searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/uparupapapa
ブログ紹介文
念願だった退職後の生活。 どう過ごしていくか暗中模索の日々で、 思いついた事をつらつら記していく
ブログ村参加
2015/09/29
本日のランキング(IN)
フォロー

uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オさんの新着記事

1件〜100件

  • ママチャリ総理大臣 ~スピンオフ~①

    財務省主計局長佐藤鯖江の場合今から数年前、あの日は冬の寒さが一段落し、冬の最中だと云うのにさながら11月の小春日和の思わせるような季節外れの穏やかな一日だった。鯖江の夫石松は、仕事で大型商業施設(ショッピングモール)のテナントへの商品の配達途上、急に飛び出してきた猫を避けるため、急ハンドルを切った。その時の大事故で鯖江が救急病院に駆け付けた時、既に虫の息だった。鯖江は半狂乱になって、石松にしがみ付く。一緒に駆け付けた幼い子供ふたりは、小さいながらもその空気から事の重大さを何となく理解する。それまで昏睡状態に見えた石松の目が開く。「おお、庄吉(5)・・・、瑛太(3)も来てくれたか・・・。鯖江、済まない、こんな事になっちまって・・・。後は頼む。この子らを何とか育ててくれ。庄吉、後は頼むぞ・・・。お前はもう立派な男だ...ママチャリ総理大臣~スピンオフ~①

  • パパは天国にいるの?教皇フランシスコの答え

    パパは天国にいるの?教皇フランシスコの答え私はキリスト教徒ではありません。神を信じません。天国の存在も信じません。でも幸福は信じます。この子の父のあの世での幸せを願う心は尊いと思います。この子の将来には、茨の道がたくさん存在するでしょう。そしてあの世で父は、この子の幸せを願っているでしょう。この動画を見た私もこの子の将来に幸あれと心から願います。パパは天国にいるの?教皇フランシスコの答え

  • 中国の「日本を核攻撃」動画、非道な恫喝に米国で激しい反発 「単なる言葉の脅し、現実的な戦略ではない」との見方もChina Vows to Nuke Japan

    中国の「日本を核攻撃」動画、非道な恫喝に米国で激しい反発「単なる言葉の脅し、現実的な戦略ではない」との見方も|JBpress(ジェイビープレス)このところバイデン政権は、中国の核戦力の増強や「核先制不使用」政策の変更の兆しに懸念を表明していた。だから、たとえ民間とはいえ明らかに中国当...JBpress(日本ビジネスプレス) https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/66240ChinaVowstoNukeJapan何故日本のメデイアは報道しないのか?この脅しを日本人は知らなくてもよいのか?この国の政治屋さんたちは問題視しないのか?この国の資本はこのきにを見限ってどんどん中国に進出しているが、それは利敵行為ではないのか?特にホンダやパナソニック。東京オリンピックが中国発のコロナ...中国の「日本を核攻撃」動画、非道な恫喝に米国で激しい反発「単なる言葉の脅し、現実的な戦略ではない」との見方もChinaVowstoNukeJapan

  • クリスマスキャロル(Christmas carol)1970年ミュージカル

    1時間52分の映画です。blogにしては尺が長いです。長過ぎです。でも人生に重い荷物を背負い過ぎた全ての皆様、ご多忙とは思いますが、今観る暇が無くてもクリスマスまでにご覧いただく事をお勧めします。https://youtube.com/watch?v=gdXhcxIPJ-oきっと幸せが見えてきます。きっと・・・・・クリスマスキャロル(Christmascarol)1970年ミュージカル

  • ママチャリ総理大臣~時給1800円~第18話、最終回

    第18話勘の鋭いエリカは、平助の締まりのない顔が更に緩み切っている変化に気づかない筈はない。今までの経緯から考えると、カエデとの仲に何か進展があったのか?と考えるのが普通である。そうに違いない当然暫く様子を見ながらその原因が何処にあるか探ろう。そういう結論に達するとエリカの行動は早い。ウジウジ考え、いたずらに時を浪費するのはエリカの性分には合わないから。早速、直接確かめることにした。現在官邸では重要な閣僚会議が開かれている。樋口復興環境大臣が発言している最中なのに、首相秘書であるエリカが平助の元に歩み寄り何かのメモを渡した。そのメモを何気に開く平助。そこには『コラ!平助!!アンタ、カエデと何かあったの?下心がダダ洩れ!!垂れ流しまくっているぞ!何があったか白状しなさい!!このスケベ!』と書かれている。隣の席の田...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第18話、最終回

  • ママチャリ総理大臣~時給1800円~第18話、最終回

    第18話勘の鋭いエリカは、平助の締まりのない顔が更に緩み切っている変化に気づかない筈はない。今までの経緯から考えると、カエデとの仲に何か進展があったのか?と考えるのが普通である。そうに違いない当然暫く様子を見ながらその原因が何処にあるか探ろう。そういう結論に達するとエリカの行動は早い。ウジウジ考え、いたずらに時を浪費するのはエリカの性分には合わないから。早速、直接確かめることにした。現在官邸では重要な閣僚会議が開かれている。樋口復興環境大臣が発言している最中なのに、首相秘書であるエリカが平助の元に歩み寄り何かのメモを渡した。そのメモを何気に開く平助。そこには『コラ!平助!!アンタ、カエデと何かあったの?下心がダダ洩れ!!垂れ流しまくっているぞ!何があったか白状しなさい!!このスケベ!』と書かれている。隣の席の田...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第18話、最終回

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~ 第16話、第17話

    第16話地震とアメリカ対策6年前のネット政変以降、南海トラフ大地震対策は加速度的に進められている。政変以前の旧政治体制下では近日中のいつかは必ず発生すると断定されているのに、大規模地震の対策は何もとられていなかった。与党・野党など議会の不毛な対立と省庁の無能な仕事しかできない高級官僚たちにはそんな災害などどうでも良かった。予防的災害対策など自分にとって業績の評価にならないし、立場保持や蓄財には何の利益も生まない。起きるかどうかわからない不確実な災害への対策やら努力なんて、何の得にもならない。国民がどれだけ犠牲になろうが(安全なところにいる)自分は痛くも痒くもないから何もしないのだ。しかし、庶民は違う。今まさに自分の生活圏の近未来が危険に晒されている事が分かっている。そんな状態の今、直接ネット民主制に変わり、政治...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第16話、第17話

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~ 第14話、第15話

    第14話恋の行方と結束カエデと平助が顔を見合わせヒソヒソ話をする。「ねぇ、ちょっと平助!!どぉ云う事?」「知らねぇよ。エリカに格安温泉旅館の予約を頼んだらどういう訳かこうなったらしい・・・。」「格安?あなた、私との初めてのドライブ旅行が何で一泊なの?しかも温泉じゃなくて海にドライブって言ってたのに、どうして団体旅行の送迎バスなの?平助はしけたママチャリだけで車なんて持っていないのは知ってるけど、レンタカーでも借りて行くと思っていたのに・・・。しかも格安旅館?日帰りじゃなかったの?下心見え見えだし、私と初めて一緒に過ごす時間を安く上げようだなんて・・・。このスケベ!!アンタって最低ね!」「そんな風に言うなよ。もしもの時のために宿泊手段をリザーブしていただけじゃん。大体ボクの『流星号』を「しけた」って言うな!」「も...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第14話、第15話

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~ 第12話、第13話

    第12話Joker(ジョーカー)大統領彼の国のネット政変は『第二天安門政変』と呼ばれるようになった。政権が倒れる時。近平が言った。『アイヤー!平助のせいでワイの政権が倒れてしまったアルヨ。政権どころか、党も何もかも失ったアル。平助は同じ『平』の字がつくのに極悪非道の男アル。』自分の非を棚に上げて日本の庶民出身の平助を詰(なじ)る近平であった。政変後の動乱とその後のネット民による実質政権奪取は、日本にとって軍事脅威の回避を齎(もたら)した。尖閣諸島侵攻作戦は、彼の国が推し進めた右肩上がりの軍拡の末、実行された軍事行動であった。軍事力を行使した侵略は、それを実行するためには強力な権限を持つ政権である必要がある。しかしネット民によって再構築された政権では、侵略戦争という強力な軍事行動を統率できない。その一方で着々と拡...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第12話、第13話

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~ 第10話、第11話

    第10話ネット言論統制数年前の尖閣諸島争奪紛争は、日本の奪還作戦成功による一応の既決をみた。しかしその後の処理が捗(はかど)らず、未だ平和条約は結ばれていない。と言っても本来、彼の国とは1978年に平和友好条約を結んでいたハズなのに彼の国の突然の尖閣武力侵攻をきっかけとして、一方的に廃棄された経緯がある。そんな国との間に新たな条約を結べるほど信頼関係を構築できるわけがない。だから双方の国民には互いの国との平和を訴える機運など全くなく、国交は断絶したままだった。そこにきての平助のサミットでの演説は彼の国に大きな論争を引き起こす。曰く、あの生意気な小日本を再び武力で鉄槌を下し、今度こそ息の根を止めるべきとか、核ミサイルでもぶち込んでやるべきとか、かなり感情的で、極端で物騒な意見が台頭した。当初彼の国のSNSではその...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第10話、第11話

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~ 第8話、第9話

    第8話今日はいつになく、仕事が早く片付いた。多少季節外れだが、カナダサミットを目前にしてかねてから約束していた内輪だけの牡蠣(かき)鍋パーティーをする事にした。もちろんそれはサミット壮行会を兼ねてはいたが、素人外交に大いに不安を残す平助に、色々レクチャーするためでもあった。首相官邸の小会議室のテーブルと椅子を部屋の隅に追いやり、何処からか用意した炬燵(こたつ)を2セット並べ真ん中に置く。今日のメンバーは1のテーブルに私、平助の他、いつもの田之上官房長官、角刈りの杉本、外相の井口(元『いっぱいしゃべれる英語塾』講師)、2のテーブルにお目付け役の板倉、財務省主計局長の佐藤のおばちゃん、更に何故か、呼んでもいないのにカエデとエリカが紛れ込んでいた。それぞれのテーブルにはグツグツ煮え立った鍋と缶ビールやレモン酎ハイやら...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第8話、第9話

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~ 第7話、第8話

    第7話平助の所信表明演説の後、カエデと秘書のエリカの平助に対する言葉遣いに変化が見られた。カエデが平助を呼ぶとき「サルマタヒコ」から「平助君」に戻ったし、エリカは目を見て話すようになった。また先日は晩御飯のおかずが一品増えたし、何と!あのカエデが化粧をしている!!更にふたりとも話すときの物腰が柔らかくなったような気がする。今日は官邸での執務の合間、3時のおやつに『午後3時の紅茶ミルクティー』と『大正の超特大プリン』が出された。どうやら私の嗜好をカエデからエリカに伝えられているらしい。でも出来れば、せめて紅茶はペットボトルのまま無造作にもってくるのではなく、ティーカップも持ってきてくれると嬉しい。甲斐甲斐しい物腰で「プリンと紅茶でございます」と出しながら言い、ワザワザ「ホントはお出しするのは秘書である私の仕事では...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第7話、第8話

