searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

 命光不動尊のブログさんのプロフィール

住所
橋本市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
 命光不動尊のブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/meikouseisei
ブログ紹介文
一口法話をメインに行事(火護摩、鳴り護摩)、滝行、供養、体験談などを発信しております。
更新頻度(1年)

332回 / 365日(平均6.4回/週)

ブログ村参加:2015/07/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、 命光不動尊のブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
 命光不動尊のブログさん
ブログタイトル
 命光不動尊のブログ
更新頻度
332回 / 365日(平均6.4回/週)
読者になる
 命光不動尊のブログ

 命光不動尊のブログさんの新着記事

1件〜30件

  • 命光不動尊よりお詫びいたします。

    本日は、四家先祖供養霊界施餓鬼一粒萬福法要五大神仙尊鎮座之図形五大真龍之神霊についてのお問い合わせ、お申し込みをいただき、電話が通じない状態が続いておりました。ご迷惑をお掛けいたしましたことお詫び申し上げます。メールに返信が出来ておられない方も沢山おられます。今しばらく、お待ちくださいませ。命光不動尊寳来寺山主寳顕副山主貞観尼命光不動尊よりお詫びいたします。

  • 本日、命光秘流鳴釜神事祭が行われました

    本日、11時より命光秘流鳴釜神事祭が厳修されました。皆様にはマスク着用の上、手洗いと(ご本尊のお授けによる)うがいをお願いし、空気清浄器も使いながらの神事祭となりました。世間では神社仏閣のお参りを自粛するような傾向がございますが、こんな時こそ神仏におすがりすることが必要なのではないでしょうか。神仏に、国民が一丸となっておすがりしないから一向に収まらないとご本尊は申されております。また、これまで「五大神仙尊鎮座之図形」をお授けしておりましたが、「五大神仙尊鎮座之図形」は家の浄化のためにご自宅でお祀りしていただけるよう謹製しておりますが、「五大神仙尊鎮座之図形」のお力を屋外でも同等にいただけないかというご要望にお応えし、屋外用の「五大神仙尊鎮守之神御玉」(水晶)を、お授けいたしました。その方は人間関係で悩みを抱えて...本日、命光秘流鳴釜神事祭が行われました

  • 明日、第一日曜日は命光秘流鳴釜神事祭が行われます。

    明日、11時より命光秘流鳴釜神事祭が行われます。鳴釜神事では悪疫退散の「魔を釣る=祭り」が執り行われますコロナウイルス感染予防のため、ご来寺されます方は、マスク着用の上、個人衛生を遵守し、お越しください。合掌明日、第一日曜日は命光秘流鳴釜神事祭が行われます。

  • お守りと御祈祷のお蔭がありました。

    海外赴任の方のお守りを謹製しました。これまでにも何度もご主人が海外赴任されており、その都度ご祈祷のご依頼を受け、お守り札の謹製と帰国するまでの間、毎月施主様と共に安全を祈願し、無事に帰国されております。奥様のお声お守りと御祈祷のお蔭で「他の人は、スリの被害に遇ったりしているのですが、主人は一度も被害に遭ったことがありません。きっと、お守りのお蔭です。有り難うございます。」と感謝のお言葉を。今回の赴任先は、5年間、余り治安の良くない所であると聞きました。今回は、新型コロナの感染にも注意が必要ですし、海外では、ピストルで撃たれることも想定しなければいけません。「最強のお守りを作るように」とお不動様より指示がございました。いつものお守りより気合いが入ります。当山のお守りは、一から手作りが基本です。桃の大きめの枝を切り...お守りと御祈祷のお蔭がありました。

  • 大事なのは持久力

    人生は、マラソンのようなもの。初めから飛ばしても途中でバテるのだけは避けたいものです。ゆっくりでも良いから確実に前に進むこと。辛いからと人生をリタイヤすることは許されておりません。だから持久力で頑張るのです。自分が息切れしない程度に行(生)きたいものです。南無大師遍照金剛大事なのは持久力

