searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

エレナ17さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
欧州ブログ
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/green17/
ブログ紹介文
ヨーロッパ在住です。こちらの生活体験や旅、 映画などについて語っています。
更新頻度(1年)

63回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2015/05/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、エレナ17さんの読者になりませんか?

ハンドル名
エレナ17さん
ブログタイトル
欧州ブログ
更新頻度
63回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
欧州ブログ

エレナ17さんの新着記事

1件〜30件

  • エルメスのスカーフ 2020

    ​​​​​​​ 今日は画像を中心に。 秋の季節が近づくと気になるスカーフですが、そのなかでも、毎年発表されるエルメススカーフのデザインと各商品の名前に興味を惹かれます。 今年のトレンドは変わることのな

  • 『ツインピークス』とコーヒー、チェリーパイ!

    『ツインピークス』は、​1990年~1991年まで続いたアメリカのTVドラマ。​ その後間もなく日本で放映されると、ツインピークスが社会現象になったりもしました。私も当時は 日本にいて、観た覚えがあります。  

  • ドイツのワイン街道

    ​​​ 昼間の気温が15度前後とすっかり肌寒くなって来た当地ミュンヘン、気が付けばもうすぐ9月ですね。 ワインが楽しみな秋が近づいて来ました。 ワインのなかでも私の好きなリースリング種の故郷はドイツの

  • 刑事コロンボ「第三の終章」

    ​​​​​​ 原題は Publish or Perish - pで韻を踏みながら、出版か破滅(死)か ? と言う意味合いを持つ洒落たタイトルになっています。 が、それ以上にストーリーの核心を表していて秀逸なのが、この邦題です。

  • Gucciの世界(+フィレンツェの街)

    ​​​​ 真夏日の続く欧州です。 暑さに加えてのコロナ禍。夏の移動による感染の増加も問題になっています。 と言う、現実世界の出来事に追われている内にファッション界はとっくに秋の世界へ入ったよう。少しずつ

  • ラフカディオ・ハーン『怪談』

    ​​​​​ 1850年、当時イギリス領だったギリシャのレフカダ島で生まれたラフカディオ・ハーン。日本名の小泉八雲としても知られています。 アイルランド人の父とギリシャ人の母の間に生まれた彼は19歳で渡米。そ

  • 夏の森をウォーキング

    ​​​​​​​​ 27度のミュンヘン、盛夏を迎えています。 これから8月にかけて猛暑日には40度近くまで気温が上昇しますので、水分補給には充分気を付けたいと思います。 さて、なにかと運動不足になりがちな昨今で

  • コロナ禍で聴いた『ジンギスカン』♪

    ​ 以前に書いた記事ですがコロナ禍の今、元気をもらいたくて再編集してみました。 日本でも人気のある曲ですね。その昔、友人の子供たちの小学校で、この曲が運動会で使われていて嬉しかったのを思い出します。

  • 刑事コロンボ『二枚のドガの絵』

    ​​​​​ 以前にも書いていますが、コロンボシリーズの人気エピソード上位三位は下の様になります。 勿論、時代によって多少の変化はあるのだと思いますが、NHKサイトからの引用です。 1.「別れのワイン」 

  • 『Uボート』(1981年・独映画)

    ​​​​​​ 2018年にこちらのTVドラマとして放映された『Das Boot』(=The Boat) 。 かなりの人気を博したようですが、私は観る機会を逸しました。            ​​​​なので、比較はできないのですが、オリジ

  • 日本の宝物、和洋折衷のホテル

    ​​​​ 日本でしか味わえないものは数多くありますが、和洋折衷のホテルもその内のひとつですね。 このカテゴリー、先回に続いて日本のホテルです。以前に書いた記事を再編集しました。 和と洋の折衷が素晴らしい

  • 記念に贈るマイセンの小物

    ​​​​​ミュンヘンにある少人数メンバーの婦人サークル、そこで会計を担当しています。 (要は雑用係ですが!) 会員数は50人足らずで、国籍も様々~。活動は主にメンバー同士の親睦と年に何回か催すイベントの収

  • 横浜ニューグランドホテルとプリンの思い出

    ​​​​​​​​横浜には歴史を物語る建造物が多くありますが、このホテルもその内のひとつ。 関東大震災で壊滅的な打撃を受けた横浜市が復興計画の一環としてホテル建設を進め、1927年(昭和2年)に創業されたのがホテ

  • ドイツの原風景ハイデルべルク

    ​新たに欧州域内での移動制限が緩和されたドイツ。晴れ渡った、爽やかなお天気の日が続いています。 こんな心地良い季節でもあることから、最近になって、テレビなどでの海やキャンプの様子、旅の宣伝が流れ始め

  • 「恋に落ちたコロンボ」(+フェイ・ダナウェイの魅力)

