searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

いのたさんのプロフィール

住所
宇部市
出身
宇部市

自由文未設定

ブログタイトル
Photographic exhibition
ブログURL
http://variousphoto.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
風景や花を中心とした写真をアップしていきます。お暇なときには、是非ご覧ください。たまには気に入ってもらえる記事があるかもです。
更新頻度(1年)

58回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2015/06/19

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、いのたさんをフォローしませんか?

ハンドル名
いのたさん
ブログタイトル
Photographic exhibition
更新頻度
58回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
Photographic exhibition

いのたさんの新着記事

1件〜30件

  • またバラを撮りに行ったときのスナップ

    大きな花が沢山咲いているのは手入れが行き届いているからでしょうね。今回はどこに行ったかというと…広い道路が沢山あるところ。こんなスペースも流れる水の壁もあったりします。中には腰を据えてバラを撮る人もいます。ここの場所のヒントはこんな感じわかるかなぁうん、ここは空港ですね!最近リアルが忙しすぎて土日もハードで体が悲鳴を上げています。時間を作って写真を撮りに行きたいけど、なかなか思うようにいかない今日...

  • バラの花のその一

    バラの花の写真を撮影に行くとなんと人が多いこと! 見る人の邪魔になるのでスナップしか撮れません。あぁ、出物の中の一人なんですね、自分自身が。虫も活発に蜜を吸っています。思った以上にバラは種類が多いのでびっくりしました。このバラはまるで…。さて、何の花のようだと思ったでしょう^^;...

  • コントラスト

    ある日の公園にて...

  • あなた、トンボ食べるんですか?

    西日が差す菖蒲園の片隅にてアオサギさん、何狙ってるんですか?それ、魚じゃありませんよ??トンボ食べるんかいぃぃぃ!!ん?こっちも怪しい動きアオサギさん、花っておいしいんですか?足元から3カメがチャンスシーンを狙っていますよ…。ちなみに左奥のカメは超大物ですね。アオサギさんのボディくらいは楽にありそうです。...

  • 1カメ~3カメまで撮影

    カメラ目線をください1カメ準備は…2カメはスルーされています3カメ寄りすぎですそして気づくと7カメに囲まれていました。餌ももらえないのに人懐っこい亀たちに囲まれた菖蒲園の池の出来事。...

  • この花たちの季節が来ました

    久しぶりに時間ができたので少し写真を撮りに行ってきました。まず1枚目一種類以外は、まだちらりほらりと見える感じでした。2枚目こちらは、まだまだこれからという感じです。3枚目梅雨入りしたにしてはまだ全体的には2分咲きといった感じです。また時間を見つけては撮影してアップしようと思います。...

  • 写真の加工を少しだけしてみた

    基本、カメラの性能に頼って撮影後の写真はほとんど加工なし(縮小と鮮鋭化とロゴ入れ)でアップしてきたけど巷ではHDRも市民権を得てきたところで、自分的には普通にレイヤーによる単純な合成加工をしてみた。単純に絞りを変えた写真を2枚撮影してレイヤーとして合成しただけ。所要時間5分。合成の他には縮小とロゴ入れ以外は何も加工していないけど、少しは見栄えが良くなったかな?合成後の写真しばらく前にアップした写真おぉ...

  • 電球色にて工場の夜景を撮影

    借りたカメラで設定の変更が面倒だったのでそのまま撮影。電球色などで撮影すると空が青く映ります。星を青空のような背景色で撮りたいときにたまに使いますが、夜景でもなかなか面白い感じが出ますね。最近毎日忙しくてなかなか撮影に行けません。梅雨入りもしたので、過去の写真でしばらくしのごうかな。...

  • 過去の藤の花

    今年はきれいな藤の花の写真が撮れなかったのでやや古いのですが数年前の写真を。その場で借りた古いデジタル一眼レフカメラで手持ち撮影したものです。まさかこの風景がその後何年も見られなくなるとは思いませんでした…。...

  • 仁保川のこいのぼり

    今年は残念なことに山口県防府市小野地区の佐波川で泳ぐこいのぼりは中止になりました。しかし、仁保川のこいのぼりはしっかり天に向かい泳いでいました。先日の記事で書いたように、仁保(一貫野)の藤はこんな感じです。数年前はこれでもかって感じで咲いていて、撮影場所がないくらいだったのですが、年々花の付きが悪くなってきて残念です。...

  • 天使の階段

    いわゆる薄明光線のことですね。一般には光芒とも呼ばれていますが、光芒はどちらかといえば太陽光柱や月柱、光柱のような一筋の光を表す言葉として使われることが多いようです。他には「ヤコブの梯子」「天使の梯子(はしご)」「」「ゴッドレイ」「レンブラント光線」などとも呼ばれます。自分的には右下に長く伸びる光の筋は「天使の階段」が一番似合うと思います。...

  • 山口県山口市 瑠璃光寺

    仁保(一貫野)の藤の花を取りに行きましたが、昨年よりひどく、ほとんど花がついておらず撮影断念。帰りにカワセミを取りに瑠璃光寺に行きましたがこちらも現れず。待ち時間を使って瑠璃光寺を撮影しました。池に映る五重の塔池側からの五重の塔アップ...

