プロフィールPROFILE

にんげん科学研究会さんのプロフィール

住所
久留米市
出身
広島県

時代は「低次物質文明」から「高度精心文明」に移行し、宇宙の法則・ルール通りに生きていく時代に入りました。「絶対的自由」「共生」「進可」を基本とし、それぞれが「自立」して歩き「本当の幸せ」を掴む時代です。ここでは、小笠原慎吾氏の遺された理論をベースに、学校では教えてくれない本当は一番大切なことを書いてみようと思います。

ブログタイトル
もっと暖気に生きてみませんか?
ブログURL
http://ningenkagaku.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
「宇宙のルール」で自分自身や世の中をみてみましょう。きっと幸せに生きるための答えが見つかります。
更新頻度(1年)

363回 / 359日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2015/04/15

にんげん科学研究会さんのプロフィール
読者になる

にんげん科学研究会さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,747サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 0 10 10 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,100サイト
思想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 715サイト
人間・いのち 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 353サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 50,569位 51,671位 51,730位 48,486位 48,519位 48,538位 48,609位 977,747サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 0 10 10 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 575位 594位 597位 564位 562位 561位 571位 13,100サイト
思想 16位 15位 14位 14位 11位 12位 12位 715サイト
人間・いのち 12位 13位 12位 10位 9位 9位 10位 353サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,747サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 10 0 10 10 10 0 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,100サイト
思想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 715サイト
人間・いのち 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 353サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、にんげん科学研究会さんの読者になりませんか?

ハンドル名
にんげん科学研究会さん
ブログタイトル
もっと暖気に生きてみませんか?
更新頻度
363回 / 359日(平均7.1回/週)
読者になる
もっと暖気に生きてみませんか?

にんげん科学研究会さんの新着記事

1件〜30件

  • 「よ~く自然を観てみる・観察してみる」ということ

    毎朝、目が覚めたときの第一声は「さぁ、今日も一日楽しむぞ~」数年前から始まったこの掛け声は、ほぼ毎日欠かすことなくいつの間にか習慣となっており、今では意識しなくても自動的に口から出てくるのですがよ~く考えますと、ほっといても口から出るのですから、これも不思議なこと。そして、時に思うのが「ホント、人間は上手く創られてるなぁ」「不思議な生きものだよなぁ」「人間の設計図は一体だれが何の目的で創ったのかな...

  • 「若さを保つ秘訣」とは「物心両面のバランスを取る。」ということ

    わたしたち人間は誰もが「いつまでも若くありたい!」と考えると思いますが「若さとは何か?」と考えますと、その究極の答えは「死から最も遠い状態」といえるかもしれません。確かに見た目や体力、運動能力などは分かりやすいといえますがお分かりの通り、生物である以上、老いは誰一人例外なく避けることはできませんがもし「寿命まで、若さを保って生きていきたい」とお望みの方がいらっしゃいましたら今回は「年齢とは関係なく...

  • 今日の独り言。

    今日は11月11日。最初にフッと浮かんだのは「11,11,11,11,11」「あ~今日は1が10個連続する、今年の中では1が一番多い日なぁ~」なんてどうでもいいことでしたが次に「そういえば今月も太陽黒点数が先月以上に0が増えそうだなぁ~」「ここ数ヵ月、月初の3日間or2日間だけ黒点数が観測されたけど 今月は今のところ1日の11個だけで、その後はまたまた0の連続だよなぁ~」「11月1日の11個!これも11、1、11かぁ~...

  • 「自分を知る」とは「自分について研究すること」です。

    このブログでは、よく「自分を知る」ということを大テーマ・目的としてこのことに関連する一部分を取り上げ色々書くことが多いのですがそもそも「知る」ということはどういうことなのか?といいますとこの「知る」とは『「知らない」ことに気づくこと』ここでいいますと「自分を知る」とは「自分について、自分の知らないことを知る」ということです。そして普通の「知る」といいますのは、他人に教えてもらうか、調べるか、検索す...

