searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

opikaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
『ありがち日記』
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/love-juce100
ブログ紹介文
私のありがちな日常を綴る日記。コツコツ更新中。
更新頻度(1年)

121回 / 365日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2015/06/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、opikaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
opikaさん
ブログタイトル
『ありがち日記』
更新頻度
121回 / 365日(平均2.3回/週)
読者になる
『ありがち日記』

opikaさんの新着記事

1件〜30件

  • 「エジソンズ・ゲーム」

    お久しぶりです!ベネディクト・カンバーバッチさん🥰ストーリー:19世紀のアメリカ。白熱電球を事業化した発明家のトーマス・エジソン(ベネディクト・カンバーバッチ)は、大規模な送電には直流が適していると考えていた。だが実業家のジョージ・ウェスティングハウス(マイケル・シャノン)は、交流の方が安価で遠くまで電気を送れるとして、交流式送電の実演会を開いて成功させる。それを知ったエジソンは、世論を誘導しようとする。(エジソンズ・ゲーム(2019)-シネマトゥデイ)原題が「THECURRENTWAR」、こっちのほうがこの映画のことを表していると思うんだけど、うまく邦題にできなかったかな…確かにエジソンは主人公かもしれないけど、発明家エジソンV.S.実業家ウェスティングハウスって感じのお話。全然知らなかったなぁ。直流か交流か...「エジソンズ・ゲーム」

  • 台ドラ「悪との距離」

    全10話見終わりました!(→前回の記事:台湾ドラマ「悪との距離」見始めました!-『ありがち日記』)うーん、最初の1、2話でも重いなぁと思っていたのだけど、もっとしんどい展開が多々あった。気軽におススメできないけれど、観る価値はあるよ、とだけ。登場人物は、ある殺人事件の関係者たち。事件で息子を失ったチャオアンはテレビ局で働いており、その部下として名前を変え素性を隠して働いているのが事件の犯人の妹ダージー。お互いにそうだとは知らずにいるのだけど、ある時ダージーはチャオアンが被害者遺族であることを知ってしまう…。後にチャオアンもダージーのことを知ることになるわけだけど、一番辛かったのは、ダージーの兄で犯人であるシャオミンの死刑執行が行われたところから。もう胸が苦しくて…。あのシーンは二度も見たくない。そしてシャオミン...台ドラ「悪との距離」

  • 寺地はるな他『明日町こんぺいとう商店街 心においしい七つの物語』

    シリーズ4作目とは知らず、寺地さんのお名前を見て手に取った本。明日町こんぺいとう商店街心においしい七つの物語(ポプラ文庫)寺地はるなポプラ社ストーリー:ようこそ!すこし不思議で、どこかなつかしい「明日町こんぺいとう商店街」の世界へ――。マスコットの「招きうさぎ」が目印の商店街を舞台に、七名の人気作家が描く、ほっこりおいしい物語。お気に入りのお店がきっと見つかりますよ。(([ん]1−14)明日町こんぺいとう商店街心においしい七つの物語)心がほんわか温まるアンソロジー。7人の作家さんの中にははじめましての方もいらっしゃるけれど、同じ商店街を舞台に素敵な作品ばかりなので、もともとの目的抜きで楽しめた一冊。商店街のお店一つ一つ取り上げられる形で綴られ、それぞれのお店を営む人には何かしら抱えているものがあるのだけど、この...寺地はるな他『明日町こんぺいとう商店街心においしい七つの物語』

  • タイドラマ「Dark Blue Kiss」

    「2gether」に続き、タイのBLドラマ視聴が止まらない…!!DarkBlueKissจูบสุดท้ายเพื่อนายคนเดียว|OfficialTrailer[EngSub]こちら、7月末でYouTubeでの日本語字幕での視聴が無理?になるっぽい。大人の事情ってやつ。最近日本でもタイのBLドラマ人気が出てきたおかげで、日本での放映が決まっちゃうと版権の問題とかがあるんだろうなぁと私の中では2geが一番の作品なのだけど、こちらはこちらで非常に良い作品。PeteとKaoが恋人としてそれなりの月日を過ごしてきて、深く理解しあっている一方で、親や友達にその関係を打ち明けるかどうかで悩んだり、互いの性格ゆえにすれ違いが生まれたりと問題が出てくる。でも、これまで過ごしてきた時間は無駄じゃないなっていうか、ちゃん...タイドラマ「DarkBlueKiss」

