searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

アートテラー・とに〜さんのプロフィール

住所
東京都
出身
千葉県

1983年生まれ。元吉本興業のお笑い芸人。 芸人活動の傍ら趣味で書き続けていたアートブログが人気となり、独自の切り口で美術の世界をわかりやすく、かつ楽しく紹介する「アートテラー」に転向。 現在は、美術館での講演やアートツアーの企画運営をはじめ、雑誌連載、ラジオやテレビへの出演など幅広く活動している。 著書に『ようこそ!西洋絵画の流れがラクラク頭に入る美術館へ』、『東京のレトロ美術館』など。

ブログタイトル
アートテラー・とに〜のここにしかない美術室
ブログURL
https://ameblo.jp/artony/
ブログ紹介文
“web上だから出来る面白いガイド”をモットーに、 世界でただ一人のアートテラーが毎日役立つ美術情報をお届けします。
更新頻度(1年)

361回 / 365日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2015/05/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アートテラー・とに〜さんの読者になりませんか?

ハンドル名
アートテラー・とに〜さん
ブログタイトル
アートテラー・とに〜のここにしかない美術室
更新頻度
361回 / 365日(平均6.9回/週)
読者になる
アートテラー・とに〜のここにしかない美術室

アートテラー・とに〜さんの新着記事

1件〜30件

  • もうひとつの江戸絵画 大津絵

    現在、東京ステーションギャラリーでは、“もうひとつの江戸絵画 大津絵” という展覧会が開催中。こちらは、江戸時代の初め頃から明治期まで、東海道の大津宿周辺で販…

  • ミヒャエル・ボレマンス マーク・マンダース|ダブル・サイレンス

    富山県美術館での開幕式の翌日は、金沢21世紀美術館へ。   連休初日ということもあって、富山県美術館もお客さんで賑わってるなァと思っていたのですが・・・・・。…

  • 生誕100年記念 日本画家・横山操展

    今年2020年は、戦後日本画の異才とも称された日本画家、横山操の生誕100年の節目の年。それを記念して、現在、富山県水墨美術館では、“生誕100年記念 日本画…

  • アートなTシャツコレクション

    ここ最近、名画をモチーフにしたTシャツを集めるようになりましたただし、ミュージアムや展覧会のグッズとしてのTシャツは除外。一般的な服屋で見つけることに意義があ…

  • TADのベスト版 コレクション+(プラス)

