searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

さなぢさんのプロフィール

住所
早良区
出身
東区

自由文未設定

ブログタイトル
中国レポート
ブログURL
http://sanadi.seesaa.net/
ブログ紹介文
中国に博士留学しながら大学で日本語を教え、ニュース翻訳、ライターをしている40代女の日常雑記です。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2015/08/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さなぢさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さなぢさん
ブログタイトル
中国レポート
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
中国レポート

さなぢさんの新着記事

1件〜30件

  • 合わない上司

    8月に納品した原稿を数えたら46本あった。短いので500文字、長いので4000字。そりゃ大変なはずだ。 40すぎて東京で仕事をするようになった私が、かなり驚いたことの一つが、東京はフリーランスが生息する環境が大きいということ。 地方にいたら想像もつかない。 東京に行けばフリーでもなんとかやっていける、ということを知らなかったら、私は新聞社辞めて7歳の子ども抱えて中国に行ってなかったと思うんですよね。 中…

  • 「ご活躍」は文字通り「ご活躍」なのか

    久しぶりに連絡をもらう友人たちのメッセージ、冒頭に「ご活躍ですね」と書かれていることが多くて、 これは「お世話になります」に相当する挨拶文の友人バージョンだとも思うのですが、 たしかに常に何かに追われている感はあるものの、それが「ご活躍」なのかと言われると非常に悩ましい。 私は場所を変えながらも2000年ごろからほぼ毎日、日記とかブログを書き続けてきてたんです。 精神疾患になって入院したときも、…

  • 夫、MBA通うってよ(中)

    国内MBA通った学生の体験談って、だいたい「死ぬほどきつかった。でも楽しかった」が多いのですが、夫の場合は、楽しいという成分をほとんど感じない。偏差値50の子どもが、70のクラスに入れられて崖っぷちになってる印象がある。 講義のある平日もない平日も、帰りにマック寄って23時ごろまで勉強して帰宅(一度抜き打ちで査察にいったが、悲壮な顔をして勉強してた)。土曜日は朝9時から夜9時まで、1時間の休憩以外ぶっ続けで…

  • 夫がMBAに通っています(上)

    表題通りなのですが、夫が4月から国内MBAに通学を始めました。 私も別の国内MBAの修了生であり、しかも今、さらに別の国内MBAの教員もやっています。さらに言えば、とある教育機関で、入試の個別指導もやっています。 MBAって基本は一つの学校しか通えないうえに、学部と違い、そもそもの学生・修了生人口が少ないので、客観的に比較することがとても難しいのですが、自分とそこに近いところで、3つのMBAの学生や負荷を知る…

  • 闇営業が教えてくれたこと

    日曜日、リビングを掃除していた夫が小声で、「ねえねえ」と私を呼んだ。 「S君(息子)、たぶんテレビゲームしてるよ」 夫は何かがちょっとでもずれてたら気づく恐ろしい視覚の持ち主で、これまでも私は、押し入れのハンガーを一本借りただけでも、気づかれたことがあった。 今回はテレビの裏の配線が、普段と違うことに気づいたのだった。 息子は翌日からの期末試験に向け、勉強しているはずだった。 たしかに前日…

  • 男はつらいよ

    15歳の息子に昨夜、「何歳くらいで結婚しようと思っているの?」(未婚で産んだ私がこの質問をする資格があるのかはさておき)と聞いたら、「27歳くらいかなあ」と返ってきた。 「何で27歳?」と重ねて質問したら、 「うーん、色々安定すると思って」という。 安定? 「大学卒業して、4年くらい働いたら安定するんじゃないかなあ」と息子。 私が「やっぱり安定しないと結婚できないんだ」とつぶやくと、息子は「何…

  • 時代が違うということーカネカの事例から

    世間を騒がしているカネカの育休明け転勤問題。 「情報発信」をテーマに大学院で講義をしている私は「ほら来た!」「もらい!」的な案件でございます。いつまでも日大アメフトの広報問題ネタにしてるわけにもいかないから。 カネカは「法的には問題ない」とコメント出しましたが、多くの人が「法的に問題かどうかは問題じゃない」と思ったことでしょう。 要するにカネカは、「時代を分かっていない」「時代に対応できていな…

