searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
雨上がりのポーチュラカ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/muraoka_issey
ブログ紹介文
心癒されている事をお伝えしています。
更新頻度(1年)

67回 / 365日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2015/08/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あめあがりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あめあがりさん
ブログタイトル
雨上がりのポーチュラカ
更新頻度
67回 / 365日(平均1.3回/週)
読者になる
雨上がりのポーチュラカ

あめあがりさんの新着記事

1件〜30件

  • コレオプシス・レッドシフト

    コレオプシス・レッドシフトが咲き初めました。まだ蕾が多いですが、綺麗なレモンイエローの花弁に赤紫色の斑が綺麗です。先日コレオプシス・スタークラスター&コスミックエボリューションを投稿しましたので、私のガーデンには3種類のコレオプシスが咲きました。これから11月頃迄長期間咲き、気温が下がるにつれて、赤紫色の斑が増して色が変化します。このコレオプシス・レッドシフトもビッグバンシリーズと言い、種が出来ないので、花が長持ちします。切り戻しもすれば、11月頃迄の間に更に沢山咲いてくれます。冬は耐寒性があるので、野外で冬越しする宿根草です。切り花としても花持ちが良いようですし、草丈があっても意外と花茎が倒れにくい様に感じています。コレオプシス・レッドシフト

  • オリエンタルリリー・ロビナ&オリエンタルリリー・コンカドールが同日に咲いた

    今朝ガーデンに出てみると、雨の中でオリエンタルリリー・ロビナが2鉢同時に咲いていた。2鉢とも120㎝位の草丈です。蕾は7個と6個付いています。咲くのは一番下から順に咲きます。11月に球根を植えましたが、同日に咲いたので不思議です。オリエンタルリリー・コンカドールも今朝揃って3鉢咲きました。結局ロビナとコンカドールが揃って5鉢今朝咲き驚きました。まして、コンカドールは1鉢は12月19日、2鉢は11月1日に植えました。1ヶ月以上球根の植え付けに差があったのに同日開花に驚きです。違いは12月19日の鉢は蕾が一つだけ。11月1日の2鉢は蕾が3つ付いていました。12月19の花の方が1花だけなので、少し花が大きく咲きました。草丈はコンカドール3鉢とも60㎝位で、ロビナの半分の草丈です。花粉で服や花弁が汚れるし、花持ちが悪く...オリエンタルリリー・ロビナ&オリエンタルリリー・コンカドールが同日に咲いた

  • 分かっていてもイチジク鳥に食べられた

    今朝ムクドリにイチジクを食べられた。丁度昨日イチジクが色付いてきたのでアリ鳥対策でとりあえず一番色付いていたイチジクに3個だけ袋かけしていた。収穫出来たら、外した袋を使い回して、また3個袋かけする予定にした。ところが、朝庭に出るとイチジクの木からムクドリが一羽「ギャギャー」と泣きながら飛びたった。「あっまずい!」と思いイチジクを見に行ったら、一個完全に食べられ、4個つつかれていた。後2日3日で割れたら食べてみようと思っていたが、ずくしの柿と同じく先取りされてしまった。袋がけした3個は無事だったので、袋かけは効果有る事が分かった。だが、つつかれていた4個はトリのウイルスとかあったら困るので、切り落とした。下にいるアリの餌に成ってしまった。雨が降っていたが、色付いていたイチジクに、もう少し袋かけして、更にゴーヤ用の...分かっていてもイチジク鳥に食べられた

  • プランター栽培のミニトマト収穫

    4月28日に植えたポット苗のミニトマトを収穫しました。ミニトマト「ペペ」と言う品種。プランターにペペを2本植えてます。こちらはミニトマト「プチプヨ」。2ヵ月経たない間に食べ頃に成りました。こちらは同じ日に植えた大玉トマト「桃太郎」ですが、大きいのでさすがにもう少し日数が必要ですが、今のところ順調です。大玉トマトもミニトマトもは割れるので、南向きの軒下で栽培しています。食べてみましたが、甘くて食べやすかったです。食べる時に2品種あるのを忘れていて、味を比べて無かったのが残念。次回は味比べします。プランター栽培のミニトマト収穫