  • 「良い・悪い」という価値観・判断基準。

    ちょっと面白い報道がありましたので書いておきます。『愚かしくも愛すべき人間とは一体「何者」なのか?』 我らの思惟や思索の目的地は、つまるところこの一点に集約される。そんな壮大な問いを前面に掲げ、日夜、研究に励むのが京都大学の霊長類研究所とのこと。そして、ここは国内唯一の霊長類の研究所であり冒頭の、愚かしくも愛すべき人間とは一体「何者」なのか?ということはヒトを含めた各種霊長類を比較研究することで「...

  • 「生命の成り立ちへの誤解」について考えてみる 。

    ご存知の方もおられると思いますが、今月5日「地球が気候変動による危機的状況に直面している。」「もし人類が今のままのやり方を変えなければ計り知れない苦しみを生じさせる。」とする最新の報告書が世界150カ国以上の科学者の連名で、科学誌バイオサイエンスに掲載されました。この調査報告書は過去40年以上にわたる気候変動の詳細かつ重要な兆候を示す様々なデータが調査に取り入れられ、結論をいえば「各国政府が危機への...

  • 「みんな違う現実を生きている。」ということ

    突然ですがわたしたちは日々の生活の中で自分以外の他・他者と縁して(出会って)いますので一生のうちにいろいろな他人と出会います。ですから「出会って別れる。」この繰り返しが人生だといっても良いのではないかと思いますが見方を変えてよくよく考えてみますと「わたしたちは常に自分自身としか出会わない。」といえるのではないでしょうか?もちろんこれは一個人が考えることですので、お考えは人それぞれでしょうが例えば、...

  • 「人生」のほとんどは「思い込み」で創られている。ということ

    少しずつ気温も下がり、早朝は特に寒さを感じますがそんな時、ふと、俗にいう「貧乏揺すりをしている自分」に気づきます。この「貧乏揺すり」。他人がやっていると、やたら気になるもののようですしどうしても落ち着かず、気が散るといわれる方もおられるようです。わたしも子供のころには「やめなさい!行儀の悪い!」と叱られていた記憶がありますが確かに昔から「貧乏人が寒くて震える様子だ」とか江戸時代には「足を揺すると貧...

  • 「足るを知る」=「身の丈を知る」=「満足を知る」ということ

    先月の話になりますが大学入学共通テストの英語で導入される民間検定試験をめぐって我が国の文部科学大臣は、国会の衆議院文部科学委員会で「自分の身の丈に合わせて頑張ってもらえれば」と発言した自身の言葉について「改めてこの場を借りて国民の皆さま、特に受験生の皆さまにお詫び申し上げる」と改めて謝罪した。ということをご存知の方も多いと思います。そして彼は「どのような環境にいる受験生でも、力を最大限発揮できるよ...

  • ほとんどの人間は肉体(物体)の「死」を恐れてしまう。ということ

    中国最初の皇帝である秦の始皇帝が「不老不死」「永遠の命」に執着していた。ということはよく知られた話ですが2002年中国で見つかった大量の木簡の中に、秦の始皇帝が国内各地で不死の薬を探すよう命じた布告や、それに対する地方政府からの返答が含まれているということは、すでに最新の調査で明らかになっているとのこと。もちろん不死を求めた始皇帝の願いは叶わず即位から11年後の紀元前210年49歳で死去しています。今は、ヒ...

  • 「偏った意識・思考が度を超すとバランスが崩れ始める。」ということ

    前回「体調不良や病気を不運だと考えたり、不当だと考えることは治癒の妨げになる。病気を成長のための贈り物だと見なせるようになったとき治癒系のブロックがはずれ治癒が始まる。」と書きましたが体調不良や病気になりにくい人は体調不良や病気を意識していない人であり体調不良や病気の人は体調不良や病気をつくることに相当のエネルギーを振り向けているといえるかもしれません。そして、よく「気が落ちると病気になる」といわ...

  • http://ningenkagaku.blog.fc2.com/blog-entry-1294.html

    早いもので今日から11月。先月は今年のキーワード「災」という字を目にする日が多くありましたがこの「災」という漢字、上の「...

  • 「意識している情報が自然と目に飛び込んでくる。」という事実

    今日で10月も終わり、今年も残すところ2ヶ月。少しずつ気温も下がり、涼しいから寒いと感じるようになっておりますがこの時期あたりから日々の水(水分)摂取量が減っていきますので「水は冷たいから」などといわず「白湯」にしてでもお飲みになられることをおススメいたします。話は変わりますがわたしたちは「普通じゃない」と思ってしまうような悲惨な目にあったり「普通じゃない」思ってしまうような苦難に直面したりした時で...