  • 宇部市のシン・エヴァンゲリオンのアンテナショップに行ってみた

    190号線道路際に無料駐車場があるのでそこに車を止めて道路を渡る旧井筒屋一階にあるスマイルマーケット店内で展示とアイテムショップがある宇部市常磐公園の公開パネル展は終わってしまったのでこちらでしかお目にかかれないものもあるらしいまず登場人物のほぼ等身大パネル宇部線を走っていた電車の写真庵野先輩の年表と作品紹介山口ゆかりの地の紹介とロケハンの様子TBSテレビ マツコの知らない世界でも紹介された「宇部ラー...

  • シン・エヴァンゲリオン劇場版の聖地周辺とルートなど

    今日は宇部新川駅周辺の写真と、ポスターに使われた写真スポットまでのルートの紹介。宇部新川駅周辺の写真駅構内唯一のお店バスターミナル側からの駅ロータリーの内側の様子(ハトは1mまで近づいても逃げません)バスターミナル(宇部市営バス) 時刻表車で来たときは駅横の駐車場への入り方ロータリーと駐車場は一方通行なので気を付けましょう駅から撮影スポットまでのルート無茶苦茶近いので歩きましょう現場から撮影した様子...

  • シン・エヴァンゲリオン劇場版の聖地?

    予告の通り、宇部市の東新川駅を紹介します。この写真の奥に見える電車の右手前がポスターの場所です。先日に続いて再起用撮影は、駅から出て2分ほど歩いたところから可能です。ポスターと同じ構図がいいなら、立ったまま標準で撮影してトリミングかな?駅構内の階段です登場したのはどっちの階段かな?宇部線の車両は「クモハ105-13」です。写真では、たくさんの列車が写っているので本数が多そうですが、それは昔の話。時刻表を...

  • 線路のポイント

    線路の写真を撮ってみたん?どこかで見たことがあるあぁ、あれだあれ?ちょっと違ううんこれこれ数回にわたり、シン・エヴァンゲリオン劇場版に登場する宇部新川駅周辺について記事をアップする予定です...

  • 朝のくぐり岩(順光)

    早朝に干潮を迎えた晴天の日再び山陽小野田市のくぐり岩を訪れる水平線に近づくほどに薄靄が濃くなるのはいつもの瀬戸内の特徴長い年月を経ても変わらぬ風景になぜか安らぎを覚える...

  • 海辺にて

    海辺の花は満開この子達も口を開けて主達の足を待ち続けているでもきっと主は永遠に現れないそんな海辺の寂しい風景...

  • キミだぁれ?

    あやしい!キミは何者?鳥の襲撃から辛くも逃れたタテハチョウ難を逃れてひと休み翅のカケが痛々しいキミの命をかけた日々の出来事そして命が明日につながるキミが主人公のドラマの一コマ...

  • 命のびのび

    コケの上に重なる落ち葉隙間を縫うように競って天に向かい長く伸びる命奥で伸びる一本の茎に数で負けじと意地を張るかのようだ...

  • 生命果てることなく

    木の一部が朽ちてできた穴樹洞(じゅとう)そんな場所からも生命はつながれる...

  • 海辺の工場と月

    車で一走り眠らない工場は三日月との相性がいい疲れた夜でも30分ほどは趣味に...

  • 斜光の林・倒木のある風景

    斜光の林倒木のある風景...

  • ふたり(組写真)

    山陽小野田市 焼野海岸にて...

  • 岩穴からの風景

    穴の向こうにも穴これもまた面白いかな潮の満ち引きと天気 お日様具合 日程が合わず次の撮影もままならない自然の采配には勝てませんね...

  • だいだいとまいまい

    だいだいとまいまいイントネーションが同じで語感もにてるまぁるいのもね廃屋の向かいにたった1つだけなっていただいだい翌年の花が咲く頃にやっと食べ頃になるから「代々」続くと縁起が良いのでだいだい廃屋の側の枝で雨を待ちつつ休んでいたまいまいつむじのことを「まぇまぇ」と呼んだことが由来渦巻きののことを「巻き巻き」と呼ぶことが由来説は複数あれど渦巻き状の呼び名が由来は同じ似た語感でもまったく違うのも面白い...

  • 流木と海

    浜や波間には多くのものが流れ着く自然とともに朽ちた植物や文明の残差丸太でさえ人の手が入ったものだ木々や海藻ばかりがある風景はなぜかほっとして心が落ち着くそんな風景はめったに見られなくなり少し悲しい...

  • 逆行のくぐり岩

    山陽小野田市のくぐり岩です干潮前後2時間程度しか徒歩で行けない場所です午後の逆行を狙ってみました浸食と日差し、ダブルの自然の面白さを表現してみました...

  • 穴のある風景

    海岸には長い年月の浸食を経て作られる面白い「形」があるあと何年「形」が保てるだろう地球の歴史の中では一瞬の出来事それでも「人」にとっては長い長い年月だ...

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

Photographic exhibition

風景や花を中心とした写真をアップしていきます。お暇なときには、是非ご覧ください。たまには気に入ってもらえる記事があるかもです。

フォロー