searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
古城巡り 写真館
ブログURL
http://yamashiro2015.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
関東を中心に全国の、城館や史跡をデジタルアルバムのデジブックにて現在の城を紹介して行きます。
更新頻度(1年)

1回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2015/08/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、樋口山城守与六さんの読者になりませんか?

ハンドル名
樋口山城守与六さん
ブログタイトル
古城巡り 写真館
更新頻度
1回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
古城巡り 写真館

樋口山城守与六さんの新着記事

1件〜30件

  • 古城巡り 写真館 城館リスト

    かつて日本には5万とも6万とも云われる城が存在したと言われる。実際にはただ柵で囲われただけの砦のようなものもあり、文書に残っているのみでその存在が証されたのではないものも含まれるが、それでも相当数存在していたことは確かだ。しかし、数多くの戦や藩主の転封の度に廃城になったり破却されたりとその数は次第に減っていき、江戸後期にはその総数およそ200(天守)。さらにその後の明治維新の廃城令や戦争、火災、天災を...

  • 榊原康政の墓 善導寺 群馬県館林市

    善導寺は館林駅前に隣接していたことから、館林駅前広場整備計画により現在の地に移転しそれにに伴い、榊原家の墓も移転しました。榊原康政は、天文17年(1548年)三河国上野(現在の愛知県豊田市)に生まれ、幼名を亀、のちに小平太と名乗り12才で徳川家康の家臣となりました。 初陣は、永禄6年(1563年)上野の合戦で、この時手柄をたて家康から一時を賜り家政と名乗りました。以後、姉川、三方ヶ原、長篠、小牧、長久手などの合...

  • 祥室院殿の墓(館林城主榊原忠次の母) 善長寺 群馬県館林市

    市指定史跡善長寺 群馬県館林市館林城主榊原忠次の母「祥室院」は、下総国関宿(現在の千葉県野田市(旧東葛飾郡関宿町))城主松平因幡守家元(徳川家康の異父弟)の娘で、榊原康政の長子 遠江国横須賀(現静岡県掛川市)城主の大須賀忠政に嫁ぎ忠次を生みました。 忠政が慶長12年(1607年)に病没すると、徳川家康の命により伊勢国長島(現在の三重県桑名市長島町)城主菅沼定芳に再嫁し、元和9年(1623年)に近江国膳所(現在...

  • 館林城 総構 群馬県館林市

    築城については、江戸時代になって書かれたもののなかに、赤井照光によって築かれたとするものがあり、「狐の尾曳伝説」として知られているが、現在確認されている館林城について書かれた最古の古文書は、文明3年(1471年)に上杉軍が赤井文六、文三の居城である「立林(館林)城」を攻略したという記録である。 「狐の尾曳伝説」とは、赤井照光が子ぎつねを助けたところお稲荷様の化身の白きつねが現れ、尾を曳いて城の配置を教え...

  • 古河城 茨城県古河市

    現地説明板より室町時代後期から戦国時代にかけては、古河公方の本拠となる。享徳の乱において、第5代鎌倉公方足利成氏は関東管領上杉氏と争い、享徳4年(1455年)、今川範忠に鎌倉を占拠されると、下総古河に本拠を移した。「古河公方」の成立である。成氏の勢力範囲は、当時の渡良瀬川・利根川の東側にあった下総国・常陸国・下野国・上総国・安房国(栃木県・茨城県・千葉県)であり、山内上杉家および扇谷上杉家の勢力範囲は、...

  • 稲荷山城 長野県佐久市

    稲荷山公園の展望台 此方側の城山は公園及び宅地化により遺構は、ほぼ無と思われる!!稲荷山城は武田信玄が信濃へ侵攻する際に宿城として利用していた城です。1582年(天正10年)に起きた「本能寺の変」の際、徳川家康は佐久地方の制圧に乗り出し、その際に軍事拠点として松平家忠に城の改修を命じています。また翌年に徳川軍が「第一次上田合戦」で真田昌幸に敗れた際にはこの城まで退却したと伝えられます。その後は小諸城主・...

