chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • じゃがいもの栄養成分とメリット・デメリット!名前の由来は?

    もりもりです。 じゃがいもは、ビタミンBやCが豊富な「大地のりんご」と呼ばれている。 じゃがいも(馬鈴薯)はナス科の多年草。 で、原産地は南米アンデス山脈の3000~4000メートルの高地といわれている。 南米征服(侵略)後の1570年頃、スペイン兵が持ち帰った。 わが国へは慶長6年(1601)、オランダ船によりジャワ島のジャガトラ港(ジャカルタ)から長崎に巻き込まれた。 それで当時は、ジャガタライモといった。 しかし本格的にわが国で栽培されるようになったのは、明治7年(1874)アメリカから良質のものが輸入されてからである。 馬鈴薯という名の名付け親は江戸時代の植物学者、小野蘭山である。 ま…

  • さといもの栄養成分とメリット・デメリット!良いさといもの選び方!

    もりもりです。 山で取れるイモを山芋(やまいも)といいますが、これに対して人里でとれるイモを里芋(さといも)といいます。 さといもの旬は10月ごろです。 さといもの最大の特徴は、あのヌメネメとした感触ではないでしょうか。 このヌメリはガラクタンという糖質とたんぱく質が結合したものです。 ガラクタンは、コレステロールを下げたり、高血圧予防、肥満予防効果があります。 また、ヌメリにはムチンも含まれていて、体内に入るとグルクロン酸という成分に変わり、胃・腸壁の潰瘍予防・肝臓強化に役立ちます。 ・さといもの栄養成分 ・さといものメリット・デメリット ・良いさといもの選び方 についてお教えしますね。 最…

  • さといもの栄養成分とメリット・デメリット!良いさといもの選び方!

    もりもりです。 山で取れるイモを山芋(やまいも)といいますが、これに対して人里でとれるイモを里芋(さといも)といいます。 さといもの旬は10月ごろです。 さといもの最大の特徴は、あのヌメネメとした感触ではないでしょうか。 このヌメリはガラクタンという糖質とたんぱく質が結合したものです。 ガラクタンは、コレステロールを下げたり、高血圧予防、肥満予防効果があります。 また、ヌメリにはムチンも含まれていて、体内に入るとグルクロン酸という成分に変わり、胃・腸壁の潰瘍予防・肝臓強化に役立ちます。 ・さといもの栄養成分 ・さといものメリット・デメリット ・良いさといもの選び方 についてお教えしますね。 最…

  • とうがらしの栄養成分とメリット・デメリット!観賞用の種類と品種!

    もりもりです。 とうがらし(唐辛子)はすっごく辛くて、がぶりとはかじれませんけど、火であぶってポン酢につけて食べるうまいです。 ただし、当たりはずれがあるので、めちゃくちゃ辛いのに当たったら最悪ですけどね。 しかし、この辛味成分の中に殺菌・保湿・健胃作用があるんです。 ほかにも健康効果があります。 それでは ・とうがらしの栄誉成分 ・とうがらしの由来 ・とうがらしのメリット・デメリット についてお教えしますね。 最後まで読んでくださいね。

  • ナツメに含まれる栄養成分と効能!ナツメ茶の作り方も紹介しますね!

    もりもりです。 ナツメは中国では古くから食用とされており、「1日に3粒のナツメを食べると、一生老いない」といわれています、 あの、世界3大美女の1人である楊貴妃も好んで食べていたそうです。 ナツメは、中国北部から西アジアにかけてが原産の果実で、おもに中国や韓国で産出されています。 淡い黄緑色の実をつけ、熟すと濃い赤褐色になります。 中国や韓国では、市場やスーパーで手軽に買うことができるとても身近な果実です。 それでは ・ナツメの実はどんな実? ・ナツメの効能 ・妊婦に対する効能 ・ナツメに含まれるおもな栄養成分 ・ナツメ茶は1日何杯飲むといい? についてお教えしますね。 最後まで読んでください…

  • さつまいもにはガンを抑制する効果がある!メリット・デメリットと栄誉成分!

