searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

トラカリコン!さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
トラカリコン!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kanra-toriko
ブログ紹介文
「虎・借り・コン!」。虎の威を借りた狐。虎の威を借りて吠える狐が私…。虎が何であるかは、本人にもわから
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2015/04/15

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、トラカリコン!さんをフォローしませんか?

ハンドル名
トラカリコン!さん
ブログタイトル
トラカリコン!
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
トラカリコン!

トラカリコン!さんの新着記事

1件〜30件

  • 2005年にあったこと(総務省の使い方(1))

    歴代総務相達と衛星放送・携帯電話周りの総務官僚の問題が追及されているが。まずい気がする。ドコモ子会社化も外資規制違反も重大。「お友達」や「癒着」といった向き合うべき問題。首相・総務相の姿勢・能力の疑わしさ、誰が見ても批判したくなる答弁。文春砲が週一で材料を提供。野党の質疑冴えてる。「調査には時間がかかる」といったんテーブル上から下げ、何ヶ月かたってほとぼりが冷めてから第三者委員会の調査結果を示す・・・という第2次安倍政権方式の繰り返し?国会でのきっちりした調査が行われ、対策(私は総務省解体だと思う)の議論そして結論を得る。速やかな完了、それが理想なのに。だってやることが他にいっぱいあるから。COVID-19関係だけでも、感染拡大防止・治療体制・支援策(経済面も精神面も)など、テーマは数え切れない。その上、台風・...2005年にあったこと(総務省の使い方(1))

  • 信頼していない、武田総務相も菅首相も(政権発足から半年)

    懇談会なのか接待なのかの基準は大臣本人が決める、というのが大臣規範だそうだ。武田総務相はそれを根拠に「国民から疑惑を招く会食はしていない」と断言し続ける。私、武田総務相も任命者である菅首相も信頼していない。だから国会で野党議員に監査してもらいたい。これは特殊な要望ではない。だって、それが憲法で定めた制度なのだから。もっとも、武田総務相だけが特異なわけではない。菅首相自身、自分で決めた「ルール」の適用範囲の当否にためらわない人である。菅首相は、民主党政権当時、東日本大震災関係の会議議事録が作られていなかったことを国会や著書でさんざん批判した。石川知裕議員(当時)の辞職勧告決議案も提出。議事録については、厳しい態度だ(だって、原発で放射性物質が放出されたりメルトダウンしたり、という世界的にも稀な重大事故だった。対応...信頼していない、武田総務相も菅首相も(政権発足から半年)

  • 分析・対策が実態に、そして時代に合わない恐れ(3月5日参院予算委員会;中小企業政策)

    菅首相の所信表明演説の大部分は、表面的というか個性のないあたりさわりのない内容だった。だが、それを詳しく説明してもらうとあたりさわりが出てくる。・・・ということは、あまり考えてないんだろうな、と疑ってしまう。そんな、大門議員(共産党)との質疑応答だった。アトキンソン氏の中小企業の生産性の「分析」が、政府資料に載ったごく単純な統計で簡単に覆されたことに驚いた。政府は、持続化給付金制度の打ち切りを決めてしまった。その背景には、菅首相の中小企業に対する考え方がある。・・・という大門議員の見立てから始まる。話の流れのままに(*)から何箇所か抜き出していって、きりのいい所でやめます。<1>財務省の財政制度等審議会「来年度予算編成等に関する建議」(2020年11月)大門議員「持続化給付金などの支援の長期化はモラルハザードを...分析・対策が実態に、そして時代に合わない恐れ(3月5日参院予算委員会;中小企業政策)

  • 「カリブの海賊」系のアトラクションみたいな統治

    東日本大震災の少し前、「はだしのゲン」を初めて全巻読んだ(図書館にあると気付いたので)。広島が復興していく過程での、個人の内心・個人と家族や仲間との関係・家族や仲間と近隣との関係・行政と個人・社会と個人・政府と個人・・・などのさまざまなことが描かれていた。厄災そのものだけでなく、引き起こされる人間社会のもろもろに向き合わなければいけないんだなあ。そういうこと込みで日本は(私も)変わらざるを得ないんだろうな、と。震災の報道を見ながら思っていた。でも、TPPに参加するのは違う、全貌が明らかにされない(ひどいよね)条約、関税率だけでなく社会のあり方を変える条約を結んで外圧で変わるのは、万病のもとでは。まず国内でじっくり議論してほしい。だが、「衆参のねじれによる縛り」がない第2次安倍政権は、議論は少なくどんどん動いた。...「カリブの海賊」系のアトラクションみたいな統治