    この秋、富山県美術館で開催されているのは、“TADのベスト版 コレクション+(プラス)” という展覧会。僕が人生で初めてゲストキュレーターとして携わった展覧会…

  • 生きている東京展

    今年9月にめでたく開館30周年を迎えたワタリウム美術館。   30年と言わず、40年50年と、これからも長く続けてくださいませ!  ・・・・・・・と、お祝いし…

  • ドラマチック・ラリック

    今年2020年は、箱根ラリック美術館開館15周年であり、ルネ・ラリック生誕160周年でもあり。そんなダブルの記念イヤーを祝して、現在、箱根ラリック美術館では、…

  • ゲストキュレーターへの道 #4

    本日は、富山県に来ております。  いよいよ明日。人生で初めてキュレーションを担当した展覧会、“TADのベスト版 コレクション+(プラス)─あなたならどう見る?…

  • アートアクアリウム美術館

    日本橋の夏の風物詩。アートアクアリウム。日本人が江戸時代より親しんできた金魚が、アートとコラボした水中空間 (アクアリウム) を優雅に舞い泳ぐ姿を楽しむ展覧会…

  • クールベと海

    山梨県立文学館を訪れた後は、芸術の森公園内にある山梨県立美術館へやってきました。   建物の外観に大きく貼り出されているのは・・・・・   ジャン=フランソワ…

  • 素晴らしきミュージアムショップの世界 商品番号129

    本日は、山梨県立文学館で見つけたちょっと・・・・・いや、だいぶ怪しげな商品をご紹介いたします。それが、こちらの溶岩せっけん (『太宰治展 生誕100年』 ve…

  • まるごと林真理子展

    山梨県甲府市にある芸術の森公園。随所に彫刻作品が設置されており、さらには、富士山の眺めも楽しめるそうなのですが・・・・・   僕が訪れた日は、あいにくの天気。…

  • ~パパもママもみていた!~おかあさんといっしょ

    天然の山としては東京23区内最高峰の愛宕山。   高さ25.7mのその頂上には、愛宕神社と、そして、かつてはNHKの前身の一つである社団法人東京放送局 (JO…

  • 真喜志勉 Turbulence 1941-2015

    東京藝術大学大学美術館や武蔵野美術大学美術館、東京造形大学付属美術館には何度も足を運んでいますが。意外と今まで訪れる機会が無かった多摩美術大学美術館。多摩美の…

  • 続・無料で観れる 美術百選 《ベネッセコーポレーション東京本部(東京都多摩市)》

    多摩センター駅のほど近くに聳えるひときわ高いビル。   「よく生きる」 という理念でお馴染みの企業、ベネッセの東京本社ビルです。   ベネッセというと、こども…

  • リケイ考古学 イマドキの探ると守る

    カワイイもの好きの聖地、サンリオピューロランド。   そのすぐ近くに、カワイイ・・・とは無縁のミュージアムがあります。それが、東京都埋蔵文化財センター。都内の…

  • 田中信太郎展 「風景は垂直にやってくる」

    1年以上ぶりに、市原湖畔美術館に行ってきました。withコロナ時代ということで、感染症対策はバッチリ!美術館の監視員も兼ねたKOSUGE1-16によるアート作…

  • ふたつのまどか ―コレクション×5人の作家たち

    今年2020年に、めでたく開館30周年を迎えたDIC川村記念美術館 (←おめでとうございます!)。それを記念して、現在開催されているのが、“ふたつのまどか ―…

  • アートで一言 ~コペンハーゲン国立美術館編~

    コロナ禍の今、海外の美術館には気軽に行けない状態が続いています。また、海外の美術館からまとまった形で作品が来日するのも、当分期待できそうにありません。 そんな…

  • Gallery Suchi 10周年記念展 ―Rising―

    約1年ほどの休廊期間を経て、今年3月7日についに復活したGallery Suchi。五味文彦さんや塩谷亮さん、三重野慶さんといった、ホキ美術館でお馴染みの写実…

  • いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展

    現在、弥生美術館で開催されているのは、“いつみても、いつでもラブリー♥ 水森亜土展” です。   弥生美術館では2010年以来、10年ぶりとなる水森亜土さんの…

  • 夢二に学ぶ、恋のいろは ―失恋体験から、モテ仕草まで―

    コロナ禍というのも、一つの大きな要因でしょうが。最近、気づけば、すっかり恋を休んでいた気がします。 このままでは、マズい! ということで、竹久夢二美術館で開催…

  • アートテラー・とに~氏の初冠番組が決定!

    こんばんは。 ATN (=アートテラーニュース) のお時間です。 これまでラジオやテレビに、たびたびゲスト出演してきたアートテラー・とに~氏。アートテラー歴1…

  • THIS IS JAPAN IN TOKYO ~永遠の日本美術の名宝~

    現在、東京富士美術館で開催されているのは、“THIS IS JAPAN IN TOKYO ~永遠の日本美術の名宝~” という展覧会です。   東京富士美術館と…

  • 紫幹翠葉 −百年の杜のアート

    明治神宮が創建されて、今年でちょうど丸100年。それを記念して、現在、明治神宮では、“神宮の杜芸術祝祭” という芸術と文化の祭典が開催されています。その第一弾…

  • 道草展:未知とともに歩む

    水戸芸術館で開催中の展覧会、“道草展:未知とともに歩む” に行ってきました。   ゲリラ豪雨が発生したり。猛暑日が続いたり。ストローが紙製になったり。レジ袋が…

  • Book:35 『東京、はじまる』

      ■東京、はじまる 作者:門井慶喜 出版社:文藝春秋 発売日:2020/2/24 ページ数:423ページこの男がいなければ、今日の東京の風景は、なかったかも…

  • 名作のつくりかた

    現在、茨城県近代美術館で開催されているのは、“名作のつくりかた” という企画展。   こちらは、茨城県近代美術館の所蔵作品の中でも、特に人気の高い作品の作品の…

  • 彼女たちは歌う Listen to Her Song

    現在、東京藝術大学の上野キャンパス内にある美術館陳列館では・・・・・   “彼女たちは歌う Listen to Her Song” という展覧会が開催されてい…

  • 2020イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

    高校野球に花火大会に盆踊りに。夏の風物詩が軒並み中止となってしまった今年2020年。板橋区立美術館の夏の風物詩、“イタリア・ボローニャ国際絵本原画展” も、中…

カテゴリー一覧
商用