searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

団子三兄弟さんのプロフィール

住所
豊中市
出身
白山市

夢・ロマンを語り、日々成長を目指している。いつの日か宇宙へ行くことが夢。 2005年からの子供達の成長を記録。ガンバ大阪、ツエーゲン金沢をこよなく愛し熱狂応援中。ランニングのサブ4を目指しトレーニング中。

ブログタイトル
成長・夢の部屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yonekids
ブログ紹介文
夢・ロマン・成長を語る部屋。子供達の成長記録。ガンバ大阪、ツエーゲン金沢の熱狂応援。ランニング大好き
更新頻度(1年)

53回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2015/04/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、団子三兄弟さんの読者になりませんか?

ハンドル名
団子三兄弟さん
ブログタイトル
成長・夢の部屋
更新頻度
53回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
成長・夢の部屋

団子三兄弟さんの新着記事

1件〜30件

  • 数字はワンストップが便利

    今日は数字系を振り返ってみる。我輩の場合、数字の管理はEvernoteに一元管理している。①収入→結婚してからの収入を1円単位までかれこれ26年間の記録②費用→銀行のやり取りで収入と費用を管理③その他のお金関連→もろもろの小遣い稼ぎを管理④本ブログのPV数→15年間のPV数を記録⑤ツイッター→ツイート数とフォロワー数を記録⑥ランニング→走った距離と時間を記録今年も残り2ヶ月ちょっとになったこともあり、ここらで今年の年初に掲げた目標を振り返ってみる。https://blog.goo.ne.jp/yonekids/d/20200102◆振り返りその1記録⑤のツイッター今年の年末の目標が、フォロワー数4500人。しかし、現時点で3323人で、達成しようとすると+15.6人/日の増加が必要だが、どう考えても困難。ここの...数字はワンストップが便利

  • アニメ年代別マイベスト

    無益施策として、年代別にマイベストアニメを振り返ってみる。○~10才①ドカベン②ドラえもん③タッチ○10代①はじめの一歩②北斗の拳③めぞん一刻○20代①こちら葛飾区亀有公園派出所②美味しんぼ③金田一少年の事件簿○30代①スラムダンク②名探偵コナン③メジャー○40代①宇宙兄弟②ジャイアントキリング③ハイキュー○50代①宇宙兄弟②ジャイアントキリング③フットボールネイチャーかなり記憶は曖昧だけど、こうやって振り返ってみるとスポーツ系マンガが多いことがわかる。それぞれの時代を反映しているし、最近は子供達が好きなマンガと同じことが面白い。いくつになっても子供のように、マンガを愛していることだろう。《特集1》【ランニングを継続するための仕掛け】(予定)毎週末に15Km以上のランニング。2020年目標:92Km/月(結果)...アニメ年代別マイベスト

  • これまでもこれからも

    連続ツイート方式第778回お届けします。(1)本ブログは2005年10月から始めて丸15年継続し、16年目に突入した。毎週末に考えさせられ、成長するための一助となってきた。15年間に感謝しつつ、これからも夢の実現、ストレス発散ツールとして毎週末に楽しませてもらうこととしよう。ブログは本当に楽しく、おもろいということを発信し続ける。(2)15年前のブログを始めた頃の記事を改めて見てみると、夢の実現と成長に拘ってきた15年間。モチベーションの源泉は何で何を価値として捉えてきたかを振り返ることができるからありがたい。今は15年前と何ら変わっていない。半世紀過ぎても子供の頃と変わっていない童心のままということ。(3)1つだけ言えることとしては、夢を実現したいと思い続けると何でも継続することができるということ。ブログであ...これまでもこれからも

  • 壁がなくなるといい

    連続ツイート方式第777回をお届けします。(1)チーム間の競争、切磋琢磨はお互いの成長につながるが、チーム間や対人面では壁を作ることは避けたい。お互いがのりしろを持って、能動的に自分の守備範囲から少し超えた所まで対応する世界が気持ちいい。そうするとチーム間や人の能力を超えた相乗効果が発揮できる。(2)どうしても自分達の所掌はここまでだから、所掌を超えた部分は他のチームという会話が発生してしまう。人手不足になると尚更そんな会話が増える傾向になる。以前だったら、俺達はここまでやるから、そっちはよろしくね!が普通の会話だったことを思うと急にギスギスした関係になってしまう。(3)北陸はもともと日本の中で規模が小さいチームであり、他のエリアと同じようにしていては、大きいエリアに吸収されてしまう危機感があった。そのため、連...壁がなくなるといい

