プロフィールPROFILE

居合道瓦版さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
居合道瓦版
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tinsinnkai11
ブログ紹介文
田布施町スポーツセンター(鎮心会)
更新頻度(1年)

36回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2015/06/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、居合道瓦版さんの読者になりませんか?

ハンドル名
居合道瓦版さん
ブログタイトル
居合道瓦版
更新頻度
36回 / 365日(平均0.7回/週)
読者になる
居合道瓦版

居合道瓦版さんの新着記事

1件〜30件

  • 大阪居合道大会とそれから

    正月気分の残る1月12日大阪のエディオンアリーナに於いて全国の1,100人の剣士が集い居合道大会が行われた。開会式、各種形の公開演武に続き、段外、七段の個人演武、トーナメント戦とプログラムは進行!日頃会う事の出来ないFBフレンドとの久し振りの触れ合い(写真を取り損ね残念な場面多々)、年始のご挨拶、、と賑々しい大会の中で、今年も素晴らしい先生方や選手たちの演武の数々に目の保養も出来、大満足の一日であった。そして大阪大会後の週!仲間達は次の目標に向け稽古!小学生や始めたばかりの幼稚園生も審査に臨む剣友、仲間達もそしてインフルエンザ後頑張った孫に負けない様に自分も!今日から稽古!大阪居合道大会とそれから

  • 劒神社初抜き

    令和二年一月二日山形県の居合神社の御分霊を祀る劒神社に於いて奉納演武が行われた。この神社は嘗て源義経が弓矢を太閤秀吉が太鼓を奉納したという由緒ある神社、本日参加出来なかった仲間の分までと皆が参集!!先ず祝詞、刀のお祓い師匠と門弟代表の玉串奉奠など神事が執り行われた後、師匠の挨拶に続き、記念撮影、演武の奉納が順次続いた。奉納の後は宮司様よりのおぜんざいのお接待。令和二年は順調にスタート!劒神社初抜き

  • 納め

    令和元年の稽古納めは今年も一年の成果を撮影インフルエンザ他参加出来なかった仲間の分まで演武!終了後、仕事他で撮影出来なかった仲間の分まで大掃除そして最後に忘年会!!此方もインフルエンザや仕事他で来られなかった仲間の分まで乾杯!今年一年有難うございました。納め

  • 12月居合道定例稽古会

    12月14日(土)居合道定例稽古会が県中部のトクヤマ文化体育館に於いて行われた。初めに剣道形の錬成、T八段による「五行の構え」の解説と実践、その後三班に分かれ6~7段をM八段が、4~5段をT八段が、3段以下をS八段が指導され最後に全員で一斉に制定居合を抜き、令和最後の居合道定例稽古会が無事終了した。令和2年の最初の稽古会は西部地区で開催の予定。仕事や、習い事等、定例には参加出来なかったが、出席の叶わなかった仲間達も各地で新年を待つ!12月居合道定例稽古会

  • 演武

    12月に入り1日の武道祭の小中学生演武の号令係に続き、2つの演武を行う事となった。6日(金)生協の組合員のご縁、田布施の会場という事もあり、「キラキラフェスタ」というイベントに居合の演武を依頼されたが、平日の事でもあり参加できる仲間で演武を!ところが1名欠席の為、司会参加の自分も演武に駆り出され、1か月アキレス腱炎で正座出来なかった不安を乗り越え何とか参加。はじめに河〇二段、廣〇二段が刀礼から二組目片〇二段、兼〇四段三組目篠〇五段、大〇錬士六段四組目山〇七段と自分が最後は師匠舞台が狭いため除けて頂き皆さんと同じ高さで演武するのもまた、違つた経験となった。居合を知ってもらえば!それから日曜の8日、日積ふるさとまつりに剣友の山〇先生にお誘いを受け演武令和元年師走、今年も残り僅か。前半肺炎、交通事故と余り稽古出来なか...演武