  • 虚空蔵山狼煙台 長野県佐久市

    道の駅「ヘルシ-レラス佐久南」から見た遠景、ハイキングコ-スが整備されています佐久を制圧した武田氏がは村上氏を追って小県から川中島に進出し越後(新潟県)の上杉氏と対峙する一方、佐久を中継基地として上州(群馬県)に軍を進めていた。本国との迅速な連絡の為に築かれた狼煙台である、山頂には狼煙の炊かれた痕跡は見られないが背後は土塁と堀切で固められ、堀切後方尾根上は幅5m長さ1000mにも及ぶ平らな削平地が有り、...

  • 宝生寺山砦 長野県佐久市

    道の駅「ヘルシ-テラス佐久南」から見た遠景前山城の北の守りの為に築かれた砦であろう。伴野庄の地頭となった小笠原長清の子時長は伴野庄に土着し伴野氏を称する。時長は伴野館に住んだがその子長朝が前山を築城したとされる。やがて本城は前山城へと移され、戦国時代に入り強化される。その頃に物見の砦と共に宝生寺山砦も築城されたと思われる。小山上に、櫓台とも見える方形の台地を頂点に、南側には削平地を作りこれを取り巻...

  • 内山城 長野県佐久市

    ㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/内山城は、永正年間に大井美作入道玄岑が築城したといわれている。戦国時代の城主は信濃国衆・岩村田大井氏。 甲斐国の武田晴信(信玄)は天文10年から信濃侵攻を開始し、『高白斎記』によれば天文12年(1543年)には信濃長窪城主・大井貞隆は武田方に捕縛された。貞隆の子息・貞清が内山城において抵抗し、天文15(1546年)には武田氏は佐久郡へ侵攻し、同年5月3日には内山城攻めを行う。『高白斎記』...

  • 五本松城 長野県佐久市

    ㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/詳細不明。内山城と志賀城との間にあり烽火台とも伝えられる。文亀・永正年間(1501年~1521年)頃に内山美作守の城であったものが、大永年間(1521年~1528年)に笠原氏によって攻め落とされたとも伝えられる。志賀城から見た五本松城西城の巨石五本松城の主郭五本松城主郭の看板東端の堀切西城手前の熊さん 20190721[長野県佐久市志賀2376−1]*今回は志賀側からの登城しました。大きい地図・ルー...

  • 内山古城(長沢城) 長野県佐久市

    ㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/五本松城から来た際の、最初の細長い郭?この城へは幾つかのル-トがあるが、今回は五本松城側のル-トで登城しました。(内山城側からのル-トも有ります)詳細不明。 「信濃の山城と館」によれば、地元では天文15年(1546年)に武田氏の攻撃を受けて落城した内山城がこの内山古城と考えられているようである。...

  • 津久井城 神奈川県相模原市

    津久井城 ➀津久井城 ②*津久井城公式hpより隣接する津久井湖はダム湖で、当時には無いことを理解する必要がある。城山に築かれた山城。南北の根小屋が残っており根小屋式城郭の端緒・典型とされている。ただし、最近の調査・研究の結果、山頂付近にも物見櫓や兵士駐屯のための建物が配置された形成も発見されており、落城前には、相応の防御能力があった山城であることが伺えるようになってきた。 津久井城 ジオラマ鎌倉時代...

  • 小松城 神奈川県相模原市

    小松城㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/小松城は永井大膳大夫広秀の居城であったと伝えられる城です。片倉城の支城であったとされ、永井氏は片倉城主・長井氏の一族と考えられています。戦国時代には北条氏の支配下になり、津久井城の支城として、武田氏の侵攻に備えて整備されました。現在、館跡に建てられた宝泉寺の裏山が城址で、墓地から階段がのぼれるようになっています。竪堀に堀切が良好に残るが郭は藪化しています又主郭の西...

  • 上の山城 神奈川県相模原市

    上の山城㊟イメ-ジ図です(´・Д・)」城址は比高20mほどの独立した台地である。この城についての歴史的詳細は不明である。上の山城の入り口上の山城の探索道上の山城の主郭*今回は雨天の為、主郭から、南側の遺構は見ていません。[神奈川県相模原市緑区寸沢嵐1852]大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )...

