖を感じるようになった。何も感じなくなった自分の周りで若い世代が何を思うのか。あの頃の自分が感性の死んだ上の世代の人間を蔑んで見ていたあの視線が、俺を射るように突き刺さる日も遠くないかもしれない。歴史は繰り返しあの日俺が突き刺した言葉の刃は放物線を描いて自身を貫く。

  • 誕生日

    予定をoutlookで管理するようになって1年以上経過した。アナログの俺からすると紙の手帳にペンで書き込んで予定を管理する以外の方法を取ることなど考えられなかったが今やすっかり馴染み手帳は買わなくなった。会社のPCでもスマホでも家でも全て同期できるし便利で快適。どうしてさっさと使わなかったのだろう、と己の無知さを後悔するばかりだが、一件だけ気になることがある。それは誕生日を登録している人がおり、その人の誕生日になるとiPhoneの予定表は勝手に「○○さんの誕生日です」と予定表にぶち込んでくることである。妻と子供の誕生日すら出てこないのに、どうして仕事の関係しかない、それもどちらかというと嫌いな…

  • 長いこと夢を見ないと思っていた。子供の頃はよく夢を見ていたのだが、最近見ない。まあ夢も希望もない毎日を生きていると物理的に夢も見なくなるもんですねハハハなんて思っていたんだが最近立て続けに夢を見たのでメモとしてここに記す。1本目。俺は何かの結果用紙を見ている。その用紙には何らかの跡がついており、その跡をくっきりと浮かび上がらせるために粉末状の物体が付着している。指紋検出のアレみたいなやつである。で、俺は何故かその用紙の上の方に唇をつける。上の方から大丈夫だろう、みたいな感じで。直後に唇に違和感を覚える。痛みと痒み。慌てて洗面所に行くと唇がパンパンに腫れ上がっている。近くにいる誰かが俺に「ダメだ…

  • かっこいい

    日常の中で期せずしてかっこいい言葉使っちゃったな、みたいな瞬間があり、その瞬間の雰囲気が愛おしく感じるのは何故なのだろうか。例えばなんだけど旅行もしくは出張の話をしていて海外の話題が出た時に「トランジットで…」という言葉が出ると「おお」となる。かっこよくない?トランジット。あと会社でこれは自然と言ってるのか、あえて意識的に言ってるのかわからないけど「スクランブルで…」とか出ると、いいですね。一時期横文字やたらと使う人をネタ的に揶揄する風潮もあったけどその辺りが一服してまあ普通に使う人もいるよね、くらいで最近は落ち着いている感じもするが、馴染んだとはいえ唐突に、そして自然な感じで会話の中に出てく…

  • 星野

    途切れ途切れに書いているが、俺は結構前から星野源が好きでまあ今でも好きなんだけど、今やこうして押しも押されぬ大スターとなってしまった今言いにくい感じがあるのも確かである。それと彼はやはり若い女性に人気があるわけで、おっさんが好きというのも言いにくいという自意識プラス「若い女の子と話をしやすくするために今人気のある星野源が好きと言っているのでは?」と思われるかもしれない、という思いが一番強い。なのである程度親しくなった人にしか俺はこの事実を打ち明けておらず、先日異動した同僚と行きつけの美容師くらいにしか言っていない。二人は結構イっちゃってるくらいの星野源ファンだったので俺程度の浅いファンがどれだ…

  • いずれわかる

    いいことと悪いことは同じくらいのレベルで同じくらいの量起きると俺は信じ込んでいるので、ここ数ヶ月俺の身にめちゃくちゃ起きている変化(自分としては極めて「よい」変化)を目の当たりにして「はてこれからどれほどひどいことが起きるのだろうか…」と怖くて仕方がない。というか、あくまで俺の個人的な感想としてはポジティブではあるが、周囲の人から見たらここ数が月の俺の状況というのはむしろネガティブなものであったかもしれない。客観的に考えると、実際そうなのだ。だから、もう起きてしまった悪いことの等価交換として、俺の内面の中での「よかった」という実感が手に入れられた、ということなのだろうか…。この辺りは考えても考…