    ​​​​​色々な意味でコロンボシリーズのなかでは異色の作品になっています。 まずは、​新シリーズになってから、主演の他に製作総指揮を務めるようになったピーター・フォークが自ら書いた脚本であること。 そして

  • ザンクトガレンの刺繍製品(スイス)

    ​​​​​​欧州内の移動も難しい現在ですが、思い出す土地が幾つかあります。 その内のひとつ、スイスの ”レースの街” の記事を再編集してみました。 東スイスに位置するザンクト・ガレン。サンガラン(St. Gallen)

  • エマおばさんのお店(ドイツの雑貨屋さん)

    ​​​​​​​​​​​少しずつ日常が戻って来ているようにも見えるドイツですが、まだまだ注意が必要なのは、欧州の他の国々と同じです。 ​ところで、今回のコロナ禍で(今もそうですが)強い味方なのが宅配便や、実店舗と

  • 映画『ミザリー』

    ​​​*再編集記事です ​​​​​​1990 年に制作された、スティーヴン・キングの小説の映画化です。画像はネットよりお借りしました。                                        『シャイニング』と同様、雪

  • ミュンヘンのからくり人形

    ​コロナ関連の緩和措置が取られ始めて少しずつ人々が街に戻り始めた当地。 今日は初夏の様なお天気で、25度まで気温が上がったミュンヘンです。   用事で久しぶりに中心地区へ出てみました。この2か月以上、ほとん

  • 刑事コロンボの正装

    ​​​久~しぶりのコロンボ雑記になります。 いつもはよれよれのレインコートが大好きなコンボ氏ですが、ブラックタイの恰好をして最後のシーンを決める!と言うエピソードがあります。 人生の皮肉をしみじみと

  • コナン・ドイル『緋色の研究』

    1859年に​スコットランドのエディンバラに生れたコナン・ドイル。言うまでもなく、名探偵シャーロック・ホームズの生みの親です。 肖像画の画像をお借りしました。                                           

  • ドイツのじゃがいも文化+ポテサラレシピ

    ​​​​​​​​​ドイツでの欠かせない食材はやはりじゃがいも。 実際の消費量はヨーロッパの平均的レベルなのですが、イメージ的にはすっかり定着していますね。 じゃがいもの歴史を少しだけひもといてみると: ご存

  • あの名画をもう一度『ジェネレーション・ウォー』

    *2年半ほど前に記事に書いた作品ですが、画像が消えていたりしたので再編集してみました。ただ、今は暗い映画は嫌だなと思う方もいらっしゃるかも知れません、その場合にはどうぞスルーして下さい。​       

  • 静かなミュンヘンの街

    ​​​​​​当地ミュンヘンも変わらず外出と移動制限が続いています。 ドイツは州によって若干の違いはありますが、基本的な市民生活は同じで、制限下のまま今日に至っています。なので、街中は概してひっそりとしてい

  • ミュンヘンの春とアスパラガスの季節

    ​​​​​ 欧州は依然として厳しいコロナウィルスの感染状況ですが、それでも、少しずつ緩和策を取る国が出始めています。 こちらドイツも進展がありました。 3月22日から始まった外出と接触の制限措置。その結

  • 続『タンタンの冒険』

    ​​​​​ 以前にも記事で書いていますが、日本でも人気の『タンタンの冒険』という漫画。 ベルギーのエルジェが描いた作品で、世界中で愛読されていますね。 ​​ ​主人公の少年タンタンと相棒の白い犬スノーウィが世

  • コロナ関連のニュース源、ジョンズ・ホプキンズ大学

    ​​​​​ 連日のように伝えられる新型コロナウイルス関連のニュース。それらの記事に頻繁に登場するのが、ジョンズ・ホプキンズ大学です > ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると~、 といったかたちで、世界

  • 池田理代子さんと欧州(続)『黒衣の伯爵夫人』

    ​​​ 《改稿記事です》 日本へ帰国する人が不要になった物を売るガレージセール。昨年まではそんな機会が何回かあって、そこで​買ったり無料で手に入れた本が結構な数あります。 整理しなくては~と思っても

  • イースターの季節 (+ドイツ生活の現状)

    ​​​ イースター(復活祭)が近づきました。 その日付は毎年変わりますが。春分の日(3月21日)後の​満月を迎えた日から数えて、最初の日曜日がイースターに。なので、今年の復活祭は4月12日になります。 去

  • 元気を伝えたいドイツからの絵葉書送信

    ​​​​​​​​​ 新型コロナウィルスの深刻な状況が続いているここ欧州です。国によっては外出制限が出て既に3週間以上が経過したところもあります。 ドイツでも外出制限令が出て10日が経ちました。 ある時間内の

カテゴリー一覧
商用