アメノミミ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
アメノミミさん
ブログタイトル
アメノミミ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ameno-osihomimi
ブログ紹介文
降り始めの雨のようにポツポツと言葉が落ちてくるようになった。 時に雨となるその言葉を書きとめるブロ
自由文
-
更新頻度(1年)

347回 / 330日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2015/04/12

アメノミミさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,077サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,004サイト
閃き・インスピレーション 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 50サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,077サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,004サイト
閃き・インスピレーション 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 50サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,077サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,004サイト
閃き・インスピレーション 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 50サイト

アメノミミさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アメノミミさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アメノミミさん
ブログタイトル
アメノミミ
更新頻度
347回 / 330日(平均7.4回/週)
読者になる
アメノミミ
  • 年数

    死ぬまでの年数を数えることを生きるとは言わない年数

  • 友達

    神様は友達だよそうでないという神様とは付き合わない友達

  • 滅び

    愛を失い感謝を失えば遠からず滅びる滅び

  • 2019年秋分の音楽会と不思議なお話会

    春分、夏至、秋分、冬至は地球という惑星で季節の変わり目となる重要な日です春分と秋分は地球上全ての場所で昼と夜が同じ長さになる日であり太陽は真東から昇り真西に沈みます夏至は最も日が長くなる日冬至は最も日が短くなる日ですこれらは人が勝手に決めたものではなく地球という惑星において決定していることです故にこれらの特別な日は細胞レベルで刻まれておりこの日に大地や天と繋がるために古来から人は祈りを捧げてきました天地が新しい季節へと移り変わる日世界が生まれ変わる日でありその変化を身体と心で感じ同調し新しい世界と共鳴するためですそのような日にかれこれ数年前から私は音楽会とお話会というものを開き次の季節で重要となることを話しまたその時に相応しい音楽を通して新しい世界・季節との同調を促すのですこの日が近づくと私を通して今生きている...2019年秋分の音楽会と不思議なお話会

  • 怒りを抑え込むならばそれは感情を制しているとは言わない容易に怒りの生まれない精神構造にすることそれこそが感情を制するという事であるしかし怒りを消すために精神構造を変えるわけではないより幸せに生きるために精神構造を改良していくのだその結果不要な怒り自動的な怒り反射的な怒りを覚えなくなってくるだけであり必要とあらば怒りという感情をいつでも使えるという状態になる何が幸せであるかを知っているのは魂だけである魂の片鱗が目覚めるまでは精神構造を正しく改良していくことは出来ないせいぜいより得をするように変更していくことしか出来ないしかしそれはあなた自身の本質的な幸せとは関係がないのだ魂はビジョンを持っているそれはこの世にまだ存在せずしかし創り上げることが可能な未来夢というビジョンを持っているそして魂はそれを内的には経験してい...魂

  • 浄化の火

    浄化の火は移るあなたの中に燃えうるものがある限り浄化の火

  • 神社2

    拝殿は肉体本殿は心御神霊の依り代が魂人と会う時は神社の境内に入るものと心得る正しく祀られ敬われてこそ神は力を発揮する人は神が住まう社である神社2

  • 食物

    人は自分の体内に入れる物にもっと注意を払った方がいい食べ物ではないものが食べ物として普通に売られているそのような物を食べれば食べるほど感覚が狂い自分の身体に良い物と悪い物を識別できなくなる終いには感覚は逆転し悪いものを肉体が求めるようになる食物

  • 神祖

    自分の神祖は産れ落ちた地に明確に表れている神祖

  • 霊的経路を繋ぐ

    祖先の源流にいる神祖そしてその最下流にいる自分先ずはその繋がりを回復し霊的エネルギーの流れる経路を確立する自分と神祖との間にいる親や祖先はそれによって回復の方向へ向かう流れを妨げる大岩のような存在もそれによっていづれ明らかになる霊的経路を繋ぐ

  • 神社

    人が神社なのです神社

  • 知るべき時

    物事には知るべき時があるその時でない時にいくら情報を漁っても結局は偽の情報を掴んでしまう知るべき時に知るべきことはおのずとやってくるその時に他のことであなたの心が一杯でなければ知るべき時

  • 祈るとき

    祈るとき口先だけの感謝ではいけない心の中から感謝を見つけてくること祈るとき

  • 神たちについて

    人が神と呼ぶものは自分よりも上の次元に根拠を置く存在です一番身近な神は四次元の神です四次元はアストラル界とも呼ばれます感情のエネルギーで構成されている世界ですそのため彼ら彼女らには感情がありますそして人が物質的なものを食べて肉体を維持するように感情的なエネルギーを食べてアストラル体を維持します三次元に接しているこの四次元の存在達の影響力は非常に強いです正確に計測する方法を思いつきませんがひょっとすると重力や電磁気力のように距離の二乗に反比例する力の法則があるのかもしれませんねその上に五次元の神がいます五次元は別名メンタル界といい思考のエネルギーで構成されていますこの次元の存在は思考のエネルギーを食べてメンタル体を維持しております四次元の神と比べるとより神らしいとは言えます例を挙げれば奉納する品に対して四次元の神...神たちについて