  • 愚痴愚痴愚痴愚痴と

    「お忙しいところ申し訳ありませんが…」と言われて、「忙しいです」とは答えたくないのですが、最近は「ちょっと興味があるなあ」くらいのことには時間を割けない状態が続いています。 仕事は言うに及ばず、息子が高校に入って新生活のばたばた。 そして夫が大学院に行き始め、仕事との両立に四苦八苦。 となると、家族のタスクがほぼ私に振ってくるわけです。 息子の弁当作りとか、食事の支度。元々外食の習慣がない夫…

  • 息子の胸に現れたミステリーサークル

    お風呂に向かった息子が、上半身裸で戻ってきて、「胸に何かできとる。昨日から咳が出るのと関係があるかもしれん」と青ざめている。 見ると、乳首の近くにピップエレキバンをはがしたような丸くて赤い痕跡。 息子は極めて深刻に、「悪い病気かもしれん」とうろたえている。

  • 時代をまたいで仕事をした報告

    皆さんも一度は目にしたでしょうが、4月はやたらと「平成の~~」という企画記事が勃発しました。 私自身、「平成のヒゲ史」みたいな取材をしたり、てんやわんやの中、とある媒体で、3月に大学院を卒業したばかりの新人くんに、「平成の仮想通貨史」を書いてもらうことにしました。私は編集者としてお手伝い。 原稿は<上><中><下>の3回完結を予定…ってことは、最終回はどうにか4月30日に終わらせないといけない。けど、…

  • 平成最後のブログ

    4月は初旬から更新が止まっており…これだけ更新しないのって10年間で初めてじゃないかと思います。 アラスカ旅行について書きかけてたのに、その後中国に行き、来週はフランスですよ。 書きたいことはたくさんありつつも、あまりにも仕事が停滞、渋滞しており、関係者から見たら「ブログ更新してる暇があったら、うちの仕事はよ終わらせろ」と思われそうなので、控えておりました。 しかし令和になる20分前に、どうにかG…

  • 子どもを老親を引き連れアラスカ旅行

    大学のサークルの先輩が、アラスカで働いていまして。 とはいえ、学生時代はそこまで付き合いが濃いいわけでもなく、私もそのサークルを2年生でフェードアウトしてしまったのだけど、Facebookが猛烈な勢いで普及し始めた2010年ごろ、そこで交友が復活したサークルの友人を通じ、「Mさん、アラスカの犬ぞり師と結婚して移住したよ」と聞いた。 相手が「犬ぞり師」というのは完全なデマだったけど、彼女は2000年代前半、1年ち…

  • うちの座敷童

    今週、3つの取引先に3本の記事を納品しないといけなくて、発狂寸前なのですが、1本何とか書き終わったので、一息ついていいでしょうか。 3年前の今日、中国で、私は夫となる男性と出会いました。 そろそろ日本に帰ろうかな、でも仕事あるかなあと不安を感じていた私は、既に帰国が目前だった夫と出会ったことで、帰国の踏ん切りがついたわけです。 周囲にはひたすら驚かれ、そして陰では「すぐ別れそう」と思われていた私…

  • あっという間に高校入試③東京においで

    私は……息子の小1から中2まで、運動会に行ったことがありません。小学校の卒業式も出ていません。 そのことについて、深く考えるようになったのは、息子と同世代の子供たちの反抗期がきっかけでした。 中学生になると、息子からもママ友からも、反抗期の子どもの振る舞いについて耳にするようになりました。 幸い、うちの息子は反抗期どころか、私が授業参観に行くと喜んでくれます。私が自由に動けないことを知っているので…

  • あっという間に高校受験②別居生活のジレンマ

    3年前、息子の中学受験を見届けて3月初旬に中国に戻った。中国生活が6年目に入っていた私は、この頃密かに大連を離れることを決めており、帰国はその中でも有力な選択肢だった。 中国には、現地生活が10年を超え、たぶんそこで老後を迎えるだろう日本人も一定数いるが、その人たちの多くは現地でパートナーを得て、家族をつくっている。日本社会とは疎遠になり、帰国して転職は簡単ではない(と当人たちはおもっている)。 一…