  • バンド

    会社の同僚が昔やっていたバンドを発見してしまった。自分たちで運営していただであろうHPも残っており、そこでは視聴もすることができた。リンク先のyoutubeには何とライブ映像まであるではないか。その粗い画像の中、若いが間違いなく自分のよく知っている人が演奏しながら歌っている。しかも結構ゴリゴリのパンクだった。かっこいい。ブログまでリンク先があったので迷いながらボタンを押したが、当たり前というか、まあリンク切れだった。ほっとした。なんかブログってやっぱり俺の中では一番デリケートであり、日記を盗み読みするような罪悪感を伴う行為でもあったので。HPとyoutubeまで探し出しておいてブログだけそんな…

  • 夢の外へ

    この間飲みながら話していたら相手の言った話題に乗っかって別の話題を話したつもりが、今目の前の人が話したことをそのまま繰り返していただけだったらしく、周りの空気が一瞬止まっていた。「今話したよ」「何言い出すのかと思った」「しっかりしろ」など散々突っ込まれ、ほんの少し前まで俺は尻馬に乗っかって人に突っ込んだり茶々を入れる方が役割としてあっていると思っていたから、自分が「いじられキャラ」的役割を演じることになるなんて不思議な気持ちだった。というか、結局多かれ少なかれみんな何らかの役割がいつの間にか出来上がって、それを自分がよしとするかどうかは別としていつの間にか受け入れてその役割を演じているに過ぎな…

  • 電車

    朝から電車の中で臭いおじさんはスーツが臭いということがわかった。彼らとて身体は風呂に入るから朝一からそうそうキツイ臭いは放たない。口臭は多少あるかもしれないが多くは彼らの来ているスーツから放たれている謎の臭い。これが朝の満員電車の臭いの正体である。そう自分で結論を出したところでおじさんの臭いがおさまるわけでもなく今日も俺は臭い電車に乗る。地獄か。そういえばこの間珍しく混んでる路線の混んでる時間帯で空いてる一角がありラッキーと思って近づいたら何らかの液体で思いっきり濡れており「使用禁止」という張り紙がしてあった。なんなんだよ。何をこぼしたんだよ。あるいは何をもらしたんだよ。漏らすものは1種類くら…

  • サイドチェスト・サマーオレンジ

    俺が高校時代にやっていたバンドは「サイドチェスト」という名前だったんだけど今にして考えても全く意味がわからない。俺は本気でその時格好いいと信じて疑わなかったし、何なら俺は音楽に愛されてるとまで考えてたのだから恐ろしい。馬鹿は始末に負えない。馬鹿は強い。無知は強い。若くて馬鹿な無知は最強である。中学生の時は「サマーオレンジ」というバンド名を考えていたが友人に話したところ「夏みかんってなんなんだよ」と言われた。その時俺はちょっとおしゃれ系だろ、サブカル系だろくらいの気持ちで言っていたのだけど、今にして思うと友人が完全に正しい。夏みかんってなんなんだよ。

  • 四ツ谷で女がホームに突っ伏して倒れていた。近くに女性の駅員がいて、ペットボトルの水を差し出していた。女の傍らには盛大にぶちまけられたゲロの跡。意識がない方がきっと彼女にとっては都合がよい。そのまま朝まで目が覚めませんように。ズボンがずり下がってパンツが見えてたし。女性駅員の真剣な横顔は青白く線路沿いの街灯に照らされるアドボードに刷られた大きなアニメの美少女よりも白く現実感がなかった。近所にどんな奴にでも擦り寄るビッチな茶トラの猫がおり、時折子供と公園に行く途中でそいつのもとへ行っては逢瀬を重ねる。そいつのパターンは決まっており声を出さずに何度か口を大きく開けたあとに体をおもむろに立っている人間…

  • 気持ちというのはとても不安定で簡単にも難しくもなるという出来事に遭遇する。自分の身の回りの人間は、これほど近くにたくさんいるのに、その人の気持ちというのは言葉に出さなければ大抵の事柄は伝わらず、伝わったと思うことは大概思い違いであり、伝わったとしてもその中に隠されている気持ちの深い部分の本当の部分は10分の1も伝わらないということはざらにあるのだな、と思わさられるようなことがあった。細かく書けないなら書くなという感じだが、仮に 日記でも本当のことを文章にしたくない日がきっとある。そして、きっと今日がその日なのだ。

