『ありがち日記』
住所
出身
ハンドル名
opikaさん
ブログタイトル
『ありがち日記』
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/love-juce100
ブログ紹介文
私のありがちな日常を綴る日記。コツコツ更新中。
自由文
-
更新頻度(1年)

86回 / 287日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2015/06/06

opikaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,126サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 20 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,550サイト
映画日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 912サイト
テレビブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,725サイト
華流・アジアドラマ(韓国以外) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 90サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,132サイト
ミーハー日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 93サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 54,339位 57,269位 62,232位 62,671位 62,765位 62,873位 62,794位 972,126サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 20 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 243位 266位 297位 300位 295位 291位 296位 10,550サイト
映画日記 32位 33位 36位 34位 35位 35位 38位 912サイト
テレビブログ 302位 320位 373位 374位 371位 375位 378位 6,725サイト
華流・アジアドラマ(韓国以外) 14位 14位 17位 16位 16位 16位 15位 90サイト
その他日記ブログ 1,360位 1,420位 1,502位 1,509位 1,512位 1,515位 1,511位 27,132サイト
ミーハー日記 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 93サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,126サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 0 0 0 20 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,550サイト
映画日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 912サイト
テレビブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,725サイト
華流・アジアドラマ(韓国以外) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 90サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,132サイト
ミーハー日記 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 93サイト

opikaさんのブログ記事

1件〜30件

  • 「記憶にございません!」

    三谷幸喜監督作品はやっぱり楽しいですねー。と言いつつ、これまで当たりもありますがハズレもあるっちゃあって、今作はどうかな?とあまり期待しすぎず(すみません!)観てきました。今回初めて三谷作品に関わったというディーン・フジオカ氏(おディーン)は、スーツにメガネというそっち系のフェチの人には堪らないお姿でして…!堪らないんです…!!(しつこいw)三谷組と言われるいわゆるお馴染みメンバーは安定安心の間の取り方で笑わせてくれました。あらすじです。病院のベッドで目覚めた男(中井貴一)は一切の記憶がなく、病院を抜け出して見たテレビで、自分が国民から石を投げられるほど嫌われている総理大臣の黒田啓介だと知る。国政の混乱を避けるため、記憶喪失になったことを国民や家族には知らせず、真実を知る3人の秘書官に支えられながら日々の公務を...「記憶にございません!」

  • ドラマ「そして、生きる」

    WOWOWにて全6話にわたり放送されたドラマです。連続ドラマWそして、生きる有村架純×坂口健太郎で贈る珠玉のヒューマンラブストーリー。2011年に東北で出会った二人が現代日本で強く美しく生きる姿を脚本家・岡田惠和が紡いだ感動大作!連続ドラマWそして、生きる有村架純ちゃんと坂口健太郎くん主演で、盛岡も重要な舞台となっていたこともあり、全話視聴していました!地元がどんなふうに映るのかな?って気になりますよねー。特に地方が舞台になることなんて、そうそう無いですし。実際、ドラマの中では盛岡市内の有名なお店や通りなどが撮影に使われているのがわかりました。ストーリーについては公式サイトを見ればわかるので…。震災のことも大きく取り上げてくれていましたし、タイトルにあるように「生きる」とはどういうことか、様々な「生きる」形を示...ドラマ「そして、生きる」

  • 「SHADOW/影武者」

    予告やポスターのデザインなんかも非常に好みだったので楽しみにしていた本作。チャン・イーモウ監督と言えば、色鮮やかな衣装や美術だったのですが、これは基本的に白と黒の水墨画のような世界。そこに、アクションが加わって、血の赤が混ざります。おぉ!美しい!!(不謹慎なのですが…)と思わず感嘆してしまいました。あらすじです。沛国が敵の炎国に領土を奪われて20年、敵と休戦同盟を結んだ若き王は、平和な一方で屈辱的な日々を過ごしていた。奪還を目標とした開戦派を束ねる、頭がよく武芸を得意としている重臣・都督(ダン・チャオ)は、最強の戦士である敵の将軍・楊蒼に手合わせを申し込む。彼の勝手な行動に激怒する王だったが、目の前にいる都督は影武者(ダン・チャオ)で、本物の都督は自身の影に大軍との戦いを命じていた。(シネマトゥデイ)主人公は都...「SHADOW/影武者」

