searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Chiho Ohsawaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
香港女子旅研究所。
ブログURL
http://www.girlstraveler.com/
ブログ紹介文
旧 3泊4日、女子旅香港。ライターのハイ&ローな香港案内。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2015/09/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Chiho Ohsawaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Chiho Ohsawaさん
ブログタイトル
香港女子旅研究所。
更新頻度
集計中
読者になる
香港女子旅研究所。

Chiho Ohsawaさんの新着記事

1件〜30件

  • 【速報】変わった? 変わらない?「蓮香樓」改め「蓮香茶室」で初飲茶!

    上環にある「蓮香樓」が「蓮香茶室」と名前を変えてリニューアルオープンした! と聞いて、開店(改名)から数日後のある日、早速行ってみました。 「蓮香樓」といえば香港では、そして香港リピーターの中でも知らない人はない有名店&老舗。ガイドブックの常連店であり、地元シニアで賑わう地域密着の店でもあります。 一方で最近は土地の権利関係や再開発をめぐり色々な噂があり、2月末で閉店することに。それが直前に一転! 古株従業員が運営権を受け継いで、この3月から改名&再オープンとなったのです。センチメンタルな気分で老舗の閉店を惜しんでいた人たちに膝かっくんをくらわすかのような、このたくましさ。まさに転んでもただで…

  • 【香港ホテル宿泊記】ベストウェスタン プラスホテル香港(Best Western Plus Hotel Hong Kong)@西營盤

    夜まで遊び歩いて、早朝空港に出発! そんな香港最終日のホテルはリーズナブルで空港へのアクセスがいいところにしよう。そんな思いで選んだのが西營盤(サイインプン)エリアの「ベストウェスタン プラスホテル香港(Best Western Plus Hotel Hong Kong/香港華大盛品酒店)」です。 ベストウェスタンといえばバジェットホテルの世界的チェーンなんですが、ここは「プラス」が名前に付いている、ちょっといいバージョンらしい。 今回ここを選んだ理由は ◎一室9000円くらいのお手頃価格(お正月休みだったにもかかわらず) ◎お値段の割に広い ◎トラム停留所(水街)の目の前で、便利な西營盤エリ…

  • スリランカな朝食充実!「シャングリラホテル・コロンボ(Shangri-La Hotel Colombo)」宿泊記。

    香港でお世話になっているシャングリラホテル(Shangri-La Hotel Colombo)。コロンボにもできた!ということで「シャングリラホテル・コロンボ」、今回旅の拠点として泊まってみました。 スリランカは地方に世界遺産が多いので、観光だと空港から地方にいきなり行く人、またはキャンディなどの人気都市に近いニゴンボ で一泊して行く人が多いそう。一方でコロンボは商業の中心地。ここも観光客よりビジネスマンが多いのかも。実際周りは全部(?)中国資本の開発地〜。 でも私の旅の目的は「コロンボを拠点に近場でゆるーく遊ぶ」だったので、便利な立地にあるこのホテルには旅の間、都合2回泊まりました。 部屋は…

  • 【香港みやげ研究所】上環「源興香料公司(Yuan Heng Spice Company)」で中華スパイスを買う!

    香港旅行で毎回悩むのが「香港みやげ」です。 旅行で他の人へのおみやげ買うのはけっこう好きなほうですが(自分にはあまり買わない…)、香港は何を買うかが、ほんとーーに難しい!!! 万人ウケして香港らしいものを探すのが至難の技なんです。 そんななかで最近激アツ、というかずっとハマっているもの。 それがスパイス専門店「源興香料公司(Yuan Heng Spice Company)」の量り売りスパイス! とにかくその立地のわかりづらさが尋常じゃない。 上環の小さな路地の、屋台裏。「見つけないでくれ」と言わんばかりの強烈なわかりづらさです。最後に住所貼っときますね。でも実はこちら、前にもブログに書いたこと…

  • 新店続々! 2019年春、香港国際空港(HKIA)最新おすすめグルメ。

    レストランもショップもなんでも揃う香港国際空港(HKIA)。 前からグルメ空港ではあったけど、去年くらいから、ショップの充実度&新陳代謝がものすごくスピードアップしている気がしてなりません。年明けの旅でも「あれっ、前回この店なかったよね」というニューフェイスを目撃したので、2018年からのおすすめと合わせてまとめてご紹介します。 まずはクッキーの人気店「クッキーカルテット(Cookie Quartet)」。出国ロビーの出国ゲート寄り、ゲートに向かってちょい右くらいにでっかくオープン。 クッキーカルテットの名前を聞いたことがない人でも、このスマイルクッキー入りの詰め合わせはどこかで見たことあるか…

