chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
 命光不動尊のブログ https://blog.goo.ne.jp/meikouseisei

一口法話をメインに行事(火護摩、鳴り護摩)、滝行、供養、体験談などを発信しております。

 命光不動尊のブログ
フォロー
住所
橋本市
出身
未設定
ブログ村参加

2015/07/31

1件〜100件

  • 今年の盂蘭盆会霊界施餓鬼一粒萬福法要は、10日より始まっております

    8月11日に投稿するはずだった記事です。令和四年度の盂蘭盆会特別霊界施餓鬼一粒萬福法要は、10日よりお勤めさせていただいております。今年度は、昨年度よりも予想を上回るお申し込みをいただき、山主が毎日、ご供養する各家のご供養様をお選びし申上げ、8月10日より盂蘭盆会のご供養をお勤めしております。10日11日12日信者様のお参りは、13日からとなります。霊界施餓鬼一粒萬福法要をお申し込みされた施主様は、皆様、ご供養後素晴らしいお徳を頂かれております。ご供養を受けられた故人様は、一同に「こんな有り難い供養を受けられるのは、ここだけである。ここは、私(ご先祖様)が探しました。」と、おっしゃられます。霊界でも評判の供養法であり、ご先祖様が施主様を介してご供養をお申し込みされるようでございます。また、霊界施餓鬼一粒萬...今年の盂蘭盆会霊界施餓鬼一粒萬福法要は、10日より始まっております

  • 盂蘭盆会特別霊界施餓鬼法要3日目

    本日も10霊の盂蘭盆会特別霊界施餓鬼法要を11時よりお勤め致しました。毎年13日には迎え火を焚きます。今年は信者様もご一緒にご先祖様をお迎えしました。迎え火を焚き始めると、当山で供養を受けられているご先祖様が大勢お集まりになられました。迎え火からロウソクに火を移します。山主の後に続いてロウソクの火と共に、ゾロゾロと本堂にお入りになられました。仏壇と本堂のロウソクや本日ご供養をされているご先祖様のロウソクにも火を灯しました。迎え火と盂蘭盆会の法要で約三時間かかりました。故人様は「手抜きなしの手厚い供養でした。有り難うございました。」と大変お喜びでございました。法要後には、霊界を行き来しておられる神様を警蹕(けいひつ)し、ご供養を受けられた故人様は、お供えの物を持って満面の笑みで、神様と共に龍車に乗り、故人様...盂蘭盆会特別霊界施餓鬼法要3日目

  • お盆の迎え火を待ち望んでいるご先祖様の話

    当山の信者様、インスタ、YouTubeでお馴染みのmiii_i_changaさんが体験したお話です。マンションでは玄関先で、火が焚けませんのでロウソクをつけるといいかもしれませんね!令和二年のお話ですので、miii_i_changaさんも修行されてパワーアップしております。モチロン、ご先祖様の霊格も向上しておりますお盆の迎え火を待ち望んでいるご先祖様の話

  • 盂蘭盆会の迎え火は必要です。2016年の写真

    この記事は、2016頃の投稿のものです。本日も水掛不動尊の前で、迎え火を焚き、各家のご先祖様をお迎えいたしました。高野山のご廟に向いご挨拶の護摩供ご先祖様を寺中にお招きいたします。当山の本堂においてご供養申し上げております先亡一切の精霊に対しは、「どうぞ、お入りください」とご案内いたします。お客様だからでしょうか。勝手に入れない?本堂にお招きいたします。ご本尊様の御前のロウソクに火を灯します。本日、ご供養されたいご先祖様方が、次から次と列をつくり、お越しになられました。そして我が住友家のご先祖様も。迎え火を種火にして仏壇のロウソクに火を灯します。これで、我が家のご先祖様もお帰りになられました。お盆は命日・月命日に関係なくご供養させていただいております。2016年の盂蘭盆会↑この写真は、2021年の盂蘭盆会...盂蘭盆会の迎え火は必要です。2016年の写真

  • 命光秘流鳴釜神示が行われました

    本日、11時より命光秘流鳴釜神示祭が行われました。皆様感染防止ご協力頂き有り難うございました。参拝者おひとりおひとりについていた邪気による穢れを祓い幣でお浄めさせていただきました。また、人形(ひとがた)により鳴釜にて皆様のお祓いをしていただき一ヶ月間難なく過ごしていただけるよう御神示を頂くことが出来ました。また今回もK様より海の幸の御神饌を頂きました。いつも立派なお供えをしていただき有り難うございます。祭事の最後には、山主より「財」を蓄えるためのお清めする箇所を教えていただきました。また、お盆にお帰りになられたご先祖様へのお供えの品もご神示でお授けくださいました。南無大師遍照金剛命光秘流鳴釜神示が行われました

  • 明日、8月7日「命光秘流鳴釜神事祭」が行われます

    各地を襲ったゲリラ豪雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。明日、11時より命光秘流鳴釜神事祭が行われます。暑い中ですが感染予防対策にご協力の上お越し下さい。五黄土星の年は災害の起こりやすい年、災難に遭いやすい年であると言われております。現に今年は、各地で通常では起こりえない災害が頻繁に発生しております。これまではよそ様の出来事と思っていたことがいつだれに降りかかってもおかしくありません。当山の信者様にも被災地の近くにお住まいの方がいらっしゃいます。この度も心配でご連絡を取ってみると「うちは大丈夫でした」というお声を頂き安堵しております。こらから本格的な台風シーズンとなってまいりますので皆様充分お気をつけておすごしください。合掌明日、8月7日「命光秘流鳴釜神事祭」が行われます

  • 昨年の盂蘭盆会の投稿です。

    この記事は昨年令和三年度の盂蘭盆会の投稿です。命光不動尊でしか行われていない特別な供養法です。本日、11時より盂蘭盆会特別霊界施餓鬼一粒萬福法要が行われました。山主は、この供養を誰もが出来る供養に出来ないか、また現在の実情に合ったものにできないかと思い誓願をたてられ、壱萬日の水行成満の末、みえない世界のお大師様から施餓鬼を施す最高の供養法として親授された秘法の供養法でございます。今日九件の施主様がされた利供養(お供え)の品は、総数で百万もの餓鬼霊が救われる量に相当致します。一霊のご供養につき、四体の縁者霊が一緒についてくることを許されるようですが、その四霊について多くの縁者霊がさらについてこられるので、非常に沢山の霊が供養にお越しになりました。盂蘭盆会における特別霊界大施餓鬼供養は、特に家運を上げる効果が...昨年の盂蘭盆会の投稿です。

  • 貴方は誰ですか?

    山主から「貴方は誰ですか?」問われた方は、皆様同様に頭の中で???が浮かんでいるようです。自分は、誰?。自分は、男?女?何歳で!こんな仕事をして……。というような説明が浮かぶと思いますが……。答え我々は、先祖の集合体である。つまり我々自身が先祖であるということ。誰しもがご先祖様の生まれ変わりなのです。良きにつけ、悪しきにつけご先祖様の影響をうけているということです。人間に生まれたということが特別なことであり、我々は、ご先祖様の未来を背負っていきているということになります。死んだ者に未来があるのか?というと、あるのです。新しい命は、ご先祖様なのですから。ご先祖様を大切にすることで、新しい命が生まれるのです。南無大師遍照金剛貴方は誰ですか?

  • お父様が探し当てた寺でのご供養

    本日は九州からの霊界施餓鬼一粒萬福法要をお申し込みいただきました。本日の故人様は、生前に得度をされ僧侶の資格をおもちで、多くの方の人助けをされてきた方でございます。故人様は、菩提寺の供養に満足することができず、当山をご自分で探され、施主様を通じて供養を申し込まれたそうでございます。故人様は、お寺の構えを見て、供養を申し込まれるのでは有りません。そこに住んでいる行者(おこないびと)のパワー(霊力)を見て選んでおられるようでございます。説法中当山のご供養は他の寺院と違い、読経だけの供養ではございません。読経の間に山主の説法が入ります。なぜ、供養が必要なのか、なぜ、お経を読むのか、なぜ、お供えが必要なのか、なぜ、葬式が必要なのか、なぜ、仏壇やお墓が必要なのかなどを、供養に同席させている方だけで無く、本日供養を受...お父様が探し当てた寺でのご供養

  • 昨日昨日の供養でオーブが

    昭和十五年に、一才で亡くなられた童女のご供養を執り行いました。一族の業を背負って亡くなられたのですが、今回、供養を受けられたことに大変感謝されておられました。南無大師遍照金剛昨日昨日の供養でオーブが

  • 山主の朝食は、これ!

    山主は、朝、抹茶をいただきます。「おうす」で、胃に持たれ程度程度のお菓子と一緒にいただきます。松倉さんとは、若い頃にお茶を習っていたことからのお付き合いで、堺の老舗「松倉茶房」より送っていただいております。以前は、「天王山」でしたが、最近は、「名木(なぎ)の昔」。そして今回は、九十歳のお祝いで、「もっと、いいのがないか?」と尋ねますと、「香寿賀(かすが)の昔」を勧めてくださいました。初めてでまだ、いただいておりません。楽しみにしております。抹茶の効能抹茶を毎日飲むと10のメリットがあるそうです。南無大師遍照金剛山主の朝食は、これ!