  • 「引っ越し大名!」

    スルー予定だった本作、諸般の事情により数日前に観てきました。スルー予定だっただけあって、失礼ながら期待していなかったんですが、まさかの収穫などもありそれなり楽しませていただきました。あらすじです。姫路藩主の松平直矩は、幕府から豊後・日田への国替えを命じられ、度重なる国替えで財政が困窮している上に減封と、藩最大のピンチに頭を抱えていた。ある日、人と交わらずにいつも本を読んでいて「かたつむり」と呼ばれている書庫番の片桐春之介(星野源)は、書物好きなら博識だろうと、国替えを仕切る引っ越し奉行に任命される。(シネマトゥデイ)この松平直矩という藩主は実在の人物らしいですね。本当に何度も国替えさせられたとか…超大変。一家族で引っ越しするだけでも大変なのに、藩全体で遠く離れた地へ引っ越さねばならないのですからねー。そして、そ...「引っ越し大名!」

  • 青森~秋田への旅(2019年夏)~その3~

    旅行の2日目は、男鹿半島の寒風山から。以前も訪れたことがあったのですが、残念ながらの悪天候で景色は全く見られなかったんですよね~。私たち家族だけではなくて、観光客の皆さん「遠くまで見える~~~っ!!!」と大満足の様子。2枚目のほうで、風力発電の様子も見えるかな?男鹿では、最近できたらしい道の駅に立ち寄ってみました。この日は防災の日だったこともあって、駐車場でイベントが行われていました。(でも、週末の駐車場の一角を占拠してイベントするってどうなのかな?車が停められずに困っている観光客がたくさんいました。大切なイベントなだけに残念な感じではありましたかね…)そして、お昼ご飯。秋田市内でラーメンを食べようということになり、さっと調べたらおいしそうなお店を発見。支那そば伊藤さん。市民市場の中にありました。あっさりとして...青森~秋田への旅(2019年夏)~その3~

  • 青森~秋田への旅(2019年夏)~その2~

    さて、旅の1日目午後は、まずこちらへ向かいました。鶴田町の鶴の舞橋です。津軽富士見湖に、日本一長い三連太鼓橋として架けられた橋。確かに、木造で(あちこち大丈夫…?ってところも😅)長い太鼓橋でしたよ。写真を見てお分かりの通り、実はこの橋に辿り着いた瞬間にゲリラ豪雨に会いまして。しばらく車で雨宿りをした後に歩いてきました。晴れていれば岩木山もくっきり見えたことでしょう…残念。鶴田町はスチューベンの生産量が多いらしく、ソフトクリームを食べました。写真無しです(笑)あと、鶴田には「つるたはげます会」というのがあるんですよね~。詳しくはググってみてください。はげます会にちなんだ顔出しパネルがあるのでぜひ。その後は、つがる市へ。トップ画像の鳥居が有名な高山稲荷神社。千本鳥居は最近何かのテレビ番組で紹介されたとか?で、家族の...青森~秋田への旅(2019年夏)~その2~

  • 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

    旅行の記録はいったん置いて…最近観た映画もあるので忘れないうちにまとめておきます。レオ様とブラピが共演、タランティーノ監督の映画、しかもシャロン・テート事件ぽいものが描かれているのが予告でわかったので、どんな風に描かれるんだろうと期待しながら観てきました。まずは、あらすじから。人気が落ちてきたドラマ俳優、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画俳優への転身に苦心している。彼に雇われた付き人兼スタントマンで親友のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、そんなリックをサポートしてきた。ある時、映画監督のロマン・ポランスキーとその妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)がリックの家の隣に引っ越してくる。(シネマトゥデイ)もうねー、主演の2人の存在感がそもそも素晴らしくって!落ちぶれ気味のリックが見せ...「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

