searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/syatyo-001
ブログ紹介文
家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。
更新頻度(1年)

359回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2015/06/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌さんの読者になりませんか?

ハンドル名
福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌さん
ブログタイトル
福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌
更新頻度
359回 / 365日(平均6.9回/週)
読者になる
福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌

福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌さんの新着記事

1件〜30件

  • 北海道には梅雨がありません…北斗市

    ファース本部本社がある北海道北斗市の今日は朝から20度前後の気温で推移しています。真冬の北海道は、連日氷点下の厳寒状態が続きます。この冬を乗り越えれば10月末までは、本州の春か秋のような気温です。梅雨時期の梅雨前線の北端は、津軽海峡辺りまでしかありません。本州の梅雨から真夏にかけての時期の北海道は、とても過ごし易い日々が続きます。北海道の夏の気温は、ところによって30度を超える場合もありますが、本州の30度より湿度が低いのではるかに過ごし易いのです。本州では、気温26度でも湿度が80%の時もあり、とても蒸し暑く感じさせます。北海道は、同じ26度でも湿度が50%以下なので蒸し暑さを感じることがありません。26度程度の場合は、木陰などに身体を置くと、とても涼しくて爽快感があります。私達のファース工法は、住宅の内部環...北海道には梅雨がありません…北斗市

  • 江戸時代に構築された日本の伝統文化…北斗市

    明治時代以前は、髷を結って腰に刀を差して過ごした江戸時代などがありました。文明開化と云われた明治に入って間もなく日本は第一次世界大戦に連合国側として参戦、ドイツに宣戦布告を行いました。日本はこの戦争で中国の青島、山東省を接収します。更には赤道付近まで南下してドイツ領だった南洋諸島の一部を占領しました。その後は第二次世界大戦に負けるまで戦争に明け暮れる日々だったようです。特に日本のゼロ戦などの戦闘機の機材は優秀を極めたと云われます。1945年の敗戦後は、平和保持に徹底し戦後の奇跡と云われるような経済成長を遂げました。このような日本人の潜在的な能力は、天下泰平と云われた江戸時代の徳川幕府に培われたとも云われております。徳川幕府は「士農工商」と身分制度を敷いたと云います。1番が武士、2番が農民、3番がモノづくりを行う...江戸時代に構築された日本の伝統文化…北斗市

  • 励ましの言葉の使い方…北斗市

    人生色々、一寸先は闇ばかり、良い事の先にある忌まわしい出来事があるものです。淡々と過ごしている間にも、何処かで人が亡くなり、一方で吉報に歓喜する人もいます。大きなアクシデントに見舞われ、その事実を受け入れず情緒不安定になる事もあります。このような人に対しての対応の仕方がとても難しいモノです。迂闊に「頑張って」などの励ましの言葉は、時にプレッシャーだけとなります。何をどのように頑張れば良いのかは誰も分かりません。頑張れと励ました方も、励まされた方もですが、このような時は、「そっと寄り添う」事しか方法はないように思います。「あなたの気持ちは良く解る」などとの言葉も禁句かも知れません。人の気持ちなどは本人にだけしか解らないのです。しかし貴方の辛さは「解ってあげたい」との気持ちを伝える事が大切なのでしょう。時間を経ると...励ましの言葉の使い方…北斗市

  • 省エネ住宅をつくり続けて30年…北斗市

    今後の家づくりは、温熱性能を意識なければ工務店経営が出来なくなります。熱損失係数(Q値)とは、「外皮」と言われる床面、壁面、屋根面、開口部、換気や隙間から逃げる総熱損料を延べ床面積で割った数値です。近いうちには、熱損失係数と「一次エネルギー」消費量の計算表を確認申請に添付する時代がきます。一次エネルギーとは主に電力で、暖房、冷房、給湯、照明、換気等、生活に使用するエネルギーの事を言います。これは、断熱性能を高くして暖房エネルギー、開口部の遮熱対応や天井断熱材等で冷房エネルギー、エコキュート等のヒートポンプを用いた給湯エネルギー、LED等の用いた照明エネルギー等をいいますが、これを削減しなければなりません。ZEH(ネット・ゼロ・エネ・ハウスの略)とは、空調、給湯、照明、換気に用いる一次エネルギー消費量を太陽光発電...省エネ住宅をつくり続けて30年…北斗市