  • 本日、命光秘流百八支祈祷不動護摩供が厳修されました。

    本日は、土用ということもあり、特に暑い護摩となりました。施主様のお越しになれない場合は、特別に施主様の代わりに護摩木を握っております。ご祈祷の内容により交代に護摩を焚きました。トップは、貞観です。施主様の願いは、一握りで成就の験(しるし)をいただきました。お二人目の方も無事に成就の験(しるし)をいただきました。施主様の代わり山主が祈念して護摩を焚いております。こちらも無事に成就の験(しるし)をいただきました。最後に寳禅師山主が太鼓をたたいて加勢の中、いい護摩を焚かれております。寳禅師がお祀りしておられるお不動様二体本日は、一緒に護摩修行に来られました。最後に「悪邪消除」でコロナ退散の祈念をいいたしました。免疫力をつけ、感染しないようにいたしましょう。南無大師遍照金剛本日、命光秘流百八支祈祷不動護摩供が厳修されました。

  • やっとお授けができました

    今日は大阪市内と奈良県から祖父様の祥月命日の霊界施餓鬼一粒萬福法要の為にご来寺されました。この信者様方からは約半年前にから屋敷祓いと守護のための御祈祷のご依頼を受けておりました。コロナ等の影響も有り、御祈祷はすでに厳修させていただいておりましたが、五大神仙尊鎮座之図形のお授けが半年待ちとなり、本日となりました。当山では屋敷祓いでご依頼を受け、祈祷させていただきますと、五大神仙尊鎮座之図形をご自宅で掲げていただくようにお授けしております。お二人様が祖父様を大切に思われ、感謝の気持でご供養されてますので今日のお授けとなりました。お二人様ともに益々、家運発展へと導いていただけることでしょう。また、午後からは弟子の寳禅さんが、息子さんの新しい車の御祈祷に家族揃ってこられました。雨が降っていたのでいつもと同様の御祈祷とは...やっとお授けができました

  • 桃の木がお守りに、最上のお札

    本日は貞観の家の桃の木の一枝から4㎝×3㎜四方のお守り札を作成しました。これは信者様のご主人様が5年間、やや治安の悪い海外へ単身赴任されるということでお守りのご依頼を受け、ご本尊様より「災難よけのお守りは桃の木で調製せよ」という御神示のもと謹製させていただくことになりました。桃の木には往昔より神祖伊邪那岐大神の故事にも死霊や邪悪な霊を退治されたという言い伝えがあります。桃の木の枝を板状にし、煮て油分を抜き、ヤスリをかけて平らに加工します。本来お札の御謹製には大変時間がかかるものなのです。当山のお札はすべて山主がこうして一つ一つ手作り段階からお札に守護を念じ、パワーを封じ込めていきます。完成まではまだこれから数日かかりますが、心を込めて謹製させていただいております残りの枝も捨てることなく、お守りとして謹製いたしま...桃の木がお守りに、最上のお札

  • 本日は全員、お加持のお授けがございました。

    コロナの感染が騒がれる中、先祖供養に来られた皆様にご本尊様よりお加持のお授けがございました。薄いのですが、大きなオーブが出ております。霊界でも、ご先祖様が大変心配されております。どなた様も感染されませんよう、節にお祈り申上げます。南無大師遍照金剛本日は全員、お加持のお授けがございました。

  • セン(愛猫)の食事風景は、とても上品です。

    我が家のオス猫センは、口内炎ができており、エサを食べるのに一苦労。そこで、人間が手助けをしてランチョンマットをしいてその上にエサを重ならないように一個ずつ並べないと食べてくれません。だから、お腹がしているときは、何も言わずにエサ箱の前に香箱座り。じっと誰かがエサを並べてくれるのを待ちます。鳴いて催促なんて下品なことはしません。ただ、可愛い顔そして見上げるだけ……。今日のお昼は、山主が……。一回食べ終わるまで、何回も並べる必要があり、結構時間がかかります。一日に何回もエサのおねだりがあるので、その度に香箱座りをして待っています。忙しい時は、面倒ですが、可愛い顔して見られるとほおっておけなくて信者さんもなれたもので「センちゃんお腹すいてるの……」皆様いつもセンのお相手してくださり、ありがとうございます。南無大師遍照セン(愛猫)の食事風景は、とても上品です。

  • 日本は言霊(ことだま)の国

    人に発した言葉は、そのまま自分に返ってきます。最近、運が良くないとか上手くいかないと感じている時は、自然と批判的な言葉や愚痴がてでいるのです。マイナスの言葉からは、マイナスの作用しか生まれません。進んでプラスの言葉を使ってみましょう。不思議と運が上がってくるのが分かるはずです。日本は言霊の国だからです。南無大師遍照金剛日本は言霊(ことだま)の国

  • 持ち味を活かす

    長所も短所もその人の個性です。持ち味です。うぬぼれず、なげかず、それらを活かす道を探しましょう。信心しておりますと、不思議なご縁でその方が活躍できる場所へと導かれることがあります。南無大師遍照金剛持ち味を活かす

