searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/uparupapapa
ブログ紹介文
念願だった退職後の生活。 どう過ごしていくか暗中模索の日々で、 思いついた事をつらつら記していく
更新頻度(1年)

44回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2015/09/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オさんの読者になりませんか?

ハンドル名
uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オさん
ブログタイトル
uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オ
更新頻度
44回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オ

uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オさんの新着記事

1件〜30件

  • 『シベリアの異邦人』全編完成特集ページです。

    『シベリアの異邦人』全編完結、完成しました。これまで分散していた各編をここに集め、容易に継続して読んでいただけるよう再度upしたものです。『シベリアの異邦人』の全容と、その世界に触れていただけたら幸いです。『シベリアの異邦人』~ポーランド孤児と日本~改訂版4前編シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4前編-uparupapapaの徒然草~第2章~シベリアへの道ポーランド中部ワルシャワから約600Km東ミカシェビッヂ(現ベラルーシ領)という小さな町があった。その小さな町の片隅にヨアンナ...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4前編-uparupapapaの徒然草~第2章~ 『シベリアの異邦人』~ポーランド孤児と日本~改訂版4後編シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4後編-uparup...『シベリアの異邦人』全編完成特集ページです。

  • シベリアの異邦人 完結編  改訂版 4

    前編でのヨアンナの結婚後の描写とその後の世界を付け加えると共に、死後の異なる世界も合わせて本編で加筆したい。ワルシャワゲットー蜂起鎮圧からふさぎ込むヨアンナが、再び快活さを取り戻すべく通い詰めたフィリプが、彼女の心を掴み、愛を獲得することに成功したのが、1943年7月初めの頃だった。巷ではまだゲットー蜂起の逃亡ユダヤ人狩りが終息しておらず、時折絶望の断末魔の声が市街に轟きわたっていた。しかしそれも、沈没船の船底で生き残った乗組員が海の奥底で助けを呼び続けるが如く、絶望の淵で次第にか細く、最後は永遠の沈黙に至る様子と似ていた。この現世はまさに瓦礫と死の世界。運よく生き延びた者たち誰もが涙にくれる生活。しかし人は泣いてばかりで生きられない。どんなに辛くとも腹は減るし、睡魔は襲う。笑いと安らぎを本能的に求め、小さくと...シベリアの異邦人完結編改訂版4

  • シベリアの異邦人 完結編  改訂版 3

    前編でのヨアンナの結婚後の描写とその後の世界を付け加えると共に、死後の異なる世界も合わせて本編で加筆したい。ワルシャワゲットー蜂起鎮圧からふさぎ込むヨアンナが、再び快活さを取り戻すべく通い詰めたフィリプが、彼女の心を掴み、愛を獲得することに成功したのが、1943年7月初めの頃だった。巷ではまだゲットー蜂起の逃亡ユダヤ人狩りが終息しておらず、時折絶望の断末魔の声が市街に轟きわたっていた。しかしそれも、沈没船の船底で生き残った乗組員が海の奥底で助けを呼び続けるが如く、絶望の淵で次第にか細く、最後は永遠の沈黙に至る様子と似ていた。この現世はまさに瓦礫と死の世界。運よく生き延びた者たち誰もが涙にくれる生活。しかし人は泣いてばかりで生きられない。どんなに辛くとも腹は減るし、睡魔は襲う。笑いと安らぎを本能的に求め、小さくと...シベリアの異邦人完結編改訂版3

  • シベリアの異邦人 完結編  改訂版 2

    前編でのヨアンナの結婚後の描写とその後の世界を付け加えると共に、死後の異なる世界も合わせて本編で加筆したい。ワルシャワゲットー蜂起鎮圧からふさぎ込むヨアンナが、再び快活さを取り戻すべく通い詰めたフィリプが、彼女の心を掴み、愛を獲得することに成功したのが、1943年7月初めの頃だった。巷ではまだゲットー蜂起の逃亡ユダヤ人狩りが終息しておらず、時折絶望の断末魔の声が市街に轟きわたっていた。しかしそれも、沈没船の船底で生き残った乗組員が海の奥底で助けを呼び続けるが如く、絶望の淵で次第にか細く、最後は永遠の沈黙に至る様子と似ていた。この現世はまさに瓦礫と死の世界。運よく生き延びた者たち誰もが涙にくれる生活。しかし人は泣いてばかりで生きられない。どんなに辛くとも腹は減るし、睡魔は襲う。笑いと安らぎを本能的に求め、小さくと...シベリアの異邦人完結編改訂版2