  • 最近、ご供養を申し込まれる施主様が変わってきました。

    昔は、供養をお願いされる施主様と言えば、その家に嫁がれたお嫁さんが多かったのですが……最近は、独身の男性や女性が多くなりました。以前は、菩提寺さんの供養に満足しておられない奥様が多かったのですが、最近はその子供さんの代になってきました。年齢は、20代~60代ぐらいの方です。ご自分の人生に影響しているのが、ご先祖様であると分かってもらえたのだと思います。そして、通常の供養ではダメだということ。我々には、驚くほど大勢の先祖霊がおられるのです。そのご先祖霊が満足するためには、毎日の供養が必要になりのです。月参りだけではダメ。年忌だけの供養ではダメなんです。南無大師遍照金剛最近、ご供養を申し込まれる施主様が変わってきました。

  • お車の御祈祷

    本日は、午後より柏原市の信者様が車のご祈祷にいらっしゃいました。お車の祈祷の前に先ず信者様の御祈祷をさせていただきます。次にお車の御祈祷です。14時からの御祈祷でしたので、照りつける太陽で暑さ満載でございましたが、信者様だけでなく、ご家族もお乗りになるということでしたのでご家族全員の交通安全と、大難は小難に、小難は無難になるようご祈祷させていただきました。当山謹製の清浄塩にてタイヤをお清めいたします。副山主が前後の車輪、四本それぞれの前後に清浄塩を捲き、タイヤのお清めを致します。タイヤは、色んな場所を踏んで移動するため、知らず知らずのうちに、道路上の災いや禍を拾うおそれがあります。清浄塩は信者様に持って帰っていただき、1週間程度ご自宅のガレージへの出入り時にもお清めしていただけるようにしております。山主が...お車の御祈祷

  • もうすぐ、お盆ですが……

    最近では、昔ながらのお盆の風習が薄れつつありますが、日頃、供養をしていてもお盆の供養は、特別な意味があるのです。お盆は、餓鬼道に落ちているご先祖様も大手を振って?帰って来られますので、喜んでご先祖様をお迎えすることが我々子孫の役目なのです。しかし、最近では仏壇じまいや亡くなった人がいても仏壇を作らない、面倒だから要らないという家が増えています。そのような家のご先祖様は、どこに行けばいいのでしょうか。もしくは、霊界にも行けず、そのままこの世を彷徨っているのではないでしょうか?帰る家があっても帰れない。帰っても仕方が無い。悲しい話ですね。昔は、ご先祖様をお客様として大切にお迎えしたものです。離ればなれになっていた家族が、一斉に集まることができるのがお盆なのです。永代供養と称してお墓も要らない、仏壇の要らないと...もうすぐ、お盆ですが……

  • 信者様が体験した奇跡

    この投稿をInstagramで見るきよちゃん(@kiyochiyan888)がシェアした投稿信者様が体験した奇跡

  • 滝谷不動尊にご挨拶に。

    今日はいつもより早く供養を終え、午前10時すぎから山主を筆頭に弟子、職員一同で滝谷不動尊に参拝させていただきました。曇り空でしたので、暑くないと思いきや、思っていたより蒸し暑く、汗が止まりませんでした。コロナ対策のためか、本堂前には、透明の仕切りが設けてありましたので、その前で山主、副山主と共に全員で不動梵語、般若心経秘鍵、般若心経をあげさせていただきました。いつの間にか賽銭箱の回りには、人集りができ、他に参拝の方も一緒に般若心経をお唱えしておられました。山主様が店に入りますと、いつの間にかお店には、不思議と人が集まってきます。観音堂でご挨拶山主様から、滝谷不動尊先の方丈様、実善大僧正大和尚様から得度を受け、不動尊信仰に導いていただいたというお話。山主様にとっては「運命の師」との出逢いであったと申しており...滝谷不動尊にご挨拶に。

  • 命光秘流不動護摩供が厳修されました

    このたびの豪雨で被災された方々に心からお見舞い申しあげます。本日、11時より命光秘流不動護摩供が厳修されました。本日は関東の信者様が、一家揃って初めてご来寺下さいました。以前からご来寺を希望されていたのですが、「ようやくお参りすることができました。」と喜んでおられました。コロナウイルス感染者が再び増加しているようですが、山主は「こんな時こそ当山の「火禊ぎの行」で心身の邪気を祓い病魔を体内に招き入れないことが肝心」と申します。特に本日は、皆様全員に「火禊ぎの行」をしていただきました。「火禊ぎの行」とは当山独自の護摩行であり、護摩の炎の中にご自身で「一願成就札」を煽っていただくという行です。炎の中に手を入れますので、普通にやれば火傷をしてしまいますが、山主が信者様の後ろで「水のお九字を入れてお加持」をして下さ...命光秘流不動護摩供が厳修されました

  • 明日、11時より命光秘流不動護摩供が厳修されます

    梅雨は明けたはずなのに戻り梅雨の毎日が続いております。明日は、午前11時より命光流不動護摩供が厳修されます。高温多湿が続きますと体調を崩しやすく、気分も滅入ってまいります。どうぞ皆様そろってお参りいただき、護摩の火の「火禊ぎ」で1ヶ月の心身の浄化をおはかり下さい。尚、ご来寺の際は感染防止対策にご協力ください。合掌明日、11時より命光秘流不動護摩供が厳修されます

  • 見えないものが見えてくるかも?

    南無大師遍照金剛見えないものが見えてくるかも?

  • 本日は、沖縄からお参りに

    本日、沖縄からご先祖様(ご夫婦)の霊界施餓鬼一粒萬福法要のためにご来寺されました。どうしても、ご供養に参加したいという気持が強く、朝3時起きしてのお参りでございます。また、本日は千葉県在住の方、宮城県在住の方も霊界施餓鬼一粒萬福法要をお申し込みくださいましたが施主様は仕事で、残念ながらご来寺いただけませんでした。本日のご供養も終盤に差し掛かったころ、観音菩薩様が、山主におさがりになられました。本日、沖縄から来られた施主様に対して、「遠いところ、良く来てござった。ご苦労である。家族(うから)親族(やから)も皆、喜んでおる。汝が願い、すべて我が手中にあり。安心せい。」という有り難いご神示を頂戴いたしました。施主様は、観音様のお言葉をお聞きして「早起きして命光不動尊に、お参りした甲斐がありました。」と、本日のご...本日は、沖縄からお参りに

  • 昨日は、四家先祖供養の日でございました。

    本日は十一時より四家先祖供養に大勢の方のお参りを頂きました。当山の四家先祖供養は、開山より続く当山だけの供養法でございます。本日お参りいただいた方は、古い方では二十年以上供養を続けていらっしゃる方から今年に入られて始められた方まで様々でございます。施主四家先祖供養では、「般若理趣経」をベースにお誦えしご供養をいたしておりますが、お経の一巻は一霊様分のお食事にしかなりません。施主様お一人で四家分のご先祖様をご供養させていただいております。今日は十二組の施主様がいらっしゃいましたので四十八家の先祖代々のご先祖様をご供養をさせていただいたことになります。四十八霊のご先祖様が来られたわけではございません。四家先祖供養では一家で、一日七万霊のご先祖様が来られてると言われております。到底、すべてのご先祖様に満足してい...昨日は、四家先祖供養の日でございました。

  • 信者様が体験された奇跡②

    信者様が体験された奇跡をインスタグラムに投稿して下さいました。信者様が体験された奇跡②

  • 今年の蓮は、九個です。

    もう少し咲いて欲しかったのですが……。せめて7月13日のお盆までもって欲しい!関西では、お盆は8月13日からです。合掌今年の蓮は、九個です。

  • 心の仏

    心の仏

  • 命光秘流鳴釜神事祭が行われました

    3日の日曜日は、11時より命光秘流鳴釜神事祭が厳修されました。前日までの猛暑とは打って変わって、3日は朝からうっとうしい雨模様でした。気温もさがってくれれば良いのですが、ムーッとした高温多湿、不快指数100%のなか、0歳から70歳代の方まで大勢お参りくださりありがとうございました。神様がご降臨中は、冷風を嫌いますので、一部のクーラーを止めて祭事を執り行いました。ムシムシした道場中でも皆さん最後まで熱心にお話を聞いておられました。人形(ひとがた)でのご神示では、お一人お一人に山主が神様からのご神示をお伝えしてくださるほか、皆様の事情に合わせたアドバイスを頂くことができます。当山の鳴釜の音は宇宙根源の音です。この音を聞く事で、参拝者の皆様の魂の浄化をはかることができるのですが、次の月次祭までの間、皆様がどこで...命光秘流鳴釜神事祭が行われました

  • 今日のご供養は、故人様にとって葬儀となりました。

    今日は、四件の霊界施餓鬼一粒萬福法要をお勤めいたしました。本日、祥月命日の故人様が一霊おられました。施主様はお孫さんです。「可愛がってくれたお祖父様の為に」と、霊界施餓鬼一粒萬福法要を申し込まれました。そのお孫さんは大変信心深く、当山で供養されるようになってから身の回りの不具合が改善されておられるようです。本日の供養が始まりますと、山主がいつもの霊界施餓鬼一粒萬福法要では上げない「理趣経三昧表白(葬儀の際にあげる表白)」を今日に限って上げたくなったそうです。山主が疑問に思い、故人様の葬儀の内容を施主様に尋ねると、施主様のお母様は、婚家の宗派ではない信仰をされているためお祖父さまの葬儀もその信仰に従って行われたため、通常の葬儀はされていないということでした。葬儀場は借りられたのですが、引導を渡していただける...今日のご供養は、故人様にとって葬儀となりました。

  • 神様が昨日のお供えの品を喜んでおられました。

    毎月、霊界施餓鬼一粒萬福法要をお勤めしております施主様より、故人様とお不動様そして、霊界施餓鬼一粒萬福法要でお世話になります神様にもお供えくださいと、お菓子が届いておりましたので、二十八日のご供養日にお供えさせていただきました。そして、今日も霊界施餓鬼一粒萬福法要がございました。ご供養のあとに、故人様と利供養のお供え物を、霊界まで送り届けてくださるお役目の神様から、昨日のお供えものに対する御礼の言葉がございました。昨日お供えして下さったお菓子を神様が、召し上がられて、「まれなる味。非常に美味である。馳走になった」と、御礼の言葉を頂戴いたしました。私共も今日、いただきました。本当に美味しいお菓子でございます。この意味は、次回からもお菓子をお供えして欲しいということでしょうか!霊界に、この世のお供えものを直接...神様が昨日のお供えの品を喜んでおられました。