  • つりがね草のポット苗廃棄

    今日は真夏日の暑さで葉が多いポット苗は1日2回の水やりが必要に成って来ました。油断すると直ぐにクタッとして葉先が枯れてしまう。この時期咲く筈だった「つりがね草」が咲かないので調べたら、種蒔きから翌々年の春に咲くらしいのでまだ一年先と分かった。路地栽培なので、今年の冬は大量の苗箱の霜除けも難しい。昨年10月初めに種蒔きして、正月返上でポットに植え変えして、霜除け作業もして、毎日の水やり、10日に一度の液体肥料やり作業の約10ヵ月が無駄に成ってしまうが、赤字に成るし、気が滅入って来たので廃棄する事にした。葉は元気だが金食い虫だ。可愛そうなんて、仕事と成ると言えなく成る。報われない地獄の水やり作業に感じて来ます。28ポット入り苗箱を9箱廃棄します。水やり作業だけで毎日3時間以上は、利益が無いだけにしんどい。早く趣味範...つりがね草のポット苗廃棄

  • つりがね草のポット苗廃棄

    今日は真夏日の暑さで葉が多いポット苗は1日2回の水やりが必要に成って来ました。油断すると直ぐにクタッとして葉先が枯れてしまう。この時期咲く筈だった「つりがね草」が咲かないので調べたら、種蒔きから翌々年の春に咲くらしいのでまだ一年先と分かった。路地栽培なので、今年の冬は大量の苗箱の霜除けも難しい。昨年10月初めに種蒔きして、正月返上でポットに植え変えして、霜除け作業もして、毎日の水やり、10日に一度の液体肥料やり作業の約10ヵ月が無駄に成ってしまうが、赤字に成るし、気が滅入って来たので廃棄する事にした。葉は元気だが金食い虫だ。可愛そうなんて、仕事と成ると言えなく成る。報われない地獄の水やり作業に感じて来ます。28ポット入り苗箱を9箱廃棄します。水やり作業だけで毎日3時間以上は、利益が無いだけにしんどい。早く趣味範...つりがね草のポット苗廃棄

  • コレオプシス・スタークラスター&コレオプシス・コスミックエボリューション

    自宅ガーデンにコレオプシス・スタークラスターが咲いています。花は6月~11月の長期間咲きます。草丈は自宅では50~100㎝位に成長しています。昨年秋に植えて、年を越して春からグングン成長して80㎝程の株に育ち、綺麗に咲いています。コレオプシスは他の品種も植えてますが、このスタークラスターが一番成長しています。スタークラスターは英国庭園で毎年咲いていて、大きな株に成って沢山咲いているのが魅力なので、自宅にも植えてみました。ラベルの画像とは色が違いますが、実はこのコレオプシスは寒く成ると色が変化して、紫色が出て来ます。こちらは別品種のコレオプシス・コスミックエボリューションのラベルです。この品種も昨年植えましたが、シーズン終わりの値下げ品の苗だった為か成長が遅れています。咲くには咲きましたが、大株には成っていません...コレオプシス・スタークラスター&コレオプシス・コスミックエボリューション

  • プランターピーマンの栽培初めました

    花ギャラリー村岡のガーデンでは、売れない花苗の廃棄が多いので、花苗を減らして自宅用の野菜の栽培をプランターで少し作る事にした。今日も売れそうに無いカモミールやロベリアの花苗を10ケース程思い切り廃棄した。数ヶ月育てた花苗を廃棄するのは本当に心が折れる。花も趣味で育てる程度が楽しい。この御時世、花苗を買って育てる人も少ないのか。久しぶりにプランターの野菜栽培ですが、花苗より早く育ち、量も少ないので楽に感じる。野菜も自宅用程度の栽培なら楽しい。この春5月初めにホームセンターで苗を買って植えたピーマンやしし唐辛子、トマト、ミニトマト、キュウリが早くも収穫出来る様に成った。まだ植えて2ヵ月経って無いのに先日しし唐辛子とキュウリを収穫し、今日はピーマンも食べ頃に育ったので収穫した。花苗と違い冬越し無しで育てられるので楽に...プランターピーマンの栽培初めました