  • シベリアの異邦人 完結編  改訂版

    前編でのヨアンナの結婚後の描写とその後の世界を付け加えると共に、死後の異なる世界も合わせて本編で加筆したい。ワルシャワゲットー蜂起鎮圧からふさぎ込むヨアンナが、再び快活さを取り戻すべく通い詰めたフィリプが、彼女の心を掴み、愛を獲得することに成功したのが、1943年7月初めの頃だった。巷ではまだゲットー蜂起の逃亡ユダヤ人狩りが終息しておらず、時折絶望の断末魔の声が市街に轟きわたっていた。しかしそれも、沈没船の船底で生き残った乗組員が海の奥底で助けを呼び続けるが如く、絶望の淵で次第にか細く、最後は永遠の沈黙に至る様子と似ていた。この現世はまさに瓦礫と死の世界。運よく生き延びた者たち誰もが涙にくれる生活。しかし人は泣いてばかりで生きられない。どんなに辛くとも腹は減るし、睡魔は襲う。笑いと安らぎを本能的に求め、小さくと...シベリアの異邦人完結編改訂版

  • 日本の社会って、こんな風に見られてる?これで良いの?

    菅新政権の動向に注目が集まっている。今後の政局を左右するから当然であろう。周庭さんが香港の自由の女神として注目され、且つ、大の日本通であり、日本びいき、アイドル性を兼ね備えた女性として、日本人にも支持者が多い。その彼女が香港当局に拘束された時、世界で一番抗議と周庭支持を訴える声をあげたのは、意外にも自国民ではなく、日本の名も無き民衆であった。その事実は地元香港はもとより全世界に驚きをもたらした。日本にもまだ『自由と人権と誇りを守れ!』との声をあげる人々が多く存在するのを私は意外に思った。当の周庭さんは自分が女神と呼ばれる事に否定的な思いを持っているという。そんな人柄の彼女の今回のツィート。政治的弾圧に晒され命の危険を感じるほどの環境の中、香港当局とその後ろの中共の存在を思うとその緊張状態は林鄭月蛾行政長官や習近...日本の社会って、こんな風に見られてる?これで良いの?

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版4

    ポーランドの首都ワルシャワは、同一の戦いに於いて異なる民族が2度にわたり蜂起した人類史上稀にみる都市である。一度目はユダヤ人、2度目はポーランド市民。そんな頃の物語。日本への初飛行1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版4

  • しあわせについて ~安倍首相の時代~

    しあわせについて/ひめゆりの塔主題歌#さだまさし【歌詞Url】https://www.uta-net.com/movie/38417/youtube#video ーYouTubeより三代目管理人様から動画を拝借、リンクを貼りましたーしあわせについて作詞さだまさし作曲さだまさし歌さだまさししあわせですかしあわせですかあなた今何よりそれが何より一番気がかりみんなみんなしあわせになれたいいのに悲しみなんてすべてなくなればいいのにどうぞ過ちは二度と繰り返さずにあなたは必ずしあわせになってください愛する人とめぐり逢えたら抱きしめた腕を緩めてはいけない風は移り気身を任せてはいけないよ時を超えて変わらないのが愛だよみんなみんなあなたが教えてくれた生きる喜び人を愛する喜びありがとうさよなら生まれ変われたならばやっぱりあなたと愛...しあわせについて~安倍首相の時代~

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版3

    ポーランドの首都ワルシャワは、同一の戦いに於いて異なる民族が2度にわたり蜂起した人類史上稀にみる都市である。一度目はユダヤ人、2度目はポーランド市民。そんな頃の物語。日本への初飛行1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版3

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版3

    ポーランドの首都ワルシャワは、同一の戦いに於いて異なる民族が2度にわたり蜂起した人類史上稀にみる都市である。一度目はユダヤ人、2度目はポーランド市民。そんな頃の物語。日本への初飛行1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版3

