読書と足跡
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ホロコサンさん
ブログタイトル
読書と足跡
ブログURL
http://dokushoto.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
自分なりの読書感想文です。
自由文
-
更新頻度(1年)

360回 / 313日(平均8.1回/週)

ブログ村参加:2015/09/04

ホロコサンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 9,740位 7,855位 8,196位 7,474位 7,280位 7,128位 6,823位 974,864サイト
INポイント 20 40 30 20 30 20 40 200/週
OUTポイント 10 80 150 140 190 340 340 1,250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 510位 419位 436位 396位 386位 383位 372位 66,107サイト
セミリタイア生活 43位 35位 35位 29位 29位 27位 26位 1,053サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 8,675位 7,782位 7,804位 7,846位 7,821位 7,944位 9,317位 974,864サイト
INポイント 20 40 30 20 30 20 40 200/週
OUTポイント 10 80 150 140 190 340 340 1,250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 601位 551位 542位 547位 540位 546位 625位 66,107サイト
セミリタイア生活 70位 63位 62位 63位 64位 64位 72位 1,053サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,864サイト
INポイント 20 40 30 20 30 20 40 200/週
OUTポイント 10 80 150 140 190 340 340 1,250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,107サイト
セミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,053サイト

ホロコサンさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ホロコサンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ホロコサンさん
ブログタイトル
読書と足跡
更新頻度
360回 / 313日(平均8.1回/週)
読者になる
読書と足跡
  • トランプに学ぶ現状打破の鉄則 著者 橋下徹

    トランプに学ぶ現状打破の鉄則著者 橋下徹新たな知識を求めてこの本と出逢う。橋下氏の持論、考えが、伝わる一冊。賛同できるか否か、それはあなた次第。ただし、橋下氏を否定してはならない。色々な考え方がある。賛成意見も反対意見もある。ようは、考えのない人がどちらになびくかである。トランプ氏の発言や態度振る舞いは、実践的交渉術として非常に戦略的である。安倍晋三首相とお会いした時も、とても礼儀正しかったと言う...

  • [足もみ]で心も体も超健康になる!の読書と足跡 田辺智美 読書感想

    [足もみ]で心も体も超健康になる!著者 田辺智美足もみでスッキリ、心と身体の大掃除。 病気にならない、元気いっぱいの人生のために! 私が「足もみ」に出会ったのは、今から十数年前のこと。交通事故によって重度のむち打ち症になり、激しい頭痛やしびれ、肩コリ、倦けん怠たい感かんなどの様々な不調とつきあう日々が始まった時です。 初めて自分で足をもんだ瞬間に、もうすでに身体が回復して健康になれたような喜びと、この...

  • 年収が低いならマンションは増税後に買いなさい 五十嵐明彦 読書感想 増税後の住宅を考える

    年収が低いならマンションは増税後に買いなさい著者 五十嵐明彦五十嵐 明彦(いがらし あきひこ)公認会計士・税理士。明治大学商学部3 年在学時に公認会計士2 次試験に合格。大学在学中から監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)に勤務し、国内企業の監査に携わる。2001年には、明治大学特別招聘教授に。現在は、税理士法人タックス・アイズの代表社員として相続税などの資産税業務や法人に対する税務業務を中心に幅広い...

  • 国民を貧困にする重税国家日本  須田慎一郎  読書感想 貧困問題を考える

    国民を貧困にする重税国家日本著者 須田慎一郎富裕層だけでなく、貧困層までがこれから身ぐるみ剥がされる!徴税権を振りかざす国家権力にいかに対応すべきか財務省が目論む課税強化の全貌とその対策。須田/慎一郎1961年、東京生まれ。経済ジャーナリスト。日本大学経済学部卒業後、経済紙記者を経て、フリー・ジャーナリストに。執筆活動のかたわら、テレビ朝日「ワイドスクランブル」「ビートたけしのTVタックル」、読売テレビ「...

  • ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国 谷島宣之 読書感想

    ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国著者 谷島宣之欧米の手法や技術を丸のみすると食あたりを起こす。こうした近代化に伴う適応異常とその対策が本書の主題である。主題 を考えるための題材として日本企業がコンピューターを取り入れる際に生じる混乱を取り上げた。本書を読んで頂きたいのは経営者やビジネスリーダーの方々である。収録した原稿は元々日経ビジネスオンラインというウ ェブサイトに、こうした方々に向けて...

  • 脳に仕事をさせる直前3分の仕掛け 「ここ1番!」の営業、交渉、会議に強くなる 著者 福原裕一

    脳に仕事をさせる直前3分の仕掛け「ここ1番!」の営業、交渉、会議に強くなる著者 福原裕一新たな知識を求めてこの本と出逢う。直前の3分で状況が変わればなんてうれしいことなんでしょうって思います。そんな思いをしたことがないでしょうか?私は常々思っています。そんな日々からこんな本に出会いました。脳に仕事をさせる直前3分の仕掛けとは、どんなことなんでしょうか?大事な会議、商談で頭が冴えるために直前に脳トレをする...