  • 庇の出幅と地域と季節…北斗市

    多層断熱ガラスの実験ハウスは、断熱ガラスの性能と同時に出来る実験も行っています。ともかく6枚ガラスの取り付け方法では、熱貫流率(UA値)が0.22w/Kと驚異的な断熱力のあるガラスの組み合わせを編み出しました。グラスウール断熱材の熱伝導率は0.04w/Mです。この100㎜のグラスウールの熱貫流率(UA値)は0.4w/㎡となります。6枚ガラスのUA値0.22とはグラスウール断熱材200㎜に相当いたします。写真の実験ハウスは、そのUA値0.22のガラスを使用しています。冬になると太陽高度が低くなるので庇があっても日射熱が入り、内部気温が高くなります。-10度の時でも内部温度が20度に達し、ほぼ30度の温度差が付きます。写真は今日の昼頃に撮ったのですが、庇の影が断熱ガラスの下部まで達しています。そのため直達日射熱は殆...庇の出幅と地域と季節…北斗市

  • 幸せの方程式は気付き…北斗市

    志(こころざし)の高いヒトは、常に変化を求めています。つまりはイノベーションを成し遂げようとしているのでしょう。私は、イノベーションの原点は気付きからが基本だと思っております。今より高みを望むことです。それもヒトを押し退けて高みを目指せば必ずいつかは挫折します。自分と同等に関わる人の幸せを思考し続けることなのでしょう。幸せの方程式は気付くことでもあります。家庭裁判所で多くの夫婦間調整事件に関わってきましたが、互いに気付かないから家庭内紛争となり、それに気付いた時には解決します。志の高い人は、常に現状に変化を求めています。変化を求めるから気付きも生まれます。気付くためには、好奇心、行動、努力を惜しまないのです。成功する人は、常に自分が遣らねば誰が遣るのかと意識しています。成功とは成幸を意味します。その成幸を成し遂...幸せの方程式は気付き…北斗市

  • 鎹(かすがい)と箍(たが)になろう…北斗市

    「鎹(かすがい)」と言う、木材を繋ぎとめる金物です。「鎹」は、建築用の金物の中でとてもシンプルな金具と言えそうです。木材であれば、あらゆる角度の継ぎ手にハンマーで打ち込むだけで済む金物です。私は家庭裁判所の調停委員で多くの夫婦関係調整事件を担当してきました。「子は鎹」、破綻した夫婦も子供のためとしだいに普通の夫婦になるケースもあります。まさに子供は、その夫婦の大切な繋ぎ役を果たしていたのですね。ある工務店経営者が、離婚危機になっており、その夫婦から相談を受けたことがありました。私は、個別に互いの言い分を存分に聴かせて貰いました。抱えていた鬱憤を吐き出すことで「子供の幸せ」の在り方に気付いたようです。10年後に伺った際には、そのお子様が一流大学を出て官庁就職が決まっていました。あの時、離婚しようと云いだした理由が...鎹(かすがい)と箍(たが)になろう…北斗市

  • 自分の評価は他人が行うモノ…北斗市

    先般は検察長63歳定年問題で色々な報道がなされておりました。昔の企業定年は55歳定年という会社もあったそうです。昨今は経営者の年齢が総じて高くないっているとの統計もあります。実際には現在の55歳、60歳、65歳では仕事のコツを知り尽くし、気概さえあれば大きな業務貢献の出来る元気さを有しているヒトばかりです。加齢によって足腰にシャキシャキ感がなくなる年齢は、80歳過ぎだとも云われます。現在の自民党幹事長の二階さん81歳、自民党副総裁の麻生さんは79歳です。二階さん、麻生さんに限らず政治家は、政治姿勢の在り方はともかく、寿命の尽きそうな年寄りに見えません。写真の登山家・三浦雄一郎さんは87歳でヒマラヤに登頂しました。年齢に関係なく社会貢献を行う人は、自分の不始末を他人のせい、社会のせい、会社のせいだなどとは云いませ...自分の評価は他人が行うモノ…北斗市