  • 成長する人と一緒にいないとハゲてしまう

    連続ツイート方式第776回お届けします。(1)人間はいくつになっても成長し続けたいもの。そのためには身近な人から刺激を受けたり、仲間と相互に刺激し合ったりすることが成長する近道。その刺激し合う対象として子供は貴重な存在。子供は日々成長する存在であり、子供と一緒にいると刺激を受けて成長することができる。(2)このブログでは15年前から我輩の子供達の成長記録を残してきたが、三男が今年度に高校生になってからは記録として残さなくなってしまった。接する機会も少なくなり、なんか寂しくなった。以前の投稿記事はいろんな分野でワクワクしながら投稿していたが、幅の広さや思考の多様性がなくなった。(3)子供たちは、何もしなくても身の回りに居てくれて自然と刺激を受けたが、その時期が済んでしまうとなんか正直面白さに欠けるようになった。そ...成長する人と一緒にいないとハゲてしまう

  • 新しい刺激に触れ続ける

    連続ツイート方式第775回お届けします。(1)日常で常に新しい刺激を求めて自ら足を運びたいものだ。5月から月額1000円の西野亮廣エンタメ研究所のオンラインサロンに入会したが、西野さんは毎日サロン会員7万人へ刺激を提供してくれる。もっと早くに入会していたら良かった。日常の業務でも活かすことができるし、ワクワクが止まらない。(2)西野さんは天才だと思いがちだが、圧倒的な努力をしていることはサロンに入会しないとわからなかった。できればマネージャーになる前に今の西野さんのノウハウや情報を知っていればが良かったと悔やまれる。いろんな仲間に嫌な思いをさせて苦労させてしまった。この気付きは未来に必ず活かす。(3)一番活かそうと思うことは、ミスがあった時にヒューマンエラーではなくシステムエラーとして仲間に謝ること。これは過去...新しい刺激に触れ続ける

  • 現場という言葉の魔法

    連続ツイート方式第774回お届けします。(1)事件は会議室ではなく、現場で起きている。問題解決したり、ビジネスで成功するには現場の状況を理解した上で戦略を練って、課題解決する必要がある。現場の状況理解の必要性は誰もが理解しているが、現場という言葉の使い方は上手く使う必要がある。惑わされてはいけない言葉だ。(2)現場の人にとっては、企画戦略を練る人に対して現場の状況を理解していない、の感情をいだきやすい。企画戦略の人にとっては、現場を理解した上で検討しているという思考になっている。両者の目線が異なるから、目線が合うことはない。この状況を打開するためには意識とコミュニケーション。(3)企画戦略の人にとっては現場の声を聞こうとする姿勢と現地に足を運んで肌で感じる、感じようとすることが大切。現場の人にとっては、企画戦略...現場という言葉の魔法

  • 流行りのカスタマサクセス

    連続ツイート方式第773回お届けします。(1)最近、カスタマサクセスという言葉を多く聞くようになったが、新型コロナ影響で更に加速した。これからはオンラインを駆使し、オフラインと融合しつつ、お客様を継続してファンになってもらうような変革を今やらないとお客様に選んでもらえなくなる姿が目に浮かぶ。(2)「カスタマサクセスとは何か(弘子ラザヴィ著)」を読むと、カスタマサクセスの必要性を痛感する。日本はアメリカより2,3年遅れているということも衝撃だが、だからこそGAFAが栄えているし、日本でもコロナ影響を受けていない企業は、それを先駆けて検討して着手しているから成功している。(3)我が会社も最近やたらカスタマサクセスという言葉を頻繁に聞くようになってきた。本を読んで感じたこととしては、いくら器を変えても成功しない。チェ...流行りのカスタマサクセス