  • 「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

    好きなシリーズの劇場版第2弾。どの映画もだけど、本作も公開が延期されて、やっとという感じ😅ストーリー:世界屈指の大富豪として知られるレイモンド・フウ(北大路欣也)が逝去し、彼の子供たちのブリジット(ビビアン・スー)、クリストファー(古川雄大)、アンドリュー(白濱亜嵐)が遺産をめぐってにらみ合うが、相続人として発表されたのは所在のわからない隠し子のミシェル・フウだった。すると、10兆円とされるばく大な遺産を狙うため、世界各国から詐欺師たちが集まりミシェルを装う事態になり、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)もフウ家に潜り込む。(コンフィデンスマンJPプリンセス編(2020)-シネマトゥデイ)メンバーが変わらずなところが嬉しい🎵今回も楽しく騙された!そしてこの物語を仕組...「コンフィデンスマンJPプリンセス編」

  • 東川篤哉『探偵さえいなければ』

    烏賊川市シリーズ8作目の短編集。文庫派の私はしばらく待っている間にすっかり忘れている…なんてことが結構あったんだけど、読書アプリを入れるようになって、それも無くなってきたかなぁ。探偵さえいなければ烏賊川市シリーズ(光文社文庫)東川篤哉光文社ストーリー:さまざまな着ぐるみが集う烏賊川市のビッグイベント「ゆるキャラコンテスト」。その準備中に、一人の出場者が胸を刺されて死んでいるのが発見された!事件解決のリミットはコンテスト開始までの一時間。探偵の鵜飼は真相解明に乗り出すが――。(「ゆるキャラはなぜ殺される」)おなじみ烏賊川市の面々がゆるーく活躍する、大人気ユーモアミステリー傑作集!(光文社:https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334779580)今作もめっちゃゆ...東川篤哉『探偵さえいなければ』

  • 台湾ドラマ「悪との距離」見始めました!

    話題になっていたので気になっていた本作。primevideoでも配信が始まったのでやっと視聴!悪との距離悪との距離ストーリー:2年前、ある映画館で起きた無差別殺人事件。そのとき息子を失った報道局の副局長・宋喬安(ソンチャオアン)は、一層仕事に打ち込む日々を送っていた。ある日、宋喬安は新人アルバイト李大芝(リーダージー)の適正を見抜き、編成業務を任せる。しかし彼女は、息子を殺した殺人犯・李暁明(リーシャオミン)の妹だった。一方、李暁明の弁護士・王赦(ワンシャー)は、稀代の悪人の味方だと世間から批判を浴びながらも、揺るぎない信念で職務に奔走する。王赦の粘り強い働きかけにより、これまで黙して語らなかった李暁明が心を開きかけたとき事態は急変し……。(悪との距離:SPOドラマ倶楽部)噂通り、すごい作品と出会った…まだ見始...台湾ドラマ「悪との距離」見始めました!

  • 七月隆文『ケーキ王子の名推理5』

    『ケーキ王子の名推理(スペシャリテ)』の第5弾!さらに甘い2人に胃もたれ(笑)ケーキ王子の名推理5(新潮文庫)七月隆文新潮社ストーリー:お砂糖より甘いものまだ知らなかった。ついに、未羽と颯人は恋人同士に。イケメン王子と夢の手つなぎ登校で学校中が大騒ぎ。週末には横浜中華街で初デート......神展開に幸せ絶頂の未羽だけど、嬉しいだけ不安も募るのが交際したてあるあるで......?表参道を舞台にしたスイーツ事件、ハロウィンパーティーで明かされる意外な謎――。初々しい二人を応援する新章「恋人編」。甘さふくらむ青春スペシャリテ第5弾。(新潮文庫nex特設ページhttps://www.shinchobunko-nex.jp/special/180050.html)めちゃくちゃ甘い告白シーンで終わった前作から約1年?晴れて...七月隆文『ケーキ王子の名推理5』