  • 懐の中に入って改革を…北斗市

    検事長の賭けマージャン騒動がマスコミを賑わいています。1円でも賭けてゲームを行えば法律違反であることに変わりはありません。「負けたら夕食を驕ります」等はよくある事ですがこれも犯罪です。我国では合法的なギャンブルが幾つかあり、競輪、競馬などがそれにあたります。合法的なギャンブルにはどんなに大金を注ぎ込んでも、それ自体は違法ではありません。それによって家庭内の財務破綻を起こし、離婚などの家庭内紛争になる場合があります。金銭ではなく負けた時にご飯を奢る程度のギャンブルでは、金銭の遣り取りがないので厳密には違法であっても検挙されない場合が多いようです。しかし金額が万円単位となり、常習性があれば立件されて有罪になる場合があります。賭博罪(刑法185条と186条第1項)で、50万円以下の罰金または3年以下の懲役になります。...懐の中に入って改革を…北斗市

  • 家づくり・坪単価について…北斗市

    家づくりの坪単価なるものは、小さな家なら高額になり、大きな家なら低額になります。また真四角の家なら安くなり、細長い家や複雑な形状の家は高くなります。小さな家でも、お金の掛かるキッチン、トイレ、洗面所、玄関などは一緒です。この家は「坪」いくらですか、などと聴かれる事が度々あります。総工費2000万円で40坪なら2000÷40=坪単価50万円との計算が成り立ちます。しかしこの2000万円の中は、冷暖房機器などが入っているかどうかは解りません。高気密・高断熱の温熱性能は、専門家でなければ解らない数値で表記されます。建築費は、住んでから具現化するランニングコスト、メンテナンスコスト、更に建替えまでの住宅寿命などを勘案していない場合が殆どなのです。最初に安価な坪単価を示して住んでから欠かせない冷暖房設備を、後付けになって...家づくり・坪単価について…北斗市

  • 床下環境は家の健康・住む人の健康に…北斗市

    家づくり計画の際は、床下の湿気環境を徹底管理することが重要になります。地べたより床下面の高さは、150ミリ以上高くすることが望ましいと思われます。その床下面には、コンクリートでもポリフィルム等の防水シートの敷設が鉄則です。床下の多湿化は、土台(木材)の含水量に変化を与える場合があります。北側の土台は、低温になっている部分の木材含水量が増加しています。含水量15%の土台でも20・30%に増え腐朽菌によって腐り始める場合もあるのです。雨水が地べたを浸透して床下に回ると、床下湿度が80%まで上昇している場合があります。80%の時は、気温が30℃で露点温度(結露が始まる温度)が26℃です。北側土台温度が26℃以下の場合は、湿気が木材に凝縮(吸収)されて含水量増加します。私達のファースの家は、床下環境の整備が先決で、床下...床下環境は家の健康・住む人の健康に…北斗市

  • 騙されて良かったと云わせてみよう家づくり…北斗市

    断熱力を計算するには、断熱材の厚さ(メートル換算)÷断熱材の熱伝導率(λ)で熱抵抗値を算出し、その熱抵抗値の逆数が熱を逃がす量の熱伝導率です。100㎜のグラスウールは約0.04の熱伝導率(U値)なので「0.1÷0.04=2.5」が熱抵抗値となりますが、その逆数を出すには1÷2.5=0.4、この0.4が逃げる熱量です。外壁には断熱材の他に外壁材、内装材なども使用されており、それぞれに断熱力はありますが、およそ95%は断熱材が担っております。私達が住宅の熱損失係数を計算する際は、この断熱材だけの断熱力を算出します。後の細かい断熱要素は、プラスαのおまけみたいなモノです。サッシ(写真)は計算でなく、サッシ仕様書にJIS規格で熱貫流率が明記されてきます。一般のアルミサッシで単板ガラスの熱伝導率(U値)は、6.5w/㎡・...騙されて良かったと云わせてみよう家づくり…北斗市

  • スタッフの気遣いに感謝…北斗市

    日曜祭日も常に執務室で執筆や研究調査を行っている当方を気遣い、総務課のスタッフが、デスクの上の観葉樹と光触媒観葉樹を揃えてくれました。(写真)光触媒観葉樹には、室内の空気汚染物質を分解する役目があると説明書に記載しています。この他に乾燥を防ぐための気化式加湿器も設置して頂きました。弊社は北斗市本社に16人のスタッフが所在しており、今日21日から研究開発室スタッフとして新入社員1名が増えました。更に札幌事務所3名、東京事務所3名のスタッフが常駐しており、今日21日から札幌事務所所属で推進担当の1名が増員になり、総勢25名体制になりました。ファース本部スタッフの勤続年数は、40年の大ベテランや3年目の新人まで揃っています。研究開発室の業務は、熱損失計算等の難しい仕事を短期間のうちにマスターします。推進事業部は、新規...スタッフの気遣いに感謝…北斗市

