住所
出身
ハンドル名
ホロコサンさん
ブログタイトル
読書と足跡
ブログURL
http://dokushoto.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
自分なりの読書感想文です。
自由文
-
更新頻度(1年)

113回 / 108日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2015/09/04

ホロコサンさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(IN) 5,182位 4,805位 5,009位 5,335位 5,486位 4,793位 4,455位 953,323サイト
INポイント 40 80 50 90 30 60 60 410/週
OUTポイント 270 1,050 400 310 460 460 390 3,340/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 280位 265位 279位 293位 301位 266位 253位 66,104サイト
セミリタイア生活 23位 20位 21位 23位 23位 19位 17位 1,029サイト
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 3,851位 3,761位 4,707位 5,181位 5,296位 4,511位 4,305位 953,323サイト
INポイント 40 80 50 90 30 60 60 410/週
OUTポイント 270 1,050 400 310 460 460 390 3,340/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 310位 306位 357位 379位 383位 334位 325位 66,104サイト
セミリタイア生活 36位 36位 42位 48位 48位 39位 36位 1,029サイト
今日 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,323サイト
INポイント 40 80 50 90 30 60 60 410/週
OUTポイント 270 1,050 400 310 460 460 390 3,340/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,104サイト
セミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,029サイト

ホロコサンさんのブログ記事

?
  • 一緒にお墓に入ろう 著者 江上剛

    一緒にお墓に入ろう著者 江上剛『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。終活が流行り始めている。この物語は妻と不倫、そしてお墓がテーマである。昔の経済的成功者は、不倫をするのが当たり前だと言う解釈のもと作られた物語ではないであろうか?銀行で取締役まで上り詰め、そして愛人を持つ。昔の絵に描いたような成功の物語である。そこに新しい物語が存在するのか、否か。それを考えるとお墓に入ると言うことがテーマと言うの...

  • マンション買うなら60m2にしなさい 著者 後藤一仁

    マンション買うなら60m2にしなさい著者 後藤一仁『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。住宅を買うとき人は戸建てかマンションか迷ってしまう。その悩みを1つ越えていけば今度はマンションの中でも、どのようなタイプを購入するのかまた迷ってしまう。人生とは選択肢の連続である。そこでこの本になってしまうのだが、結論は売却できそうなマンションを購入すると言うことである。これからの時代ファミリータイプは絶対数が減っ...

  • サラリーマンのままで副業1000万円

    サラリーマンのままで副業1000万円著者 栗林篤1000万円欲しいけど、ハードワークはマジ勘弁競争社会で私生活を犠牲にしない、ストレスフリーなゆるい生き方年収290万円……この数字が自分のサラリーマンとしての評価なのか。IT企業勤務、鬱で苦しみ働けずニート、年収300万円台……このままだと結婚すらできない!!試行錯誤を経て様々な投資で副業で年収1000万円を得られるようになった著者。「パラレルキャリアと“複

  • 96%の人がやっていない稼ぐ人の常識破りの仕事術

    96%の人がやっていない稼ぐ人の常識破りの仕事術著者 北岡秀紀~そんな「常識」を信じていたら成果は出せない!!~顧客志向…優先順位を決めろ…人脈を大切にしろ…ビジネスにおいて、それらは「常識」とされています。しかし、ビジネスで成果をあげるという点において、「常識」は間違っている。それが私の考えです。実際の行動を見てみると…、外に向けて言っている「常識」と実践している「常識」は違う成功者が、かなりいるのです。...

  • 株で資産を蓄える 〜バフェットに学ぶ失敗しない長期株式投資の法則〜

    株で資産を蓄える〜バフェットに学ぶ失敗しない長期株式投資の法則〜著者 足立眞一マイナス金利時代に株を持ち続けることで成功する秘訣を解説。高く仕入れ安値で投げる投資家から脱却し、豊かで安心な老後を手に入れるアクティヴ・シニアに! 10倍になる株(テン・バガー)等々、豊富な実例で銘柄発掘の心得を伝授! 株式投資の実践編として〔有望銘柄〕を掲載!新たな知識を求めてこの本と出逢う。歴史上世界最高の投資家は誰か?...

  • 自分を変える睡眠のルール

    自分を変える睡眠のルール著者 千田琢哉睡眠を人生の中心と考えることによって、あなたのパフォーマンスは劇的にアップする! 集中力や直感力などは、紛れもなく、しっかりした睡眠を取ることによってもたらされるものである。また、健康な身体も、しっかり眠ることによってつくられていく。睡眠の大切さを今一度見直し、「しっかり眠る」ことを人生の中心とすることによって、あなたのパフォーマンスは劇的にアップするのだ。「し...