  • 本日は、命光秘流百八支祈祷護摩供が厳修されました。

    本日は、京都でお商売をされている信者様が願いごと成就のために、百八支祈祷護摩をご依頼されました。当山の護摩は、ご自分で護摩木を握って結果を出すことができるのです。ご自身で護摩木を握った数でご神示が下るのです。護摩木を握っています龍神様が口を開けているように見えますこちらも龍神様が口を開けているようです。本日の信者のご神示の結果は、先ず、最初の一握り目で護摩木を1本、下に落としてしまいました。この時、この1本を本に戻すか戻さないか。落とした1本をマイナスで数えるのかプラスで数えるのかで、運命が変わるのです。この信者様は、落とした1本を元に戻しました。結果、願い事を叶えるのは難しいということになりました。たった1本の護摩木ですが、元にも戻さなければ、「願い事は、叶う」とでたのです。願い事が叶うというご神示を頂...本日は、命光秘流百八支祈祷護摩供が厳修されました。

  • 半年ぶりにお身拭いさせていただきました。

    木彫りの仏様は、護摩の煤で、年々黒くなってまいりました。年末に綺麗にお見拭いさせていただいたのですが……大精進菩薩様大日大聖命光遮羅明王様弘法大師様半年も経ちますとお顔が、拝見できなくなりました。これでは、仏様側からもお参りされる側からも互いに眼を合わせてご挨拶できない状態ですので、宜しくないということになりました。急遽、お見拭いさせていただきました。お不動様のお顔がハッキリ見えてないのが残念ですが、全身、ピカピカになられ、鮮やかな色彩が甦りました。さっぱりしていただけたでしょうか。合掌半年ぶりにお身拭いさせていただきました。

  • 信者様が体験した奇跡

    信者様が体験された出来事をインスタグラムに載せてくださいました。hare_sheet信者様が体験した奇跡

  • 昨日は四家先祖供養の日、大勢の方がお参りに

    6月もあと僅かです。梅雨らしからぬ暑い日に、夜も冷房をかけて寝るようになりました。早くも夏仕様。昨日は四家先祖供養の日となっており、大勢に方がお参りに来られました。各家のご供養札、ご先祖様の行列です。皆様、前世からのご縁でお集まりになられた方です。参拝者の方も経本を見て、ご一緒に読経されますので、中抜きなしのご供養です。ご先祖様も大満足でございました。合掌昨日は四家先祖供養の日、大勢の方がお参りに

  • お不動様のひとり言

    皆様、先祖供養をしているのに、なぜ悪い事が起こるのでしょうか?と、言われる方がおられます。そのときにお不動様がおっしゃられたお言葉です。病難、災難起こった時は、罪過(つみあやまち)の現われじゃ懺悔懺悔じゃ心の懺悔悪い事が起こるということは、過去の因縁が今、出てきているということです。懺悔や感謝することで、今世(現世)で過去の因縁は解消されるのです。因縁解きのチャンスが到来していると喜んで懺悔や感謝をすればいいのです。この時に文句を言いますと、折角の因縁解きのチャンスはなくなり、来世まで持ち越しになるのです。先祖の作った悪因縁もご自身の作った悪因縁も何もしなければ、○○家の負の財産となり、子孫には、正(+)土地や建物や現金の財産と負(-)(悪因縁=借金)の財産として残るのです。お気を付けください。お不動様のひとり言

  • お不動様のひとり言

    お不動様が過去に言われたお言葉です。情けは人の為ならず人には情けの種をまけ後に自己の為となる昔からある有名なことわざですね。情けは人の為ならず今の若い方は、言葉をそのままと解釈して、「人に情けをかけてはいけない」と勘違いしているとか!良いことをすれば、良いことが自分に返ってくる悪いことをすれば、悪いことが自分に返ってくる南無大師遍照金剛お不動様のひとり言

  • 本日の霊界施餓鬼一粒萬福法要は、火護摩でご供養いたしました。

    本日は、護摩祈祷のご依頼がございましたので、霊界施餓鬼一粒萬福法要でご供養させていただきました。霊のいる霊界は、寒い処ですので暖かい護摩の火を喜んでくださり、とても有難いと感じるそうでございます。霊に憑かれた人は、お分かりになられると思いますが、霊がいると、ゾクゾクするほど寒気がしますが、これは、霊気(冷気)を感じているからです。今日も大勢の霊が上がっていかれました。南無大師遍照金剛本日の霊界施餓鬼一粒萬福法要は、火護摩でご供養いたしました。

  • 命光秘流不動護摩供が厳修されました。

    本日、十一時より命光秘流不動護摩供が厳修されました。先週近畿地方も梅雨に入りましたが、今日は梅雨の晴れ間で蒸し暑く、準備の段階からお弟子さんも汗びっしょりでした。いざ、護摩供が始まりますと護摩の炎と着用している褊衫(ヘンザン)の影響もございますが益々暑さが増してまいります。護摩の炎も大きく、高く上り、何度も俱利伽羅龍王尊がお姿をお見せ下さいましたが、あまりの暑さに汗だくで顔を真っ赤にして御真言を唱えておりますと、山主から「水の印」を伝授していただけました。その「水の印」を結びますと、すーっと嫌な熱気が抜け、心地よい熱気に包まれました。また、本日は護摩供の終了後、信者様ご依頼の「五大真龍之神霊(五帝之龍王)」の御形代にご入魂させていただきました。その信者様はこれまで御宝水(御神水)をお下がりとしてお持ち帰り...命光秘流不動護摩供が厳修されました。

  • 明日、第三日曜日は、命光秘流不動護摩供が厳修されます。

    明日、第三日曜日六月十九日は、命光秘流不動護摩供が厳修されます。当山の御神示のお授けは、滝行壱萬行成満行者である山主が、見えない世界の神霊様からいただいた特殊な神通力によってなせる業です。お願い事の書かれた護摩木は、山主が神剣加持刀にてお九字をお入れします。加持刀の刃が刺さりますと、「その願いごとが叶うかも。」加持刃の刃が刺さらない場合は、「その願いごとを叶えるのは、難しい」ということを意味します。という結果になります。皆様の願いごとを叶えるべく、祈念しております。「一願成就札のお焚き上げ」燃え上がる一瞬に、御神示を頂くことができます。午前十一時より厳修いたします。明日、第三日曜日は、命光秘流不動護摩供が厳修されます。

  • お不動様のひとり言

    お不動様が過去に言われたお言葉です。己れ一人がえらくはないぞ。神の力と人のささえじゃ。人は、出世や大事なことを任せられるようになると自分の力と、勘違いしがちです。世の中は、互いに支え支えられているということを忘れてはいけません。南無大日大聖命光阿遮羅明王お不動様のひとり言

  • 昨日は、信者様が、沢山の霊友を連れてのお参りでした。

    昨日は、四家先祖供養の日でしたがお参りされた方は、お一人様でしたので、貸し切りでのご供養となりました。信者様を見て、山主が「沢山の霊友を連れて来て!」と、ご神水でお加持をしてくださいました。供養が始まりますと、直ぐに貞観の尾てい骨の左側がズキン、ズキンと痛みだし…。山主に痛みを訴えますと、信者様の連れて来たご先祖様が「この場所が痛いと訴えている」ということで、「供養をしてあげるから、大人しくするように」と言えばよいと。直ぐに心の中で、言いますと、尾てい骨の痛みは、瞬間に無くなりました。霊は、供養に直ぐに反応してくれるんですね。亡くなられた方(霊)は、何処に行けば、どの人に頼めば救ってもられるのか良く知っておられます。お寺ならどこでもいいという訳ではなく、お寺の大きさや知名度、僧侶の位や衣で判断しているので...昨日は、信者様が、沢山の霊友を連れてのお参りでした。

  • お不動様のひとり言

    山主が過去にお不動様よりいただいたお言葉です。幸福の道即、決行なり、自己の精なる神に聞け神は他になし。良きことをしょうと思っても、他から反対が入るには世の常ある。自分の内なる神を信じて、行動に移せという教えでございます。合掌お不動様のひとり言

  • お不動様のひとり言

    犠牲(いけにえ)の上に成り立つ生命(いのち)かな総が親じゃ拝んで暮らせ合掌お不動様のひとり言

  • 沖縄のご先祖様のご供養とお勤めさせていただきました。

    昨日の続きです。沖縄の方は、ユタと呼ばれる霊媒師さんに色んなことをご相談されるそうです。S様も霊媒師のユタさん?にご相談されおり、あちこち、お参りさせていたそうですが、問題の解決に至らなかった。とのことでした。供養を求めているご先祖様のご供養が出来ていなかったので、当山でご先祖様のご供養をしていただき、問題を解決したいということでございました。沖縄からはるばるお越しになられたということで、早速四家先祖供養と祖父母様(ご主人方)の霊界施餓鬼一粒萬福法要を執り行いました。初めてご供養される方には、命光阿遮羅明王様とのご縁を結ばせていただきます。祖父様は、S様とは面識がない方です。祖母様は、「生前良くしてもらえなかった。意地悪な人でした。」と、良くない印象をお持ちですが、「せっかくなので、夫婦一緒に供養をして差...沖縄のご先祖様のご供養とお勤めさせていただきました。

  • 沖縄の方がご相談に。

    昨日のお話の続きです。出雲の神様にお参りしたその日に、沖縄の方からご相談がございました。そして、6月6日にはるばる沖縄よりご相談に来られました。S様のお話では、「出雲大社沖縄分社」と「沖縄成田山新勝寺」にお参りされているとのことでございました。お不動様と出雲の神様のご縁で、我が「命光不動尊」とご縁が結ばれたのでございます。山主の願いでもある北海道から沖縄まで、困っている人達を、救いたいという念願がようやく叶った嬉しい日でもございます。沖縄の文化は、本土の分化と違いますので、自ずと先祖供養方法も違ってまいります。沖縄でも最近は、供養の仕方が変わってきているらしく、四家先祖供養と、祖父母の霊界施餓鬼一粒萬福法要をお申込みくださいました。明日は、S様のご先祖様の嬉しいお話がございます。続く沖縄の方がご相談に。