  • 行政のデジタル化は公共事業たり得るが、選択的夫婦別姓制度は違う

    マイナンバーカードが「今後2年半のうちにほぼ全国民に行き渡ることを目指」す。首相は昨年10月の菅首相の所信表明演説でそう述べた。嫌だな。個人情報がマイナンバーに紐付けされるのは。マイナンバー制が議論されていた頃、賛成者は「後ろめたいことがなければ気にならないはずだ」と述べていた。そんなもんないけど嫌だ。「政府や行政をどれほど信頼しているか」で賛否が分かれるのだと思う。マイナンバー制度に賛成な人でも、自分の個人情報が悪徳業者や犯罪者などに渡るのは嫌なはず。そこまで危険な連中でなくても、自分の方は興味もない企業・個人にそういった情報を持たれたくないのでは。氏名・住所・電話番号のリストを入手した犯罪者が、掲載者に電話をかけてさらに情報を蓄積する。留守電に応答させるか・電話に出るか・話し好きか・頭ははっきりしていそうか...行政のデジタル化は公共事業たり得るが、選択的夫婦別姓制度は違う

  • 「私達ならもっとできる」と「(現場の要望を聞くネットワークがある)私達ならもっとできた」(時事通信が安倍前首相にインタビュー)

    3月11日を前にして、安倍前首相が復興や「復興五輪」などを語ったという。https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030300767&g=pol時事ドットコムニュース復興五輪「歴史に残る大会に」安倍前首相インタビュー―東日本大震災10年2021年03月04日07時22分当時、自民党の谷垣禎一総裁は政府に全面的に協力した。ただ、民主党は政権運営に十分慣れておらず、菅直人首相は原子力緊急事態宣言を直ちに出すべきだったのに遅れた。現場の要望を聞くネットワークもなく、行政を動かす能力に欠けていたと言わざるを得ない。(自民党にとって)それが政権奪還の原点だ。(・・・)自民党なら民主党よりもできた。そんなのどう証明できるんですかね〜おっしゃる通りなら、COVID-19対策がぼろぼろなのはな...「私達ならもっとできる」と「(現場の要望を聞くネットワークがある)私達ならもっとできた」(時事通信が安倍前首相にインタビュー)

  • 4月以降中断します(当ブログ)

    突然に無言(?)になるのもありかもしれませんが、わかっている予定なのでお知らせします。(まだ先のことだが、気がついた時に書いておかないと間に合わなくなる恐れが・・・)中断期間はそんなには長くならないのではないか、と思っています。4月以降中断します(当ブログ)

  • 菅首相の、話す能力(マスコミというフィルター(1))

    3月3日のぶら下がり会見。内容はともかく、口調はそれまでよりもずっとしっかりしていた。長居しないのでぼろが出にくいのか。または、前首相のように、ぶら下がり会見においても質問を事前に受け取り、用意した回答文を暗記するようにしたのか。書き起こしがあるしよりぶっつけ本番ぽかった3月1日の発言と、首相官邸に掲載された会見文を並べてみる。前回2月26日のぶら下がり会見での発言を問われた部分です。(a)私が映像から書き起こしたもの朝日新聞記者「山田広報官について、先日総理は女性の広報官として期待しているとおっしゃっていたんですけど、女性を強調された意味は何かあるんでしょうか」首相「あのう・・・今まさに女性のこのきめ細かさとかあるいは女性の数も非常に少ないですし。そぉした女性として働いてきた、まあそういう経験もあります。行政...菅首相の、話す能力(マスコミというフィルター(1))

  • ファンタジストよりリアリスト(西日本新聞が枝野代表にインタビュー)