  • 命光秘流不動護摩が厳修されました

    本日、11時より命光秘流不動護摩供が厳修されました。久しぶりの青空のもと、皆さんマスク装着でご来寺いただきました。11時頃になりますと外気温もぐんぐん上がり、道場内でも護摩木の燃えさかる熱気と参拝者の皆様の熱気で道場もムンムン状態でした。その中で皆様、汗をふきふき熱心に真言を唱えていらっしゃいました。本日は、山主の指導のもと五名の方がご自身で浄化の修法を。通常は、皆様の祈願護摩のお炊き上げが済みますと、一願成就札により御神示が始まるのですが、最後に「呪願」をお唱えしながらコロナウイルス感染が増加傾向にある日本国の「国土安泰」の為の護摩を焚かれました。護摩供が終わりますと、下着までビチョビチョになっておりました。皆さんで直会をいただいた後、仏器のお磨きをさせていただきました。仏器のお磨きをさせていただくことで、私...命光秘流不動護摩が厳修されました

  • 明日、十九日は、命光秘流不動護摩供が厳修されます。

    明日19日は、7月の第3日曜日命光秘流不動護摩供が厳修されます。明日の護摩は、土用護摩です。土用護摩は、御利益があると言われております。参拝されます皆様には、マスク着用でお願いいたします。明日より土用に入ります。夏の土用は、7月19日より8月6日まで土をいじってはいけないとされております。当山でも一昨年、うかつにも駐車場の工事をし、地面を掘り起こしてしまいました。8月の月次祭では、神様に障りを取り除いていただき、事なきを得ましたが、本来であれば、死人がおかしくないということでございました。土用を迷信などと馬鹿にしてはいけません。くれぐれもご用心くださいませ。南無大師遍照金剛明日、十九日は、命光秘流不動護摩供が厳修されます。

  • じっと待つ時間

    人生には、どうにもならない時があります。じっと待つしかない時があります。おまかせするしかない時があります。長ーいトンネルの中を歩いているような時間。このような時でも必ず、その状況が開かれる時があります。2020-7-16茶碗蓮一輪咲きましたそれは、神様仏様のお力によるものです。南無大師遍照金剛じっと待つ時間

  • 身体の悪いところで心の中が分かります

    身体の痛みで、ご自身の考えていることが分かるのです。○右背部が痛い方人が信じられないと言うことはないですか。○腰がだるい、もしくは疲れやすい方仕事の行き詰まり、迷い。見えない未来に対しての不安や恐れがあります。何に対しても我慢は自我です。自分を愛し輝いて周りの人を元気にしてこそ、腰痛は治るらしいで南無大師遍照金剛身体の悪いところで心の中が分かります

  • ご本尊の喜びは、信者様の喜んでおられる声を聴くということ

    信者様からいただいたメールをのせております。お世話になります。○○です。東京は感染が拡大し、かなりデリケートになってきております。私も感染しないようにこの世的な努力は最大限しております。おかげ様で先月はコロナ禍ではありましたが、入社以来一番の成績でありまして、今までにないくらいでした。神仏のおかげと深く感謝致します。明後日、高祖母が命日になります。来年ちょうど50回忌ですので、いい世界に行って頂きたいと思います。以上、信者様のメールより本日、ご依頼のございました高祖母様の四十九年忌の霊界施餓鬼一粒萬福法要をお勤めさせていただきました。ご先祖様一同、玄孫様の供養には大変感謝され、ご活躍を楽しみにされているようでございます。メールを送ってくださいました信者様は、長い間、ご先祖様には感謝していれば良いという教えを守っ...ご本尊の喜びは、信者様の喜んでおられる声を聴くということ

  • 生きてみよう

    今の世の中、何が起こるか分からない。でもせっかく今日まで生きてきたんだから、もう少し頑張って生きてみよう。諦めることはいつでもできるのだから、明日はどうなるか分からないけど、生きるしかない。死にたくてもなかなか死ねないんです。それは、生かされているってことだから。人の心は良くも悪くも日々刻々と変わっていくものです。だから、諦めないで。南無大師遍照金剛生きてみよう

  • 目の前のことだけにこだわるな

    目に見える世界と目に見えない世界がありますどちらの世界もとても大事です目に見える世界に偏って生きている人は、現実に振り回され、物質にこだわり一喜一憂してしまう。しかし、目に見えない世界を大切にしている人は、人生に対する謙虚さと感謝を失わずにいるため、心に安らぎを得やすいものである。特に人生の一大事には、信じられるものがある人とない人とではその後の人生に大きな違いが出てきます。自分の信じられる神様と仏様・ご先祖様のご加護ほど、心に安心感を得られるものはないのです。人は一人で生きているのではありません。常に見えない世界からのご加護をいただいて生きているのです。南無大師遍照金剛目の前のことだけにこだわるな

  • 冒険とギャンブルは違うぞ、分かっておるのか!

