searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

上江洲 規子さんのプロフィール

住所
藤井寺市
出身
富田林市

弱音を飲み込み、人に頼られるのが得意な長女タイプのあなた。ふ、としんどさを感じたとき、気軽におしゃべりできる相手のような自分にぴったりの守護神を見つけてみませんか?

ブログタイトル
守護神のさがし方|神話ライター上江洲が教える
ブログURL
https://ameblo.jp/norichan-obachan/
ブログ紹介文
自分だけの守護神を見つけませんか?日本の神様を知りたい人に。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2015/05/21

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、上江洲 規子さんをフォローしませんか?

ハンドル名
上江洲 規子さん
ブログタイトル
守護神のさがし方|神話ライター上江洲が教える
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
守護神のさがし方|神話ライター上江洲が教える

上江洲 規子さんの新着記事

1件〜30件

  • ご縁のこと、あるいは座禅体験

    今日のラッキー神社 取材で出会った後、お付き合いが続いている方が2人います。一人は弥生博の元学芸員さんで、今では「ガッツリ信頼できる友人」ですね。取材後2年ほ…

  • 人間なんて

    今日のラッキー神社 孤独について考える。何かあったわけじゃなく、ボヘミアン・ラプソディを観返しただけだけど(笑)ラミ・マレックのでっかい目に「 孤 独 」の二…

  • 《武器を愛した》五十瓊敷入彦命 5

    今日のラッキー神社 五十瓊敷入彦命の事績は、垂仁天皇39年から、一気に87年に飛びます。 ……というより、日本書紀の垂仁天皇条自体が、40年から86年の間に何…

  • 《武器を愛した》五十瓊敷入彦命 4

    今日のラッキー神社 五十瓊敷入彦の次の事績は、垂仁天皇39年の秋。剣千口を鍛造させたとあります。 剣は「川上部(かわかみのとも)」と呼ばれるのですが、その理由…

  • 《武器を愛した》五十瓊敷入彦命 3

    今日のラッキー神社 次に五十瓊敷入彦の名が登場するのは、垂仁天皇35年のこと。後継者が決まったとき、彼が15歳前後だと考えれば、このとき20歳前後だったはずで…

  • 《武器を愛した》五十瓊敷入彦命 2

    今日のラッキー神社 五十瓊敷入彦命には、大足彦という同母弟がいました。 垂仁天皇30年と言いますから、西暦にするとちょうど1年のこと。垂仁天皇の御歳70歳です…

  • 《武器を愛した》五十瓊敷入彦命 1

    今日のラッキー神社 おんもに出づらい状況が続いております。徒歩1時間圏内なら気にせず歩きに出ていますが、徒歩1時間って、存外に狭いですよね。河内は史跡がたくさ…

  • 好悪感情

    今日のラッキー神社 嫌いな声ってあります? Facebookの広告で、「やらないこと10」ってのが流れてきました。≪人間関係で「10個のしないこと」≫1. 人…

  • 《武器を愛した》五十瓊敷入彦命ゆかりの神社

    今日のラッキー神社 五十瓊敷入彦に関する神話は、どれもとても素っ気ないのですが、彼が土木工事の優れた技術を持っていたこと。武人として秀でていたことなどがうかが…

  • 宇治

    今日のラッキー神社 緊急事態宣言は延長されましたが、内容は少し緩和。だから1日は、感染拡大につながらないようにしながら、どっか出かけようと考えました。 最初は…

  • Femme fatale

    今日のラッキー神社 絵画を鑑賞する際、「Femme fatale(ファム・ファタール)」というテーマは避けて通れません。作家の創作意欲を燃えさせる「ミューズ」…

  • 自尊感情のこと

    今日のラッキー神社 自己肯定感、自己有用感、自尊感情。近年、特に教育の場などで、よく聞くようになった言葉です。 自分は役に立っていると感じ、そんな自分を誇れる…