    小泉政権からの、竹中平蔵氏(小泉政権時代のようには目立たないが、経営している会社はご隆盛のようだ)などが仕切る行政は、私はやめるべきだと思っている。だから「小さな政府」は間違い、などの言葉を気持ちよく読んだ。その他の、原子力発電の部分にはうんざりした。が、枝野代表の姿勢や言葉のせいでなく、原発の現実にうんざりさせられるのだから仕方ありません・・・政治も行政も地道ですっきりしなくてこまごまと面倒くさいものだろう。法律や利権や人事(官僚も含む)や予算や文書や選挙などの他、名も無き仕事も多くあるだろうし。(維新の党が毎度言っている「自分達は受け取る報酬を減らしている」「行政組織を減らして効率化」なんて、仕事の一部だ。幼いなあ)「安倍政権+菅政権」の約8年の間、旧民主党出身者をはじめ野党がどれほど案を練っているのか。原...ファンタジストよりリアリスト(西日本新聞が枝野代表にインタビュー)

  • 地震・雷・火事・親父(もしぶら下がり会見でなかったら)

    「女性のきめ細かさ」と言った菅首相。前回26日(金)のぶら下がり会見での女性云々は「うっかり」だとしても間に2日置いた1日(月)にまたこんな発言(*)を。首相と同年代男性には、あの程度の認識しかない人が多いかもしれない。でも、首相は21世紀を生きる政治家、それもオリパラを行なおうとしている人物なのに。日本は、長年にわたって人権や差別に関する国際条約やオリンピック憲章を受け入れてきた。つまり、もう「ルール」の話にもなっている。そういう背景を踏まえてまだ「女性のきめ細かさ」と会見で言っちゃうのか。条約を批准したからには調査を受けることになっているはず。「性別で特性を決めつける発言」としてアウト判定されるレベルなのでは。。それとも、首相には、経験や学問や法律などとの整合性が考慮された体系的なルールに反論できるような、...地震・雷・火事・親父(もしぶら下がり会見でなかったら)

  • 菅首相・枝野代表(26日(金)首相のぶら下がり会見(2))

    26日の首相のぶら下がり会見で、「答え合わせ」ができた。「クローズアップ現代」で官房長官就任間もない菅氏を見てからずっと推測してきた。助けも台本もなければ話せない人?それまでは、「アベノミクスについての安倍首相の説明だと腑に落ちないけど、菅さんと国谷さんとの対談でやっと理解できるんだわ」と期待していた。官房長官の定例記者会見だといろいろ制限があるために口数が少ないのだろう、と。30分見て、菅さん頭が回ってない、という結論に。安倍首相と似たり寄ったり?ただ、スタジオ収録に緊張していたのかもと考えたが(それにしては、国谷さんを見る目が途中からきつくなったのが気になった)。その後の記者会見や答弁でも印象は変わらず。他方、雑誌などでは「史上最強の官房長官」といった形容があふれ始めた(広告しか読んでないけど)。人を見る目...菅首相・枝野代表(26日(金)首相のぶら下がり会見(2))

  • 菅首相・記者達(26日(金)首相のぶら下がり会見(1))

    あれが、むき出しの菅首相・・・そう思っていいのかな。山田広報官は表立った仕切りはしないにしても、事前準備さえもしなかったのだろうか。いや、首相本人が会見でのやりとりを想定しておくだけでも、ずいぶん違っただろう。テーマは誰にだって予想できた。(a)6府県の緊急事態宣言解除という新情報が加わった新型コロナ関係・(b)山田広報官の件・(c)この記者会見が「ぶら下がり」になったこと。「(a)だけならこの記者会見は正式な方式で行うはずだったのに、(b)があるから「ぶら下がり」にしたんですよね;(c)」からの「(b)そして(a)についていろいろ聞くぞ」(今日は広報官に邪魔されない、と期待)が記者の思惑。しかし首相は「(b)は幕引き済み感を醸し出したい」「(a)は、一般的なこと・判断は知事(や河野大臣やIOCや東京都)に任せ...菅首相・記者達(26日(金)首相のぶら下がり会見(1))

  • 続・菅首相の情報収集は会食で

    首相のご長男が、勤務先・総務官僚(の内、ご長男の会社の業界を担当する旧郵政省出身者)と会食を重ねたのは、父親である菅首相を見習ったのかもしれない。ヒトやゴリラにとって、食事を共にするというのは、特有で重要なコミュニケーションだそうだ。だが、そんなに親しくないとか一見さんだとか初対面だとかなら、食事そのものを目玉にしないと間がもたない場合もあるよね。官僚達の認識では、忖度したのか忖度されたのか、どちらだったのだろう。入省時と状況はまるで変わり、政治家(官邸)に人事権を握られてしまっている。プライド・気概・実力を発揮して働くと左遷される制度に組み込まれた今、自分達で新しいレールを敷かなければならない。仕事における自己決定権はほぼないと思い知らされている日本人は多いが。優秀で野望を持つ官僚が自分のそんな状態に甘んじる...続・菅首相の情報収集は会食で