  • 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」

    タイトルのレイニーデイ通りな雨の一日。今日みたいな日にぴったりな映画だな。ウディ・アレン、80歳超えても頑張ってますわ…ストーリー:学校の課題として著名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)のインタビューをマンハッタンですることになった大学生のアシュレー(エル・ファニング)。彼女と恋人のギャツビー(ティモシー・シャラメ)は、それを機に週末をマンハッタンで楽しむことに。ニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内しようと張り切るが、ポラードに新作の試写に誘われた彼女が約束をキャンセルするなど、次々と予想もしていなかった出来事が起きる。(レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019)-シネマトゥデイ)ニューヨーク。きっとこんな風にいろんな物語が日々繰り広げられるような街なんだろう...「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」

  • 黒澤はゆま『小説で読む名作戯曲 曾根崎心中』

    文楽が観たくなる!!原作/近松門左衛門小説で読む名作戯曲曽根崎心中黒澤はゆま光文社ストーリー:元禄時代、難波の街。物心ついたころから、廓という特殊な世界で生きてきたお初。醤油屋の手代・徳兵衛に惹かれ、愛し合うものの、途絶えた二人の未来。向かった先は、曽根崎の森だった。華やぎと活気、そして死を縁取る闇。騙り、憎しみ、絶望、そして愛。すべてを呑み込む大坂の街で、「恋の手本」となった二人の物語。元禄文化を代表する近松作品の最高傑作を、気鋭の歴史小説化が描く。(https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334951788)文楽や歌舞伎などでは有名な近松門左衛門の戯曲、曾根崎心中。それを歴史小説家の黒澤はゆまさんが我々現代人にも馴染みやすく小説という形で描いている本作。たぶ...黒澤はゆま『小説で読む名作戯曲曾根崎心中』

  • 映画館で「風の谷のナウシカ」

    映画の番外編的な。一生に一度は、映画館でジブリを。というキャッチフレーズのもと、ジブリ4作品が6月26日から劇場公開されているので、そのうちでも映画館で観たことのない「風の谷のナウシカ」を観たよ。だって公開されたの30年以上前だものね。詳しくは、👇がわかりやすいのでどうぞ。TOHOTHEATERLIST/一生に一度は、映画館でジブリを。『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』シアターリストストーリーは今さらなんで書かないけれど、テレビで観ているのとは全然違う迫力。スクリーンで観る王蟲は特にすごい。あと、「あ、ここでこんな音がしてたんだ!」なんていう発見があったり。周りに集中力を切らすようなものが無くのめり込めるので、台詞を憶えているくらい何度も観ている作品であっても感動してしまったわ…...映画館で「風の谷のナウシカ」

  • 山﨑圭一『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

    世界史を学び直したいなぁと思っていたので、友人におすすめされたこちらを。一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書公立高校教師YouTuberが書いた山崎圭一SBクリエイティブ現役の高校教師であり、YouTubeに世界史の授業動画を公開したら話題になったという著者による、新感覚の世界史教科書。年号の記載が無くて、歴史を一つのストーリー仕立てで捉えるというところは確かに新しい。高校時代に世界史を選択していて、一番好きな教科だったにもかかわらず、年号と単語とをひたすら覚えていただけで、世界の歴史を俯瞰して捉えられていなかったんだなと改めて気付かされることに。確かに年号を知りたいと思うところもあるし、記載されていない部分もあることはあるのだけど、あくまで導入として最適なのでは。ここからもっと詳しく知ろうと思えば可能であ...山﨑圭一『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

  • 恩田陸『終りなき夜に生れつく』

    文庫の新刊出てるー!と、何も考えずに手に取って、読み始めてから気付いたんだけど(こらこら😅)、『夜の底は柔らかな幻』のスピンオフ、というか前日譚だったんだ。終りなき夜に生れつく(文春文庫)恩田陸文藝春秋ストーリー:僕たちは、同じ種族だ。永遠に終わらない夜を生きていく種族。のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、犯罪者たちの王として君臨する男、神山。市民に紛れて生きていた彼を追う雑誌記者が見たものとは――。強力な特殊能力を持って生まれてきた少年たちは、いかにして残虐な殺人者となったのか。『夜の底は柔らかな幻』で凄絶な殺し合いを演じた男たちの過去が今、明らかになる。(文春文庫『終りなき夜に生れつく』恩田陸|文庫)『夜の底は~』も世界観は好きで終盤まで夢中に読んだほど。(最後は「え?」って感じだったけどね)「イロ」と呼...恩田陸『終りなき夜に生れつく』