  • 元営業部長だから知っている 不動産投資騙しの手口 著者 前田浩司

    元営業部長だから知っている不動産投資騙しの手口著者 前田浩司「新たな知識を求めてこの本と出逢う」不動産投資をすれば、安定した家賃収入が得ることができ、働かなくて良い、だからこそ人生は楽しいと思いながら不動産を購入する人たちは多い。しかし現実的にそんな簡単なものでは無い。勉強なくして成功はありえない。どれだけの本を読んでどれだけの知識を蓄えたかが大切である。その知識をもとに不動産業者と交渉しなければ...

  • 火のないところに煙は 著者 芦沢央

    火のないところに煙は著者 芦沢央『新たな知識を求めてこの本と出逢う。』題名だけで手にした本、これは1つの巡り合わせであり出会いである。人はいつ、どこで、誰と、どんなモノに出逢うかわからない。だからこそ、好奇心旺盛になり色々な『体験』を求めて旅に出る。それもまた、人生である。人間はどうして怖い話に夢中になるのであろうか?人間はどうして怖いもの見たさになるのであろうか?それはやはり人間は好奇心が旺盛な生...

  • TEN 著者 楡周平

    TEN著者 楡周平新たな知識を求めてこの本と出逢う。人にはいろいろな人生がある。誰にも送れない人生があり誰もが送ってる人生がある。この意味が分かる人は少ないのではないでしょうか?その意味を求めて人は本を手に取り本を読みます。読書をすることにより新しい人生いろいろな人生を経験することができるのです。だからこそ読書することが大切なことなのです。まさにこの本は「成り上がり」を教えてくれる本である。学歴のない...

  • この国は95%の確率で破綻する!! 著者 浅井隆

    この国は95%の確率で破綻する!!著者 浅井隆新たな知識を求めてこの本と出逢う。破綻すると言う言葉が題名に出てくると穏やかな話ではない。しかし何を持って破綻すると言っているのかが気になるところであるからこそ本を読むのである。本を読む事はとても大切なことである。本を読むから人は新しい知識を得て新しい考え方を得ることができるのである。本を読む人と本を読まない人では格別の違いが生じてくる。日本国の借金がと...

  • 勝間式超コントロール思考 著者 勝間和代

    勝間式超コントロール思考著者 勝間和代新しい知識を求めてこの本と出逢う。主体的に動く、それが大切。やらされ感のない仕事をする。仕事から距離を置く。人間関係から距離を置く。これが大切。コントロールできないもの。それは、アルコールとギャンブル。これは中毒になりやすい。逆にコントロールしやすいもの、それは読書である。いかに、コントロールして自分にとって有利に人生を送れるかが大切である。仕事にコントロール...

  • あなたの努力が報われない本当の理由 著者 潮凪洋介

    あなたの努力が報われない本当の理由著者 潮凪洋介『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。大好きなことだけして生きていく35の習慣。そんなことができたらほんとに素晴らしいことです。この本は結局は、あなたの努力を間違っている。間違ってない努力をしよう。簡単に言えばそういうことです。しかし難しいものは、自分の努力を間違っているとどのようにして判断するかです。自分の努力が間違ってるかもしれないと言う疑問を持つ...

  • サラリーマンこそプライベートカンパニーをつくりなさい 著者 坂下仁

    サラリーマンこそプライベートカンパニーをつくりなさい著者 坂下仁『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。この題名を聞いて惹かれてしまう人はこの世にどれだけいるでしょうか?お金が欲しい、そう考えますけど実際にお金が欲しいと考えれば考えるほど手に入らない。そしてこの本は非常に面白いことに、感謝された分だけお金になると言うことを教えてくれてます。まさにその通りでしょう。どれだけ人に感謝されれば、どれだけの...

  • 知的生産術 著者 出口治明

    知的生産術著者 出口治明『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。これからは、『人・本・旅』の時代である。まさに、人に出会い、本を読み、旅をして新たな経験、新たな価値観に触れる事が大切になってきます。イノベーションとは、「サボりたい」という気持ちから生まれるものである。人間は楽をしたい、サボりたいと言う気持ちがあります、それをいかに効率よくするのがイノベーションかもしれません。知的生産性を高めれば自分...