  • オーダー

    カジュアルなイタリアンで酒を飲んだ。店員の若い女の子が俺がたくさん注文しているのにどういうわけだか暗記しようとしているのかメモしない。四品目を過ぎたあたりからこちらも維持になり頼む必要のなかった料理を追加してしまった。女の子はきつく唇を結び忘れないように足早に厨房に戻っていった。可愛かった。彼女は注文を通すと着替えてさっさと帰ってしまった。店員に聞くと高校生なので22時には帰らないといけないのだと言う。答え合わせまでいて欲しかったのに。かくしてテーブルには一品として間違わずオーダーした料理が届いた。彼女の通う高校の偏差値は高い。

  • 疫病神

    所属する部署のマネージャーが変わる。つい数ヶ月前に直属の上司が変わったばかりだったので流石に堪えた。ウマの合う人物だったので仕事もしやすく環境的にも今がベストだと思っていただけに残念でならない。今更どうしようもないのだけど、俺もこの部署に長くい過ぎたのではないか、という思いがここのところ強い。俺は逆の意味でヒキの強い人間で、早い話「不幸な星のもとに生まれた」とか「疫病神」とか、まあそういう類の人間のようだ。入社して配属された部署は半年で事業撤退に伴い消滅し、その後配属された部署は創業以来の記録的売上不振を叩き出して人員削減。ギリギリの頭数の中むちゃくちゃな残業でなんとか乗り切ったかと思えばあっ…

  • 暑さが落ち着いてだいぶ涼しくなった。風が冷たいと感じる瞬間も増え、夜にエアコンをつけずに眠れるようになった。気怠い暑さの余韻と涼しさ、夏の終盤のこの感覚はいつも最高だ。無意味に家の前に夜に出て行ってしばらく街灯の下を歩いてみたりしてリリカルな気分を味わおうと思ったらクソでかいゴキブリが歩道をサササと横切ったので悲鳴を上げた。ふざけんなよ。浸ってんだよこっちは。また夏が終わり次の季節までのエアポケットのような日々が始まる。今年の夏も誰かの物語がいくつか綴られていくつかの恋が始まりいくつかの恋が終わる。そして皆年を一つ取る。

  • 飲み会

    Outlookに飲み会の予定が入るだけで日曜日の夜でも憂鬱にならないことに気がついてからできるだけ1週間に1回飲み会を入れるようにした。35過ぎてそんな風に飲み会を楽しみにするようになるとは思わなかった。どちらかと言うと飲み会は嫌いで出席しても誰とも喋る人がいなくて困っていたくらいなのに。いつだったか会社の立食パーティーに行ったら誰とも話すことができずにその場にあったビールを1杯飲み干して10分で退出するということもあった。あれはなんだったんだろうな。だからまあほんの少しだけ俺のゴリゴリにハードコアで鉄壁の守りだった自意識の壁も崩れ始めているのだろう。人生に期待しない、人に期待しないということ…

  • レシピ

    先日夕食に鯖を使った料理があって俺にとってそれはとにかく美味く感じたので「これはすごい美味い。もう一回作って欲しい。めちゃくちゃ美味い」と何度も言ったのだがどうも妻の反応が良くない。聞いてみると鯖缶をそのまま使っただけだから、と言う。とはいえもちろん缶詰そのままではなくそこににんにくを刻んで入れたりオリーブオイルと塩胡椒を加えプチトマトを入れて最後にチーズを加え熱してという工程を加えることによって「料理」になっているのだからいいじゃないか、とも思うのだけど、難しいところですね。こんな感じで以前もささみとキムチを和えたものを絶賛しても対応がイマイチだった。確かに簡単なのかもしれないが、ささみをチ…