  • 「他の官僚も首相やご家族に忖度しないものですか」と聞いてみれば?(25日、山田広報官が衆院予算委員会に出席)

    いや~、緊張感ないね〜昭和の頃だと日本国内にソ連のスパイがいて、アメリカのその道の機関などと戦っていたりしたわけですよ(日本だけでなくいろいろな国で、大使館員兼スパイとされる人物が国外退去を命じられていたものだ。新聞の国際面に日常的に載っていた)。令和はのどかだ。自分の他に東北新社の4人がいて、1人あたり約7万5千円分の飲食を楽しんだ。利害関係者なのにうっかりおごられてしまった。首相のご長男とはほとんど会ったことがなかった。来るとは知らなかったが、会食した時には「いる」とわかっていた。けど、「どういった方のご子息かはお付き合いに関係ないと思っている」。私はそういう性格。・・・ということのようだ(*)。「どういった方のご子息かはお付き合いに関係ないと思っている」って言えるのは、相手は信用できる、と確信してからでし...「他の官僚も首相やご家族に忖度しないものですか」と聞いてみれば?(25日、山田広報官が衆院予算委員会に出席)

  • 菅首相の情報収集は会食で(小渕元首相・前川元文科事務次官)

    次の元号を記者会見で発表した官房長官が有名になり、自民党総裁そして総理大臣に就任。その続き。故・小渕氏(「平成」を発表)はいろんな人々に電話したそうだ。電話を受けた相手にとって、「首相から電話がかかってきた」というのは思いがけないことだったという。「ブッチフォン」と呼ばれた。それに対して、現首相である菅氏(「令和」を発表)は、日々、各界の人々(民間人率高い)と会食して情報収集するスタイルだとのこと。2020年11月7日の朝日新聞夕刊にデータが載っていて、前首相などと比べて会食回数がものすごく多い。ただし、去年の二階堂幹事長主催の忘年会の件を責められた(緊急事態宣言との関係)ので、今は控えている。高級飲食店(警備の都合である程度は高額な店に行くだろう)で各界でそれなりの地位の人と会食して現状をわかった気になられて...菅首相の情報収集は会食で(小渕元首相・前川元文科事務次官)

  • 子供の共同親権は国家からの恩恵だそうで(亀井静香氏が夫婦別姓を否定する)

    ETV「夫婦別姓“結婚”できないふたりの取材日記」(再放送)を見た。「“結婚”できない」この2人の話し合い、研究者による夫婦同姓制度の始まりの解説、夫の両親の意見、裁判で取り組んでいる人、その子供の意見、国会議員への陳情・・・など、内容が濃い、だが、今どきの洋服の着こなしで言われる「抜け感」的な何か(なんのこっちゃ)も漂う、そんな番組だった。しかし。終盤の亀井静香氏(大臣も務めた元国会議員・・・という書き方では到底たりないが)の言葉の破壊力ったら。まさに異次元。それまでの、「今、この社会で」が薄れていく〜下記でまとめてくださっています。https://matomebu.com/news/etv-kameishizuka/まとめ部「そこまで言うんなら結婚しなきゃいい、みんな天皇の子」ETV特集夫婦別姓に反対の亀井...子供の共同親権は国家からの恩恵だそうで(亀井静香氏が夫婦別姓を否定する)

  • 議論を成立させられない総務相との質疑応答(2月17日衆院予算委員会)

    武田総務相は、首相ご長男による総務官僚接待疑惑を前日の本会議できっぱりと否定したそうで。翌17日の衆院予算委員会で立憲議員(私が覚えているのは後藤議員。他にも男性議員が再確認していた)が問いただしていた。総務官僚達は、相手が利害関係者であるのがわからなかった故に事前の届け出を怠っただけの話なのか、利害関係者とわかっているのに会食し、してはいけない話をしてしまったのか、贈収賄はあったのか。委員会では首相も総務相も官僚も、調査中であることを理由にろくに答えなかった。ところが、その後の16日、総務相が本会議場で疑惑をはっきりと否定したのだ。17日の衆院予算委員会では、この問題を後藤議員達がとりあげた。結論(問題なし)が出たということは調査は終わったのか?調査中だからという理由で答えなかったくせに。今も調査中なんだよね...議論を成立させられない総務相との質疑応答(2月17日衆院予算委員会)