  • SNSはマイペースで楽しむ時代に変わってきた

    連続ツイート方式第772回をお届けします。(1)SNSはいろんな流行りがあるが、今はいい感じにゆるーくなってきたからありがたい。以前は有益な情報をギブしなければという風潮があったからしんどかった。しかし、ゆるーくであってもファンになってもらう色合いが強くなってきているから尚更難しくなってきている現実がある。(2)我輩の場合は、とにかくストレス発散ツールとしてマイペースに活用させてもらっているから継続できている。ブログは週末にストレス発散として15年継続。ツイッターは11年前から始め、2年前から毎朝ツイートして現実生活と違う空間でいろんな人との出会いでの刺激、癒やし、励ましを享受している。(3)フォロワー数やPV数を意識するとシンドい時期が来るし、お金を目的とするとストレスが貯まる場合がある。成長するためには目標...SNSはマイペースで楽しむ時代に変わってきた

  • シニア時代を楽しむための複数収入源

    連続ツイート方式第771回お届けします。(1)50歳手前で急に老後が心配になる。退職後を見据えて、退職金以外の複数の収入源の確保の必要性を感じる。現金は価値が下がることが予想されるので、退職金だけでは穏やかに老後を過ごすことができないことは明らか。貯金以外の投資や副業等を早めに手を出すべきだと遅ればせながら痛感する。(2)手っ取り早いのは投資と投資信託と確定拠出年金。投資は昔と違ってAIロボが最適な投資をしてくれるから長い目で見たら便利な時代。投資信託はコツコツを積み立てて、目先の利益よりも将来のリターンを考える。確定拠出年金はちょっと頻繁にウォッチして対応すれば上位に入ることができる。(3)新型コロナ影響でちょっと前まで大幅に下落したが、かなり復活してきた。イメージはコロナ前のピークの半分くらいに回復している...シニア時代を楽しむための複数収入源

  • 差別化が難しくなった時代のちょっとした差

    連続ツイート方式第770回お届けします。(1)会社でも地方でも他との差別化が難しくなった。その理由は、ノウハウや情報が流通するようになったから。まずいラーメン屋がなくなったように、美味しい店の真似をしないと生きていけなくなる。幸いネットには情報やノウハウが溢れて誰もが真似をしやすくなった。みんなにチャンスがある時代。(2)北陸は3県合わせても静岡県と同等であるから、常に危機感を持ち東京へ人を送り込んだり、常に新しいことに取り組む風土があった。だから先行的な仕組み作りにより利益を出したり業績を出すことに拘りを持つ人の比率が多かった。その危機感を先輩方が代々つないできた。(3)もう1つ小さい北陸では成果を出すために組織の壁を超えたつながりを重視してきた。自分のチームのことだけを考えずに全体が成果を出すために連携する...差別化が難しくなった時代のちょっとした差

  • コロナが宇宙ビジネスを刺激する

    連続ツイート方式第769回をお届けします。(1)新型コロナ影響でしばらくロケット打ち上げが抑制されていたが、7月に入って立て続けにロケット打ち上げが続いている。7/20には日本のHⅡAロケットがUAEの火星探査機をの乗せて火星に向けて飛び立った。7/30にはNASAのマーズ2020ローバーが打ち上がった。ついに火星の時代になってきた。(2)5/30にアメリカ民間(スペースX社)の有人ロケットがISSに飛び立ち、2ヶ月経った本日ISSから二人が地球に帰還する。人が再び月に立つことに向けて着実に準備が進んでいる。7月は2日に1度地球から宇宙へロケット打ち上げがあって、宇宙ビジネスがコロナ明けに一気に加速してきた。(3)日本ではホリエモンロケットが先々週と先週末に打ち上げにチャレンジしたがトラブル発生でまだ打ち上がっ...コロナが宇宙ビジネスを刺激する

  • コロナで休日の過ごし方が変わったこと

    連続ツイート方式第768回をお届けします。(1)新型コロナのステイホームで休日の過ごし方が変わった。変わったことの大きな点としては、アマゾンプライムを有効活用するようになったこと。プライムで映画を見放題で見る機会が増え、プライムで電子書籍を読む機会が増え、ステイホームでダラダラと時間を潰すことが少なくなった。(2)もう1つの大きな変化としては、毎週末に尺八の練習をするようになった。学生時代以来に尺八を吹く時間が増えて、アフターコロナでは演奏会に出演しようと思うまでの目標設定が出来た。最新の曲にチャレンジするなど以前は味わえなかったことを味わい、ステイホームの楽しむ幅が広がった。(3)3密を避けた畑作業へほぼ毎週末行くようになり、野菜の成長が楽しみになって子育て感覚になっている。毎週末のランニングと同様に自然と触...コロナで休日の過ごし方が変わったこと

