searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
トラカリコン! https://blog.goo.ne.jp/kanra-toriko

「虎・借り・コン!」。虎の威を借りた狐。虎の威を借りて吠える狐が私…。虎が何であるかは、本人にもわから

トラカリコン!
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/04/15

1件〜100件

  • アベノマスクの有効利用

    まだ雪が積もっていないので、新型コロナのことを考えていられる。とはいえ、毎日発表されている統計が正確でない(大阪府は統計漏れを神奈川県は発表停止を発表している。それとは別に、そもそも多くの自治体で検査数が少ない)ので、考える材料があまりない。統計は、新型コロナ関係のみならず、ここ何年かの国の基本的な統計は捏造だか改ざんだかされてきた。それが何件も明らかになっている。最初は、国交省の統計とそれが入った統計だけおかしい、とわきまえていればいいのかなと思ったが。もう、とりあえず全部疑えばいいや、という気持ちになっている。面倒臭いもん。そんなデータが扱われる国会。元首相や元官僚が嘘八百を並べてきたのが通用する場でもある。なんて恥知らずなことだろう。・・・まあ、ちょっと見る気になれない。わりと録画してあるんだけどね。中継...アベノマスクの有効利用

  • (「いいね」「応援」クリックありがとうございます)

    このブログ史上初の「いいね」「応援」のクリック、ありがとうございました。頂いたことがないので通知欄を見る習慣がなく、気がつくのが遅くなりました・・・新型コロナはおさまらないし、寒い日が続きますが。どうかお元気で。また来てくださいますように!(「いいね」「応援」クリックありがとうございます)

  • 「見きわめる快感」に興味ない?(報道が中立であるために)

    今思うと、橋下氏達のツイートを読んでいくのは快感だった。実名確定のツイッターアカウントの文面は一次情報、としていいかな?取材者による記録ではない未加工の発言・しかも・発言者本人が文字で記録したもの・・・を、私のような一般人が直に見られる。便利な時代になった。ブログを書いてしばらくは、橋下氏の悪態が放つ毒気が辺りに漂っている感じで悲しかったが。後から、一連のツイートと引用された記事を頑張って読解した脳みその心地よい疲労感・昔「朝まで生テレビ」で感じた橋下氏の話の運び方への疑問を自分なりに解消できたという満足感が湧いた。(時間と労力の事情でたぶんもうやらないけど)何日かぶりに見たら、今度は西村博之氏(フランス在住)が橋下氏側で参加していた。フランスで、マクロン大統領をヒトラーになぞらえた看板を立てた人が訴えられた、...「見きわめる快感」に興味ない?(報道が中立であるために)

  • 石原・橋下・菅の批判?侮辱?警告?

    ヒトラー・ナチスドイツという、長きにわたり世界各国のさまざまな分野の研究者達が調査・分析・研究の対象だったもの。菅議員がそれを引き合いに出したのが、私には好ましいのかもしれない。まだ謎は残るし生々しい(最近も、アンネ・フランク一家を密告した人物云々の名前が報じられた)もの達ではある。が、多くの人から客観的に検討されてきたおかげで、怪物感というか得体の知れなさというか、曖昧さがだいぶ整理されている。こういう乾いた批判(橋下氏達は「侮辱」とも。私には「警告」とも思える)なら、批判の妥当性を考えられるからすっきりする。橋下氏も亡くなった石原慎太郎氏も、他者を否定する発言が多い。石原氏の訃報が報じられてからしばらく、テレビ番組は若き日(国会議員の頃)の演説の映像を流していた。橋下氏は、話し方・内容などが似ている。そりゃ...石原・橋下・菅の批判?侮辱?警告?

  • コメンテーター達<ヒットラーを思い起こした菅直人に理があるケンカ(3)>

    テレビ(1月26日テレビ朝日「大下容子ワイド!スクランブル」)でたまたま見かけた杉村氏・萩谷氏・柳沢氏の3人のコメンテーターの発言(「スポニチアネックス」サイトに載っていたので引用しました)。そして、野村修也氏のはツイッターだが、氏はテレビ番組でコメンテーターを務めることも多いので。博識または専門知識・理論的・心がある・話力・公平・責任感・プライド・・・コメンテーターに期待する要素はたくさんある。が、もちろん完璧なコメンテーターなんてありえない、と承知している。でもなあ。杉村太蔵氏−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−“立民は身内に甘い”という指摘が出ていることに、杉村氏は「私は立憲民主党の支持がなかなか上がってこない最大の要因がそこだと思います。とにかく党の体質として...コメンテーター達<ヒットラーを思い起こした菅直人に理があるケンカ(3)>

  • 橋下氏のピンポンダッシュ<ヒットラーを思い起こした菅直人に理があるケンカ(2)>

    「まあ今回は弁舌の巧みさということでお褒めの言葉と受けっておくが。」で終えたのかと思いきや。ツイートし続けている橋下氏であった。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−米山隆一@RyuichiYoneyama2012年6月22日当時大阪維新代表の橋下徹氏は民主党を「今回の話は完全な白紙委任でヒトラーの全権委任法以上だ」と批判しています。こういう「維新の批判は良い批判、維新への批判は言語道断」の超絶ダブスタが、本当に「如何にも維新」で、決して真に受けてはいけません。https://web.archive.org/web/20120625231532/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK20120...橋下氏のピンポンダッシュ<ヒットラーを思い起こした菅直人に理があるケンカ(2)>

  • 大筋<ヒットラーを思い起こした菅直人に理があるケンカ(1)>

    橋下氏が誤った反論をし、橋下氏側の人達(匿名者含む)は橋下氏の誤った論拠を膨らませるしか能がない。それに対して菅氏側の人達(匿名者含む)には、論拠も道理も大量にある。・・・私が主にツイッターを見た限り、こんな状況。だが、メディアには橋下氏側に立つ動きが目立つようだ。橋下氏がツイートからリンクさせているような新聞社サイトの記事はもちろん、偶然に見たテレビ番組でもコメンテーター達も同じようなことを言っていた。嘘の根拠(真偽がわかるような海外情報は、一般の個人にも見ることができる)と論理(氏のツイートには矛盾や問題点が目立つ)が増幅され、勢い良く出回っていく。インターネット上の菅議員側の情報が良いものであっても、こういった物量作戦的に押されてしまうのだろうか。橋下氏・維新が「勝ち」という結果なら。日本では、嘘情報を切...大筋<ヒットラーを思い起こした菅直人に理があるケンカ(1)>

  • 盛り上がらないこの問題・・・NHKの捏造事件も起きたのに<CLP*立憲民主党(5)>

    去年の立憲民主党代表者戦では、西村議員の弁舌に好感を持った。姿勢(特に、「野党は批判ばかり」への対応や、立憲民主党は公共を縮小する維新とは違うので、というような)も言葉の選び方も態度(どっしりしてました)も。だけど、この件での発言は苦しい。とはいえ、会見(BLOGOS2022年01月13日15:02【全文】立民・西村幹事長がCLP問題を説明「適切でなかった」福山前幹事長は処分せずhttps://blogos.com/article/576023/)でもベースには共感できた。第2次安倍政権以降の自民党の官房長官達の会見を彷彿とさせる言葉は多い。しかし。そういえば、記者会見で党や議員の行為の違法性や犯罪性の有無が盛んにテーマになるのは、第2次安倍政権以降のような。それまでは、主に政策や政治責任や任命責任などの確認そ...盛り上がらないこの問題・・・NHKの捏造事件も起きたのに<CLP*立憲民主党(5)>

  • 巻き込み自殺者、政治家

    高2生が、ボヤを起こしながら東大に近付いて3人を刺し、自分のことは刺しそびれた。1月15日のこと。この事件を、大阪のクリニック・京王線・小田急線・・・とまとめることもできる(被害者の方々にどこかが失礼な気がするのだが)。闘病中しかも治療方針思案中の身なので、自分の最期について想像しているこのごろ。(a)苦しまずすんなり・(b)痛みや苦痛の中で・(c)(b)かと思いきや最後の一瞬は楽になる・・・のどれかだろう。私が見送った家族2人はどうだったか。意識があるかどうかわからない状態だったが、最後には閉じた瞼から涙が溢れ出た。生理現象なのか感情的な反応だったのか知りたい。それで、2人目である父が死んでしまった頃に同じくお父様が亡くなった友人に、涙のことを尋ねたが。最期には間に合わなかったそうで、そのことに傷ついていたの...巻き込み自殺者、政治家

  • 時系列第2版<CLP*立憲民主党(4)

    立憲民主党西村幹事長の12日の定例記者会見の内容を入れた(*1〜*7)。<2016〜2019(2020?)年(CLP立ち上げ当初>現在の、市民サポーター型の「公共メディア」という方針・明確な理念はもてておらず、制作しているコンテンツ(選挙時に投票を呼びかける動画)の方向性や内容についても試行錯誤が続いていた。(現共同代表・佐治洋の)自費で制作。しかし、運用資金がかかるので手弁当で制作を続けることは困難な状況に。番組制作費の支援やスポンサーとなっていただける方を探した(企業スポンサーを探してプレゼンをしたり、大口の個人で寄付をいただける方を探したり、その他団体など)。立憲民主党の福山哲郎氏にも面会。「フェイクニュースやあまりに不公正な差別が横行する状況に対抗するための新しいメディアを作りたいという理念に共感をいた...時系列第2版<CLP*立憲民主党(4)

  • 「室井さん」か昭恵夫人か(岸田首相)

    第2次安倍内閣・菅内閣で閣僚を務めた政治家達なら、私は誰も信頼しない。首相に異議を唱えるべき局面は多々あったのに。あんな9年間にせめて1人くらいは辞職覚悟で動いても良かったんじゃないの?というわけで、昨年の自民党総裁選には誰にも期待していなかった。もちろん岸田新総裁に対しても。ただ、2代の前任者達とは違って、陰険さ・陰湿さ・残忍さといった言葉はあてはまらない印象。では、安倍氏・菅氏のような毒気はないか、というと。安倍昭恵氏のような「かまとと」的な毒を感じないでもない。岸田首相は「聞く耳あり」の自己評価通りにわりと開放的に見えるし攻撃的な態度を見せてもいない。だが、「善き志」(という言葉でどうでしょう。あくまで「」付きなのがポイント)ある人々と一見無害だが社会に地雷を埋め込むような会話(や約束。「良い話ですから進...「室井さん」か昭恵夫人か(岸田首相)

  • 「Dappi*自民党」との対称性を唱えること<CLP*立憲民主党(3)>

    この件についてまたもや「立憲民主党がまたブーメラン」と書く人が多いだろう、という予想通り。だが、そういう見立ては妥当ではないような。CLP(公共メディアを目指す)とDappi(安倍政権のためなら虚偽情報も厭わない)の発信情報の質の違いはもちろんだが。数的には多くもない共通点を示して各々を線で結んで「ブーメラン!」こと「対称性ある!」というのには無理を感じる。相違点もあげて線でつないで各々の輪郭を見れば、「CLP*立憲民主党」と「Dappi*自民党」の関係は対称状態ではなくて、私の感覚だと後者はもっと大きな像の一部に過ぎない。(「CLP*立憲民主党」は福山前幹事長が認めているが「Dappi*自民党」は自民党は認めていないしまだ裁判中なのだから安易に並べるな、という意見もありそう。だが、「Dappi*自民党」はどう...「Dappi*自民党」との対称性を唱えること<CLP*立憲民主党(3)>