  • 出雲の神様のご縁で、沖縄の方が信者様に

    5月8日に信者様とご一緒に出雲大社にお参りさせていただき、その時に山主の代参として神恩謝徳のご祈祷をしていただきました。出雲大社のお参りは初めてでしたので、失礼があってはいけない。そして大祓祝詞と、神様の喜ばれる陀羅尼を、精一杯上げされていただきました。お参りの後、橋本の命光不動尊寳来寺の山主のところには、出雲の神様の眷属の神様が丁寧な祝詞の御礼と初めて聞いた陀羅尼に偉く感動され、御礼に来られたそうです。そして、その日のうちに沖縄の方から、ご相談のお電話を頂戴したのです。このご縁は、出雲の神様が結んでくださった有難いご縁なのです。明日に続く出雲の神様のご縁で、沖縄の方が信者様に

  • 本日、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されました。

    本日は、岐阜県、愛知県と中部地方の信者様がお参りに来られました。釜鳴神示祭では、鳴釜のお釜に神様にご降臨いただくために、カセットコンロを使用します。火の着いたガスコンロの前で頭を下げて、マスクをしての祝詞の奏上は、とても大変でした。また、釜の真上にエアコンの風があたるため、暑くても神様をお呼びしてからは、エアコンは消さなければなりませんので、蒸し暑くて大変でした。また、台所もエアコンの冷気が届かにくいので、暑さとの闘いで大変だったそうでございます。いつも美味しい料理、有り難うございます。この時期は、冬の寒さがまだまだ身体の中に残っている状態で、暑さになじめない身体となっております。今年も酷暑が予想されますので、しっかりとお風呂に入って汗のかける身体になるようにしてください。これから梅雨の時期に入りますので...本日、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されました。

  • 明日、第一日曜日は命光秘流鳴釜神示祭が厳修されます。

    明日、五日(第一日曜日)は、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されます。六月は、各地の神社で「夏越しの祓え」という半年間の穢れを祓うご神事が執り行われますが、我が、命光不動尊寳来寺の月次祭命光秘流鳴釜神示祭では、毎月、参拝者全員のお祓いならびに人形(ひとがた)ご神示のお授けがございます。再拝明日、第一日曜日は命光秘流鳴釜神示祭が厳修されます。

  • 先祖のお蔭をいただくと、凄いことが起こる

    H様がいただいたお蔭のお話です。昨年の11月、息子さんとお母様がご相談に来られました。お母様の足が悪く二年前から車椅子生活をされており、治れしていただければ…という思いからご来寺されました。そして、お話をお伺いしておりますと、お母様の面倒を看るため、独身の娘さんが一緒に暮らしているので、将来が心配。H様の義母様が、癌が頭に転移しておられ、保険のきかない薬で治療中で治療費が多額である。H様のお嫁さんの実家が、事業で莫大な借金をしている。色々と問題の抱えておられる家だと追う事が分かりました。そこで、昨年から四家先祖供養と霊界施餓鬼一粒萬福法要を同時にお勧めいたしました。毎月、H様の祖母様の霊界施餓鬼一粒萬福法要とH様のお嫁さんの祖母様の霊界施餓鬼一粒萬福法要。祥月命日の方があれば、その故人様の霊界施餓鬼一粒萬...先祖のお蔭をいただくと、凄いことが起こる

  • お位牌は、お性根が入っていないと拝んでも意味がないのです。

    人がお亡くなりになると、四十九日間は白木(仮位牌)のお位牌でお祀りします。※葬儀の時に戒名の書かれた白い木のことです。故人様は、四十九日が済みますと、黒位牌や漆位牌と呼ばれる本位牌でお祀りいたします。この場合、白木位牌に入っておられる故人様を本位牌に移っていただく作法をしなければなりません。そのまま、お祀りしても木の位牌を祀っているだけ、故人様のお魂が入っていないのです。お寺さんに来ていただいて、お性根いれという御魂鎮めの修法をして初めて故人様をお迎えすることができます。最近は、ネットで申し込んで簡単にお位牌が手元入る世の中になりましたが、そのまま、お祀りしても意味がないのです。うっかりすると、どこの誰だか分からない霊をお祀りしていることになりますよ。お気をつけくださいね。合掌お位牌は、お性根が入っていないと拝んでも意味がないのです。

  • 本日、命光秘流百八支祈祷護摩供を厳修いたしました。

    本来であれば、28日のお不動様のご縁日に焚く護摩ですが、28日は、信者様のお母様の50回忌を重なったため、本日、百八支祈祷不動護摩供を厳修いたしました。本日の護摩は、ご子息の就活成就の祈祷の護摩でございました。ご子息様の心の迷いは、そのまま護摩祈祷に反映され、成就はなかなか難しいという結果でございました。お不動様の右手に持たれている利剣のような形の炎になりました。貞観に変わって、山主がお願いしてくださいますとお不動様が、「なんとかせねば」と、成就の験をくださいました。山主に変わって寳禅金剛師が護摩を焚きました。願主様には、「アルバイトはほどほどにして、勉強に専念せよ」と、いうお言葉でございました。合掌本日、命光秘流百八支祈祷護摩供を厳修いたしました。

  • 50回忌の霊界施餓鬼一粒萬福法要は必要です。

    本日は信者様のお母様の五十回忌を、霊界施餓鬼一粒萬福法要でご供養させていただきました。故人様は昔から言われているように、50回忌の弔い上げの修法を受けられ、仏教でのご供養を終えられました。更に、山主から神仙界に入門のお導きをいただき、命光秘流の秘密神呪のお授けを受け、神様の世界では幼稚園である初段階の途につかれました。いよいよ、遠津先祖様への世界に入っていくための修行が始まったのです。「誠に結構なこと」と、故人様は大喜びでございました。山主も「これで一安心」と、胸をなでおろしておりました。合掌50回忌の霊界施餓鬼一粒萬福法要は必要です。

  • 皆、徳のある人なのに…

    今日の供養中に、山主がお話された言葉です。我が、命光不動尊寳来寺に辿り着かれた方は皆、(先祖の)徳のある人たちである。先祖の徳がありながら、皆様、ご先祖様からの徳を受け取ることができずに悩んでおられるのです。それは、ご先祖様の徳をいただいても、持ち応えられるたけの力がないからなんです。ご先祖様からの徳をいただける人達の共通点は、感謝のできる人、信心の出来る人、ご先祖様を大事にする人、両親を大事にできる人です。先祖供養は、ご先祖様だけの為にはなく、ご自分の為でもあるのです。合掌皆、徳のある人なのに…

  • 久しぶりに鎌を使った庭の草刈り

    貞観の家の駐車場の半分は、土のまま残しているので、ほおっておくと、草が茂って凄いことになってしまいます。今がその状態。毎年、花粉症で五月の草花が咲くころが、特に酷くなります。昨年、一昨年と、草花の咲く時期に草むしりをして目が腫れ、えらいめにあったので、今年は、今日まで放置しておりました。主人からは、どうすんの?植木も伸び放題、切っていいなら全部切るけど…。全部とは、「植木は、要らないよ」ということです。昨日から少しずつ、人の出入りしているところの草や伸びすぎた枝を刈って綺麗に…してるのですが、何処したの?と言われそうですね。梅、紅梅、花桃、アオキ、百日紅、クチナシ、竹、柘植、南天百日紅、金木犀ぐみ椿、これらは、以前からあったもの。それに植えた紫陽花、勝手に生えたツワブキ、ヤツデ、柊、と、ほおっておいたら偉いこと...久しぶりに鎌を使った庭の草刈り

  • 久々のお墓参りで……良いことがありました。

    今日、山主と貞観の二人で、お墓参りに行って来ました。山主は、少しでも体調がすぐれない時は、お墓参りには、行きません。お墓は、たくさんの霊が居るので、下手をすると(霊界に)連れて行かれるおそれが有るからです。今日は体調もよく、特別な供養も入ってないので、お墓参りに行くことにしました。久しぶりのお墓は、結構枯れ葉が溜まっており、お詫びしながら掃き掃除をして、墓石にご神水を吹きかけて、タオルと拭いて……山主が、大慌てで「この石(五輪塔)がグラグラして落ちそうになっている!」と。私(貞観)が両手で力一杯、押しても引いてもビクともしません。貞観「大丈夫やで、絶体に落ちない。ビクともしないで!。きっとご先祖様が喜んでいるんやわ!」山主「そうか?揺れて今にも落ちそうな感じやけどな……。と、不思議がっておりましたが、貞観「いつ...久々のお墓参りで……良いことがありました。

  • 常識と非常識

    毎日の先祖供養の後に、山主からお聞きしたお話です。霊界の常識は、現世では非常識現世の常識は、霊界では非常識これって大変なことですよね。この世の常識が、霊界では通用しないんです。金や名誉は、通用しないと言うこと?どうします?常識と非常識

  • お金が貯まるというお加持

    本日の施主様は、今月に入り、17日に実母様の祥月命日の霊界施餓鬼一粒萬福法要。そして本日、義父様の月命日の霊界施餓鬼一粒萬福法要を。義父様は、三年ほど寝たきりで、意識のないまま老衰で昨年の12月にお亡くなりになりました。本日は、5ヶ月目の月命日です。故人様は、「まだ寝ているのか起きているのか分からない状態です。」と、山主にお話されました。この故人様のように、今がどのような状態なのか、分からないという方(霊)が多いのです。本日は、施主様にお不動様のパワーをお授けさせていただきました。そして、施主様に「お金が欲しいか?」と山主が問いますと、施主様は、遠慮がちに「欲しいです」とおっしゃりましたので、特別にお金が入ってくるという秘伝の修法を。回りで見ている人は、皆さん「良いな~!」と言う思いで羨ましく見ておりました。今...お金が貯まるというお加持