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版 2

    ポーランドの首都ワルシャワは、同一の戦いに於いて異なる民族が2度にわたり蜂起した人類史上稀にみる都市である。一度目はユダヤ人、2度目はポーランド市民。そんな頃の物語。日本への初飛行1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版2

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版

    1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展を見せた国だった。特に注目すべきは意外にも航空技術。ズィグムント・プワフスキという一人の天才航空技術者により、1928年直列エンジンを搭載、全金属製高翼単葉機のP.1を設計している...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版

  • シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4 前編

    シベリアへの道ポーランド中部ワルシャワから約600Km東ミカシェビッヂ(現ベラルーシ領)という小さな町があった。その小さな町の片隅にヨアンナ(5歳)という女の子が住んでいる。髪の色は薄い黒が混じったきれいなグレーで、瞳もグレー。いつも夢見るような子で、想像なのか現実なのか近所の遊び友達への不満や夢の中の友との会話をいつも大好きな母マリアに話していた。ヨアンナは雨の日以外いつも家の裏にある野の花に囲まれるのが日課。そこは彼女の聖域だった。そこではいつも事件が起きている。今朝いつも着づらく苦手だった服をやっぱり今日も上手く着られなくてボタンも段違いになってしまった事。靴を左右あべこべに履いてしまい、見かねた父アルベルトに直されたこと。嫌いなニンジンをどうしても食べられず、母にじっと見られた事。それらの失敗を野の隅の...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4前編

  • シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4 中編

    新たな旅立ち東京での彼らの生活が1年ほど続いた別れの日。当初のスタッフの決意の通り誰ひとり欠けることなく故国ポーランドに帰国できるまでになった。孤児全員に全員に衣服が新調され、航海中の寒さも考え毛糸のチョッキも支給された。しかし特別船の出航が大幅に遅れる。ヨアンナたちは横浜港から出港するときになって、本当の母親のように親身にお世話をしてくれた保母たちとの別れを悲しみ乗船を泣きながら嫌がったからであった。ヨアンナもその中のひとり。彼女はゆりかごのような第二のふるさと日本と、優しく接してくれた保母さんや他の大人たちと別れ、大切に心に秘めていた父と母さえも残してゆくような気がして、涸れるほど泣いた。涙も枯れ、ふと空を見上げると、そこに父と母の気配がした。優しい声が聞こえた気がした。「きっとお父さんもお母さんもついてき...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4中編

  • シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4 後編

    ヴェイヘローヴォ孤児院長い、長い船旅の末、孤児一行はバルト海沿岸のヴェイヘローヴォ孤児院に引き取られ保護された。入所後、何と驚くべきことに、首相や大統領までが駆け付け歓迎してくれたという。更に施設では毎日朝、庭に入所孤児が集まり「君が代」を斉唱する決まりがあった。孤児院出身者の中には医者、教師、法律家など国の復興の最前線で活躍する人材が数多く育った。他国からの侵略を受け、そして独立。苦難の道のりは民衆だけでなく、国家そのものの運命でもあった。何もかもが再生・復活の対象の中、ヨアンナ達帰国孤児にとって生活環境と教育環境の持続的改善が最重要課題だった。荒廃と再生。学校の建設と再生を急ピッチで進めなければならない。ヴェイヘローヴォ孤児院の周辺の教育環境も当然満足できる環境とは程遠かった。しかも当時、子供が教育を受ける...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4後編

  • シベリアの異邦人の原型となるエピソードを紹介した動画です。

    【日本軍】ポーランドは日本を心から愛している...756人の子供を救った https://twitter.com/watasinonahaGOA/status/1281739977190068225?s=20シベリアの異邦人のエピソードの原型を紹介した動画です。参考までにご覧ください。シベリアの異邦人の原型となるエピソードを紹介した動画です。