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~ 第4話、第5話

    第4話今日は朝から土砂降りの雨だった。こんな日は本当についていない。雨合羽を着て、いつものようにチャリンコ『流星号』に乗る。こんな日の通勤くらいは、車か電車にすりゃ良かったと後悔した。でもあの狭い軽の送迎は窮屈で息がつまる。あの男臭い車内はどうにかならないのか?電車の駅に行くにも徒歩で駅に行く位ならチャリンコを使いたい。更にその電車も、朝の通勤ラッシュの満員電車なら軽の送迎と大して変わらないし。今日は昨日の深酒が祟り、朝寝坊していつもより出勤時間が遅い。しかもいつもの通勤経路は雨と時間帯が遅くなった分、渋滞も激しい。チャリだけなら道を縫って行けるが、軽の行列付きだとそれも無理。お陰で官邸に到着したのが大幅に遅れ、急いでタイムカードを入れたが2分の遅刻となってしまった。教育係の板倉が執務室前で仁王立ちになり、「総...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第4話、第5話

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~ 第2話 第3話

    第2話私竹藪平助は、首相官邸への通勤にママチャリを使う。官邸は本来首相の住居を兼ねる筈だが、そんなところに住んでいては国民の声が届かず、国民生活の実態が見えない。更に幽霊が出るとの噂があり、ネット暴動政変以降、歴代の首相で官邸や敷地内のそれに隣接する私邸に住んだ者はいない。私もその例にもれず、自分の私邸から通っている。私邸?一階がラーメン屋『蓬莱軒』の店舗で、その2階の6畳一間を私邸と呼ぶなら確かにそうだが・・・。一応そこは『むつみ荘』という名がある。その住人の私は官邸までの道のりを3年前近隣のホームセンターで買った12800円の愛車(ママチャリ)マッハ15の『流星号』で通う。本当は首相にはVIP送迎という特典は有るのだが、就任初日から3日で利用を辞めた。何故ならその送迎車が実に狭い。政変以前の首相送迎車と云っ...ママチャリ総理大臣~時給1800円~第2話第3話

  • ママチャリ総理大臣 ~時給1800円~

    プロローグすみません、いきなりタイトルで見栄を張って嘘をつきました。実は私の時給、午前中分は東京都の最低賃金である1030円。午後分以降は表題通り1800円です。どうして午前中と午後では時給が違うの?そもそも内閣総理大臣の報酬が何故時給なの?その謎をこれから順を追って説明します。まず、何故午前中は安い?それは首相の職務のスケジュールを見ると分かります。一般的に首相の執務はAM9:00から。まず最初にやる仕事が内閣総理大臣決済の書類にハンコを押す事。一日約300件以上の決裁書類にハンコを押さねばならないけれど、ただ押すだけなら単純作業だしそんなに時給が高くなくても良いだろうと云う事。だから12:00まで死ぬ気で頑張ってハンコを押し続けても時給は1030円です。(しかも、もし300件押印のノルマが達成できなければ、...ママチャリ総理大臣~時給1800円~

  • 国民の英雄たるもの、国民から遠く離れていてはいけない。高い台座に上って、国民の生活と無縁なところに収まるべきでない。~チェ・ゲバラ~

    もうすぐ新しい日本の首相が決められるそうな。そういう指導者候補たちに贈ります。左翼だの、右翼だの、保守だの、革新だのの思想の話ではありません。リーダーの心構えの話です。この曲は革命家チェ・ゲバラの精神が世界を席巻していた頃の歌です。あの頃の熱い情熱を思い出してください。若しくは思い起こしてください。あなたの魂に響け!!ThunderclapNewman-SomethingInTheAir(1969)この曲は映画『いちご白書』の挿入歌にも使われた歌です。先ほど思想の話ではないと云いましたが、私は共産主義や社会主義革命が嫌いです。武力革命を成し遂げたソビエトや中国を見てみると良い。人民だの、民衆だのと一般大衆を煽てあげ、政権を獲得した途端、民衆から自由を奪い服従しない者は容赦なく処刑する。スターリンも毛沢東も何千万...国民の英雄たるもの、国民から遠く離れていてはいけない。高い台座に上って、国民の生活と無縁なところに収まるべきでない。~チェ・ゲバラ~

  • 『奇跡 〜大きな愛のように〜』 さだまさし

    『奇跡〜大きな愛のように〜』さだまさし私には大切な人がいます。とても大切な人です。この曲を聞く度、その人を思います。『奇跡〜大きな愛のように〜』さだまさし

  •  アッツ島・キスカ島戦記~兵士たちの想い~ アッツ島編 改訂版

    まえがき貴方は昨今の世の中、何故か映画やテレビ、ゲームの世界に於いて『ゾンビ』が登場するのを見たことがあるか?大抵の人はご存知だろう。あの『ゾンビ』とはいったい何者?私はその由来を知って吐き気を催すほど嫌悪した。ゾンビたちは死人が蘇り人を襲う化け物として描かれる薄気味悪く、危険で醜悪な存在だ。何とその発想の元となったのは、一説によると旧日本軍の兵士たちであるというのだ。祖国のために命を賭した英霊に対し、あまりに不遜・無礼な発想である。心ある日本人ならば、そんな話題は決然と遮り、その後の会話を拒否するだろう。しかし日本の敵だった対戦相手の立場になれば、話は大きく変わってくる。敵である以上、日本の兵士に対する敬意や遠慮は無用であり、無神経に揶揄し、不当に蔑む態度をとるのもお構いなしである。更に言えば相手を見くびり、...アッツ島・キスカ島戦記~兵士たちの想い~アッツ島編改訂版

  • 竹内まりや 駅

    印象に強く残る動画です。駅/竹内まりや【ver.2.0】.mp4駅/竹内まりや【ver.2.0】.mp4竹内まりや駅

  • 時代背景(2)

    日本という国は、明治維新以降、2度破滅的変化が起きている。1度目が1930年代の軍部の台頭。2度目が1990年代の小泉・竹中の台頭。一度目も2度目も国際社会の大きなうねりの中で生きる以上、一番の選択と思われた。しかし、その後の現状を見ると、限りなく国力をそぎ落とし、国運を危うくしている。ここでは1度目の時代背景を見ていきたい。前回の日記で幕末から第二次世界大戦前夜までの主にアメリカとの関りについての私なりの分析を簡単に述べてきた。今回はその後に引き継ぎ、何故日本は愚かな戦争に突き進んだのか考察したい。驕り高ぶる日本の意識明治維新は外圧への極端な危機意識が働き、政治を動かし、国力を高め、国際的地位の向上に努めてきた。一挙手一等足が緊張感を帯び絶対失敗は許されぬ環境にあった。だから本来無謀な大博打であるはずの日清・...時代背景(2)

  • 時代背景(1)

    私の書いた小説(小説?おこがましい!!ただの作文であり日記です)は、時代背景が幕末から第二次世界大戦を舞台にしたものが多い。(シベリアの異邦人、アッツ島・キスカ島戦記、こりゃ!退助!!)こんな私の拙作ですが、歴史が不得意と仰(おっしゃ)る読者様からもコメントやリアクションを多数いただき、心から感謝しております。私は少しでも多くの皆様に伝えたい事を解っていただきたい。だから可能な限り難解な表現を避け、分かり易くしてきたつもりです。でも、それでも難しい?歴史ってひとつひとつの事件だけに注目していると、結局何も分からないままで終わってしまう。そう思います。だから今回は、今までの作文の時代背景を私なりにひとつの『流れ』としてまとめてみました。私の歴史観は私独自のものであり、「その見方には賛成できない。」と感じる方も多く...時代背景(1)

  • これがいつもの私の頭の中です。

    いつも政治的メッセージの強いblogばかりupしていると、こいつの頭の中はそればかりしかないのか?と思われると寂しいので、今日はいつもと違う内容をupします。私は小6から由紀さおりさんが好きで今でもほぼ毎日聴いています。勿論他の人の歌も大好きでカラオケも歌います。でも今日は馬鹿の一つ覚えみたいだけど由紀さおり特集で攻めたいと思います。嗜好に好みの差がはっきり現れるかもしれないけど、もし良かったら聴いてみてください。mybreaktimeです。今まで持っていた印象と違うかも?生きがい-由紀さおり(歌詞CC付)1970年11月発売オリコン最高位6位(1971年)作詞山上路夫作曲渋谷毅編曲渋谷毅https://youtu.be/GHwJMXRA4pA天使のスキャット-由紀さおり(歌詞CC付)1969年7月発売オリコ...これがいつもの私の頭の中です。

  • そんなの知らなかったよぉ!!

    次回blogの資料探しをしていたら、こんな動画を見つけました。この動画が100%正解なのかは保障の限りではありませんが、今まで私が抱いていた素朴な、そして漠然とした歴史的疑問が解けた気がします。私なりに合点がいったのです。『戦争の勝敗より人命を』との考え方に立ったら先の大戦での日本の敗北をグチグチ語るのは好戦主義者のボヤキだと思ってきたが、さすがにこれは無視できない歴史的事実として心に留めておくべきだと思い、拡散します。一部の無能な軍部の司令官が引き起こした大罪。自らの功名心が引き起こした数多くの戦争犠牲者の発生。彼ら無能で、木偶の坊で、売国の輩が居なければ、東京を中心とした大空襲も広島・長崎の原爆も、ソ連参戦の犠牲者も無かったかもしれない。そう思うと慙愧(ざんき)に堪えません。(2編合わせて1時間以上なので興...そんなの知らなかったよぉ!!

  • 『こりゃ!退助!!』~1~10~を【小説家になろう】にUPしてみました。

    こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(1)~(10)R15残酷な描写あり時代小説板垣退助後藤象二郎中岡慎太郎山内容堂福岡孝弟ネット小説大賞九集英社小説大賞2ESN大賞3O...小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n1186gy/『こりゃ!退助!!』~1~10~を【小説家になろう】にUPしてみました。

  • 『シベリアの異邦人』~完結編~を【小説家になろう】に投稿してみました

    シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~-シベリアの異邦人~完結編~時代小説ネット小説大賞九キネノベ大賞2HJ2021集英社小説大賞2OVL大賞7ESN大賞3ポーランド孤児シベリア孤児小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n2425gy/4/『シベリアの異邦人』~完結編~を【小説家になろう】に投稿してみました

  • 『シベリアの異邦人』ワルシャワ蜂起編を【小説家になろう】に投稿してみました。

    『シベリアの異邦人』三部作第二弾≪ワルシャワ蜂起編≫を【小説家になろう】に投稿しました。もし良かったら読んでみてください。シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~-ワルシャワ蜂起編時代小説ネット小説大賞九キネノベ大賞2HJ2021集英社小説大賞2OVL大賞7ESN大賞3ポーランド孤児シベリア孤児小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n2425gy/3/『シベリアの異邦人』ワルシャワ蜂起編を【小説家になろう】に投稿してみました。