  • 青森~秋田への旅(2019年夏)~その1~

    毎年恒例の家族旅行、今年は選挙対応などで忙しい家族もいるため時期が少し早め。いい歳にもなり、忙しいなら行かなくてもいいのでは?と薄々思い始めてはいるものの、なんか意地でも行って楽しんでやろうという気持ちにもなっている節があるのです(笑)なので、諸般の事情により、1泊2日で近場での旅行となりました。朝6時に家を出発。私の運転で青森まで一気に向かい、まずは田舎館村へ。田舎館村と言えば、今の時期はぎりぎりこちらでしょう!今年は「おしん」と「おかあさんといっしょ」でした。何種類もの種を組み合わせて鑑賞角度も計算されていて、さすがの出来ではあるけれど、私の世代にはどちらに対してもピンとくるものがないぞ…。おかあさんといっしょは、「にこにこぷん」世代なので(笑)とりあえず、泉ピン子さんの顔真似をした記念写真を撮ってきました...青森~秋田への旅(2019年夏)~その1~

  • 「ロケットマン」

    タロンくんなのでずっと観に行かなくちゃと思っていたのですが、明日から小さい劇場になってしまう前に、何とか間に合って鑑賞🎵あらすじです。少年レジナルド・ドワイトは、両親が不仲で孤独だったが、音楽の才能に恵まれていた。エルトン・ジョン(タロン・エジャトン)という新たな名前で音楽活動を始めた彼は、バーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)と運命的な出会いを果たし、二人で作った「YourSong/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などヒットナンバーを次々と世に送り出して世界的な名声を得ることになる。(シネマトゥデイ)エルトン・ジョンの曲は「YourSong」など有名なものを何曲か知っているという程度なのですが、むしろ彼の独特の衣装や生き方のほうに興味を持っていたので、今回の映画はそういう意味でドンピシャでした。どうしても「ボ...「ロケットマン」

  • 「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」

    昨日公開初日の舞台挨拶回を観てきてしまいました。あれれ?自分そんなにこの作品のファンだっけ?って感じなのですが、たまたまちょうど良い日、時間だったというだけのことでして、同じ料金ならお得ですよね?笑あらすじから。春田創一(田中圭)が上海と香港の転勤から帰国し、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ天空不動産第二営業所のメンバーが彼を出迎える。そこに本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」が現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は春田たちにすぐに営業所から立ち去るよう言い放つ。狸穴の側には、本社に異動した牧凌太(林遣都)がいた。突然のことに心を乱す春田を、新入社員の山田正義(志尊淳)が元気づける。(シネマトゥデイ)ドラマ版視聴済みです。気になるところはありつつも、登場人物の背景なども割と丁寧に描かれていた良質...「劇場版おっさんずラブ~LOVEorDEAD~」

  • 『10DANCE』

    10DANCE(5)(ヤンマガKCスペシャル)井上佐藤 井上佐藤さんのコミックです。20日に最新刊(5巻)が発売されました!ダンス、社交ダンスに興味があって、BLオッケー!(と言っても、一般誌での連載なのでやんわり)な方には本当におすすめしまくりたい作品です。4巻では恋愛面でも進展があって、5巻の前半部分ではダンスのほうでも見せ場がガンガンあったので、「ひょえ~~~っ!ページを捲る手が止まらん!!!」とテンションが上がりまくりだったのですが、、、5巻後半、特に最後…えぇ…そんなぁ~😭 鈴木&杉木の間で考え方というか気持ちというか覚悟の違いが明確になってしまいましたね。杉木センセ…頼む…!!(何をだ)ダンスのこともかなり詳しく書かれています。ダンスにおける体の動きがリアルで、そして躍動感にあふれた描写が、勉強にな...『10DANCE』

  • 三浦しをん『のっけから失礼します』

    久しぶりのエッセイ新刊です!!雑誌『BAILA』で5年の間連載していたものと書き下ろしエッセイを加え、しをんさん曰く「構想5年」の超大作のようです。本当に映画みたいな謳い文句(笑)のっけから失礼します三浦しをんファッション雑誌への掲載にも関わらず(?)、相変わらずのテンションで、ファンとしては嬉しい限りでした。しかも、漫画や文楽、宝塚と言った大好物に加えて、EXILE一族へ目覚めたきっかけも判明し(知ってはいたけど、そういう経緯だったのねw)、好きなものを好きと言い切ってしまう姿勢にこれまで以上に感服しきりでございました。 ご家族とのエピソードも好きなんですが、今回も何気に仲良しなご家族のご様子をうかがい知ることができて安心しました。何様ですかって話ですけど。個人的に好きなエピソードを考えてみたのですけど、どれ...三浦しをん『のっけから失礼します』