    もりもりです。 寒い季節になると、移動販売車の「石焼き芋も~お芋」ってスピーカーから聞こえてくるようになりますよね。 すっごく美味しそうって思いますけど、買ったのは一度くらいかな? 今はスーパーなどで、少し値下げした焼きいもを、たま~に買って食べてます。 甘くてすっごく美味いですよ。 当たりはずれはありますけどね。 さつまいもの・栄誉成分 ・メリット・デメリット についてお話します。 最後まで読んでくださいね。

  • こんにゃくはバツグンの整腸効果がある!栄誉成分とメリット・デメリット!

    もりもりです。 こんにゃくは、バツグンの整腸効果があります。 また、コレステロールも排出してくれるのでダイエット食として最高です。 ただし、栄養がほとんどないのでこんにゃくばかり食べていると栄養失調になります。 こんにゃくの ・栄養成分 ・メリット・デメリット についてお話しますね 最後まで読んでくださいね。 (出典元:食べ物のメリット・デメリットがまるごとわかる本)

  • なた豆茶の栄養成分と効能・効果!なた豆の特徴と品種もお教えしますね。

    もりもりです。 なた豆茶が、副鼻腔炎に効果があるって知っていました? 種類にもよるんでしょうが、ほかのお茶と比べると味は濃くないですね。 あっさり味というか、クセがなくてすごく飲みやすいお茶です。 なた豆の、さやは長さ30センチから50センチと非常に大きく成長します。 誰もが知っている童話「ジャックと豆の木」という物語のモデルとなった豆です。 とても丈夫で大きくなる豆で、健康効果もたくさんあります。 そんななた豆のお茶ですが、副鼻腔炎にすごく効果があると有名ですが、ほかにもたくさんの健康効果や効能があります。 ・なた豆茶のおもな栄養成分 ・なた豆茶の効能と効果 ・なた豆の特徴と品種 についてお…

  • マカの効能と効果!更年期障害の改善や不妊症にも効果がある!

    もりもりです。 ある年齢になると、ホルモンバランスがくずれ、更年期障害になりやすくなります。 症状には個人差があるので、経験した人でないとわからないと思います。 そんな更年期障害にマカが効果があるといわれています。 ほかにも、女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。 たとえば、肌の新陳代謝を良くし老化を予防するとか。 では、 なぜ効果があるのかどんな効果があるのでしょうか。 ・なぜ更年期になるの? ・マカが更年期障害に効果がある理由? ・マカのいろんな効能 ・マカとはどのようなもの ・マカ伝説 について調べてみました。 最後まで読んでくださいね。

  • おからはダイエット効果のある食品!すばらしい栄養成分と5つの健康効果!

    もりもりです。 あなたはおからが好きですか? おからは排便をうながしてくれるので、 もしあなたが、便秘がちなら絶対に食べるといいですよ。 私も、 おからを食べた翌朝はお腹がキュルキュル! 健康な色のやつが出ます。 ほんとうに便秘予防の効果があります。 おからには ・おからの栄養成分 ・効果 など調べてみました。 最後まで読んでくださいね。

  • マヌカハニーは強い殺菌力のあるハチミツ!ピロリ菌や虫歯まで除去できる?

