searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

しずかさんのプロフィール

住所
成田市
出身
新城市

―ならいごとの小箱―は以前からやってみたかった小さな教室を並べてみました。1回完結のお気楽な講座です。その他、エピソードや仕事についても思った事をそのまま書いてゆきます。

ブログタイトル
久 きゅう
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/kyuu0046/
ブログ紹介文
以前からやってみたかったこと、これからやってみたいことに挑戦していく過程を綴ります。
更新頻度(1年)

28回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2015/05/05

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、しずかさんをフォローしませんか?

ハンドル名
しずかさん
ブログタイトル
久 きゅう
更新頻度
28回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
久  きゅう

しずかさんの新着記事

1件〜30件

  • お茶も楽しいけど

    私は週に一度、お茶のお稽古に通っています前回先生にムリムリお願いしてイレギュラーでお花の生け方を見せていただきました詳しく丁寧にお聞きして帰宅後「さあ!やるぞ〜!!」生ける順番通りに新聞紙に巻いていただいたハズ…あれれ…なんだこの葉っぱ…こんな葉っぱあっ

  • 一日の始まりに

    今朝5時半のニュースで国内最高齢100歳のピアニスト…名前忘れた…の方の演奏をテレビ越しに聴いたベートーベンの「エリーゼのために」と「月光」ほんの5、6小節ではあったがその演奏はとても深い音がしたあれは技術やピアノの質などでは無くこの方の年齢によるものだと思う

  • 花曇り

    今年の桜は早かったひらひらと散る花びらに見入って時間を忘れる枝垂れ桜今日がイチバンきれいトキワマンサク 「あの赤い花ねトキワマンサクって言うんだよいっぱい咲いたよ」お寺のお隣に住む方が嬉しそうに教えてくださった   ミヤコワスレ永代供養墓地の一角で見つけ

  • ひとよかぎりに

    月下美人年に一度、花を咲かせる花は夜に開いて、朝には萎む友人が画像を送ってくれました帰宅した時は大きな蕾だったのに晩ごはん食べてお風呂からあがったあとなにか…強く香ってるなぁ…と思いながら鉢の前を通ったら咲いていた!ビックリして写真を撮った!とコメントが

  • お道具を開く の儀

    先生にお願いしてあったお花のお道具が届きましたウキウキ♪ひと通り眺めてウキウキした後はまた元通りにしまいますすぐには使わない(笑)私は週に一度、お茶のお稽古に通っています先日のお稽古終わりにお床のお花をいただいて帰りましたひと晩水に入れておいて次の日に早速

  • 遅かったねー

    急に寒くなっちゃったしな…もう今年は咲かないのかな…と思っていたらお休み明け、通勤電車の車窓からは田んぼの縁を彩るあの赤い花が一気に満開♪♪♪おお!こうでなくっちゃ!!畦道の緑と彼岸花の赤眺めているだけで気分が上がります遅かったねー今年は咲かないのかと思

  • 元気でいてよ

    9/17は父の誕生日でした毎年この時期はお祝いする為に富良野に行っていたけど今年は行かれないコロナ禍の最中、首都圏から地方への移動は控えるべき、と父の奥さまとの話で「おめでとう!」電話口の父は口調もハッキリして元気な様子ではあるけれどもやはり85歳は間違い無く

  • あの赤い花

    通勤電車からの車窓風景いつもなら田んぼを彼岸花が縁取るのだが…今年は彼岸花を見ない…そう言えば暑い暑い毎日から急激に寒くなってしまい時期を知らせるように咲くあの赤い花も咲き時を見失ってしまったのだろうか…スッと伸びた首リズミカルな花弁稲刈り後のもの寂しい

  • 儚く脆く

    それはお寺の中にあるのですがピンク寄りの赤、そんな色の背の高い変わった姿のグラスです(カップの部分が平たく豊かで脚が華奢、そしてすうーっと背が高い実用を許さないかたちだなぁと、見たとき思った)超微繊細なカットが施されほの暗い中で光があたるとキラキラと独自

  • 国立博物館 なんと九州

    東京国立博物館京都国立博物館もうひとつ、九州にも国立博物館がありましたなにせ九州は遠い行く日は来ないだろうなぁと思ってたから忘れてましたけど 笑太宰府天満宮に隣接して建つ太宰府天満宮は25年前位に父の展覧会で訪れましたがギチギチ過密スケジュールだった為記

  • 清風払明月

    9月になります激暑の隙間に秋の気配が密やかに漂うこの頃夜空を見上げて月を眺める夜も多くなりました満月の夜、真っ暗な筈の部屋の輪郭がフッと浮き上がって見えたりして部屋に差込む月の光は意外と強いその光の強さに圧倒されて波立っていた気持ちがスーッっと鎮まっていき

  • カタチが大事

    私は週に一度、お茶のお稽古に通っています前回のお稽古の帰りに先生からお床のお花を頂いたので家で練習しました…けど…うまくいかずわしゃわしゃと花をいじくり回している内にあ、あ、あ…萎んじゃった…主役の芙蓉と木槿が〜元気なわき役コエビソウ、露草、友禅菊縞葦、

  • かき氷②

    秋の気配が漂い始めた今日この頃、いそいでかき氷を食べに行きました今日はいちごミルクいちごミルク と言っても赤い色水のイチゴシロップではなく苺のツブツブが絶妙な残り方をしたいちごミルクですこの手のシロップは果物ジャムがそのままかかっている又は洋酒と砂糖水で

  • 処暑

    昨日は「処暑」でした解説によると暑さの中にも秋の気配を感じ始める頃22日までの激暑を過ごすとえーッ処暑っつったってカタチだけでしょ騙されないもーんと期待値0で23日を迎えましたが朝目覚めると どこか違う「秋の空気だ…」線路脇には狗尾草が風に揺れ、通り道の空き

  • これからの時間

    昨日は午後から海に行きました53回目の誕生日だったので暑い日の海を見たいなぁなーんて思って想像どおりにクソ暑かったですコロナ禍の真っ只中の今…特別な時期の、特別な誕生日親しいひとたちから「おめでとー」のメッセージをいただいて数字的には複雑だけど(笑)同じ年の

  • 名を知らぬ花

    私は朝、5:25に家を出ます最寄りの公津の杜まで徒歩25分早朝と言えど25分も歩くとまだまだ暑い今朝、駅までの道の途中の空き地に黄色い花が咲いて揺れていました今まで咲いてなかったと思うけど名前は知りませんいつの間にか季節は移ろっていたんだなぁと、短い今年の夏を惜

  • ビックリ!!