  • 『シベリアの異邦人』前編を【小説家になろう】に投稿してみました。

    皆様、永らくご無沙汰しておりました。最新作は目下題材等、模索中です。その代わりと云っては何ですが、以前gooblogにて掲載していた『シベリアの異邦人』シリーズを【小説家になろう】にも投稿してみました。細かい規約等の都合上、多少の改編箇所があります。もし良かったら、改めて読んでいただけると嬉しいです。シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~-ポーランド孤児から見た戦争と日本の暮らし時代小説ネット小説大賞九キネノベ大賞2HJ2021集英社小説大賞2OVL大賞7ESN大賞3ポーランド孤児シベリア孤児小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n2425gy/1/『シベリアの異邦人』前編を【小説家になろう】に投稿してみました。

  • 『シベリアの異邦人』前編を【小説家になろう】に投稿してみました。

    皆様、永らくご無沙汰しておりました。最新作は目下題材等、模索中です。その代わりと云っては何ですが、以前gooblogにて掲載していた『シベリアの異邦人』シリーズを【小説家になろう】にも投稿してみました。細かい規約等の都合上、多少の改編箇所があります。もし良かったら、改めて読んでいただけると嬉しいです。シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~-~ポーランド孤児と日本~後編時代小説ネット小説大賞九キネノベ大賞2HJ2021集英社小説大賞2OVL大賞7ESN大賞3ポーランド孤児シベリア孤児小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n2425gy/1/『シベリアの異邦人』前編を【小説家になろう】に投稿してみました。

  • 2021/07/26

    先人の勇姿、CG画ながら泣けます竹内まりやの返信にのせて、、、https://share.buzzvideo.com/s/RrjYweYRタップして反応がなければ、URLを長押ししてみてください。8月15日の終戦記念日は過ぎました。でも1945年8月15日が過ぎても戦闘は続いています。その後もソ連軍の侵攻があり、戦争は終わっていなかったのです。神風特攻隊だけが特攻ではなく、人間魚雷『回天』や、戦闘中の兵卒たちの銃弾が尽き、銃剣を構えての突撃も特攻です。軍犬が爆弾を背負わされて突撃した例もあります。戦争に参加し、犠牲になった人々全てに黙祷。2021/07/26

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(45)

    第45話最終回同1891年(明治24)、退助は立憲改進党、大隈重信と会談、民党連合を形成、連携した。その後の民党連合と政府の官吏党は、議会運営で対立を深める。第二議会に於いて自由・改進両党は多数派を形成した。そして政府提出議案を悉(ことごと)く否決、対抗する政府は直ちに議会を解散する。そして品川内務大臣が政府系機関を動員、民党に対する選挙干渉を行う。買収、暴漢を使った警察官による脅迫、政府と関係する銀行、商社員、取引ある商工業者への投票妨害、選挙投票所前での暴漢奔走の威嚇行為。この結果、多数の有力民党議員が落選した。それでも妨害にめげず、依然として多数派を形成する。その後も民党への干渉は続き、自由党のみならず、立憲改進党も深手を負う。結果立憲改進党は求心力を得るため立憲革新党・大手倶楽部や国権派と合同し進歩党を...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(45)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(44)

    第44話大隈重信卿1884年退助の自由党は解党し、同年末、立憲改進党党首大隈らが脱党、こちらも事実上分解した。これにより自由民権運動は一時衰退したが、1887年(明治20)10月、片岡健吉(元迅衝隊左半大隊司令、退助の右腕)が元老院に建白書を提出。この建白書をきっかけに起きた政治運動を三大事件建白運動と云いう。この建白は「外交策の転換・言論集会の自由・地租軽減」を要求し、民権運動は再び激しさを増した。この社会のうねりを見て象二郎が動いた。象二郎は自由民権運動各派が再結集、大同団結運動を興し、来るべき帝国議会第一回衆議院議員総選挙に臨む。帝国議会を舞台に議会政治を打ち立て条約改正、地租改革・財政問題にあたるべきと唱え、旧自由党・立憲改進党の主だった人々に呼びかけた。だが、この時自由党元総裁の退助は自分が疎外された...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(44)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(43)

    第43話結婚攻防戦「・・・・なんで?」予想外の答えに唖然とし、呆けた顔の退助が聞く。「だって、旦那様は伯爵様ではないですか。旦那様と結婚すると云う事は、私は『伯爵夫人』になると云う事ですよ。私が伯爵夫人?恐れ多いでしょ?可笑しいでしょ?私を知る者は皆、『臍で茶を沸かす』と云って笑うでしょ!私を笑うと云う事は、私を妻にする旦那様も笑われると云う事。貴族の作法も知らぬ私が、どうして伯爵夫人になれるでしょうか?」「何ぁ~んだ、そんな理由か?それなら・・・」退助が言い終わらない間に絹子が口を挟む。「それだけではありませぬ。旦那様は変なオジサンだし、(象二郎たち家に来てバカ騒ぎする)お仲間も変だし、お金持ちなはずなのに、いつもピーピー言ってるし、女癖が悪そうだし、オナラが臭いし、時々「クソ!クソ!クソ!」って地団駄踏んで...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(43)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(42)

    第42話叙爵の恩命と三顧の礼退助の自由民権運動は運動の過激化と政府の弾圧により閉塞感を強め、次第に萎(しぼ)んできた。過激派自由党員が起こした主な事件。1881年(明治14)秋田事件1882年(明治15)福島事件1883年(明治16)高田事件1884年(明治17)群馬事件、加波山事件、秩父事件、飯田事件、名古屋事件1885年(明治18)大阪事件1886年(明治19)静岡事件事件は次第に過激化し、暗殺や爆発物によるテロ、活動資金集めに銀行強盗を計画するなど、思想犯としてより、凶悪な犯罪者の様相を呈してきた。退助はそんな状況を企図した訳ではなかったが、自分が提唱した自由民権運動の広がりが、こんな結果になってしまった事に強い責任を感じる。有る日退助は伊藤博文と会見する機会があった。(その会見は後述します)冒頭、伊藤は...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(42)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(41)

    第41話秩父事件1884年(明治17)10月29日自由党は解党した。その2日後の10月31日、秩父事件は起きる。秩父事件とは、埼玉県秩父の農民が起こした明治一揆である。その規模は、近隣諸県(埼玉県の他、群馬・長野)に及び、自由民権運動に触発された事件としては、参加人員数千人規模の、空前の武装蜂起事件と云えた。前話でも少し触れているが、1881年(明治14)大蔵卿に就任した松方が執った松方財政(通称:松方デフレ=西南戦争で生じたインフレを是正するための、デフレ誘導の経済政策)は、脆弱な農業の経済基盤を直撃、農作物価格の下落を招く。決して裕福とは言えない下層農家にその影響が直撃、深刻な困窮状態に陥った。更に生糸の国際市場価格の大暴落が発生、日本の国内取引価格もつられて暴落する。特に養蚕農家が多い地域はその二重の下落...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(41)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(40)

    第40話罠明治十四年の政変をきっかけに大隈重信が下野し、政府は伊藤博文の専制が固まった。その結果、政府部内から民権運動擁護派は一掃され、弾圧政策と、懐柔策による内部分裂策動が同時進行する事となる。伊藤はまず、後藤象二郎に食指を伸ばす。憲法制定と議院設立を目指すならまず、先行した欧州などの実情を視察し我が国に活かすべきであると、欧州視察旅行を勧めた。しかしそれは巧妙な罠だった。象二郎は退助を誘い、まんまとその罠にはまった。象二郎は伊藤の企てに気づかず、得意の錬金術で渡航費用を工面した。(財閥三井を言葉巧みに説得、資金を供出させたのだった。)退助は費用を捻出できたなら、洋行しても良いと、誘いに応じただけであった。だがその費用は、実は政府からの拠出であるとの疑惑の噂が新聞報道で流布される。意図的に流された誤報。当然政...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(40)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(39)

    第39話「板垣死すとも自由は死せず」1882年(明治14)伊藤博文と大隈重信の確執の結果、明治十四年の政変が起きる。参議の大隈は、国会の早期開設を唱えていた。しかし時期尚早派の同参議、伊藤博文との主導権争いに敗れ下野したのだ。大隈は自由党を結成した退助に次いで、1882年3月14日、新党結成趣意書を発表、4月16日、東京明治会堂で立憲改進党の結党を宣言した。初代党首(総理)は大隈重信、副総理に河野敏鎌、これに自由党から分裂し立憲改進党の立党に合流した都市士族民権派、沼間守一、尾崎行雄(父行正は断金隊2代目隊長であり、本人は国会議員在位世界最長の記録保持者)、前島密(郵政創設の父)など、草々たるメンバーが参加し、盛大に結党式が行われた。これで自由党と立憲改進党の二大政党が出そろい、政府と対峙する事となる。新たなラ...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(39)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(38)

    第38話自由党1880年(明治13年)11月10日、国会期成同盟の大会にて植木枝盛、河野広中らが政党結成の提案を提出、「自由党準備会」を発足し、自由党結成盟約4か条を定めた。(第2次)愛国社の使命は次の段階へと発展する。1881年(明治14)明治天皇より国会開設の詔(みことのり)が発布される。10年後、帝国議会を開設すると云う政府の約束を取り付ける事に成功したのだ。退助の目指す自由・平等・人権の確立のための第一関門突破の瞬間であった。退助はここに日本初の近代本格政党である、『自由党』を結成した。初代党首(総理)は退助。後藤象二郎は常議員として参加した。結党の理念は当時士族の支持者たちの間で急速に普及したフランス急進思想(ルソーなど)の影響にて、一院制・民本主義・尊王・公正な選挙制度を掲げる。退助は西洋の啓蒙思想...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(38)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(37)

    第37話国会期成同盟西南戦争、立志社の獄に加え退助の参議復帰により、出来たばかりの愛国社は自然消滅した。(第一次愛国社)明治新政府以降、不平士族の反乱は征韓論をきっかけに起きた明治6年政変以降、頻発している。佐賀の乱(江藤新平)、神風連の乱(熊本、廃刀令に反発)、秋月の乱(福岡、神風連の三日後)、萩の乱(山口、秋月に呼応)。そして極め付けが西郷隆盛の私学校が起こした西南戦争。それら不平士族の反乱は政府により、悉(ことごと)く潰された。それは士族民権運動の終焉を意味し、不平士族たちの武力に頼った運動は、武力によりねじ伏せられ終わりを迎えたのだった。しかし、それは民権運動の消滅を意味しない。運動の主体が士族(士族民権)から農民へ移るきっかけとなる。士族に代わり立ち上がったのが、何の力も持たない、(国民の大半を占める...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(37)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(36)

    第36話愛国社退助が征韓論で敗れ下野した時、実は彼に対する批判が多くあった。曰く、「板垣が民撰議院の設立に対し、本気で取り組むつもりなら、何故参議の職を辞した?政府部内に残り、いわば強引にでも改革の旗振りをすべきではなかったか?」大阪会議を受け、退助は旧愛国公党設立時の同志たちを再結集させた。民撰議院設立建白書を退出するために設立した愛国公党は政府による拒絶により一時、自然消滅したが、その機運までもが消滅した訳ではなかった。退助は性懲りもなく愛国公党に代わり「愛国社」を設立する。<おさらい>退助が下野してからいくつもの政治結社を結成している。東京に愛国公党、(1874年)土佐に立志社、(1874年)大阪に愛国社。(1875年)(日本史上、退助が結成した愛国社は、後述するが、その直後また自然消滅。その後退助と、そ...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(36)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(35)