    もりもりです。 マヌカハニーは、普通のハチミツと比べると、栄養価も高くて殺菌力も強いハチミツです。 薬しか除去できないといわれている「ピロリ菌」も除去できるといわれています。 これが本当なら、毎日マヌカハニーをとればいいのですからね。 それでは ・マヌカハニーの栄養成分 ・マヌカハニーのパッケージの「MGO」記載 ・マヌカハニーの効能 ・マヌカハニーの副作用は?・加熱すると殺菌力が落ちるのか? について記事にしました。 最後まで読んでくださいね。

  • 白米と玄米の栄養成分とメリットデメリットをお教えしますね。

    // もりもりです。 お米は、私たち日本人にとってかかすことのできない食べ物ではないでしょうか。 熱々のご飯、すっごくおいしいですよね。 おかずがなくても、卵をかけて卵かけご飯やお漬物をご飯にのせて食べるだけでもじゅうぶんです。 お米の ・お米の栄養成分 ・お米のメリットデメリット についてお話ししますね。

  • きゅうりは体を冷やしてくれる!栄養成分とメリット・デメリット!

    // もりもりです。 きゅうりは、栄養のない野菜というイメージ がありますよね。 しかし、きゅうりは体を冷やしてくれるので、夏の暑い季節には最高な食べ物です。 マヨネーズをつけて食べるだけでもおいしいですよね。 ただし、冷え性の人は食べ過ぎないようにしましょう。 それでは、 ・きゅうりの栄養成分 ・きゅうりの起源 ・きゅうりのメリット ・きゅうりのデメリット についてお話ししますね。

  • 大豆は「畑のお肉」!栄養成分とメリット・デメリットをお教えします!

    // もりもりです。 大豆の語源は「大いなる豆」。 きっと、昔の人は大豆の持つ力を 知っていたんでしょうね。 大豆は、枝豆としてゆでて食べるとおいしくて、豆腐や凍り豆腐、そして納豆として食べることもできます。 さらに、大豆はみそやしょうゆの材料となり、日本食には欠かせません。 ・大豆の栄養成分 ・大豆のメリット・デメリット についてお話ししますね。

  • ブドウは疲労回復に即効性がある!栄養成分とメリット・デメリット!

    // もりもりです。 ブドウはすごく甘くて水分も多くておいしい果物ですね。 名前のとおり、ブドウには多くのブドウ糖が含まれています。 この、ブドウ糖には、疲労回復や体力増強に効果があります。 ・ブドウの栄誉成分 ・ブドウのメリット・デメリット ・名前の由来 についてお話ししますね。

  • トマトの栄養成分とメリット・デメリットをお教えしますね!

    // もりもりです。 トマトは水分がすごく多くて、暑い日はノドのかわきをうるおしてくれます。 それに、ビタミン類も豊富で栄養満点な野菜なんです。 でも、トマトは高くて、そうそう毎日は食べれませんね。 トマトが日本に入ってきたのは、江戸時代の宝永5年(1708)ごろです。 しかし、当時そのまま食べらず砂糖をかけて食べたそうです。 この習慣は戦後も残っていました。 たしかに、私の両親はトマトに砂糖をかけて食べていましたね。 味も香りも今のものとはかなり違っていて、昭和初期でも、トマトの木の横を通るだけでも、においがして嫌いな者は鼻をつまんで通ったそうですよ! そんな栄養満点なトマトの ・栄誉成分 …

  • キャベツの栄養成分とメリット・デメリット!おいしくする冷凍する4つのコツ!

    // もりもりです。 キャベツを食べてると胃腸が丈夫になるんですよ! それはキャベツに含まれているビタミンU(キャベジン)の働きによるものなんですね。 そのビタミンUという成分から作られたのが、有名なキャベジンという胃腸薬です。 キャベツは胃かいようまでも治すほどの力をもっているんです。 たとえば、焼き肉などの脂っこいものを食べるときに、キャベツを一緒に食べると胃の中がスッキリしませんか? それはキャベジンにの働きによるものなんですよね。 今日は ・キャベツの栄誉成分 ・キャベツのメリット・デメリット ・キャベツの保存方法 についてお話ししますね。

  • 砂糖の栄養成分と由来!メリット・デメリットをお教えしますね!

