searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

とうさんさんのプロフィール

住所
千葉県
出身
福島県

株トレードでもくくりさんのマジカルパワーに頼んでます

ブログタイトル
くくりのブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/khukuri/
ブログ紹介文
エメラルドの瞳の白猫、尻尾だけ黒猫、奇跡のワンダーボーイくくりさんとの日常です
更新頻度(1年)

86回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2015/08/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、とうさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
とうさんさん
ブログタイトル
くくりのブログ
更新頻度
86回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
くくりのブログ

とうさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 前奏曲8,9番(タルレガ)

    Guitar: Yuichi Imai,Strings:1-3 RCstrings titanium normal, 4-6 Augustine Red.Hall1(10);Level70

  • グラナダ(アルベニス、タルレガ編)

    ベルベン社のタルレガ編曲集、および音楽の友社「世界大音楽全集」器楽編71「ギター名曲集」に基づく

  • 前奏曲6,7番(タルレガ)くくり乱入

    演奏中にくくりさん乱入

  • セレナータ・モリスカ(チャピ、タルレガ編)

    Ruperto Chapi(1851-1909)作曲のオーケストラ曲「ムーア風幻想曲」より第3楽章の「セレナーデ」Guitar: Yuichi Imai, Strings:1-3 RCstrings titanium normal, 4-6 Augustine Red.Hall1(10);Level70

  • 一人二重奏でマズルカ(作者不詳、タルレガ編)

    まず2ndパートを通常通り録音・録画しイヤホンで聞きながら1stパートを録音・録画し音声はhttps://www.nch.com.au/mixpad/jp/index.htmlでミックスし録画はplaymemoriesのマルチビューで作成し最後に音声と統合した

  • ボルツォーニのメヌエット(タルレガ編)

    原曲は弦楽オーケストラ作品トスカニーニも録音しているボルツォーニ(1841-1919)はイタリアの作曲家でバイオリニストこのメヌエットによって有名

  • シチリアーナ「オー、ローラ」(マスカーニ、タルレガ編)

    オペラ、カヴァレリア・ルスティーカーナ(田舎の騎士道)よりおーローラ、シルクのようなシャツを身に着けて

  • アヴェ・マリア(バッハ・グノー、タルレガ編)

    今回から、タスカムをビデオカメラの外部マイクではなく、映像と同時に独立して録音し、のちに合体させた。これで薄っぺらい感じの音は改善されると思う。

  • カディス(アルベニス、タルレガ編)

    これもセビリアと同じくドレミ出版(吉田光三編)のタルレガ作品集よりリョベートの編曲とは明らかに異なるので、純粋なタルレガ編かもしれない。ただし同じ曲集の「月光ソナタ」は玖島再編曲のものを使っているので違う可能性もある(なお自分が前に弾いた月光ソナタはベルベン

  • パバーナ・カプリチオ(タルレガ)

    原曲を参考に繰り返しその他タルレガの編曲に手を加えてます今井勇一オーガスチンリーガル青

  • 再び右手の爪とタッチについてのメモ

    aの指を弾くとき、しっかり弾こうとすると、iの指が大きく持ち上がることに気づいたどうもaの左寄り(i寄り)に重心があると、そこに力を入れるときの関係でiを上に上げる運動をしているらしいそこでaの重心は真ん中よりやや右において、爪の真ん中(指頭は真ん中より右)をスタ

  • ロシータ(タルレガ)

    エメラルドの瞳の白猫 (尻尾だけ黒猫) 、くくりさんとの日常です

  • 前奏曲5番(タルレガ)

    Guitar : Yuichi Imai limited(2009)Strings: Augustine Regal Blue

  • セビリア(アルベニス, タルレガ編)

    吉田光三編「タルレガ作品全集」よりこれは明らかにリョベート編とは異なっており、これが本当のタルレガ編なのではと推測してます。

  • 前奏曲3・4番(タルレガ)

    ギター 今井勇一(2009)弦 オーガスチン リーガル 青

  • タールベルクの主題と練習曲(タルレガ編)

    Thema and Etude op.45(Thalberg)originaly for piano solo,guitar: Yuich Imai(2009) strings; Augustine Regal Blue

  • ギター演奏上の爪についてのメモ

    自分は中指に問題がある。音が痩せている。中指だけ爪と指頭の距離があるため十分指頭でのタッチができていないため。全体的に中指の爪は長めにする一方、人差し指側はやや削る。そして人差し指寄りで弾こうが指中央で弾こうが爪と指頭が同時タッチし、そこからずれずにはじ

  • 十字架に掛けられて(バッハ、タルレガ編)

    ロ短調ミサ BWV232より17CRUCIFIXUSギター 今井勇一(2009)弦 オーガスチン リーガル 青

  • あなたの心を満たします(ボイート, タルレガ編)

    ボイート(1842-1919)はイタリアの作曲家、オペラ台本作者。当初はヴェルディを批判してワーグナーを称賛し、ファウストをオペラ化した作品「メフィストフェレ」を発表したが、散々な評判だった。その後台本作者としてヴェルディに協力した。メフィストフェレは今日再評価され

  • タンゴ(トルサ/タルレガ)

    タルレガの死後、タルレガ作として出版されたが、スペインのギタリストガルシア・トルサ(1858-1905)のギターデュオ作品の1stパートの改作。改作者がタルレガなのかどうかは未確認。ギター ヤマハGC3D(1971)

  • 前奏曲1・2番(タルレガ)

    今井ギター(2009)弦はオーガスチン・リーガル青

  • バッハのジーグBWV825(タルレガ編)

    タルレガの死後に "Estudio sobre una Fuga de Bach" という題で出版されたが、una Fugaは un Giga の間違い。Partita no.1 for harpsicord BWV825

  • ベートーベン葬送行進曲(タルレガ編)

    ピアノソナタ12番 作品26 より第3楽章※原曲を参考に若干変更あり

  • ギター演奏上の技術的ポイント

    今年になってからギターをひさしぶりに再開したが、気付いた点をまとめておく。右手の肘を置く場所をはっきり決めて置き、そこで右手全体を支える(実際には側面板と表面板との境のヘリのところ)右手の手首をある程度突き出すような形で固定する意識が必要。なおこれは肘の位

  • ヘンデルのコラール(タルレガ編)

    原曲がヘンデルのどういう曲なのかいまだに自分には不明

  • モーツァルトのメヌエット K.421(タルレガ編)

    モーツァルト弦楽四重奏曲15番(ハイドンセット)より第3楽章

  • ハイドンのラルゴアッサイ(タルレガ編)

      ハイドンの弦楽4重奏「騎士」より第2楽章最初くくりさんも登場します

  • モーツァルトのメヌエットニ長調 K.593(タルレガ編)

    String Quintet K.593 3rd movement*原曲を参考にしてタルレガ編にさらに手を加えていますGuitar: Jose Yacopi(1995)

  • 告別(ヴァイラウフ・タルレガ編)

    シューベルトの告別とされるが、正しくはヴァイラウフの歌とピアノのための「東方へ」(1824)。詩はベランジェーのものによっており、死による別れを歌っている。

  • 楽興の時 第3番 シューベルト(タルレガ編)

    タルレガ編ですが原曲を参照して若干手を加えています 

カテゴリー一覧
商用