  • そうだ!占いがたまにいい

    連続ツイート方式第767回をお届けします。(1)占いに影響されたくないからこれまでは占いを信じることなく、占いをすることがなかった。ひょんなことに知り合いに占いをやっている人がいて、占ってもらった。信じる信じないは別にして、思考の幅が広がるから、たまに占いをやってもらうと考え方次第で自分の将来のためになる。(2)人間誰もは自分のマイペースで過ごしたいもの。ただし、ゴールに近道しようと思うと第3者目線でアドバイスやコンサルしてもらった方がいい。特に、プロから指摘してもらう方がより効率的。コンサルしてもらわなくても、自分と違う目線で意見をもらうと思考の幅が広がるからありがたい。(3)自分から第3者に指摘をもらおうとするにはちょっとハードルが高い。そんな時には占いをやってもらうとハードルが下がる。占いのプラス面は前向...そうだ!占いがたまにいい

  • 文化や伝統を守り継承する

    (1)金沢は新盆のため7月にお墓参りをする。毎月、ありがたいことにご先祖様のお墓の掃除をさせてもらっているが、お盆の時の掃除は気合が入る。毎日をありがたく過ごすことができているのはご先祖様のおかげで、感謝しかない。ご先祖様にお礼しつつ、コロナや災害が最小限であることを願うばかり。(2)夏は水害や戦争等の人類にとってはありがたくない歴史が多いから、先祖代々続くイベントやしきたりが多い。これだけ災害が続いても、年々薄らいでいることが心配になる。これだけ情報化社会なのに、これまで以上に継承されない傾向であることに警鐘を鳴らし、自分自身ができることを実践する。(3)自分の子供たちに引き継ぐことができていないのは責任を感じるが、田舎はまだ継承する風土があるから何とか引き継いでいきたいものだ。これまでを継続することが全てで...文化や伝統を守り継承する

  • オンラインサロンが新たな街になる

    連続ツイート方式第765回をお届けします。本日はタイムリーなネタでもあり、熊本・鹿児島豪雨水害の被害が最小限であることを願っています。(1)オンラインサロンがリアルな町に置き換わる時代が来る。オンラインでつながっている人がエンタメや物を力を合わせて作ったり、災害時の困った時に助け合うことができる。そのためには、日常的なつながりが大事だし、すぐに動きことができる仕組み作りと取り組むスピードが大事になる。(2)キングコング西野亮廣さんのオンラインサロンに入会しているが、会員数が6.7万人を超えていて今住んでいる町以上に住人が多い。今朝の熊本県豪雨によりサロンメンバも被害にあったが、朝の段階でクラウドファンディングの募金が立ち上がり、昼の段階で2500人が支援しているこのスピード感。(3)サロン内に県人会があるんだけ...オンラインサロンが新たな街になる

  • 100回に1回で十分

    連続ツイート方式第764回お届けします。(1)SNSを毎日やっていると潜在的に承認欲求を求めてしまう。SNSを継続するためには、多くのことを求めずに小さな価値を自分なりに設定しておくといい。最低限の価値設定としては、凹んだり上手く行っていない時に励ましの言葉があって救われることだ。それは100回に1回で十分。贅沢を追求しない。(2)3ヶ月に1回救われるだけでも長い人生の中では大きな支えとなる。凹んだ時に励ましの言葉をかけてもらえる仲間作りが日常で大切になる。大切な仲間作りのためには、ネガティブな発信やかたぐるしい発信をしていると信用残高を減らしてしまう。そんな関係づくりが結構おもろいよね。(3)毎日の情報発信では有益な良いことを発信しなければいけないと思ってしまうが、100日に1回誰かの役に立つことを発信できれ...100回に1回で十分