    // もりもりです。 砂糖は虫歯や肥満、糖尿病の原因になるという悪いイメージがあります。 たしかに砂糖をとりすぎると、虫歯や肥満、糖尿病になりやすいです。 しかし、それは上白糖の方で、黒砂糖は健康には良いといわれています。 世界の長寿者が健康に良いものとして選んだのは、1位が果物、2位が黒砂糖、3位がお酢なんだそうです。 健康を考えるなら、料理などには出来るだけ黒砂糖を使うようにすると良いでしょうね。 ・砂糖の栄養成分 ・砂糖の由来 ・砂糖のメリット・デメリット についてお教えしますね。

  • ピーナッツ栄養成分とメリット・デメリット!効果的な食べ方とおすすめピーナッツ!

    // もりもりです。 ピーナッツはすごくおいしいくて、栄養もたっぷりです。 食べだすとなかなかやめられないです。 でも、ピーナッツはカロリーが、すごく高いので食べ過ぎは注意しましょう。 それでは、ピーナッツ栄養成分やメリット・デメリットについてお教えしますね。

  • バナナの栄養成分とメリット・デメリット!焼きバナナで健康効果アップ!

    // もりもりです。 バナナは高カロリーで栄養バランスのとれたスーパーフード。 朝食にバナナを食べると健康に良いって、朝バナナが流行ったことがありますよね。 バナナの原産国は東南アジアの熱帯地域で、日本の輸入の大半は、台湾やフィリピンから輸入されています。 日本でバナナが普及したのは明治以後です。 それでは ・バナナの栄養成分 ・バナナのメリット・デメリット ・焼きバナナで健康効果をアップしよう ・バナナの語源 についてお教えしますね。

  • コーヒーの栄養成分とメリット・デメリット!発見にいたった3つの伝説?

    // もりもりです。 あなたは、1日にコーヒを何杯飲みます? 1日にコーヒを6杯以上飲むと健康に良いといわれていますが、それは飲み過ぎじゃないって思いますね。 昔は、あまりコーヒーは飲まなかったですが、今は飲みますね。 健康のためというよりも、コーヒーが尿酸値を下げてくれると聞いたからです。 痛風発症のリスクが、全くコーヒーを飲まない人に比べ半分以下になるそうなんです。 それからは、毎日、コーヒーを飲むようになりました。 しかし、2杯が限度です。 1日6杯以上は無理ですね。 良いことばかりのようですが、コーヒーにもデメリットが多いんですよね。 それでは ・コーヒーが世界中に広まったのはいつ? …

  • えのきだけの栄養成分とメリット・デメリットをお教えしますね!

    // もりもりです。 えのきだけは、大好きですか? 鍋に入っているえのきだけ、おいしくないですか! カロリーも低くて、さらに栄養満点、ダイエットしたいと思ってるならおすすめの食材です。 スーパーで手軽に買えるし、バター醤油にしても、すっごくおいしいですよね。 そんな、えのきだけの ・栄養成分 ・メリット・デメリット ・保存方法と賞味期限 ・えのきだけは洗わないほうがいい? についてお教えしますね。

  • 醤油(しょうゆ)の栄養成分とメリット・デメリットをお教えしますね!

    // もりもりです。 醤油(しょうゆ)は、なくてはならない調味料のひとつです。 お刺身やお寿司など醤油がなくては美味しくないですよね。 また、醤油は塩分が多いので、防腐剤としてもつかわれています。 それに、肝臓がんの発生を抑制する働きもあるそうです。 ・醤油の栄養成分 ・醤油の由来 ・醤油のメリット・デメリット についてお教えしますね。