  • スキン層のある樹脂断熱材…北斗市

    家づくりは、建設費がリーズナブルで快適で光熱費も安価、メンテナンスコストも抑えられ、構造においても住む人と同様の健康な環境を保持できることが必須です。私が1985年から取り組んで来た硬質樹脂のスプレー断熱材を用いてのファース工法の家は、インナー通気層に冷暖房の熱を循環させ、床下を通過する際にファースシリカ(シリカゲルを専用処方)に接触させ、家屋内の湿度を一定化する調湿性能を保持させました。この樹脂断熱材のエアクララは、スポンジのような連通(空気が抜ける)気泡ではなく、湿気の通過を阻止するため樹脂の独立気泡率を95%まで高くし、薄く何層もスプレーして、スキン層を何枚も重ね合わせながら厚さを持たせました。外部の気温と湿気にも影響されない断熱・気密層を構築できるようにしました。このような構造で「調湿の出来る家」が出来...スキン層のある樹脂断熱材…北斗市

  • 感染者ゼロ継続の苦労とは…北斗市

    猛威を奮う新型コロナウイルス禍も、ひと頃の勢いは少しばかり落ち着いて来たようです。私も過去に経験のない感染病の流行です。このまま収束しながら終息してくれることを切に願いたいものです。今日は北斗市市役所に陣中見舞いに行き、市長の池田達雄さんと懇談(写真)してきました。この北斗市は感染者ゼロ地域です。隣接する函館市、七飯町、木古内町でも感染者は出ていますが、この道南地域は懸命に感染防止に取り組んでいるようです。この北斗市は人口46,000人で、決して数千人の寒村ではありません。私が同窓会長を務める上磯中学校の生徒数600名、上磯小学校200名、智社長がPTA会長をしていた浜分小学校は1,000名の生徒数がおります。このような街で新型コロナウイルス感染者ゼロ人を維持するには、運が良いだけでなく、行政指導も徹底している...感染者ゼロ継続の苦労とは…北斗市

  • マグカップの向こうの人々を…北斗市

    普段は何気に使用している日用品を見て、そのモノに関わる人々をイメージしてみました。写真は以前にファース全国大会で記念品に使用したマグカップです。陶器は粘土を練る人、ろくろで形にする人、取っ手を付ける人、写真のマグカップにはファース工法のログマークが入っています。このマグカップは1000個単位での発注でしたので、大きな釜で焼き上げたのでしょう。焼き釜をつくる人、薪を伐採する人、割って干す人、燃やす人、その釜に入れる前には、粘土の選定、土練り、ロクロなどでの成形、自然乾燥、素焼き、絵付け、釉薬、本焼きなどと実に多くの手順を経てこのマグカップが出来上がります。このマグカップは私が自分でデザインしたので、企画料は掛かりませんがデザイナーに依頼すると相応のデザイン料金は必須です。モノがあり、仕組みがあると、その向こう側に...マグカップの向こうの人々を…北斗市

  • 現場を見ない経営はいつか瓦解する…北斗市

    現場とは、エンドユーザー、社員、資材納入業者、孫受け、下請けなどに属する人々の状況や環境の事でもあります。彼らと一緒に苦労や幸せを分かち合える経営者こそ、一流経営者と言えそうです。社会は、とかく規模や利潤率だけが優良企業と評価されがちなのが気になるところです。特に工務店は、小規模でも地域住民に慕われ信頼されている事が優良工務店の証しです。経営の神様と称される松下幸之助翁も、トヨタグループの豊田佐吉氏も、また世界のホンダの本田宗一郎氏も、世界企業を目指して創業した訳では決してありません。懸命な努力と研究は勿論ですが、潮流、時勢と言う波に乗れた事も成功の要因でしょう。彼らからは、その哲学や手法を学んでも同じ事を我々が真似しても成功などあり得ません。経営能力の違いもさる事ながら、時代背景、自己環境、時勢と潮流が異なる...現場を見ない経営はいつか瓦解する…北斗市