  • 「台湾、街かどの人形劇」

    どんな文化芸術も、たとえそれが人々の生活の一部であったとしても、必要でなくなる時があるんだろうか…ストーリー:台湾の民間芸能の一つ「布袋戯」の人形遣いチェン・シーホァンは、80歳を超えてなお世界中で精力的に公演を行ってきた。人間国宝に認定された彼が動かす人形たちの細やかで生き生きとした動きは、人々の心をつかんで離さない。1970年以降、現代風にアレンジされた布袋戯がテレビで人気を集めるようになるが、伝統的な布袋戯の観客は減少していく。チェン・シーホァンは何とか伝統を守ろうと奔走する。(台湾、街かどの人形劇(2018)-シネマトゥデイ)人間国宝に認定されているけれど、悠々自適な隠居生活とはいかないのが芸の道。伝統芸能の継承者問題は常々取り上げられる課題だけれど、ここでもやはり起きていた。しかもかなり存続は危うい…...「台湾、街かどの人形劇」

  • 韓ドラ「私の恋したテリウス~A Love Mission~」見始めました

    本当は、BrightWinのFMについて書きたかったけど、諸々あってまた今度…(「今度」が本当にあるかどうかは私の気分次第なところもあるんだけど😅)今日は最近見始めた韓国ドラマについて。久しぶりだなー。本当は某中国ドラマを見る予定だったんだけど、そっちの話数が多くて躊躇してしまったw「私の恋したテリウス〜ALoveMission〜」公式サイト同時間帯視聴率No.1!「主君の太陽」ソ・ジソブ待望の最新作!突然現れたミステリー男が、魔法のような日常をプレゼント!?恋のミッションが最高のロマンスを紡ぎだす、2019年No.1ラブ❤エンターテイメント!「私の恋したテリウス〜ALoveMission〜」公式サイトチョン・インソン×ソ・ジソブ。ソ・ジソブ、コメディ感の強い作品の記憶が残っていて、また今回もそんな感じかな?と...韓ドラ「私の恋したテリウス~ALoveMission~」見始めました

  • 今週末は…FM!!

    約1か月ほど前、何気に見始めたタイBLドラマ「2getherTheSeries」。そして、そこから急激に深い沼へ…もとい沼底へと沈みまくっている私。YouTubeでのドラマ配信も、日本からは大人の事情で観られなくなっちゃって(どうかBestな状態で配信をお願いします!!)、GMMTV公式さんが供給してくれる動画やその他のプログラムを観ることで何とか生きていられるわけで…そんな私が今週楽しみにしているのがこちら。GLOBALLIVEFANMEETING|GMMTV2getherのBrightくん&WinくんのオンラインFMが土曜日に開催されるよ😃💗もしかしたら何とかぎりぎり生存できていた沼の住民が、今度は一斉に墓へ…ってことも無くはないかもしれない。オタクはつらいよ。どうなっちゃうかな??私もわからない。何とか生...今週末は…FM!!

  • 木原音瀬『秘密』

    サスペンス?ミステリ?って思ったら…秘密【講談社版】(講談社文庫)木原音瀬講談社ストーリー:真夏の夜、寝床を捜して深夜の街を彷徨っていた啓太は、杉浦充という男と出会いセックスを条件に部屋に泊めてもらう。男と寝たい訳ではなかったが、啓太は自分のアパートに帰りたくなかった。大きな冷凍庫が唸る部屋で、独り夢を見たくなかったからだ。悪夢を抱えていた啓太にとって、泊めてくれる杉浦は都合のいい相手だった。しかし、杉浦の一途な想いに心が揺れるようになり…。(『秘密』(木原音瀬):講談社文庫製品詳細講談社BOOK倶楽部)啓太の部屋にある大きな冷凍庫には、自分が殺した恋人の死体が。そのことで悪夢にうなされる毎日だが、杉浦という男と出会ってから変わり始める。あらすじと、最初のあたりを読んでいるところでは、サスペンス色の強いストーリ...木原音瀬『秘密』