  • キャベツの栄養成分とメリット・デメリット!保存方法もお教えしますね。

    // もりもりです。 シャキシャキっとした、生のキャベツはうまいですね。 それに、キャベツにはたくさんの栄養が含まれています。 とくに胃の働きを良くします。 ヨーロッパでは有史以前から栽培されていて、ローマ帝国でも食用にされています。 日本へは宝永年間(1704~11年)に入ったといわれ、貝原かいばら益軒えきけんの『大和本草』にはオランダ菜として出ている。 1年中、手に入るキャベツですが、旬は春・夏・冬の3シーズンあり、それぞれ「春キャベツ」「夏キャベツ」「冬キャベツ」と呼ばれています。 「春キャベツ」 3月~5月に収穫。千葉・神奈川・九州などで栽培。 「夏キャベツ」 6月~9月に収穫。群馬(…

  • かぼちゃの栄養成分とメリット・デメリットをお教えしますね。

    // もりもりです、 かぼちゃは(南瓜)、甘くておいしい野菜なので小さな子どもには人気があると思います。 かぼちゃは、世界中で約20種類もあるウリ科の大型一年生つる草です。 日本で栽培されているのは、「日本かぼちゃ、西洋カボチャ、雑種かぼちゃ、ペポかぼちゃ」の4種類です。 ・かぼちゃの名前の由来 ・かぼちゃの栄誉成分 ・かぼちゃのメリット・デメリット についてお教えしますので、最後まで読んでくださいね。

  • たけのこの栄養成分とメリット・デメリットをお教えしますね。

    // もりもりです。 たけのこ(筍、竹の子、)とは、竹の地下茎の節から出る若芽のことです。 読んで字のごとく竹の子なんです。 地表に、たけのこの先端が現れたところを掘り出して食べます。 たけのこの長期保存品としてよく知られているのが、メンマです。 たけのこは滋養がありますが、食べ過ぎると吹き出物が出ることがあるので注意しましょう。 ・たけのこの栄養成分 ・たけのこの由来 ・たけのこのメリット・デメリット についてお教えしますね。

  • 大根の栄養成分とメリット・デメリットをお教えしますね。

    // もりもりです。 大根は、「おでん・サラダ・ぶり大根・切り干し大根」など、おいしくて、いろんな料理に使える野菜です。 大根の効能も多く、「消化不良、二日酔い」には抜群です。 大根おろしは、塗ると歯痛、口内炎にも効果があります。 食べてよし、塗ってよしの万能野菜のひとつではないでしょうか。 ・大根の由来 ・大根の栄養成分 ・大根のメリット・デメリット についてお教えしますね。

  • にんじんの栄養成分とメリット・デメリット!一杯のジュースで勃起障害も解消!

    // もりもりです。 子どものころ、にんじんはすごく栄養があるから残さずにちゃんと食べなさいって、親に言われたことないですか。 でも、ほとんどの子どもは嫌いでしょうね。 大人でも嫌いで食べない人が多いですからね。 男性必見、 1日1杯の「にんじんジュース」は勃起障害を解消してくれるのです。 「人参」という漢字は、人体に似ているところからきているのです。 でも今の人参は、枝分かれしていないのが多いので、人体を想像することは出来ませんよね。 昔は二叉、三叉、または、それ以上に枝分かれしている「にんじん」が多かったですけどね。 食用のにんじんは、セリ科の植物で、ヒマラヤやヒンズークシの山嶺が第一の原…

  • 酢の栄養成分とメリット・デメリットをお教えしますね!

    // もりもりです。 酢は食欲を増進させ、血液をきれいにしてくれる効果があるんです。 そのほか、疲労回復にも効果があるんですよね。 日本料理には、味噌、醤油とともに欠かすことのできない調味料で、お寿司には欠かすことのできない調味料です。 記事内で ・酢の由来 ・酢の栄養成分 ・酢のメリット・デメリット についてお教えしますね。

  • ひじきの栄養成分とメリット・デメリット!ヒ素を多く含むけど食べても大丈夫?