  • 「ハンデ」をどう扱うか<CLP*立憲民主党(2)>

    特に立憲民主党は、早めに幕引きしたいのだろうけれど。事実を明らかにし責任の所在・処分を・・・では、もったいない問題。私の中では、別の観点からの興味が盛り上がっている。・来月、トランプ前米大統領が新SNSアプリ「トゥルース(真実)・ソーシャル」を開始する予定。・当選日1日に対して文通費が1ヶ月分、100万円出るのは非常識。・・・と当選早々に言い出した池下議員(日本維新の会)が、父親からの援助を政治資金収支報告書に記載していないことが「週刊文春」の取材で判明。・・・こんなことになっているのだから。まず、トランプ前米大統領の状況。既存の情報発信からは疎外され(旧フェイスブックであるメタ・プラットフォームズとツイッターは、トランプ氏の個人アカウントを永久停止している)や既存メディアには不信感・対立関係もある。それでも発...「ハンデ」をどう扱うか<CLP*立憲民主党(2)>

  • 時系列<CLP*立憲民主党(1)>

    <2016〜2019(2020?)年(CLP立ち上げ当初>現在の、市民サポーター型の「公共メディア」という方針・明確な理念はもてておらず、制作しているコンテンツ(選挙時に投票を呼びかける動画)の方向性や内容についても試行錯誤が続いていた。(現共同代表・佐治洋の)自費で制作。しかし、運用資金がかかるので手弁当で制作を続けることは困難な状況に。番組制作費の支援やスポンサーとなっていただける方を探した(企業スポンサーを探してプレゼンをしたり、大口の個人で寄付をいただける方を探したり、その他団体など)。立憲民主党の福山哲郎氏にも面会。「フェイクニュースやあまりに不公正な差別が横行する状況に対抗するための新しいメディアを作りたいという理念に共感をいただき、広告代理店・制作会社を通じて番組制作のための支援をいただくこととな...時系列<CLP*立憲民主党(1)>

  • 維新は「自民党の別動隊」ではないのかも

    岸田首相は、安倍〜菅の2代の首相達とは違う方向に進もうとしているのか否か。その答えだけでは、アベスガ政治の行方はわからない。なぜなら、維新の会があるから。もし岸田首相が違う方向を目指すとしても、維新の会がアベスガ政治を進めるだろう。おさらいすると。当時野党だった自民党の総裁は谷垣氏。一議員だった安倍氏を持ち上げていたのが維新の会。その後。大阪の地方選において、もちろん自民党候補を応援するはずだった当時の安倍首相・菅官房長官。実態は維新寄りの動きをした(それが傍目にもわかるような動き方だったのがなんとも)。国会内では、維新は「ゆ党」。自民党の別動隊といえた。自民党に加わらず野党の地位に留まることで「決議には野党である維新も賛成したのだから強行決議ではない」という与党のアリバイを成立させられた。岸田首相は、今のとこ...維新は「自民党の別動隊」ではないのかも

  • 新カテゴリー「アベスガ政治の仕上げ中?」追加

    同一カテゴリーの記事が増えている。整理したい欲が出てきたので。岸田首相の方向性は、前の2人の首相と同じなのか違うのか。・話が長いときは、要約すると「これから考えていきます」だし。・断言したときは、後で変更するし。・部下が宣言した批判されるような内容(例えば国交省が航空機国際線の新規予約を止めさせた件)は、「聞いてないよ」だし。つかみどころがないのでわかりません。その上、テレビのニュースや新聞記事を見ただけで判断していいのか迷うこのごろ。編集前の国会中継・記者会見の映像を確認しないとだめなのでは・・・そんな不信感が募った2021年でした。「アベスガ政治の仕上げ中?」というカテゴリー名から「?」を外す日が来ないよう祈りつつ。新カテゴリー「アベスガ政治の仕上げ中?」追加

  • そういえば知らない、政治と労働組合の関係

    年か前。安倍元首相が経営者団体相手に賃上げ要請する光景を見て、嫌な気がした。報道機関・警察の捜査・官僚の人事・吉本興業の舞台・各大学の方向性・・・首相・官邸が、目立つものや自治されていた領域をことごとく支配下に置いていく。多様性・相互牽制・自主性といった、社会の安全弁みたいなものが失われてくようで。連合の新会長が岸田首相・経営者団体トップとの会談のためににこやかに入室する映像を見たのは今年の10月か11月だ(この人の笑顔を初めて見た、というのもなかなか・・・)。与党自民党は経営者団体・野党は労働組合が有力な支持母体、というかなりおおざっぱな分け方はだめだな。公明党の支持母体は創価学会なので、経営者労働者の分け方は馴染まないし。維新の会は公務員の規模・待遇を縮小するのが正義みたいな党だし幾つかの民間企業と癒着して...そういえば知らない、政治と労働組合の関係

  • 省庁組織をいじる前に

    先週の「ウェークアップ」だったかな。菅前首相がMCの野村氏にインタビューされていた。「厚労省は大きすぎる」と改組を言い出しそうだった(その部分をたまたま見ただけなので全体はわかりません)。政権交代するまでは、省庁の改編はだめだよなあ。どさくさに紛れていろんな書類やデータが処分されるだろうから。最近、某社が駅伝の優勝旗を紛失おそらく廃棄してしまった、と明らかにされた。あれはびっくり!そんなことが起こるなら、省の分割の際に人や部屋や書類が動かされる間にアクシデントが起きても不思議ではない。・・・が。故意に処分される恐れの方が大きい。第2次安倍政権以降いろんな資料が不自然に失われたのだから、疑うのが当然だろう。旧民主党への政権交代直後には、当時の岡田外相の指揮のもと外務省で沖縄返還の文書が発掘された。野党だった時代に...省庁組織をいじる前に

  • 議員以外の経験を活かして政策を練る<「エッセンスのところで合意できるもの」(3)>

    政権を取る直前の頃の旧民主党のこと。国会中継を見ていて、職場の会議や監査ぽいやりとりしてる、と親しみを感じた。私達(私も家族も友人も、ほとんどが勤め人。政治家でも経営者でもない)の感覚の政治もあり、かな。今思えば。旧民主党政権は、代表レベルで言えば世襲政治家の資産家→市民運動の人・・・という経過を辿り。松下政経塾出身で国会議員一筋の人が目立っていたような印象がある。自民党が世襲議員だらけなので違和感は減るが、やっぱり独特だ。そんなことをすっかり忘れていた、今年、だったろうか。当時の平井IT担当大臣を相手に、OCHAやCOCOA(名前を決めた瞬間が最高潮だったのでは)について質問していた立憲民主党の参院議員がいい感じだった。たぶん(すみません)、吉川議員。なんでこんなに大金がかかるのか・システム設計はおかしいので...議員以外の経験を活かして政策を練る<「エッセンスのところで合意できるもの」(3)>

  • カウントされない私

    YouTubeの「えだのんTALK」。配信日12月22日に視聴していたら、前回の記事はどうしたかなあ。・・・と思うくらいに、赤木裁判で真実が明らかにされなかった話がだぶってた。国会「ならでは」の究明をぜひ。特に維新、橋下徹氏がいろんな場で政府の認諾を批判したのだから、知っていること(森友学園からの申請を変則的な手続きをしてまで許可した、という発端の事情)を明らかにして政府による隠蔽突破の糸口にしてもらいたい。・・・と書いてみるが、どうせやりゃあしないだろう。しょうもない人達だ。さて。立憲民主党の一議員という立場になった枝野前代表が、ごく少人数の体勢で「えだのんTALK」を始めたわけだが。私、YouTubeはほぼ初めてなので。党代表だった時のものとの違いなどわからない。なぜ聞いてみる気になったかというと、泉代表に...カウントされない私

  • 国会の格を上げる<「エッセンスのところで合意できるもの」(2)>

    原告赤木雅子氏の目的は、国が認諾したことで台無しになったかのように見える。私は混乱している。というのは、5年ほど前にある弁護士との会話で「裁判は、真実を明らかにする場ではなく、ペナルティを決める場だ」という言葉が出たからだ。だが、赤木裁判に関して、原告側の弁護士をはじめ多くのコメンテーターなどが「裁判は真実を明らかにする場」という前提で発言している。なお、私と話した弁護士は「一般の人は誤解している」と前置きしていた。どっちが本来の裁判のあり方なのだろう。原告側の請求額は、認諾されないようにある程度高額に決めたものだった。つまり、原告側弁護士は認諾の恐れも想定していたわけだが。多くの人は「裁判は真実を明らかにする場」と期待していた。私が話した弁護士は、所属事務所からしても市民に寄り添う系だ。経験からの言葉だったの...国会の格を上げる<「エッセンスのところで合意できるもの」(2)>

  • まるで子供騙し<「エッセンスのところで合意できるもの」(1)>

    橋下徹氏の決まり文句の1つが、「民間だったら考えられないことですよ」。民間企業は行政組織よりもコスト意識が高いから、というのが違いの理由の1つだが。他に、民間は行政から監督や指導されペナルティを科される場合もある、という理由も欠かせない。行政組織なら、例えば会計検査院監査について、検査院と交渉の余地がある。そこで外されるような問題点も野党が拾いあげられるのが、国の仕組みなのだが。第2次安倍政権以降、その舞台となるはずの国会は機能不全に陥ったままだった。今週、久しぶりに国会が始まったけど。国政って国会って、こんなにみっともないものだったっけ?文書交通費と「5万円はクーポンで問題」の話題がまだまだ続いていることに思う。単発のテーマとしてその都度議論するから嫌になる。「国会議員の経費・報酬はどうあるべきか」と「クーポ...まるで子供騙し<「エッセンスのところで合意できるもの」(1)>

  • 朝日新聞・報道ステーション<立憲民主党代表選討論会@日本記者クラブ(2)

    経済成長や新型コロナ対策など、4人の候補が掲げる政策案についてもっと報じるべきなのでは・・・と思ったのに。「共産党との共闘」についての箇所のみの発言の書き起こし・朝日新聞の記事・「報道ステーション」の内容だけを書く。残念だけど時間的に体力的に無理。討論会の録画と翌日の新聞記事では、逢坂氏の「共産党との共闘」否定の度合いが違うようで気になったので。改めて思ったのは、政治家と政治記者の間柄ってどんなの?ということ。モッくん主演のドラマ「運命の人」を見てびっくりしたのが忘れられなくて。国会議員(外務大臣)と政治記者が、「盟友」のようで。議員同士・会社の同僚同士よりむしろ協力関係だったり腹を割ったりするかのような場面もあった。故・三宅氏、今なら田崎氏そして弁護士という肩書きではあるが実態として橋下氏を思うと、現実なんだ...朝日新聞・報道ステーション<立憲民主党代表選討論会@日本記者クラブ(2)

  • 「よう言わんわ」(橋下徹氏や維新の会は「当事者離れ」話術?)

    今回の衆院選の結果からしても、大阪人は維新の政治に違和感がないらしい。維新の政治家達と顧問である橋下徹氏。言ってること・やってること・結果・・・を突き合わせると、すごいぐちゃぐちゃじゃん?大阪人は東京ものよりずっと合理的だと長年思っていたが、誤解だった?私が知っている合理的な大阪人達は東京周辺での暮らしの方が長いので、もはや東京(や千葉や神奈川)の人かもね。「大阪人ならでは」じゃないのかもしれない。・・・と思っていたこのごろです。今読んでいる本(*)で、話術は個性である前に地域の文化の違いでもある、という例を知った。大阪の「当事者離れ」はその一つで、「事件の当事者としてではなく、状況の外に立つ第三者として事態のおかしさを味わおうとする姿勢」。自分の失敗を「あたかも他人事のように笑い飛ば」す、など。「現場の真った...「よう言わんわ」(橋下徹氏や維新の会は「当事者離れ」話術?)