  • このままだと、日本に未来はないよね。 著者 ひろゆき

    このままだと、日本に未来はないよね。著者 ひろゆき『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。誰もが不安になる我が国の未来。この国で生まれ、この国で育ち、この国で死にゆく私達。だからこそこの国でどのような活躍をするのか、そしてこの国をどのように発展させるのかを考えなければならない。これから消費税増税で負の連鎖が始まると思われている。明るい未来が見えない日本になってきている。投資家たちが日本から撤退しよう...

  • 人生を変える、お金の使い方 著者 千田琢哉

    人生を変える、お金の使い方著者 千田琢哉成功者は勉強と環境にお金を使う。金で片付く問題は金で片付けるべき。儲けは客先に還元する。自腹で学ぶ。結局はこのようなことをいいたいのである。しかし言ってる事は間違ってないし、実際に千田氏は成功している。勉強することにより人が成長するし、勉強し続けなければならない。勉強止まった時こそ、あなたの人生の終わりである。だからこそ勉強にはお金をかけなければならない。そ...

  • 「家賃ゼロ賃貸」構想が日本の常識を変える 著者 大川護郎 渋谷和宏

    「家賃ゼロ賃貸」構想が日本の常識を変える著者 大川護郎 渋谷和宏『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。結論は家賃をいただかない代わりに、広告を出すことによって広告収入を得ると言うことです。そして著者が愛する姫路市の発展を願うことです。とてつもなく壮大な考え方でありとてつもなく面白い考え方だと私は思います。例えば数をたくさん増やし各マンションからWi-Fiを飛ばしてその安全なまちづくりをすると言う事は新...

  • 本質思考トレーニング 著者 米澤創一

    本質思考トレーニング著者 米澤創一『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。さてさて、本質思考とは何か、気になりながらこの本を手に取る。一説に出てくる、他社で成功した方法論が自社で通用するとは限らない、まさにその通りである。こういった本が世の中に出回り、売れると言う事は考え方がおかしい人たちが溢れている、もしくは認められている証拠ではないでしょうか?世の中にはたくさんの考え方や価値観を持った人たちがい...

  • なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか? ユダヤの神を味方につければ起業は必ず成功できる! 著者 滝内恭敬

    なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?ユダヤの神を味方につければ起業は必ず成功できる!著者 滝内恭敬『新たな知識を求めてこの本と出逢う』何故、お金待ちの35%はユダヤ人なのかの質問に対しての答えは、ユダヤ人起業家が多いからであり、成功しているからである。つまり、雇う側でありなさいという事である。そしてキリスト教を勉強して学ぶことである。プロテスタントとカトリックと言う宗派に分かれるが、プロテスタン...

  • 今すぐ本を出しなさいビジネスを成長させる出版入門 著者 水野俊哉

    今すぐ本を出しなさいビジネスを成長させる出版入門著者 水野俊哉『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。マーケティングか必要で、出版マーケティングこそ費用対効果が高い。その利点は3つ。1.信用度が高い。2.有名になり、講演会や取材のオファーがある。3.バックエンド商品が売れる。これが大きいということである。だからこそ本を出版しなさいと言うのがこの本です。本を出したことで成功のチャンスをつかんだ人が多いと言わ...

  • 中国発の金融恐慌に備えよ! 著者 宮崎正弘 田村秀男

    中国発の金融恐慌に備えよ!著者 宮崎正弘 田村秀男『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。アメリカと中国の貿易戦争が始まった。このことにより世界中の経済はどのような被害を受けるであろうか?想像がつかないものである。例えばファーウェイのCFOが逮捕された。これはいろいろな名義でパスポートを持っているからである。しかし実態は謎である。ノーベル賞に1番近いとされた現在中国人学者が謎の自殺をしている。全てが謎の世...

  • コツコツ月収80万円!主婦大家“なっちー”の小さな不動産投資術。 著者 舛添菜穂子

    コツコツ月収80万円!主婦大家“なっちー”の小さな不動産投資術。著者 舛添菜穂子『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。不動産投資をしているとたちはたくさんいますが、大切な事は自分の収入や貯金に合った不動産投資をすることです。こちらの大家さんは、普通の主婦であり、戸建て7戸、マンション3室、団地3室、アパート一棟を購入した強者です。マイホーム用に売られている中古戸建てや、マイホーム用地として売られている土...