    第35話大阪会議大久保利通は追い詰められていた。維新政府から次々と要人が下野し、反政府の反乱が起きるなど、不満が国中に充満している。征韓論で西郷隆盛、板垣退助、後藤象二郎、江藤新平、副島種臣らが下野。やむを得ず維新政府の残留組、岩倉具視・大久保利通・木戸孝允・大隈重信伊藤博文・片岡健吉らが政府を再編する。しかし6月政変の影響は大きく、下野し、即座に帰郷した西郷らが、鹿児島に私学校結成。県政の壟断問題が起きる。一方退助、象二郎らは1874年(明治7)1月12日愛国公党を結成、民撰議院設立建白書を提出した。同年1月14日、土佐の不平武士による岩倉具視暗殺未遂事件が起き、更に2月江藤新平の佐賀の乱が勃発した。追い打ちをかけるように台湾出兵が議論されると、征韓論を否定しておきながら、台湾への出兵は矛盾であるとして、4月...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(35)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(34)

    第34話立志社退助の演説は強い反響を得た。しかし聴衆の心を揺さぶっても、その大半は貧しい生活のどん底にいた。どんなに希望を以って戦えと云われても、明日の生活に事欠く身では動きが取れない。民権運動に参加し、活動する余裕などない。有難い話が聴けたと満足するのが関の山なのだ。それでも全く成果が無かった訳でもない。農村の民の参加は得られなかったが、賛同の機運の手ごたえはあった。それに、農民たちの代わりに士族たちの支持を得ることができた。維新以降、武士は士族へと変わり、既得権が消滅してゆくにつれ、不平を持つ者たちが数多(あまた)でる。彼ら不平士族たちは、やり場のない不満と怒りの矛先を、自由民権運動へと傾注するのだった。そうした彼らを結集し、1874年(明治6)、片岡健吉(元迅衝隊左半大隊司令、後に衆議院議長を務める)を社...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(34)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(33)

    (第33話)「諸君!!」1874年(明治7)年1月12日、幸福安全社を基礎に広く同志を集め、東京銀座の副島邸に愛国公党を結成。日本初の政治結社となった。その理念は、天賦人権論に基づき、基本的人権を保護し、政府に民撰議院設立を要求する事にある。退助は、象二郎、江藤新平、小室信夫、由利公正、岡本健三郎、古澤滋らと共に左院に対し『民撰議院設立建白書』を提出した。だが大久保率いる政府に時期尚早として却下される。退助たちの行動は実に画期的ではあったが、永く封建制が続いた明治初期には民主主義の概念が存在しない。やはり、大久保の言う通り時期尚早であった。退助は思った。日本全国に我らの志(こころざし)を伝えねばならない。粘り強く訴えなければ、機運は育たない。それならばワシは国許の土佐に帰り、まず、土佐人に浸透させる。初心に還り...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(33)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(32)

    (第32話)*今日登場する面々は、皆政府高官だったので直ちに生活苦に陥るような人たちではありません。ハッキリ言ってお金持ちです。女将のお菊を含め、全員承知の上での会話である事を踏まえてお読みください。征韓論に敗れ下野した退助と象二郎。失業者同士、傷を舐めあう残念会を日本橋のお菊の料亭『むろと』で開いた。そこには呼んでもいないのに江藤新平と元外務卿福島種臣もついてきた。実は大久保の狙いは西郷や板垣の追放ではなく、江藤や反長州閥の追い落としにあった。目ざわりだったのはいつも反発ばかりの江藤一派だったのだ。大久保にとって西郷、板垣は新政府にとってなくてはならない存在。本気で追い出す気はなかった。とはいえ、結果はその後の政局に大きな影響を及ぼす明治六年の政変に発展してしまった。残留政府高官組は狼狽し、その後の処理には大...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(32)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(31)

    第31話征韓論岩倉使節団の洋行中、西郷、板垣たちの留守部隊は次々と新たな国造り施策を実行してきた。彼らの仕事は国内政策に留まらず、列強諸国との外交諸般の他、近隣諸国との新たな条約締結にも及んだ。そこで、まず最初に取り組まなければならない国。それが隣国『李氏朝鮮』である。当時李氏朝鮮は、摂政の興宣大院君が極端で過激な鎖国・攘夷政策を取っていた。好むと好まざるとにかかわらず、一番厄介で縁が深い国。特に江戸時代の李氏朝鮮は、日本の将軍が代替わりする度朝鮮通信使を送ってきた。(計11回)一回に470人から500人と云う規模で、随行の対馬藩の役人及び、警護1500人ほどが加わる。対馬藩士が随行の任にあたった訳は、1675年(延宝6)釜山に草梁倭館建設、外交拠点として対馬藩士が常駐、貿易や、通信使関連の連絡、情報収集の任に...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(31)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(30)

    第30話我が子1869年版籍奉還の勅許が下されると廃藩置県の準備段階として国民皆兵制度確立のため、人民平均の理を布告した。その後退助は新政府の参与として重要案件に次々と関わる。1871年(明治4)8月29日、廃藩置県断行。その始末が済まないうちに政府要人を中心とした洋行使節団派遣の計画が持ち上がった。即ち『岩倉使節団』である。彼らの目的は西洋諸国の諸制度の研究、及び不平等条約の改正にあった。使節団の政府要人の主なメンバーは正使岩倉具視、副使に大久保利通、木戸孝允、伊藤博文などであり、その他、各分野の専門家育成に適した人物、女子高等教育を見据えた人物などが選定されている。当時のアメリカ、ヨーロッパの情勢を見ると、1865年アメリカ南北戦争終結、1867年プロシアを中心にした北ドイツ連邦成立。(封建的に分断された地...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(30)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(29)

    第29話四民平等退助はお菊の店があったに日本橋に急ぐ。店の名は土佐を連想させる「料亭むろと」と改名されていたが、その佇まいは以前のままだった。暖簾をくぐると、以前に増して活気を感じる。「いらっしゃいませ~!」奥から女中の甲高い声が退助を迎える。「女将(おかみ)は居るか?退助が来たと伝えよ。」「退助様?ああ、板垣様でございますね。女将から聞き及んでございます。どうぞこちらへ。」政府高官となった退助は、護衛の供を5人引き連れ奥の座敷へ案内された。間もなく女将の菊が入室すると供は隣の別室にて待機。「お久しゅうございます。上野戦争のおり、留守居の平助に退助坊ちゃまと思われる方がお越しになったと報告を受けております。お元気そうで安心いたしました。また無事の御帰還・御戦勝、おめでとうございます。とても嬉しく思います。」「ふ...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(29)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(28)

    後藤象二郎<Wikipediaより>第28話版籍奉還1869年(明治2)1月14日退助は京都円山端寮(現:円山公園)で薩摩藩吉井友実の草稿の版籍奉還案を検討すべく会合に出席した。会合には退助の他、薩摩藩大久保利通、長州藩廣澤真臣というメンバーであった。版籍奉還とは、幕藩体制下の根本制度、諸藩の所領安堵と領民支配を朝廷即ち、明治新政府に返納させる政策である。江戸幕府消滅と共に、幕藩体制の安堵の約束の根拠が失われた状態にあった。そのため、新たな秩序の構築が必要となり、退助たちが集まり、仕組みづくりをしようと云うのである。しかし、版籍奉還と一口で言うが一旦手にした利権・特権を、諸藩が簡単に手放すとは考えにくい。明治維新の基本政策のひとつである版籍奉還と廃藩置県はセットであり、その断行は絶対条件であった。諸大名を従わせ...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(28)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(27)

    (第27話)退助の凱旋12月12日東京凱旋後、新政府議政官の上局、議定に就任し、議事体裁取調方総裁となった旧藩主山内豊信公に謁見、凱旋の挨拶を済ませると、僅か6日の12月18日板垣退助と大軍監谷干城ら442名が土佐藩船夕顔丸に乗り土佐に凱旋した。その間、東京の妻鈴との新居を決めたが、多忙な短期滞在のため、戦の疲れを癒す時間的余裕は無かった。それにしても退助の帰りの荷は多い。凱旋の帰郷にしては人目に付くほど。まるで一時期の来日中国人で話題になった日本製土産を持ち帰る風景の様である。凱旋の船の中、谷干城が言う。「さすが御大将!凱旋土産も錦の御旗のような華々しさ!恐れ入ってござるな。ハハハ!」もちろん東京住まいの経験がある退助がお上りさんの筈はない。この大量の土産は、土佐の本妻展子への気遣いとご機嫌取りの作戦であった...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(27)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(26)

    第26回凱旋退助の戊辰戦争は、その後に起きる箱館戦争を残し終わった。1868年11月17日総督板垣退助、朝廷より凱旋の令を拝す。これに伴い凱旋の全軍に諭戒した。「不肖、退助、推(お)されて一軍の將となり、當初、剣を仗(たづさへ)て諸君と共に故郷を出づるの時、生きて再び還る念慮は毫(すこし)も無かりし。屍(しかばね)を馬革に裹(つゝ)み、骨を原野に曝(さら)すは固(もと)より覺悟の上の事なり。想はせり今日征討の功を了(を)へ、凱旋の機會に接せんとは。これ何等の幸せぞや。ひとつ悲みに堪へざるは、吾等、戰友同志は露に臥(ふ)し、雨に餐(まか)するの餘(あまり)、竟(つひ)に一死大節に殉じ、永く英魂を此土(こゝ)に留むるに至る。眸(ま)のあたり賊徒平定の快を見て之を禁闕(きんけつ)に復奏する事能(あた)はざるの一事なり...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(26)

  • こりゃ!退助!!~自由死すも退助死せず~(25)

    第25話会津戦争~孤独な戦い~会津戦争は1868年(慶応4)6月15日の白河口の戦いに始まり、9月15日の二本松城の戦い等を経て若松城籠城戦にて結末を迎える。上野戦争に於いて彰義隊殲滅作戦を立案、指揮を執った大村益次郎は、仙台藩、米沢藩への攻撃、その後完全に孤立化させた会津藩への総攻撃を主張した。それに対し、退助と伊地知正治は会津藩への直接攻撃を主張、退助たちの案が採用され会津若松城への進軍が開始された。新政府軍は10月6日主街道を避け、脇道を通り母成峠にて会津守備隊と激突、撃破した。その後約40㎞の電撃移動を敢行、10月8日会津若松城の前に姿を見せる。会津領各地に守備隊を分散配置していた会津側は虚を突かれた。実は会津藩側も兵員不足を認識し、対策を取っていた。少年兵で構成した白虎隊の他、領内の農民などの庶民たち...こりゃ!退助!!~自由死すも退助死せず~(25)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(24)

    第24話東北遠征菊、里、展子、鈴・・・。退助の女性遍歴を見ると、あるひとつの傾向がある。それは容姿ではなく、退助に対する態度というか、相対的な立場にあった。好みというより、接し易さが重要なのだ。常に影のように付き従う撫子のような女性は苦手だった。それは上級武士出身の生い立ちと親譲りの性質にある。退助の両親も、退助自身も、身分の上下を厳格に守るような人付き合いは好きではない。常に畏(かしこ)まれ、指示待ちの者は疲れる。自分の意見や感じたことを正直にぶつけて欲しい。退助に対し物怖(ものお)じせず、何でもズケズケ言ってくるような性格。自分より強い立場で追い込んでくる女性。つまり最初の女性(ひと)、お菊に原点があった。女性に追い込まれると心地よいのだ。少々変態じみて聞こえるが、追い込むことで自分(退助)という男に興味を...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(24)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(23)