  • 神様参りでは、先ず祓戸大神にお参りしてから

    出雲大社のご神殿にお参りされる前に、祓社はらえのやしろの神様にお参りされ、禍事・罪・穢れを祓っていただき、ご神殿にお参りください。御祭神祓戸四柱の神(はらえどよはしらのかみ)出雲大社に参拝する人々は、まずここで身心を祓い清めていただきます。祓戸四柱の神とは、瀬織津比咩神(せおりつひめのかみ)、速開都比咩神(はやあきつひめのかみ)、気吹戸主神(いぶきどぬしのかみ)、速佐須良比咩神(はやさすらひめのかみ)です。正面下り参道と神楽殿前の2箇所お祀りされております。(出雲大社のホームページより)祓社で写真を撮られていただきましたら、感応していただきました。合掌神様参りでは、先ず祓戸大神にお参りしてから

  • 命光秘流不動護摩供が行われました

    本日11時より命光秘流不動護摩供が行われました。ご来寺の方の護摩木に山主が1本1本お九字を入れて下さいます。副山主の読経で護摩供が始まります。山主による一願成就札「火禊ぎ」で各自のお祓いとお清めをしていただきました。護摩供後の「なおらい」はご来寺頂いた方とお食事を頂きますが、今日は弟子の寳禅師のご紹介で、和歌山県和歌山市で主にスーパー「サンキョー」楠見店でキッチンカーで魚にこだわったハンバーガーを販売されている「キッチン・クローバー」さんに来ていただきました。鯛バーガーと太刀魚サンドが絶品ということで、皆で頂きました。ご夫婦ではありませんでした。とても美味しかったです。揚げたてと言うこともありますが、ご参拝の方もみな「すごく美味しい」「とくにタルタルソースが絶品」「お魚だけどそんな感じがしない」などなど・・・ご...命光秘流不動護摩供が行われました

  • 明日、第三日曜日は命光秘流不動護摩供が厳修されます。

    大雨で災害が心配されておりましたが、皆様の地域は大丈夫でしたでしょうか。明日、15日(日曜日)第三日曜日は命光秘流不動護摩供が厳修されます。午前11時より明日の護摩供も大変暑くなると予想されますが、しっかりお唱え下さいますよう、お願いいたします。これから暑くなるにつれて、事故も多くなりますので、お参りの際は、お気を付けてお越しくださいませ。南無大日大聖命光阿遮羅明王明日、第三日曜日は命光秘流不動護摩供が厳修されます。

  • 出雲の神様をお祀りすることになりました。

    出雲の神様をお迎えいたしました。島根の出雲大社でお唱えした陀羅尼を非常にお気に召されたようで、当山でお祀りしている八神の大神の一神としてお祀りさせていただくことになりました。この陀羅尼を聞かれた出雲の神様は、「清々しい清々しい」と大変お喜びでございました。この陀羅尼は、当山の霊界施餓鬼一粒萬福法要の際にお越しになる神様も喜んでいただける宝のような陀羅尼です。出雲の神様の縁結びは、男女の縁だけでなく、あらゆる吉縁をいただけるということで、誠に結構なことでございます。神様に招かれてお参りに行くと言うことは、こんな、結構な有り難いことだとは、思いませんでした。皆様、神様に招かれるような信仰をなさってくたさい。お参りしているその日に、沖縄からご供養のお申し込みがございました。これでようやく、北海道から沖縄まで信者様との...出雲の神様をお祀りすることになりました。

  • 貞観、出雲大社にお参りして神様に喜んでいただけた話

    信者のK様からのお誘いで8日、9日と、出雲大社にお参りすることができました。信者の方3名と貞観の4名でもお参りです。神さん参りは呼ばれないと聞きますので、呼んでいただけと喜んでお参りさせて頂きました。初めてのお参りにお不動様より「こちら(橋本に来て、泊まりは初めてじゃのぅ、気をつけて行くように」と、お優しいお言葉を頂戴いたしました写真に写っている方は、観光客の方です。今回は、命光不動尊寳来寺山主、住友寳顕の代参としてのお参りで、ご祈祷していただきました。厳かな雰囲気の拝殿で行われる御祈祷は、初めてでしたので、緊張しました。御祈祷後は、楼門まで入ることができ、お参りさせていただきました。八足門のお賽銭箱の横で、他の参拝者の邪魔にならないように、命光秘流鳴釜神示祭で月次祭でお唱えしております大祓詞、太祝詞を奏上させ...貞観、出雲大社にお参りして神様に喜んでいただけた話

  • 義母の顔が亡き母になっていた。

    この間、貞観が大黒さん(住職の奥様)に、コウケントーで光線治療をしていた時のことです。大黒さんは、光線治療をすると、いつも直ぐに寝てしまいます。この日は、なぜかいつもの寝顔が違うのです。「何かが違うの!」とジーと見ておりますと、口をつむんでいる格好が亡き母によく似ていたのです。「似ているな~」と思ったらなんと、大国さんの顔が母親の顔に変わっていたのです。私は、生前母親にあまり優しくできなかったので、「義母には、母親だと思って親孝行しなさい」と言われたのだと思います。今日も大黒さんに光線治療をしましたが、今日は、大黒さんの寝顔でした。もうすぐ、母の日色んな親孝行の仕方がありますね。合掌義母の顔が亡き母になっていた。

  • 命光秘流鳴釜神示祭  2

    山主は、神仏のお声が聞こえないという者は、「己の魂がくもっているからである。それは、感謝の念が足りないからそうなるのであり、心のくもりをとれば神とも通ずる」と、説かれました。また、「よく神社で何時間もお願いをされている方がいらっしゃるが、一生懸命お願いされても神様に願いを、聞いてもらえる方とそうでない方がある。」と言われ、その違いは、どれだけ先祖供養をされているかの違いだそうです。なぜなら、その方のご先祖様の口添えがないと神様には通じないからだそうです。以前にもお話ししましたが、五十年間お祀りいたしますと、弔い上げという五十回忌がやってまいります。五十回忌以降のご先祖様がお祀りされる場所が神道では奥津城と言われるお墓です。これがご先祖様の魂の鎮まる処つまり神社となるのです。これでおわかりと思いますが、しっかり先...命光秘流鳴釜神示祭2

  • 本日、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されました

    本日、11時より命光秘流鳴釜神示祭が厳修されました。ゴールデンウィーク中の足元がお悪い中、お参りいただきました。本日、久しぶりのご来寺で御利益をいただいた方がおられます。久しぶりにご来寺の方です。祓い幣によるお祓いでは、障りがあるということで、ご神水による浄化をさせていただきました。また、人形(ひとがた)神示で、「今、悩んでいる事をズバリ言い当てられました。」と、大変ビックリされておりました。この方が、月次祭の帰り道で起きた奇跡の出来事のお話です。交差点を右折しようとした時、子供が自転車で飛び出してきたのですが、寸前で止まることができ、事なきを得ました。ありがとうございました。ご神水でお清めしていただいたお蔭です。」と、喜んでお電話でお話くださりました。この方のご先祖様が、大きな災難に追わないように命光不動尊に...本日、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されました

  • 「五大(ごだい)真龍(しんりゅう)之(の)神霊(みたま)のご神水」で関係が・・・

    今日は二軒の霊界施餓鬼一粒萬福法要と、山主のお師匠様の霊界施餓鬼一粒萬福法要をさせていただきました。山主は、お師匠様の供養を毎年欠かさず行っており、本日は、七回忌の法要をお勤めさせていただきました。本日、一軒の施主様は、20代の方です。以前に、曾祖母様の霊界施餓鬼一粒萬福法要で就職のお願いしました。直ぐに就職が決まり、本人の希望通りの職場に配属され、曾祖母様に御礼が言いたくて、霊界施餓鬼一粒萬福法要をされました。大きなオーブが出ています。曾祖母様は、曾孫にこのような大きな法要をしてもらったことを大変お喜びでございました。また、その施主様からこのようなお話をしてくださいました。福祉関係のお仕事をされているのですが、担当になった利用者さんがどの職員の方にもきつくあたられ、無理なことをおっしゃる方で、特に女性の職員さ...「五大(ごだい)真龍(しんりゅう)之(の)神霊(みたま)のご神水」で関係が・・・

  • 幸せは自分で・・

    一見幸せそうに見えても実際は、そうではない人もたくさんいます。例えば、立派な家に住んで、お金持ちで、地位もあって、事業は成功して・・・あげればきりがないくらい、他人からみれば羨ましいばかりですが、その人が幸せを感じているかというとそうではないかも知れません。本人が「幸せだ」と思っていなければ幸せではないのです。「幸せでない」と思っている人はかえって「幸せになりにくい」ということがございます。幸せになるためには日々の日常生活の中で幸せを感じ、感謝すること、不平不満、不足を考えないような生き方を心がけることです。何ごとに対しても「ありがとう」「よかった」「いいなぁ」「よかった」など気持の良い言葉を口に出してみましょう。そのような心理状態は神仏がとてもお歓びになり、幸運をもたらせて下さるのです。合掌幸せは自分で・・

  • 御神水でのセルフお祓い

    弟子の香華尼による投稿文です。先日の命光秘流不動護摩供の後の事ですが、弟子の香華尼と明浄尼(親子)が自宅に帰りましたら明浄尼の弟の様子がおかしく、ぼーっととしていました。あきらかにいつもの様子とは異なる弟の横で夕食をとっていますと明浄尼が、「あー我慢できない。うっとうしいわぁ。あんた、何処へ行ってきたの。変なもん憑けて帰ってきて。」と弟に言いますと、弟は「別に変なところへはいってないけど、ヤバい場所とかにも・・・買い物に行っただけや・・」と、いいますが全く元気がありません。明浄尼がみると、どうも男性の霊が憑いてきてしまった様です。明浄尼は霊媒体質で気を抜くと、チャンネルのあった霊に直ぐ憑依されてしまうことが有ります。そしてまだ修行が足りないので憑依されたときに自分で除霊することができません。ましてや他者に憑いた...御神水でのセルフお祓い

