searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

テツさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
技術者派遣について
ブログURL
http://gijutsusyahaken.seesaa.net/
ブログ紹介文
技術者派遣として10数年働いた自分が思っていることのメモ
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2015/05/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、テツさんの読者になりませんか?

ハンドル名
テツさん
ブログタイトル
技術者派遣について
更新頻度
集計中
読者になる
技術者派遣について

テツさんの新着記事

1件〜30件

  • 派遣会社は搾取しているか?

    派遣業界においてピンハネという言葉はネガティブにとらえられています。 でも、商品の売り上げの一部を利益として計上するのは営利企業であれば当たり前です。 むしろ利益が大きい方が優秀な企業と言えるでしょう。 派遣においてそれが問題視されがちなのは、 (労働の成果ではなく)人間の労働力そのものを商品として売っているからでしょうか。 中抜きが大きいと不当な搾取と言われてしまうのですから経営者も大変だ…

  • 業界団体さんを応援しています

    前回のブログで、業界団体さんのマージン率に対する見解を取り上げました。 ポジショントークもあるかもですが業界団体さんの言ってることもわかります。 私自身はマージン率よりも原価率の方が重要と思っています。 ちなみに上場企業の場合、決算資料に原価率を記載している場合があります。 下記は業界内でも優良派遣事業者と…

  • 愛すべき業界団体さん

    当ブログでも取り上げたことのある"日本エンジニアリングアウトソーシング協会"という 業界団体さんがマージン率について言及していました。 詳細についてはこちらを参照いただくとして、資料の最後の部分を以下に引用しました。

  • なぜマージン率を公開しないのか?

    ネットの求人広告で技術系派遣会社が   【自信があるからマージン率公開中】 というコピーをつけているのを目にしました。 募集要項を見ると23%という技術系派遣会社とは思えない低いマージン率をアピールしていました。 福利厚生や研修など大手派遣会社のようなサポート体制はないかもしれません。 それでも賃金を重視するなら提示された数字は魅力的です。 派遣法で定められたマージン…

  • 正社員派遣の危機?

    下記のようなNEWSを目にしました。 塩崎恭久厚生労働相は29日の衆院厚労委員会で、 人材派遣会社が働く期間を定めずに無期雇用する派遣労働者を 「正社員」として募集することを、禁止する方向で検討すると表明した。 民主党の山井和則氏が、実態は労働者派遣なのに正社員として募集する例があり、 誤解を招くと指摘したことへの答弁。 以前書いた"

  • 往生際の悪い業界団体

    マージン率公開が義務化されたけど機能していない現状について以前書きました。 法律なので守るのが当然ですが、公開したくない理由もあると思うので 業界側の言い分を取り上げてみました。 ・マージンの中に、教育研修費・福利厚生費等が含まれることから、教育研修や福利厚生に コストをかけない方がマージン率…

  • 新卒採用の問題点

    メーカーに入れなかったので派遣会社にきたという人も少なくないです。 これにはメーカーの事情もあると思います。 大手メーカーはバブル世代の大量採用により リストラに大きなコストを払うことになりました。 その結果、メーカーはリスク回避のため 採用人数を絞りコアな人材のみ採用するようになりました。 そしてメーカーが回避したリスクを引き受けたのが派遣会社です。 正確には派遣会社ではなくて派遣スタ…

  • 技術系派遣会社の新卒採用

    技術系派遣会社はたくさんの正社員採用を行います。 社員数の10~20%程度採用するケースもめずらしくありません。 なんで大量採用するかというと会社の利益になるからです。 新卒で派遣会社に入社した場合、短期の研修を実施した後 契約が決まった順に派遣先での業務を開始します。 メーカーに就職した技術者が戦力になるまで 分野にもよりますが2~3年はかかるのではないでしょうか? 技術系人材派遣会社は新卒…

  • 正社員だけど派遣

    派遣会社に正社員として採用され、派遣されている。 特定派遣と言われ、技術者派遣ではオーソドックスな働き方です。 派遣先で契約終了しても派遣元との雇用関係は維持されているので安心、 と言われています。 一方、売上に対するリターンが低くなるのがデメリットとしてあります。 そもそも正社員の定義って何?と思って、ちょっと調べてみました。 法的には明確な定義はありませんが、一般的には期間の定めがな…

  • 優良派遣事業者認定制度

    優良派遣事業者認定制度というものが始まり、第一弾の認定事業者が発表されました。 ところで優良派遣事業者とはなんでしょうか? こちらに書いてありました。 "法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できてい…

  • 派遣会社は儲からないのか?

    マージン率公開に反対する経営者は多いです。 例えば、飲食業は飲食というサービスを提供してその原価や賃金を支払い諸経費を引いて利益としています。 派遣会社も同じことをしているのに、マージン率公開を義務付けられるのは不公平では? もっともな反論ですね。経営者としての手の内を見せたくないというのもあるでしょう。 でも、派遣業界と他の業界を同列に語るのはちょっと違うと思います。 派遣業界は  原…

  • マージン率

    派遣法第23条5項において、以下のような規程があります。 【派遣元事業主は、厚生労働省令で定めるところにより、労働者派遣事業を行う事業所ごとの当該事業に係る派遣労働者の数、労働者派遣の役務の提供を受けた者の数、労働者派遣に関する料金の額の平均額から派遣労働者の賃金の額の平均額を控除した額を当該労働者派遣に関する料金の額の平均額で除して得た割合として厚生労働省令で定めるところにより…

  • 技術者派遣の利益率

    技術者派遣の粗利は大きいと言われています。 決算資料によると、大手技術派遣の営業利益率は以下のようになっています。 テクノプロHD:9.6% 夢真ホールディングス:11.2% メイテック:9.3% アルプス技研:8.0% 前回、派遣会社の営業利益は1.9%らしい という話をしましたが技術者派遣には当てはまらないようで…

  • 派遣会社の利益率について

    派遣会社はピンハネ会社として揶揄されることが多いです。 利益を出さないと会社は潰れてしまうので程度問題と思います。 こちらに派遣料金の内訳が出ていました。 営業利益1.9%。 こんな薄利でやっているですね。 ピンハネどころか超ホワイト企業じゃないですか。 ん?この資料、出典が記載されてない? 平均というわけでもないよ…

カテゴリー一覧
商用