  • 三日間の幸福の読書と足跡 三秋縋 読書感想

    三日間の幸福著者 三秋縋三秋縋が描くげんふうけい第二弾!どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の...

  • 中古ワンルームマンション投資の秘訣 著者 芦沢晃

    中古ワンルームマンション投資の秘訣著者 芦沢晃新たな知識を求めてこの本と出逢う。不動産投資でも、区分マンション投資もあれば、一棟マンション投資もあり、一軒家の投資もある。その中で自分のスタイルがいかに近いスタイルで成功している人の手本を学ぶかどうかが大切だと考える。昔に比べ不動産投資価格は上がっているが、借入金の利率が下がっているため結局は変わらないというのが結論であるがその中でもいかに有効活用し...

  • 僕の小規模な自殺の読書と足跡 入間入間 読書感想

    僕の小規模な自殺著者 入間入間入間人間が描く小規模シリーズ第二弾!しがない大学生の俺のもとに、未来からの使者が来た。ただしその姿はニワトリだったが。そのニワトリが言う。『三年後に彼女は死ぬ』と。「彼女」とは、熊谷藍のことで、俺のすべてだ。その彼女が、死ぬだって…?だが机をつついてコケコケうるさいそいつはこうも言う、『未来を変えろ』と。どちらも真に受けた俺は、病魔に犯されて死んでしまうという彼女のため...

  • ノートは表だけ使いなさい超人気メモ・ノートを開発したノートのプロが教える情報活用術著者 石田悟司

    ノートは表だけ使いなさい超人気メモ・ノートを開発したノートのプロが教える情報活用術著者 石田悟司新たな知識を求めてこの本と出逢う。さぁどーゆー事だろうと思いました。何故、表だけを使うのか?学生を卒業して、ノートを使うのかと質問されたら使いますと答える。でも、メモはノートだけでは、ないですがね。今はスマホも使用する時代ですから。この本はノートというより、メモに注目している。メモによりビジネスを向上さ...

  • ジュリオの読書と足跡

    ジュリオ著者 木下半太特殊能力を持つ天涯孤独の17歳、鳥谷ジュリオ。ギャングのトップを目指すが、大切な仲間を失ってしまう。同じ頃、市長暗殺未遂が勃発し、元FBIの美女・具志堅花はボディガードを、絵本探偵・羽田誠は犯人追跡を命じられた。しかし、市長の悪行を目撃したジュリオ、花、羽田は、少年・海斗を救うため共に行動を開始。もう誰も失いたくない―孤独な魂が荒ぶる、命懸けの追走劇!木下/半太1974(昭和49)年、大阪府...

  • 1分で話せ 著者 伊藤洋一

    1分で話せ著者 伊藤洋一新たな知識を求めてこの本と出逢う。まず1番最初に意識しなければいけないのは、そもそも「人は相手の話の80%は聞いていない」と言うことです。私の話を聞いてくれてると思ってるかもしれませんが、実は話を聞いてませんそれが現実です。そのような人たちにも話を聞いてもらうためには話を短くするしかありません。だからこそ1分で話せるように話を組み立てようと言う話です。1分でまとまらない話は、結局...

  • まだ「会社」にいるの?の読書と足跡

    まだ「会社」にいるの?著者 山口揚平会社員時代に知っておくべき「一人で生き抜く」知恵。早稲田大学政治経済学部卒。1999年より大手コンサルティング会社でM&Aに従事し、カネボウやダイエーなどの企業再生に携わった後、独立・起業した。 現在は、コンサルティングなど複数の事業・会社を経営する傍ら、執筆・講演を行う。専門は貨幣論・情報化社会論。 今の日本の大企業の多くは産業界においてその役目をおえてきているとも言...

  • 一流になる男、その他大勢で終わる男 著者 永松茂久 読書感想 一流 男 特徴に興味のある方は

    一流になる男、その他大勢で終わる男著者 永松茂久新たな知識を求めてこの本と出逢う。そもそも一流の男と言うのはどういう人のことなんでしょうか、そういう疑問を持ちながらこの本を読んでみることにしました。一流とは何か、『精神的あり方、社会での結果が高い位置で安定している人』をこの本では一流と読んでいるみたいです。日本を代表する大思想家である、「中村天風翁」氏は言われている。「一流とその他大勢の違い。それ...