  • 第10回武道祭

    令和元年12月1日(日)10時~維新百年記念公園維新大晃アリーナ武道館に於いて武道祭が開催され、剣道連盟から県内の小中学生11名が居合道の演武に臨んだ。この祭典は県内の相撲連盟、剣道連盟、古武道連盟、空手道連盟、合気道連盟、少林寺拳法連盟、薙刀連盟、銃剣道連盟、柔道連盟、弓道連盟の10団体が青少年の健全な育成に貢献することを目的に設立した武道振興協議会により開催されるもので、今年はプログラム2番というが8時過ぎから早く来た子供達とリハーサル!その後太鼓の合図で全員が本番に臨む。子どもパワー!本番は見違えるほど決まっていて流石に素晴らしい。解説のS八段、理事で登壇者のM八段も暖かい眼差し!閉会式の後兄弟達も一緒にパチリ!その後昼食を挟み今回は10周年を記念し山口県出身のアテネ五輪柔道金メダリスト(旧姓阿武教子)園...第10回武道祭

  • 第44回周南地区居合道講習会

    令和元年11月24日(日)第44回周南地区居合道講習会が新南陽体育センターで行われた。この会は講習会、居合道大会、級審査と一日に盛沢山の日程が組まれているがその中に本年は第10回武道祭のリハーサルも組み込まれており武道祭に参加する県内の子供達も一部参集したのでいつもより華やぐ!その後子供達の班、低段をT八段、中段をS八段、高段をM八段の4班に分かれ講習が行われ午後からは講習後、少年の部、段外の部、七段の部の演武が行われ、その後初段~六段までの試合、級審査、表彰式と諸所の行事は無事終了した。第44回周南地区居合道講習会

  • 第31回福山市長杯居合道選手権大会

    11月17日(日)令和元年、県外最後の試合福山市長杯居合道選手権大会が広島県福山市のローズアリーナで行われた。開会式に続き全日本剣道連盟杖道委員長黒〇範士八段、本〇教士八段による杖道の公開演武が行われ始めに少年の部、七段演武、そして各連盟対抗試合の後、個人戦が行われ、我が会の授賞者として福田桃伽二段、福田惇介三段が兄弟優勝を飾り、六段の吉永哲夫選手が三位入賞となった。本大会では未来有る若い力と触れ合えた事、またFBフレンドとの再会を果たせた事はこの上ない慶びとして我がページに!最後に八段の先生方の模範演武、表彰、閉会式に続き恙無く大会は終了した。話は変わるこのブログ執筆中侍ジャパン優勝の報!万歳!三振で終了!世界一!野球も居合も素晴らしい!第31回福山市長杯居合道選手権大会

  • 武道と国際交流の祭典

    体育の日の今日、柳井市武道館に於いて武道と国際交流の祭典の二日目、居合道の演武体験のコーナーを設けて戴き鎮心会会員の一部が演武等を行った。初めに基本稽古と全日本剣道連盟居合12本を抜き稽古風景を披露させて頂き来週全日本居合道大会の県代表となった我が会の七段代表、六段代表の二名が最初と最後に演武二組目は小学4年と3年の二名次に二段二名(うち一名高校生)、四段の三名その次の組が六段三名そして七段三名が夢想神伝流の居合を演武最後に師匠が古流を披露13:00~14:00の一時間ではあったが新聞を斬って戴いたり、刀を振る体験をして頂いたりと会員の皆さんの協力で、来られた方に楽しんで頂く事が出来た。ただ、国際交流という程他の国の方は来られず、通訳の目的で来てくれた長女の出番は一度しか無かった。我が会のコーナー終了後子供たち...武道と国際交流の祭典

  • 10月居合道定例稽古会

    10月12日(土)大型で非常に強い台風19号が関東に迫る中、当地では居合道の定例稽古会が柳井市武道館で行われた。全日本居合道大会(高知)まで丁度一週間!初めに今まで稽古してきた成果を本日参加している正、副の選手の皆さんが演武!、その後選手組をT八段、審査組をK八段、六、七段をM八段、それ以下をS八段が担当され各組それぞれ指導を受け、最後に代表選手がもう一度演武披露し、全員で抜き13:00~16:00まで充実した稽古会が終了した。幸いにも台風の範囲に無いので本日の稽古会が開催出来たが、直撃の地域の皆さんに何事もない事を心から願う!10月居合道定例稽古会

  • 後の月

    今夜は十三夜!「十三夜に曇りなし」というが、今までにない程の大型台風の影響か、今宵の栗名月は雲の中から時々その陰を見せてくれるだけ、十五夜の月を見たからには十三夜を見ないでは「片見月」で縁起が悪いので空を見上げる!但し今宵も居合の稽古の後で!最近子供たちは武道祭を目指し熱心である。そして勿論大人も!月と言えば最近月の土地が販売されているという話を聞いた。1エーカー当たり20米ドルなのだそうだが、伝統文化を次世代へと願う我々にとり「後の月」や「十五夜」を愛でる明日が続いていって欲しいと月を見上げる。後の月