  • あっという間に高校入試①

    中学入試をする家庭の、主要な動機の一つが「高校入試に翻弄されることなく、6年間を過ごさせたい」というものでしょうが、うちは中学に続き、高校も受験することになりました。ついでに3年後には大学受験がやってきます。エスカレーターの附属校に通っているご家庭から見たら非効率の極みでしょうが、親視点でみれば毎回の受験で得るものもあるので(メンタルを犠牲にしつつ)、進学先の確定を機に振り返りをさせてください。 …

  • 極めてどうでもいいネタですが

    我が家で、数カ月前から、「ぱいぱいぱいぱい、ぱーいぱーいぱーい」と歌いながら、互いの胸をつかみあう遊びが流行っておりまして。 昨日、ふと息子に「この歌のオリジナルって何かあるんだっけ?」と聞いたら、「おままのオリジナルやろ」と言うので、今朝、旦那にそのことを話したら、「いやいや、これはちゃんと元歌があるの。あやまんJAPANがオリジナルだから。俺たちのぱいぱいは、パクリ」と、「おい!アレクサ…

  • 私は本当に忙しいか問題を検証する

    「忙しい」ほど主観的な形容詞って、滅多にないと思う。 友人を何かに誘ったとき、「〇日は、あれとこれがあって何やかんやで忙しくて無理」というAさんと、「たぶん時間が取れるから行く」というBさんがいた場合、必ずしもAさんの方が「客観的に」忙しいとは限らない、ということを、私たちは日々の生活で色々な人を見て、色々な人と働いて実感している。 私は自分のことをよほどのことがない限り「忙しい」と説明しないの…

  • 大事なことが一緒じゃない

    私は部屋を片付けられないし、フタもドアも閉められない女なんですが、親、旦那などなどから、「なんで当たり前のことができないんだ」と責められ続けて真面目に自己分析した結果、 「目的を達したら、次の目的に意識が移る」ことが原因じゃないかという結論になりました。 トイレのフタを開けることで、「尿を出す」という目的を達し、もうフタのことは忘れている。 ドレッシングやジャムのフタも然り。 ドアもそうですね…

  • フリーランスと承認欲求

    大手企業、著名企業で働くことのメリットの一つは、「企業名で社会人としてのクオリティーがある程度保障される」ことだと思います。 私の知り合いに、電通勤務の男性がいますが、電通というだけで、「東大でしょ」「芸能人と知り合いでしょ」「おっきな仕事してるんでしょ」「稼いでるでしょ」と言われるのが、むしろコンプレックスをえぐられるそうで、滅多なことでは勤め先を言わないです。つまり、人は企業名で色んなことを…

  • なぜ私は、ずっとここにいるのだろう

    そろそろ夫が帰途に着く頃だろうと思い、LINEにボイスメッセージを入れまくっていたら、突如、「何だ。今〇×空港だ!」と返ってきた。 そして、「ゴディバのチョコレート、たっかいなー」と(お土産の希望聞かれて、思いつかないからとりあえずゴディバをリクエストしていた)。 すごい時代になったもんだべ、と思わずメッセージを打ち込んだ。 最初に中国に留学した2009年、寮に入ってすぐにやったことはインターネット…

  • 夫のいない一週間

    結婚以来初めて、夫が海外出張のため、長期で家を空けている。 私は1~2カ月に1度、息子のいる九州に帰ったり海外に行ったりで家を空けるので、顔を合わせない期間は定期的にあるのだが、自分が自宅に残されるのは初めてのパターン。 大きな声じゃ言えないけど自宅に夫がいないこのパラダイス感。初めて一人暮らしをしたときの高揚にも似ている。 脱いだ服は椅子の上に山積みとなり、今、このPC回りに腕時計、目薬、化粧…

  • どうしてそれをプロフィールに書くんですか、恥ずかしいことですよね、と聞かれた

    面識のない中国人の女性から、突然「月内に仕事が見つからないと、帰国しないといけなくなる。何かいいお話があれば…」とメッセージが来た。 ほんと知らない人なんだけど、知らない人から「話を聞きたい」とかいうのは、時折ある話だし、やんごとなさそうなので、会ってきた。 勤め先が日本進出から1年も経たず、11月に事業所を閉鎖したため、自身も職を失ったという。そこそこキャリアのある女性なので、すぐ次の職が見つ…

  • 受験は情報戦?