  • 「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」

    かの有名な『若草物語(LittleWomen)』の映画版。これまでも映像化作品はあれど、こちらは割と原作に忠実な出来で、現代を生きる女性像とリンクするような次女ジョーの視点から描かれてます。ストーリー:しっかり者の長女メグ(エマ・ワトソン)、アクティブな次女ジョー(シアーシャ・ローナン)、ピアニストの三女ベス(エリザ・スカンレン)、人懐っこくて頑固な四女エイミー(フローレンス・ピュー)、愛情に満ちた母親(ローラ・ダーン)らマーチ一家の中で、ジョーは女性というだけで仕事や人生を自由に選べないことに疑問を抱く。ジョーは幼なじみのローリー(ティモシー・シャラメ)からの求婚を断って、作家を目指す。(ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019)-シネマトゥデイ)本格的に新作公開な感じで嬉しい🎵公開延期になる...「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」

  • ユリの花だらけ

    先週末のことなので今更だけど…雫石町産のユリがアイーナに飾られてましてね。用事で出かけたのでついでに写真を📸✨さすがにこれだけの量が咲いていると、このフロアだけじゃなくてエスカレーターで昇ってくる間にもかなり匂いが…😅ピンクや白いのはオリエンタル種、黄色はスカシ。たぶん白いのはザンベジ(この展示には関わっていないけど、生産者に確認したので間違いないかと)。ユリは香りがきついものもあるので、不特定多数の来館する施設でこの数を展示するのは割とリスキーな気もするんだけど、コロナのせいで花も売れなくなっている状況を知ってもらうには確かに効果があったのかな。ユリの花は特に冠婚葬祭なんかでもよく使われるので。展示が終わった後、まだ咲いていたと思うんだけど、どうなったんだろう…?そこだけ気になる(笑)ユリの花だらけ

  • 「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」

    シャーリーズ・セロンとセス・ローゲンが主演、安定安心のラブコメ💜映画館でこういう映画を観たのは久しぶり!ストーリー:アメリカの国務長官として世界中を駆け回るシャーロット(シャーリーズ・セロン)は、大統領選への出馬に向けて、選挙のスピーチ原稿をジャーナリストのフレッド(セス・ローゲン)に依頼する。フレッドは、常にその動向が注目されるシャーロットと行動するうちに、自分とは不釣り合いと知りながら彼女のことを好きになるが、その先には幾多の難関があった。(ロング・ショット僕と彼女のありえない恋(2019)-シネマトゥデイ)いわゆる高嶺の花であるシャーロット、そして彼女とはビジュアル的にも職業的にも不釣り合いなフレッド。2人はかつてお家が隣同士の顔なじみで、とあるパーティーで久々に再会。ともに行動するうちに次第に惹かれ合う...「ロング・ショット僕と彼女のありえない恋」

  • 台湾ドラマ「私の隣に元カレ」

    レイニー・ヤン×ラン・ジェンロンなんと「流星花園」に2人とも出演していたものの、共演シーンは無く、今回が17年の時を経ての共演ってことらしい。ふ~ん、意外。今じゃ両者とも主演作品がたくさんある実力派だよね。SPO公式サイトから引用させていただいて、ざっくりと説明。結婚目前のヒロインの前に、ある日突然高校生の姿をした元カレの幻影が現れた…?!優しい今カレ&忘れられない元カレの間で揺れるヒロインの姿を描く、共感必至のラブストーリー!!最初これを読んだときに、元カレの幻影が幽霊的な感じで出てくるのかと思ってたんだけど、もっと普通にそこにいるって感じだったかな😅しかも、実体を持って存在するというよりは、ヒロインの心の中の存在が、本人だけに形になって見えるというか?難しいけど、そんな感じで急に登場する(笑)怖すぎだよね。...台湾ドラマ「私の隣に元カレ」

  • 「囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather」

    R-18指定の人気BLコミック「囀る鳥は羽ばたかない」の劇場版です。ストーリー:傷害事件を起こして服役していた元警察官の百目鬼は、道心会傘下・真誠会の若頭で好色かつマゾヒスティックな矢代の付き人兼用心棒になる。自己矛盾に苦しむ矢代と、彼に絶対的な忠誠心を持つ百目鬼は、少しずつ距離を縮めていく。(囀る鳥は羽ばたかないThecloudsgather(2020)-シネマトゥデイ)原作はヨネダコウ先生の人気作品。私も好きな作品。あの矢代が、百目鬼が、三角さんが喋って動いてる~!と感動だし、声もぴったりだし、世界観そのままでよくできているアニメ作品だと思う…私が知らなかっただけで、これ続くんだね😅いいところで終わっちゃってモヤモヤしていたんだけど、続くなら納得かなぁ。矢代と百目鬼との出会いから、2人が距離を縮めていく様子...「囀る鳥は羽ばたかないThecloudsgather」