  • 屋根断熱材の下地材…北斗市

    屋根の表面は、直達日射を受けますと90度くらいまで温度が上昇します。トタン板葺などでは、その収縮率もまた大きくなります。その熱い熱が暖房材を貫通して天井面から輻射熱で室温を高くしてしまいます。寒冷地での天井断熱や屋根断熱は、暖房熱を逃がさないために厚い断熱材を敷設します。グラスウールでは300㎜や400㎜も珍しくありません。私達ファース・グループが建築するファースの家は、100㎜前後の屋根断熱で充分です。それはグラスウールの約2倍半の断熱力があるだけでなく、断点がなく断熱材の能力以上の効果を発揮するからです。写真は、ファース工法の屋根断熱材エアクララを施工する前の下地を張っている工事です。このメッシュに下部から樹脂スプレー発泡断熱材のエアクララ(熱伝導率0.021、ちなみにグラスウール熱伝導率0.045)を吹き...屋根断熱材の下地材…北斗市

  • 責任所在で組織は動く…北斗市

    税金の使い方が不透明で、その運用を間違えると国家財政に多大な損害を与えます。その国家財政で大赤字を出した責任者が、取った話を聞いたことはありません。私達企業経営者は、3年間の赤字経営を続けると金融機関が確実に資金回収にはります。政府は、1千兆円もの途方もの借金をしながらも高級官僚の方々が、高級車を乗り回します。企業なら債務超過で倒産、経営者の全財産は、債権者に差し押さえられています。政府は、福祉政策や子育て支援を拡充するとの理由で消費税増税を実行しました。いまは新型コロナウイルス禍で経済危機状態に陥っております。これは天災とも云える災害であり、国民誰もが等しくその苦境に喘いでいます。このコロナウイルス禍もやがて収束して落ち着きを取り戻すことでしょう。今までに経験した事のない「見えない敵」との闘いには勝ったと云え...責任所在で組織は動く…北斗市

  • 天井の高さと子供の豊かな心…北斗市

    天井の高い住宅で育った子供は、気持ちにゆとりのある心豊かな育ち方をするようです。私達がつくる一般の家の天井高は、2.4mが殆どであり、建材なども天井高2.4mになるようなサイズが多く販売されております。これは、日本の座る、布団を畳に敷いて寝る、との文化が一般化したものと推察されます。東京大学で行った興味深い実験の様子を書いたレポートがあります。実験では、2つの同じ容積の部屋で、そのうち1つの床面を少し狭くして、その容積分の天井を高くしました。床面積が狭くても天井の高い部屋の容積の方を、約10%大きいと感じたそうです。実験を指導した教授は、「この実験で、容積を知覚する際に、水平方向の広さ(床面積)よりも垂直方向の高さ(天井高)の方が効くということがわかりました。人間の感覚は高さ方向を強調する傾向があると考えられま...天井の高さと子供の豊かな心…北斗市

  • 経営者の想いが形になる…北斗市

    青森県八戸市のファース加盟工務店に(有)シーユーハウジングさんと云う会社があります。社長の中里肇さん、プランナーの清水端美幸さん、ご子息の中里晋也さん、事務経理の小向麻緒さんの4名と、青木和寛さんで年間10棟前後のファースの家を受注しております。大工さんの青木和寛さんの存在も大きいのですが、小規模工務店でありながら常にファース・グループ工務店の中ではトップクラスをキープし続けています。シーユーハウジングの中里社長は常に笑顔を絶やすことなく、お施主さまの話を聴くことが大好きであり、その遣り取りを聴いているプランナーの清水端さんが適格にお施主様の様子を把握して仕様書や図面に落とし込み、ユーザー様の信頼を得ているのでしょう。またシーユーハウジングのユーザー会のイベントには、いつも100名以上が参加されます。お施主様主...経営者の想いが形になる…北斗市