  • 「起こった出来事に対してどう感じるか?」それは「自分次第」です。

    皆さんも一度は見聞きされたことのある故事成語に「人間万事塞翁が馬(じんかんorにんげんばんじさいおうがうま)」というのがありますが、これは、幸福や不幸は予想のしようのないことの例えです。 この例え話が「淮南子」という中国の古い書物に書かれていますのでちょっと紹介してみますと中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。さらに北には胡という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。ある時、その老人...

  • 「使用頻度を減らす。」「使用する性質を変えてみる。」ということ。

    前回、前々回と「不思議な人間に備わっている性質」を挙げて色々書きましたが「感情」ということだけを取り上げてみましても喜・怒・哀・楽・愛 (いとしみ)・憎 (にくしみ)・欲の7つに分けられていたり悲しみ、幸福、怒り、軽蔑、嫌悪、恐怖、驚き、楽しさ、軽蔑、満足、困惑、興奮、罪の意識功績に基づく自負心、安心、満足感、喜び、罪悪感などなどと色々な言葉を使って表現されています。そして、面白いことに部首が「心」で感...

  • つくづく「人間は不思議な生きものだ」 と思います。PartⅡ

    今回は最初に「日々の太陽活動の変化」について書いておきますと一昨日の時点で222日、これは今年2019年の「太陽黒点数0の日」の数ですがこのまま毎日0の状態でいきますと、これまで1年間に最も黒点がでなかった年だったということになり、2008年の記録(年間268日)は塗り替えられるかも知れないとも思われます。そして、2016年より年を追うごとに弱い太陽活動の日が続く毎日ですがご存知の方もおられますように、太陽活動は地球...

  • つくづく「人間は不思議な生きものだ」 と思います。

    よくよく考えてみますとわたしたち人間の歴史は様々な「争い」を通じて歩んできたといっても過言ではありません。お分かりのように、昔から国内外で領土や利権を巡り、有史以来様々な戦争が繰り返され多くの人が命をおとし自然を好き勝手に破壊してきたといえますし確かに今では戦争は少なくなりましたが、大なり小なり国同士や同じ国の中、団体と団体企業間、もっといいますと、縁する人と人、友人知人・はたまた家族間の中でもい...

  • 今日の独り言。

    皆さんもご存知とは思いますが天真爛漫なキャラクターと語り口から「ひふみん」の愛称で親しまれ2017年の引退後も将棋の解説にとどまらず、各メディアに引っ張りだこの棋士の加藤一二三さんそんな彼が書いた新著『感情の整理術123(ひふみ)』では「怒ったら損だから絶対に怒らない」と決めて、勝負の世界で長年実践してきた「感情の整理術」を披露されておりますので、ちょっと抜粋しておきますと一方がいつも正しいことを主張する...

  • 人の判断は「その人の都合、その人の主観である。」ということ 。

    ご存知の方もおられると思いますがノーベル物理学賞受賞者である朝永振一郎さんは「不思議だと思うこと、これが科学の芽です。よく観察して確かめ、そして考えること これが科学の茎です。そうして最後に謎が解ける、これが科学の花です。」という素敵な言葉を遺されています。そもそも、わたしたちが「不思議に感じる。」といいますのは対象となる現象に自分の理解が追いついていないということでもあるといえますので「不思議に...

  • 「相手を我が意のままにしたい」という厄介な思い。

    「How dare you!(よくもそんなことを!)。」今年9月にニューヨークで開催された国連気候行動サミットでスウェーデン出身の16歳、グレタ・トゥーンベリちゃんが激しい怒りと悲しみの表情を湛え各国の首脳らに今すぐ温暖化対策の行動に出るよう強く訴えたという報道はこのブログでも取り上げましたので、覚えておられると思います。それから少し時間はたちましたが、個人的な興味は「彼女の行動・言動について他者はどう反応したか...

  • 今さらですが・・・・・

    今の人間社会では「自然は人間のためにある」という考えを持っておられる方々もいらっしゃるようでしてそのような方々の思想には「自然環境を自分たちに都合よく変える。」ということがあるようです。そして「人類が排出する二酸化炭素が原因となって地球が温暖化し将来大変なことになる」という「地球温暖化論者」の主張も、あまり信憑性がないともいえ現在の空気の組成は窒素が約80%、酸素が約20%で大部分を占めるのですがご存...