  • 伏馬田城(尾崎城) 神奈川県相模原市

    伏馬田城(尾崎城)㊟イメ-ジ図になります(´・Д・)」ここ菅井の尾崎原山頂(城山)には尾崎城(別名 伏馬田城)がありその城は後北条氏の家臣団内乙左近将監影定が津久井城主の時代に、狼煙台を兼ねた出城として津久井衆の一人で在った尾崎掃部助(尾崎掃部頭)が城主そして守っていた、この事から「尾崎城」と呼ばれたいる。北条氏は、津久井を甲斐武田氏からの脅威を防ぎ止め、北武蔵進出への重要な拠点として確保する必要があっ...

  • 逆井城 茨城県坂東市

    逆井城2019逆井城はもともと逆井氏が治めていたといわれています。逆井常繁の代、天文5年(1536)3月3日、小田原を本拠地とする後北条氏の軍勢に攻められ、以後、天正18年(1590)に後北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされるまで、同氏の北関東進出の拠点となっていた、といわれています。 この地は常陸佐竹氏・結城氏・多賀谷氏との領国の境目にあたり、すぐ北側にある自然の要害である「飯沼」に囲まれ堅牢を誇っていたと思...

  • 長野県佐久市城館 ダイジェスト

    春日城 芦田氏居館 天神城 式部氏居館 式部城 日向城*長野県佐久市、春日城、天神城、式部城、日向城のダイジェスト版になります(。>ω<。)ノ㊟イメ-ジ図になります♪(o・ω・)ノ))...

  • 式部城 長野県佐久市

    式部城・式部氏居館㊟イメ-ジ図になります(*・`ω´・)ゞ詳細不明。城主は阿江木氏が伝えられる。式部城は式部集落の南西にある比高80m程の山に築かれている。式部公民館の前に式部居館があり、館と詰城の関係と推測される。主郭は北へ伸びた尾根の先端にあり、南背後の尾根を4重の大堀切で遮断し、堀切は竪堀として長く伸びている。主郭は堀切に面して高土塁が残る。式部氏居館跡の土塁(説明板有り)*今回は雨天の為、コンデジを...

  • 春日城 長野県佐久市

    春日城㊟イメ-ジ図になります♪(/・ω・)/ ♪築城時期は不明だが、鎌倉期初頭から室町時代にかけて、この地を祢津氏庶流春日氏が支配していたため、春日氏の者による築城を思われる。 永正13年(1515年)、信濃国の佐久郡望月地方の豪族望月氏に攻められ祢津氏系春日氏は滅ぼされ、その後は望月氏系春日氏の居城となった。 天文10年(1541年)、武田氏の佐久侵攻後、望月氏は武田氏に属し、春日城も依田系芦田信守の属城となった。 ...

  • 天神城(旧望月城) 長野県佐久市

    天神城(旧望月城)㊟イメ-ジ図になります(・Д・)ノ築城年代は定かではないが望月氏によって築かれたと云われる。建武2年(1335年)小笠原経氏に攻撃されて落城した望月城は当城と推測されている。その後、望月氏は望月城を築いて居城とした。永禄年間(1558年~1570年)頃から芦田氏さらに依田氏の城となったという。天神城 堀切天神城は鹿曲川と八丁地川の間を細長く北へ伸びた台地の上に築かれている。細長く伸びた台地を空堀で区...

  • 日向城 長野県佐久市

    日向城詳細不明。日向の地名は建武元年(1334年)の大徳寺文書に「同郷(県沢)隣庄日向地頭平賀弥七、欲打越堺事」とあり古くから知られる集落である。伝承によれば、武田氏の家臣で長閑屋敷に居た長坂釣閑斎光堅の居城であったとされる。主郭は八幡宮が祀られた小高い曲輪で小さいながら背後には高土塁を設けている。この主郭をU字型に取り巻くようになっているのが二郭、さらに北東の山腹に帯曲輪が段々と連なっている。この城の特...

