プロフィールPROFILE

ホロコサンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
読書と足跡
ブログURL
http://dokushoto.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
自分なりの読書感想文です。
更新頻度(1年)

393回 / 341日(平均8.1回/週)

ブログ村参加:2015/09/04

ホロコサンさんのプロフィール
読者になる

ホロコサンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 4,068位 3,948位 4,104位 4,384位 4,880位 5,632位 6,201位 977,606サイト
INポイント 30 90 100 110 80 50 70 530/週
OUTポイント 110 320 570 110 110 130 60 1,410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 235位 233位 245位 257位 275位 316位 338位 66,372サイト
セミリタイア生活 13位 12位 13位 15位 16位 20位 21位 1,066サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 7,460位 8,238位 9,081位 11,978位 10,624位 10,445位 10,388位 977,606サイト
INポイント 30 90 100 110 80 50 70 530/週
OUTポイント 110 320 570 110 110 130 60 1,410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 511位 545位 611位 799位 709位 703位 700位 66,372サイト
セミリタイア生活 62位 66位 69位 87位 78位 77位 77位 1,066サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,606サイト
INポイント 30 90 100 110 80 50 70 530/週
OUTポイント 110 320 570 110 110 130 60 1,410/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,372サイト
セミリタイア生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,066サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ホロコサンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ホロコサンさん
ブログタイトル
読書と足跡
更新頻度
393回 / 341日(平均8.1回/週)
読者になる
読書と足跡

ホロコサンさんの新着記事

1件〜30件

  • 年収500万円のサラリーマンが不動産投資で成功したければ 「中古ワンルーム」を 「物上げ業者」から買いなさい 著者 桑田泰

    年収500万円のサラリーマンが不動産投資で成功したければ「中古ワンルーム」を「物上げ業者」から買いなさい著者 桑田泰新たな知識を求めてこの本と出逢う。エステエージェント株式会社代表取締役である、桑田氏。成功の確率が高いのは断然、中高ワンルームマンションだと言われている。むしろサラリーマンが不動産投資をする上で中古ワンルームマンションは唯一の成功率の高い投資対象かもしれません。その理由としては、まずは...

  • 中卒の僕が『年商70億円企業』を作れた理由 著者 渋谷巧

    中卒の僕が『年商70億円企業』を作れた理由著者 渋谷巧新たな知識を求めてこの本と出逢う。株式会社イーグループホールディングス代表取締役である筆者が、経験談を語る。企業で成功するためには自分の強みをとことん考え抜き、それを生かす形にする必要があると言うことを教えてくれている。まだ若いのにものすごい人生経験を積んでいるし、賢い考え方を持たれている。特にこの本は若い人に読んで欲しい本となる。大切なのは学...

  • 10万円を10年で10億にする方法 著者 浅井隆

    10万円を10年で10億にする方法著者 浅井隆新たな知識を求めてこの本と出逢う。損をしない事、これが一番大切である。たしかにその通り、いかに損をしないこれが大切。これは、ウォーレンバフェットしの言葉であり、この言葉を誰もが酔いしれている。ウォーレンバフェット氏の存在はとてつもなく大きい。そしてジョージソロスである。この2人は投資業界のカリスマである。この2人をもってして、一番の奇跡は複利との事である。まさ...

  • 時空旅行者の砂時計 著者 方丈貴恵

    時空旅行者の砂時計著者 方丈貴恵新たな知識を求めてこの本と出逢う。読書は人を成長させる。竜泉家の呪い、呪われた一族。このキーワードは、どう繋がるのか、楽しみである。そして、時空旅行者とは?いったい何がどう繋がるのか?竜泉家の血を引く、加茂伶奈、さらに賀茂伶奈を愛してる加茂冬馬、加茂冬馬をタイムトラベルに連れて行くマイスター・ホラ!マイスター・ホラは時空旅行者の案内人である。その関係者たちが、竜泉家...

  • 元OA機器営業マンが教えるサラリーマンはなぜ大阪で中古ワンルームを買うのか? 著者 原田宏治

    元OA機器営業マンが教えるサラリーマンはなぜ大阪で中古ワンルームを買うのか?著者 原田宏治新たな知識を求めてこの本と出逢う。これから先大企業勤務でも不安な10年、20年を迎えることになる。だからこそ副業が必要である。そこで注目を浴びているのが不動産投資であり、ワンルームマンション投資である。まずは生命保険の代わりとしてワンルーム投資マンションをすることをお勧めしている。これは団信があるから仮になくなった...