  • 劒神社秋祭り奉納演武

    10月6日(日)防府市の劒神社の秋祭りに於いて奉納演武が行われた。師匠及び門弟代表の玉串奉奠等の神事の後記念撮影、挨拶に続き低段の皆さんより演武が奉納された。最後に師匠の模範演武が行われ、全てが滞りなく終了した。義経が弓矢を奉納、太閤秀吉が願掛け後太鼓を寄進したと聞くが、本日は境内に勇壮な和太鼓が響いていた。その後宮司様のお母様よりお抹茶のお接待が有り清々しい気分で神社を後にした。劒神社秋祭り奉納演武

  • 未完の名月

    暦の上では秋だというのに連日の猛暑で体調を崩す会員が多々出る中、今週も会員各位は稽古に励む。今宵は中秋の名月。怪我や用事などで揃わなかった居合キツズ達も久々に並んで稽古。月の下にて稽古。だけど満月に少し足りない今宵の月は未完の名月である。この月は甚大な被害を受けた千葉の皆さんをも照らしているのだろう。今も闇の中で過酷な生活を余儀なくされていらっしゃる方々を思うと心が痛む。世のなかは空しきものとあらむとぞこの照る月は満ち欠けしける古の歌人の詠んだ歌が心に響く、今年一番小さいという未完の名月に包まれ、明日は満月!未完の名月

  • 武蔵の里稽古会ー戦気

    岡山の武蔵顕彰武道館での稽古に参加した。玄関の武蔵揮毫の「戦気」の文字が我々を迎えてくれる。この戦気という言葉は戦いへの意気込みや心境を意味する武蔵の造語であるという。武蔵の心に少しでも触れられればと武蔵の生家や墓、神社等剣友達と巡ってみたが成果は如何に?兎も角急な発熱で今回参加出来なかった仲間の分まで真剣に取り組む、稽古は審査組、全日本選手組、受講組、学生組の4班に分かれ指導を受けた。先の伝達講習を先取りで教えて頂く。稽古の後は範士の先生の貴重なお話を伺え感動!仲間との歓談!八段の先生方が交互に指導され午後からは五段以下の試合、我々七段は審判の勉強もさせていただき充実した稽古会は無事終了した、また次回!武蔵の里稽古会ー戦気

  • 秋の気配

    猛暑、台風、記録的豪雨と様々な自然の驚異を残して八月が終わる。稽古すると暑いとはいえお盆を過ぎると少し凌ぎやすくなった。本日はまた基本に立ち戻り、袈裟斬り、血振りの角度の稽古。師匠が若い頃工夫していた方法をご指南!窓の外に風が流れていく、間もなく刻露清秀爽やかな秋が来る!秋の気配

  • 八月居合道定例稽古会

    盆明けとはいえ、お盆の気分の抜けない8月17日(土)13:00~宇部市武道館にて居合道定例稽古会が行われた。台風後の猛暑の中、本日はクーラーを入れていただき有り難い。初めに剣道形の稽古が30分その後、三班に分かれ指導を受けた。第一の班は全日本強化組を高〇八段が指導され、二班の六、七段は柴〇八段が紙本範士の記録を基に古流を指導五段以下を森〇八段が基本中心に指導された。最後に全員で総仕上げの制定居合を抜き三々五々解散した。八月居合道定例稽古会

  • 猛暑の中

    今年も防府天満宮御誕辰祭奉納演武そして五段以下の審査が滞りなく終了し新しい週が始まった。竹〇先生の七段昇段の合格証書が届いたので、お盆前で皆揃わないが表彰式が行われた。その後嬉しい記念写真!猛暑の中後に続けと皆稽古に励む!猛暑の中

  • 御誕辰祭

    8月4日(日)御誕辰祭奉納演武が防府天満宮春風楼にて行われた。時間の関係上選ばれた演武者はお祓いを受け演武を奉納!しかし本日は師匠が五段以下の審査に赴くため途中退席する為順番が前後したが無事終了したと後連絡が入る。春風楼の風は優しい"御誕辰祭