  • 「ライオン・キング」

    ジョン・ファヴロー監督。ディズニーのアニメ作品を実写化!CGとは思えないクオリティで、それだけで観に行って良かったーと思いました。あらすじは言わずもがなですが、改めて。アフリカのサバンナに君臨する偉大なる王、ライオンのムファサが息子シンバを授かり、さまざまな動物たちが誕生の儀式に集まってくる。動物たちは、ヒヒの祈祷師ラフィキが皆の前にささげた将来の王シンバに深くこうべを垂れる。だが、自分が王になれないことに不満を募らせるムファサの弟スカーだけは、シンバの誕生を苦々しく感じていた。(シネマトゥデイ)冒頭に書きましたが、これ本当にCGなの?と思うくらいに映像美は素晴らしいです。動物たちの筋肉の動き、自然の雄大さなど、そこまで表現できるものなんですね。いやはや、技術はどこまで進化し続けるんだろう…もう私は見届けていく...「ライオン・キング」

  • 「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」

    感想を書くかどうか迷いますね…なんかヤバいものを観てしまったという第一印象、そして、だんだんこの映画は何のために作られたの?と考え始めてしまい、頭の中がぐるぐるしています。以下、ネタばれも含まれます。まずはあらすじから。少年リュカは、ゲマが率いる魔物たちにさらわれた母を取り戻すため、父のパパスと共に旅をしていた。旅路の途中で彼らはついにゲマと出くわし、パパスは魔物たちと激しく戦うが、リュカが人質にとられてしまう。反撃できなくなったパパスが息子の目前で失意のうちに命を落としてから10年が過ぎ、故郷に戻ったリュカは父の日記を見つける。(シネマトゥデイ)フル3DCGアニメーションです。ストーリーは「ドラゴンクエストV天空の花嫁」を原案にした物語で、ドラクエの中でも結構人気のある作品だと思います。私も実際にプレイしてい...「ドラゴンクエストユア・ストーリー」

  • ホキ美術館展

    先日、岩手県立美術館で開催中のホキ美術館展へ行ってきました。ホキ美術館は千葉市にある写実絵画専門の美術館。いつか行ってみたいと思っていたところでこの企画展、ますます行きたい気持ちが強くなりましたよ〜!写実絵画と一言で言っても、作者によって特徴も異なる一方、対象にじっくり向き合っていることがどの作品からも伝わってきました。写真とも違うのですよね。写真よりは自分の目を通して見ているほうに近いと思います。とにかく、どれも素晴らしくて、近くに寄ってみたり、離れて鑑賞してみたり、ゆっくり2時間ほど楽しみました。外は真夏日なので涼しい美術館内はホッとする空間でもありますねぇ。県に縁のある方の作品も展示されています。9月1日までなので、ぜひに〜!ホキ美術館展

  • 湊かなえ『絶唱』

    絶唱(新潮文庫)湊かなえ五歳のとき双子の妹・毬絵は死んだ。生き残ったのは姉の雪絵――。奪われた人生を取り戻すため、わたしは今、あの場所に向かう(「楽園」)。思い出すのはいつも、最後に見たあの人の顔、取り消せない自分の言葉、守れなかった小さな命。あの日に今も、囚われている(「約束」)。誰にも言えない秘密を抱え、四人が辿り着いた南洋の島。ここからまた、物語は動き始める。喪失と再生を描く号泣ミステリー。 号泣ミステリー??ミステリーではないような…4つの短編からなる本作品、それぞれのストーリーがどこかでつながっていて、それが今回の場合は効果的だったと思います。前情報なく読んでいたのですが、湊さん自身の経験や聞いたことを小説の形にしたということなのかな?そうだとしたら、今まで湊さんの作品に親しんできた方もそうではない方...湊かなえ『絶唱』

  • 「ハウス・ジャック・ビルト」

    ラース・フォン・トリアー監督だし、もう嫌な予感しかしませんですな。ヤバいという噂を聞いていたので、覚悟して行ってきました。あらすじです。1970年代のワシントン州。建築家志望の独身技師ジャック(マット・ディロン)が車で人けのない雪道を通り掛かると、女性(ユマ・サーマン)が車が故障したと助けを求めてくる。ジャックは彼女を車に乗せ修理工場まで送るが、彼女は急に態度を変えて無神経で挑発的な発言を繰り返し、ジャックは彼女に怒りを募らせる。(シネマトゥデイ)サイコパスなジャックが殺人を繰り返していく(シリアルキラーつーてました)ので、ある程度の耐性があって、R18設定であることを十分理解した人が観るべき映画だな…って思いました。直視するのも辛いシーンがありましたもん。殺人の残虐さっていうより、倫理的な問題かな。。。いや、...「ハウス・ジャック・ビルト」

