searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

lizさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

山登り、旅行、ヨガ、洋物ミステリー、フィギュアスケート観戦

ブログタイトル
つれづれなるままに
ブログURL
http://felizesorte.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
人生の折り返し点を過ぎました。山登りや旅行の思い出、読書記録など。
更新頻度(1年)

2回 / 365日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2015/06/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、lizさんの読者になりませんか?

ハンドル名
lizさん
ブログタイトル
つれづれなるままに
更新頻度
2回 / 365日(平均0.0回/週)
読者になる
つれづれなるままに

lizさんの新着記事

1件〜30件

  • 『闇という名の娘』ラグナル・ヨナソン

    64歳の女性警部フルダは、ある日、上司から呼びつけられ、2週間の猶予ののちに早期退職を勧告される。後任の優秀な若手に部屋も担当事件も割り与えたという。予定外の宣告を受け、狼狽るフルダだが、辞職までの2週間の間に未解決事件の最後に捜査に着手することを選ぶ。若いロシア人難民女性エレーナがアイスランド在留許可がおりることが決まっていたのに、自殺と片付けられた不審死事件だった。フルダの私生活も、夫に先立たれた...

  • 『ザ・プロフェッサー』

    証拠論の権威で、アラバマ大学ロー・スクールの教授トムが教え子である弁護士に裏切られ、教職を追われる立場に。妻を失い、癌の宣告を受け絶望の淵にあるとき、かつての恋人であったルース・アンから愛する家族を不慮の事故で失った事件の法律助言を求められる。トムは、教え子のリックに事件を託し、重大な局面で自らも法廷に立つ決意をすることに。 正義は勝つ。スカッとする読後感。ただ、被告側が講じる卑劣な証人潰しの手...

  • 初めてのジャパン・オープン♪

    10月1日にさいたまスーパーアリーナで行われるジャパン・オープンのチケットをゲットしました。初めてのジャパン・オープン!生で昌磨くんとさっとんが見られる~今から楽しみです~!...

  • 『記者魂』(ブルース・ダシルヴァ著)読了

    『記者魂』(ブルース・ダシルヴァ著)読了いやぁ~、面白かった!記者魂 ((ハヤカワ・ミステリ1849))ブルース・ダシルヴァ 青木 千鶴 早川書房 2011-07-08売り上げランキング : 710454Amazonで詳しく見る by G-Tools生まれ育った町で起きた連続放火事件を追いかけるようと奮闘する新聞記者マリガン。不釣り合いで魅力的なガールフレンド、ヴェロニカ、ボスからは面倒見るように社主の御曹司を預けられる。マリガンを尊敬し、...

  • 特捜部Q『吊るされた少女』読了

    特捜部Q『吊るされた少女』(ユッシ・エーズラ・オールスン著) 読了特捜部Q―吊された少女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)ユッシ エーズラ・オールスン Jussi Adler‐Olsen 早川書房 2015-11-06売り上げランキング : 138558Amazonで詳しく見る by G-Toolsカール率いる特捜部Qに相談を持ちかけた警部が引退式典の席上で拳銃自殺を図るという衝撃的な導入で始まるシリーズ第6作カール、アサド、ローセの鉄壁チームの丁々発止のや...

  • 『緑衣の女』(アーナルデュル・インドリダソン著)読了

    ブログを作っては見たものの、記事にアップするような本には巡り合わず、ほぼ1年も放置していました。読む本に困ると、翻訳ミステリーベストテンにノミネートされた作品群から選んだりします。それも最新のベストテンは人気があるので過去数年経過した掘り出し物を探して。今回は2005年の英国推理作家協会賞ゴールドダガー賞受賞作のこの作品。緑衣の女アーナルデュル・インドリダソン 柳沢 由実子 東京創元社 2013-07-11売り上げ...

  • 『その女アレックス』

    性懲りもなく“特捜部Qシリーズ”を読んでいたら、図書館で予約していた『その女アレックス』の順番がついにまわってきました。2015のミステリー賞を総なめにして話題をさらった人気本。その女アレックス (文春文庫)ピエール ルメートル 橘 明美 文藝春秋 2014-09-02売り上げランキング : 600Amazonで詳しく見る by G-Tools主人公アレックスがウィッグを品定めする冒頭から、ひとたび読み始めたら本を置くことができなくなるスピー...

カテゴリー一覧
商用