  • 愛別離苦は、いつ来るか分からないもの

    愛と言う事は、可愛がる、愛しむ、大事にする、大切にする。私達が常に思い言葉として使っていますね。また、愛を求める事は、苦しく辛いことでも有りますよね。人を愛する事は、素晴らしく美しいことです。愛が慈悲によって育った時にまことの幸せの花が咲きそして実ります。慈悲とは、まことに相手を思い遣る心、慈しむ心なのです。佛教の教えの中に人生の中で、逃れる事の出来ない苦の事を、四苦八苦と言います。その中に愛別離苦と言う言葉が有ります。愛する人との別れる苦しみのことですが、無常の風は、時を選びませんいつ吹くかも、分りません。自分に取ってかけがえのない人とはいつかは、お別れする時が必ずくる。これは悲しい事ですが、誰も避ける事、逃れる事ができないのです。愛する者と必ず別れの来ることを、肝に銘じて、今を大切に、生きたいものです。合掌愛別離苦は、いつ来るか分からないもの

  • 他人さんからの無理難題は、業をはかすための大事な修行です。

    本日の施主様は、主に精神疾患を持たれている方の介護をされている方です。施主様はとても熱心に介護に取り組まれており、利用者お一人お一人に応じた対応を工夫しながら日々介護に取り組まれています。この方から先日、日々利用者の方に快適に過ごしていただこうと努力しているのですが、利用者さんからの無理難題な要求もあり、「心が挫けそうになる」というご相談を受けました。この方にお父様の供養をして、見守ってもられるようにお願いされたらどうかと霊界施餓鬼一粒萬福法要をお勤めいたしましたところ、本日のご供養をお申し込みくださいました。右の槇の上にオーブが出ております。供養後に山主より、「お父さんは大変喜んでおりますよ。貴方に利用者の方が無理難題を言うのは、貴方が親から受けた恩を返していないからです。利用者の望みを叶えることが現実的のは...他人さんからの無理難題は、業をはかすための大事な修行です。

  • 本日、四家先祖供養のお参りの日でした。

    日本は、九名の信者様がお越しになりました。凄い数の霊が雲集し、大変賑やかな法要になりました。お経も順調に進んだころ、ご先祖様が大喜びしている状態が現状の写真になります。信者様がお焼香されたお香の煙です。普通は、流れたような煙となるのですが、丸い塊のようになっている煙が、たくさん見えます。本日は、大変たくさんのご先祖様のご供養ができました。お一人の信者様のお話です。娘さんが、パリに留学しており、出発前にご祈祷と祖母に守ってもらいたいと、祖母の特別供養をいたしましたとこ。「お蔭様ですべてが上手くいっている」と、喜んでお話くださいました。見えない世界の方からのご守護があるようです。合掌本日、四家先祖供養のお参りの日でした。

  • 車が身代わりになってくれました。

    今年は、五黄中宮の年ですので、お不動様から新しく家や墓を建てたり、造作、また、車の購入なども控えるように。というお言葉がございました。今年は、五黄殺の年なので、災難の多い年になります。車も買い換えをする予定でしたが、延期することになりました。また、お地蔵様を新しくお迎えするにあたり、本堂を改築しなければなりません。これは、後回しにすることができません。仏様ごとですので、許されるのですが、やはり、障りは受けるようです。昨晩、9時すぎでしょうか、大きな音がし「事故だ!」とご近所さんがと飛び出してきて、住友さんちの車が当てられた!と大騒ぎしたようです。車の持ち主、知らん顔、インターホンの呼ばれてびっくりしたようです。「当て逃げされた」と騒いでいるところに、当てた本人は、直ぐに引き返してきたそうです。ご近所さんが警察、...車が身代わりになってくれました。

  • 命光不動尊様に、呼ばれないと来られないという信者様のお話

    一年ぶりに、お参りに来られたIさんのお話でございます。以前は、熱心に四家先祖供養をされていた信者様ですが、ご家庭の事情でお止めになられました。その後も命光不動尊のご縁日に焚かれる護摩に、来たり来なかったりしておりましたが、遂には、お越しにならなくなりました。実は先日、ひよっこり当山にお出でになりました。彼が言うには、「困った事が起きてもなかなか、一旦止めてしまうと敷居が高くなり行きづらくなってしまいました。しかし、山主さんに一回、お話を聞いていただきたいという思いがあり、明日行こうか、明後日行こうかと思っているうちに一年が経ちました。事業の方は、ドンドンと悪化していくばがりで、なぜか、家で祀っている神様に向かって「山主さん助けて」と、頼んでいたら、その夜のこと、夢に山主さんが現れて「何をグズグズしとんじゃ!さっ...命光不動尊様に、呼ばれないと来られないという信者様のお話

  • 昨日の話で、

    昨日の命光秘流不動護摩供で、山主に俱利伽羅大龍不動明王様がおさがりになられて、貞観がお叱りを受けたと書きましたら、昨日、仕事で護摩供に参加できなかったお弟子さんが、心配して飛んで来てくれました。この話はだいぶ前から、二階に置いてある冷凍庫を下の居間に下ろして欲しいと、山主に言われた事がそのままになっており、早くするようにとのお叱りでございました。当山に来られている方は、ご存じですが、居間にたくさんの物が置いてあり、何かを処分しないと置けない状態です。そのことは、弟子さんも従業員も承知の話なのですが、仕事に追われて後回しになっておりました。持ち物は、山主の物が大半で……。先ずは、置き場所の確保。冷凍庫を下ろすとなると、男手も必要です。なんとか皆さんに助けて頂いて、はやく対応したいと思います。貞観昨日の話で、

  • 本日の護摩供は、山主に命光阿遮羅明王様がおさがりになられました。

    本日は、多くの方にお参りされましたので、山主に護摩木にお九字を入れていただく順番待ちの行列が入り口近くまでできてしました。山主が法力を入れられると炎が二つに分かれ、二体の龍が現れました。山主が信者様の一願成就の札を持ち、火そぎを始められると2体の龍が絡み合い1体の龍になられました。そして皆様の火そぎが終わるころには大きな1体の龍となられ信者の皆様方を見下ろすようなお姿をお見せになりました。護摩供も終わりにさしかかった頃に、山主に俱利伽羅大龍不動明王おさがりになられました。おさがりになられたご様子なのですが、直ぐには何もおっしゃらず、しばらくすると「うーっ、ぐっぐっがー」というような唸り声を2、3回上げられ何かお怒りになっているご様子でした。そして、「俱利伽羅大龍不動明王じゃ!○○、お前は上司であり、親友でも有る...本日の護摩供は、山主に命光阿遮羅明王様がおさがりになられました。

  • 明日、命光秘流不動護摩供が厳修されます

    明日の第三日曜日4月17日午前11時より命光秘流不動護摩供が厳修されます。当山の護摩木は単に護摩木に祈願を書いていただいた後にお焚き上げするのではなく、山主による真剣加持刀でのお九字の切込みによるご神示がいただけます。護摩木、一本いっぽんにご神示をいただけます。この方は、心身健全がダメでした。原因は、「病気になる可能性がある」ということで、新たに「病魔退散」の護摩木を書いてお九字を入れてもらいました。この写真は、上記のお願いごととは、違う内容の護摩木です。刃が入っておりますので、お願いごとが叶うということになります。加持刃がはね返される場合は、願いごとが、撥(は)ね除けられるという意味であり、ご神示で、原因を突き止め、書き直しをし、願い事が叶うようにいたします。真剣加持刀によるご神示は、日本でも山主しか出来ない...明日、命光秘流不動護摩供が厳修されます

  • 霊界施餓鬼一粒萬福法要で願いが叶ったという方のお話

    昨日、霊界施餓鬼一粒萬福法要のお参りに来られた信者様は、ご家族の皆様とても供養に力を入れておられます。ご近所様からの嫌がらせのご相談から、先祖供養が始まりました。四家先祖供養とお彼岸やお盆や祥月命日に故人様の霊界施餓鬼一粒萬福法要をお申し込みくださっております。娘のBさんは、以前より希望していた会社に就職活動をするものの二回ほど、不採用でした。なぜ、人柄も良いし、先祖供養も一生懸命されておるのに、なぜ?と言う思いでしたが、当のBさんは、二回も落ちたのだから「行かないほうが良い」というお不動様のお計らいかも……と、ポジティブな考えで、アルバイトをしながら、次の就職先を探しておりました。祖母様の霊界施餓鬼一粒萬福法要をし、今年は、就職出来るようにお願いをされたそうです。今回は、違う会社にトライして見事、就職が決まり...霊界施餓鬼一粒萬福法要で願いが叶ったという方のお話

  • 季節の恵みをいただく

    お借りしている駐車場に、タケノコやワラビやイタドリが生えています。タケノコは、多いな~と思っても皮をむくとこれだけ?とビックリしますよね。やわらかいヨモギも一杯でした。ヨモギ餅をつきたいです。みんな、運が良ければ、信者様のお口に入ります。春はいいですね。自然の恵みをいただけて!初物食べて長生きしましょう!季節の恵みをいただく

  • なぜ、供養をしているのに、災いがおこるのか?

    ほうけんさんのひとり言悪いことは、良い事の起こる前兆と考える事や信者様の中には、先祖供養をしているのに、「悪い事が起きる」と、文句を言われる信者様が何人かおられます。これは不思議なことでもなんでもないのです。むしろ、喜ばしいことの前触れ。供養をなさっている場合は、過去からの悪い因縁が解消される時に災難という形で「業をはかす」場合があります。その場合は、ご自分たちで対処できる範囲内の出来事で済んでしまいますから。大難は小難、小難は無難いという形で現れます。お不動様が申されるには、全ては、その者の信心の深さによって結果が変わってくると仰られました。例えば、病に倒れる場合にしても人のいる前で倒れるか夜中にひとりで倒れているか偶然、医者や看護師が出くわすかなど様々な条件があります。そして、死ぬか、半身不随になるか言語障...なぜ、供養をしているのに、災いがおこるのか?