  • イチジクの木が倒れた

    昨日の長雨のせいか、今朝イチジクの木が倒れていた。イチジクは品種が多い様ですが、品種名は分かりません。母親が食べ物を植えるのが好きで、庭なのに2本も植えていたが、庭の私が庭の改造の為に、昨年しんどい思いをして、大木のイチジクの木を1本抜いた。この倒れたイチジクも抜く予定でしたが、気が付くと沢山実が付いてしまったので、今年は様子を見ていた。特にイチジクが好きでも無いし、庭なのに大きく成り、根が張り抜け無くなると困る。昨年抜いたイチジクの大木は、藪の雰囲気に成り、毎年夏にセミの住みかに成ってうるさく泣いていた。倒れたイチジクをお越して、とりあえず後ろのサカキの大木で支えた。女性の握りこぶし位の、直径7㎝程の大きなイチジクが実っていたが、まだ青い。大小70個位付いている。一番赤いイチジクを採ってみたが、まだあまり甘く...イチジクの木が倒れた

  • 厄介なアルストロメリア・プルケラ(原種系アルストロメリア)

    自宅ガーデンに原種系のアルストロメリアが咲いています。ユリ科、アルストロメリア属。個人的感想は、品種改良したアルストロメリアみたいに綺麗とは思わない。エキゾチックと言うのか、派手な様で地味。変わった花が好きな人は好む人もいるかも。このアルストロメリアは、母親が植えていた物。今年ガーデン作りで掘り起こしたら、半透明な白い、子供の小指程の形の球根がワンサカと出てきて、洗面器に一杯廃棄しました。驚く程に球根が増えるみたいでした。しかし、別な場所にもあったのが咲きました。やはり個人的には好みでは無いので、この一帯をそのうち掘り起こして廃棄したい。八朔の根元に生えているので、八朔の栄養分を奪っているかも知れないのも理由。しかし、八朔やアジサイの日陰なのにたくましく育ちます。繁殖力の強い植物は、気になるので好きではありませ...厄介なアルストロメリア・プルケラ(原種系アルストロメリア)

  • ホタルブクロ

    自宅ガーデンにホタルブクロが咲いていました。キキョウ科、ホタルブクロ属で、多年草の野草です。花は6月~7月に咲き、草丈は30㎝~80㎝程に成る。葉っぱの付け根が長くて、翼みたいなのが特徴的に見えました。萼片と萼片の間に反り返った付属体があるのがホタルブクロとヤマホタルブクロとの見分け方らしい。このホタルブクロには付属体が付いている。花は5㎝程の長さ。花弁の内側は、紫色の斑点があり、毛が沢山生えています。個人的感想は花弁の見た目の質感が障子紙みたいです。うつむいて咲く野草なので、派手さは無いと思います。花が咲いたら葉っぱは枯れるらしいのですが、これはまだ枯れていません。ホタルブクロ

  • ハンゲショウ(半夏生)が咲いていた。

    ハンゲショウ(半夏生)(半化粧)が自宅ガーデンに咲いてました。別名はカタシログサ(片白草)。ドクダミ科、ハンゲショウ属で、自生する多年草の野草です。この画像の草丈は、見た感じ40㎝程かな。葉っぱが白いので気が付きました。原産国は、日本、中国、フィリピン。花期は6月中旬~7月なので咲いたばかりです。花が咲く頃に花穂の直ぐ下の葉が白く変色するらしいので、この画像を見ると、まだ白く変色していないので、花が咲いてから変色するみたいです。花が終わる頃には緑色に戻るらしい。葉茎をキズ付けると、ドクダミの様な匂いがするらしいので、ドクダミとハンゲショウのちぎった葉を匂い比べました。しかし個人的感想は、ドクダミの匂いとは違うと思いました。ドクダミの方が強くキツイ匂いに感じた。ハンゲショウは、個人的な感想では、山道の草刈りの時に...ハンゲショウ(半夏生)が咲いていた。

  • ブリキの鉢にピンクのペチュニアの寄せ植え

    ブリキの鉢でペチュニアの寄せ植えです。リーフには、シュガーバイン、フォックスリータイム、シルバータイム、フォックスリータイムは白い斑が入っていて綺麗です。青い花はロベリア。シルバータイムは小さなピンクの花が咲いています。もう少しペチュニアが咲いてくれたらと思います。仕入れたこのブリキの鉢可愛いのでお気に入り。ブリキの鉢にピンクのペチュニアの寄せ植え

  • アルストロメリアが咲きました

    鉢植えのアルストロメリアが咲きました。草丈が100㎝程あります。半透明で5㎝程の細長い球根から、こんな大きな株に成るのが不思議です。草丈もあるので豪華。5本位の花茎が伸びたので、花数があり華やかです。アルストロメリアが咲きました