  • 「ルール守れ」の、自>共>公(首相ご長男と総務官僚の件)

    昔の人間である私の感覚では、道徳やマナーなどは、まずは家庭で教えるものだ。だが、家庭の事情はさまざまだし。学校・近所・親族・友人・友人の親・お店の人・通りすがりの人・・・時には警察官など、いろんな人からも教えられる。さて。「助」について、首相は総裁選の時から「自助・共助・公助」、本人の解説によると「自助>共助>公助」を唱えてきた。「助」とは、現実的には、主に金銭や物質的援助になろうかと。この領域で「自助>共助>公助」という順番を志向する菅首相。生活保護制度にあてはめると、自活できなければ親族による援助を、親族による援助ができなければ生活保護申請を、ということになるだろう。援助はできるだけ本人の私的な領域で完結させよ、公(行政)による援助は例外的なものだ、という方針。そういう発想なら、今回の総務官僚との件について...「ルール守れ」の、自>共>公(首相ご長男と総務官僚の件)

  • 経済分野(2)悪徳商法を連想してしまう(2月17日衆院予算委員会)

    経済関係の質疑は、私は久しぶりに見た。そのせいなのかなあ・・・前に書いた「(1)立憲議員の準備不足」の野党議員(達)が、悪徳商法の人に問い合わせている被害者に見えた。菅首相に「大丈夫なのか」と何度も念を押すのだが、菅首相の答えは心もとない。現在の経済政策は、安倍前首相から引き継がれたものだ。団塊の世代の定年で新卒者の求人倍率が上がるのも、アメリカ経済が好調になれば日本経済も改善するのも、自然な流れ。それを頑として認めずに、自分の政策の成果だ、と主張し続けた前首相。気象を観察して降雨のタイミングを計って雨乞いの儀式をする人に似ている。(なお、インバウンド収入については、外国人観光客の制度を変えた民主党政権の功績でもある。安倍政権単独の件は、金融緩和での円安誘導と年金資金の運用先で株の割合を上げたこと。・・・という...経済分野(2)悪徳商法を連想してしまう(2月17日衆院予算委員会)

  • 経済分野(1)立憲議員の準備不足(2月17日衆院予算委員会)

    旧民主党時代に経済分野で目立っていた議員達って、今は立憲民主党ではなく国民民主党にいるのかな。鳩山政権誕生直前の民主党には、もっと専門性・客観性・論理性があったような・・・曖昧なのだが。日経平均株価と経済状況のギャップ、国民の生活・・・などを問うていたようなのだが、ながらで1度見ただけなので(録画を見直して曖昧な点を解消したいが、テレビのHDの空きが少ないのでそうもいかず)。印象程度の内容しか書けないのだけど。議員何人かについて同じ感想を持った。菅首相は。心細そうに、文節同士がろくにつながっていないような、文節にはスローガン的せりふをとりあえず入れている感じで、応じる。つまり、たいしたことは言っていない。質問者は、そういう首相を淡々と相手にすれば済む。経済分野の一般的な内容(株価バブルのメリットとデメリットとか...経済分野(1)立憲議員の準備不足(2月17日衆院予算委員会)

  • そこにまた維新(愛知リコール署名・森友学園)

    愛知県知事リコール請求署名で、大量の偽造が判明した。高須医院長・名古屋市長の関与の有無はともかく。事務局をやっていた元愛知県議の田中孝博という人が維新の党からの立候補者予定者なのがひっかかる。森友学園事件。役所単位では、当時の松井大阪知事による条件付き許可が発端だった。それがなければ、財務省、国交省・・・と進まなかったはずなのに。(*)なぜかマスコミが言及しなかった松井前知事の疑わしさは、解消されてなかったよね?愛知県大村知事を非難する人達は、リコール請求団体を作った高須医院長をはじめ、安倍前首相を支持する人達とだぶるようだ。大村知事の前職は自民党の国会議員だったが、人権に関する姿勢が自民公明連立政権とはだいぶ違う。「ゆ党」こと維新は、国会で与党の別動部隊を続けている。NHKでそれだった岩田記者は、首相の交代後...そこにまた維新(愛知リコール署名・森友学園)

  • あの安倍氏が適任な席?

