癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療
読者になる
住所
函南町
出身
長泉町
ハンドル名
satorichさん
ブログタイトル
癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療
ブログURL
http://fanblogs.jp/satorutosiko/
ブログ紹介文
母の肺癌ステージⅣ闘病記・遺された左半身麻痺の父も癌に・・・誤嚥性肺炎の原因は食道癌だった。
自由文
母の闘病する姿からたくさんの勇気をもらいました。生きることが辛い・・・死ぬのは怖くないが、夫を残して先には逝けない・・・と母。 毎日のように涙を流している、強そうでも弱い母親の闘病生活を記すことで、闘病で苦しみもがいている方々と気持ちを共有させていただきたい。「生」への執着を「生」のパワーに変えていく諸先輩方の心のたくましさに感心する毎日です。
更新頻度(1年)

211回 / 343日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2015/05/02

satorichさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(IN) 35,334位 36,588位 36,448位 36,370位 42,848位 42,638位 圏外 975,710サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 10 50 100 100 180 120 40 600/週
PVポイント 20 40 180 110 170 270 160 950/週
病気ブログ 918位 977位 975位 971位 1,293位 1,278位 圏外 21,578サイト
末期がん 14位 15位 18位 19位 23位 23位 圏外 242サイト
がん 闘病記(永眠) 6位 7位 6位 7位 9位 10位 圏外 87サイト
介護ブログ 283位 288位 291位 300位 341位 334位 圏外 5,475サイト
親の介護 38位 39位 40位 40位 46位 46位 圏外 333サイト
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 13,653位 12,692位 12,346位 12,912位 11,955位 11,506位 10,793位 975,710サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 10 50 100 100 180 120 40 600/週
PVポイント 20 40 180 110 170 270 160 950/週
病気ブログ 575位 530位 513位 527位 476位 452位 420位 21,578サイト
末期がん 17位 15位 15位 15位 14位 13位 11位 242サイト
がん 闘病記(永眠) 7位 6位 5位 5位 6位 5位 4位 87サイト
介護ブログ 131位 125位 122位 128位 118位 115位 113位 5,475サイト
親の介護 22位 22位 22位 23位 23位 23位 23位 333サイト
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(PV) 9,387位 8,164位 7,301位 7,425位 7,436位 7,630位 7,652位 975,710サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 10 50 100 100 180 120 40 600/週
PVポイント 20 40 180 110 170 270 160 950/週
病気ブログ 192位 163位 140位 145位 142位 146位 146位 21,578サイト
末期がん 4位 4位 3位 3位 3位 3位 3位 242サイト
がん 闘病記(永眠) 3位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 87サイト
介護ブログ 61位 54位 48位 48位 48位 49位 50位 5,475サイト
親の介護 12位 10位 8位 8位 8位 8位 8位 333サイト

satorichさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、satorichさんの読者になりませんか?

ハンドル名
satorichさん
ブログタイトル
癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療
更新頻度
211回 / 343日(平均4.3回/週)
読者になる
癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療
  • 典型的なマザコン

    私はマザコン そう感じる 母を看病していた時と 父を看病していた時を比べてみる 明らかに母の時の方が 愛情を注いでいた 勿論、そこまで思い返さなくとも自覚している部分もある。 両親を比べるということ自体 美しい話ではないし その表現自体が悲しい。 ただ 結果からだけでもわかる事実が存在する 対応の違い 悲しみの深さの違い 言葉では説明することは出来ない 母親という存在と父親という存在に…

  • じんましん発症で薬局に問い合わせてみた結果

    じんましん発症に気づいて薬局に問い合わせてみた。 結果から言うと 急ぐ必要はなかった。 私の記憶を辿る限りでは ロスバスタチン錠を服用した時期と じんましんが出始めた時期が重なっているという記憶だけである。 まだ薬の服用が原因であると断定するにはあまりに早すぎる。 しかし 夏が終わり 幾分空気が乾燥してきたことも重なったのか ここ数日はかゆみが気になる。 薬局のアドバイスとしては 消去法…

  • ロスバスタチン錠 副作用 じんましん

    夏からずっと 「あせも」だと思っていた。 ずっと痒かった。 上半身に出始めた湿疹 異常な程・・・とまでは行かない痒み 今年の夏はあせもが酷いと感じていたが 夏が終わった今でもそれは引かない。 どうやらあせもではなかったようだ。 となると 何かのアレルギー反応との疑いが浮上 アルコールの摂取量が多いのか? はたまたストレス性のもの? 飲食物に反応しているのか? 職制の都合上 機械油だっ…