  • ティム・クック 著者 リーアンダー・ケイニー

    ティム・クック著者 リーアンダー・ケイニー新たな知識を求めてこの本と出逢う。アップルをさらなる高みへと押し上げた天才。ティム・クックはティム・クックなりの経営者像を目指した。誰の真似もせず自分なりの経営の仕方を望んだのである。スティーブジョブスと言うカリスマ的な存在がいたからこそ、彼は自分なりを貫いたのかもしれない。カリスマ的存在と言うのと哲学大きい存在である。だからこそ超えるべき存在でもあるし...

  • 世界を動かす消費者たち  マイケル・J・シルバースタイン  読書感想

    世界を動かす消費者たち著者 マイケル・J・シルバースタインシルバースタイン,マイケル・J.BCGシカゴオフィスシニア・パートナー&マネージング・ディレクター。米ブラウン大学卒業。ハーバード大学経営学修士(MBA with honors)。BCGコンシューマー・プラクティスのグローバル・リーダー、BCGグローバル・エグゼクティブ・コミッティ(経営会議)メンバー等を歴任。消費財・流通企業を中心に、イノベーション、ブランド構築、グローバ...

  • 坂の下の湖 石田衣良 読書感想

    坂の下の湖著者  石田衣良ゆるやかな下降路線に入って久しい、平成の日本。格差も広がり、ついついうつむきがちになるけれど、そんなに悲観しなくても大丈夫。下り坂をマイペースに歩いてゆけば、いつかきっと、自分だけのオアシスが見つかるはず―。世の中を広く見つめ、仕事や恋愛、結婚、趣味などさまざまなトピックから、成熟の時代の生き方を真摯に軽やかに提案する。「R25」連載の好評エッセイ第3弾。石田/衣良1960年東京都...

  • ビブリア古書堂の事件手帖⑤ 三上延 読書感想

    ビブリア古書堂の事件手帖⑤著者 三上延静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えは―今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。邂逅は必然―彼女...

  • 1万円を1年で100万円に! はじめてのひとの『株式』投資生活 著者 JACK 読書感想 

    1万円を1年で100万円に!はじめてのひとの『株式』投資生活著者 JACK新たな知識を求めてこの本と出逢う。お金を稼いでどこに行く?お金を稼いでどうなりたいのか、お金を稼いでどのような人生を過ごしたいのか?これが1番大切なことです。なぜお金を貯めるのかを明確にして、お金を貯める。それにより目標が設定される。その目標に向けて人はがんばるのです。この本は1億、15億、100億、稼ぐような人たちが読む本ではありません。1...

  • 子育て・在宅で3億稼ぐ主婦の成功法則  蝶乃舞  読書感想

    子育て・在宅で3億稼ぐ主婦の成功法則著者 蝶乃舞資格なし、コネなし、資金なしから始める「成功の100倍返し」とは?あなたを縛っている“見えない鎖”を断ち切ろう。たった15のルールで一発逆転!早稲田大学理工学部数学科卒業後、大手予備校数学講師を経て、2005年、完全成果型報酬のインターネットビジネスに出会う。翌年、月収が5,000万円に達したのを機に法人化。著書に『「今すぐ」やれば幸運体質! 』(同文館出版)などがある。境...

  • アンチェルの蝶  遠田潤子 読書感想

    アンチェルの蝶著者  遠田潤子大阪の港町で居酒屋を経営する藤太の元へ、中学の同級生・秋雄が少女ほづみを連れてきた。奇妙な共同生活の中で次第に心を通わせる二人だったが、藤太には、ほづみの母親・いづみに関する二十五年前の陰惨な記憶があった。少女の来訪をきっかけに、過去と現在の哀しい「真実」が明らかにされていく―。絶望と希望の間で懸命に生きる人間を描く、感動の群像劇。1966年、大阪府生まれ。大阪府在住。関...

  • 幸せになるサラリーマン家庭の不動産投資「未来収入」実践ノート 著者 宮内ふみとその夫

    幸せになるサラリーマン家庭の不動産投資「未来収入」実践ノート著者 宮内ふみとその夫新たな知識を求めてこの本と出逢う。これは中高ワンルームマンション投資で家賃収入年間15,000,000円を達成した夫婦の軌跡となります。1年に一見ずつ、コツコツと14年間、サラリーマン家庭の強みをフルに生かした無理のない等身大の投資方法を教えてくれています。サラリーマンにとってこんなに心強い事はないと思われます。実際にサラリーマ...

  • サ高住投資の教科書 著者 高井新

    サ高住投資の教科書著者 高井新新たな知識を求めてこの本と出逢う。不動産投資をする上で、情報を集める事はとても大切なことです。そして知識を得る事はとても大切なこととなります。さてこの本の表題は何のことかさっぱりわかりません。それはつまり「サービス付き、高齢者向け、住宅」の略となります。これで意味がわかったはずです。これから先公的年金だけでは老後資金が不足すると言われています。だからこそ約20,000,000...