  • 「源興隆麺家」の牛スジ麺&ワンタン麺(と親切な日本語おじさん)@香港大学駅

    夜20時過ぎに香港着。 この時間からだともう遠くに行く気もないし、さくっと食べて、さくっと寝たい(早い)。この日泊まった香港大学駅(HKU)のホテル「Hotel JEN(ホテル ジェン)」の近くで何か食べようと思って、夜の街をぶらぶら。 といってもこの辺、昼間は市場や小さな商店が連なり活気があるけれど、夜は静か。灯りも少ない。知らない店に行ってみたいけど、何度となく泊りにきているので、もうあまりないかな…と思っていたら正面にオールドスクールな麺屋さんを発見! とても昨日今日できたようには見えないけど、全然気づかなかった。あえていうならオーソドックスすぎて気づかなかったのかもしれない。 というわ…

  • 【スリランカゆる旅研究所-7】ジェフリー・バワ建築を訪ねて、ニゴンボ「ジェットウィング・ラグーン」へ。

    香港とスリランカを行きつ戻りつ。またまたスリランカに戻ってまいりました。しかし旅日記も終盤、ここからはホテルシリーズ。 スリランカでホテルといえば、スリランカを代表する建築家、ジェフリー・バワ氏によるリゾートホテルをおいて語ることはできません。しかしバワデザインのホテル(以下バワホテル)はその多くが郊外にあるので、なかなか行きづらいのも事実。 日数はない! でもバワ建築に泊まりたい! そんな時におすすめなのが今回立ち寄った「ジェットウィング ラグーン」なのです! 私はラグーンを一周するボートサファリの帰りに、ちょっと時間があいたのでトゥクトゥクに乗って。この夜からバワの自邸、No.11(ナンバ…

  • ワインと夜景が絶品の、尖東おすすめホテルバー。カオルーン シャングリラ(Kowloon Shangri-La)「タパスバー(Tapas Bar)」

    香港に4つあるシャングリラ系列のホテルのうち、尖東にあるのがカオルーン シャングリラ(Kowloon Shangri-La)。とにかく客室が広くて、ハーバービューも文句なし。何より気さくでプロフェッショナルなスタッフの皆さんとの交流も心地よく、リピートし続けるホテルです。 宿泊記はこちら。 www.girlstraveler.com しかしリピートしていると言いながら、1階にあるバー「タパスバー(Tapas Bar)」には行ったことがなく…今回初めて(!)行ってみました。 なんで今まで行かなかったんだろう? と、理由を考えてみますと ◎ガラス張りなので外から中が見える(のでなんとなく知った気に…

  • 【香港みやげ研究所】定番パンダクッキー。一押しは「榮華餅家(栄華餅家)」の“よいこパンダ&わるパンダ”!

    いまさらですが、かわいいものを見つけたので紹介させてください。香港みやげの代表格、パンダクッキーです。 「香港行ってきました」の一言とともにオフィスで配るばらまきみやげ。有休を取ったものとしては配らずにはいられません。そのばらまきみやげの絶対条件をあげるなら、 ◎たくさん入ってて安い。 ◎空港で帰国時さくっと買える。 ◎人を選ばないおいしさ。 ◎なんてったって個包装! そう、個包装って意外と大事。そんななか、上記のみやげ4条件を余裕で満たしつつ、話のタネにもなりそうなものがこちら。SNSに掲載しようと思ったけど、かわいかったから記事にしてしまおう。 それがこの2つの顔のパンダクッキーです。 名…

  • 星街で行列の超お手頃ミシュラン「brass spoon(ブラス・スプーン)」の牛肉フォー。@金鐘

    1.念願のビーフ・フォー専門店に初訪問。 2.香港トレンドグルメの迷宮! 星街に通う理由。 3.brass spoonに並ばず入れる、狙い目の時間帯とは⁉︎ 4.空間も素敵なbrass spoonです。 5.brass spoonの注文方法。そしてビーフ・フォーの味は? 6.お手頃だけど3年連続ミシュラン。 7.まだまだあります、星街おすすめレストラン&バー。 香港とスリランカを行ったり来たりのこのブログ。香港が好き、でも他の国で知らないものにも出会いたい。揺れる想いを抱きつつ、今回は「香港おいしいもの編」です。 1.念願のビーフ・フォー専門店に初訪問。 前から行ってみたくて仕方なかった、ビー…