  • やりたいことだけやって自分は大丈夫って顔してればいいんじゃないすか。

    下書きリストにこういうタイトルだけ保存されていたが、なんのことを当時俺が書こうとしていたのか全く覚えていない。とにかく何かにムカついていたんだろう、ということだけはわかる。こんな風に原因さえ特定できない程度の怒りだったのだろう。俺は怒りを覚えやすくわすれやすい、実に無駄の多い人生だ。忘れる程度なら最初から怒らなければいいのに。それでも頭に来るのだから仕方がない。最近はまた通勤途中の電車の中で本を読み始めているのだが、文庫本でも満員電車の中で活字を読むのは結構難しい。スマートフォンがいかに狭い場所で効率的に文字を読むという行為に限っていえば効率がいいのか思い知らされる。片手で持てるし指先のわずか…

  • ワープロ

    やらなきゃいけない、とわかっていたのになんとなく気が進まなくてそのままにしていたことをやったときは気持ちがいい。小さなことでも、どうでもいいことでも、それは等しく効果がある。俺なんかこの間「届いたDMのクーポンコードを登録する」という作業をしただけでもめちゃくちゃスッキリしたからね。まあ俺はそもそも神経症的なのでそういう部分が余計にあるのかもしれないけど、「溜まっているどうでもいいことをやり倒す日」というのは定期的に作ると精神衛生上健全だ。例えば通帳記帳をする。大抵俺は通帳が繰り越されるので2冊目が発行されるのを待つ。ういーんういーんだっこんだっこんと印字されているのをぼーっと見ていると昔ワー…

  • 文字

    目が悪い。視力だけでなく視野も先天的に狭いのでしょっちゅうつまづいたりぶつかったりしている。この上あと数年で確実に老眼が来るのだと思うと自分が不憫でならない。CMでえんきんとか言うサプリを見かけるたびに「これか…」と憂鬱だ。手に持った薬の瓶の裏側を近づけたり遠ざけたりしている様子を見てため息をつく。で、ここ最近なんだけどパソコンの画面が見辛いわけ。キター!!!って思わず2003年の2ちゃんねるかってねアハハ。正確には細かい文字がなんだか見えにくくてまあ目悪いもんなって顔を近づけたのよ。でも見えにくいのね。あれれ〜おねえさん、どうして近づいても文字が見づらいのかな〜おっかしいな〜と俺の心の中の工…

  • 家の中の埃が多すぎる。引っ越す前の家でも、その前の家でもそうだったのだが、世の中の人は皆埃をどうしているのだろうか。掃除機とクイックルワイパーの他に棒の先っぽにモフモフがついたものを常備していたのだが、埃がたまるスピードが高く、あっという間に替えのモフモフが消耗していく。値段だってバカにならないので最後のモフモフを付けたまま掃除し続けていたら掃除する前より埃が増えるようになってしまい本末転倒なので埃を掃除するのをやめた。台ふきんとして使っていたボロボロになったクロスを水で濡らしてよく絞りそれで拭いてみたりもしたのだが埃が伸びるし洗うのも面倒でこれもやめた。埃の掃除の正解って何?

  • フォークデュオ

    中年男性なので会社で若手の女子社員から音楽何聞いてるんですかあ?などと言われると挙動不審気味にならざるを得ない。色々聞いてるつもりでいるにはこういうときに何にも出てこなくて「星野源が好きでさあ」などと言ってるのは自分以外の中年が言ってたらゲロ吐いちゃうな。「他には?」とどう言うわけだか食い下がられたのでApple Musicでついこの間プレイリストに追加した集団行動のことを思い出して「集団行動とか…」と言ったら「え?」と案の定言われてしまった。メンバーが遊びでやってるフォークデュオというなんちゃってフォークがどストライクだったのでYouTubeで散々トレーラー映像を見た上でライブ会場限定販売と…

  • 時は経つし役割は変わる

    としまえんだったか、おばけの格好したスタッフが水をぶっかけてくるのでちゃっちい水鉄砲でそれに対抗してね、みたいな夏休み向けのイベントを今やってますよみたいな話題を夕方にニュースで見た。貧相な体の若い女のグループが取材されており水着のままおばけの格好のスタッフ(どう見ても男)にホースとかバケツで水をぶっかけられててきゃあきゃあ言っててこれなんの性のメタファー?って思いながら俺はジムで走りながらその画面を見てた。てか地面とかメチャクチャ濡れてんのに平気で走り回ってるし子供の頃「プールサイドは走っちゃいけません」ってあれだけ教えられてたのに今はいい年こいた大人が濡れたプールサイドを走り回って遊んでい…