  • 現代日本版「シャーロック」について

    発表されましたね…フジで10月より月9枠でスタートするという「シャーロック」。朝に一斉にリリースされて、私のTwitterではもう一日中その話題で持ちきりとなっておりました。シャーロック-フジテレビシャーロック-オフィシャルサイト。毎週月曜よる9時放送。ディーン・フジオカ、岩田剛典、出演。シャーロック-フジテレビシャーロック・ホームズ役をディーン・フジオカ、ジョン・ワトソン役を岩田剛典。う~ん、、、おディーンを主役でみられるのは嬉しいけど、それはシャーロックでか?となんか微妙な気持ちに。シャーロック・ホームズの原作を元に、現代の東京を舞台にした作品とするとしながら、BBC版の「SHERLOCK」を意識していないかと言えばそれは絶対に無いと思うので。どう考えても安易な気がしちゃうんですよね。BBC版は、ベネさんと...現代日本版「シャーロック」について

  • 「天気の子」

    新海誠監督の最新アニメーション。「君の名は。」ブームに乗らず(笑)WOWOWで観ていました。今作についてもまさか映画館で観ることになろうとは…(CMとかあちこちで流れるじゃないですかー、洗脳されそう…)あらすじから。高校1年生の夏、帆高は離島から逃げ出して東京に行くが、暮らしに困ってうさんくさいオカルト雑誌のライターの仕事を見つける。雨が降り続くある日、帆高は弟と二人で生活している陽菜という不思議な能力を持つ少女と出会う。(シネマトゥデイ)帆高くん(家出少年)と陽菜ちゃん(あることがきっかけで、祈るだけでお天気を晴れにできる)とが出会い、この2人を中心に、雨が降りやまずに薄暗い東京を舞台に若者たちが悩みながらも奮闘する姿が描かれていました。最近は異常気象やそれに伴う災害など大きな問題となっています。また、現代の...「天気の子」

  • 秋田市までぶらり

    先週末は3連休でしたが、秋田市まで行っていました。ちょうど紫陽花も見頃でした。雨もぎりぎり当たらずドライブ日和🚙秋田はお隣なんですが、秋田市内をあんなにじっくり歩くことも無かったしな~。駅に行ったのも今年の2月が初めてだったし…お昼頃に到着したのですが、市内は交通規制。何かと思ったら、駅伝が開催されていました。調べたら「与次郎駅伝」。う~ん、きっと昔に与次郎という有名な人がいたんだろうなぁというくらいで、たいして調べもせず…(与次郎はこの後も実は…)お昼に「いなにわうどん」や「いなにわそうめん」をいただいて、最初に訪れたのは秋田市立赤れんが郷土館。盛岡には旧岩手銀行の赤レンガ館がありますが、似ている感じ。でも設計者が違うので外観も少し異なります。比較しちゃアレですが、岩手銀行のほうが豪華というか凝っているような...秋田市までぶらり

  • 台湾ドラマ「年下のオトコ」

    IBC岩手放送で放送されていましたが、先日最終回を迎えました~!個人的には、こんな風なアラフォーになりたい(なりたかった…)というルビー・リンさんがヒロインで、お相手の年下の男の子を演じるのが、これまたこんな弟が欲しかったというデレック・チャン。美術学校に通うアン・チンフイ(デレック)には片思い中の同級生がいて、その関係があまり進展できない中で出会ったのが年上の女性ルオ・シャオフェイ(ルビー)。最初は印象最悪でしたが、恋人役を演じたり何かと関わる中で次第にシャオフェイのことを好きになるチンフイ。2人の距離も近くなりますが、すでにキャリアを重ねているシャオフェイと、まだまだひよっこのチンフイとでは、想い合うだけではうまくいかないことがあったり家族との関係がこじれたりと、障害もたくさんありました。さらには、シャオフ...台湾ドラマ「年下のオトコ」