  • 【スリランカ女子旅研究所-6】コロンボから日帰りボートサファリ! ニゴンボ「ムトゥラージャウェラ自然保護区」。

    1.コロンボから1時間の「ムトゥラージャウェラ自然保護区」とは? 2.コロンボからUBERでニゴンボへ。 3. ボートに乗り込み、いよいよラグーン探検。 4.野生のペリカンに遭遇! ラグーン上でのバードウォッチング。 5. 結論。コロンボから日帰りでも大自然探検はできる! 1.コロンボから1時間の「ムトゥラージャウェラ自然保護区」とは? さっ、スリランカの続きです。ニゴンボという海の街で、ラグーンをめぐるボートサファリに行ってきました。 行ってきたのは前回紹介したジェフリー・バワの自邸「No.11」への宿泊の前。チェックインは午後なので、じゃあ午前中、何しよう? ということで野鳥や南国の緑にふ…

  • 【速報】タップから個性派カクテルが!? 人気ミクソロジストの最新バー「Draft Land(ドラフトランド)」。

    年明け香港で絶対に行きたかったのが、中環(セントラル)にオープンしたてのバー「Draft Land(ドラフトランド)」。 仕掛け人は、みんな大好き香港のスターミクソロジスト、アントニオ・レイ氏。このドラフトランドは台湾の人気バーをアントニオが招聘して、香港に上陸したお店のようです。 コンセプトは「Cocktails on TAP」!!! つまりタップ(ビアサーバー)から、すでに出来上がっているオリジナルカクテルをすばやく提供してくれる店だということ。 普通カクテルといえば注文をして目の前で作ってくれる、いわばオーダーメイド方式。 「ここではビアバーのように、バラエティ豊かなカクテルを安定した味…

  • 【スリランカゆる旅研究所-5】1日1組! リゾート建築の父、ジェフリー・バワの自宅「No.11」にホームステイ。

    スリランカ旅の一番の目的。それはリゾート建築の父、ジェフリー・バワの自宅に泊まること! 泊まれるのかって? はい、泊まれちゃうんです。 ジェフリー・バワはトロピカルリゾート建築の父と言われるスリランカ出身の建築家。スリランカを愛し、その風土を生かしたリゾート建築の数々を生み出した人です。彼のことを知らない人でも「インフィニティプール」を生み出した人だと言えば、その偉大さはわかるはず。アマンなど高級リゾートのデザインに強烈な影響を与えた彼は、もはやアジアンリゾートの元ネタ。 しかし彼の手によるホテルはスリランカ国内のみ。それも南西海岸沿いがほとんど。コロンボでバワ建築に泊まれるのは彼の最期まで暮…

  • 【スリランカゆる旅研究所-4】画期的! コロンボで日帰り本格アーユルヴェーダ体験。「ExSerendib Ayurveda Cure&Therapy」。

    1.コロンボで日帰り、かつ本格アーユルヴェーダを。 2.コロンボ唯一の本格日帰りアーユルヴェーダサロン。 3.はじめてのアーユルヴェーダ。まずは問診から。 4.憧れのシロダーラから始まるアーユルヴェーダトリートメント。 5.ドクターによるドーシャと体質診断。カルテもいただきます。 6.これまでのスリランカ旅の記録。 1.コロンボで日帰り、かつ本格アーユルヴェーダを。 スリランカ女子旅といえばアーユルヴェーダ。スリランカにアーユルヴェーダ施設はたくさんあるのですが、そのほとんどが郊外&滞在型。 アーユルヴェーダはただのリラクゼーションではなく医療。医師の指導による体質診断と、それにもとづいた食事…

  • 【スリランカゆる旅研究所−3】スリランカの驚き結婚事情とコロンボのシーサイド食堂。

    1.まずは新聞のお見合い欄を熟読しながら、カレー朝食。 2.スリランカの結婚は、星占いで決まる!? 3.「シャングリラホテル コロンボ」の無料トゥクトゥクサービス。 4.地元の安心カレー食堂「Curry Pot」でランチ。 5.スリランカ人にコロンボのスピードは速すぎる…!? 1.まずは新聞のお見合い欄を熟読しながら、カレー朝食。 そう、まずは慣らし運転ということで、ホテルのスタンダードな朝食から。 スリランカのホテルのレストランはブッフェが多いです。 1日目に泊まったのは香港でもお約束の「シャングリラホテル コロンボ(Shangri-La Hotel Colombo)」。海外のホテルなのでカ…