  • 戦力外Jリーガー経営で勝ちにいく新たな未来を切り拓く『前向きな撤退』の力 著者 嵜本 晋輔

    戦力外Jリーガー経営で勝ちにいく新たな未来を切り拓く『前向きな撤退』の力著者 嵜本晋輔『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。自分がどの世界に向いているのか、向いていないのかは失敗しないわからない。価値観は人が決めるもので自分で決めるものではない。自分にとっては勝ちなきものでも、他人にとっては価値あるものである。自分が何をしたいのかわからない時は、経験不足であると認識すべきである。色々な経験をするか...

  • 「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる! 貯金ドリル

    「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる!貯金ドリル著者 角田和将1日5分でお金が貯まるスゴ技ぞくぞく! 「あと月5万円あったらちょっとは贅沢できるのに……」そう思っていても、世の中は誘惑でいっぱい。「帰り道のパン屋から焼き立ての良いにおいがしてきた」「今日に限って特別セールをやっている」……など、予定外の出費を誘う機会が数多くあります。そんな誘惑にストップをかける存在が、クレジットカード。本書では、現金ではなく、ク...

  • その悩み、哲学者がすでに答えを出しています 著者 小林昌平

    その悩み、哲学者がすでに答えを出しています著者 小林昌平『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。将来、食べていけるか不安と言う悩みに対して、アリストテレスが答えを出している。快楽は本来、活動に他ならず、それ自身目的なのである。将来の目的や計画を一旦忘れ、今この瞬間のやりたいこと、やるべきことに熱中せよと言うことです。忙しい、時間がないと言う悩みに対して、アンリ・ベルクソンが答えを出しています。私たち...

  • セブン opus2 古い街の密かな死

    セブン opus2 古い街の密かな死著者 浅暮三文上野公園の不忍池から、子供の手首が発見された。唯一の手がかりは人差し指付け根に残る骨折の痕。M署の刑事・如月七と相棒の土橋は、被害者がシングルマザーに育てられていた少年であることを突きとめる。さらに消息不明の母親が偽名を使っていたことが判明して…。母子に何があったのか?謎が謎を呼ぶ展開と息づまるサスペンス。人気シリーズ第二弾!1959年兵庫県出身。『ダブ(エ)スト...

  • 金持ちオーナー社長になる4つの黄金法則! 著者 佐藤毅史

    金持ちオーナー社長になる4つの黄金法則!著者 佐藤毅史『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。勝負しなければ人生は変えられない、そんな気持ちになる時代に突入してきてた。豊かな者はより、豊かになり、貧しい者はより、貧しくなる。そんな時代だからこそ、どのようなアクションを取るかが大切である。ポイントは川上で受け取るか、川下で受け取るかである。本気で検討したことがあれば、おおよその意味は分かるであろう。わ...

  • 超ど素人がはじめる不動産投資 著者 弦本卓也

    超ど素人がはじめる不動産投資著者 弦本卓也「新たな知識を求めてこの本と出逢う」。サラリーマンの給料だけではやっていけない。年金だけではやっていけない。だからこそ不動産投資、他でも何でも良いが副業が必要である。その中で資金が少なく始めるのが不動産投資と言われている。それはサラリーマンだからこそできることでもある。個人事業者であれば難しいかもしれない。むしろサラリーマンだからこそ有利に始めれるのか不動...

  • 難しいことはできませんが、お金のなる木の見つけ方を教えてください!

    難しいことはできませんが、お金のなる木の見つけ方を教えてください!著者 小山竜央既存の仕事がAIの進化により減少し、安定するには複数の収入源を持つことが必要な今、自分の強みを生かし「まだない仕事」で稼ぐ発想や人脈、成功法則を大公開! 著者は、「今まであったようでなかったビジネス」にいち早く着目し、数々の成功者を輩出してきた講演会コンサルタントの小山竜央氏。普通のサラリーマンが趣味・特技を生かしてパーソ...

  • 1億円稼ぐ最強の話し方 著者 高浜真也

    1億円稼ぐ最強の話し方著者 高浜真也『新たな知識を求めてこの本と出逢う』。本を読むだけでは意味がない、そんな言葉をどれだけ聞いたであろうか?まさにその通りであるが、これだけこの言葉が飛び交うと言うことは、実践されないのか、もしくは著者自身が失敗してきたからなのか、どちらかであると思われる。だからこそ、この本を読んで、『何を求めて読んだのか?』、『読書後ににをしたのか?』これが大切である。本を読む事...