  • ピンチはチャンス…北斗市

    いつまでも平坦で安泰な生活環境などを確保できるとは限りません。今は新型コロナウイルスの蔓延に社会が翻弄され自粛、自粛の毎日が続いています。コロナ終息は、感染媒体となるヒトが、他のヒトと接しないでいることです。しかし私達の社会生活は、ヒトとヒトとの関連性で成り立っており、自粛は社会生活に致命的なダメージを与えることになるのでしょう。今までも私達は、リーマンショックの経済危機や、阪神淡路大震災、東日本大震災大津波などで多く仲間や大切なヒトを失いながらも、その試練を何と乗り越えて来ました。その試練を乗り越えるごとに知恵を付け、賢くなって行きます。しかしながら、この新型コロナウイルスの蔓延は地球規模での大災害といえそうです。中国から始まったコロナウイルスは、瞬く間に全世界に拡散してしまいました。私も長い人生の中でも、こ...ピンチはチャンス…北斗市

  • 幾つもある樹脂断熱材の特性…北斗市

    樹脂断熱にも多くの種類があり発泡スチロールは、ポリスチレンを膨らませた断熱材です。魚屋さんの保冷箱等に使用されているのもポリスチレンの一種です。多くの気泡で構成しており、気泡の中には炭酸ガス(CO2)が封入されています。安価さの利点はありますが、高温劣化が難点で70℃以上の温度で断熱劣化が生じます。熱に強いのが一般的にウレタンフォームと言われる断熱材です。ウレタンの気泡にフロンを閉じ込めた断熱材ですが、そのフロンは今年2020年4月から温暖化係数ゼロのHFOというフロンが使用されています。耐熱性は120℃くらいまで熱劣化を起こしませんが、可燃性が高い断熱材です。これを住宅の断熱材と使用する場合は火炎対策を講ずることが必須です。私達は、ウレタンをスプレー発泡する断熱工法を平成5年に5年がかりで国内で認定されました...幾つもある樹脂断熱材の特性…北斗市

  • 施主を幸せにするために妥協しない…北斗市

    工務店経営は、先ず技術や技量、知識が確立しており、建主さんの話をしっかり聴けることが肝心です。つまりはお施主さまの心を開き、偏った観念を払拭して上げる事です。お施主様は、雑誌や展示会等でのイメージが夢となり観念化している場合が多いのです。一般の方々が一度描いたイメージ、思い込みやある種の観念持ってしまえば、その観念を払拭する難しさを痛感します。私は、「住む人を幸福に出来る家づくり」を目的に30年以上にわたり、住宅システムの研究開発を行ってきました。お施主様家族を幸せにするには、想い付き観念を解き払って上げなければなりません。これがとても難解なのですが、家づくりは竣工して住み始めてからが真の始まりであることに「気付いて貰う」ことが何よりも肝心です。外壁はこれを、内壁はこれを、システムキッチンは400万円もするこれ...施主を幸せにするために妥協しない…北斗市

  • 元祖ユーザー会…北斗市

    パソコンの中の写真類を整理していたら12年前の2008年に撮影したファース・ユーザー会イベント(パークゴルフ大会)で撮った写真がありました。これは道東のファース加盟工務店、山内建設株式会社のユーザーイベントでした。いまでこそ日本全国に多くのファース・ユーザー会が設立しておりますが、この山内建設さんのユーザー会が日本で最初に創られた会です。写真を良く見ると右端の当方のとなりには、私の妻で福地建装副社長の姿もあります。前列中央の女性が山内建設社長の奥さまで山内順子さんです。社長の山内政光さんは、二列目左端に少し屈んでいるヒトで、その左側の帽子を被った女性が現在も山内建設さんを手伝っている娘さんの大島範子さん、右後ろ2人目が専務の山内早善さんです。12年前の写真ですが今も変わらない陣営で工務店経営を行っています。山内...元祖ユーザー会…北斗市

  • 聖人君主で出来ない会社経営…北斗市

    私達の仕事である家づくりにおいて、手抜き施工で暴利を貪る業者も存在します。そのような業者は、短期間のうちに地域社会から手痛い仕返しを受けでしょう。「人徳」を積むという言葉があり、この「徳」を持った人のことのようです。「徳」を持った優れた人格の工務店経営者が建築して引き渡した家は、寒くて住めないとか、あちこちに腐朽菌が発生するような家づくりなど行わないはずです。性能の伴わない家を供給していたのであれば、その人徳や人格までも失してしまいます。「徳」とは卓越性、有能性などを持つ人で、気品、意志、温情、理性、忠誠、勇気、名誉、誠実、自信、謙虚、健康である事などが伴います。当然ながら「徳」を備えた人は、人から信頼や尊敬を得られるのでしょう。「人徳」の他に「仁義」という言葉があります。仁義とは、他人に欠かせない礼儀、義理、...聖人君主で出来ない会社経営…北斗市