  • まったく新しい「0円賃貸」で高収益マンション投資術 著者 森裕志嗣

    まったく新しい「0円賃貸」で高収益マンション投資術著者 森裕嗣新たな知識を求めてこの本と出逢う。不動産投資をしている私としては、どうしても知識を得る事は大切だと考えてしまう。だからこそ本を読んで、読書をして知識を蓄えようとする。それが決して悪いことではないと考える。ただ大きな悩みは本代がかさむことである。もちろん本は経費として計上できるが、それでも費用がかさむことには間違いない。不動産業界には、入...

  • お金の流れで読む日本と世界の未来 著者 ジム・ロジャース

    お金の流れで読む日本と世界の未来著者 ジム・ロジャース新たな知識を求めてこの本と出逢う。彼曰く、これからは西洋が借金国となり、東洋が資産を増やしていくと言われている。やはり人口減少と借金の増大は止められない、これは歴史が教えてくれていると教えてくれていた。そしてこれから注目する国は北朝鮮である。そして韓国である。この2カ国に注目するのは南北統一するからと呼んでいるからである。南北統一することにより...

  • アメリカが韓国経済をぶっ壊す! 著者 朝倉慶

    アメリカが韓国経済をぶっ壊す!著者 朝倉慶新たな知識を求めてこの本と出逢う。韓国は中国に見捨てられたら終わりである。だからこそ、日本とアメリカは韓国にプレッシャーをかけるのである。そこに、対中国が見え隠れする。いたしかない、これが現実である。中国に輸出を繰り返し、いっこうに言う事を聞かない韓国に対し、アメリカがプレッシャーをかけている。日本はそれに従っている。まさに、そんな事が書かれている。日本は...

  • 安心老後をつくるマンション投資の教科書 著者 山越尚昭

    安心老後をつくるマンション投資の教科書著者 山越尚昭新たな知識を求めてこの本と出逢う。生命保険を月々支払うよりもマンション投資したほうが得であると言う考え方の本である。日本では約8割の人々が生命保険に加入している。それを有意義に使用できるかどうかが問われている。マンション投資に必要なのは良い不動産外車のパートナーを見つけることです。そのパートナー選びこそが投資の成否を決める肝となります。賃貸仲介会...

  • 手取り17万円の勤め人が「僕ちゃん天才」と言い始めたら年2400万円稼げた超成功法則 著者 ポール

    手取り17万円の勤め人が「僕ちゃん天才」と言い始めたら年2400万円稼げた超成功法則著者 ポール新たな知識を求めてこの本と出逢う。この本は自分を自分で褒めて、プラス思考で物事を捉えていく本である。自分なら、なんだってできると言う思いからとにかく前進めることを大切にしている。それをクレイジーマインドと言われています。それは自分は天才だと思い込むことです。そして自分はできると思い込むことです。自分はありのま...

  • 時間革命 著者 堀江貴文

    時間革命著者 堀江貴文新たな知識を求めてこの本と出逢う。1秒ですら無駄に生きるな、まさに強いメッセージである。バカに恵む時間はない、強い強いメッセージである。自分から牢屋の外に出れるのに何故出ない?自由がそこにあるのに何故手に入れようとしない?本当に自由を欲しがっているのか?君は本当に求めているのか?堀江貴文氏はといかける。本当に求めているのかと?最近のビジネスはスキマ時間の有効活用である。これが...

  • Rのつく月には気をつけよう賢者のグラス 著者 石持浅海

    Rのつく月には気をつけよう賢者のグラス著者 石持浅海新たな知識を求めてこの本と出逢う。長江渚、冬木夏美、長江高明、冬木健太、長江咲、冬木大、この2家族がホームパーティーで会話をする内容をもとに楽しむ物語となる。これは1つのなぞなぞであり、問いかけてもあるかもしれないが、好きな人が好きであるし、嫌いな人は嫌いかもしれない。マッサージチェアの物語に、双子の物語、そしてシングルマザーとの結婚の物語、この物...

  • 廃墟の白墨 著者 遠田潤子

    廃墟の白墨著者 遠田潤子新たな知識を求めてこの本と出逢う。パン屋さんそして入院している父、隠された謎これは何なのか、それを求めて物語がスタートしていく。父の名は和久井閑、息子の名は和久井ミモザ、そして王国とは何か、ビルに入った時に出会った人たちは?源田三郎、山崎和昭、鵜川繁守、この人たちと父との関係は何であろうか?住居人全てと関係を持つ明石。そして、こどもである白墨。後藤が死んだ、明石が後を追った...