    冒険とギャンブルは違いうぞ冒険とは七割の科学的確実性のある場合をさし、五分五分以下の場合をギャンブルと言います。直ぐに行動していくことは非常に重要なことではありますが、どれだけの確実性があるのかは最低限把握しておく必要はあります。全く現実的な数字を知らないで行動してしまう。それを「無謀」と言います。当山でもいろいろなご相談を受けます。寺で相談するというと、科学的な根拠のないアドバイスをされるとか単なる心の癒しと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、当山においてこれまでのご相談例から申しますと先祖供養をしっかりされる方は科学的判断がお出来になる、又は、出来るようになられ、自分が何をすべきか、どの方向に進むべきかが自分で決定できる方が多いという事です。それは、その方のご先祖様のお力であり、当山ご本尊様のお...冒険とギャンブルは違うぞ、分かっておるのか!

  • 昨日 100年忌を

    施主様は曾孫様、故人様はあるお寺の老師さまでした。このお寺、山主が若いころ、お茶会に参加していた寺で、不思議なご縁を感じたそうでございます。施主様は、遠方のため出席されませんでしたが、100年忌というおめでたい年忌でもあり、しっかりお勤めさせていただきました。山主は、いつも通りご供養中に故人様とお話をされました。故人様曰く「死ぬということは、肉体がなくなるだけのこと。死んでもお寺の行く末を心配し、大変です」と。そして、曾孫様に大変感謝されておりました。死んだら楽になるは大間違い。生きているうちに後悔のないような生き方を死後の世界は、生前の行いが裁かれます悪い事をしていたら悪いように良いことをしていたら良いように南無大師遍照金剛昨日100年忌を

  • 過去の記憶が甦る。

    貞観です。昨日は、神経がたかぶり夜中の3時まで眠られず。九年前に実家の家が床上浸水したことを思い出しました。2時すぎでしょうか?河内長野でも雨の勢いが増し、心配で玄関を開けて外を確認。道路の側溝から水があふれだし、川のようになっておりました。水深は、長靴で対応できるほど…。しばらくして眠気が…。そして今度は4時頃?今度は、台風が来た時以上の風と雷で起こされる。今度は、二階に上がり、またも道路を確認。夜中の豪雨は…不安。九州の方々はどれ程の恐怖を味わったのでしょう。私の実家も9年前に床上浸水の被害に。帰省をしたいが、道路ががけ崩れで通れず、ヤキモキした想えばあります。実家は、プロパンガスでしたので、そのまま使え、電気も通っていたので、暗闇にはならず大阪から扇風機をもっておき、暑さをしのぎました。水道が使えない、エ...過去の記憶が甦る。

  • 本日は、二件とも岡山県の故人様のご供養でございました。

    偶然にも故人様が岡山の方、お互いに岡山弁でお話されたことでしょう。お一方は、月命日のご供養で、何度のご供養されており、霊格の上がられた故人様です。もう一方は、本日はじめてご供養を受けられる故人様です。施主様は、4歳の頃にご両親が離婚され、父親の方に強引に引き取られたそうです。父親は病気がちで、祖母が母親代わりに施主様を育ててくれたのですが、祖母に辛くあたってしまったと。高校に行くようになってからは母親に育てられ、祖母とは疎遠になってしまったのだそうです。本日は、大事にしてもらった祖母様に悪いことをしたという思いもあり、「お詫びと恩返し」をしたいと、ご供養をお申込みになられました。施主様知りませんでしたが、今年は、故人様の37周忌にあたっており、本日のご供養は、お不動様のお計らいで特別供養をなりました。故人様は、...本日は、二件とも岡山県の故人様のご供養でございました。

  • 真夜中の恐怖…怖かったよ!