  • 「アガサ・クリスティー ねじれた家」

    先日、原作を読んだばかりですが、映画版を3連休のうちに観ることができました。1日2回の上映(明日から1回に…)で、しかも1週間という短い期間でしたが、何とか都合がつきました。そして、フォーラムデイで1,100円で観られるということで、お客さんもたくさんでした~😅(割と年配のおば様たちが多かったかな)公式サイト(https://nejire-movie.jp)様からあらすじです。〈伝説的人物〉の突然の死に、英国中が驚いた。アリスティド・レオニデス、ギリシャで生まれ、若い頃に無一文で英国へ渡り、レストラン経営で大成功を収め、巨万の富を築いた人物だ。その孫娘であるソフィア(ステファニー・マティーニ)が、かつての恋人のチャールズ(マックス・アイアンズ)が営む探偵事務所に現れる。一族の誰かが祖父を殺したにちがいないと打ち...「アガサ・クリスティーねじれた家」

  • 「トイ・ストーリー4」

    日本版のキャッチコピー、『あなたはまだ、本当の「トイ・ストーリー」を知らない』とはどういうことだろう?と思いつつ、シリーズのファンとしてはやはり気になるので観てきました。あらすじから。ある日ボニーは、幼稚園の工作で作ったお手製のオモチャのフォーキーを家に持って帰る。カウボーイ人形のウッディが、オモチャの仲間たちにフォーキーを現在のボニーの一番のお気に入りだと紹介。だが、自分をゴミだと思ってしまったフォーキーはゴミ箱が似合いの場所だと部屋から逃亡し、ウッディは後を追い掛ける。(シネマトゥデイ)なんと地元映画館では2つのシアターで1日にかなりの数上映しているにもかかわらず、吹替しかやっていないという…そこなんだよねー。まあ、日本語の吹替キャストの皆さんは素晴らしいですけど。先割れスプーンでできたフォーキーの声、竜星...「トイ・ストーリー4」

  • 「新聞記者」

    これは、なかなか…映画『新聞記者』公式サイト6月28日(金)全国公開シム・ウンギョン×松坂桃李W主演!権力とメディアの裏側を描く、孤高のサスペンス・エンタテインメント!6月28日(金)、映画が日本を沸騰させるー。映画『新聞記者』公式サイト6月28日(金)全国公開あらすじから。東都新聞の記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、大学新設計画にまつわる極秘情報の匿名FAXを受け取り、調査を始める。日本人の父と韓国人の母を持ち、アメリカで育った吉岡はある思いから日本の新聞社に在職していた。かたや内閣情報調査室官僚の杉原(松坂桃李)は、国民に尽くすという信念と、現実の任務の間で葛藤する。 (シネマトゥデイ)シム・ウンギョンさんが出ている邦画ということで予告から気になっていたのですが、別の意味で話題になっているようで…実際に、平...「新聞記者」

  • アガサ・クリスティー『ねじれた家』

    ねじれた家(ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)田村隆一ねじれた家に住む心のねじれた老人が毒殺された。根性の曲がった家族と巨額の財産を遺して。状況は内部の者の犯行を示唆し、若い後妻、金に窮していた長男などが互いに疑心暗鬼の目を向け合う。そんな中、恐るべき第二の事件が…マザー・グースを巧みに組み入れ、独特の不気味さを醸し出す女史十八番の童謡殺人。映画化になっていたので、原作を読んでみようというくらいの気持ちで手に取りました。ちなみに地元の映画館では今週末から映画が公開となるため、その前に何とか読み終えました。アガサ・クリスティーを読んだのは4作目かな…それ以外でもドラマ化されてたりするのでお馴染みと言えばそうなのですが、この作品は「○○殺人事件」というのとはちょっと違った感じでした。殺人事件は起こるのですが、トリック...アガサ・クリスティー『ねじれた家』