  • 「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」

    グザヴィエ・ドラン監督作品。ドランさすがなのは、GoTのジョン・スノウ役で注目のキット・ハリントン主演、天才子役(と私は思っている)ジェイコブくん、ナタリー・ポートマンなど、キャスティングも絶妙なんだよねー。ストーリー:人気のテレビシリーズに出演し、瞬く間にスターになった俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が、29歳の若さで亡くなる。やがて謎に包まれた死の真相が、11歳の少年ルパート(ジェイコブ・トレンブレイ)との間でひそかに交わされていた100通以上におよぶ手紙によって明らかになる。(ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018)-シネマトゥデイ)前作はいまいちピンと来なかったんだけど、今作は良かった…。彼の作品はとにかく彼という存在そのものをぶつけてきている印象だけど、これもまたそう。ジョン(この...「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」

  • 『特別な友情―フランスBL小説セレクション―』

    フランスBL小説のアンソロジー。特別な友情:フランスBL小説セレクション(新潮文庫)Rimbaud,Arthur新潮社ストーリー:ラベンダーの香り立ちこめる寄宿舎の暗がりで、栗色の髪の高貴な僕と美しい君は、神の目を盗んで今夜結ばれる。ランボー、コクトー、ジッド……。憧れの人との初恋が幼い心弾ませるブロマンスから、固く組み敷かれた受難の小羊が、甘い罰に呻くハードコアまで。輝かしいフランス文学の一隅に息づく、美少年たちの「友情以上の熱い関係」の物語を耽美な新訳で味わう、あなたを満たす12篇。(ロジェ・ペールフィット、アンドレ・ジッド、ロジェ・マルタン・デュ・ガール、マルセル・プルースト、ポール・ヴェルレーヌ、アルチュール・ランボー、ラシルド、ジャン・コクトー、ジャコモ・カサノヴァ、ジャン・ジュネ、ジョリ=カルル・ユ...『特別な友情―フランスBL小説セレクション―』

  • ナショナル・シアター・ライヴ 2020 「フリーバッグ」

    先日観てきたNTLiveの「フリーバッグ」。ドラマが話題になっているらしいけれど、そちらは未見です。NTLiveの公式サイトから解説を引用👇アマゾンで配信中のドラマ「フリーバッグ」の元になった舞台。ドラマは2019年テレビ批評家協会賞でプログラム・オブ・ザ・イヤーを含む3部門を受賞し、同年エミー賞では11部門にノミネートされた。イギリスでは主演の衣裳や小物の検索率が34~38%増加し、その人気は“フリーバッグ・エフェクト”とも呼ばれた。ドラマで知名度が上がった舞台版の映像上映は、日本のNTLiveファンからも期待の声がとても多かった。皮肉屋で常識外れのシングル女性を主人公にした、心に深く刺さるドラマ。(フリーバッグ|ntlivejapan)ドラマ版の主演も務めたフィービー・ウォーラー=ブリッジによる一人芝居で、...ナショナル・シアター・ライヴ2020「フリーバッグ」

  • 雨の休日は…カフェでまったり。

    3月くらいから友人と直接会うこともほぼなかったのだけど、やっぱりいろいろと話したいこともあり、幼馴染とカフェへ☕決して便のいい場所とは言えないところにある人気カフェ。雨でもそれなりにお客さんはいるもので。カップルや若い女子グループ、家族連れ。でもガヤガヤするほどでもなく、ゆったりできたかなー。自粛の中、自宅でどんなふうに過ごしていたか、その話が一番盛り上がったなー。趣味がまったく違うんだけど、どの業界もオンライン化の波は同じで、追いつくためにあたふたする友人の姿を想像して笑えたり、逆に私がタイのBLドラマにハマった話を聞いてくれたり(でも趣味が違うから布教には至らず…w)楽しい時間はあっという間で、また時間ができたらお茶しようということでお開き。早くあちこち行けるようになるといいね。あ、そうそう、家で食べようと...雨の休日は…カフェでまったり。