    と、申しましても幽霊の話ではありません。これは、翌晩の2時すぎに起こりました。これは、貞観の実話です。私は、寝ている時につけるクーラーや扇風機が苦手で、極力つけないで寝たいのですが、このご時世無理な話。そこで水枕で頭を冷やすことでよく寝られたのです。昨晩は、冷やしすぎかな?と思いながらもいつも通りに水枕で就寝。ところが、夜中の2時すぎだと思ますが寝がえりをうったときに頭に違和感が…。これが、恐怖の始まり(少しオーバーですが)右の側頭部と後頭部の間に痛みが…。チクチク、締め付けられるような感じとシビレ。これは~、なにこれ。虫に噛まれた?。夜中に布団を上げてゴソゴソしていると、主人がトイレに起きて「何やってんの」」と。この時たぶん3時ごろ、ムカデに噛まれたかも?と夜中にネットで調べてもらいました。ムカデにかまれたら...真夜中の恐怖…怖かったよ!

  • 命光秘流鳴釜神事祭が厳修されました

    本日、11時より命光秘流鳴釜神事祭が行われました。今日も朝から熊本県の災害についてニュースがながれ、当山でも九州の信者様に安否をおたずねさせていただきましたが、幸い何もなかったという事で安堵いたしました。今日の神事祭では、信者様の立里皇(荒)神様、清皇(荒)神様の御霊鎮めをさせていただいてから鳴釜神事祭を始めさせていただきました。コロナによる影響で寺への参拝にお越し頂けなかった影響もあり、ここ1カ月は御霊鎮めのご依頼を多く、神事祭や護摩供の折りにご依頼を多くいただいております。長い信者様ですともう10年以上も続けてお祀りされる方も珍しくはなく当山、山主ご指導の下、皆様熱心にお祀りされご加護を頂かれているようです。又、他の信者様からご依頼いただいておりました「五大神仙鎮座之図形」のお御魂入れもさせていただきました...命光秘流鳴釜神事祭が厳修されました

  • 明日、第一日曜日は命光秘流鳴釜神事祭が行われます。

    この度の熊本県のおける豪雨災害おいて、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。被災地におかれましては一日も早い復旧と、皆さまのご無事をお祈り申し上げます。明日、7月5日第一日曜日は命光秘流鳴釜神事祭が行われます過ぎ去りし、日々の神徳ご加護に感謝するとともに、鳴釜神事により日々の生活で犯した罪・穢れを祓い清め来る未来に向けてのご加護を祈願させていただきます。再び、新型コロナの感染者が増加しており、参詣者の皆様のマスク着用での参列をお願い申し上げます。再拝明日、第一日曜日は命光秘流鳴釜神事祭が行われます。

  • 年をとると

    過ぎ去った年月を振り返ると、驚くほどの早さで過ぎ去ったと実感してしまう。そして今、年をとるほど、一日の時間の経つ早さにも驚いでしまう。毎日、水行のあとは、センの身体を拭くのか日課センも気持ちがいいようで、必ずお風呂場の前でスタンバイしております。貝原益軒氏の書かれた「養生訓」の中に「老後は、若き時より月日の早きこと十倍なれば、一日を十日とし、十日を百日とし、一月を一年とし、喜楽して、あだに日を暮らすべからず」と書かれております。何事も後回しにしていると、何もできないで終わってしまいます。気をつけないと…人生、長いようで短いものですね。南無大師遍照金剛年をとると

  • うさぎはなぜ?亀に負けたのか!

    皆様、ご存知の「うさぎとかめ」のお話で、山の天辺まで駆け上る競争をし、うさぎは亀に負けたというお話ですが、足の速いうさぎはなぜ、亀に負けたのでしょうか。(山主のコレクション)結果的には、うさぎが昼寝をしている間に、亀が追い越して勝ったということになりますが、うさぎは、亀を見て走っていたが、亀はゴールのみを目指したのです。このお話は、「他人を目を気にせずに、自分の信じる道を焦らず、粘り強く歩みつづけることが大事である」という教えがこめられているのです。南無大師遍照金剛うさぎはなぜ?亀に負けたのか!

  • 自然体で

    自分を大きくみせようと、爪先立ちすれば一時的に背は高くなりますが、不自然な姿勢はいつまでも長続きしません。どっちが楽でしょうか?(山主のコレクション)早く前に進もうと大股で歩くと、少しは早く進みますが、これも次第にしんどくなり、いつまでも続けられるものではありません。初めての人に、格好よく見せようとしてもボロはでるものです。自然体で生きましょう。南無大師遍照金剛自然体で

カテゴリー一覧
商用