  • 施主ファーストの家づくり…北斗市

    日本の建物は1,200年前建造の法隆寺のように、世界最古の木造建築が現存しています。江戸時代や明治の日本の住宅は、100年200年寿命が当たり前でした。高温多湿の夏、乾燥時期の冬などと日本の風土に見合った建物は、何千年もの歴史を積み重ねながら構築されてきました。匠の技といわれる大工職人達の木を削って建物をつくる技能は、長い歳月を経て、磨き上げられて来たのでしょう。それが高度成長期には住宅を大量生産大量消費が推進されます。新建材を組み合わせて短期間で建造して30年未満で粗大ゴミにしてしまいました。古来の技能を有した日本の大工がつくる家には、真の100年住宅の真髄が籠っています。その真髄とは、人と自然に対する優しさが保有されているのです。多くの方々は、立派な大学の住宅専門分野の工学博士と、何十年も家を造り続けて来た...施主ファーストの家づくり…北斗市

  • 温度だけが熱ではない…北斗市

    昭和60年に私は、温度管理だけでなく、家屋内の湿度も一定化しなければ真に暖かく、涼しい家にならない事に気付きました。そのためには先ず、家を樹脂スプレー発泡施工でシームレス状に包み、温度と同時に湿気もコントロールすることに着眼しました。家屋内でガスや石油を燃やすと、その分の酸素を外部から取り入れ、燃焼ガスを排気させる事が必須となります。そもそも外気導入をしなければ、家屋内が酸欠になってしまいます。最初のファースの家は、換気をしてもガスが不完全燃焼を起こし始めたことがあります。それが酸欠であることに気付き、近くの窓を少し開けると解消します。高気密・高断熱住宅を謳っていても、排気型換気でだけでガスレンジが燃焼している家は真の気密性能を有していない証拠でもあります。真の気密住宅では、排気式換気を行っても、ガスや石油を燃...温度だけが熱ではない…北斗市

  • 景気・不景気を問う…北斗市

    新型コロナウイルスで私達企業経営者には、見通しのつかない不安感が募っています。コロナで亡くなる人よりも経営不振や失職者の自殺者の方が多いと指摘する声もあります。この事態に及んで「景気はどうか」などと聴くだけでデリカシーの無さを問われそうです。景気が良い、景気が悪い、どん底景気と様々な場面で「景気」の単語が用いられます。経済用語には、この「景気」と単語が存在しないとも云われます。そもそも「景気」という単語の英訳が出来ないそうです。日本語で要約すると「景気」とは、モノの売買取引など経済活動全般を示すとしてあります。「景気」の単語は、大昔中世に詠んだ和歌の「余情意識」の表現に用いられたそうです。読んで字の如く景色、雰囲気などの事であり、日本独特の言葉なのかも知れません。景気とは、経済に関する心、気持ち、精神、意識など...景気・不景気を問う…北斗市

  • チャイナリスクの回避を…北斗市

    全世界が未曽有のコロナウイルス禍は、私達の建築業界にも様々な影響を与えています。最初に影響は、バスユニット、キチンセットなど什器備品が入荷しない時期がありました。国内メーカーのバスユニットなどは、その幾つかの部材一部が中国製となっております。パナソニックやリクシルグループ等の大手ブランドメーカーは、海外から輸入(自社工場も含む)した部材を国内でアッセンブリして供給しております。中国製の小さな部材一個が入荷しないため、国内需要に供給出来ない事態となりました。まさに新型コロナウイルスも中国、部材調達も中国とチャイナリスクの危うさを感じます。チャイナリスクは今回のコロナ禍だけに始まった訳ではありません。覇権主義である事は明らかです。中国政府は、南シナ海全域を支配下に納めようとフィリピン沿岸の浅瀬に飛行場をつくるなどの...チャイナリスクの回避を…北斗市

カテゴリー一覧
商用