  • 日本失敗

    岸田首相は、総裁選立候補時の発言を撤回・変更・先送り・曖昧化するうちに冬を迎えた。国家予算の支出からすれば、菅前首相が解散・総裁選で岸田首相誕生・・・という日程の方がずっと安上がり。こういうのを「コスパが悪い」って言うんじゃないですかね?今、世間が盛り上がる国政の話題は、文書交通費と10万円給付うち5万がクーポン問題。悠長なことである。「東日本大震災以後」で考えると、海外諸国は激動の時代・日本は微調整のみだった気がする。原発を止めるというのは大転換だが日本は少しずつ元通りにしているところ。環境問題への取り組みへの海外の真剣度はぴりぴりしているが、日本だと広告代理店が仕切る1つのイベントのようだ。難民問題は海外ではメルケルさんが首相を辞める破壊力を持つほどだが、日本では他人事になっている。国際情勢もだいぶ変わった...日本失敗

  • 権力闘争は得意でなくて、カリスマ性も感じさせない<立憲民主党代表選討論会@日本記者クラブ(1)>

    11月22日の討論会についての今朝の「天声人語」。「政治家らしく権力闘争が得意そうな人も、カリスマ性を感じる人もいない」と最初の方に書いている。「討論のはずなのにお互いを認め合う発言が相次いだ。」代表選の結果によっては党が分裂してしまうのか・・・とはらはらしていた私は、あの雰囲気にほっとした。国民民主党(維新ぽい度合いが高まるばかり)との親和性・松下政経塾との関係・選挙区・出陣式への参加議員の顔ぶれなど、割れるような要因になるのかならないのか・・・と。でも、逆境でちゃんと助け合っていける人達だ、と期待できる。「天声人語」の終わりの方にある「地力をつけるのが大事なときで、権力闘争やカリスマの出番ではないのだ」、ですよ。討論会について疑問に思ったのは。候補者達は事前に質問を知らされていたのか、ということ。安倍首相と...権力闘争は得意でなくて、カリスマ性も感じさせない<立憲民主党代表選討論会@日本記者クラブ(1)>

  • 安倍元首相による仕事の格付け

    第2次安倍政権は、官僚を屈服させていた(NTTに接待されていた総務省幹部達は「安倍さんのお友達」だったのかもしれないが)。政策の立案のような分野での変更ならともかく、法解釈や文書管理という公務員の仕事の基盤さえ踏みにじられた。それは、仕事の矜持を捨てることだ。一方、公務員の中で「自衛隊は別格」、と定めようとしていた。憲法が定める国家公務員の組織は、現在は会計検査院だけだ(他官庁に頭が上がらない所なのだから、それでなんとかなっているのでは)。元首相は自衛隊を明記したがった。命懸けで国を守ってくださるから、と反論が空気的に難しい主張もして。「オリンピアン」「アスリート」も格上らしい。聖人認定されているようだ。「東京2020」の時期もひどい扱いをされていたのは、政府のCOVID-19対策の欠陥を埋めていた医療従事者達...安倍元首相による仕事の格付け

  • 正社員・正職員の席に座るのは

    アベスガ路線、特に安倍元首相の価値観なのか。それとも小泉政権時から与党・ゆ党のブレーンである竹中平蔵氏関係の意向なのか。いくつかの職種で「仕事」の意味合いがすっかり変わってしまった。地元の役所では。厳しい守秘義務が課せられそうなマイナンバーカード発行手続きのパソコン操作を、人材派遣されてくる人達が行なったようだ。「他の自治体で実績のある業者に発注するのでご安心を」と、職員が議員に説明する場に居合わせた。ああ、大阪の行政をどんどん請け負っているパソナだ。後日気がついた。その後、地元の国の某出先機関で書類発行をしてくれる部署でも半分以上がパソナの人だ、とわかった。感じの良い応対をしていただいた。この人達が気持ちよく働けているなら、パソナが浸透するのも有り、かなあ。しかし。時代遅れなんだろうけど。若者が、基本、正職員...正社員・正職員の席に座るのは

  • 「役得」を利用して圧力をかける光景を見慣れそうなこのごろ(「日曜討論」、共産党についての閣議決定)

    (1)立憲民主党代表選の報道は自民党のそれとどれほど違うのか、(2)4人の候補者の誰が良いのか(関係者じゃない私には投票権はないけど)。そんなことを考えながら「日曜討論」を見た。(1)については。自民党総裁選の際には、候補者達の他はNHKアナウンサー2人だけだったような。今日は、そこに識者2名、経済学教授と若者団体代表が加わっていた。アナウンサーと識者の計4名による、候補者4名の圧迫面接みたい。長期的経済政策を示していない・若者から支持されていない・共産党との共闘はどうする・・・など、立憲民主党に否定的な人達が言ったり書いたりしている言葉が候補者達に繰り返しぶつけられていたような。自己アピールしても反応は薄く、「で、英語は苦手なの?」と問い詰められる感じ?4人の候補者は、面接試験を受けている学生達のように真面目...「役得」を利用して圧力をかける光景を見慣れそうなこのごろ(「日曜討論」、共産党についての閣議決定)

  • 文書交通費騒ぎと郵政民営化騒ぎ(続々・日本維新の会とマスコミの謎)

    吉村知事へのマスコミの態度は、小保方晴子氏というずっと忘れていた人を思い出させたが。この何日かの文書交通費でのテレビ(情報番組・報道番組)の騒ぎのことも、似たようなことが・・・ともやもやしていた。郵政民営化だった。(1)人気政治家(小泉純一郎首相)がタブーだった提案をする・・・一部(この時は特定郵便局曲調、今回は国会議員)が長年享受してきた特権に切り込む、という。(2)彼にマスコミが乗っかる・・・こんな特権おかしいですよね、という入り口から殺到する感じ。(3)しかし、「公団にあり得ない融資をする郵便貯金などの資金を止める」というのが本来の目的だったはず。話が逸れてるのでは・・・という疑問は吹っ飛んでいる。ただ、当時はテレビ番組にも「郵政民営化しなくても公団などへの資金貸付を制限する法律を作れば十分では」と視聴者...文書交通費騒ぎと郵政民営化騒ぎ(続々・日本維新の会とマスコミの謎)

  • 「めざまし8」「羽鳥慎一モーニングショー」、少し「ミヤネ屋」(続・日本維新の会とマスコミの謎)

    れいわの大石議員のVTR出演はコメンテーター橋下氏の担当日、今日だった「めざまし8」。予想通りの流れではあったが。時間が短か過ぎ。そしてコメンテーター古市氏、あんなもんなのかあ。発言が論理的でない橋下氏が浮かないわけだ。画面下部に流れる視聴者のツイートも、橋下氏への賛同メッセージ。実際にネットでツイッターを見れば、橋下氏そして維新が文書通信費に関しておかしなことをやっていると明らかなのに(自分の政治団体に寄付して他の用途にも使える状態にして、橋下氏に高額の講演料を払ったとか)。大石議員は勉強不足だからもっと勉強してほしい、という橋下氏。氏のツイッターでも「勉強せよ(そうすれば橋下氏に異を唱えなくなるから)」というのが決まり文句だが。勉強して知識を増やさなくても、理屈がおかしいのはわかるだろ。ちゃんと理屈で応酬で...「めざまし8」「羽鳥慎一モーニングショー」、少し「ミヤネ屋」(続・日本維新の会とマスコミの謎)

  • (無題)

    個人的なことだが。10年ほど、高校生に寄付を続けてきた。有意義に使ってもらえているようなので、分不相応かなあと思いながら当初の予定(予算)を超えたがなんとかかんとか。それが、私自身の医療費などがかかる身になってしまった。ありがたいことに病院への支払いの自己負担額は毎月定額で済むが。毎月こんなに高額な支出が必ずあることに焦る。いつまで続くのかな。しかも、病院への支払いだけでは戦えないので。用具とか食べ物とか、いろいろ買っています。当然、それは全額自己負担。さて、来年はどうするか。寄付を始めた頃は、民主党政権だったか自公政権だったか。私の寄付は、国が支給する制度ができるまでの超極細だけど、つなぎ。そう願ってきた。願いはよりはかない、「夢」で終わりそうである。(無題)

  • 万博?(日本維新の会とマスコミの謎)

    10月31日選挙で当選した国会議員に文書通信費100万円が支給されることについてのテレビ報道。毎度のことだが、なんで吉村知事にあんなに甘いんだろう。6年前の自分のことを棚に上げての批判・日本維新の会の皆さんの処理の仕方の怪しさ(脱法でなく違法なのでは)・・・という整合性のなさはもちろん。吉村知事といえば、雨合羽・イソジン・国産ワクチン・などマスコミを盛り上げたが、どれもホラだった。「ホラ」というか・・・吉村知事も報道している人も冗談を言っているのか、と最初から悩まされるレベル。前開きで着脱困難な雨合羽は使う人の身になっていないし、イソジンのデータの取り方はなっていないし、国産ワクチンはああいう発表をするにはあまりにも不確定な情報だった。小保方晴子氏(随分時間が経っているのに名前を出して申し訳ないが)を連想させる...万博?(日本維新の会とマスコミの謎)

  • 自衛隊<国民民主党大野代表代行が語る政策と立ち位置(4)>

    阪神・淡路大震災を境に自衛隊の位置付けは隊の内外共に大きく変わった・・・よね?共産党としてはどうなのか。他の政党との違いは何か。ここに書くなら、本来なら各党の綱領をちゃんと読み比べたりしたいけれど。時間と体力の関係で無理。ちょこっと確認するにとどめます。元裁判官で弁護士の八代氏が、共産党の綱領に書かれていない事項を「書かれている」と言った上にきちんとした謝罪なしに(共産党の綱領ではなくてあの安倍内閣の閣議決定だった、と言われても。説明不足だ)テレビ番組でコメンテーターを続けている時代だもんね。野党共闘にあたり共産党は、日米安保条約廃棄という公約を取り下げた。「共闘野党」が政権についたら共産党は再び掲げるのか?その場合、選挙前からの取り決めによって、首相は立憲民主党代表であり、また、内閣に共産党議員はいない。そこ...自衛隊<国民民主党大野代表代行が語る政策と立ち位置(4)>

  • 日米同盟<国民民主党大野代表代行が語る政策と立ち位置(3)>

    受け入れ難い価値観で動く人がアメリカの大統領になったらどうしたものだろうか。トランプ大統領時代に現実化した問題だ。アメリカ軍幹部さえ悩んでいたという。核兵器の発射ボタンと共に行動し押す資格を与えられたトランプ氏だが、それで良いのか。しかし。まさか、日本の国会でおおっぴらに議論できないよね?EU諸国など、他の国々ではどうだったのだろう(中国やロシアはともかく)。ドイツのメルケル首相などは会議で面と向かってトランプ氏の説得を試みたりしていたが。日本はそれもなし。とすると「是々非々」的な立ち位置も難しい。亡きハマコーさんなら「アメリカに逆らって日本がやっていけますか!?」とすごんで議論すら寄せ付けなかったろう。第2次安倍政権発足までは、「日本はアメリカのポチ」という挑発的なせりふを見聞きすることは珍しくもなかった。今...日米同盟<国民民主党大野代表代行が語る政策と立ち位置(3)>

  • 「国体」・・・?<国民民主党大野代表代行が語る政策と立ち位置(2)>

    「国体」とは、それがなくなったら日本じゃなくなるもの。・・・元自民党議員の宮崎謙介氏が説明するのを見かけたことがある(今はもうない「モーニングクロス」という東京ローカルのテレビ番組)。「天皇は国体」と言っていた、と記憶している。朝のばたばた時間帯だったので誤解しているかもしれないが、どうだろう。私が宮崎氏の発言を誤解しているとしても、「天皇が国体。国体は日本を日本たらしめるもの」という姿勢の人々はいる。なので、記憶が正しいとして続けます。・・・そうなんだっけ?法や学問的に確定してるんだっけ?あの瞬間、「日本国民の大半が死滅しても天皇と次代以降の継承者が生き残れば、「日本」は存続する。・・・という意味なんだ」と理解した。行政・政府・与野党の国会議員の判断の原理が「国体最優先」ならば。私には不条理に思えた政策や政治...「国体」・・・?<国民民主党大野代表代行が語る政策と立ち位置(2)>

  • 国民・大塚耕平代表代行インタビューのつるつる感<国民民主党大野代表代行が語る政策と立ち位置(1)>

    左派野党の合同ヒアリング「官僚詰問しても意味ない」国民・大塚耕平代表代行インタビュー維新との連携に「政策と立ち位置重視」-zakzak:夕刊フジ公式サイト2021.11.9https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/211109/pol2111090001-s1.html「異なる意見を否定せずに熟議を尽くし、現実的な答えを出す。これこそ『改革中道』だ。足して2で割ることではない。これからも、粛々とこの路線を続ける」「あくまで正直で、偏らず、現実的な政治を追求し、支持を拡大する。その先に新しい政権政党の塊が生まれてくる」・・・とな。安倍〜菅〜岸田、と。しらじらしい言葉や嘘が流れまくってきた。COVID-19に関しては、他にも小池都知事と吉村府知事が会見の度にスローガンやキャッチコピ...国民・大塚耕平代表代行インタビューのつるつる感<国民民主党大野代表代行が語る政策と立ち位置(1)>

  • 本質を避けて分析していないだろうか(立憲民主党の「敗因」を語る人達)

    衆院選から1週間。自然に入ってくる程度だが(だってきりがないもん)、結果の分析を見聞きしてきた。誰が正解なのか本当にわからない。「立憲民主党が負けた」を前提にし「共産党との共闘」を敗因とする広く出回っている見解は却下。「負けた」=「議席数減」という前提がまず腑に落ちないので。1票の格差はもちろん、得票数と獲得議席数の関係がしっくりしない小選挙区制度であるとか。数字データで説明されない限り「負けた」という見解には賛成できない。「共産党との共闘」は成功した選挙区もあるのだから、数字的裏付けがあるのかどうかが怪しい。政策?私の感覚だと、枝野さんが言っていたことをいつのまにか岸田さんも言ってた、くらいに曖昧だ。もともと、与党案は夏くらいまでの新型コロナ対策でもぼやけていた。野党案が何ヶ月後かに与党案であるかのように実施...本質を避けて分析していないだろうか(立憲民主党の「敗因」を語る人達)

  • 万年野党はおいしい?

    2020年、コロナ禍はちょっとやそっとのことでは収まらない、と日本でも言われるようになった時。当時の安倍首相を一瞬見直した。困難な状況の中、首相を続けて立ち向かおうというのだから。・・・いや、おかしな対応を続けたので、すぐに「こんなことなら辞めてもらった方がありがたいです」と思うようになったんですけどね。そして、辞職した。私が持ってる安倍晋三氏のイメージ通り。取り繕えない困難な状況になれば、放り出す。たぶん初めて書くが。2015年の安保法制「改正」の頃、野党議員に不信感を持った時期がある。野党という立場には与党よりもおいしいところがあるんじゃないの?と。野党の議員達。国会の中で、外ではデモは初めてという人達(例えば私)の前でマスコミの取材で、反対意見を述べた。その内容と与党の主張を比べることもできたし、政治家に...万年野党はおいしい?

  • 維新が政府や与党のスキャンダルを追及しないのは当然

    だって、維新の党自身、スキャンダルだらけだから。もし政府や与党がきっちり責任を取ったら(=信頼できる調査結果を公表し任命責任も含めて処分する)、維新もとぼけていられないだろう。維新も自民も、1人2人ならともかく、第2次安倍政権以降大量の所属政治家の「スキャンダル(という呼び方は生ぬるいが。「不正」の定義がゆらいでいるのでこちらにしてみた)」があった。両党とも、もやっとしたままの状態で「無関係」「もう終わり」だ。とぼけている。(立憲民主党にもやらかした議員なども複数いるが。発生件数が桁違いに少ない。「ごくたまに」と「ものすごい頻度」では差がある)例えば、愛知県知事リコール事件では、主犯である事務局長が維新から衆院選に出馬する予定で支部長だったんでしょ?これは自民党議員だった秋元司氏のIR関係の贈収賄事件と同じで、...維新が政府や与党のスキャンダルを追及しないのは当然

  • 今枝議員、共産党に何かされたの?(「ひるおび」「バイキングMORE」)

    「ひるおび」に自民党衆院議員が出演していた。10月31日の選挙では小選挙区で勝利した人だ。途中を少し見た程度だが。「魔の3回生」、現4回生。地元での活動をしっかりやってきたのが勝因、とのこと。新型コロナ対策では、元首相達の手ぬかりを埋めるくらい頑張ったようだ(本人はそんな表現はしていない)。ふんふん・・・と聞いていたのだが。話が変わると、それまでの理路整然さが乱れた。1・2回生の選挙の時の立憲民主党の候補は立派な人だった・あの人なら共産党なんかと組まなかっただろう、という主旨の発言。共産党について「あんな人達」「過激なところ」というようなそれこそ過激な単語を発するさまは、ちょっと興奮しすぎ。同じ国内の他の政党とその支持者の人達を、国会議員がテレビ番組であんなふうに言うかね?共産党と個人的にトラブルがあったのかな...今枝議員、共産党に何かされたの?(「ひるおび」「バイキングMORE」)

  • 枝野代表、お疲れ様でした

    続けてほしかったものの、肩の荷が減った分くらいには休むのも大事。健康を万全に。年齢が近いので切実にそう思う。また代表に戻ることもあるよね?旧民主党が政権をとった前後、政治家が出演するようなテレビ番組は多かった。バラエティ系だと「ビートたけしのTVタックル」、題名は忘れたが爆笑問題の番組。対談・鼎談では「ニュース解体新書」(田勢氏)、それと、御厨氏の番組。そして、今も続くNHKの「日曜討論」。「TVタックル」は一時期よく見ていたが、他はそんなには。それでも、何人かの国会議員を覚えることができた。与野党の政治家の出演も発言も半々だったんじゃないかなあ。第2次安倍政権以降とは違った。与党自民党の露出が突出して多かった(自民党総裁選の扱いが直後の衆院選よりも充実しているのは問題だろう。有権者数の違いもあるし、衆院選期間...枝野代表、お疲れ様でした

  • 野党共闘<2021年衆院選(4)>

    共闘した4党の獲得議席数の合計で言えば、マイナスになった。でも、そういう評価の仕方かなあ。立憲民主党に関して言えば、野党共闘をしなければもっと減らしていたかもしれない(立憲民主党のだめさもあるのかもしれないけど、公文書の扱いのように不透明な政治・行政からうかがえる、与党の怪しいテクニックも関係あると思います。オーナー商法や新興宗教と近しいのだから)。いや、全部の選挙区を一律に判定するのはおかしい。共闘の是非は選挙区ごとに違う。また、獲得議席数が全てだろうか。どうなんでしょう。獲得票数とか獲得割合とかは無意味?自民党には世襲議員が目立つ。そういう選挙区での地盤は一気には崩せないだろう。選挙の1回や2回では変わらないのでは。看板・地盤・鞄を相続(!?)した世襲政治家が汚れた政治を続ける不健全な状況。こうやって日本は...野党共闘<2021年衆院選(4)>

  • 「野合」とか「立憲共産党」とか<2021年衆院選(3)>

    野党共闘を支持する・・・と、私が宣言しても何の影響力もないのだが。自分の投票に後悔なんかしてない、と覚えているために。民主主義であり法治国家だ、というのが前提であって。資本主義・社会主義・共産主義のどれを選ぶか、という話はその次だと思っている。戦後のフランスなんてそんな感じじゃない?3つの体制を一通りやってきたのでは。それでもフランスはフランスだ。しかし、もっと根本的な話で、「人として」というのがある。財務省近畿財務局の故・赤木氏の件のように、善とか「道徳」とか正義とか、そんなことを露骨に踏みにじる人達は嫌だ。今弱っている人達を見殺しにする思想は受け入れられない。人を騙してことを有利に運ぶのは、一生で2、3回経験するくらいで勘弁してほしい。平然と繰り返す人達はどこかが壊れている、と思う。権力のみで人に強制するや...「野合」とか「立憲共産党」とか<2021年衆院選(3)>

  • アベスガ政治続行<2021年衆院選(2)>

    岸田総裁率いる自民党と維新、アベスガ政治の後継者の度合いが高いのはどちらだろう。維新はそもそもアベスガ的だし、岸田氏は政権や地位の維持のためには臆面なくアベスガ的になるだろう(岸田首相がアベスガ度を高めれば維新はより協力的になるだろう)。安倍氏が総裁のままの10月31日の衆院選だったとしても、自民党は単独過半数をとれた気がする。COVID-19の感染状況や重症者数がかなり少なくなってるし。なので、今回の選挙結果は、第3次安倍政権のバリエーション開始としか思えない(短かった菅政権は第2次安倍政権の一部とみなす)。自民党は単独過半数をとったし、維新は議席数を増やして第3党になった。そういう選択をした人達が多くいたわけで。安倍政権のああいう日々がまだ続くのか。うんざり。アベスガ政治続行<2021年衆院選(2)>

  • ひどい番組<2021年衆院選(1)>

    ツイッターアカウント「Dappi」の件。マスコミだと、先月半ばにTBS(「報道特集」)と朝日新聞で見ただけだ。一般人である私がインターネット上で有名かつ重要なスキャンダルをなんということもなく目にし、それが「マスコミ」に取り上げられるのを待つ。そんな時代になったんだなあ。でも、続かない。マスコミ各社がどんどん取材すれば、早く多く情報が出てくるだろう。かつてのマスコミとはそういうものだった。(この半月に多くの時間が割かれていたのは、小室夫妻のこと。記者会見での配布資料やニューヨーク州の司法試験の結果サイトを材料に語り合うなんて、一般人にもできる。なんという放送資源の無駄遣いだろう)開票速報番組、こんなに興味が持てなかったのは私は初めてです。どこを見ても2分くらいでチャンネルを変え続けてしまった。問題の提起・分析・...ひどい番組<2021年衆院選(1)>

  • 「with コロナ」を選べる人なら(10月31日の京王線の事件)

    京王線に乗る際に、刃物で人を刺し車両内に火をつけようとする人物はいないかを確かめることはできない。とはいえ、乗らないという選択は現実的ではない(例えば中央線にもそんな人物がいるかもしれない)。乗り合わせた方々には何の落ち度もない。お気の毒だ。犯人は、失業などを悩んで死刑を目的に犯行に及んだという。小田急線の8月の事件を参考に計画を練ったとか。こういった事件の撲滅は不可能だ。犯行の動機を生まないような社会の仕組み(失業しても転職や生活が保障されるとか、相談を受ける場所作りとか、命を尊重する教育とか?)を整えても、ゼロにはできない。それは、ヒトという生き物が社会にとっても本人にとってもプラスにしろマイナスにしろ多様だからだ。(防犯カメラに映る不審な動きをする人物をAIがみつけるようなシステムを導入しても、それをかい...「withコロナ」を選べる人なら(10月31日の京王線の事件)

  • 橋下徹氏系の話し方

    橋下徹氏。情報番組や情報番組的な報道番組に、コメンテーターとして出演する頻度が上がっているような。この人を見るために「朝まで生テレビ」を初めて見たこと。このブログにも書いた。あの時から印象は変わらないが(つまり悪いまま)、今にして気付いたのでメモ。弁護士・知事の経験・市長の経験・自民党の政治家(特に安倍前首相と菅首相)との交流があること、それと親しみやすさ(例えば「自分は聖人君子じゃない」的な)をアピール。つまり、「あなたの知らない特別な知識見識がありますよ」+「あなたと同じように、弱さもずるさもある人間ですよ」。この人の受け売りを語っていれば、1歩半〜2歩くらい先の、つまり周囲からさほど浮かないが周囲に差をつけられるくらいの雰囲気を漂わせられるのだ。ここで検討するべきは、橋下徹氏は「あなた」に誠実かどうか、だ...橋下徹氏系の話し方

  • 川松議員の目には私のような者は入っていない

    テレビ(TokyoMX?)で都議会議員選に立候補した川松氏(都民ファースト)が熱く語っていた。オリンピック開催が争点になっているが、その先の4年間、未来を考える選挙でもある。違うよ。オリンピック開催か否かの意見は、その人の価値観を示す。だから注目するんだよ。医療関係(人員・施設・予算・薬剤・装備・・・)や「エッセンシャルワーク」。開催によって増える人々(海外から、都外から)が、「私達」の分を「使う」のは明らかだ。例えば。100あって、オリンピックで1使い、99が「私達」に残れば十分だろうか?COVID-19が蔓延して99のうち例えば33が費やされれば、「私達」には66。それで十分なのかどうか、大病初心者にはさっぱりわからない。本当はすぐにでも手術すべき病状なのに医療が逼迫しているもんでね。1週間待って。・・・そ...川松議員の目には私のような者は入っていない

  • カテゴリー追加

    体の異変に気付いて病院に行くと予想通りの病名。検査や入院に追われた。気がつくと都議会議員選があり「東京2020」も争点だった。開催への批判はいくつも浮かんだが。そんな「他人事」を考えてる場合ではないんだな。自分との関わりが直接ではないことについて調べたり考えたり話したりブログを書いたりできる状態というのは、余裕がある人の行ないだなあ。・・・民の生活を「生かさぬよう殺さぬよう」レベルに保つというのは、統治者にとってそりゃあ魅力的だろう。お互いがお互いの不遇に無関心であれば、建設的な選挙の争点は影が薄い。私は、そういう「罠」にはまりたくないと願ってきたけど。自分の実力不足を思えば、おごっていたかもしれない。・・・という考えは今もある。この病気や治療法について知れば知るほど、やっておくことの優先順位を考えざるを得ない...カテゴリー追加

  • 2005年にあったこと(総務省の使い方(1))

    歴代総務相達と衛星放送・携帯電話周りの総務官僚の問題が追及されているが。まずい気がする。ドコモ子会社化も外資規制違反も重大。「お友達」や「癒着」といった向き合うべき問題。首相・総務相の姿勢・能力の疑わしさ、誰が見ても批判したくなる答弁。文春砲が週一で材料を提供。野党の質疑冴えてる。「調査には時間がかかる」といったんテーブル上から下げ、何ヶ月かたってほとぼりが冷めてから第三者委員会の調査結果を示す・・・という第2次安倍政権方式の繰り返し?国会でのきっちりした調査が行われ、対策(私は総務省解体だと思う)の議論そして結論を得る。速やかな完了、それが理想なのに。だってやることが他にいっぱいあるから。COVID-19関係だけでも、感染拡大防止・治療体制・支援策(経済面も精神面も)など、テーマは数え切れない。その上、台風・...2005年にあったこと(総務省の使い方(1))

  • 信頼していない、武田総務相も菅首相も(政権発足から半年)

    懇談会なのか接待なのかの基準は大臣本人が決める、というのが大臣規範だそうだ。武田総務相はそれを根拠に「国民から疑惑を招く会食はしていない」と断言し続ける。私、武田総務相も任命者である菅首相も信頼していない。だから国会で野党議員に監査してもらいたい。これは特殊な要望ではない。だって、それが憲法で定めた制度なのだから。もっとも、武田総務相だけが特異なわけではない。菅首相自身、自分で決めた「ルール」の適用範囲の当否にためらわない人である。菅首相は、民主党政権当時、東日本大震災関係の会議議事録が作られていなかったことを国会や著書でさんざん批判した。石川知裕議員(当時)の辞職勧告決議案も提出。議事録については、厳しい態度だ(だって、原発で放射性物質が放出されたりメルトダウンしたり、という世界的にも稀な重大事故だった。対応...信頼していない、武田総務相も菅首相も(政権発足から半年)

  • 分析・対策が実態に、そして時代に合わない恐れ(3月5日参院予算委員会;中小企業政策)

    菅首相の所信表明演説の大部分は、表面的というか個性のないあたりさわりのない内容だった。だが、それを詳しく説明してもらうとあたりさわりが出てくる。・・・ということは、あまり考えてないんだろうな、と疑ってしまう。そんな、大門議員(共産党)との質疑応答だった。アトキンソン氏の中小企業の生産性の「分析」が、政府資料に載ったごく単純な統計で簡単に覆されたことに驚いた。政府は、持続化給付金制度の打ち切りを決めてしまった。その背景には、菅首相の中小企業に対する考え方がある。・・・という大門議員の見立てから始まる。話の流れのままに(*)から何箇所か抜き出していって、きりのいい所でやめます。<1>財務省の財政制度等審議会「来年度予算編成等に関する建議」(2020年11月)大門議員「持続化給付金などの支援の長期化はモラルハザードを...分析・対策が実態に、そして時代に合わない恐れ(3月5日参院予算委員会;中小企業政策)

  • 「カリブの海賊」系のアトラクションみたいな統治

    東日本大震災の少し前、「はだしのゲン」を初めて全巻読んだ(図書館にあると気付いたので)。広島が復興していく過程での、個人の内心・個人と家族や仲間との関係・家族や仲間と近隣との関係・行政と個人・社会と個人・政府と個人・・・などのさまざまなことが描かれていた。厄災そのものだけでなく、引き起こされる人間社会のもろもろに向き合わなければいけないんだなあ。そういうこと込みで日本は(私も)変わらざるを得ないんだろうな、と。震災の報道を見ながら思っていた。でも、TPPに参加するのは違う、全貌が明らかにされない(ひどいよね)条約、関税率だけでなく社会のあり方を変える条約を結んで外圧で変わるのは、万病のもとでは。まず国内でじっくり議論してほしい。だが、「衆参のねじれによる縛り」がない第2次安倍政権は、議論は少なくどんどん動いた。...「カリブの海賊」系のアトラクションみたいな統治

  • 行政のデジタル化は公共事業たり得るが、選択的夫婦別姓制度は違う

    マイナンバーカードが「今後2年半のうちにほぼ全国民に行き渡ることを目指」す。首相は昨年10月の菅首相の所信表明演説でそう述べた。嫌だな。個人情報がマイナンバーに紐付けされるのは。マイナンバー制が議論されていた頃、賛成者は「後ろめたいことがなければ気にならないはずだ」と述べていた。そんなもんないけど嫌だ。「政府や行政をどれほど信頼しているか」で賛否が分かれるのだと思う。マイナンバー制度に賛成な人でも、自分の個人情報が悪徳業者や犯罪者などに渡るのは嫌なはず。そこまで危険な連中でなくても、自分の方は興味もない企業・個人にそういった情報を持たれたくないのでは。氏名・住所・電話番号のリストを入手した犯罪者が、掲載者に電話をかけてさらに情報を蓄積する。留守電に応答させるか・電話に出るか・話し好きか・頭ははっきりしていそうか...行政のデジタル化は公共事業たり得るが、選択的夫婦別姓制度は違う

  • 「私達ならもっとできる」と「(現場の要望を聞くネットワークがある)私達ならもっとできた」(時事通信が安倍前首相にインタビュー)

    3月11日を前にして、安倍前首相が復興や「復興五輪」などを語ったという。https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030300767&g=pol時事ドットコムニュース復興五輪「歴史に残る大会に」安倍前首相インタビュー―東日本大震災10年2021年03月04日07時22分当時、自民党の谷垣禎一総裁は政府に全面的に協力した。ただ、民主党は政権運営に十分慣れておらず、菅直人首相は原子力緊急事態宣言を直ちに出すべきだったのに遅れた。現場の要望を聞くネットワークもなく、行政を動かす能力に欠けていたと言わざるを得ない。(自民党にとって)それが政権奪還の原点だ。(・・・)自民党なら民主党よりもできた。そんなのどう証明できるんですかね〜おっしゃる通りなら、COVID-19対策がぼろぼろなのはな...「私達ならもっとできる」と「(現場の要望を聞くネットワークがある)私達ならもっとできた」(時事通信が安倍前首相にインタビュー)

  • 4月以降中断します(当ブログ)

    突然に無言(?)になるのもありかもしれませんが、わかっている予定なのでお知らせします。(まだ先のことだが、気がついた時に書いておかないと間に合わなくなる恐れが・・・)中断期間はそんなには長くならないのではないか、と思っています。4月以降中断します(当ブログ)

  • 菅首相の、話す能力(マスコミというフィルター(1))

    3月3日のぶら下がり会見。内容はともかく、口調はそれまでよりもずっとしっかりしていた。長居しないのでぼろが出にくいのか。または、前首相のように、ぶら下がり会見においても質問を事前に受け取り、用意した回答文を暗記するようにしたのか。書き起こしがあるしよりぶっつけ本番ぽかった3月1日の発言と、首相官邸に掲載された会見文を並べてみる。前回2月26日のぶら下がり会見での発言を問われた部分です。(a)私が映像から書き起こしたもの朝日新聞記者「山田広報官について、先日総理は女性の広報官として期待しているとおっしゃっていたんですけど、女性を強調された意味は何かあるんでしょうか」首相「あのう・・・今まさに女性のこのきめ細かさとかあるいは女性の数も非常に少ないですし。そぉした女性として働いてきた、まあそういう経験もあります。行政...菅首相の、話す能力(マスコミというフィルター(1))

  • ファンタジストよりリアリスト(西日本新聞が枝野代表にインタビュー)

    小泉政権からの、竹中平蔵氏(小泉政権時代のようには目立たないが、経営している会社はご隆盛のようだ)などが仕切る行政は、私はやめるべきだと思っている。だから「小さな政府」は間違い、などの言葉を気持ちよく読んだ。その他の、原子力発電の部分にはうんざりした。が、枝野代表の姿勢や言葉のせいでなく、原発の現実にうんざりさせられるのだから仕方ありません・・・政治も行政も地道ですっきりしなくてこまごまと面倒くさいものだろう。法律や利権や人事(官僚も含む)や予算や文書や選挙などの他、名も無き仕事も多くあるだろうし。(維新の党が毎度言っている「自分達は受け取る報酬を減らしている」「行政組織を減らして効率化」なんて、仕事の一部だ。幼いなあ)「安倍政権+菅政権」の約8年の間、旧民主党出身者をはじめ野党がどれほど案を練っているのか。原...ファンタジストよりリアリスト(西日本新聞が枝野代表にインタビュー)

  • 地震・雷・火事・親父(もしぶら下がり会見でなかったら)

    「女性のきめ細かさ」と言った菅首相。前回26日(金)のぶら下がり会見での女性云々は「うっかり」だとしても間に2日置いた1日(月)にまたこんな発言(*)を。首相と同年代男性には、あの程度の認識しかない人が多いかもしれない。でも、首相は21世紀を生きる政治家、それもオリパラを行なおうとしている人物なのに。日本は、長年にわたって人権や差別に関する国際条約やオリンピック憲章を受け入れてきた。つまり、もう「ルール」の話にもなっている。そういう背景を踏まえてまだ「女性のきめ細かさ」と会見で言っちゃうのか。条約を批准したからには調査を受けることになっているはず。「性別で特性を決めつける発言」としてアウト判定されるレベルなのでは。。それとも、首相には、経験や学問や法律などとの整合性が考慮された体系的なルールに反論できるような、...地震・雷・火事・親父(もしぶら下がり会見でなかったら)

  • 菅首相・枝野代表(26日(金)首相のぶら下がり会見(2))

    26日の首相のぶら下がり会見で、「答え合わせ」ができた。「クローズアップ現代」で官房長官就任間もない菅氏を見てからずっと推測してきた。助けも台本もなければ話せない人?それまでは、「アベノミクスについての安倍首相の説明だと腑に落ちないけど、菅さんと国谷さんとの対談でやっと理解できるんだわ」と期待していた。官房長官の定例記者会見だといろいろ制限があるために口数が少ないのだろう、と。30分見て、菅さん頭が回ってない、という結論に。安倍首相と似たり寄ったり?ただ、スタジオ収録に緊張していたのかもと考えたが(それにしては、国谷さんを見る目が途中からきつくなったのが気になった)。その後の記者会見や答弁でも印象は変わらず。他方、雑誌などでは「史上最強の官房長官」といった形容があふれ始めた(広告しか読んでないけど)。人を見る目...菅首相・枝野代表(26日(金)首相のぶら下がり会見(2))

  • 菅首相・記者達(26日(金)首相のぶら下がり会見(1))

    あれが、むき出しの菅首相・・・そう思っていいのかな。山田広報官は表立った仕切りはしないにしても、事前準備さえもしなかったのだろうか。いや、首相本人が会見でのやりとりを想定しておくだけでも、ずいぶん違っただろう。テーマは誰にだって予想できた。(a)6府県の緊急事態宣言解除という新情報が加わった新型コロナ関係・(b)山田広報官の件・(c)この記者会見が「ぶら下がり」になったこと。「(a)だけならこの記者会見は正式な方式で行うはずだったのに、(b)があるから「ぶら下がり」にしたんですよね;(c)」からの「(b)そして(a)についていろいろ聞くぞ」(今日は広報官に邪魔されない、と期待)が記者の思惑。しかし首相は「(b)は幕引き済み感を醸し出したい」「(a)は、一般的なこと・判断は知事(や河野大臣やIOCや東京都)に任せ...菅首相・記者達(26日(金)首相のぶら下がり会見(1))

  • 続・菅首相の情報収集は会食で

    首相のご長男が、勤務先・総務官僚(の内、ご長男の会社の業界を担当する旧郵政省出身者)と会食を重ねたのは、父親である菅首相を見習ったのかもしれない。ヒトやゴリラにとって、食事を共にするというのは、特有で重要なコミュニケーションだそうだ。だが、そんなに親しくないとか一見さんだとか初対面だとかなら、食事そのものを目玉にしないと間がもたない場合もあるよね。官僚達の認識では、忖度したのか忖度されたのか、どちらだったのだろう。入省時と状況はまるで変わり、政治家(官邸)に人事権を握られてしまっている。プライド・気概・実力を発揮して働くと左遷される制度に組み込まれた今、自分達で新しいレールを敷かなければならない。仕事における自己決定権はほぼないと思い知らされている日本人は多いが。優秀で野望を持つ官僚が自分のそんな状態に甘んじる...続・菅首相の情報収集は会食で

  • 「他の官僚も首相やご家族に忖度しないものですか」と聞いてみれば?(25日、山田広報官が衆院予算委員会に出席)

    いや~、緊張感ないね〜昭和の頃だと日本国内にソ連のスパイがいて、アメリカのその道の機関などと戦っていたりしたわけですよ(日本だけでなくいろいろな国で、大使館員兼スパイとされる人物が国外退去を命じられていたものだ。新聞の国際面に日常的に載っていた)。令和はのどかだ。自分の他に東北新社の4人がいて、1人あたり約7万5千円分の飲食を楽しんだ。利害関係者なのにうっかりおごられてしまった。首相のご長男とはほとんど会ったことがなかった。来るとは知らなかったが、会食した時には「いる」とわかっていた。けど、「どういった方のご子息かはお付き合いに関係ないと思っている」。私はそういう性格。・・・ということのようだ(*)。「どういった方のご子息かはお付き合いに関係ないと思っている」って言えるのは、相手は信用できる、と確信してからでし...「他の官僚も首相やご家族に忖度しないものですか」と聞いてみれば?(25日、山田広報官が衆院予算委員会に出席)

  • 菅首相の情報収集は会食で(小渕元首相・前川元文科事務次官)

    次の元号を記者会見で発表した官房長官が有名になり、自民党総裁そして総理大臣に就任。その続き。故・小渕氏(「平成」を発表)はいろんな人々に電話したそうだ。電話を受けた相手にとって、「首相から電話がかかってきた」というのは思いがけないことだったという。「ブッチフォン」と呼ばれた。それに対して、現首相である菅氏(「令和」を発表)は、日々、各界の人々(民間人率高い)と会食して情報収集するスタイルだとのこと。2020年11月7日の朝日新聞夕刊にデータが載っていて、前首相などと比べて会食回数がものすごく多い。ただし、去年の二階堂幹事長主催の忘年会の件を責められた(緊急事態宣言との関係)ので、今は控えている。高級飲食店(警備の都合である程度は高額な店に行くだろう)で各界でそれなりの地位の人と会食して現状をわかった気になられて...菅首相の情報収集は会食で(小渕元首相・前川元文科事務次官)

  • 子供の共同親権は国家からの恩恵だそうで(亀井静香氏が夫婦別姓を否定する)

    ETV「夫婦別姓“結婚”できないふたりの取材日記」(再放送)を見た。「“結婚”できない」この2人の話し合い、研究者による夫婦同姓制度の始まりの解説、夫の両親の意見、裁判で取り組んでいる人、その子供の意見、国会議員への陳情・・・など、内容が濃い、だが、今どきの洋服の着こなしで言われる「抜け感」的な何か(なんのこっちゃ)も漂う、そんな番組だった。しかし。終盤の亀井静香氏(大臣も務めた元国会議員・・・という書き方では到底たりないが)の言葉の破壊力ったら。まさに異次元。それまでの、「今、この社会で」が薄れていく〜下記でまとめてくださっています。https://matomebu.com/news/etv-kameishizuka/まとめ部「そこまで言うんなら結婚しなきゃいい、みんな天皇の子」ETV特集夫婦別姓に反対の亀井...子供の共同親権は国家からの恩恵だそうで(亀井静香氏が夫婦別姓を否定する)

  • 議論を成立させられない総務相との質疑応答(2月17日衆院予算委員会)

    武田総務相は、首相ご長男による総務官僚接待疑惑を前日の本会議できっぱりと否定したそうで。翌17日の衆院予算委員会で立憲議員(私が覚えているのは後藤議員。他にも男性議員が再確認していた)が問いただしていた。総務官僚達は、相手が利害関係者であるのがわからなかった故に事前の届け出を怠っただけの話なのか、利害関係者とわかっているのに会食し、してはいけない話をしてしまったのか、贈収賄はあったのか。委員会では首相も総務相も官僚も、調査中であることを理由にろくに答えなかった。ところが、その後の16日、総務相が本会議場で疑惑をはっきりと否定したのだ。17日の衆院予算委員会では、この問題を後藤議員達がとりあげた。結論(問題なし)が出たということは調査は終わったのか?調査中だからという理由で答えなかったくせに。今も調査中なんだよね...議論を成立させられない総務相との質疑応答(2月17日衆院予算委員会)

  • 「ルール守れ」の、自>共>公(首相ご長男と総務官僚の件)

    昔の人間である私の感覚では、道徳やマナーなどは、まずは家庭で教えるものだ。だが、家庭の事情はさまざまだし。学校・近所・親族・友人・友人の親・お店の人・通りすがりの人・・・時には警察官など、いろんな人からも教えられる。さて。「助」について、首相は総裁選の時から「自助・共助・公助」、本人の解説によると「自助>共助>公助」を唱えてきた。「助」とは、現実的には、主に金銭や物質的援助になろうかと。この領域で「自助>共助>公助」という順番を志向する菅首相。生活保護制度にあてはめると、自活できなければ親族による援助を、親族による援助ができなければ生活保護申請を、ということになるだろう。援助はできるだけ本人の私的な領域で完結させよ、公(行政)による援助は例外的なものだ、という方針。そういう発想なら、今回の総務官僚との件について...「ルール守れ」の、自>共>公(首相ご長男と総務官僚の件)

  • 経済分野(2)悪徳商法を連想してしまう(2月17日衆院予算委員会)

    経済関係の質疑は、私は久しぶりに見た。そのせいなのかなあ・・・前に書いた「(1)立憲議員の準備不足」の野党議員(達)が、悪徳商法の人に問い合わせている被害者に見えた。菅首相に「大丈夫なのか」と何度も念を押すのだが、菅首相の答えは心もとない。現在の経済政策は、安倍前首相から引き継がれたものだ。団塊の世代の定年で新卒者の求人倍率が上がるのも、アメリカ経済が好調になれば日本経済も改善するのも、自然な流れ。それを頑として認めずに、自分の政策の成果だ、と主張し続けた前首相。気象を観察して降雨のタイミングを計って雨乞いの儀式をする人に似ている。(なお、インバウンド収入については、外国人観光客の制度を変えた民主党政権の功績でもある。安倍政権単独の件は、金融緩和での円安誘導と年金資金の運用先で株の割合を上げたこと。・・・という...経済分野(2)悪徳商法を連想してしまう(2月17日衆院予算委員会)

  • 経済分野(1)立憲議員の準備不足(2月17日衆院予算委員会)

    旧民主党時代に経済分野で目立っていた議員達って、今は立憲民主党ではなく国民民主党にいるのかな。鳩山政権誕生直前の民主党には、もっと専門性・客観性・論理性があったような・・・曖昧なのだが。日経平均株価と経済状況のギャップ、国民の生活・・・などを問うていたようなのだが、ながらで1度見ただけなので(録画を見直して曖昧な点を解消したいが、テレビのHDの空きが少ないのでそうもいかず)。印象程度の内容しか書けないのだけど。議員何人かについて同じ感想を持った。菅首相は。心細そうに、文節同士がろくにつながっていないような、文節にはスローガン的せりふをとりあえず入れている感じで、応じる。つまり、たいしたことは言っていない。質問者は、そういう首相を淡々と相手にすれば済む。経済分野の一般的な内容(株価バブルのメリットとデメリットとか...経済分野(1)立憲議員の準備不足(2月17日衆院予算委員会)

  • そこにまた維新(愛知リコール署名・森友学園)

    愛知県知事リコール請求署名で、大量の偽造が判明した。高須医院長・名古屋市長の関与の有無はともかく。事務局をやっていた元愛知県議の田中孝博という人が維新の党からの立候補者予定者なのがひっかかる。森友学園事件。役所単位では、当時の松井大阪知事による条件付き許可が発端だった。それがなければ、財務省、国交省・・・と進まなかったはずなのに。(*)なぜかマスコミが言及しなかった松井前知事の疑わしさは、解消されてなかったよね?愛知県大村知事を非難する人達は、リコール請求団体を作った高須医院長をはじめ、安倍前首相を支持する人達とだぶるようだ。大村知事の前職は自民党の国会議員だったが、人権に関する姿勢が自民公明連立政権とはだいぶ違う。「ゆ党」こと維新は、国会で与党の別動部隊を続けている。NHKでそれだった岩田記者は、首相の交代後...そこにまた維新(愛知リコール署名・森友学園)

  • あの安倍氏が適任な席?

    東京2020組織委員会の会長は安倍前首相で、という考えの人もいるのか。ひえぇぇぇ、おぞましい!会長には前首相が良いとか前首相で良いとか言う人達の倫理観に耐えられない。・・・あ、すみません。おぞましいのはそういう人達ではなくて、会長として活動する安倍氏のイメージが、です。前首相への数々の疑惑。「クロだ」と私は想像している。ご本人だって「桜を見る会前夜祭」についてはある種の責任は認めている。その責任さえ、うやむやにしている。国会開催中を含めて何ヶ月も偽りを通してきた人だよ?そういう人を、東京2020の「顔」の1人に就任させる?「安倍さんじゃないとできない」のか、「やるって言う人が安倍さんしかいない」のか。もしかして、参加したい国がごく少数で困っている、といったような問題があるのかな。新型コロナ禍であるし、一昨日には...あの安倍氏が適任な席?

  • 「わきまえている男達」による日本の政治

    森喜朗氏の辞任会見。自分は社会的に成功している(なんたって首相ほか要職に就いてきた)のが自分の正しさの証拠、という自信が感じられた。いつの時代からなのか、日本の政治は「わきまえている男」達が上位のピラミッド社会だ。まあまあ上位に森氏がいる。安倍前首相の外交を高く評価する人達がいる。アメリカに対して「わきまえた」態度をとるのが正解、という価値観があるのだと思う。オバマ氏からもトランプ氏からも友好的に扱われた、ということで成功とされる。とても古い話だが、ハマコーさんなんか、「あのアメリカに逆らえますか!?」とテレビ番組でよく凄んでたなあ。メルケル首相(多国間合意を尊重する)はトランプ前大統領と意見が合わなかった。説得を試み失敗し制裁(在独米軍基地を立ち退かせる。ドイツそしてイタリアでは日本のような不平等な関係ではな...「わきまえている男達」による日本の政治

  • 「副」がやらない制度は「平和ボケ」(人材不足)

    森喜朗氏を辞任させられない理由が2タイプ言われている。(a)森氏でなくても会長職は務まるのだが、「森氏が怖い」から(b)力(経験や人脈も)がある森氏でないと、会長職は務まらないから(a)は論外、(b)なら不思議。森氏が就任した際、多くの人が心配していたはずだ。「・・・何年も先の大イベントなのにこのお年で大丈夫だろうか・・・」と。しかも、高齢である上に週3回人工透析されているとか。だったら補佐役はもちろん重要だし。縁起でもないが、森氏に何かあった時にピンチヒッターや後任となれる人が任命されているのでは?もし、「通常の場合ならそうだが、今回はコロナ禍という特殊な状況にあるのでどうしても森氏の力が必要」というなら、なおさらだ。昨年に開催を見送った時にでも、高齢かつ基礎疾患あり(=重症化リスクが高い)の森氏に配慮しよう...「副」がやらない制度は「平和ボケ」(人材不足)

  • 安倍前首相では妻、菅首相では長男(森友学園問題を解明しなかったツケ)

    「忖度」がまた舞台上に。そうだよなあ。安倍前首相が忖度を受け続けたのには、菅前官房長官の活躍もあったのだからなあ。忖度が去っているわけがなかったんだ。「子供を政治家にさせようとは思わない」みたいなことを言う首相であるが。この人もまた、独特な嘘のつき方をするからなあ。「秋田の農家の息子、集団就職で上京し工場に勤めて夜学へ」と、「秋田の大きな苺農家(年商3億、というのが現在の数字かどうかは知らない。「関ジャニの大倉くんが子供の頃は鳥貴族は弱小だった」パターンかもしれない)で町議員の父。農家になりたくなかったので上京し工場に勤めて夜学へ」とでは、だいぶイメージが違う。「嘘をついたんじゃない。きかれなかったから答えなかったんだ」的な人のような。首相が総務大臣だった時期に長男が秘書官をやっていて、今は民間企業社員であるそ...安倍前首相では妻、菅首相では長男(森友学園問題を解明しなかったツケ)

  • 政権批判をする人・しない人

    ブログを書いている中には、政権批判というものを忌み嫌う方々がおられるようだ。報酬をもらってかばっている人(菅総裁になった今も制度が続いているかどうかは知らない)はともかく。仕事上の利害関係者だとか(もし不満があっても政権交代は避けたいからかばう)もともかく。カルト宗教信者(自民党にとっては票田)もともかく。私が政権を批判するブログを書くのと同じような自然な気持ちで擁護している方々もいるはず。そんな人達のこと。もしかして、政府や内閣のイメージが私とは根本的に違うのではないか。政府や内閣は、広い意味で道具の1つ、という感覚はないのだろうか。(私は「八百万の神」や「物にも魂が宿っている」が染み付いた昔の人間なので、こういう例えになるのかもしれない)「道具」でも「システム」でも「組織」でもいいけど。選んで手入れや点検を...政権批判をする人・しない人

  • 国立競技場の観客席(今の日本らしい東京2020で)

    東京五輪組織委員会会長である森喜朗氏が、ラグビー協会の女性理事や組織委員会の女性委員について発言し、内容が国の内外で問題視されているとのこと。あの発言なので即解任、とはならないのが今の日本だ。いいんじゃない、会長を替えるなんていう背伸びなんかしなくても。そう思うのは東京2020への思い入れが小さい私だからかな。招致活動では、エキゾチックな発音とジェスチャーでの「お・も・て・な・し」宣言と「原発事故の始末はアンダーコントロール」という嘘。リオ五輪での引き継ぎでは、国会の内外で自分を支持する人だけを尊重する前首相が、楽しい人気者スーパーマリオに扮した。そして東京2020では、オリンピック精神を尊重するという見え透いた嘘をつく森氏を会長席に座らせる。・・・というわけで、今の日本で主流の価値観はちゃんと表現されている。...国立競技場の観客席(今の日本らしい東京2020で)

  • アベスガ政権(カテゴリー追加)

    菅首相は前政権を継承するというし、閣僚・党幹部には続投メンバーも多い。なので、カテゴリー名はこれでいいや。前政権末期の世論調査では支持率がだいぶ落ちていたが、上に書いたように第3次安倍政権みたいな菅内閣の支持率が最初は高かったのは、変だなあ。安倍内閣支持率は、法案成立や不祥事で下がる(下限は「岩盤支持層」らしい)→なぜかやがて上がる(無関心層が戻るのか?)・・・というパターンの繰り返しだった。菅内閣もそうなるのだろうか。だったら嫌だなあ。アベスガ政権(カテゴリー追加)

  • 衰退や変質ではなく崩れているような

    大阪府知事が医療用防護服の代わりに雨合羽を集めた件を書いた記事(とその後の2記事)にコメント頂いた。返信には、知事がツイッターの前に府職員から企業団体などに照会しなかったのが意外、というようなことを書いたのだが。その前に政府に要請する制度を使うものだったようです。「特定都道府県知事又は特定市町村長は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等緊急事態措置の実施に当たって、その備蓄する物資又は資材が不足し、新型インフルエンザ等緊急事態措置を的確かつ迅速に実施することが困難であると認めるときは、特定都道府県知事にあっては指定行政機関の長又は指定地方行政機関の長に対し、特定市町村長にあっては特定都道府県知事に対し、それぞれ必要な物資又は資材の供給について必要な措置を講ずるよう要請することができる。」・...衰退や変質ではなく崩れているような

  • 検察の「自治」を疎むなら、国民に「自粛」をあてにするな

    首相は、黒川検事長の定年延長も検察庁法「改正」も法務省からの要請、と櫻井よしこ氏に語ったとのこと(*1)。万が一事実だとしても、そんな要請にほいほい乗るな。「役職延長が政権の意向で決まる法律にしたら、検察と政権の癒着のもとになる。検察そして政府に対する国民の信頼が損なわれるからだめ」と法務省を諭すのが、総理大臣のあるべき姿だろう。・・・と書きながら、腹立たしい。なぜ今こんなことを考えなきゃならないのか。私だけでなくどれほど多くの人々が、予定を変えたことだろう。また、本来はこの問題を考えたかったであろう人達がコロナ禍対応のために参加できていないかもしれない。こんな時に人の役に立ちたくて政治家や役人になった人もいるだろう。なのに、今、検察庁法いや政権に振り回されている。一方、アベノマスクで忙しい人達もいる。いらない...検察の「自治」を疎むなら、国民に「自粛」をあてにするな

  • 私、安倍さんと一丸になりたくないし

    菅官房長官は毎日の記者会見を挨拶タイム程度に思っているのかもしれないが。安倍首相のうちで踊ろう映像への国民の反応について「いいね35万」を挙げておきながら、検察庁法への改正(「正」?)への「抗議ツイート480万」は意に介さないのはねえ。コロナ禍で数字に敏感になっている私からすれば、「首相も2名の担当大臣も感染者数などの統計を頭に入れていない。数字から読み取る習慣がない内閣なんだろうなあ」と不吉な思いがする。「ステイホーム」だの「オーバーシュート」だの、英語は好きみたいだけどさ。数字も重視していただきたい。ついでに、「第1波」と「第2波」の独自の定義はまぎらわしいからやめて。検察庁法の変更に関する、今のところは2大ツイート。この国会で検察庁法を変えることに対する「抗議します」タグへの対抗が、11日の国会での福山議...私、安倍さんと一丸になりたくないし

  • 岡村隆史による「コロナが収束したら」だけではなくて

    「コロナが収束したら政府が2万円もつから4万円分の旅行をして」というのは、与党が早々にまとめた「goto」の1つだ。今年度当初予算に入っている。観光業への補助で関連業界にもお金を回せる・・・というようなことを国交大臣が説明していた。首相によれば、それによって明るい見通しが云々。そんな、「元のルートに戻ろう」で済むのだろうか。例えば、「仕事も学校も可能な人は在宅で」が定着するだけでも、日本社会のあり方は大きく変わる。そうなれば職業の種類も従事者数も変わってしまう。変化がバランス良く進まなければ、摩擦的失業者数は膨大になる。では、定着させなければいいのか。テレワークは以前から推奨されていたし、今後他のウィルスが蔓延した場合のリスクを減らせるのではないか。・・・と書きつつ、「出勤して関係者と顔を合わせる」というのが大...岡村隆史による「コロナが収束したら」だけではなくて

  • PCR検査数は過少に国会議員数は過剰に、みえる

    「感染者数と死亡者数から見て、日本はうまく抑えている」という見解に対しては、「それはPCR検査数が少ない故の誤差かも。カウントされていない感染者そして死者がいるのではないか」という疑問があった。この点について、3月には「専門家」である某医師がtweetしていた。死者全てでなく間質性肺炎で亡くなった人だけをPCR検査すれば、コロナウィウルス死の人数を掴める、コロナウィウルスでの肺炎は間質性肺炎だからだ・・・そういう説だった。5月の今、コロナウィウルスが作った血栓での突然死(=脳や心臓の梗塞)の可能性が言われている。これが事実なら、先の某医師の方針ではコロナウィウルスによる死者の数の計測には漏れがある。covid-19についてまだあまりわかっていないんじゃない?なのに先の「専門家」(本人によれば、薬学部出身者・開業...PCR検査数は過少に国会議員数は過剰に、みえる

  • 都知事・府知事は不安、首相は不足

    小池都知事の会見は、キャッチフレーズ連発で原辰徳監督らも映像で参加。吉村大阪府知事のそれは、学校や職場の「運動」(スポーツじゃない方)を連想させる。こういうものなのかな。都知事は「買い物は3日に1回で」と歯切れよく言った。だが、買い物に行く頻度を減らした分、店内滞在時間が延びる。たいした差はないのでは。毎日発表される感染者数などのデータ・・・数字の推移を追う職業の方々、耐えられますか。新規の被検査者と退院前の被検査者の検査結果は分けて把握したい。基本、カタカナ英語なのはなぜ?府知事の呼びかけに応じて、大阪府民は多数の雨合羽を医療機関で使う防護服の代替品として役所に送った。それを笑顔で報告する知事だが、雨合羽はもちろん防護服に劣るし(つまり医療機関などの着用者にとっては危険性が高まる)マスクと違って入手可能なのだ...都知事・府知事は不安、首相は不足

  • 基礎疾患ある人が重症化するなら「持病」ある国家はどうか

    ひゃ〜。昨日、近くの公園は、去年までのお花見シーズン並みの賑わいだった。前の道を通ってスーパーに行くのが憂鬱で。「密」から遠ざかろうとしているのに、「密」が近寄ってくる・・・安倍首相は叱らなかった。ただし、言ってはくれた。ところが、すぐ後に、妻である昭恵氏の大分参拝旅行を「3密ではない」からいいんだ、というように述べた模様。そうなんだ・・・私、「不要不急の外出を極力避ける」話だと思っていたが、「不要不急でなくても3密でない外出ならば良し」だったのか。違うならはっきり言ってくださいよ。首相の存在感が薄い。この傾向、以前からある。(a)「武力行使関係の危機(北朝鮮からのミサイルやテロなど)と地震と火山の噴火」では、露出が多い。これでもかっていうくらいに会議の映像が流れ、ぶら下がり会見にすら何度も応じる。対照的に、(...基礎疾患ある人が重症化するなら「持病」ある国家はどうか