    // もりもりです。 ひじきは、海藻の中でも鉄分とカルシウムがすごく多い食べ物で、貧血や骨粗鬆症にはすごく効果があります。 ひじきの旬は、3~4月頃で日本近海の潮の干満の激しいところで採れます。 ひじきは褐藻(かっそう)植物ホンダワラ科の海藻で比須岐毛(ひずきも)とも呼ばれていました。 漢名を「鹿尾菜・羊栖菜・六味采」といいます。 ひじきの ・栄養成分 ・メリット・デメリット ・ヒ素を多く含む、ひじきは危険? についてお教えしますね。

  • のりの栄養成分とメリット・デメリット!

    // もりもりです。 のりは、そのまま食べても、焼いても、茶漬けにしても美味しいです。 もちろん寿司やおにぎりには欠かすの出来ない食材ですよね。 のりのは、不足すると老化・腰痛の原因になる、陸の植物にはないビタミンB12が豊富に含まれています。 ・のりの栄養成分 ・のりのメリット・デメリット につて記事にしました。

  • しいたけの栄養成分とメリット・デメリット!保存方法もお教えしますね!

    // もりもりです。 しいたけは日本の代表する食用キノコです。 精力増強も期待できる「不老長寿の妙薬」のひとつです。 しいたけの旬は、4~10月頃。 しいたけ(椎茸)は、シイの木に多く発生するところから、しいたけと名づけられています。 野生のしいたけは、春秋(深山では夏秋)の広葉樹(ナラ・ミズナラ・シイ・カシ・クヌギ・クリなど)の枯れた幹、切り株に生えます。 しいたけの ・栄養成分 ・メリット・デメリット ・保存方法 についてお教えしますね。

  • にんにくの栄養成分とメリット・デメリット!保存方法もお教えしますね!

    // もりもりです。 にんにくは、すごく強い殺菌力があり、ガン予防効果があるといわれています。 「ニンニクのおろし汁」は、なかなか治りにくい、は水虫に効果があるそうです。 旬は、5~6月頃でユリ科の多年草です。 キルギスの砂漠地帯が原産地だといわれています。 エジプトの王たちはピラミッドの建設に従事させた労働者に、ニンニクを与えて活力をつけさせたという伝説まであるほどです。 日本においては、『日本書紀』(養老4年、720)に記載があります。 その頃は、ヒルとか、オオヒルと呼ばれていました。 にんにくの ・栄養成分 ・メリット・デメリット ・にんにくの保存方法 についてお教えしますね。

  • 卵1個で十分なタンパク質が摂取できるのか?栄養成分とメリット・デメリット!

    // もりもりです。 卵はすごく良質なタンパク質を多く含んでいます。 朝食には目玉焼というほどシンプルでよく食べられている卵です。 そんな卵の ・栄養成分 ・メリット・デメリット について記事にしてみました。 最後まで読んでくださいね。

  • 牛乳は体に悪いのか?栄養成分とメリット・デメリットを調べてみました!

    // もりもりです。 牛乳はカルシウムなど、栄養価が高いので、育ち盛りの子供には一日にコップ一杯の牛乳が推奨されています。 しかし、ほんとうに牛乳は体にいいのか!疑問を抱きませんか? 牛乳を飲むと下痢になったりすることがあります。 日本人は体質的には牛乳は合わないといわれています。 私も牛乳は苦手です。 飲むと胃もたれや、お腹が痛くなり下痢気味になったりもします。 でも、最近は痛風予防や骨粗鬆症にならないように、カルシウム増量の低脂肪牛乳を飲んでいますけどね。 牛乳が飲まれるようになったのは、645年、飛鳥時代に百済からきた帰化人・智聡の子の善那(ぜんな)が、孝徳天皇に牛乳を献上したのが始まり…

  • イチゴの栄養成分とメリット・デメリット!美味しいイチゴの見分け方!

    // もりもりです。 イチゴは、「ビタミンCの王様」 。 ビタミンCが豊富で高血圧の予防にも効果があります。 イチゴ(苺)はバラ科の多年草。 苺という字は乳首の形をした実がなるという意味なんですよね。 「ビタミンCの王様」 と呼ばれている、イチゴの ・栄養成分 ・メリット・デメリット ・良いイチゴの見分け方 をお教えしますね。

  • アボカドの栄養成分とメリット・デメリット!食べ頃を見極めるポイント!