    東京2020組織委員会の会長は安倍前首相で、という考えの人もいるのか。ひえぇぇぇ、おぞましい!会長には前首相が良いとか前首相で良いとか言う人達の倫理観に耐えられない。・・・あ、すみません。おぞましいのはそういう人達ではなくて、会長として活動する安倍氏のイメージが、です。前首相への数々の疑惑。「クロだ」と私は想像している。ご本人だって「桜を見る会前夜祭」についてはある種の責任は認めている。その責任さえ、うやむやにしている。国会開催中を含めて何ヶ月も偽りを通してきた人だよ?そういう人を、東京2020の「顔」の1人に就任させる?「安倍さんじゃないとできない」のか、「やるって言う人が安倍さんしかいない」のか。もしかして、参加したい国がごく少数で困っている、といったような問題があるのかな。新型コロナ禍であるし、一昨日には...あの安倍氏が適任な席?

  • 「わきまえている男達」による日本の政治

    森喜朗氏の辞任会見。自分は社会的に成功している(なんたって首相ほか要職に就いてきた)のが自分の正しさの証拠、という自信が感じられた。いつの時代からなのか、日本の政治は「わきまえている男」達が上位のピラミッド社会だ。まあまあ上位に森氏がいる。安倍前首相の外交を高く評価する人達がいる。アメリカに対して「わきまえた」態度をとるのが正解、という価値観があるのだと思う。オバマ氏からもトランプ氏からも友好的に扱われた、ということで成功とされる。とても古い話だが、ハマコーさんなんか、「あのアメリカに逆らえますか!?」とテレビ番組でよく凄んでたなあ。メルケル首相(多国間合意を尊重する)はトランプ前大統領と意見が合わなかった。説得を試み失敗し制裁(在独米軍基地を立ち退かせる。ドイツそしてイタリアでは日本のような不平等な関係ではな...「わきまえている男達」による日本の政治

  • 「副」がやらない制度は「平和ボケ」(人材不足)

    森喜朗氏を辞任させられない理由が2タイプ言われている。(a)森氏でなくても会長職は務まるのだが、「森氏が怖い」から(b)力(経験や人脈も)がある森氏でないと、会長職は務まらないから(a)は論外、(b)なら不思議。森氏が就任した際、多くの人が心配していたはずだ。「・・・何年も先の大イベントなのにこのお年で大丈夫だろうか・・・」と。しかも、高齢である上に週3回人工透析されているとか。だったら補佐役はもちろん重要だし。縁起でもないが、森氏に何かあった時にピンチヒッターや後任となれる人が任命されているのでは?もし、「通常の場合ならそうだが、今回はコロナ禍という特殊な状況にあるのでどうしても森氏の力が必要」というなら、なおさらだ。昨年に開催を見送った時にでも、高齢かつ基礎疾患あり(=重症化リスクが高い)の森氏に配慮しよう...「副」がやらない制度は「平和ボケ」(人材不足)

  • 安倍前首相では妻、菅首相では長男(森友学園問題を解明しなかったツケ)

    「忖度」がまた舞台上に。そうだよなあ。安倍前首相が忖度を受け続けたのには、菅前官房長官の活躍もあったのだからなあ。忖度が去っているわけがなかったんだ。「子供を政治家にさせようとは思わない」みたいなことを言う首相であるが。この人もまた、独特な嘘のつき方をするからなあ。「秋田の農家の息子、集団就職で上京し工場に勤めて夜学へ」と、「秋田の大きな苺農家(年商3億、というのが現在の数字かどうかは知らない。「関ジャニの大倉くんが子供の頃は鳥貴族は弱小だった」パターンかもしれない)で町議員の父。農家になりたくなかったので上京し工場に勤めて夜学へ」とでは、だいぶイメージが違う。「嘘をついたんじゃない。きかれなかったから答えなかったんだ」的な人のような。首相が総務大臣だった時期に長男が秘書官をやっていて、今は民間企業社員であるそ...安倍前首相では妻、菅首相では長男(森友学園問題を解明しなかったツケ)