  • 帝王貝細工&ダスティーミラーのお花

    帝王貝細工が咲きました。別名はヘリクリサム、ムギワラギク。草丈は100㎝程に成長しました。別名ムギワラギクなので、麦わら帽子に似ています。カサカサした手触りも似ているかも。こんなお洒落な麦わら帽子があったら可愛いので売れそう。触るとカサカサしてドライフラワーに向いています。一つの花も長く咲きます。蕾も少しづつ開いて、キュッと閉じていて可愛い。シロタエギクも咲きました。別名、ダスティーミラー、シルバーリーフとイエローの花のコントラストが綺麗です。ダスティーミラーのお花も帝王貝細工も可愛いです。帝王貝細工&ダスティーミラーのお花

  • ダールベルグデージーのハンギング

    可愛いブリキのミニハンギングを仕入れたので、ダールベルグデージーを使ったハンギングを作りました。ダールベルグデージーのこんもりした株姿の邪魔に成らない様に、ゆったりとカラーリーフを2種類だけ添えました。カラーリーフには、オレガノ・ケントビューティー、ラミウム、を使いました。これから成長出来るゆとりがある、ミニハンギングです。ダールベルグデージーのハンギング

  • オレンジ色のペラルゴニウムの寄せ植えが満開。

    ペラルゴニウムの寄せ植えが満開です。リーフは、フォックスリータイム、シレネ・ユニフローラ、ゴールデンクイーンタイム、カロケファルス・プラチーナ。オレンジ色のペラルゴニウムの寄せ植えが満開。

  • ピンク色のペラルゴニウムの寄せ植え

    ペラルゴニウムの寄せ植えを作りました。リーフには、ゴールデンクイーンタイム、ヒューケラドルチェバタークリーム、ミスカンサス、ヘデラホワイトアン、を使いました。この画像は正面ですが、少し上からだったようで、鉢が小さく写っています。ピンクの可愛いシレネシベラ。ピンク色のペラルゴニウムの寄せ植え

  • ピエール・ドゥ・ロンサール

    ピエール・ドゥ・ロンサールのバラが咲いています。昨年末の12月に植えたピエールドゥロンサールの苗木は22個の蕾が付いて咲いています。以前から植えたいと思っていたバラでした。我がガーデンで観賞出来て嬉しい。ピンクとホワイトのグラデーションが綺麗です。ピエールドゥロンサールは、やはり名品です。ピエール・ドゥ・ロンサール

  • シャクヤク

    シャクヤク(芍薬)が咲きました。このシャクヤクは、昨年秋に購入して鉢植えにして育てました。一輪だけ咲いたので、一芽だったようです。綺麗なピンクの八重咲きで気に入ったので、増やしたい。一応販売用に鉢植えにしたのですが、売れない様子なのでガーデンに植え変えます。このシャクヤクは長年ガーデンに咲いています。シャクヤクは綺麗ですが、年に一度数日で散ってしまうはかない花。このシャクヤクは雨の翌日見たら無惨な姿でした。雨に弱い花てす。昨日今日も雨なので、ピンクの鉢植えのシャクヤクは軒下に避難しています。鉢植えは水やりが大変ですが、雨の避難は重たいのですが出来ます。そう考えると、地植えで切り花にして観賞するのが良い花かも。シャクヤク

  • ディモルフォセカ・ザイールの寄せ植え&リビングストンデージー開花

    仕入れたディモルフォセカ・ザイールとベロニカ・オックスフォードと自家栽培のビオラの寄せ植えを作りました。ディモルフォセカとベロニカが、綺麗なのに売れないので、アピールする為です。ディモルフォセカは花弁の外側はレモン色なのに内側は純白の清楚な花です。葉は花と同じレモン色の斑入りです。ディモルフォセカ、ベロニカ、ビオラはどれも3ポット苗づつ使いました。種子から育てたリビングストンデージーのポット苗が一部咲いたので、店頭に展示しました。鮮やかな色に豊富な色数が魅力です。葉は多肉質ですが、意外と一年草です。アネモネのポット苗も新たに紅白の花が咲きました。ミニアイリスの鉢植えも花が7割咲きました。全て店頭に展示しました。ディモルフォセカ・ザイールの寄せ植え&リビングストンデージー開花

  • バイモ(貝母)の花

    バイモ(貝母)が咲きました。別名はアミガサユリ(編笠百合)。葉は細長く、先端が巻きひげ状に成っています。ユリ科バイモ属の耐寒性球根植物の多年草です。原産地は中国で、薬用植物として輸入されたようです。生薬名は「貝母」。つり鐘型で下向きに咲いているので、花の中は上手く撮影出来ないので、枝を手で押さえて花の中を撮影しました。この花の内側の模様が網目に成っています。花期間は3月中旬~4月中旬で、花後直ぐに枯れて休眠します。自宅庭には3箇所程に生えていますが、強健なので球根も増えて、何も手入れもしなくても育っているので栽培が容易です。バイモ(貝母)の花

  • リビングストンデージー&ハナニラが開花しました。

    10月1日に種子撒きしたリビングストンデージーが咲きました。販売用にポットに植え替えています。さっそく一ポットだけですが、このオレンジ色が売れました。花径は5~6㎝で、鮮やかな色か特徴です。草丈は10*㎝程ですが、茎は分枝しながら地面を這うように広がります。開花期間は3月~5月で、高温多湿に弱く、初夏に枯れる一年草です。葉は多肉質ですが、乾燥には弱い花です。咲いたのはまだ一部なので、他の色を見るのが楽しみです。ハナニラ(花韮)も咲き初めました。乾燥に強く、一度植えたら数年植え変えなくてもよく増え、日常の手入れも要らないので育てるのは楽です。ネギ科のハナニラ属で、球根性の多年草です。草丈は15~25㎝位で、開花期間は3月~4月です。葉や球根を傷付けると、ネギやニラのような匂いがします。しかし、食用のニラとは違う植...リビングストンデージー&ハナニラが開花しました。

  • ミニクロッカス&ミニアイリス&クリサンセマム・ノースポールが咲きました

    ミニクロッカスが先週から咲き初めていましたが、ようやく咲き揃いました。ホワイト、ブルー、イエローのミニクロッカスが咲きました。このミニクロッカスの球根は、昨年11月2日に販売用にする為に、この鉢に植えていました。販売用のミニクロッカスの鉢は4球根植えた鉢を3鉢作っています。ミニアイリスも咲き初めました。11月25日にこの鉢に10球根植えていました。もう一鉢有りましたが、売れました。ミニクロッカスも、ミニアイリスも本当に小さいですが、可愛い。クリサンセマム・ノースポールが販売出来る大きさの株に成長したので販売します。11月2日に種子撒きして育てました。ポットに植え替えた時は、脇芽が出て花数が増える状態に成るのか心配でしたが、ようやく脇芽の花枝が出て蕾が付きました。6月頃迄成長しながら咲くようです。ミニクロッカス&ミニアイリス&クリサンセマム・ノースポールが咲きました

  • スイセン&ローダンセマムのブリキ鉢寄せ植え再制作

    大輪の黄色いスイセンが咲きました。このスイセンは庭に咲いたのですが、観賞しづらい場所に生えていたので、鉢植えに植え替えました。植え替えは、根を切らない様に慎重に掘り起こし、シャワーで土を洗い流し、新しい土で鉢に植え替えました。4個の球根が有ったので、2鉢に分けました。さっそく今日この鉢は売れました。こちらの鉢は残っています。これらの小振りの花が沢山咲くスイセンは10日位前から咲いています。先日作ったブリキ鉢のローダンセマムの寄せ植えは昨日熟れたので、同じ鉢をもう一度作ろうと思いました。作り初めて、前回アイビーを植えた所に銅葉の斑入りキンギョソウを植えました。ピンクの斑が入っているので、ローダンセマムのピンクと良く合い、銅葉が寄せ植えに深みを与えたと思います。入り口の展示台に展示しました。スイセン&ローダンセマムのブリキ鉢寄せ植え再制作

  • スイセン&ローダンセマムのブリキ鉢寄せ植え再制作

    大輪の黄色いスイセンが咲きました。このスイセンは庭に咲いたのですが、観賞しづらい場所に生えていたので、鉢植えに植え替えました。植え替えは、根を切らない様に慎重に掘り起こし、シャワーで土を洗い流し、新しい土で鉢に植え替えました。4個の球根が有ったので、2鉢に分けました。さっそく今日この鉢は売れました。こちらの鉢は残っています。これらの小振りの花が沢山咲くスイセンは10日位前から咲いています。先日作ったブリキ鉢のローダンセマムの寄せ植えは昨日熟れたので、同じ鉢をもう一度作ろうと思いました。作り初めて、前回アイビーを植えた所に銅葉の斑入りキンギョソウを植えました。ピンクの斑が入っているので、ローダンセマムのピンクと良く合い、銅葉が寄せ植えに深みを与えたと思います。入り口の展示台に展示しました。スイセン&ローダンセマムのブリキ鉢寄せ植え再制作