    // もりもりです。 アボカドは森のバターともいわれ、古代アステカ帝国時代から「生命の源」と呼ばれ、珍重されていました。 原産地は中南米で、19世紀末アメリカに持ち込まれて、栽培されるようになります。 旬は、3~12月頃で、クスノキ科の高木で、和名をワニナシといいます。 収穫量はわずかですが、日本でも愛媛県や和歌山県といった温暖な地域で栽培されています。 そんな栄養満点なアボカドの ・栄養成分 ・メリット・デメリット ・食べ頃を見極めるポイント をお教えしますね。

  • よもぎの栄養成分と10の効能!おいしいよもぎ茶の作り方や保存方法を紹介します!

    // もりもりです。 よもぎは、葉の裏に細かい綿毛があるのが特徴の野草。 北海道を除く日本各地に自生しているキク科ヨモギ属の植物で、道ばたでも見かけたりしますね。 よもぎ属に属する植物は日本だけでも30種類以上で世界中では250種類以上といわれています。 体に良い効能・効果も確認されていることから、「ハーブの女王」と呼ばれています。 古来から医療用としても用いられている薬草です。 草餅や草団子にいれることから、別名、餅草(モチグサ)とも呼ばれています。 「モグサ」として鍼治療のお灸に利用されたり、民間では古来から切り傷など止血薬として用いられてきました。 ・よもぎの栄養成分 ・よもぎの効能 ・…

  • もやしの栄養成分とメリット・デメリット!日持ちする保存方法は!

    // もりもりです。 見た目はヒョロヒョロっとしたもやしですが、栄養はあるのでしょうか? もやしはカロリーも低く、ほとんど栄養がなさそうに見えますが、栄養価が高く、様々な効能があります。 どんな効果があるのでしょうか? ・もやしの栄養成分 ・メリット・デメリット ・保存方法についてお教えしますね。

  • トマトには肺機能を高め若返らせる効果がある!どれだけ食べると効果があるの?

    // もりもりです。 年齢とともに、筋肉や内蔵の働きはしぜんとおとろえます。 肺機能も同じようにおとろえてきます。 高齢になると肺炎になりやすくなるのは肺機能の低下するからではないでしょうか。 しかし、若くても喫煙習慣があれば肺機能は低下します。 弱った、肺機能を改善し、高めるにはトマトが良いそうですよ。 ちなみに、元喫煙者にも効果があるそうです。 ではどれだけ食べるといいのでしょうか? あなたもトマトを食べて肺機能を若返らせませんか? ・トマトが肺機能を高める ・リコピンの効能と効果 などについてお話ししますね。

  • ココアにはピロリ菌の殺菌やインフルエンザを予防する強い効能がある!

    // もりもりです。 胃がんの原因ともいわれているピロリ菌。 保菌してたら、絶対に除去したいですよね。 実は私も除去薬を飲んだんです。 しかし、さんざんな結果でした。 2度も試みました・・・ しかし、2度とも失敗! 2度とも、1日目の1回目の薬を服用したら、約2時間後にはひどい嘔吐と下痢。 これが2時間ほど続きました。 そのときは、死ぬほど苦しくて、救急車を呼ぼうと思いましたね。 もう断念です。 何か良い方法がないかを探していたら、見つけたのがココアです。 ココアを毎日2年間飲んで、ピロリ菌を除菌という記事がありました。 ココアには、なんとピロリ菌を殺菌する効果があるそうです。 なぜ、殺菌でき…

ブログリーダー」を活用して、もりもりさんをフォローしませんか?

ハンドル名
もりもりさん
ブログタイトル
もりもりの食ログ
フォロー
もりもりの食ログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー