住所
出身
ハンドル名
猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農さん
ブログタイトル
猫とおかちゃと月光仮面  のんびりふんわり自然農
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nekotookacha
ブログ紹介文
〜田舎でのんびり自給生活…のはずが     無農薬、無化学肥料の自然農。猫の手借りたい時もある〜
自由文
-
更新頻度(1年)

76回 / 226日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2015/04/18

猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/18 07/17 07/16 07/15 07/14 07/13 全参加数
総合ランキング(IN) 14,773位 14,808位 14,860位 14,754位 13,170位 13,981位 13,990位 966,828サイト
INポイント 20 20 10 20 30 10 30 140/週
OUTポイント 30 30 10 10 0 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 1,037位 1,040位 1,035位 1,036位 1,015位 1,025位 1,026位 28,486サイト
MIX三毛猫 16位 15位 15位 13位 13位 13位 13位 858サイト
花・園芸ブログ 486位 487位 478位 486位 449位 481位 485位 19,554サイト
自然農・自然農法 4位 3位 3位 3位 3位 4位 4位 221サイト
今日 07/18 07/17 07/16 07/15 07/14 07/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,923位 38,680位 37,344位 37,317位 38,681位 33,773位 36,169位 966,828サイト
INポイント 20 20 10 20 30 10 30 140/週
OUTポイント 30 30 10 10 0 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 1,501位 1,598位 1,560位 1,551位 1,561位 1,448位 1,493位 28,486サイト
MIX三毛猫 23位 24位 24位 25位 25位 25位 25位 858サイト
花・園芸ブログ 921位 984位 936位 945位 984位 852位 944位 19,554サイト
自然農・自然農法 9位 10位 9位 9位 9位 9位 9位 221サイト
今日 07/18 07/17 07/16 07/15 07/14 07/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,828サイト
INポイント 20 20 10 20 30 10 30 140/週
OUTポイント 30 30 10 10 0 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,486サイト
MIX三毛猫 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 858サイト
花・園芸ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 19,554サイト
自然農・自然農法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 221サイト

猫とおかちゃと月光仮面 のんびりふんわり自然農さんのブログ記事

  • なわばり

    去年までは2羽やったこの村のカラス。今年、もう2羽増えて、いつの間にか6羽くらいが飛び回ってる。あれは遊んでるんやない、いっつも小競り合いしてるみたいやな。屋根が後ろの道とおんなじ高さになってる我が家なんか、格好の合戦場。カラスって割と体重あるみたいで、ドスン、バリンって、天窓なんか破れそうや。この子なんか、ほら、朝からずうっとこの火の見櫓の上。今までずっとおった子ぉとちゃうみたい。あんた、なんか痩せてんなあ。胸の毛ぇそばだってんのは、誰かに突っつかれたんか?時々、あっちの方に向けて、必死で啼いてはります。そんな大きな声出したら、余計お腹すくで。なわばり

  • 初キュウリ

    ついこないだ、おチビちゃんが実り始めてるのを発見したばっかりやのに、きょう行ってみたら、おお!いっちょ前のキュウリさんやんか。ということで、本日の収穫。サヤインゲンは、土にめり込んでたのを救出。まだほんのおちびのくせして実ぃつけるから、裾ひきずってまうんちがうん。うちの子ぉらほんま、なんでこんな「おませ」なんやろう。初キュウリ

  • ねぐら

    「塒」とか「寝座」とか書くらしい。この冬チクチク作った猫ベッド。お陰様でうちの子たちには好評で、満員御礼状態。今年はまだ気温低いからねえ。けどさすがに汚れてきたんで、こないだ洗ろたった。段ボール箱を臨時お休みどころにしてるけど、「いち」さんご不満。スピカさまにいたっては、寄り付きもしてくれはれへん。母屋縁側のプライベート・ボックスでおくつろぎ。洗ろうたベッドは最終乾燥の室内干し中。もうちょっと待ってくで~。お二人様の抗議にお応えすべく、洗い替え用にもう1個、製作中でございますからにして。ねぐら

  • 初夏の実り

    私の住む町では夏と冬の年二回、町内一斉の「クリーン作戦」ゆうのがある。住民総出で、各地域の草刈りやごみ拾いなんかをする。この夏のクリーン作戦が先日行われた。80歳以上の人らは「もう、ごめんしてもらお」ゆうて参加せんようになったから、参加者は年々減っていく。特に私の住む地域は高齢の人が多いから、70代の人らが「若いもん」て呼ばれて走り回ってはる。けどクリーン作戦、ええこともあるんやで。崖の草刈りしてたら、野生のイチゴ見つけた。よう見る「蛇イチゴ」とかいう食べられへんやつとちゃう。これ、食べられるんやって。村の人は「野イチゴ」て言うてはった。家帰ってから水で洗うて、庭のブルーベリーも摘んで、畑のイチジク、一個だけめちゃ大きなってたからもいできた。サヤインゲンも大きなってきてるからちょびっと採ってみて、どうしょ、おや...初夏の実り

  • 蟹のSOS

    こないだ、かなり強い雨降った日ぃ、玄関閉めとこか、思うてふと見たら、ん?なんか、網戸にしがみついてる。あれは…か、蟹さん?「い、入れてぐでえーっ!」い、いやしかし、君ね、入れたげたいのはやまやまなれど、うちのバヤイ…「え、なんかおやつ?」ちゅうやつとか、「カーッ、暇だわまったく」てな連中がおりまっさかい…。蟹のSOS

  • 自家焙煎

    この地にしては珍しい講座が開催されるというんで、参加した。コーヒー豆を自分で焙煎してみよう、ゆう講座。10人くらいが参加した。どんな集まりでも、参加者は婆さんばっかりゆうことが多いこの町で、珍しいこっちゃ、爺さんが3~4人、40~50代の女性も2人参加してた。自家焙煎がなんでええのか、ひととおりお話聞いた後、いよいよ焙煎開始。土鍋と急須合体させたような焙煎器に一人分ずつのコーヒー豆入れて、火にかける。豆がはじけるポンポンいう音、焦げ目がつき始めるチリチリいう音、耳すましながら5分から10分くらい焙煎。好みの深さに焙煎出来たら、火からおろす。私は深煎りにしてみました。ええ香りでおます。これは先生が持って来はったお手本品ですが、左が生豆、右が焙煎後の豆。この後、市販されてるコーヒー豆と、焙煎したての豆を使って、飲み...自家焙煎

  • 世は事も無し

    猿がうちの庭でくつろいで帰ったその夜、我が家の猫どもは相変わらずのすし詰め状態。おーい、暑ないんかいな。それはそうとスピカ、あんたあん時、縁側におったよね、確か。網戸越しに一部始終見とったんやろ?お猿さんと喧嘩もせんと、えらかったねえ。「おかちゃ、いっつも言うてるやん」「なかよち、なかよち」世は事も無し

  • お猿が遊びに

    干してある布団や洗濯もん、いったん取り入れとこ、思て昼過ぎ、畑から戻った。ほいほいほい、なんも考えんと物干し台に近づいたら、そばの柿の木がゆさゆさ揺れた。え?見上げたらなんと、あれれ、お猿さん。こんなすぐそばで野生の猿見ることあんまりない。きれいな顔や、まだ若いお猿やねえ。なんかこの子、やたらくつろいで、木ぃの上で寝そべって、お尻掻きながらなんかもぐもぐ食べてる。んで、時々遠くの方眺めたりしてる。そのうち下に降りてきて(おいおい)、こぼれてる大豆か何かポリポリ食べて、人間にお尻向けてやたらゆったりモードにひたったり、かと思うたら、急に物思いにふけったり、屋根瓦の上、歩いてみたりもして、結構満足そうに帰って行かれました。けど、帰るて、どこへ?気ぃつけて帰りや。撃たれたりしいなや。お猿が遊びに

  • 実ぃ守る

    去年、知らん間ぁに丸坊主にされてたジューンベリー。今年こそ、ちょっとは我が口にも入れたい。ところめが、ところめが…、早々と実ぃ食べられてもてる。ということで、とりあえず被せといたネット。お陰様でこないだ、ちょびっと採れました、ジューンベリー。ジャムにできるくらい採れるんは、何年先やろか。ブルーベリーはというと、下の屋根伝いにカラスがやってくる。これは、鳥除け紐張っときました。去年2本枯れてもたから、この1本だけ。一番大粒の実ぃなる木ぃやし。なんとか鳥さんから守れたらええねんけど。実ぃ守る

  • ツタンカーメン 種採り

    種用に確保しといた別嬪さんたち。サヤ付きのまま日陰で干しといたんが、からからに乾いてきた。サヤから種出していく。こりゃ、思たより少ないかもなあ。道の駅に出した分、明日引き上げてこよ。んで、その中から追加で種採ろ。ツタンカーメン種採り

  • わらしべ長者 again

    ツタンカーメン豆の収穫も、いよいよこれが最後。莢の黄緑色が褪せかかってるもんと、近所に配る分は残して、それ以外全部パック詰め。なんか今年は、わーっと実って、わーっと終わった感じ。よそから来たもんをやさしい受け入れてくれはって有難う、そんな気持ちこめての毎年恒例、初夏のご挨拶。ツタンカーメン豆ご飯炊いて隣保9件に配る。炊飯器壊れて土鍋で炊いてるから保温機能なし。桜色の豆ご飯にはでけへんけど、ごめんしてもらお。自家製奈良漬をちょこっと添えて。移住当初は生のお豆のまま配ってたけど、自分で炊事でけへん独り暮らしの爺ちゃん婆ちゃんも増えてきたから、2、3年前から豆ご飯にして配ってる。私から皆さんへのお礼のつもりやねんけど、「これ持って帰り」「餅好きか?」て、代わりに渡してくれはるもんの方がずっと多かったりする。画面下のほ...わらしべ長者again

  • 鮎釣り

    毎年この季節、鮎の一夜干しが届く。大学の先輩の手作り。解禁を待って釣りに出かけ、釣り上げた鮎を自分でさばいて一夜干しに仕上げ、クール便で送ってきてくれはる。先日も、きれいな一夜干し鮎がどっさり。男の人って、マメな人はほんとにマメで緻密なんやなあ。あかん、私にはとても真似できまへん、とかなんとかぶつぶつ言いながら、早速季節の味に舌つづみ。ん?「いち」、何してんのん。「おかちゃ、自分一人で食べてるやん、鮎」ま、まあねえ。「しゃあない、あたしの分は自分で釣るわよ」鮎釣り

  • 蜂トラップ

    今年も、でかい蜂が庭を飛び回るようになってきた。早う吊るしとかなあかんなあ。ひと月くらい前からそう思いながら、延ばし延ばしにしてた蜂トラップ。一念発起して、ついに設置!去年のリサイクルやから、去年の残骸がそのまま。蜂の通行量の多いとこには、1ℓボトル。これまたリサイクルで「兵どもが夢の跡」状態。こんな手抜きでもトラップ機能発揮してくれるやろか。蜂トラップ

  • 自家製紅茶

    村の茶摘みしてて思いついた紅茶づくり。(7回目のお茶摘み-猫とおかちゃと月光仮面のんびりふんわり自然農)適期をかなり逸した感はあるけど、とにかく挑戦してみる。うちの裏の石垣付近に数株植わってるお茶の木。今年伸びた淡い緑の部分だけ摘んでいく。傷、汚れのある葉ぁは取り除く。(右の手箕の中が傷のある葉)きれいな葉ぁ(左の四角いザルに入ったもの)を、一日日陰で干す。一日たったら、揉みの作業に入る。揉み始める前の葉ぁ。30分後。1時間後。まだまだなんやろうけど、手首やら肘やら痛なるし、汗出てくるし。これでごめんしてもらお。ビニール袋に入れて、半日ほど置く。これで葉ぁが発酵するんやて。半日たったら、オーブンで発酵止めする。オーブンは120℃で10分。量がちょっとあったから、2回に分けた。その後、レンジ500Wで2分~30秒...自家製紅茶

  • スピカの選択

    いまだに朝晩ストーブたかなあかん日ぃがある。ストーブ消したら、寒がりの「いち」は誰かにくっついてたい。けど、スピカは孤独を愛する女。奥の間の窓際専用箱にお籠りになる。寒ないんか?だいじょぶか?スピカの選択

  • 7回目のお茶摘み

    今年も村のお茶摘みが行なわれた。村には「日役(ひやく)」というのがある。男衆は鹿柵修理、女衆はこのお茶摘みが毎年の「日役」になってる。出られへん家は、時間当たり1000円、大抵は4時間日役なんで4000円を徴収される。私もお茶摘み7回目で、作業自体にはだいぶ慣れてきた。それでも、途中の休憩タイムはいまだに苦手。好奇心旺盛なお婆さん達の中に混じってたらろくなことないから、ぶらぶらとあたりを見て回る。お茶畑から、私の住む集落方向が見渡せる。ちょうど田植えが終わって、田んぼが冬の薄茶色から淡い緑色に変わった。稲の苗が育ってきたら、もっと一面青々と、村全体が緑に覆われるやろなあ。カエルもゲコゲコ鳴きだすやろなあ。いつも丸坊主にしてしまう我が家のお茶の木。今年は摘んでみよかなあ。んで、紅茶でも作ってみよかしらん。7回目のお茶摘み

  • 減ステロイド作戦

    この冬、「いち」の調子が幾分安定してきたんで、いつも飲んでるステロイドの量を減らしていかれへんかと思うた。ひと月当たり10タブレット(1タブレットは5㎎)服用してたステロイド剤、1カ月単位で10%ずつ減らしてみよとしてる。で、昨日もろてきたお薬はこれ。今ちょうど過渡期で、あと半月間8タブレットの包みを朝夕1包ずつ。それ終わったら朝6タブレット1包、夕8タブレット1包。その1か月後から朝夕6タブレット1包ずつ。これで大体、ひと月に10%ずつ減らせる計算にはなる。途中で調子崩さんと、計算通りいったらええなあ、「いち」。ええ気持ちでおねんね中に申し訳ないんですが「いち」、そのお布団干させてもらえへんでしょうか…。減ステロイド作戦

  • 鹿 → カラス → トカゲ → ?

    裸麦の苗を散髪してくれた鹿。サヤエンドウ播種直後の畑を物色するカラス。蒔き直しても蒔き直しても、すぐに苗土掘り返してくれるトカゲ(多分)。今がピークのスナップエンドウ。今年はよう齧られてるなあと思てた。で、芽ぇ出てすくすく伸びてくるはずのサヤエンドウ。伸びへんどころか、苗の数減ってない?葉っぱ全部なくなってるやん。あろうことか、ツタン様達までガジガジにやられてる。私が畑に入って行ったら、いっつもバタバタ飛び去る山鳩2羽。おーい、おまはんらでっか?鹿→カラス→トカゲ→?

  • 初出荷

    ぼちぼちやけど、ツタンカーメン豆がふくらみ始めた。道の駅に電話したら、1パックでもええから持って来てとのこと。土・日に間に合わせた方がええかと、とりあえず昨日夕方2パックだけ届けた。ツタンカーメン豆ご飯のレシピをつけるんやけど、実はこのレシピの色塗りが一番時間かかるんよね。桜色のおいしい豆ご飯、楽しんでいただけますように。初出荷

  • 誰?

    今年、キュウリ、トマト、バジル、モロヘイヤはポットに播種。どれも順調に芽ぇ出揃うてたんやけど、キュウリのポットだけ、土ほじくり返される。3回ほど蒔き直したけど、やっぱりほじくり返される。トマトはオレンジ玉の一部が途中で枯れ、モロヘイヤはいつの間にか全部の苗が消えてもた。もう、これで最後になったキュウリとトマトの種、蒔き直し。キュウリの土掘ってるお方、聞いてるか?もうないんやで、種。ほんまにこれで最後やで。誰?

  • 赤ちゃん返り

    「いち」が時々、あらぬ方見ておらぶようになった。(おらぶというのはどこかの方言で、大きな声で叫ぶこと)獣医さんに話したら「脳に何かあるからねえ」とのこと。撫ぜてやると、そのうち治まる。こないだは、いきなり抱き枕にアタック。強烈な蹴り入れたり、齧りついたり、かと思たら、すりすりしたり。「いち」ちゃん、しんどいのに毎日頑張ってるもんねえ。たまにはおらんだり蹴り蹴りでもせんと、やってられんわなあ。「わかってるんなら、あたちにもっとかまいなさいよ!」は、はい。すんません‥。赤ちゃん返り

  • 生の甘み

    知人二人がやって来た。畑見たい言うから案内した。膨らんでるスナップエンドウを早速口に入れて、「甘~い」言う。えー?甘いかあ?それでもえらい褒めてくれるから気ぃ良うして、家に戻ってから、昨晩ゆがいといたお豆さん、冷蔵庫から出してきた。でや、こっちんがもっと甘うてやらかいやろ。ほんならなんと、今採ってきた生のんくれ、言う。洗ろて、ヘタと筋取って出したら、バリバリ音立てて齧りながら、「甘~い」やて。二人ともそう言うから、そうなんやろう。へーぇ、スナップエンドウて、生の方が甘いんか。生の甘み

  • 実ぃつく季節

    今年のツタンカーメン豆、えらいぎょうさん花が咲く。しかも、別嬪さんぞろい。実ぃも、まだ薄っぺらやけど、つき始めた。こちら、目茶苦茶おちびさんのくせして、ツタンさんに負けじと実ぃふくらませてるスナップエンドウ。鹿に齧られて全滅、と思てた裸麦。生き残り組が懸命に穂伸ばしてる。かと思たら、畑の入り口。イチジクの枝に、何やらぽつぽつと。実ぃか?イチジクって、こんな時期から実ぃつくんやったっけ。実ぃつく季節

  • すべて世は事も無し

    平成から令和にかわる夜、打上花火がテレビに映し出されてた。天皇崩御による改元やったら、ちょっとでけへんかったやろなあ。そんなことボーと思いながら見てたら、ひゅるひゅるひゅると頭の中にのぼってきた。「すべて世は事も無し」(※)そやなあ、そうかもしれん。お姫様たちは5月というのにストーブの前で熟睡し、庭のタイムが咲き始め、山々の緑はパッチワークみたいに輝いて、いろんな事件や事故も、あちこちで起きてるけど、この村は今んとこ、事も無し。ほなら、神は?※「神、そらに知ろしめす。すべて世は事も無し。」ロバート・ブラウニングの劇詩「ピッパが通る」の一節上田敏訳「春の朝」としても有名すべて世は事も無し

  • カワウソ?

    スピカは「独り」が好き。「いち」は「一緒」が好き。その二人が寄ると、こうなる。リラックスする「いち」に、のけぞるスピカ。「いち」が去った後も、のけぞり続けるスピカ。ん?これは何かに似てる。猫と言うより…、か、カワウソ?カワウソ?

  • でかシイタケ

    この冬買うたシイタケ菌床、ちょっと変わってる。最初にワサワサ~ッて出て、2回目は、長いことうんともすんとも言わんかった。えーっ、もうあかんのかなあ、て思うた頃にまたぽつぽつ出始めた。そこそこ収穫できて、その後ちょっと小休止(やとばっかり思うてた)。で、もういっぺん水に浸けてみよって、袋から出そとしたら、えっ?で、できてたん?ビニール袋のしわかなんかで、見えにくいとこやったんかな。でかっ。ちっとも気づきませんでした。頑張ってくれてたんやねえ、誠に失礼しました。でかシイタケ

  • 再生する力

    カイワレや豆苗、一つの株から3回くらい収穫できる。今年はちょっと力入れて、3株使ってリサイクル。左の株が一番最初に買うた株。真ん中の株、右の株の順に新しなる。左端と真ん中は2回収穫後。右端は1回収穫後。一旦ばっさり刈り取っても、すぐにこんだけワサワサ伸びてくるんや。そんなら、鹿さんにむしゃむしゃ齧られてもた裸麦、豆苗みたいにワサワサ、もいっぺん再生してくれへんやろか。再生する力

  • 春なのに~ ♪

    ヨモギ、わっさわさ。ホトケノザ、ぼうぼう。カラスのエンドウ、うっじゃうじゃ。タンポポなんか、散り始めてますやんか。ああ、それなのに~それなのに~♪ストーブ消したら、めちゃお怒りになるお姫様たち。春なのに~♪

  • 待ったなし

    気のせいや、目ぇの錯覚や、そう自分に言い聞かせて見て見んふりしてきた春の到来、けどここまできたら、もうあかん。咲いてもた。スナップエンドウの花。まだ、タンポポくらいの背丈しかないくせして、いっちょ前にわさわさ咲いてるやんか。んで、ツ、ツタンカーメンよ、おまえもか!待ったなし

  • 鹿さんに続くは

    今日は黄砂飛んでるから。今日は妙に暑いから。今日は獣医さんまで走らんとあかんから。と、延ばし延ばしにしてばっかりもおられず、やっとこさ中の畑の草刈り始めた。終わって、家の裏からふと見たら、す、素早い。早速何やら物色中のカラスさん。おーい、なんぞめぼしいもん見つかったかぁ?ちょっとがっかり?鹿さんに続くは