  • 「#安倍叱れ」(そんなタグないよ)

    やはり、小さいが地震が起きている。そして、大雨や台風の季節もやってくる。新型コロナ禍はその前に消えてなくなるわけではない。なのに、この緩み。新型コロナへの感染死よりも経済的死亡(それは日本では社会的死亡に近い気がする)が先。そういう窮状を訴えても、お金で補償されない。だから、自力救済のために営業してしまう。それを支えるために店へ行く。こういった状況で自粛要請が必ずしも受け入れられない。ごく自然だ。そういう緩い雰囲気の中で、「自粛疲れだから」と油断して出掛ける人達がいる。私なら絶対しない。だが、そういう無責任な判断をする人達が多いのは、これまでの人生でよくわかっている。今さら驚かない。そういう人達をいかに誘導するかは、学生時代から勤め人生活そして私生活のあらゆる場面での必須項目だ。日本の補償が小規模なのは、単に財...「#安倍叱れ」(そんなタグないよ)

  • 新型コロナ禍で知性を殺す

    世論調査の内閣支持率調査を改善してほしい。質問を1つ付け加えるのだ。「国会の予算委員会での野党と首相達政府側の議論を、野党議員1人分でもいいからノーカットで見たことがあるか」だ。ただし、以下で厳密に制限してもらう。・「野党」であり「ゆ党」は除外。・「ノーカット」であり、地上波テレビ番組(特にNHK)やネットで見られる抜粋・編集版は除外。それで、支持・不支持とクロス集計した結果を見たい。首相達政府の答弁は、理屈や根拠(「ファクト」とか使うな)でもって私を納得や説得させたことは、なかった。ああいう国会を見ても首相を支持する人が4割もいるとは、とても思えない(3割くらいならあると思う)。特定秘密保護法などの法律関係・湯川さん後藤さんなどの事件への対応・政治資金などの自民党議員や総理自身の疑惑・・・どのジャンルに於いて...新型コロナ禍で知性を殺す

  • 「東京2020」延期という博打に付き合う

    「東京2020」延期。がっかりだ。祭典騒ぎも2020年冬にはおさまるだろう、それまではじっと我慢・・・と自分に言い聞かせてきたのに。このストレスが、最悪で1年、長びいてしまう。私は、招致活動が始まった石原都政時代からずっと、開催してほしくなかった。当時の都民では多数派だったはず。今は皆さんどうなんでしょうか。しかし、まあ。宿泊付き観戦ツアーに申し込んだとか、とても楽しみにしている方々もおられる。それを台無しにしたくないし。あの「・・・トゥキョウ!」以来、そんなふうに、観念して過ごしてきましたよ。それは今でも同じだ。求める楽しみが私と違う方々はいる。アスリートの方々。人生を賭けている、という重さは理解しているつもり。ただ、想像はするが実感はできない。人生賭けてた他の場の人達が挫折する例が、あまりに多いので。私の感...「東京2020」延期という博打に付き合う

  • ログインしてみた

    このブログ、だいぶ間が空きました。今回、再開というのではなくて、オリパラ延期に取り乱し、書き捨ててうさを晴らすためにログイン。コメントを頂いていました。ありがとうございます。だいぶ前なので公開操作をしたものかどうか迷いました。が、懲りずにまた見てくださっている可能性が何兆分の一でもあるのなら。ざっくりですがお返事コメントも書かせていただきました。それにしても私、誤解なく伝える文章力がないらしい、と反省しています。またご無沙汰すると思いますが、皆様どうかお元気で。ログインしてみた

  • イルカ・ショー・・・もう見たくないかも(イルカ漁)

    古い(話題になったのは5月だったと思う)話だが。イルカ漁は食肉が目的だとばっかり思っていたのだが。実は、生け捕りにしたイルカを水族館に販売する場合も多い、と知った。何度も書いてきた、たまに読んでる(私基準で)右なツイッターの人。そんなこと1度も書いてなかったぞ。ご存知だったのでしょうか?いや、そんな政治っぽい話は、もうどうでもいい・・・。私は、「わんぱくフリッパー」を見ていたことがある。なので、パンダ・ニホンカモシカ・ビーバーといった動物などよりもずっと先に、イルカという動物を知った。「海のトリトン」も見たので、人間と仲良しな生き物だ、と疑わなかった。実物を初めて見たのは、遠足だったか家族旅行だったか。当時の私にとっては、「イルカ」=「バンドウイルカ」。イメージ通りのイルカがイメージ通りに賢く人懐こく芸をしてい...イルカ・ショー・・・もう見たくないかも(イルカ漁)

  • 橋下市長は地方自治で成功しているのかな・・・(と、ぼんやり考える)

    特に情報を集めていないせいだろうか。大阪での維新の党って、悪い話しか浮かばなくなってる。人事(公募とか議員)の失敗話と、橋下市長の言行不一致(「約束」という行為を軽いものにしている)と国政での暗躍。だが、もちろん支持者もいるし、それには理由があるはず。ちょっと見てみる。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n187162?fr=pc_tw_share_n橋下市長大阪維新の会実績ライター:c_lobbinさん(最終更新日時:2015/9/7)投稿日:2013/6/21ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー最初の投稿から2年以上、その間に「大阪都構想」投票も経たが、最近も更新さ...橋下市長は地方自治で成功しているのかな・・・(と、ぼんやり考える)

  • 「国家に貢献」(菅官房長官)、難民受け入れについての回答(安倍首相)

    福山雅治・吹石一恵が結婚、に関する菅官房長官のコメント。あまり報道されない(*1)。国連総会に出席した安倍首相は、難民受け入れについて質問され、いや・日本の人口減少問題の解決には移民受け入れよりもまず「一億層活躍社会」で解決する・・・というような的外れな回答をした(*2)。これら2件を、首相の言動・日本会議の主張などとだけ並べるだけならば。「安倍政権は戦前の国家体制や価値観への回帰を志向している」というようなことはまだ言えない。だが、安倍政権は谷垣総裁時代に作成した憲法案を掲げている。その案を2つの発言と合わせれば、「国民を個人単位で尊重する、という戦後の流れに否定的だな」と判断するのが当たり前なのではないか。なのに、「あのコメントに目くじら立てるのは、言葉狩り」といった認識の発言をする人達(無名・匿名・有名、...「国家に貢献」(菅官房長官)、難民受け入れについての回答(安倍首相)

  • 「首の皮」はつながっているか(前原議員は、共産党よりも安倍政権の方が良いらしい)

    民主党は共産党の申し入れを受けるのか?私が物書きなら、ハルバースタム風のノンフィクションを書きたかったろう。ドラマがありそうだから。あいにくと、政治ニュースは与党の動きだらけになっている(難民に関する安倍首相の回答とかさ・・・。日々、日本の評価が堕ちゆく国連総会~)。「野党はどうするのか!?」などと盛り上がらないわけよ。例えば10年前とは大違い。もったいない。自民党が広告業界の手法を駆使するにあたり莫大な資金を投じているのはわかるが、野党特に民主党だってインターネットとか有効利用しなよ・・・。野党間・市民グループ・支持団体との話し合い、与党の政策に対するコメント(自分たちが政権を取ったらどういう政策をとるか)などと怒涛のように情報発信すればいいのに。近頃、野党の存在感って選挙の時だけみたいだ(国会での安保法制審...「首の皮」はつながっているか(前原議員は、共産党よりも安倍政権の方が良いらしい)

  • 「あさイチ」で女性と安保法案論争の話題

    録画してざざっと見ただけだが、嫌な予感。<1.「あさイチ」が示したレベルに合わせる必要はないんですよ>(1)あれでは、「もやもやする女同士」で語り合い、運が良ければ「もやもや」しない論争ができるかもしれない・・・で終わり。・インターネットで得られる情報が賛成・反対のどちらかに偏りがちなのは、わかりきっている。そこで、「NHKで国会中継を見よう」となぜ言えない?重要なのにほとんど中継しなかったからだよね~。・コメンテーターのうち2名が、わからないから・周りからひかれちゃいそうだから、といった系統の発言を繰り返していた。嫌になっちゃう。体育の跳び箱の授業で、一人が失敗すると続く何人かが失敗するのを連想。・だいたい、では、男性が安保法制にどう反応しているかというと、わりと無関心だったりする。法制を理解して論点を追って...「あさイチ」で女性と安保法案論争の話題

  • 民主党の実力テスト(共産党との協力)

    安倍政治に反対者としては、田んぼで収穫を待っている稲穂みたいな気持ち。収穫して麹と合わせて熟成してほしいのに、民主党は何やってんだい?こういう局面で目標(安保法案成立の実質的無効化)を達成できないような政党は、もし政権についても国を治め国際社会を生き抜くなんてできないだろう。敢えて書くが、「たかが」である。国際社会は大変な勢いで動いているのだから。日本という湖くらい泳ぎきれないなら、国際社会という海には入れない。そんな国政政党なら、やめちゃえ(海を泳いでいるかのように装ってきた与党の、ごっこ遊びは続く・・・)。<1.民主党党内のまとまりのなさは10年以上前から有名>国会で当時の小泉首相が前原議員を、考え方が民主党よりも自民党の方に近いだろ、というようなことを言って勧誘するのを見たことがある。いまだに、与党から民...民主党の実力テスト(共産党との協力)

  • タクシー運転手の謎(イスラエル化)

    8月30日に、「国会議事堂の近くに行くには、地下鉄で最寄駅に向かうのではなく有楽町駅からタクシーに乗るのがいいらしいよ」と同行者が言った。私が反対した理由は、万が一「はずれ」のタクシーにあたったら嫌だな、ということ。ツイッターで下の(1)と(2)を読んでいたので。(1)国会前で安保法制反対運動をしているグループに、大きな石を投げつけた(6月か7月?)(2)国会前で安保法制反対運動をしている女性グループに乱入してのぼりを破いたりした(7月か8月?)(3)西日本から上京した人に、8月30日の反対運動の参加者は本当は少なくて議事堂周りはガラガラだった、と語った(9月)(4)民主党の金子参議院議員を激励した(つい先日)このうち、(4)には落ち度はない。だが、(1)~(3)と同一人物だったら、ちょっとな・・・。(1)~(...タクシー運転手の謎(イスラエル化)

  • 民主党はどうするんだろう(9月23日桜木町駅前広場)

    <1.>民主党の枝野幹事長が街頭演説するそうなので、行ってみた。会場が安保法制反対な人達でいっぱいになればいいな、と思って。だが、演説が始まると集中してしまって、どれくらいの人数が集まったのかは確認していない。ただし。最初のうちは、「なーんだ、少ないな」と思ったが、5分くらいしたら窮屈にな感じ。そもそも枝野幹事長は大阪に行く予定だったが、その前に横浜に寄って地元選出の民主党参院議員の応援をすることになった、という集会だったそうで。その参院議員というのが、なんと。志位委員長の反安保法制連合を拒絶するツイートをさっさと発信した、金子議員だったのだ。その上、過去のツイートから、日本会議のメンバーであることが判明している人だ。ええええ・・・。困った。それを知っている人も多い気配。金子議員に、野党間協力と日本会議からの決...民主党はどうするんだろう(9月23日桜木町駅前広場)

ブログリーダー」を活用して、トラカリコン!さんをフォローしませんか?

ハンドル名
トラカリコン!さん
ブログタイトル
トラカリコン!
フォロー
トラカリコン!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用