  • 納涼会

    師匠の快気祝い、仲間の昇段、若い仲間の歓迎、全日本選手選抜等を肴に夏の一夜、杯を酌み交わす!世代も職業も違う剣友達!居合の道を共に歩む仲間の宴は盛り上がる「牛は牛連れ馬は馬連れ」皆で助け合い一歩づつ歩む!居合の道を歩む!本日職場の宴他が重なり参加出来なかった仲間達とまた!納涼会

  • 自彊不息

    孫が山口県の剣道県大会に出場したので応援する為岩国へ向かった。県内各地から続々剣士たちが集まる。相手は体格も技も上回る3年生!始まって直ぐ面を打って出たの迄は良かったが、1年生、それも早生まれの小柄な孫は圧力に跳ね返され、場外へ!動きがぎこちない、後で先輩に「Sちゃんは始まる前からビビッていたと笑われた.」本人曰く「すごい力で怖かつた!」怖さも何時か克服できる時が来るのだろうか?斯くして孫の初県大会は大きな経験とこの場を踏む事が出来た感謝で終わる!先日、全日本居合道大会の予選会があった。選手に選ばれた仲間、惜しくも選に漏れた仲間。それぞれに思うところもあろう。一週間前、何時も控えの選手だった真ん中の孫が初めて運動会リレーの正選手に選ばれたと喜んで帰ってきた。どんなに具合が悪くても陸上クラブを休まず頑張っていた。...自彊不息

  • 思い出!徳島西日本講習会

    7月5日(金)居合道六、七段審査が徳島のトモニアリーナで行われた。合格した剣友応援の仲間の笑顔は眩しかった。7月6日~7日西日本講習会(徳島)先生方、剣友の皆さんとの絆も思い出に!夜は阿波踊り!皆で踊って全員の中からたった5名の入賞者の3名が居合道人、うち2名が山口県の仲間、思い出は厚くなる最終日の古流の演武!新七段の仲間の演武は嬉しいあれから数か月、皆それぞれ次の目標に向かいスタート!思い出!徳島西日本講習会

  • 7月居合道定例稽古会

    7月13日(土)トクヤマ文化体育館に於いて7月の居合道定例稽古会行われた。初めに全員で制定居合を抜き、その後高〇八段による七本目三方切り、十本目四方切りの足運びの確認が行われた次に七段と六段以下を二組に分け、七段が審判を、六段以下が試合形式で、河〇範士が総括、森〇八段、高〇八段、柴〇八段が審判法を指導された。中には技間違い、負傷者の場合の対応の為、演技の選手も登場し、新七段を中心に旗の挙げ方、角度、退場などの指導が成された。最後に10月の高知で行われる全国大会に向け第二次全日本選手候補選考が行われ、無事今月の定例稽古は終了した。7月居合道定例稽古会

  • 宇部市居合道講習会

    6月15、16日宇部市武道館に於いて、宇部地区講習会が行われた。当講習会は夢想神伝流を主に錬成されるもので、試し切りが行われる事も特徴である。一日目、二日目共に、森〇八段、高〇八段、柴〇八段が講師として班別に指導され、我々七段が助講師として開始された。自分は今年は午後から級審査に臨む皆さんの担当となり、合格された皆さんの笑顔のご褒美を戴く。また今年も講習前、小倉居合道委員の考案された「雲竜」を森〇八段の指導で行い、その後班別に分かれ講習が成された。昼食を挟み、7月徳島審査に挑戦する皆さんのリハーサル、それに関する八段の先生方のアドバイスを拝見その後、夢想神伝流の解説及び県の統一見解の確認が行われた二日目は無段の班以外は森〇八段、柴〇八段による古流の錬成。受審者及び全日本選手候補者を高〇八段が担当され指導された。...宇部市居合道講習会

  • 一味同心

    令和も三週間と少しが過ぎた。剣道祭、居合道大会も済み、我が鎮心会の子供も大人も新たな目標に向かい一味同心して稽古に臨んでいる。自分は心から応援!!一味同心

  • 平生まち、むらセンターまつり

    5月19日(日)12:00~令和初のまちむらセンター祭りに於いて我が鎮心会の子供会員を中心に居合の演武が行われた。部活や塾、陸上クラブ等参加の子供達は前日、数か月ぶりに揃い、打ち合わせ!リハーサル。そして当日午前10:00~11:00より平生武道館に集合して最終稽古の上本番に臨んだが本番は見違えるように演武!稽古不足も少し稽古すれば一歩でも良くなるからやはり「継続は力なり」で続けてほしい。演武後ケーブルテレビのインタビュー!数日後放映されると告げられた。処で「継続は力なり」と我々は何時も使っているのだが、実は浄土宗の宗教家住岡夜晃の「讃嘆の詩」の一部なのだと最近知る。青年よ強くなれ牛のごとく、象のごとく強くなれ真に強いとは、一生を生き抜くことである性格の弱さ悲しむなかれ性格の強さ必ずしも誇るに足らず「念願は人格...平生まち、むらセンターまつり