  • お金儲けの出来る人は、色情因縁のある人

    山主が言われますのは、お金持ちになれる人には、天性からの能力が備わっているということです。それは世間でいう「色情因縁」というものです。皆さん、色情と言って直ぐに思い浮かべるのは、「すけべ・女好き・男好き・淫乱」となどの言葉ではないでしょうか。この色情因縁がある人は、三つの特徴が見られます。①何をやっても上手にお金を稼ぐことができるのです。これは色情因縁のいい部分で、世間で成功を収める人達はこれに当てはまるのですが、しかし、この色情因縁の悪い部分が出てくると、②色恋ごとに夢中になり、お金を貢ぐ、不倫、風俗などにお金を使ってしまう③賭け事にはまり、お金をつぎ込んでしまう。など、お金を稼ぐことは上手なのですがお金の使い方に問題があるのです。身近にそんな方、見かけませんか。お金持ちや芸能界の人にもこういう人、多いですよ...お金儲けの出来る人は、色情因縁のある人

  • 今日の先祖様は徳をいただきました。

    今日の施主様は、従業員の方でした。初めて供養を受けられる故人様ということもあり、特別供養となり、丁寧にしっかりお経を上げさせていただきました。本日の故人様は、施主様のご主人の祖父様なのですが、ご主人は菩提寺さんの供養で良いと知らん顔。それでは可哀そうなので、生前大事にしてくれたからと、孫のお嫁さんが、自腹でご供養をお申込みくださいました。心からの感謝でする供養でもあり、「盆と正月が一変にきたようじゃ」と故人様も大喜びで本日の霊界施餓鬼一粒萬福法要は、もう一軒おられましたので、お徳を頂かれたということになります。故人様は、「こんなに沢山の(お供え)物をもらっていいんかいの。足の踏み場もないほど、人(霊)であふれかえっているわ!」と、びっくりされていたそうでございます。この世の食べ物は、山主がひと粒ひと粒にお性根入...今日の先祖様は徳をいただきました。

  • 本日、膝のお加持をいたしました。

    「膝の人口関節の手術をする予定」という信者様がご来寺されました。霊界施餓鬼一粒萬福法要が済んだ後に、山主がお加持をして治してあげたいと。山主のお加持は、整体師の方もお済みつきです。ご近所さんや、信者様の間では、評判の腕前で、簡単に瞬間に痛みをとってくださいます。一瞬で膝の痛みは止まったのですが、痛みが再発しないように娘さんにも治し方を伝授いたしましたが、覚えてくれたでしょうか!身体にメスを入れると、もう元どおりにはなりません。怪我や事故の場合は、仕方がないにしても、むやみやたらに身体にメスをいれる行為には、反対です。西洋医学の最大の欠点ですね。合掌本日、膝のお加持をいたしました。

  • 命光阿遮羅明王様からひと言

    本日は、四家先祖供養の信者様が遠方からご相談と四家先祖供養を兼ねてご来寺されました。本日は、祥月命日のご供養がございました。読経も終わろうかという時、貞観の身体中にドーンという衝撃を受けました。頭がくらっとするほどの衝撃でした。なぜ、今頃…。と思った瞬間でした。山主が印を結ばれ、命光遮羅明王様がおさがりになられました。山主の口からは、命光遮羅明王様のお声が「大日大聖命光遮羅明王じゃ!〇〇〇〇(施主様のお名前を呼ばれました)身辺整理をして再出発せよ」という一瞬のお言葉でございました。それは今、悩んでいる問題のお答でした。この瞬間は、山主に意識がなくなり、身体を乗っ取られている状態になるそうでございます。その瞬間の記憶はございません。施主様は、命光阿遮羅明王様のお言葉をお聞きし、決心されたご様子で安心してお帰りにな...命光阿遮羅明王様からひと言

  • 本日、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されました

    本日、11時より命光秘流鳴釜神示祭が厳修されました。四月に入り、桜も満開、うららかな春の日差し・・・とはうらはらな肌寒い、花冷えの中ではございましたが、いつもに比べますとお花見に行かれた方も多かったのか12時過ぎには、すべての神事が終了いたしました。人形神示はご本人の息を吹きかけいただいた人形を鳴釜の上にかざしますと、神様より山主にその人のひと月間の災禍厄難のご神示が下ります。山主がそのご神示をお伝えするとともに難の逃れ方についてご指導いただけます。貞観が祝詞を奏上の中の山主山主、居眠りしているように見えますが、このお姿は入神状態で、神様とコンタクトとっている状態なのです。当山の釜鳴神示祭では、参詣者は修祓の儀とは別に、個々に祓い幣によるお祓い(浄化)を受けることができます。本日は山主が全員がお祓いを終わるや否...本日、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されました

  • 明日は、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されます。

    毎月、第一日曜日は、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されます。一ヵ月間にたまった罪穢れをお祓いする御神事を執り行います。神様のご神託をいただけます皆様、お誘い合わせの上、ご参拝ください。明日は、命光秘流鳴釜神示祭が厳修されます。

  • ご縁で集まって来る?

    早くも4月2日です。3月でお二方が四家先祖供養をおやめになられましたが、新しいお二方が四家先祖供養をお申込みくださいました。お二方とも長い間、ブログをご覧くださってたそうで、今回、四家先祖供養をお申込みくださいました。お一人の方は、違うと都道府県で検索しているにも関わらず和歌山県の命光不動尊寳来寺が検索で出て来られたとか。「不思議です。なんかご縁を感じて…」ということでございました。こういう場合は、ご先祖様からのご縁だと思います。四家先祖供養の各家の姓を拝見しておりますと、四家のうちに同じ姓の家が何回も出てきます。特に佐藤家は、全国的にも多い姓なのでしょね。何軒か、ご供養の中で出て来られる姓です。皆さん、遠い親戚なのでしょうか?合掌ご縁で集まって来る?

  • ご先祖様がお詫びに。

    本日は、31日ですので、三月度の四家先祖供養の最終日という事でございました。本日、供養が始まってすぐに、私(貞観)が眠気に襲われました。欠伸が続けさまに出て、涙を拭くのが忙しいほどでした。供養を始まるまでは、何でもなかったのに、急に眠気が襲ってくるのは、供養の足らない霊が近くに来ている証なのです。ここからのお話は、本日をもって四家先祖供養をおやめになられる施主様のご先祖様(故人様)が山主にお詫びに来られた時のお話の一コマです。「ご縁であっても、約束事であるので仕方がございません。ひと言、施主に言っておいてください。」と、お話くださいました。命光不動尊寳来寺様の山主様を探したのは、私です。難行修行である水行一万日の願をたてられ、成満されたお方なんだ。このことは霊界のものが一番よく分かっている。大変な修行をされたと...ご先祖様がお詫びに。

  • 本日は、百ヵ日法要を執り行いました。

    大阪市内の信者様のご依頼で、舅様の百ヵ日の法要を、霊界施餓鬼一粒萬福法要にて執り行いました。ご供養を始められて直ぐ様山主が、入神状態に入られ、霊界の故人様とコンタクトをとられました。入神状態から覚醒した山主が言われるには、故人様は自分が今、生きているか死んでいるか分からない状態でおられたそうで、すぐさま故人様に目をさます様申しつけ、「今から貴方の供養をする」と伝えたそうです。その旨を施主様にはお話させていただきましたと、故人様は、三年間寝たきり状態で、そのまま老衰でお亡くなりになられたということでございました。施主様が申されるには、葬式からこっち、家の方に菩提寺様のお参りはなく、百ヵ日の法要も行われないということで、当山にご供養をお申込みになられました。施主様は、四家先祖供養や霊界施餓鬼一粒萬福法要もされつつ、...本日は、百ヵ日法要を執り行いました。

  • ある信者様のお話です。奇跡の出逢い

    昨年の12月の中頃に女性の方から「12月31日が父の一周忌なのですが、ご供養していただきますか?」というお電話を頂戴いたしました。私(貞観)は、「大丈夫です。ご供養させていただきます」とお返事いたしますと、「分かりました。また、お電話させていただきます」というようなお返事が返ってきたと思います。その時は、よくある電話の内容でしたので、「きっとまた冷やかしの電話だ」と思っておりました。数日後、お電話があり。「この間電話しました者です。父の供養をお願いいたします」と、四家先祖供養と霊界施餓鬼一粒萬福法要の一年分を振り込んで来られました。そのお方は熊本県在住の女性A様でした。お電話で確認いたしますと、父は生前無償で人助けとしてり、そのためご家族は金銭的にも大変な暮らしをていたと。そして、父は人間的にもとても厳しい方で...ある信者様のお話です。奇跡の出逢い

  • 食べ物の命

    今日たまたま食事中にスーパーのお惣菜の割引について話題になりました。夕方になるとどのスーパーでもお惣菜や生もののパッケージに何割引きかのシールが貼られております。安くして全て売れればよいのですが、売れ残ったものは廃棄処分になってしまいます。まだ十分食べれるのに捨てられるのです。皆さんはその食べものが生きていた時に思いをはせることはおありですか。私たちは別の命を頂いて生かされています食卓に出てきた料理は残さず頂かないと失礼だという事です。料理を残すとゴミになり、捨てられるのです。それは人間として、又生き物として絶対にしてはならないことです。食べられる運命の命は、美味しく食べられて初めて成仏でき、新しく形を変えて生まれ変わることができるのです。食べられる幸せ、食べ物がある幸せに感謝しましょう。合掌食べ物の命

  • 宗教でブログ一位になりました。

    ブログを開設して今日で、3303日お蔭様で、カテゴリ「宗教」で一位になりました。有り難うございます。前回は随分前に一度だけなりました。今回で二回目です。2022-3-25これからも、ご先祖様のお声や神様仏様から教えていただいた有難い御教えやお言葉を皆様にお届けできればと思います。寳顕合掌宗教でブログ一位になりました。