  • 理想に近づく血圧値

    先日の健康診断の結果は約一か月後として 血圧などの数値はその場でわかる。 測定値は134の88だった。 決して良い数値とは言えないが まずまずの数値だと解釈している。 遡ること4年前 当時40歳だった私としては驚きの数値 最高血圧150超 最低血圧も90超 病院に通うことを決意した瞬間でもあった。 あれから今日まで ありとあらゆる手を尽くした・・・とはとても言い難い生活を送ってきた。 血圧数値は良…

  • 両親が居なくて良かったこともある

    自然災害は怖い これは今も昔も変わらない 私が生まれ育った家はトタン張りの平屋で ガラス窓は薄くて強い風が吹くと割れて飛び散りそうな程 そんな環境で育った私にとって 大手のハウスメーカーの家に住むことは夢であった そんな環境下に両親を迎え入れることが出来たのは今から10年以上前の事 今はその両親は他界してしまっている。 今の家で暮らし始めた両親は やはり風雨の時の違いに大きな変化を感じ取っ…

  • キムチの癌効果

    白菜パワー 白菜の旬は冬。 この時期は甘みが強くて味しい、正に今が食べ頃。 成分の95%が水分ですが、含まれる栄養素は ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛など 免疫力を高める貴重な栄養素を多く含んでいる。 特にカリウムは細胞内…

  • 咳が続く病気

    咳が一か月以上続くと肺がんの疑いが・・・ 少々大げさに聞こえる方もいらっしゃるかもしれませんが、 どちらにしても、咳が長引くこと自体良いことではありません。 私も気管支が弱い方なので、風邪を引くと咳が長引くことは しばしばあります。 私の場合は、下記のアトピー性咳嗽(がいそう)が当てはまりそうです。 私の母が肺がんになってからは、…

  • エストロゲンとは女性ホルモンのこと

    女性ホルモン(エストロゲン) 卵巣から分泌される女性ホルモンのことを エストロゲンと言います。 女性的な身体をつくりあげるのに必要なホルモンで、 エストロゲンが分泌されている時が 最も女性が美しくな…

  • 臨床試験

    免疫療法 免疫療法とは、身体にもともと備わっている抵抗力・・・ いわゆる免疫にかかわる細胞を利用する、または免疫機能を 高めることで、がんを治療していくという方法です。 がん由来のタンパクやペプチド(アミノ酸が結合したもの)を 利用したワクチン療法、 がんの増殖に関係する物質に対する抗体を利用する抗体療法、 LAK細胞、腫瘍組…

  • 日々の感謝を念仏で

    念仏 それが必要なのか否かは問題ではない。 気がついたらそれを毎日二回唱えている自分がいる。 朝、晩 仏壇前で唱える南無阿弥陀仏 家族がいる時は恥ずかしいから声に出さずに心で唱える。 墓前でも同様に 家族は勿論、他の家族がいる時を除いてのみ念仏を唱えている。 早朝と夕方・・・共に出勤途中と帰社途中のお墓参りが多い私にとっては お墓で念仏を唱えられる確率は高い。 何かに駆られて念仏を唱えてい…

  • 口腔ケアで健康促進

    40歳をまたぐと同時に 虫歯治療の回数度合いに変化が起きた。 突如として感じる歯痛 その歯痛をやり過ごすと歯痛は治まる。 しかし一定期間を得てそれは復活する。 このシステムは子供の頃と何ら変わらない。 痛めば焦り、 痛みが治まれば安心するのだ。 余計な経験値としては 歯痛を感じて歯科医に行くも 虫歯ではなく、歯茎の炎症だった・・・というオチ。 これは歯痛が起きた時に 虫歯を心配すると同時に…

  • 抗がん剤治療、受けると受けないでどっちが辛い?