  • シベリアの異邦人 ポーランド孤児と日本 改訂版3 前編

    ポーランド受難史16世紀まで栄華を誇りポーランド・ルネサンスを体現した国も、1772年ロシアとのバール戦争をはじめとし1792年、94年と侵攻され列強に分割統治されポートランド共和国は消滅した。その後独立の回復を目指し何度も蜂起。しかしその都度武力で潰されポーランドに対するロシアの弾圧は厳しさを極め、多くの政治犯や建設労働者が徴用されシベリアに送られ、その子孫も含め、極東の地シベリアには4~5万人のポーランド人たちが暮らしていた。そうした気が遠くなるような長い苦難の歴史が続く中、更なる悲劇が容赦なく襲い続ける。1914年第一次世界大戦が勃発。ポーランドは戦場となり焦土と化した。1917年ロシア革命。1918年11月ポーランド独立回復。1919年ポーランド・ソビエト戦争勃発。国境画定の戦争であった。そんな頃のお話...シベリアの異邦人ポーランド孤児と日本改訂版3前編

  • シベリアの異邦人 ~ ポーランド孤児と日本~ 改訂版3 後編

    ヴェイヘローヴォ孤児院東京での彼らの生活が1年ほど続いた別れの日。当初のスタッフの決意の通り誰ひとり欠けることなく故国ポーランドに帰国できるまでになった。孤児全員に全員に衣服が新調され、航海中の寒さも考え毛糸のチョッキも支給された。しかし特別船の出航が大幅に遅れる。ヨアンナたちは横浜港から出港するときになって、本当の母親のように親身にお世話をしてくれた保母たちとの別れを悲しみ乗船を泣きながら嫌がったからであった。ヨアンナもその中のひとり。彼女はゆりかごのような第二のふるさと日本と、優しく接してくれた保母さんや他の大人たちと別れ、大切に心に秘めていた父と母さえも残してゆくような気がして、涸れるほど泣いた。涙も枯れ、ふと空を見上げると、そこに父と母の気配がした。優しい声が聞こえた気がした。「きっとお父さんもお母さん...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版3後編

  • シベリアの異邦人 ~ ポーランド孤児と日本~ 改訂版2

    ポーランド受難史16世紀まで栄華を誇りポーランド・ルネサンスを体現した国も、1772年ロシアとのバール戦争をはじめとし1792年、94年と侵攻され列強に分割統治されポートランド共和国は消滅した。その後独立の回復を目指し何度も蜂起。しかしその都度武力で潰されポーランドに対するロシアの弾圧は厳しさを極め、多くの政治犯や建設労働者が徴用されシベリアに送られ、その子孫も含め、極東の地シベリアには4~5万人のポーランド人たちが暮らしていた。そうした気が遠くなるような長い苦難の歴史が続く中、更なる悲劇が容赦なく襲い続ける。1914年第一次世界大戦が勃発。ポーランドは戦場となり焦土と化した。1917年ロシア革命。1918年11月ポーランド独立回復。1919年ポーランド・ソビエト戦争勃発。国境画定の戦争であった。シベリアへの道...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版2

  • これからちょっと長いblogをアップします。

    暇な時に読んで頂けると幸いです。これからちょっと長いblogをアップします。

  • シベリアの異邦人 ~ ポーランド孤児と日本~ 改訂版 前編

    ポーランド受難史16世紀まで栄華を誇りポーランド・ルネサンスを体現した国も、1772年ロシアとのバール戦争をはじめとし1792年、94年と侵攻され列強に分割統治されポートランド共和国は消滅した。その後独立の回復を目指し何度も蜂起。しかしその都度武力で潰されポーランドに対するロシアの弾圧は厳しさを極め、多くの政治犯や建設労働者が徴用されシベリアに送られ、その子孫も含め、極東の地シベリアには4~5万人のポーランド人たちが暮らしていた。そうした気が遠くなるような長い苦難の歴史が続く中、更なる悲劇が容赦なく襲い続ける。1914年第一次世界大戦が勃発。ポーランドは戦場となり焦土と化した。1917年ロシア革命。1918年11月ポーランド独立回復。1919年ポーランド・ソビエト戦争勃発。国境画定の戦争であった。シベリアへの道...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版前編