  • 20日は、命光秘流不動護摩供祭が行われました

    この記事は、20日の分です。下書きに入れたままで、今日気づきましたので、投稿しました。20日の日曜日と思って読んでください。本日、11時より命光秘流不動護摩供祭が行われました。今日は昨日とは打って変わり、春らしいうららかな天候となりました。テレビでも桜の開花に関するニュースをよく見かけるようになりました。寺までの道中ではまだ桜の蕾も硬いようで、開花を待ち遠しく思います。今日はお彼岸でもありましたので、朝お墓参りをしてからご来寺いただいた方も多いようでした。また、お彼岸という事で多くの信者さまからご供養のご依頼も受けさせて頂いておりますので、各家のご先祖様もこぞっていらっしゃっておりました。そのため今日の命光秘流不動護摩供はいつもより多くの護摩木を焚かせていただき俱利伽羅龍となられたお不動様が天井が燃えるのではな...20日は、命光秘流不動護摩供祭が行われました

  • 本日、彼岸明けの霊界施餓鬼一粒萬福法要を

    本日は、大阪市内よりご両親の霊界施餓鬼一粒萬福法要でお参りに来られました。また、本日はお参りに参加できませんでしたが、施主様の夢に、祖母様が出てこられて「四家先祖供養の感謝と、霊界施餓鬼一粒萬福法要を楽しみにしている」というお話されたそうでございます。霊界施餓鬼一粒萬福法要で、一度施餓鬼の施しを受けられた故人は、皆様同様にご自分も施餓鬼をする側に回りたいと言われるそうでございます。霊界施餓鬼一粒萬福法要を受けられた故人様は、供養を受けられた瞬間から霊格が上がるのです。また、餓鬼道の霊たちも施しを受けた瞬間から、餓鬼道を抜け出し、霊格がワンランク上がると言われております。南無大師遍照金剛本日、彼岸明けの霊界施餓鬼一粒萬福法要を

  • 本日の彼岸会は、お水を欲しがる故人様たちでした。

    本日の彼岸会も霊界施餓鬼一粒萬福法要で執り行いました。読経も後半に入り、「喉が渇いて…」と、山主が冷たい水を飲みたいとおっしゃられ、「今日のこの故人さんは、水が飲まれなかったので欲しがっている」と、山主が冷たい水を飲みほし、お一人の故人様にお水をお供えしましたところ、「私も私も…お水が欲しい」と言い出しましたので、結局に全員(全故人)にお水をお供えすることになりました。本日ご供養を受けられる故人様は、偶然にも糖尿病の病気の方、腸の病気の方、熱中症の方と生前に水が飲むことが出来なかった故人様ばかりでした。そして、山主がトイレに立たれた時に、お腹がさしこんできて、大便をもよおし、もの凄い量の便が出たそうです。すると、腸の病気でお亡くなりになられた故人様が、「あ~スッキリした!」と喜んでおられたそうでございます。お亡...本日の彼岸会は、お水を欲しがる故人様たちでした。

  • 本日の彼岸会法要

    本日は春分の日です。世間は休日でございますのでお墓参りに行かれたかたも多かったのではないでしょうか。当山では彼岸の入りの18日から24日まで毎日、ご依頼いただいているお彼岸特別法要を執り行わせていただいております。毎年のことですが、ご依頼が多いため1日では到底出来ませんので7日間に分けてせていただいております。本日は彼岸の中日で祝日でもあり、平日は仕事のお弟子さんたちも法要に参加できましたので、莫大な数のお経をあげることができました。当山の施主様は、遠方の方が多く、残念ながらご来寺いただけませんが、山主の感得いたしました秘法秘伝を駆使してご供養させていただきました。当山では読経の合間、合間に、山主が弟子に秘傳の修法をお授けしてくださいます。特に彼岸の期間中である今日のお授けは、弟子にとって非常に意味の深いもので...本日の彼岸会法要

  • 本日は、夕陽にお祈りすると…

    本日は、彼岸の中日です。彼岸の中日は、真西に太陽が沈みます。西は、阿弥陀様の居られるお浄土です。お彼岸の中日は、年に二回しかないありません。貴重なこの日は、晴れていても雲が夕陽にかかっていたり、なかなか、夕陽を拝むこと自体が難しいのですが、この貴重な夕陽に手を合わせてお祈りするとお金が貯まると言われております。今日の橋本市の日の入りは18時9分の予定です。18時には山主をはじめ皆で夕陽に向かって手を合わせたいと思います。皆様も是非、お住まいの地域の日の入り時刻をお調べになって手をお合わせください。本日は、夕陽にお祈りすると…

  • 明日、第三日曜日は、命光秘流不動護摩供が厳修されます。

    テレビやネットでは、毎日、暗いニュースばかり。今年に入り、どうすること出来ない大きな問題ばかりが起こっております。明日、20日は、命光秘流不動護摩供が厳修されます。コロナ終息、戦争終息、各地で起こっている災害の収束を祈念し、人々の心に入り込んでいる恐れ、怒り、悲しみなどのマイナス感情を焼き尽くす大護摩を焚きます。そして、笑顔で過ごせる日が訪れることをお祈りいたします。明日、第三日曜日は、命光秘流不動護摩供が厳修されます。

  • 貧乏は、病気である

    命光阿沙羅明王様のお言葉貧乏(びんぼう)と書いて「ひんぼく」と読みます。この「ひんぼく」は、霊界では、病気と同じであるとされておりますが、この貧乏(ひんぼく)は、現在のお医者様でも治すことはできません。医者の手余りである貧乏(ひんぼく)は、霊界施餓鬼一粒萬福法要で治すことができます。故人様をご供養し、貧乏を治してもられるようにお願いするのですが、どのような病気も治すには、時間も供養代もかかります。合掌貧乏は、病気である

  • 供養は恩返し

    我々は、ご先祖様の生まれ変わり、運よく人間をして生まれてくることができました。前世のやり直しをするためにこの世に生まれたきたのですが、残念ながら、前世の記憶を覚えている人は、特別な一部の人でしょう。「こんな仕事をしたいんじゃない」と思っても、前世からの因縁で今の職業についているようです。高学歴の人ほど、「自分の実力で大成した」と思われて先祖供養に関心を示さない方が多いように見受けられますが、先祖の徳分(陰徳)がないと、人生自分の力だけではどうにもならないのです。ご先祖様に恩返しできてますか。もうすぐ、春のお彼岸です。お墓参りに行き、日頃のご無礼を詫び、感謝いたしましょう合掌供養は恩返し

  • お釈迦様の御教え

    最近、よくあるご相談ごとです。嫌味を言われる、いじめられる、格下扱いの言動を受ける、差別される・・・このような悩みをお持ちの方が非常に多いのですが、みなさん揃ってこの憎い相手をなんとかして貶めたい、不慮の事故で怪我させてほしい、挙句の果てには命を奪って欲しい。。。などと聞いてるこちらのほうがぞっとするようなことを言われます。このブログでも度々書いておりますが、お釈迦様の慈悲の瞑想の中に「私が嫌いな人々も幸せであるように」「私を嫌っている人々も幸せであるように」という教えがございます。2500年前のお釈迦様の教えが現代でも変わりなく尊く有り難い教えであることは皆さん、よくご存知だとおもいますがこれこそ、本当の真理なのだと思います。ご自分の出来る範囲で結構です。あなたの閉ざされた心の扉を少しずつ開いていただき、あな...お釈迦様の御教え

  • 究極の開運法

    究極の開運法は、各家の大玄霊とよばれる大先祖様の神様と繋がることである。子孫の我々が遠いご先祖様とコラボすることに尽きる。ご先祖様と我々は、常に持ちつ持たれつの関係であり、ご先祖様への供養(陰徳積み)が十分できれば大先祖様のお導きで家門繁栄、お仕事に成功へと繋がるのです。しかし、一般の供養や信心では、大先祖様にたどり着くには何十年、2代3代という月日がかかります。子、孫子の代まで供養をし続けられるかと言うとそのようなことは難しいかもしれませんし、何より現世で問題を解決したいと思われている方には間に合いません。当山の山主が長年の「滝行」と「火禊ぎ(ひそぎ)」で感得した秘法秘伝を駆使し、大玄霊様と繋がりができるようにお導きさせていただいております。当山では、毎月の秘法の供養法をされている方で、遅い方でも5年ほどで、...究極の開運法

  • どちらも大事。

    目に見える世界と、目に見えない世界、どちらも大事である。目に見える世界のみを信じ、偏って生きている人の中には、現実に振り回され、物質にこだわり、一喜一憂している。目に見えない世界を大事にする人は、神仏に対しても、謙虚さと常に感謝の心を忘れない。希望や成功の夢は目には見えないし。形もない。それを信じるには勇気がいる。例えば、成功した会社の社長は目に見えないものを、信じ成功した人の多い事を、わたくしは多く見て来た。神仏は目に見えないけれど、心の目を開けば自然と見えてくる、己が、魂磨きの「行」しか無い。わたくしは、滝修行の前行として行場の掃除を心掛け、千日ほど経った時。突然、感応した。日々の掃除は、自分の「こころ」の為であったと悟らせて頂いた。あのときの感動は一生涯忘れる事は無いと思う。合掌どちらも大事。

  • 喜びは分かち合うもの

    人と分かち合う喜びを知ってる人は幸せになれます。お釈迦様もこのように説かれてますが、こんな昔話があります。むかしむかし、お腹をものすごく空かした旅人が、ある村を通りかかったときのことです。そこにお金持ちそうな裕福な大邸宅がありました。彼は、その門前にたって、「私は何日も物を食べてないんです。少しでもいいので何か口に出来るものを分けてもらえないですか」と頼みました。ところが、「お前に分けるものなんかない」と追い払われてしまいました。次に、彼はとても貧しそうな家を訪ねて同じようにお願いしました。すると、貧しい家の人達は、快く彼を迎え入れて食料を分け与え、一晩とめてあげました。実はこの旅人は旅の途中の神様でした。神様はのちに裕福な家の人たちに病気を与え、貧しい家の人達に富を与えたそうです。この、昔話がなにを伝えたいか...喜びは分かち合うもの

    地域タグ:橋本市

ブログリーダー」を活用して、 命光不動尊のブログさんをフォローしませんか?

ハンドル名
 命光不動尊のブログさん
ブログタイトル
 命光不動尊のブログ
フォロー
 命光不動尊のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用