  • 「すべてのものは変化して、止まっていない」ということ

    突然ですが、わたしたちは、大勢の人が信用しているからとただそれだけのことで、すぐそれを信じ、頼ってしまいがちになる場合が多くあります。つまり、わたしたち人間はとかく今まで経験したことや、古くからある考え方そして、ものの見方に捉われやすく、そのために真実というものが掴みにくくなっている。ということです。ですが、このブログはもちろん、本に書かれているとか、伝統があるとか偉い先生の教えであるといいまして...

  • 「ストレス」を完治させる方法とは?

    前回の19号で東日本を中心に浸水被害を受けた被災地の生活再建やインフラ復旧は時間がかかる見通しだといわれている中、またまた二つの台風接近中。「また!?」としかいいようがありませんが一つ目の台風20号は21日月曜日にかけて沖縄や奄美に接近する見込み。また、台風の北上とともに前線の活動が活発になり、今夜は西日本や東日本も広く雨明日火曜日にかけては東日本や東北で再び大雨のおそれがあるとのことですので注意が必要...

  • 「自分を知るには、自分を観察するしかない。」 PartⅡ

    ご存知の通り、ラグビーの日本代表は今日20日東京スタジアムで行われるワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝で2度の優勝を誇る南アフリカと対戦します。サッカー大好き人間のわたしも今回の日本代表戦は欠かさず観ておりましたが今日の対戦相手南アとは過去1勝1敗の五分。2015年の前回大会で34-32と大金星を挙げ今年9月の強化試合では7-41で敗れてはおりますが勝敗はともかく(日本に勝ってほしいのはやま...

  • 「自分を知るには、自分を観察するしかない。」ということ

    最近よく目にする情報の中で現代の高度情報化社会においては、あらゆる情報がネットやメディアに氾濫し多くの個人が「情報に流されて自己を見失う」危機に直面している。ということやデマやフェイクニュースに惑わされずに本質を見極めるためには、どうすればよいのか?などということがいわれていますが、皆さんはどのようにお感じでしょう?「確かに、その通り」と賛同される方もおられるでしょうし「わたしはそんなことはない」...

  • http://ningenkagaku.blog.fc2.com/blog-entry-1278.html

    それでは今日はこの辺で・・・・・ご協力を・・・   さあ、今日も暖気に生きていこう~~~~~...

  • 「人生を生きる意味なんて、みんな違っていい。」ということ

    スケールの大きな今回の台風や地震や火山の噴火に遭うたびに人間の小ささを改めて感じてしまいますが、ちょっと太陽活動を見てみますと太陽黒点数はほぼ毎日0。「あ~、大量の宇宙線が地球に降り注がれてるなぁ」なんて思いますがこのように太陽活動が弱くなりますと、太陽からの磁気の力が弱まるといえます。ご存知の通り、太陽からの磁場や磁気は、地球に到達する様々な宇宙からの放射線や宇宙線から防御していくれている働きが...

  • 特に今は肉体(物体)の管理に意識を向けてみること。

    いくら人間が「人間は優秀である。」「人間がいるから宇宙のことがここまで解明された。」などと人間自賛をしたとしましてもどうあがいても、わたしたち人間は自然の力には太刀打ちできません。自然(宇宙)が創り出すわたしたちの住んでいる地球を今全体的に見ますと「エネルギーのバランスが取れているから、あらゆる生命対が生存できる。」といえますがこれを緯度ごとに見ていきますと低緯度ではエネルギーが過剰なのに対し高緯...

  • 「閉鎖している」ともいえる個々の「自我意識」

    突然ですが、わたしたち人間はどうしても、これまでに刷り込まれてきたものを通して今の基準で世の中を見てしまう。といえると思いますがこれまでの長い歴史をみれば、今が絶対ではないことがよ~く解ります。つまり「歴史を学ぶ」ということは、過去の束縛を手放して未来を切り開いていくということではないかと思うのですがいかがでしょう?さらにこのことは、わたしたち一人一人の生きてきた歴史(過去)も同様で個々に現在から...

カテゴリー一覧
商用