  • 【スリランカゆる旅研究所-2】UBERで空港からコロンボへ。そしてホテルで立ち食いルームサービス。

    1.UBERで超フレンドリー運転手と空港からコロンボへ。 2.スリランカ&日本、UBER事情。 3.サタデーナイトなコロンボで、お祭り行列に遭遇。 4.最初のお宿「シャングリ・ラ ホテル コロンボ」に到着。 5.超スローリーなルームサービスで、スリランカの洗礼を受ける。 6.一夜明けて、部屋からのビューにびっくり! 1.UBERで超フレンドリー運転手と空港からコロンボへ。 前回から始めております、スリランカ旅日記。コロンボ周辺で、体力なし根性なしでも楽しめる「ゆる旅」を研究してきたので、お付き合いください。 www.girlstraveler.com 前回はこちら。スリランカ航空の直行便と空港…

  • 【スリランカゆる旅研究所-1】スリランカ航空UL455便でコロンボへ! そして謎のバンダラナイケ空港事情。

    1.スリランカに一体何があるというのですか? 2.スリランカ航空の直行便UL455便で、成田からコロンボへ。 3.スリランカ航空の機内食はハイレベル! 4.コロンボ、バンダラナイケ空港はこんなところ。 5.バンダナライケ空港の両替とSIM購入方法。 1.スリランカに一体何があるというのですか? …と、かの名著へのオマージュ(ぱくりともいう)から始めましたが、スリランカへ行って来ました。はじめての南アジアです。この国にした理由は、動物と南国植物が好きなので…という、完全イメージ先行型。 私の場合、初めての国へ行く前は、とにかく活字を読みます。今回も色々読んだのですが、日本語の情報が少なすぎる&偏…

  • 老舗洋食店で香港映画のような夜を。佐敦・油麻地「太平館餐廳 Tai Ping Koon Restaurant」

    1.香港のディナーに「洋食」という選択肢。 2.「太平館餐廳 Tai Ping Koon Restaurant」はどんな店? 3.「太平館餐廳 Tai Ping Koon Restaurant」は内装もごちそうです。 4.名物スイスチキンと、今回食べたもの。 5.元祖にふれるって「元ネタ」を知ること。 1.香港のディナーに「洋食」という選択肢。 ご縁あり、前から憧れていた「太平館餐廳 Tai Ping Koon Restaurant」に行くことができました。「太平館餐廳」といえば、香港の古き良き洋食店。 香港行くと「香港らしいものを」と夜ごはんの選択肢が広東料理中心になりがちだけど、これもすご…

  • 【辛党的香港スイーツ案内】香港ワッフル専門店「BB鶏蛋仔」の特盛タピオカミルクティーアイスサンド。

    1.香港人なら誰でも行きつけのワッフル屋さんを持っている!? 2.辛党だって(たまには)甘いものを楽しみたい。 3.「BB鶏蛋仔」の特盛ワッフルアイスサンド。 4.スイーツ天国の香港。こちらにも行ってみました。 1.香港人なら誰でも行きつけのワッフル屋さんを持っている!? 香港食べ歩きスイーツの王様的存在が「鶏蛋仔(がいだんじゃい)」に代表されるワッフル。 下町を歩けばだいたいどこでも人だかりのあるワッフル屋さんが見つかります。私の好きなケリーホテル香港が作っているミニガイドブックにも「香港人なら誰しも、お気に入りのワッフル屋さんを持っているものだ」と書いてありました。 そのガイドブックも込み…

  • 憧れの一皿!「孖沙茶餐廳」の目玉焼きW載せチャーシュー飯。@上環

    1.上環で噂の人気店に遭遇。 2.「孖沙茶餐廳」で目玉焼きチャーシューごはんをオイマイ。 3.ホテルの絶景を見ながら、目玉焼きチャーシュー飯。 4.白身はかりっと、黄身はとろとろ。魅惑の目玉焼き。 5.追伸:なぜ私は飛行機に乗れなかったのか。 1.上環で噂の人気店に遭遇。 香港での取材最終日にぽっかり数時間の空き時間が発生。理由は「欠航からの帰国便振り替え」だったのですが、とりあえずまあ昼は空港行く前に一人で何か食べようと。 で、何食べよう? 所用のために来ていた上環をうろうろ。しかしホテルにいいかげん荷物とりに戻って空港へ行かなくては…もうあきらめる? そんな時に遭遇したのがこちら。 地元の…