    第23話また見合いまだ戊辰戦争の最中だというのに、迅衝隊総督深尾成質から信じられない言葉を聞いた。「妻をめとらぬか?」思いもよらない申し出に、退助は言葉に詰まる。「しかし私には国許に妻がおります。」「そんな事は存じておる。それを承知で言っておるのが分らぬか?」分らぬか、と言われて少々ムッとする退助。「何故今、私に別の妻なのですか?」「お主は今や、歴戦のヒーローぞ。土佐の期待とこの国の将来になくてはならぬ男になったというのに、そのお主に未だ子が居らぬ。そんなことで良いと思ってか?」「別に。良いと思っております。何故いけないのです?」「お主は先祖の板垣姓を名乗ったではないか。名門の誉れ高い板垣姓を名乗ると云う事は、後々までの覚悟と責任が必要ではないのか?今、後継の者を残さずして何とする。離れて暮らすお主の妻に子が儲...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(23)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(22)

    第22話上野戦争1868年(慶応4)4月4日江戸城無血開城が決まり、5月3日の総攻撃は回避された。その前日の5月2日、ようやく東征大総督府に追いついた退助は、その時初めて総攻撃中止を聞く。「へ?」暫く頭の中がウニになる。明日の作戦参加のため死にもの狂いで駆け付けた今までの努力は一体何だったのか?しかし、西郷の説得を意外にあっさり受け入れた。退助の頭の中には迷いがある。旧幕府軍などの旧勢力をここで徹底的に叩いておかないと、後に禍根を残す。しかし、江戸市中を戦火で覆い蹂躙すると、お菊の住む日本橋の店も被害を受ける。退助は常にお菊の安否が気がかりだった。実は無血開城の交渉が決裂した場合、勝海舟は江戸市中に火を放つつもりでいた。薄皮一枚の自制による合意が江戸壊滅を回避した。5月13日東征大総督熾仁親王が江戸城入城。正式...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(22)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(21)

    第21話刺客話を八王子まで戻す。(度々話を戻し、なかなか前へ進めない事をお詫びします。今後の物語の構成上、必要な回となっておりますので平にご容赦ください。)甲州勝沼の戦い後、退助率いる迅衝隊は、地元に散らばる志願した武田遺臣の子孫たちを兵に加え、甲州鎮撫隊の敗残兵を追って八王子に入る。更に4月3日八王子千人同心をも加え、1500を超える兵力に膨れ上がったことは前述のとおり。それに対し甲州鎮撫隊は、その八王子にて解散、大きく明暗を分けていた。先鋒総督兼鎮撫使から大総督府へ編入・改編された新政府軍に合流すべく退助は進軍準備に入った。しかし、元々ある迅衝隊の他、武田遺臣の子孫を断金隊、護国隊として組織化、膨れ上がった兵員の軍紀浸透の徹底、即席ではあるが、近代戦法訓練等、進軍前にやらなければならない事案が山積し、予定よ...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(21)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(20)

    1868年(慶応4)3月29日甲州勝沼の戦いにて近藤勇率いる甲陽鎮撫隊に勝利した退助は、多くの領民に歓呼を以って迎えられた。それまで天領として重い年貢の取り立てや代官の圧政に苦しめられ、当然幕府軍(甲陽鎮撫隊)を良く思う筈は無い。戦いが始まって僅か一刻(2時間)で勝敗が決した。圧倒的で鮮やかな戦いを指揮したのが、板垣信方の子孫であると知り「さすが武田二十四将板垣駿河守の名に恥じない鮮やかな戦いぶり!武田家遺臣が帰ってきた!!」と沸き上がった。更に領内の旧武田遺臣の子孫で様々な階層に散っていた浪人や百姓たちが板垣の官軍への協力を自ら進んで志願した。これらの志願者を結集させ、その後の戦いで活躍する『断金隊』や『護国隊』を結成させる。このように退助の板垣復姓は効果絶大で、甲州勝沼の戦いの後、江戸に進軍する過程にて、八...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(20)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(19)

    第19話板垣退助参上1868年(慶応4)1月27日(旧暦1月3日)鳥羽伏見の戦いが始まり、3日後の30日新政府軍側に錦の御旗が掲げられると、あくまでこの戦は徳川と薩摩の私闘であるとの認識で朝廷や諸外国に説明していた徳川慶喜の考えるスタンスが崩れた。ここにきて総大将の慶喜は戦意を失い、多数の兵を残しながら大阪城から逃亡、江戸にもどってしまう。やがて江戸を目指し進軍してくるであろう新政府軍を、どこかで食い止めなければならない。朝廷に恭順したい慶喜の意を汲み、勝海舟が急進的徹底抗戦派の新選組組長近藤勇に対し、出撃命令を下す。近藤が江戸にいては、何かと邪魔と考えた勝は、近藤に幕府直轄領である甲府を新政府に先んじて掌握し甲府城を拠点に迎え撃てとの沙汰を出す。近藤を遠ざける目的と、時間稼ぎのためでもあった。自分もやっと城持...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(19)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(18)

    第18話堺事件1868年(慶応4)2月6日深尾成質総督、乾退助大隊司令率いる迅衝隊が土佐を出陣した。そこに丸亀藩、多度津藩が参集、讃岐の国高松藩(旧幕府方)に進軍した。鳥羽伏見での幕府方の敗退に衝撃を受け、丸亀藩、多度津藩の寝がえりに、もはやこれまでと家老二名が切腹、降伏した。残る伊予松山藩も2月27日も無血開城。四国全土の無血統一を果たした。退助らが率いる迅衝隊が美濃大垣に到着したのは3月11日。しかしその3日前の1868年(慶応4)3月8日、和泉の国、堺の港でフランス水兵と土佐藩士による殺傷事件が起きた。それは迅衝隊の進軍経路上でもあり、ひとつ間違えば迅衝隊が事件の当事者になる筈の極めて危険なニアミスだった。事件の概要はこうである。鳥羽伏見の戦いを皮切りに始まった戊辰戦争。幕府方の敗走により一時無政府状態と...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(18)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(17)

    第17話鳥羽伏見の戦い前夜再婚の退助に対し、初婚の展子は家の体面もあり、内輪だけでも婚儀をとの希望もあり、ささやかな式が執り行われた。「これで退助がフラフラする事はもうあるまい。カッ、カッ、カッ!」再び身を固めた事を媒酌人の叔父・平井政実は上機嫌で大変喜んだ。「叔父上!」退助は眉間にしわを寄せ、小声でそれ以上余計なことを喋るなと目で合図した。鋭い展子はすかさず「あら、退助様、今までフラフラなさっていたのですか?どうフラフラされていたのでしょう?」こちらも小声でひな壇の隣にいる退助に聞いてきた。退助の過去の評判を知るにつけ聞きたくなるのは当然である。それに対し、脛に傷持つ退助は当然とぼけて「ワシがフラフラなどするはずはあるまい。あくまで独り身男の一般論として言ってみただけじゃろ。」「そうかしら?怪しい・・・。叔父...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(17)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(16)

    第16話見合い退助が土佐に帰国すると年老いた母幸子が待ち構えていた。退助の顔を見るなり、「お帰り。」も「息災であったか?」の言葉も無しに見合いの話を持ち出す。「退助、ソチの見合い相手が決まった。明日、勘定方勤番、中山弥平治の娘と会いなさい。既に手筈は整っておる。」「はぁ?明日ですか?旅の疲れもとれぬと・・・」まだ言い終わらぬうちに「良い娘です。会ったらたら旅の疲れなど吹き飛びましょう。四の五の言わずに身支度を整えておきなさい。」そう言って敷居の奥に下がってしまった。「相変わらず無茶苦茶な母よ。」控える下男に旅の荷物を渡し、草鞋を脱ぎ、足を注ぐ退助であった。その日の夕餉もそこそこに床に就くが、「良く眠れぬ。」身体は疲れているのに、寝不足のまま朝を迎えた。心のどこかで、新たに会う娘に期待する自分がいたのだろう。(良...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(16)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(15)

    第15話お菊の想いと倒幕への道退助はお菊の強い勧めにより再婚する意思を固めた。次に縁談の話が出た時には前向きに検討すると、国許の年老いた母に書にて告げる。母は歓喜し、すぐに次の縁談を用意すると伝えてきた。母は強引に離縁させたことを死ぬほど悔いていたのだった。いくらふたりの間にいつまでも子ができぬからと言って、お里が乾家の家風に合わないからと言って、離縁後退助が再婚を頑なに拒むとは考えていなかった。再会後退助は、お菊の料亭『土佐の里』に通う。多忙な女将の菊がいつも時間を割けるとは限らないが、退助と逢えるのを一番の喜びと考え、大切にしていた。退助は菊に告げた。「先日母からの返事が届いた。すぐにでも再婚相手を探すので、早く国許に戻ってこいとな。藩庁からの帰還命令が来次第多分見合いをすることになろう。菊、本当にそれで良...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(15)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(14)

    第14話女将お菊退助にとって、お菊を待つ時間は永遠に思えた。別れてから気が遠くなるような時間を耐えたのだ。途中、お里と暮らした時間も存在してはいたが、どんな時も頭の隅にはお菊がいた。自分の手の届かないところに行ったお菊を忘れられるはずはない。離別したお里には悪いが、退助の心にはお里の部屋とお菊の部屋が存在する。男は記憶の上書きはできない。では女は?よく耳にするのは、「女は恋をする度、上書きする」との言葉。では本当に、それまで経験した本気の恋まで新たな恋に上書きされてしまうのか?完全に過去の記憶を消し去ってしまうのか?そんなことはあり得ない。男脳と女脳の違いはあるだろう。でも大切な人の記憶を完全に消すなど、男にも女にも絶対に無いと信じる。今こうして同じ建物の、すぐそばにお菊が存在する。もうすぐ自分に逢いに来る。夢...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(14)

  • こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(13)

    写真はWikipediaから借用第13話男中岡慎太郎中岡慎太郎は1838年(天保9)年4月13日(新暦5月6日)生まれ。後藤象二郎年3月19日(同4月13日)とは同い年であり、小林塾のクラスメートでもある。別の回でも紹介したが、その身分は中岡家は名字帯刀を許された大庄屋であり、上士の一番下位の身分である。上士と云っても、郷士に近く、郷士出身の武市半平太の道場にて剣を極め、坂本龍馬との親交も厚かった。1861年(文久元)武市が創設した土佐勤王党に加盟、志士としての活動を始める。彼の評価尾崎旦爾(熊吉)にして「才略と胆力と人格を有し、而して彼の如く刻苦し、彼の如く忍従し、克く結び、克く尽し、回天の大業を空挙に築き、維新の元勲として功績最も多く、稀世の英傑なり」と言わしめる。また板垣退助は「中岡慎太郎という男は本当に...こりゃ!退助!!~自由死すとも退助死せず~(13)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(12)