  • 何歳になっても脳は進化する!の読書と足跡 林成之 脳 進化 理由に興味のある方は

    何歳になっても脳は進化する!著者 林成之本を「くり返し読む」と脳の機能が高まる!「正しい姿勢」と「水平目線」を身につける。「間を置いて」考える。「芽が出る食材」を積極的に取ろう。「腸は第二の脳」―便通をよくしよう。今日から始める「脳が進化する」習慣。本を繰り返し読むと脳の機能が高まる。正しい姿勢と水平目線を身につける。間をおいて考える。目が出る食材を積極的に取ろう。腸は第二の脳。便通を良くしよう。ネ...

  • [手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください]の読書と足跡 山田真哉・花輪陽子 読書感想  手取り10万円台 貯金したい時に

    [手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください]著者 山田真哉・花輪陽子ニコニコ生放送で12万人が得したニコニコ生活講座がまとめて読める。「保険」「年金」から「増税」対策、「クレジットカード」の選び方まで240分。知らないと、ヤバい。月収20万円以下でも賢く生きる方法。山田真哉1976年、兵庫県生まれ。公認会計士・税理士。一般財団法人芸能文化会計財団理事長。160万部超のベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れ...

  • 刑事さん、さようならの読書と足跡 樋口有介 読書感想  刑事ドラマを見る前に

    刑事さん、さようなら著者 樋口有介「結婚したい女ができた」と明かした十日ほど後、警官が自宅で首を吊った。その二日後、河原で風俗ライターの死体が見つかる。後輩の自殺に疑問を抱き独自に聞き込みを続けていた警部補・須貝は、二つの不審死をつなぐ“女A”の存在に行き着くのだが―。「善人の罪科」と「悪人の正義」が交錯する、美しくも哀しき愛の物語。群馬県前橋市生まれ。 『ぼくと、ぼくらの夏』で第6回サントリーミステリ...

  • ちぎれた夜の奥底での読書と足跡 草凪優 読書感想

    ちぎれた夜の奥底で著者 草凪優業績悪化に苦しむ損保代理店課長の田口(42)は、法人契約をまとめた部下の千咲(32)と寝てしまう。彼女には社内結婚した年下の夫がいた。危ういダブル不倫は爛れてゆく。深夜のオフィスや屋上での交接、ウリセンボーイとの乱交。その度に千咲の知的な美貌は羞恥に歪んだ。刹那の快楽こそが救いだった。だが快感に溺れ切った田口の心は、やがてちぎれていく…。官能ノワール長編。草凪/優1967(昭和42)年...

  • 脱ニッポン富国論の読書と足跡 山田順 読書感想 富国論 国富論と言えば

    脱ニッポン富国論著者 山田順富裕層はもちろん、中小企業経営者、金融専門家、学生など多くの日本人が新興アジアに移住している。節税、投資、起業、教育、生活のクオリティ等、「新移民」たちの多様な目的とその実態を描きながら日本の未来像を模索する。山田/順1952年、神奈川県横浜市生まれ。立教大学文学部卒業後、1976年、光文社入社。『女性自身』編集部、「カッパブックス」を創刊し、編集長を務める。2010年、光文社を退...

  • 経済で読み解く織田信長「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する 上念司 読書感想 織田信長最強伝説を追い求めて

    経済で読み解く織田信長「貨幣量」の変化から宗教と戦争の関係を考察する著者 上念司新たな知識を求めてこの本と出逢う。歴史に名を残す人物として、名高い「織田信長」。歴代でも1,2位を争う位の人気ではないでしょうか?なぜ織田信長ここまで人気あるのか、というのは人それぞれだと思いますが、時代を変えようとしたと言うことに評価をしている人は多いのではないでしょうかと、私は思います。それだけ織田信長と言う人間が、人...

  • 知って得する税金の本の読書と足跡 出口秀樹 読書感想 税金対策不動産が有名ですが・・・。

    知って得する税金の本著者 出口秀樹サラリーマンだってこんなに節税できる!本書の新知識やテクニックがあなたの“暮らし”を強力にサポート!これで税金が安くなる!戻ってくる!「節税のガイド」として365日、手元に置いてください。出口/秀樹税理士。出口秀樹税理士事務所所長。株式会社ドルフィンマネジメント代表取締役。1967年北海道札幌市生まれ。1991年北海道大学文学部卒。1998年5月、出口秀樹税理士事務所、開所。より広い専...

  • [自分年金]はこの3つの銘柄で作りなさい!の読書と足跡 北浜流一郎 読書感想  年金カットに備え

    [自分年金]はこの3つの銘柄で作りなさい!著者 北浜流一郎資産バブルの波に安心・確実に乗って、株で資産を築く方法教えます!北浜流・お宝株は会社四季報でこう選ぶ!北浜 流一郎(キタハマ リュウイチロウ)株式評論家慶應義塾大学商学部中退後、コピーライター、週刊誌記者、作家業を経て個人投資家向けの株式投資のアドバイスを行っている。日本文芸家クラブに所属。オリンピック関連株をねらえ。オリンピックの二年前くらいには...