  • 五月居合道定例稽古会

    5月18日(土)13:00~柳井武道館で居合道定例稽古会が行われた。本日は全日本強化選手組を河〇範士が審査組を高〇八段がその他を森〇八段が指導された。令和初の居合道定例稽古会(本日は県の東部地区)それぞれの目標に向かって始動開始!!五月居合道定例稽古会

  • 山口県剣道祭

    5月12日(日)山口市維新百年記念公園維新大晃アリーナに於いて山口県剣道祭が開催された。同時に剣道大会、杖道演武大会及び県居合道大会も行われ、開会式では各公開演武が行われ、居合道大会では、少年の部、低段、高段の部に分かれての白熱した試合が行われ、七段演武、八段の先生方の模範演武と終日盛大に修練の成果を目の当たりにすることが出来た。ただ残念な事に当会の居合キツズはそれぞれの事情で二名不参加となった。そんな中一人参加した小三の〇君が、中学生と六年生のお兄さんお姉さんに混じり健闘し良い経験となった。各部優勝,準優勝の表彰は当会より七段優秀演武賞二名、高段の部優勝、少年の部準優勝とそれぞれの力を発揮し表彰式の後全ての次第が終了した。山口県剣道祭

  • 春季居合道講習会

    4月27日(土)平成から令和に代わる大型連休初日。防府市スポーツセンター武道館に於いて山口県剣道連盟の春季居合道講習会が行われた。先ず河〇俊彦範士八段の挨拶に続き森〇鎭男八段による知仁勇、水五訓等を交えた講話が行われ居合に取り組む我々の精神を含めた有り様、此から目指すべき道について語られた。その後錬成に入り総括を河口俊彦範士がされ午後から七段を森〇鎭男八段、五、六段を高〇信之八段、四段以下を柴〇幸信八段が担当され、班に別れて錬成がなされた。錬成は昼食を挟み午後迄続き、総仕上げ演武の後、高知で開催される全日本居合道大会選手選抜が行われ第一次選手候補が各段4名づつ決定した。会員各位は平成最後の講習を終了し、令和への思いを新たに道場を後にした。春季居合道講習会

  • 鎮月に思う

    本日は高知で居合道の錬成、明日は大会がある。自分たちも本来なら参加予定であったが、諸事情でキャンセルと相なった。明日は剣友達の朗報を待つこととしよう。そんな四月!孫達のスポーツ少年団の結団式があったと連絡が入る。長男孫も今年始めの大会で入賞し、意気込み、稽古し、臨んだお別れ剣道大会で過呼吸となり試合途中で病院に!アレルギーの疑いで大病院にて検査。とうとうその後小学生活で道場に行く事はなかった。一時は中学での剣道部入部も断念しなければならないとの事で今日を迎えられるとは思わなかったが、陸上の次男孫と共に参加することが出来、仲間と優秀選手の表彰も受けられた。令和の御代まであと僅か。平成最後の鎮月に人々の幸を祈る!鎮月に思う

  • 大伴旅人の邸宅での「梅花の宴」で詠まれた和歌の序文から新元号の「令和」が生まれた。その梅を愛でていた季節、居合の稽古帰り一瞬のアクシデントで救急搬送され時は流れいつの間にか桜の季節となった、いつもなら多忙で花を見る余裕も無かったが、平成最後の桜狩り、茶臼山古墳、田布施川等家族、連れ合いと楽しむ。そんな中散る桜残る桜も散る桜という良寛和尚の句を思い浮かべた「今咲き誇る櫻もいつかは散る、残っている櫻だとしても何時かは散る櫻である」だから今を大切に、如何にに生きるか!限られた命だからこそ支えてくれる人々に感謝し、この一時を精一杯、悔いなく歩んでいこう。、。桜狩の途中,美しく儚い桜の花を見て思う。櫻

カテゴリー一覧
商用