  • 植物と動物

    観葉植物は家のエーテル界を守ってくれますエーテル的に有害なものいわゆるケガレから住人を守ってくれますケガレを祓うと植物は元気をなくし枯れますまたエーテル的に正常な家で植物は長く元気を保ちますケガレは日々溜まってくほこりや汚れのようなものですが自分由来ではないものもあります客人が持ってくる場合もありますし土地的にケガレが流れてくる場所やマンションなどで隣接した部屋から入ってくる場合もあります入りやすいのは窓と玄関溜まりやすいのはトイレお風呂などの水場ですペットは家のアストラル界を守護してくれます悪霊や生霊などを追い払ってくれますペットが病気または怪我をした時は主人の身代わりにその影響を被った場合があります車というものもペットに近い存在に昇格してきていますゆえに主人の身代わりに傷つく場合がありますそういうことが起き...植物と動物

  • ペット

    ペットは守り神ですペット

  • 一つだけ

    望むものをたった一つだけ叶える方が実は難しい関連する複数の願いを同時に叶える方が実は容易い複数に見える望みも同じ根を共有している場合があるからだそして私たち一人一人の願いも実は繋がり合っている自分だけの願いを叶えるよりも繋がり合っている複数の人たちの願いを同時に叶える方が実は容易いのだ一つだけ

  • 祖霊祀り

    私たちの四次元的背後には祖霊が連なっておりますそれらは肉体にまつわる祖霊です恨みつらみこの世への執着が強い人は同じ家系に何度も生まれてくる傾向があります一方高次元まで達した霊が奉仕の精神で降りてくる場合もありますその場合魂的な縁が薄く家系と馴染まない子として生まれてきますしかしその様な無垢な魂が宿ってもその家系の肉体自体が持つカルマの影響を受けます己のものではない罪をあえて浄化しに来るのですそこには助けたい気持ち以外何もありません本来はその罪を積んだ当人たちが解消すべきものでありそうすることによって進化していくものですが泥沼にはまって動きが取れなくなった家系というものがこの世には沢山存在していますそのような窮地を救うために降りてくるのですこのメッセージはそのような存在達に向けて送るものです高次元から来た存在達は...祖霊祀り

  • 消す

    悲しみを消すのではなく悲しみを生み出している心を消す苦しみを消すのではなく苦しみを生み出している心を消す消す

  • 赦す

    今日の自分を赦さねば明日の自分はない赦す

  • 責める心

    自分を責める心は必ず人を責める心になる人を責める心は必ず自分を偽る心になる責める心

  • 神の心

    全てに神を観る心こそ神の心神の心

  • 切り替えるもの

    簡単に心を切り替えられてしまうものがこの世には沢山出回っている使い方によって毒にも薬にもなる自分の心から逃げるためにそれらを使ってはいけない悲しみにも怒りにも憎しみにさえその中に愛がある中にある愛が見つけてほしくて気付いてほしくてあなたの心を揺らしているのだから切り替えるもの

  • 悲しい時

    悲しい時にはしっかりと悲しさに浸るその時にしか見えないもの気付けないことがあるから悲しい時

  • 半月

    上弦の月下弦の月半月という刻にはどういうわけか魔が入りやすい半月

  • 楽曲

    人生とは楽曲の演奏なのだ小さな部分に固執して楽曲の大きな流れを乱してはいけない楽曲

  • 何でもする

    この方が良いと思えることは何でもする何でもする

  • 降伏

    人を屈服させ従えるにはアストラル体を降伏させなくてはいけないアストラル体は恐怖によって降伏する物質界でアストラル体を降伏させるには死後の世界は存在しないもしくは死後の世界はろくでもない場所であると信じさせる必要がある人類を奴隷状態から解放するカギの一つが死後の世界の理解であり一般に使われている意味の死というものは存在しないことを知ることだ降伏

  • 積みと罪

    ストレスとは要するにツミなのだツミとは積まれたもの表に出されずに溜め込まれたもの罪は波動を重くする表現されない感情果たされない約束持っているのに使わない能力全てツミとなって波動を重くする全力で真実を生きる者にツミはない積みと罪

  • 屈折

    放たれた真実の光は人の心で屈折する屈折

カテゴリー一覧
商用