  • 本当にお金が増える投資信託は、この10本です。 著者 篠田尚子 投資信託おすすめがわかります

    本当にお金が増える投資信託は、この10本です。著者 篠田尚子新たな知識を求めてこの本と出逢う。お金を稼ぐなら、プロに任せる投資信託。しかし種類が多すぎる、だから自分で選ぶのは大変である、よって少しでも参考になるようにこの本にて学ぶ。結論はこの10本である。①DIAM国内株オープン②iTrust日本株式③ニッセイ健康応援ファンド④三井住友・配当フォーカスオープン⑤JーStockアクティブ・オープン⑥ラッセル・インベストメント...

  • キネマ館多情の読書と足跡 睦月影郎 読書感想

    キネマ館多情著者 睦月影郎夜陰のキネマ館。その舞台で、耕司が美少女を抱きすくめると、客席にひしめく幻の観客の熱い視線が注がれているように気がした…。日本にトーキー時代が訪れつつあった昭和四年、映画館の息子耕司にも性春時代が訪れようとしていた。美少女の母であるモギリの熟女とは、券売の小部屋でこっそりと…、そんな少年の多情と背徳の果てに待っていたものは?懐旧の昭和モダンエロス!1956年神奈川県生まれ。三崎高...

  • 紳士のためのエステ入門 天野頌子 読書感想

    紳士のためのエステ入門著者 天野頌子敏腕エステティシャン・片桐彩名が殺された。警視庁特殊捜査室の柏木雅彦警部補は、被害者の幽霊に事情聴取するためにメンズエステサロンへ。彩名はある人物の秘密を知ったことが殺された原因ではと話す。だが、プロ意識が高い彩名は死んでも口が堅い。一方で、関係者たちは口が軽く、彩名への不満が続出!ツワモノ揃いの中に、やがて浮上した意外な犯人とは?幽霊好きには良い一冊かもしれない...

  • 学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論 著者 戸田智弘 読書感想

    学び続ける理由99の金言と考えるベンガク論著者 戸田智弘新たな知識を求めてこの本と出逢う。人は死ぬまで学び続けるイキモノ、私は同感。自分の知識がこれからの時代でも通用するかはわからない。時代は進歩するのだから。進歩した時代に通用するかはわからない、時代がどこまで進歩するのかわからない。そう、学び続けていかないと食べていけなくなる時代だからである。そんな厳しい世の中を生きていると言うことである。学とは...

  • 株デイトレードレッスン 二階堂重人 読書感想

    株デイトレードレッスン著者 二階堂重人高値ブレイクを見極めるだけでOK。シンプルに、確実に、勝つ!株価上昇の勢いに乗ったエントリータイミングを伝授。初級・中級・上級とステップアップ方式の演習問題35問!!ゴールデンクロスと高値の基準値を比較して、デイトレで稼ぐ。デイトレは精神的に良い。デイトレの必須アイテムが信用取引である。現物だと1回しか利益が出せない。信用取引だと何回ももトレードが出来、利益を出せる。よってデ...

  • トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門 中原圭介 読書感想

    トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門著者 中原圭介◎カリスマエコノミストが、今後の世界経済の趨勢を独自の視点から予測他国の経済状況が、目の前の仕事へも影響を及ぼす時代、今後の世界経済の動向は、どんなビジネスパーソンでも、ぜひ知っておきたいところです。本書は、カリスマ・エコノミストとして多くのファンを持つ中原圭介氏が、「今後5年間の世界経済」の行方を独自の視点から予測。中国、アメリカ、ブラジル等の...

  • 税金恐怖政治が資産家層を追い詰める 著者 副島隆彦 読書感想

    税金恐怖政治が資産家層を追い詰める著者 副島隆彦新たな知識を求めてこの本と出逢う。お金持ちになる一番の方法は、税金を払わない事である。よく聞く言葉です。ただ、資産やお金を持っている人々に当てはまる言葉です。そして、副島隆彦氏は税務署に立ち向かうことを宣言しているようです。それでは勉強、いや学問に励みましょう。ちなみに、勉強は強く勉める、学問は問いて学ぶ。どちらが積極的に学ぼうとしているかは、受け取...

  • 日本は史上最長の景気拡大に突入するの読書と足跡 長谷川慶太郎 読書感想 お金を増やしたい人へ

    日本は史上最長の景気拡大に突入する著者 長谷川慶太郎アベノミクスによって日本企業を取り巻く経済環境は好転した。円安効果で輸出産業は息を吹き返し、株価は九〇〇〇円台から一万五〇〇〇円台にまで上昇。百貨店では高価格商品がよく売れるようになり、二〇二〇年の東京オリンピック招致が決定したことで、多くの国民に前向きな気持ちが芽生え始めた。だが、アベノミクスはまだ始まりにすぎない。為替の修正、国土を強靱化する...

カテゴリー一覧
商用