  • 政権批判をする人・しない人

    ブログを書いている中には、政権批判というものを忌み嫌う方々がおられるようだ。報酬をもらってかばっている人(菅総裁になった今も制度が続いているかどうかは知らない)はともかく。仕事上の利害関係者だとか(もし不満があっても政権交代は避けたいからかばう)もともかく。カルト宗教信者(自民党にとっては票田)もともかく。私が政権を批判するブログを書くのと同じような自然な気持ちで擁護している方々もいるはず。そんな人達のこと。もしかして、政府や内閣のイメージが私とは根本的に違うのではないか。政府や内閣は、広い意味で道具の1つ、という感覚はないのだろうか。(私は「八百万の神」や「物にも魂が宿っている」が染み付いた昔の人間なので、こういう例えになるのかもしれない)「道具」でも「システム」でも「組織」でもいいけど。選んで手入れや点検を...政権批判をする人・しない人

  • 国立競技場の観客席(今の日本らしい東京2020で)

    東京五輪組織委員会会長である森喜朗氏が、ラグビー協会の女性理事や組織委員会の女性委員について発言し、内容が国の内外で問題視されているとのこと。あの発言なので即解任、とはならないのが今の日本だ。いいんじゃない、会長を替えるなんていう背伸びなんかしなくても。そう思うのは東京2020への思い入れが小さい私だからかな。招致活動では、エキゾチックな発音とジェスチャーでの「お・も・て・な・し」宣言と「原発事故の始末はアンダーコントロール」という嘘。リオ五輪での引き継ぎでは、国会の内外で自分を支持する人だけを尊重する前首相が、楽しい人気者スーパーマリオに扮した。そして東京2020では、オリンピック精神を尊重するという見え透いた嘘をつく森氏を会長席に座らせる。・・・というわけで、今の日本で主流の価値観はちゃんと表現されている。...国立競技場の観客席(今の日本らしい東京2020で)

  • アベスガ政権(カテゴリー追加)

    菅首相は前政権を継承するというし、閣僚・党幹部には続投メンバーも多い。なので、カテゴリー名はこれでいいや。前政権末期の世論調査では支持率がだいぶ落ちていたが、上に書いたように第3次安倍政権みたいな菅内閣の支持率が最初は高かったのは、変だなあ。安倍内閣支持率は、法案成立や不祥事で下がる(下限は「岩盤支持層」らしい)→なぜかやがて上がる(無関心層が戻るのか?)・・・というパターンの繰り返しだった。菅内閣もそうなるのだろうか。だったら嫌だなあ。アベスガ政権(カテゴリー追加)

  • 衰退や変質ではなく崩れているような

    大阪府知事が医療用防護服の代わりに雨合羽を集めた件を書いた記事(とその後の2記事)にコメント頂いた。返信には、知事がツイッターの前に府職員から企業団体などに照会しなかったのが意外、というようなことを書いたのだが。その前に政府に要請する制度を使うものだったようです。「特定都道府県知事又は特定市町村長は、新型インフルエンザ等緊急事態において、新型インフルエンザ等緊急事態措置の実施に当たって、その備蓄する物資又は資材が不足し、新型インフルエンザ等緊急事態措置を的確かつ迅速に実施することが困難であると認めるときは、特定都道府県知事にあっては指定行政機関の長又は指定地方行政機関の長に対し、特定市町村長にあっては特定都道府県知事に対し、それぞれ必要な物資又は資材の供給について必要な措置を講ずるよう要請することができる。」・...衰退や変質ではなく崩れているような

  • 検察の「自治」を疎むなら、国民に「自粛」をあてにするな

    首相は、黒川検事長の定年延長も検察庁法「改正」も法務省からの要請、と櫻井よしこ氏に語ったとのこと(*1)。万が一事実だとしても、そんな要請にほいほい乗るな。「役職延長が政権の意向で決まる法律にしたら、検察と政権の癒着のもとになる。検察そして政府に対する国民の信頼が損なわれるからだめ」と法務省を諭すのが、総理大臣のあるべき姿だろう。・・・と書きながら、腹立たしい。なぜ今こんなことを考えなきゃならないのか。私だけでなくどれほど多くの人々が、予定を変えたことだろう。また、本来はこの問題を考えたかったであろう人達がコロナ禍対応のために参加できていないかもしれない。こんな時に人の役に立ちたくて政治家や役人になった人もいるだろう。なのに、今、検察庁法いや政権に振り回されている。一方、アベノマスクで忙しい人達もいる。いらない...検察の「自治」を疎むなら、国民に「自粛」をあてにするな

カテゴリー一覧
商用