  • ブリキの鉢にローダンセマムの寄せ植え

    花苗を販売しても儲からないと市場の仲買人に言われてましたが、本当にそうです。このままではただのボランティアに成るので、寄せ植えを作り販売してみる事にしました。と言うのは、寄せ植え用の鉢や、土を展示していても売れないので、お客様に「寄せ植えを作りませんか?」と聞きました。「作るのが大変!」とか「あれこれ買いに行かないといけない!」「どんな花を会わせたら良いか分からない!」などの意見を複数のお客様から聞きました。そこで、「自分で作るより買う方が良いですか?」と聞くと、「上手く出来る自信が無いから綺麗な寄せ植えが有ったら買う方が良い!」と言う意見。自分が寄せ植え作りで楽しんでもらおうと考えていましたが、お客様には、以外と寄せ植えはハードルが高い事なんだと分かりました。そう言えばこないだ「鉢を持って来るから寄せ植えを作...ブリキの鉢にローダンセマムの寄せ植え

  • 100均の鉢にポット苗を植え替え&ビオラが咲きました。

    今朝100均に行って、ポット苗を植え替える可愛い鉢を買って、植え替えてみました。赤い花はプリムラマラコイデス(サクラソウの種類)です。触ると白い粉が付くので、別名は化粧ザクラとも言います。市場で仕入れた素焼き鉢に鉢ごと置いてみました。100均の素焼き鉢に仕入れたアリッサム・スイートデコレーションのポット苗を販売用に植え替えてみました。テーブルセンターに置いて観賞する事を提案する為に、植え替えてみました。こちらも100均の素焼き鉢に仕入れたイベリスのポット苗を販売用に植え替えてみました。こちらも100均の2個で100円のプラスチック鉢に、仕入れたオステオスペルマムのポット苗を販売用に植え替えてみました。赤色と白色のオステオスペルマムばかり売れたので、売れないイエローが購入して貰える様に、可愛いい鉢に植え替えて、販...100均の鉢にポット苗を植え替え&ビオラが咲きました。

  • アリッサム3種類と植え替え

    自宅庭の「花ギャラリー村岡」の風景です。仕入れた花苗を展示しています。手前に展示台を置いて、ブリキ鉢や素焼き鉢の展示も初めました。アリッサム・スノークリスタルの植え替えをしました。和名はニワナズナです。アブラナ科のロブラリア属で、原産地は、地中海沿岸の耐寒性の一年草です。種子撒きは昨年の11月23日にしていたので、3カ月程経過しています。植え替えがずっと遅れていて、このアリッサムも既に花が咲いていました。苗箱が7箱で、200ポット位有りました。この種子の袋にはおよそ150本と書いて有るので、発芽率は良い方だったと思います。もう少し株が成長したら販売します。こちらは仕入れたアリッサムのポット苗です。アリッサム・スイートデコレーションとラベルに名前が付いています。複数の色の種子を撒いている可愛いアリッサムです。今日...アリッサム3種類と植え替え

  • ブリキの鉢にポット苗ごと入れた展示

    今日からブログ名を変更しています。ブログ名は私の自宅庭で初めた花苗販売店の名前です。ギャラリーの名前が付いているのは、いずれ準備出来たら自作の備前焼と父の油絵も展示するからですが、メインは花苗販売です。画像は仕入れたブリキの鉢に、ポット苗をそのまま入れただけの寄せ植えの展示です。ガーベラミニローダンセマム”エルフピンク”ハナカンザシ今日は一日雨だったので休業しました。ビニールハウスとか屋根の有る施設でで展示してないので、雨が降ると花苗が濡れて傷むので、雨の日は軒下に花苗を移動して休業です。夜も睡眠中に雨が降ると花苗が傷むので移動して、就寝前には毎日ナメクジ退治をしてから休みます。今日もナメクジを二匹退治しましたが、油断すると花や蕾を食べられてしまいます。明日は晴れて展示したいです。ブリキの鉢にポット苗ごと入れた展示

カテゴリー一覧
商用