    第12話藩主の父豊信公の側用人として江戸藩邸総裁を命ぜられた退助は1863年(文久3年)豊信公に付き従い江戸へと旅立った。江戸に到着すると退助は精力的に動く。まず薩摩藩の重鎮大久保一蔵と接見、豊重公との会見の橋渡しを果たす。その結果、豊重公は薩摩藩国父である島津久光との交渉ルートを確保、福井藩松平春嶽、薩摩藩島津久光と共に佐幕派代表としての活動の足掛かりを築いた。早速豊重は京に上洛、容堂、春嶽、久光の三者会談を行う。その年、京では歴史を揺るがす政変が起きた。8月18日の政変である。我が者顔で京の都を席巻してきた長州。それを会津藩と薩摩藩が結託し武力を背景に長州追い落としを実行した。長州側が一触即発の事態を回避したため長州を中心とした討幕派が後退、佐幕派(幕府協力派)が勢いを盛り返した。これにより、有力な佐幕派の...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(12)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(11)

    怒涛編第11話朝、別れの時は来た。生まれたばかりの日の光を浴び、お里の顔が輝いて見える。昨晩の涙は尾を引かず、今まで見た事の無い笑顔。退助は今まで見た中で一番美しいと思った。「どうかご無事で。」「里も達者で暮らせ。・・・母を頼む。」年老いた母が気がかりだが江戸と藩と日本の将来に通じる明日のため、歩むしかない。家を守るお里を残し退助は再び江戸を目指し旅立った。船旅と徒歩で10日の旅。江戸の土佐藩邸に辿り着く。退助の役職は江戸留守居役兼軍備御用。彼の役目を具体的に言うと、失脚、蟄居し、隠居中の豊信公に代わって江戸の動静探査と、軍事増強のための渡りをつけるため人脈強化にあった。この時退助は幕府側重鎮、咸臨丸の渡米から帰国したばかりの勝麟太郎や小栗上野介と会見、軍艦の操練技術の習得方法や土佐藩の発言力強化の下地作りに着...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(11)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(10)

    第10話免奉行吉田東洋の強い勧めもあり、退助は免奉行(今で云う土佐藩内の国税庁長官のような役職)に就任する。今日は藩主豊信公に就任の挨拶のため謁見する日。稽古仲間として勝手知ったる仲。しかし、公ではお互いしかつめらしい顔をする。「本日、免奉行拝命の段、不肖この乾退助、謹んでお請け致します。」実は全く出世に対する欲を持たない退助は当初渋っていた。東洋の説得と半強制の脅しがあってようやく渋々受ける気になった。でもそのうち、考えを変える。自分は曲がりなりにも志(こころざし)を持つ身。万人のために尽くす努力と実践を渋って何とする。自分は自由な世の中を実現させるために学びと鍛錬に打ち込んできたのではなかったのか?なまけ癖と責任の重さに、つい保身に走り尻込みをする自分が許せない退助であった。先ほど前日の祝言の場に贈った祝い...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(10)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(9)

    第9話容堂公退助と象二郎の主君である山内容堂公。この容堂と云う名は世間によく知られているが実は安政の大獄により蟄居の命令が下り、それにより隠居させられた後の号である。山内豊信(とよしげ)が本名であり、隠居後の号を名乗るにあたって『忍堂』と称するはずだった。彼は自分の性格を自覚している。短気で意に添わない事柄に腹を立てる事が多く、「時局は腹の立つ事ばかり」と嘆いていたという。そうした性格の自戒から忍(しのぶ)心を持てとの意味を込め、自らの号を忍堂とするつもりでいた。しかし水戸藩藤田東湖の勧めで『容堂』と改める。「この大変な時局、忍耐より寛容の心が大切でありましょう。」との進言を受け入れ、「自ら寛容になれ」と言い聞かせるべく『容堂』としたのだった。だがここでは今後『豊信公』として統一する。豊信公は武芸に秀でている。...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(9)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(8)

    第8話象二郎と云う男退助の親友象二郎は、退助とお里の祝言の日、限界を超えて酒を浴びた。本来象二郎は下戸である。生涯無理して酒を飲んだのは退助の祝言前日と当日だけである。つまり象二郎は自分のためには一滴も飲まず、退助のために命がけの無理をしたのだ。実はこの象二郎、その後土佐藩の藩政改革とその後の維新、新国家形成に於いて退助に負けず劣らずの多大な功績を残している。退助の遠縁にあたり、吉田東洋を義理の叔父に持つ、後藤正晴(馬廻格・150石)の嫡男として高地城下片町に生を受ける。少年期にその父を亡くした象二郎は、後藤の家督を継ぎながら東洋に元に身を寄せ、小林塾に通う。そこで中岡慎太郎、岩崎弥太郎、福岡孝弟らと共に学ぶことになる。後に中岡慎太郎は象二郎を称し、「西郷(隆盛)は一日に15里歩むと云えば必ず15里歩み、象二郎...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(8)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(7)

    7話婚儀と抜擢象二郎が上機嫌で退助の家を訪れた。大ぶりの鯛を持参して。今日は退助と里の祝言の日。両家の親戚御一党が集まる中、竹馬の友として特別に参加を許されていた。象二郎は主役の退助を前にして「どうじゃ!凄いだろう!!この鯛は土佐の大海に出でて3日間寝ずに得た偉大な釣果だぞ!」祝いの挨拶抜きに、持参した魚自慢が始まった。しかし退助は知っている。(3日間寝ずに?昨日もお前とは会っていただろ。独身最後の日と称し、酒屋のはしごをしたんじゃなかったか?エッ?エッ?エッ?)とは迫らず、「おお!そうか!!それは祝着(しゅうちゃく)!では今日の席に用意したカツオも見てくれ!見事な戻りカツオだろ?このカツオも三日三晩徹夜して一本釣りした釣果じゃ!モッチモチした身が輝いておるぞ!絶妙な藁焼きで美味いのなんのって!塩で喰うとたまら...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(7)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(6)

    第6話蟄居退助が御前試技を披露した後、お殿様の格別の計らいで江戸勤番を命ぜられた退助。当時土佐藩は藩主主導の藩政改革により、革新派グループ「新おこぜ組」の中心人物吉田東洋を起用、新設した「仕置役(参政職)」に任じる。そして大胆にも旧体制の総本山的存在の家老を押しのけ財政改革・身分制度改革・文武官設立や西洋軍備採用、海防強化、藩士の長崎遊学など極めて革新的、急進的な藩政改革を断行した。豊信(容堂)は酔狂人であるが、福井藩主松平春嶽、宇和島藩主伊達宗城、薩摩藩主島津斉彬らと共に幕末の四賢候と称される名君でもある。1年にわたる江戸勤番は退助の世界観を大きく変えた。人の多さとその賑わい。今で云う初就職の配置先が江戸であったと云う事は、本格的な赴任の前の東京での研修のような感覚か。学問以上の「経験」と「見聞」という代えが...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(6)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(5)

    第5話祝言お菊が去った後、退助の心は虚ろのままだった。喪失感が招く悲しさと寂しさに打ちひしがれる日々が続く。お菊を失った痛みは甚大であったが、いつまでも沈んでばかりはいられない。親友象二郎の存在が退助の立ち直りの手助けとなり次第に前を向く事ができるようになった。ヤンチャだった退助は武術の持つ魅力に傾倒し、兵学にも興味を示すようになる。自分が強くなり世の中を変えなければ欲しい物は手に入らない。当時まだ自由という言葉は存在しないが、退助の中ではその概念が確立されていた。自分を律し、世に号令を発する人材になる。不敵にも封建社会に於いて、絶対に不可能な夢を抱きはじめていた。そして自ら希望し、無双直伝英信流居合道場の門をたたく。退助は稽古に没頭したちまち頭角を現すようになった。しかし象二郎と遊ぶ時は徹底して遊ぶ。退助と象...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(5)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(4)

    第4話さらばお菊孝弟(たかちか)とのリベンジに成功した退助は、その後一度も彼との諍(いさか)いを起こしてはいない。しかしその場に合わせた象二郎以外は大人になるまで交流の記録がない。孝弟の家は上士であり、象二郎の家も上士。それに対し、慎太郎の家柄は庄屋であり、名ばかりの士分である。*註釈(1)庄屋とは今で云う村長。本来農民の代表であり、もちろん士農工商の『農』。しかし、江戸中期以降、庄屋たちは各々の条件により士分に格上げされ、名字・帯刀が許される者が増えた。(2)上士と下士(郷士)土佐藩に於いて同じ武士でも上士と下士(郷士)に歴然とした身分差があった。下士(郷士)とは、秀吉の時代に改易された長曾我部氏の家臣。家老から足軽まで等しく家禄を失い、武士の身分のまま農民や商人・町人と同じく生活の糧を自前で持たなければなら...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(4)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(3)

    第3話悪ガキ象二郎退助はその幼少期から少年期にかけて寺子屋に通っていたが、勉強嫌いな性格故、手習いに身が入らない。それを補ったのがお菊との予習・復習であった。お菊を姉のように慕い、心密かな恋慕の対象であったため、机を並べるだけで至福の時間を感じる仲となっていた。退助の母は、名を林氏賢貞という。教育にはとても厳しい人で、躾(しつけ)を重んじる母であった。しかし、退助の腕白ぶりには手を焼いてきた。どれだけ厳しく躾(しつけ)ても、粗野・粗暴な性格は治らない。しかし、お菊の前だけでは照れ隠しの仕草を通しながら必ず云う事を聞く。そんな退助とお菊の間柄を、終始注視し続けていた。だからというべきか、「男女席を同じゅうせず」の常識を無視しても親しい人間関係維持を黙認している。しかしそうは云っても母は今風に言うところの『鬼滅の母...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(3)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死せず~(2)

    第2話お菊お姉(ねえ)退助に姉はいない。5人兄弟の長男であり、乾家の嫡男として大切に育てられた。しかし退助にはかなわぬ希望があった。それは姉が欲しいと云う事。母に5人目の妊娠が分かった時、退助は「今度生まれてくる赤ちゃんは女子(おなご)がいい。」「母上、是非女の子を生んでくだされ。」とせがむのだった。母はどうして退助が女の赤ちゃんを望むのか分からない。でも、きっと「可愛いから」と云うのが理由だろうと単純に思った。何故なら退助にはすでに(可愛い可愛い?)弟も妹もいるから。きっと次の子も可愛い女の子だと良いなとでも考えているのだろう。しかし退助は全く別なことを思っていた。ただし自分の望みの事なのに、ちゃんとものの道理を理解していない。彼が欲しいのは、妹ではなく、綺麗で優しい『姉』なのだ。妹たちはビービー泣くし、泣く...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死せず~(2)