  • 贖罪のこと

    今日のラッキー神社  自尊感情の話題とダイレクトにつながるわけじゃないんですが……。名古屋アベック殺人事件の主犯とされた元少年についての記事を読んだんです。 …

  • 公園散歩

    今日のラッキー神社 「行ってみたいな」と思ったお店のページをフォローしているので、真面目に感染対策をして、指示にしたがって営業しているお店の悲鳴が、Faceb…

  • アカデミスト

    今日のラッキー神社 学説から大きく乖離する説を話半分で聞いてると、「あなたも権威主義者なんですか?」と言われることがあります。アカデミズムは、権威を重んじる態…

  • ヒツジグサ

    今日のラッキー神社 ず~っと探していました。ヒツジグサ。日本で自生する、唯一のスイレン属。その名の由来は、未の刻ごろに花を開くからだとも、閉じるからだとも。写…

  • 《種を越えた恋》オシラさま 7

    今日のラッキー神社 それでは、天女とはいったい、なんなのでしょう。 人間の娘と犬や馬の婿。天女と人間の男。 どちらも女性の方が、「上」の立場に描かれているのが…

  • 《種を越えた恋》オシラさま 6

    今日のラッキー神社 蛇は水の神ともされますから、蛇婿話は、よく荒れる川や淵に差し出された人身御供の娘を暗喩しているのかもしれません。 では、馬や犬はなんの暗喩…

  • 《種を越えた恋》オシラさま 5

    今日のラッキー神社 もちろん、蛇の正体が神ではなく、「禍々しい存在」とされることもあります。 今昔物語だったか、堤中納言物語だったか、探してみても見つけられな…

  • 《種を越えた恋》オシラさま 4

    今日のラッキー神社 人間の娘に恋をする動物として、もしかして一番多く描かれているのは馬でも犬でもなく、蛇かもしれません。 蛇の場合、最初からその正体は知られて…

  • 《種を越えた恋》オシラさま 3

    今日のラッキー神社 人間の娘に恋をする動物は、馬だけではありません。犬もまた、よく人間の娘に懸想しています。 八犬伝の導入も、確かそうだったはず。 今昔にも、…

  • 《種を越えた恋》オシラさま 2

    今日のラッキー神社 馬と人間の娘の恋物語は、オシラ様ばかりではありません。角川書店の『日本の伝説』を読んでいたら、馬が人間の娘に懸想する話は、ほぼほとんどの都…

  • 《種を越えた恋》オシラさま 1

    今日のラッキー神社 神話とはちょ~っと違うんですが、羽衣天女は人間の男の妻となって、幸せだったかどうかっていう流れから、オシラ様のお話しを紹介しましょう。 オ…

  • 千手観音

    今日のラッキー神社 自動車税を支払いに行ったついでに、葛井寺へ。毎月18日は、ご本尊である千手観音菩薩の開帳日なんです。世に千手観音は数あれど、本当に千本以上…

  • しつこいけど

    今日のラッキー神社 何度も言うようですが、定期的に言います。 私は「スピリチュアル」には関わりません。 もちろん私は、「スピリチュアル」な感覚も世界もあると思…

  • 近畿は梅雨入り

    今日のラッキー神社 サマセット・モームの『赤毛』に「愛し合っている二人でも、愛するのは片方だけで、他方は愛されるに任せているだけなのだ」という言葉が紹介されて…

  • カエルの子は

    今日のラッキー神社  池のそばの沼地で、体長1センチほどのカエルを見つけました。 沼地で、これ以上近づこうとすると、多分泥にスニーカーを取られちゃうので、指と…

  • under the

    今日のラッキー神社 昨日は、密を避けて車で泉南のローズガーデンへ。 under the roseが「秘密に」を意味する連語なのは、確か「悪魔の花嫁」で知ったん…

  • 紫草

    今日のラッキー神社 ムラサキ科の花はどれも似ていて同定が難しいんですが、これは紫草。日本の固有種で、 花言葉は「あなたの弱さゆえに、私はあなたを愛します」。繁…

  • ネタのない日は

    休止します。 いや、グダグダ書けと言われたら、なんぼでも書けるんですけど、読み返してみたら、自分でもつまんない(笑)そういうときは、「今日は何もない!!」って…

カテゴリー一覧
商用