    母が受けた抗癌剤治療はペメトレキセド(アリムタ)カルボプラチン療法 誰が受けても同じ副作用が起きるわけでもなく 個人差があるのが抗癌剤である。 人の我慢強さを数値で表すことが出来れば 母が受けた抗癌剤治療の副作用がどの程度のレベル であったか それを知り比べることが出来る。 しかしながらそこまで医学も科学も進んでいないのが現実。 母の当時の状況から推測するしか手立てがないというのが 私個人の…

  • 13年前

    亥年は大きな災害が多い年と云われてきた。 しかし近年では毎年のように自然災害に見舞われている。 だから今年が亥年だからと言う理由を探し辛い。 前回の亥年では、私の生活圏である静岡で台風の被害に見舞われた。 その時は主に水害だった。 AD

  • 受動喫煙当たり前世代

    幼少より受動喫煙は横行していた。 昭和時代 受動喫煙という言葉さえ知らなかった。 家では当たり前 飲食店へ行っても 街角でも 学校の職員室でさえも タバコの煙は充満していた。 AD

  • 彼岸明けを前に

    明日でお彼岸が明ける 信仰心の浅い私にとって お彼岸という時間の過ごし方はわからない。 何をするべきかも手探りで 今年で4年目となる。 お墓でお線香を手向けるっ私の姿も 少しは様になってきただろうか・・・。 今日は母の月命日という事もあり 会社帰りにお墓へ立ち寄った。 と言っても 実は昨日もそうした。 なんだかんだでいつでも立ち寄れる場所に お墓があるというのは本当に便利だとつくづく感じる…

  • やっぱりカラスは嫌い

    改めて言うことでもないが 私はカラスが好きになれない 物凄く強い敵意に近い感情を抱く ゴミ捨て場のゴミを荒らすから・・・ という理由だけではない。 ツバメ、雀、イソヒヨドリ、とんび 私が好きな鳥たちに対する嫌がらせというか 強い縄張り意識の表れからか 威嚇している光景を良く目の当たりにする それもすごく嫌いだ AD

  • 長引く咳と痰

    妻が風邪を引いてから1か月以上が経った。 一時は声がかすれて別人のようだった妻も 何とか声は元通りに戻りつつある。 長時間喋るとかすれの症状が出るという場面も少なくなり 当初から見れば快方に向かっているようには見える。 が、しかし 咳と痰が治まらない しつこい 本当にしつこい AD

  • 荒み続ける墓地

    義理の父とその祖先が眠る墓地の 荒み方が鼻に付く。 日蓮宗のとある墓地 供養とは果たして何なのか そう感じる気持ちは強まるばかり 何時行ってもゴミかごは満タン 通路は落ち葉やら枝やら 清掃は全く行き届いていないことは一目瞭然 これでは付け届けは何の為なのだろうか 墓地は… お墓は故人を供養するためのものなのではなかろうか? お墓参りに来ない親族も問題だが お寺の住職の供養に対する考え…

  • 穏やかな休日

    朝の10時 娘は友達とお出掛け 息子はバイト 家には妻と私だけ 開け放った窓からほんのりかおるのは キンモクセイ 近くのグラウンドから風に乗ってくる声 野球の試合だ 高校生か大学生かわからない 家の中には洗濯機の回る音と 妻が家の掃除やら何かをしている音だけ 何にも追われることなく 何かに駆られて焦ることもない 何と穏やかな休日の幕開けだ 生前の両親はこれほどまでに 穏やかな休日を過ご…

  • 黒カビは肺がんを誘発する?

    毎日の入浴は日本人には欠かせない 昔から変わらない文化だと思っている。 毎日入浴する人ばかりではないようですが 日本人の多くは湯船につかるのが好きなようである。 それだけに入浴時間も必然的に長くなり 浴室内で過ごす時間は決して短くはない筈である。 そんな浴室ですが 毎日のように清掃しているでしょうか? 近年は素材から研究されているために 昔ほど一生懸命にこすったり洗ったりとしなくても大丈夫・…

  • 癌家系

    母親は肺がん 父親は食道癌 この情報だけで判断するのは時期尚早なのだろう その他の情報としてハッキリしているのは 母親の実の弟さんが脳腫瘍で他界したことと 母親の実母(祖母)が大腸がんで他界かけいそれ以外の情報はない 父方の家系は訳あって調べることが出来ない。 ただハッキリしているのは父が食道癌になったこと。 アルコール依存症だった父は肝臓癌にならず 超ヘビースモーカーだった父は肺がんにもな…