  • 「劇場版ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん」

    ゲームの中身がわからなくてもいけました!あらすじから。単身赴任中だったアキオ(坂口健太郎)の父・暁(吉田鋼太郎)が、突然会社を辞めて家に戻ってきた。アキオは、何を考えているのかわからない父のことを知りたいと思い、ある計画を思いつく。それは「ファイナルファンタジーXIV」に父を誘導し、自分は正体を偽り一緒に冒険に出るというものだった。こうして「光のお父さん計画」が始まる。 (シネマトゥデイ)実は、スルー予定だったんですが、たまたま空き時間にちょうど良いのがこちらだったのと、好きな俳優さんたちなので観てみました。ストーリーのほうは、だいたい予想ができる内容です。正直、不自然な設定でツッコミどころが多いほうだと思います。映画にするほどのことかな…っていう疑問はあります(実際にドラマ版があったんですよね?)。が、そこは...「劇場版ファイナルファンタジーⅩⅣ光のお父さん」

  • 「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

    「アベンジャーズエンドゲーム」のショックをまだ何となく引きずっている中で、MCUのフェーズ3を締めくくる本作。締めくくりであると同時に、次の世代につながる重要なストーリー。アイアンマンであるトニー・スタークに見出され、未来、そしてアベンジャーズを託されたスパイダーマンことピーター・パーカーの、葛藤や成長を重くなり過ぎずに描いていました。あらすじを。夏休みに学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターの前に、元「S.H.I.E.L.D.」長官でアベンジャーズを影から支えてきたニック・フューリーが現れる。一方、ヨーロッパの各都市をはじめ世界各国には、炎や水など自然の力を操るクリーチャーが出現。世界に危機が迫るなか、ニックは「別の世界」からやってきたという男ベックをピーターに引き合わせる。(映画.com)トム・ホ...「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

  • 五月女ケイ子『レッツ!!古事記』

    古事記をわかりやすく!([そ]1−1)レッツ!!古事記シリーズ40万部ヒットの「新しい単位」などで知られる人気イラストレーターの「古事記入門書」の定番が待望の文庫化!([そ]1−1)レッツ!!古事記シリーズ40万部ヒットの「新しい単位」などで知られ、サブカルチャーの垣根を超えて活躍中の著者による「古事記入門書」の定番が待望の文庫化!神話の基礎知識なども網羅し、古事記や神話にこれまで縁のなかった人でも笑いながら神話が学べる一冊。紹介文の中にもあるけど、古事記や神話にこれまで縁のなかった、初心者向けの内容ではあります。古事記の一部分をイラストでわかりやすく表現してるので、より身近なものに感じられるというところが良いところ。一方で、ある程度の内容を知っている人には、少し物足りなさも…(大変かもですが、他の話も網羅して...五月女ケイ子『レッツ!!古事記』

  • 「X-MEN:ダーク・フェニックス」

    X-MENシリーズも7作目。ウルヴァリンも含めたらもっとだよねー。すごい。あらすじから。サイコキネシスとテレパシーの使い手ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)の活躍で、X-MENはすさまじいパワーを持つミュータントのアポカリプスを倒した。それから10年後、宇宙でのミッションで発生した事故によってジーンが封じ込めていた邪悪な別人格ダーク・フェニックスが解き放たれる。やがて彼女は制御不能に陥り、世界は滅亡の危機に直面する。 (シネマトゥデイ)ジーンのダークサイドが発動して自他ともに手に負えなくなり、そこに加えて宇宙からやってきた強い謎生物と闘わなければならない。バトルシーンは他のヒーローものに加えて少ないかもだけど、ミュータントたちが力を合わせて各々の特技を生かしたあうんの呼吸で敵をやっつけるという胸アツ映画だと思...「X-MEN:ダーク・フェニックス」

  • 台湾DAY♪

    台湾に留学したことのある学生を中心に、学生の有志が集まったグループができたようです。そのグループが初めて開催したイベントにお邪魔してみました。定員は20名ほどだったと思うのですが、その倍はいたのでは⁉というほどの賑わい。老若男女…まあ若い方、女性のほうが多かったですが…今回は、タピオカドリンクもフリーで提供され、台湾のお菓子なども食べられるイベントでした。留学経験のある学生がプレゼンをし、台北や高雄の風景や食べ物などを紹介。若者ならではの視点、感性が新鮮でした。私はあまり冒険をするタイプではないので(笑)タピオカミルクティーにしました。皆さん台湾に行ったことがある方が多いのかと思ったら、行ったことのない方も多くて意外でした。そっかー、そういう思い出を語り合う場ではなくて、岩手からも台湾へ行こうよ!(インバウンド...台湾DAY♪