  • 「羅小黒戦記」

    中国のアニメ作品。ポスターで可愛い黒猫が描かれていたので、勝手にほんわか系の作品化と思ってたら(戦記って書いてるのにね😅)、結構激しいアクション満載作品だったので驚き。そして想像以上に面白かったわー。ストーリー:妖精はただの伝説ものだと思われるが、本当はこの世界に実在するものだ。妖精はすべてが怖くて悪いものではない。人間の格好をして人間社会に溶け込むものもいれば、山の奥に隠して暮らすものもいる。猫の妖精羅小黒(ロシャオヘイ)は、森で楽しい日々を過ごしていたが、人類の開拓により、森を追われ、あちこちを放浪し、暮らせる場所を探す旅に立った。旅の途中で妖精と人間の仲間たちと出会う。そこで出会ったのは、同類のフーシー(風息)と人類のムゲン(無限)。小黒(シャオヘイ)は二人と一緒に、信頼・理解・責任を学んでいき、ムゲン(...「羅小黒戦記」

  • 新たな沼へ…「2gether The Series」

    SNSなどで見かけてずっと気になっていた、タイのBLドラマ。暇なもんで、つい手を出してしまい、その上どハマり(笑)YouTubeで毎週1回更新されていて、その後日本語の字幕を付けてくださる方がいらっしゃるので、言葉の問題は一切なし。今さらハマっているので、全13話のうちすでに12話まで進んでいる状況…残り1話じゃん!!いや…良かったかもしれない。だって1週間も待たなくていいわけだから。待たされるのは辛い。เพราะเราคู่กัน2getherTheSeries[OfficialTrailer]とりあえず、トレイラーだけでも見てみて欲しいんだ…お国の文化の違いを楽しみつつ、でも萌えやキュンはどこの国でも共通なんだな~って思うね。見事に理想のシチュエーションを盛り込んでくるものだから、毎回ニヤニヤしながら見ちゃ...新たな沼へ…「2getherTheSeries」

  • 三浦佑之『古事記神話入門』

    三浦佑之さんの本を読むのは2冊目。古事記のことを知りたい方は、まずこちらを読むのがおすすめ。古事記神話入門(文春文庫)佑之,三浦文藝春秋ストーリー:イザナキ、イザナミの国生みから、高天原を混乱に陥れたアマテラスとスサノヲの諍い、ヤマトによる出雲制圧、初代天皇イハレビコの誕生まで、ベストセラー『口語訳古事記』の著者が、さらにわかりやすく「あらすじ」と「解説」で紹介する決定版古事記入門書。初代天皇からの系図や2020年に編纂1300年を迎える日本書紀との比較表も掲載されており、古事記神話の成り立ちがコンパクトに見わたせる。古事記ゆかりの場所の写真もカラー口絵で紹介。令和の時代を生きる日本人にとって必読の「国のはじまり」の物語。(文春文庫『古事記神話入門』三浦佑之|文庫)古事記って難しそう…と思っている方や、ただの古...三浦佑之『古事記神話入門』

  • 「レプリカズ」

    お家で映画鑑賞🎬未見だったキアヌ・リーヴス主演「レプリカズ」を観ました!ストーリー:人間の意識をコンピューターに移行させる実験を続け、成功目前まで近づいた神経科学者のウィリアム・フォスター(キアヌ・リーヴス)は、事故で家族を失ってしまう。深い悲しみの中、彼は家族のクローンを作り出し、そのなかに彼らの意識と改ざんした記憶を移し替える。そして今までと変わりない生活を送ろうとするが、実験の動向をチェックしていた政府の組織がサンプルとして家族を奪おうと画策していた。(レプリカズ(2017)-シネマトゥデイ)天才科学者のキアヌというのも珍しいですが、それだけじゃなくて、この作品の中で彼が演じるウィリアムもまた非常にツッコミどころ満載のキャラでして…。人間の意識をコンピューターに移行させる実験が成功目前。そんな時に妻や子供...「レプリカズ」

カテゴリー一覧
商用