  • こりゃ!退助‼ ~自由死すとも退助死さず~

    板垣退助=乾退助は幼名猪之助、諱(いみな)は正躬(まさみ)であるが、この物語では通称の『退助』の名で統一。姓は後に乾から板垣に改姓する。第一話クソガキ退助退助は口を窄(すぼ)めて菊の顔に近づく。ふいに菊は目覚め、閉じていた瞼を開いた。退助は一瞬固まり、目はたじろぎの泳ぎを見せる。無言で見つめる菊の僅か10cmの間の状況で、退助は言い訳を必死で考えていた。「何?何でしょう?」菊の問いに納得のいく言い訳が見つからない。まさか9歳の自分が2歳年上の菊に寝ている隙に「口吸い」をしようとしたなんて口が裂けても言えない。ませたクソガキのくせに。菊は起き上がり、再び退助を見据えた。退助の脳みそは、フル回転で言い訳を探した。「俺は、俺は何もしていない!」「何もしていないじゃなくて、何をしようとしていたの?」「俺は何もしていない...こりゃ!退助‼~自由死すとも退助死さず~

  • 『シベリアの異邦人』全編完成特集ページです。

    『シベリアの異邦人』全編完結、完成しました。これまで分散していた各編をここに集め、容易に継続して読んでいただけるよう再度upしたものです。『シベリアの異邦人』の全容と、その世界に触れていただけたら幸いです。『シベリアの異邦人』~ポーランド孤児と日本~改訂版4前編シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4前編-uparupapapaの徒然草~第2章~シベリアへの道ポーランド中部ワルシャワから約600Km東ミカシェビッヂ(現ベラルーシ領)という小さな町があった。その小さな町の片隅にヨアンナ...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4前編-uparupapapaの徒然草~第2章~ 『シベリアの異邦人』~ポーランド孤児と日本~改訂版4後編シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4後編-uparup...『シベリアの異邦人』全編完成特集ページです。

  • シベリアの異邦人 完結編  改訂版 4

    前編でのヨアンナの結婚後の描写とその後の世界を付け加えると共に、死後の異なる世界も合わせて本編で加筆したい。ワルシャワゲットー蜂起鎮圧からふさぎ込むヨアンナが、再び快活さを取り戻すべく通い詰めたフィリプが、彼女の心を掴み、愛を獲得することに成功したのが、1943年7月初めの頃だった。巷ではまだゲットー蜂起の逃亡ユダヤ人狩りが終息しておらず、時折絶望の断末魔の声が市街に轟きわたっていた。しかしそれも、沈没船の船底で生き残った乗組員が海の奥底で助けを呼び続けるが如く、絶望の淵で次第にか細く、最後は永遠の沈黙に至る様子と似ていた。この現世はまさに瓦礫と死の世界。運よく生き延びた者たち誰もが涙にくれる生活。しかし人は泣いてばかりで生きられない。どんなに辛くとも腹は減るし、睡魔は襲う。笑いと安らぎを本能的に求め、小さくと...シベリアの異邦人完結編改訂版4

  • シベリアの異邦人 完結編  改訂版 3

    前編でのヨアンナの結婚後の描写とその後の世界を付け加えると共に、死後の異なる世界も合わせて本編で加筆したい。ワルシャワゲットー蜂起鎮圧からふさぎ込むヨアンナが、再び快活さを取り戻すべく通い詰めたフィリプが、彼女の心を掴み、愛を獲得することに成功したのが、1943年7月初めの頃だった。巷ではまだゲットー蜂起の逃亡ユダヤ人狩りが終息しておらず、時折絶望の断末魔の声が市街に轟きわたっていた。しかしそれも、沈没船の船底で生き残った乗組員が海の奥底で助けを呼び続けるが如く、絶望の淵で次第にか細く、最後は永遠の沈黙に至る様子と似ていた。この現世はまさに瓦礫と死の世界。運よく生き延びた者たち誰もが涙にくれる生活。しかし人は泣いてばかりで生きられない。どんなに辛くとも腹は減るし、睡魔は襲う。笑いと安らぎを本能的に求め、小さくと...シベリアの異邦人完結編改訂版3

  • シベリアの異邦人 完結編  改訂版 2

    前編でのヨアンナの結婚後の描写とその後の世界を付け加えると共に、死後の異なる世界も合わせて本編で加筆したい。ワルシャワゲットー蜂起鎮圧からふさぎ込むヨアンナが、再び快活さを取り戻すべく通い詰めたフィリプが、彼女の心を掴み、愛を獲得することに成功したのが、1943年7月初めの頃だった。巷ではまだゲットー蜂起の逃亡ユダヤ人狩りが終息しておらず、時折絶望の断末魔の声が市街に轟きわたっていた。しかしそれも、沈没船の船底で生き残った乗組員が海の奥底で助けを呼び続けるが如く、絶望の淵で次第にか細く、最後は永遠の沈黙に至る様子と似ていた。この現世はまさに瓦礫と死の世界。運よく生き延びた者たち誰もが涙にくれる生活。しかし人は泣いてばかりで生きられない。どんなに辛くとも腹は減るし、睡魔は襲う。笑いと安らぎを本能的に求め、小さくと...シベリアの異邦人完結編改訂版2

  • シベリアの異邦人 完結編  改訂版

    前編でのヨアンナの結婚後の描写とその後の世界を付け加えると共に、死後の異なる世界も合わせて本編で加筆したい。ワルシャワゲットー蜂起鎮圧からふさぎ込むヨアンナが、再び快活さを取り戻すべく通い詰めたフィリプが、彼女の心を掴み、愛を獲得することに成功したのが、1943年7月初めの頃だった。巷ではまだゲットー蜂起の逃亡ユダヤ人狩りが終息しておらず、時折絶望の断末魔の声が市街に轟きわたっていた。しかしそれも、沈没船の船底で生き残った乗組員が海の奥底で助けを呼び続けるが如く、絶望の淵で次第にか細く、最後は永遠の沈黙に至る様子と似ていた。この現世はまさに瓦礫と死の世界。運よく生き延びた者たち誰もが涙にくれる生活。しかし人は泣いてばかりで生きられない。どんなに辛くとも腹は減るし、睡魔は襲う。笑いと安らぎを本能的に求め、小さくと...シベリアの異邦人完結編改訂版

  • 日本の社会って、こんな風に見られてる?これで良いの?

    菅新政権の動向に注目が集まっている。今後の政局を左右するから当然であろう。周庭さんが香港の自由の女神として注目され、且つ、大の日本通であり、日本びいき、アイドル性を兼ね備えた女性として、日本人にも支持者が多い。その彼女が香港当局に拘束された時、世界で一番抗議と周庭支持を訴える声をあげたのは、意外にも自国民ではなく、日本の名も無き民衆であった。その事実は地元香港はもとより全世界に驚きをもたらした。日本にもまだ『自由と人権と誇りを守れ!』との声をあげる人々が多く存在するのを私は意外に思った。当の周庭さんは自分が女神と呼ばれる事に否定的な思いを持っているという。そんな人柄の彼女の今回のツィート。政治的弾圧に晒され命の危険を感じるほどの環境の中、香港当局とその後ろの中共の存在を思うとその緊張状態は林鄭月蛾行政長官や習近...日本の社会って、こんな風に見られてる?これで良いの?

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版4

    ポーランドの首都ワルシャワは、同一の戦いに於いて異なる民族が2度にわたり蜂起した人類史上稀にみる都市である。一度目はユダヤ人、2度目はポーランド市民。そんな頃の物語。日本への初飛行1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版4

  • しあわせについて ~安倍首相の時代~

    しあわせについて/ひめゆりの塔主題歌#さだまさし【歌詞Url】https://www.uta-net.com/movie/38417/youtube#video ーYouTubeより三代目管理人様から動画を拝借、リンクを貼りましたーしあわせについて作詞さだまさし作曲さだまさし歌さだまさししあわせですかしあわせですかあなた今何よりそれが何より一番気がかりみんなみんなしあわせになれたいいのに悲しみなんてすべてなくなればいいのにどうぞ過ちは二度と繰り返さずにあなたは必ずしあわせになってください愛する人とめぐり逢えたら抱きしめた腕を緩めてはいけない風は移り気身を任せてはいけないよ時を超えて変わらないのが愛だよみんなみんなあなたが教えてくれた生きる喜び人を愛する喜びありがとうさよなら生まれ変われたならばやっぱりあなたと愛...しあわせについて~安倍首相の時代~

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版3

    ポーランドの首都ワルシャワは、同一の戦いに於いて異なる民族が2度にわたり蜂起した人類史上稀にみる都市である。一度目はユダヤ人、2度目はポーランド市民。そんな頃の物語。日本への初飛行1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版3

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版3

    ポーランドの首都ワルシャワは、同一の戦いに於いて異なる民族が2度にわたり蜂起した人類史上稀にみる都市である。一度目はユダヤ人、2度目はポーランド市民。そんな頃の物語。日本への初飛行1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版3

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版 2

    ポーランドの首都ワルシャワは、同一の戦いに於いて異なる民族が2度にわたり蜂起した人類史上稀にみる都市である。一度目はユダヤ人、2度目はポーランド市民。そんな頃の物語。日本への初飛行1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版2

  • シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版

    1926年、8月27日、ポーランド軍テストパイロットであるボレスワフ・オルリンスキ大佐はメカニックのフィリプ・クビャク軍曹とともにワルシャワから東京間10,300kmを飛行するため、晴天の中、一路東へと旅経った。これはヨーロッパ人の日本への初飛行であった。一行はモスクワ、ハルビン等を経由しながら九月5日に日本の所沢飛行場に到着し、多くの日本人から熱烈な歓迎を受けている。ポーランドは、1918年第一次世界大戦終結と共にロシア、ドイツ、オーストリア=ハガンガリー帝国支配から解放され、1918年独立、主権を回復した。その後驚くべき技術の発展を見せた国だった。特に注目すべきは意外にも航空技術。ズィグムント・プワフスキという一人の天才航空技術者により、1928年直列エンジンを搭載、全金属製高翼単葉機のP.1を設計している...シベリアの異邦人~ワルシャワ蜂起編~改訂版

  • シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4 前編

    シベリアへの道ポーランド中部ワルシャワから約600Km東ミカシェビッヂ(現ベラルーシ領)という小さな町があった。その小さな町の片隅にヨアンナ(5歳)という女の子が住んでいる。髪の色は薄い黒が混じったきれいなグレーで、瞳もグレー。いつも夢見るような子で、想像なのか現実なのか近所の遊び友達への不満や夢の中の友との会話をいつも大好きな母マリアに話していた。ヨアンナは雨の日以外いつも家の裏にある野の花に囲まれるのが日課。そこは彼女の聖域だった。そこではいつも事件が起きている。今朝いつも着づらく苦手だった服をやっぱり今日も上手く着られなくてボタンも段違いになってしまった事。靴を左右あべこべに履いてしまい、見かねた父アルベルトに直されたこと。嫌いなニンジンをどうしても食べられず、母にじっと見られた事。それらの失敗を野の隅の...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4前編

  • シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4 中編

    新たな旅立ち東京での彼らの生活が1年ほど続いた別れの日。当初のスタッフの決意の通り誰ひとり欠けることなく故国ポーランドに帰国できるまでになった。孤児全員に全員に衣服が新調され、航海中の寒さも考え毛糸のチョッキも支給された。しかし特別船の出航が大幅に遅れる。ヨアンナたちは横浜港から出港するときになって、本当の母親のように親身にお世話をしてくれた保母たちとの別れを悲しみ乗船を泣きながら嫌がったからであった。ヨアンナもその中のひとり。彼女はゆりかごのような第二のふるさと日本と、優しく接してくれた保母さんや他の大人たちと別れ、大切に心に秘めていた父と母さえも残してゆくような気がして、涸れるほど泣いた。涙も枯れ、ふと空を見上げると、そこに父と母の気配がした。優しい声が聞こえた気がした。「きっとお父さんもお母さんもついてき...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4中編

  • シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4 後編

    ヴェイヘローヴォ孤児院長い、長い船旅の末、孤児一行はバルト海沿岸のヴェイヘローヴォ孤児院に引き取られ保護された。入所後、何と驚くべきことに、首相や大統領までが駆け付け歓迎してくれたという。更に施設では毎日朝、庭に入所孤児が集まり「君が代」を斉唱する決まりがあった。孤児院出身者の中には医者、教師、法律家など国の復興の最前線で活躍する人材が数多く育った。他国からの侵略を受け、そして独立。苦難の道のりは民衆だけでなく、国家そのものの運命でもあった。何もかもが再生・復活の対象の中、ヨアンナ達帰国孤児にとって生活環境と教育環境の持続的改善が最重要課題だった。荒廃と再生。学校の建設と再生を急ピッチで進めなければならない。ヴェイヘローヴォ孤児院の周辺の教育環境も当然満足できる環境とは程遠かった。しかも当時、子供が教育を受ける...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版4後編

  • シベリアの異邦人の原型となるエピソードを紹介した動画です。

    【日本軍】ポーランドは日本を心から愛している...756人の子供を救った https://twitter.com/watasinonahaGOA/status/1281739977190068225?s=20シベリアの異邦人のエピソードの原型を紹介した動画です。参考までにご覧ください。シベリアの異邦人の原型となるエピソードを紹介した動画です。

  • シベリアの異邦人 ポーランド孤児と日本 改訂版3 前編

    ポーランド受難史16世紀まで栄華を誇りポーランド・ルネサンスを体現した国も、1772年ロシアとのバール戦争をはじめとし1792年、94年と侵攻され列強に分割統治されポートランド共和国は消滅した。その後独立の回復を目指し何度も蜂起。しかしその都度武力で潰されポーランドに対するロシアの弾圧は厳しさを極め、多くの政治犯や建設労働者が徴用されシベリアに送られ、その子孫も含め、極東の地シベリアには4~5万人のポーランド人たちが暮らしていた。そうした気が遠くなるような長い苦難の歴史が続く中、更なる悲劇が容赦なく襲い続ける。1914年第一次世界大戦が勃発。ポーランドは戦場となり焦土と化した。1917年ロシア革命。1918年11月ポーランド独立回復。1919年ポーランド・ソビエト戦争勃発。国境画定の戦争であった。そんな頃のお話...シベリアの異邦人ポーランド孤児と日本改訂版3前編

  • シベリアの異邦人 ~ ポーランド孤児と日本~ 改訂版3 後編

    ヴェイヘローヴォ孤児院東京での彼らの生活が1年ほど続いた別れの日。当初のスタッフの決意の通り誰ひとり欠けることなく故国ポーランドに帰国できるまでになった。孤児全員に全員に衣服が新調され、航海中の寒さも考え毛糸のチョッキも支給された。しかし特別船の出航が大幅に遅れる。ヨアンナたちは横浜港から出港するときになって、本当の母親のように親身にお世話をしてくれた保母たちとの別れを悲しみ乗船を泣きながら嫌がったからであった。ヨアンナもその中のひとり。彼女はゆりかごのような第二のふるさと日本と、優しく接してくれた保母さんや他の大人たちと別れ、大切に心に秘めていた父と母さえも残してゆくような気がして、涸れるほど泣いた。涙も枯れ、ふと空を見上げると、そこに父と母の気配がした。優しい声が聞こえた気がした。「きっとお父さんもお母さん...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版3後編

  • シベリアの異邦人 ~ ポーランド孤児と日本~ 改訂版2

    ポーランド受難史16世紀まで栄華を誇りポーランド・ルネサンスを体現した国も、1772年ロシアとのバール戦争をはじめとし1792年、94年と侵攻され列強に分割統治されポートランド共和国は消滅した。その後独立の回復を目指し何度も蜂起。しかしその都度武力で潰されポーランドに対するロシアの弾圧は厳しさを極め、多くの政治犯や建設労働者が徴用されシベリアに送られ、その子孫も含め、極東の地シベリアには4~5万人のポーランド人たちが暮らしていた。そうした気が遠くなるような長い苦難の歴史が続く中、更なる悲劇が容赦なく襲い続ける。1914年第一次世界大戦が勃発。ポーランドは戦場となり焦土と化した。1917年ロシア革命。1918年11月ポーランド独立回復。1919年ポーランド・ソビエト戦争勃発。国境画定の戦争であった。シベリアへの道...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版2

  • これからちょっと長いblogをアップします。

    暇な時に読んで頂けると幸いです。これからちょっと長いblogをアップします。

  • シベリアの異邦人 ~ ポーランド孤児と日本~ 改訂版 前編

    ポーランド受難史16世紀まで栄華を誇りポーランド・ルネサンスを体現した国も、1772年ロシアとのバール戦争をはじめとし1792年、94年と侵攻され列強に分割統治されポートランド共和国は消滅した。その後独立の回復を目指し何度も蜂起。しかしその都度武力で潰されポーランドに対するロシアの弾圧は厳しさを極め、多くの政治犯や建設労働者が徴用されシベリアに送られ、その子孫も含め、極東の地シベリアには4~5万人のポーランド人たちが暮らしていた。そうした気が遠くなるような長い苦難の歴史が続く中、更なる悲劇が容赦なく襲い続ける。1914年第一次世界大戦が勃発。ポーランドは戦場となり焦土と化した。1917年ロシア革命。1918年11月ポーランド独立回復。1919年ポーランド・ソビエト戦争勃発。国境画定の戦争であった。シベリアへの道...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版前編

  • シベリアの異邦人 ~ ポーランド孤児と日本~ 改訂版 後編

    ヴェイヘローヴォ孤児院東京での彼らの生活は1年ほど続いた。別れの日。その日が近づき誰ひとり欠けることなく故国ポーランドに帰国できるまでになった。孤児全員に全員に衣服が新調され、航海中の寒さも考え毛糸のチョッキも支給された。しかし特別船の出航が大幅に遅れた。ヨアンナたちは横浜港から出港するときになって、本当の母親のように親身にお世話をしてくれた保母たちとの別れを悲しみ乗船を泣きながら嫌がったから。ヨアンナもその中のひとり。彼女はゆりかごのようなふるさと日本と、優しく接してくれた保母さんと別れ、大切な父と母を残してゆくような気がして、涸れるほど泣いた。涙も枯れ、ふと空を見上げると、父と母の気配がした。優しい声が聞こえた気がした。姿が見える気がした。「きっとお父さんもお母さんもついてきてくれる。」「きっとそうだ!」別...シベリアの異邦人~ポーランド孤児と日本~改訂版後編

  • ローマ教皇が「ゾンビの国・日本」に送った言葉 世界一他人に冷たい国に伝えたい事

    実際の記事はこちらーPRESIDENTOnline岡本純子コミュニケーション・ストラテジストーより引用。16世紀に日本に布教にやってきたフランシスコ・ザビエルが創設メンバーとなったイエズス会出身の初の教皇。11月23日に来日し、4日間の滞在中に各地を精力的に回り、多くの日本人と触れ合い、同教皇は初の南米出身で、権威をかさに着ることのない気さくな人柄や、常に「弱者」を思いやる視点に立ち、多様性や寛容性を説く姿勢で知られる。ツイッターやインスタグラムを駆使し、トランプ米大統領によるメキシコとの国境における壁の建設計画を批判したり、異教徒との対話を促進したりするなど、強い発信力と行動力を持つ改革派のリーダーだ。その心に温かな印象を残した。東京で若者向けに開かれたミサでのスピーチだ(11月25日、東京カテドラル聖マリア...ローマ教皇が「ゾンビの国・日本」に送った言葉世界一他人に冷たい国に伝えたい事

  • 私たちの記憶に遺して欲しい人

    ーフェンリル研究所様からの転載ー13'48"の動画ですが、広くたくさんの皆様に知って欲しい人物です。軍人のエピソードですが戦争の話ではありません。民族を超えた多数の人を救うお話です。人間の尊厳と、それを守るための高潔で尊い信念と覚悟のお話です。『ゼネラル樋口』ことハルピン特務機関長樋口季一郎少将。彼は軍人でありながら筋金入りの人道主義者でナチスドイツの脅しに屈せず自分の信念を貫き通した人でした。私の過去のblogにもユダヤ人迫害をテーマにした『シベリアの異邦人ワルシャワ蜂起編』という日記小説があり、『アッツ島・キスカ島戦記』でその後栄転し陸軍北方軍司令中将と紹介した樋口季一郎少将の伝記。どちらも深く重いテーマでした。私の政治信条は所謂ネット右翼と呼ばれる右派ではなく、しかし世の中の左翼と呼ばれる人たちとも一線を...私たちの記憶に遺して欲しい人

  • いのちの歌

    “今日もお母さんしてくれてる”0才の弟抱える5才の女の子に反響「尊い」「愛情を感じる抱き方」6/2(火)8:40配信ー記事と写真はこちらーお母さん曰く、長女(5才)と長男(2才)とでは次男(0才)の抱き方の安定感が違うという生後6カ月の弟を抱える5才のお姉ちゃん。その様子をご家族が「今日もお母さんしてくれてる」とツイートすると、約15万いいねの反響があり、「尊い」「泣ける」「愛情を感じる抱き方」などのコメントが寄せられた。お姉ちゃんは普段から2人の弟の面倒見が良く、3才の頃から生まれたばかりの弟に離乳食をあげたり、おしめを替えてくれたりしてくれていたという。仲良し3姉弟の日常を母・にくさんに聞いた。■美しき姉弟の絆に15万いいね「当たり前の日常が特別なことだと気づくきっかけに」「今日もお母さんしてくれてる」とい...いのちの歌

  • 『ウォルト・ディズニーの約束 』~今私たちに必要なものは~

    『ウォルト・ディズニーの約束』原題:SavingMr.Banks直訳:『バンクス氏の救済』)は、ジョン・リー・ハンコック監督による2013年のアメリカ合衆国・イギリス・オーストラリアの伝記・ドラマ映画である。1964年のディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作背景を描いており、エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、コリン・ファレルが出演した。ーWikipediaよりー私が今、この映画をテーマに取り上げたのは、社会全体に蔓延していた武漢コロナによる閉塞感から。ようやく脱却しつつある現在でも二次感染爆発への警戒感と、戸惑いと、未だに届いていない国からの救済策に不満を燻らせ、ハッキリした展望が示されない現状。一月後の希望が不透明の中、規制が...『ウォルト・ディズニーの約束』~今私たちに必要なものは~

ブログリーダー」を活用して、uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オさんをフォローしませんか?

ハンドル名
uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オさん
ブログタイトル
uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オ
フォロー
uparupapapaの徒然草 潤オ第2章潤オ
カテゴリー一覧
商用