  • 円覚寺 神奈川県鎌倉市

    円覚寺鎌倉幕府8代執権北条時宗(1251年 - 1284年)は、国家鎮護のためと文永の役の戦没者の菩提を弔うため、円覚寺創建を発願した。寺は弘安4年(1281年)から建立が始められ、翌弘安5年(1282年)に無学祖元(仏光国師)を開山(初代住持)に迎えて開堂供養が行われた。時宗は当時鎌倉にいた中国出身の高僧蘭渓道隆(建長寺初代住職)を師として禅の修行に励んでいたが、その蘭渓が弘安元年(1278年)7月に没してしまったため、...

  • 足袋蔵めぐり 埼玉県行田市

    足袋蔵のまち行田忍城の城下町行田の裏通りを歩くと、時折ミシンの音が響き、土蔵、石蔵、モルタル蔵など多彩な足袋の倉庫「足袋蔵」が姿を現す。行田足袋の始まりは約 300 年前。武士の妻たちの内職であった行田足袋は、やがて名産品として広く知れ渡り、最盛期には全国の約8割の足袋を生産するまでに発展した。それと共に明治時代後半から足袋蔵が次々と建てられていった。今も日本一の足袋産地として和装文化の足元を支え続ける...

  • 建長寺 神奈川県鎌倉市

    建長寺建長寺は鎌倉幕府第5代執権・北条時頼によって創建された禅宗寺院で、建長5年(1253年)に落慶供養が営まれている。開山(初代住職)は南宋からの渡来僧・蘭渓道隆(大覚禅師)であった。当時の日本は、承久の乱(1221年)を経て北条氏の権力基盤が安定していた。京都にある朝廷の全国支配力は弱まり、政治的には鎌倉が事実上、日本の首府となっていた時代であった。北条時頼は熱心な仏教信者であり、禅宗に深く帰依していた...

  • 北鎌倉の紫陽花

    北鎌倉の紫陽花...

  • 忍城史跡巡り2019

    下忍口から忍城本丸迄大手桝形門から沼橋門 完忍城は現在目に見える遺構は、ほぼ無くなっていますが随所にここには城が在った事を示す石碑が点在しますその石碑を纏めました。2019年改(参考書籍 忍城史跡碑めぐり 行田歴史観光研究会 編著)...

  • 北鎌倉 紫-Yukari

    先日北鎌倉の昼食を頂いた、古都鎌倉にたたずむ古民家で、牛煮込み専門フレンチ「紫 -Yukari」 鎌倉・三浦半島の野菜のサラダ&鎌倉ビ₋ル牛頬肉のビロード煮[神奈川県鎌倉市山ノ内187]大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )...

  • 明月院 神奈川県鎌倉市

    明月院山内上杉家の祖、関東管領・上杉憲方は密室守厳を開山として、明月院を開創した。憲方の没年は応永元年(1394年)で、それ以前の開創である。 なお、寺伝では、平治の乱で没した山内首藤俊通(やまうちすどうとしみち)の菩提のため、永暦元年(1160年)、その子の経俊が「明月庵」を建立したのが草創とされ、憲方は中興者とされているが、実際の開基は憲方とみるのが通説である。 明月院は、禅興寺という寺の塔頭であったが...

  • 長寿寺 神奈川県鎌倉市

    長寿寺は、足利尊氏の屋敷跡に古先印元禅師を開山として、元享三年(1323)から建武三年(1336)の間に建てられ、尊氏の法名である長寿寺殿から名付けられたそうです。その後、鎌倉公方足利基氏が父である足利尊氏の墓前を弔うために七堂伽藍を建立したといわれています。(2019.6.17は残念ながら拝観日ではありませんでした)[神奈川県鎌倉市山ノ内1503]大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )...

  • 志賀城 龍岡城 前山城ダイジェスト 長野県佐久市

    志賀城 龍岡城 前山城ダイジェスト*志賀城・龍岡城・前山城のダイジェストになります(-ω-)/㊟イメ-ジ図になります(-ω-)/...

カテゴリー一覧
商用