  • 【お仕事】Hanako香港特集です。

    Hanako香港特集が発売になりました。 テーマは「定番&最先端」。私は最先端チームとして執筆をしました。超隠れ家バーにどきどきして、華麗なるアフタヌーンティーにくらくらする。そんな取材でした。 といいつつ、どローカルな撮影の合間のランチ。どっちも楽しめるのが香港! 撮影中は猛暑かと思いきや、連日の雨。 個人的思い出ナンバーワンは、香港セブンイレブンの傘。 あのカラフルな傘を差して道行く人たちを見たフォトグラファーNさんの「あれ、いい!」って言葉から、一緒に探し歩いたり…。雨だってなんだって、香港はどこまでも人をときめかせる街でした。どんな傘か? ぜひ香港で探してみてください。 スターフェリー…

  • ローカルな味をちょっとモダンに、お手頃に。星街の新店「Madame Ching(マダム・チン)」。

    1.イマドキ香港のリアルな食文化って? 2.“香港の代官山”にできた、中華の新店「Madame Ching」へ。 3.コスパ最強「Madame Ching」のランチメニュー。 5.お得ランチ、さらに値下げした説…!?? 1.イマドキ香港のリアルな食文化って? 最近よく香港に行く人に言われるのが「香港のおいしいローカルグルメを知りたい!」というもの。おそらくそれは、ワゴン飲茶や麺粥、ローストなどを味わいのある空間で、地元の人に混じって堪能したいという意味でしょう。 でも最近しみじみ思うのは「ローカル=地元の人のリアルな食生活」とは限らないということ。日本人が和食ばかり食べてるわけじゃないように、…

  • 【香港みやげ研究所】バラのアロマに癒される「マークス&スペンサー(Marks&Spencer)」のピンクなジン。

    しばらくぶりのブログ更新。まずはなにより台風の被害、1日も早く日常に戻れますように。 そんななかでの久々ブログ。 今回はマークス&スペンサー(Marks&Spencer)のジンがおいしかったので、その話をさせてください。 マークス&スペンサーといえば、香港でも超〜おなじみの英国老舗チェーンストア。とにかくオリジナル商品が豊富で手頃でかわいくて、香港でも大人気です。売っているものは英国と同じではあるけれど、香港みやげとして定着しています。エコバッグとか、クッキーとか紅茶とか。何もかもかわいいんだけど、今回おすすめするのはジン。 マークス&スペンサー(Marks&Spencer)はもともとお酒、と…

  • 【香港建築ファンクラブ】香港エンタメの聖地! 北角の劇場「新光戲院」&「皇都戯院」。

    最近、香港での食事と食事の間は「建築見学」にハマっています。 買い物でもないし、かといってホテルにじっとしてはいられない…。となると「建物を見ようかな」と思いついたわけです。実際行ってみたところ、これがなかなかに面白くて香港建築のファンになってしまいました。 今回は、北角(ノースポイント)の2大歴史的劇場「新光戲院(Sunbeam Theather )」&「皇都戯院」。とはいえ建築については素人なので、個人的にぐっときたツボを紹介させてください。 1.紅磡(ホンハム)からフェリーで北角(ノースポイント)へ。 2. 広東オペラの聖地、新光戲院(Sunbeam Theather )。 3. 第一級…

  • 【香港空港グルメ】日本未発売の行列ケーキ店「Lady M New York」が香港国際空港(HKIA)に登場!

    香港空港でのラストミニッツ。何を買う? どこで食べる? 迷いますよね。というのもHKIAこと香港国際空港は、ただいま新店のオープンラッシュ。行くたびに何らかの店がオープンしているのです。何かが開店しているということは、何かが閉店しているということでもあるので「行ったらなかった!」ということもある。だからこそ最新情報アップデートは欠かせません。 というわけで今回は、香港の街中でも人気を集めるケーキショップが香港国際空港内にできたので、そちらを勝手に検証。 1. 香港人が行列をなす人気ケーキショップ「Lady M」ってどんな店? 2.「Lady M」の場所はどこにある? 3.「Lady M」で買う…