    私の息子は中学、高校の両方で受験を経験することになったが、中学受験のときは、私は中国に単身赴任しておりノータッチ。一時帰国の日が1校の受験日で、それから2週間で全日程が終わった。もっとも私はその2週間で大変消耗し、たくさんのことを思い、ブログを書きまくり、学校名を明示していたため、検索で大量のアクセスがあったw。 高校は福岡か東京のどちらに進学するかが10月末まで結論が出なかったので、私は東京受験…

  • 息子、再び受験②

    旦那は時々、「S(息子)君、ほんと現実的だよね」と息子を評する。 息子の現実的な性格は、親にとっては楽だ。目標が低いので、多少いらつくけど、期待を裏切られることがとても少ない。 通っている塾では、「難関私立クラス」に入っているのだが、「イメージがわかない」という理由で受験をせず(塾に行ってる方は分かると思いますが、こういうクラスに入っていると、本人望む望まぬにかかわらず複数の私立を受験させられ…

  • 息子、再び受験①

    息子は中学受験をしたが、進学した中学が「小中一貫」という謎のスタイルなので、高校受験もする。 私としては「バカなの?」と言いたくなるけど、福岡の中学に通う息子は、高校進学を機に、私たちが住んでいる東京に合流することにしたので、少なくとも中高一貫に進学するよりはましだったかもしれない。 私は大学だけ東京なので、東京の高校事情はよく分からない。息子は頑張り屋さんではあるが、みんなが知っている難関校…

  • 願い事

    初詣に限らず、神社を見かけると、夫が必ず参拝するので私もついていく。 神様にお祈りといっても、私はたいしてお願いすることもないので(私はとことん、やりたいことか成し遂げたいことがぼんやりしている)、ささっと顔をあげるのだけど、夫はいつも、異常に長い時間、手を合わせ目をつぶっている。 「いつもものすごくたくさんお願いしてない?」 「そうなんだよ。絶対このお賽銭じゃ足りないとは思うんだけど」 「ど…

  • 地方と東京・おまけ

    前回書き忘れたこと、というか、一番大事なことでした。 40歳も半ばにして私が今更気づいたことは、「仕事上の理由で遠方に転居するのは嫌だ」と思っている人がいかに多いかということでした。 地元では、「地元を離れたくない」と思っている人がマジョリティーというのは知っていたのですが、東京は東京で、私の周囲にも「マスコミ志望だったけど、転勤が嫌だから出版社を選んだ(新聞は全国転勤があります)」といった人が…

  • 地方と東京(下)

    (上)からの続きです。 10年ほど前は、週のうち4日くらいは飲み会に出て、そのうち2日は解散が0時を過ぎていたのに、今年なんて、片手で数えるほどしかない忘年会も、仕事と家の用事でキャンセルというありさまです。 かつて、色々なところに顔を出すのは、仕事の幅、ネットワークを広げるためのツールだと思い努力してきたけど、出家した…

  • 肩書の忖度

    最近、私は「肩書」を聞かれたら「ジャーナリスト」と答えるようになりました。そして、その肩書でメディアに露出すると、「すごいね」と言われもしますが、実はやっていることは以前と何ら変わりなく。 「社長」「会長」「CEO」などと同じようなもんで、多くの人は、その人を仕事の内容じゃなくて肩書で見るんですね。 だから私も、メールの署名などは「記者・翻訳者」などとしてるのですが、ラジオで話したり、講義を持っ…

カテゴリー一覧
商用