  • 本当に無駄に元気だな、死んだ方がいい奴ほど。

    皮肉でもなんでもなく真理。ここ最近の俺はと言えばヤケクソ気味の連続からまさかの躁状態に突入。業務上も八面六臂の大活躍、かと思えばメンタルにフィジカルが多いつかずにあっという間にダウン。ダッサ。子供を塾に入れたり宿題を手伝ったりスイミングスクール入会の手続きを進めたり。家事もまめに手伝いつつ父親の誕生日までプレゼントを用意して祝ったりと、ほんの少し前の俺では想像もできないような精力的な人間活動をしておりそろそろ電池が切れるのではないかと戦々恐々。そんなとき俺はいつも2008年頃の有吉の画像をYouTubeで見ている。彼がまだ誰彼かまわず毒づいたりしている映像は初期衝動みたいなものに満ち溢れていて…

  • 子育てあるあるなんですよ〜じゃねえんだよジジイ

    取引先で50近いオッサンと子供の話になったので話してたら俺が何か言う度に「それ子育てあるあるなんですよ〜絶対子育てあるあるなんですよ〜」と連呼しだし、そのオッサンの子供は一人で5歳であり、普通に俺はお前の子供よりデカイ子供いて二人育ててんのに何を手前の方が育児上級者みてえな視線で言ってんだと思ってしまったので社会は俺を抹殺した方がいい。それにしても「子育てあるあるなんですよ〜」じゃねえんだよジジイ。んなこと言うくらいならさっさと子供作って育てろよ。どうせテメエは外でそんなこと言う割には面倒臭えこと全部嫁にやらせてんだろうが。

  • みさきさんは前から何番目にいますか

    子供の夏休みの宿題を横でつきっきりになって見ながら進める。自分が思うようにならないとすぐにいらいらして優しくするつもりですぐに恫喝するような言い方をしている自分に気がつく。子供の考える顔を見てまた思い直すということを1時間以上繰り返した。ちびた鉛筆。ちぎられた消しゴム。なんでこんな風にするのか。問い詰めたくなる衝動をこらえて一問、また一問と進めて行く。算数と国語のドリルを半分ほど進めて今日はやめる。溜め込んでいたプリントを整理し直し、重要そうなものからゴミまでなんでもかんでも放り込んでいた学習机の中身を整理したりそんなことを繰り返しているうちに1日が終わる。選挙に行った。投票をきちんとした。何…

  • どのツラ下げて生きてんだよ

    子供二人を乗せて車で出かけたが目的地がわからず、古いナビでは道なき道を行くしかなかった。結果的にナビ上20分程度で着くはずだった場所に1時間半走り回っても辿り着けず俺は大声を出し続けて「何で俺は駄目なんだ」と怒鳴りまくった。子供もいる前で俺は時々こういうことをしてしまう。歯止めが聞かずこうしてしまうことで子供が怯えてどんな影響が出るかそれを考えれば自制すべきなのも理解していても抑えつけることが出来ずに次から次へと罵詈雑言が口から飛び出していく。小学生になり助手席に初めて座った息子は「もういいよ、もう帰ろう。大丈夫だよ」と小さな声で俺に語りかけるのが聞こえる。何をしてるんだ俺はこれじゃ字児童虐待…

  • マジでリアルが充実してる奴はSNSとかやってない

    真理。職場にクソみたいなコネ入社のハゲがおり、新人と定年後再雇用のジジイしかいねえまあ「お察し」ってとこで日がな一日時間を潰すのが仕事って感じなんだが、とにかく俺はこいつが嫌いなので遠回しに「死ね」ってことを繰り返してたんだが、流石に馬鹿でもわかるのか今日こいつと話す為に立ち上がってやったら急に肩を押さえつけられ「座ってていいから」と言われたので全身のアドレナリンがMAXでたぎったね。一人じゃ何もできねえでパパに頼んでクソみてえな会社に潜り込んでるゴミが。内臓腐ったような口臭撒き散らかして口を開けば必ず唾飛ばすは加齢臭はひどいわデブだしハゲだし風俗狂いでどうしようもねえな。おまけにボンボンで金…