  • 母の遺伝子を感じた瞬間

    最近 亡き母の遺伝子を意識した瞬間があった。 それは私自身の中にではなく 私の娘に対してだった。 母の初孫に当たる我が娘は18歳 その娘の何気ない瞬間は 恐らく私と実姉にしかわからないレベルで 「母」を感じさせた。 それは 「あくび」だった。 娘がリビングでリラックスしている時 私はたまたま別室に居た。 その別室にはリビングでの話し声やテレビ音が届くので ある程度の雰囲気を感じ取ることは出…

  • 尿道炎の記憶

    古い話になるが 私は27歳くらいの頃に尿道炎を経験した 元々は下腹痛を感じたことで始まった 我慢すること数日 やがて歩行も困難となるほどに悪化していた 当初の私はそれを盲腸と思い込んでいた だから病院へ行く勇気がなかったのだ 何とか治まって欲しい・・・そう願った記憶はある しかし何とかなるはずはなかった ある日自宅で独り自慰行為をした時の事だった 私から排出された体液は「白色」のそれではな…

  • 境目が解らない

    妻の更年期障害は・・・ 相変わらず不定期な月経を繰り返している様子 月経が不定期と言いつつも ある一定の法則というかリズムの範囲でそれらは実行されているようにも感じる 妻の更年期障害の症状と見られるのは大きく二つある 一つは先ほど申し上げました月経の問題 そしてもう一つは異常な?発汗量である 後者の発汗量はというと 以前の妻からは考えられないほどの汗っかきになっている 常日頃、汗を垂らして…

  • 二度目の冬が来る前に

    S氏の近況を知らない 意図的にではないが 連絡をとらなくなって2か月以上経った 筋弛緩剤を利用した治療方法を導入したのが5月 当時は肩の痛みが取れた等 すぐに効果が現れたものの 辛抱強くリハビリに励むことで効果が望まれるもの その後も順調に治療が進んでいれば 腕肘肩から脚へと進むはず 握ることのできない左手が回復傾向になれば 歩行レベルが格段と上がることが期待できる 人間の身体の一つ一つが…

  • 季節の変わり目

    秋到来 短かったような 長かったような いずれにしても凄まじい夏が終わった。 まだ暑さは残るものの 朝晩の空気はすっかり秋を感じさせる。 私にとってこの時期は要注意だ。 まずもって肩が凝る これは首を回すとよくわかる。 気がつくとバキバキになっているのがこの時期の特長と言える。 そして怖いのは免疫力の低下。 口ヘルペスが出来やすいのもこの季節。 春もそうだが、季節の変わり目に 口ヘルペスが…

  • 仏壇は大きい方がいいのだろうか

    我が家の仏壇は小さい 小さいと場所をとらない。 もともと仏間として別室を設けるつもりはなく、みんなが過ごす時間の長いリビングに置くことは決めていた。 リビングの一角に仏壇があることで 両親に寂しい思いをさせないのでは、 という勝手な想いがあった。 それは今も変わらない。 しかしながら 本心はもう少し大きな仏壇を求めていた。 そこは妻の感情を伺い 読み取りつつ 結局は全面的に譲歩する形となっ…

  • まず始めに

    緩和ケア この言葉は私にとって重たい言葉となっている 母が肺がんで苦しむ姿が目に焼き付いているからである なんら準備が出来ていなかったこと それが全てだった まず始めにやっておくべきは 最期をどこで迎えたいか・・の確認だと考える 例え患者がウソをついているとしたとしても 本人に聴くという事実が残る 病院であればあらゆる事態に対する対処ができるが 自宅であればそれら対処法は限られてくる そ…

  • 新たな縁へ

    父がお世話になった施設では 年々・・日に日に職員が減っている 古くから働いていた職員さん達が バタバタと辞めていく それは5年ほど前から少しずつ加速しているようにも取れる しかしだからと言って経営に影響をきたしているような ひっ迫した状況下にあるという訳でもなく 補充要因として新たな仲間としての人材も加わっている こういう時 一番混乱しているのは紛れもない現場である もともと人手が足りない…

  • 妻の回復

    妻のかすれ声に明るい兆しが見え始めた 3週間ほど続いたかすれ声は 完全ではないものの 以前の妻の声に戻りつつある まだ咳が出るのと同時に 痰も出る様子 絡んだ痰を排出したいがために 無理やりに咳を出すようなシーンも見受けられる 今週の通院は見送った妻は 2週間ぶりに薬から解放された 薬を飲むのが大の苦手とする妻にとってこれは大きい このまま拗らせることなく 徐々にでも回復して行ってくれればそ…

カテゴリー一覧
商用