    お寺での出来事…先日、お坊様であるN主任が「ちょっとこれ見て」というのでお坊様方の更衣室前で待っているとN主任は黒の、お坊様がたぶん日常に白衣の上に着るコートのようなものを持って出てきましたハンガーに下がったままの黒い御衣見ると、背中心を挟んで何やらツヤツ

  • かき氷

    私は夏生まれのせいかかき氷が大好きですだけど今年は梅雨が長かったせいでまだかき氷を食べていませんでした「う〜あづいィ〜」ぐらいの暑さにならないとやっぱりかき氷って感じがしません今日は病院に行った帰りに念願のかき氷を食べました米屋さんのかき氷和菓子屋さんだ

  • エールを送る

    6日は長女の誕生日でした彼女は有給休暇を取って1日だけ帰省するというので私もお寺の仕事をお休みして長女に付き合いました自分の収入が充分にある彼女はプレゼントは要らない自分で買うからいい とそれなら…茨城県に少し越境して大洗方面へドライブすることに那珂湊の市

  • 夏の到来

    今朝の東京駅爽やかな空気に心地よい喉の渇き思わず…プラットホームのスタンドで冷たーいミックスジュースを買う昨日、やっと梅雨が明けました今朝はカラッと晴れて首すじを撫でていく乾いた空気が心地よいですどんな夏になるのやら期待と不安の入り交じるそれでも待ちに待

  • 良かったー

    境内の白い蓮清々しい!蓮の隙間に萩が咲いてた本堂階段脇の笹の中、露草がヒョコッと顔を出すお寺の中は夏を迎えるしつらい…大丈夫なのかな…うーん…大丈夫だと思うけど…考えても仕方のない事を考えるのはやめよう…お寺で筆を持ちながらうーん…うーん…と唸りつつ気が

  • 初めてですので…

    今朝は雨でしたお寺に着くと先ずは皆さんにご挨拶そして今日の仕事の指示をあおぎます「今日は受付の新しい仕事にデビューしてもらいまぁーす♪」とN主任に明朗に告げられ「えっ…新しい仕事……?」年甲斐も無く怯える私「大丈夫ですよぉ今日は雨できっと人は少ないから仕

  • 泥中の蓮

    その方のことを考える時、私の頭の中には常に「私の人生を救ってくださったひと」と思いますそしてまた、今のこのお寺で過ごす穏やかな日常を「与えてくださったひと」でもあります私の父は書を生きる人間であり 書を通して生き方を追求する父を持つ私の人生は常に波乱と緊

  • 奥の院開扉

    毎年、成田山祇園会ではカワイイ手古舞ちゃんたちに出会うのですが毎年、この時期成田山では祇園会という大きなお祭りがあるのですが今年は中止成田の街の中は静かな7月ですそれでも奥の院の大日如来御開帳は予定通りに行われるとの事で今日早起きして行ってきました7:45、

  • 今日は風が強い

    なんていう花でしょうか?水辺に咲いていました葉の流れ方がなんとも美しい電車に乗って通勤しているともうマスク姿はスタンダードしていない人を見ると一瞬ドキッとします今日も都内の新規感染者が60人を超えて新宿辺りのお店の方々が多数と分かってもやはり都内を通過する

  • 妖怪からの贈り物

        父の刻った篆刻お酒のラベルになったと北海道から送られてきましたまだ開けてないから分からないけどコロナ禍の最中、私などはオロオロと怯えていただけなのに父はこうやって創作をし続けたのか…さすが妖怪!やっぱり凄いわただ…身内の私にとって中身の酒本体より

  • 大変だね…

    お寺のお勤めが始まりました私はお寺の中を掃除してまわっています人に「お寺の掃除が仕事です」と言うと大抵の人に「大変だね…」憐れまれる 笑だけど、ここのお掃除は特別なのバカラの瀟洒なスタンドに紫陽花が生けてあったりお供物大盆(果物)がやっぱりバカラお客様用

  • 沢を歩く

                        イワタバコ房総の高宕山に行ってきました昨年夏の台風19号で大きな被害を受けた高宕山ふとしたキッカケから登山道の整備に参加しましたというか、新型感染症騒動で県外に行かれないから車で行って帰って単独行動を完結出来る高宕山

  • 固まる

    勝手に自宅待機していた職場へ再び出勤する事になり久しぶりに電車に乗ったけど緊張する…マスクと夏用の手袋は必携駅も電車も手すりにも背もたれにもつかまらず、もたれ掛からず、背筋真っ直ぐ硬直して乗ってます…疲れる…有料特急に乗ったのだが乗換駅までの普通列車は各

  • 電車に乗って

    久々に電車に乗りました8:12の特急、遅い電車を選んだつもりだったけど駅には通勤(時差か?)通学思ったよりウンと人が多いです車窓から眺める風景はすっかり夏になりました京成佐倉駅を出た辺り田園風景がひろがります

カテゴリー一覧
商用