  • 格差を生き延びる“読書”という最強の武器著者 大岩俊之

    格差を生き延びる“読書”という最強の武器著者 大岩俊之新たな知識を求めてこの本と出逢う。著者絶賛の『ナポレオン・ヒル』の『思考は現実化する』この本に感化され、著者独自の持論を持ち出された『ビジネス本』。これから格差社会を迎えようとしている。これは日本だけではなく全世界的に見ても格差社会が広がっていくと思われると私は思います。そのために、格差社会を生き延びる本がよく出ております。その1冊がこの本です。...

  • 6勝4敗で年20~30%のリターンをめざす株式投資の定石 橋口宏行 読書感想 株に関連するビジネス本オススメ

    6勝4敗で年20~30%のリターンをめざす株式投資の定石著者 橋口宏行株式投資初心者および「株とは、『良い銘柄を買えばいい』『安いところで買って、高いところで売ればいい』『損切りを行うことが重要だ』」と書かれた投資本を読んでも株式投資に苦労されている方に、株式投資に勝つための、具体的な手順=定石(いつ買うの?いつ売るの?)を示す。橋口 宏行(ハシグチ ヒロユキ)証券アナリスト1961年千葉県生まれ。84年明治大学法...

  • 仕事は好かれた分だけ、お金になる 千田琢哉 読書感想  ビジネスマンが仕事で悩んだ時に

    仕事は好かれた分だけ、お金になる 著者 千田琢哉もしお金持ちになりたかったら、勉強して魅力的な人間になることだ。心をつかんで離さない人になる、63の心得。文筆家。愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。コンサルティング会社では多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至...

  • 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?【実践編】 著者  戸塚隆将  読書感想

    世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?【実践編】著者 戸塚隆将新たな知識を求めてこの本と出逢う。エリートと言う言葉に反応して、本を手に取ってしまう。基本は大切なことである、しかし基本だけでは生きていけない。この本は世界最強の投資銀行、ゴールドマン・サックスや、世界最高のコンサルティングファーム、マッキンゼーアンドカンパニー、世界最上級のビズネス士官学校、ハーバードビジネススクールの関...

  • 現役融資担当者がかたる 最強の不動産投資法 著者 河津桜生

    現役融資担当者がかたる最強の不動産投資法著者 河津桜生新たな知識を求めてこの本と出逢う。サラリーマン大家が当然の時代に突入した。それは日銀の金融緩和に始まることである。しかしそれもストップがかかりそうな勢いである。それは2018年のスルガショックからである。かぼちゃの馬車と言うひどい手口が発覚した。少なくともそこから融資に関して厳しいチェックが始まりだした。だからこそお金を借りる人が少なくなってきて...

  • 虎と月 柳広司 読書感想 

    虎と月著者 柳広司父は虎になった。幼いぼくと母を残して。いつかは、ぼくも虎になるのだろうか…。父の変身の真相を探るため、少年は都へと旅に出た。行く先々で見聞きするすべてが謎解きの伏線。ラストの鮮やかなどんでん返し!中島敦の名作「山月記」を、大胆な解釈で生まれ変わらせた、新感覚ミステリ。漢文と引っ掛けて書かれている物語は万人受けする本ではない。好む方には好むだろう。漢文を通して暴かれていく真実。楽しさ...

  • 2014年 大相場のゆくえ株式市場はこうなる! 菅下清廣 読書感想 

    2014年 大相場のゆくえ株式市場はこうなる!著者 菅下清廣菅下清廣氏、2014年新春第1弾です! 去年は大規模な金融緩和政策をテコに日本経済は復興の兆しを見せ、株式市場は久しぶりににぎわいました。2013年からつづく上げ相場が、2014年はどのように展開するのか、かつてウォール街の最前線で巨額の債権を1日何十億と動かし、大手上場企業のオーナーたちから厚く信奉され、首相経験者をはじめ、有力政治家たちとも親交がある菅下...

  • 普通のサラリーマンが実現させた毎年年収1000万円の不動産投資 著者 名取幸二

    普通のサラリーマンが実現させた毎年年収1000万円の不動産投資著者 名取幸二新たな知識を求めてこの本と出逢う。サラリーマン大家の新時代に突入した。これからあってもサラリーマンは大家さんになれるのである。そしてこの本は一棟マンションへの投資に特化している本である。どの本にも書かれているが不動産投資は、投資と言うよりは事業になります。・少しの労働力で、お金持ちになれます!・少しの労働力で、今の収入+100,000...

カテゴリー一覧
商用