  • 香港のトリュフ愛が熱い! ランカイフォン「Mercato(メルカート)」の真っ黒トリュフピザ。

    香港に来ると俄然、トリュフ愛が覚醒します。 香港のメトロポリタンな空気感とその官能的な香りに頭がくらくら、毎回うっとりしています。トリュフに心奪われるのはどうやら香港人も同じようで、点心に、バーフードに、トリュフ入りの食べ物は最近急増している模様。そしてそれを見つけるたびに脊髄反射で注文しています。 なんかこの香りには、人を惹きつける何かがある。 1.憧れの名作を求めてランカイフォンへ。 2.お目当てのトリュフ料理の店はこちら。 3.憧れのトリュフピザ様ご降臨。そのお味は…? 4.もう一つのおすすめトリュフアドレス。 1.憧れの名作を求めてランカイフォンへ。 向かったのは香港の六本木、ランカイ…

  • レトロ映画館&個性派食堂&紅磡観音廟。紅磡(ホンハム)2時間濃厚散歩。

    最終日、空港行くまで何して遊ぶ? これってちょっとした命題だと思うんです。ラストミニッツ問題。私の場合は最近はホテルの周りのローカルタウンをぶらぶらするのが好きです。滞在中はなんだかんだ遠出して、ホテルの周辺って歩かなかったりするから。 1.今ハマっているローカルタウン、それが紅磡(ホンハム)。 2.歴史的映画館「LUX THEATRE(寶石戲院)」を一目見たくて。 3.おもしろローカル茶餐廳「龍門冰室」の朝食。 4.地元のパワースポット、紅磡観音廟へお詣りに。 1.今ハマっているローカルタウン、それが紅磡(ホンハム)。 この場合のローカルタウンとは紅磡(ホンハム)。 というのもケリーホテル香…

  • 旅の不調に漢方パワー。「春回堂薬行」のワンコイン涼茶がやっぱりすごい。@中環

    中環のど真ん中にある「春回堂薬行」。 漢方の老舗で超有名店なので「知ってるよ!」という方も多いと思うんですけど、うーんやっぱり名店ですね。今回その効き目を漢方茶「涼茶」であらためて実感したので、ご紹介します。 1.香港漢方の超有名店「春回堂薬行」ってどんな店? 2.「春回堂薬行」特製涼茶の買い方、選び方。 3.涼茶のお味とその効果は…? 4.亀ゼリーに漢方茶。涼茶以外もすごいんです。 1.香港漢方の超有名店「春回堂薬行」ってどんな店? ここは私にとって思い出深い店。だいぶ前に雑誌の取材で伺ったことがあります。その舞台裏はこちら。 www.girlstraveler.com 亀ゼリーの鍋がなかな…

  • 【香港建築ファンクラブ】ノーマン・フォスターの最新リノベホテルThe Murray Hong Kong(ザ・マレー香港)を勝手に探訪。

    唐突ですが、香港の建築の大ファンです。 香港のビルは本当に個性豊か。香港のひしめき合う街の中で「私はここです!」って主張し合っているような押し出しの強さがいい。なんかもう街じゅうあちこちにランドマークがある!みたいな。日本とはもちろん建築法が違うし、風水カルチャーも反映されているし、地震もあまりない土地柄だからできることもあるのですが(あったら大変)。 で、ファンとしてもっと香港建築を知りたい。そんな香港建築ファン(いるのか?)が今見るべきものは…それがこちら金鐘(アドミラルティ)にできたThe Murray Hong Kong(ザ・マレー香港)です。 1.リノベーション系最新ホテル、ザ・マレ…

  • 「はじめまして、香港スイーツ!」そこからですか? な香港甜品入門。「松記糖水店」編@香港大学HKU

    香港を初めて旅する方に必ず聞かれることがあります。 それがスイーツと占い。 しかし正直申し上げて私、そのどちらにも今まで(プライベート旅では)縁がありませんでした…。 1.スイーツ初心者の「そこからですか?」な香港スイーツ話。 2.目移り必至のメニュー紹介。 3.辛党おすすめ香港スイーツは、ゴマやクルミのおしるこ系。 4.香港スイーツ=美肌説!? 1.スイーツ初心者の「そこからですか?」な香港スイーツ話。 香港でスイーツ屋さんなんてそれこそ星の数だけど、完全に辛党なこともあって、ほとんど入ったことがなかったのです。でもなんかフルーツ系とかおしるこみたいな香港の伝統スイーツとか色々ありすぎて注文…

カテゴリー一覧
商用