  • シベリアの異邦人 ~ ポーランド孤児と日本~ 改訂版 後編

    ヴェイヘローヴォ孤児院東京での彼らの生活は1年ほど続いた。別れの日。その日が近づき誰ひとり欠けることなく故国ポーランドに帰国できるまでになった。孤児全員に全員に衣服が新調され、航海中の寒さも考え毛糸のチョッキも支給された。しかし特別船の出航が大幅に遅れた。ヨアンナたちは横浜港から出港するときになって、本当の母親のように親身にお世話をしてくれた保母たちとの別れを悲しみ乗船を泣きながら嫌がったから。ヨアンナもその中のひとり。彼女はゆりかごのようなふるさと日本と、優しく接してくれた保母さんと別れ、大切な父と母を残してゆくような気がして、涸れるほど泣いた。涙も枯れ、ふと空を見上げると、父と母の気配がした。優しい声が聞こえた気がした。姿が見える気がした。「きっとお父さんもお母さんもついてきてくれる。」「きっとそうだ!」別...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版後編

  • ローマ教皇が「ゾンビの国・日本」に送った言葉 世界一他人に冷たい国に伝えたい事

    実際の記事はこちらーPRESIDENTOnline岡本純子コミュニケーション・ストラテジストーより引用。16世紀に日本に布教にやってきたフランシスコ・ザビエルが創設メンバーとなったイエズス会出身の初の教皇。11月23日に来日し、4日間の滞在中に各地を精力的に回り、多くの日本人と触れ合い、同教皇は初の南米出身で、権威をかさに着ることのない気さくな人柄や、常に「弱者」を思いやる視点に立ち、多様性や寛容性を説く姿勢で知られる。ツイッターやインスタグラムを駆使し、トランプ米大統領によるメキシコとの国境における壁の建設計画を批判したり、異教徒との対話を促進したりするなど、強い発信力と行動力を持つ改革派のリーダーだ。その心に温かな印象を残した。東京で若者向けに開かれたミサでのスピーチだ(11月25日、東京カテドラル聖マリア...ローマ教皇が「ゾンビの国・日本」に送った言葉世界一他人に冷たい国に伝えたい事

  • 私たちの記憶に遺して欲しい人

    ーフェンリル研究所様からの転載ー13'48"の動画ですが、広くたくさんの皆様に知って欲しい人物です。軍人のエピソードですが戦争の話ではありません。民族を超えた多数の人を救うお話です。人間の尊厳と、それを守るための高潔で尊い信念と覚悟のお話です。『ゼネラル樋口』ことハルピン特務機関長樋口季一郎少将。彼は軍人でありながら筋金入りの人道主義者でナチスドイツの脅しに屈せず自分の信念を貫き通した人でした。私の過去のblogにもユダヤ人迫害をテーマにした『シベリアの異邦人ワルシャワ蜂起編』という日記小説があり、『アッツ島・キスカ島戦記』でその後栄転し陸軍北方軍司令中将と紹介した樋口季一郎少将の伝記。どちらも深く重いテーマでした。私の政治信条は所謂ネット右翼と呼ばれる右派ではなく、しかし世の中の左翼と呼ばれる人たちとも一線を...私たちの記憶に遺して欲しい人

  • いのちの歌

    “今日もお母さんしてくれてる”0才の弟抱える5才の女の子に反響「尊い」「愛情を感じる抱き方」6/2(火)8:40配信ー記事と写真はこちらーお母さん曰く、長女(5才)と長男(2才)とでは次男(0才)の抱き方の安定感が違うという生後6カ月の弟を抱える5才のお姉ちゃん。その様子をご家族が「今日もお母さんしてくれてる」とツイートすると、約15万いいねの反響があり、「尊い」「泣ける」「愛情を感じる抱き方」などのコメントが寄せられた。お姉ちゃんは普段から2人の弟の面倒見が良く、3才の頃から生まれたばかりの弟に離乳食をあげたり、おしめを替えてくれたりしてくれていたという。仲良し3姉弟の日常を母・にくさんに聞いた。■美しき姉弟の絆に15万いいね「当たり前の日常が特別なことだと気づくきっかけに」「今日もお母さんしてくれてる」とい...いのちの歌

  • 『ウォルト・ディズニーの約束 』~今私たちに必要なものは~

    『ウォルト・ディズニーの約束』原題:SavingMr.Banks直訳:『バンクス氏の救済』)は、ジョン・リー・ハンコック監督による2013年のアメリカ合衆国・イギリス・オーストラリアの伝記・ドラマ映画である。1964年のディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作背景を描いており、エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、コリン・ファレルが出演した。ーWikipediaよりー私が今、この映画をテーマに取り上げたのは、社会全体に蔓延していた武漢コロナによる閉塞感から。ようやく脱却しつつある現在でも二次感染爆発への警戒感と、戸惑いと、未だに届いていない国からの救済策に不満を燻らせ、ハッキリした展望が示されない現状。一月後の希望が不透明の中、規制が...『ウォルト・ディズニーの約束』~今私たちに必要なものは~

  • 拝啓ジェームズⅠ世(財務省)様

    ジェームズⅠ世とはイギリステュダー朝エリザベスⅠ世の死後スコットランド王ジェームズⅥ(6)世がイングランド王位を継承、ステュアート朝を開きジェームズⅠ世を名乗った。(在位1603~25)王権神授説を信奉し専制政治を敷いた。ジェームズⅠ世の主張「国王はまさしく神と呼ばれてよい。何故ならば国王は地上に於いて神の権力にも似た権力を行使しているからである。神は意のままに創造し破壊し、あるいは形成し廃棄する権力、生殺与奪の権力、すべてを裁き、なにものにも責任を負わない権力を持っている。それと同じような権力を国王は持っているのであり、国王は臣下を形成し廃棄し、取捨・生殺の権利をもち全ての臣下のあらゆる場合の裁き手であり、しかも神以外のなにものにも責任を負わない。神は何を成し得るかを論じるのが無神論であり冒瀆であるように、国...拝啓ジェームズⅠ世(財務省)様

  • 檄文 ~大塩平八郎の心によせて~

    その前に・・・・・。ー楚辞ー~懐沙~石をいだく陽気盛んな夏のはじめ草木鬱蒼と茂るとき痛める胸は永くかなしみ南土をさしてひた行く湯王禹王はあまりに遠く遥か昔で追う由もない恨みを止め怒りをかえて憂いに遭うて心をうつさず願わくば我が志後の世の法(のり)とならんことを屈原註釈1:屈原(前340~278)は楚の国の宰相)。秦の張儀の謀略を見抜き、踊らされようとする懐王を必死で諫めたが受け入れられず、楚の将来に絶望して入水自殺した。春秋戦国時代を代表する詩人としても有名である。:湯王は殷の初代帝、禹王はその先代夏王朝の初代帝。どちらも名君としての伝説の王。これらの抑制された心情を礎にした、それでもやむなきを得て強く発した大塩平八郎の檄文。今の世に重ね合わせて読んでいただきたい。「これは、天から下されたものである。村々の百姓...檄文~大塩平八郎の心によせて~

  • あなたの貴重な11:44のお時間をください。

    きっとあなたの心を温かくすると思います。【感動号泣】人生のなかで「ありがとう」いえる数がしあわせの数なんだ!それが日本だよからの転載です。あなたの貴重な11:44のお時間をください。

  • クリスマスキャロル ~スクルージ(財務省)に捧ぐ~

    イギリスの文豪チャールズ・ディケンズが1843年に発表・出版した小説。『クリスマス・キャロル』守銭奴のスクルージがクリスマスイブに超常的な体験から、過去・現在・未来の旅をした結果改心をする物語。主人公の初老の商人エベネーザ・スクルージ。無慈悲・冷酷・エゴイスト・守銭奴であり人間の心の温かみや愛情とは無縁の生き方をしてきた人物である。ロンドンの下町にスクルージ&マーレイ商会を構え薄給の雇人ボブ・クラチットをこき使い血も涙もない、強欲で金儲け一筋の商売を続けていた。商売に関わる取引相手や、生活に困窮し借金を申し込む客などからその姿勢や考えにより嫌われいた。彼は7年前、共同経営者ジェイコブ・マーレイの葬儀の時でさえ彼への布施を渋り、香典を持ち去るほど徹底した金の亡者だった。あるクリスマスイブの日。仕事を終え自宅に帰っ...クリスマスキャロル~スクルージ(財務省)に捧ぐ~

カテゴリー一覧
商用