  • 逆境を他責にするかチャンスと思うかで人生が変わる

    連続ツイート方式第753回をお届けします。(1)人は逆境に身を置かれた時に真価を問われる。自分の目線になると逆境は外れクジを引いたと思うし、第3者目線に立つとこれから改善できる余白をチャンスと捉えることができる。置かれている環境ややることは変わらないとしても、この意識の差は周囲を巻き込む力に差が出てしまう。(2)余裕があればどんな結果になろうと自分の責任だから任せろという発言で周囲を安心させることができる。余裕がなければ自分のことで精一杯になってしまう。以前は逆境の最たる機会としてパワハラ上司がいた。よく鍛えてもらえたが、パワハラ上司のおかげで同僚と一体感を持つことができた。(3)パワハラ禁止により、鍛えられる機会や同僚と一体感を高める機会が減ってしまった。最近の一体感を高める機会としては新型コロナ影響がある。...逆境を他責にするかチャンスと思うかで人生が変わる

  • ホームがあるからチャレンジできる

    連続ツイート方式第761回お届けします。(1)いろんなことがあっち行ったりこっち行ったりの繰り返しになる。チャレンジしたり、攻めることができるのは帰る場所があるからこそ。土台があるからこそ一歩踏み出せる。ホームに戻った時にありがたさを感じる。この新型コロナのステイホームによりホームのありがたさを痛感することができた。(2)例としては3つある。1つは故郷があること。故郷の親や先祖の方が歴史をつないでくれたことに感謝。学生時代の仲間との同窓会や久しぶりに会った時に昔に戻ることができるありがたさ。失敗したり落ち込んだ時に戻る場所があると思うと安心できるし、いざというときにてリセットできる。(3)2つ目はランニング。見知らぬ土地で帰ることを考えずに行ける所まで走ってみようかという衝動にかられることがある。どこまで走れる...ホームがあるからチャレンジできる

  • 一人ひとりに向き合わないとギブできない

    連続ツイート方式第761回をお届けします。(1)SNSのフォロワー数や友達の数、いいねの数は誰もが気になる。フォロワー数が多い人に憧れたり、意識しないつもりでもフォロワー数を多くすることにモチベーションが働く。考え方が変わったのはキンコン西野さんの言葉「フォロワー数は影響力ではなく、ギブできる数」。思考の幅が広がる。(2)影響力を高めようとして影響力だけを高めることはできない。多くの人にギブできれば、結果として影響力が高まる。多くの人に広くギブしようとしても受け取る側がギブしてもらったと価値を認めないとギブにならない。そういう意味では、一人ひとりに向き合って積み重ねるしかない。(3)ギブは与えようとする意識が働くが、必ずしもプッシュだけではない。悩みや課題で困っていることをしっかりと聞く。聞くだけでなく、同じ視...一人ひとりに向き合わないとギブできない

  • おもいきってバーチャルオリンピックにすればいい

    連続ツイート方式第760回をお届けします。(1)新型コロナ影響で東京オリンピックが1年延期となり、2021年に開催されない場合は中止になるという報道がある。もし、中止になりそうな場合は早めにバーチャルでのオリンピック開催を検討したらいい。100年に一度は全世界で奇抜な面白いことをやってみるくらいのユニークさがあるとワクワクする。(2)コロナの影響でことごとくイベントが中止となっている。春に申し込んでいたマラソン大会が2つ中止となったため、ランニングすることのモチベーションが上がらなくなっていた。そんな時にバーチャルの週末ひとりマラソン大会というイベントがあったので、申し込んで参加してみたら4000人が参加。(3)スマホに共通のアプリをインストールして、それぞれで好きな時間に好きな場所をランニングして、年齢毎でラ...おもいきってバーチャルオリンピックにすればいい

  • 文字と音声への原点回帰

    連続ツイート方式第759回をお届けします。(1)最近、動画が着目されている。動画はわかりやすいし、時間に余裕がある時には非常に貴重な情報源だが、動画にちょっと慣れてくると情報のインプットとして使い分けるようになる。行きつくと目から入る情報は文字、耳から入る情報は音声が最適になる。昔の原点に帰ってきた感じだ。(2)情報入手のためには、動画はわかりやすいが効率性では文字に比べると劣る。文字であれば自分のペースでさっと読み飛ばすことが出来るが、動画は再生時間をそのまま費やす必要がある。脳へのインプットは文字の方が頭に残りやすい。書物で歴史が引き継いできているのは、この恩恵を受けている。(3)音声の場合は、何かの作業をしながらでも耳から情報をインプットすることができる。VoicyやAudibleの場合は早回しにより時間...文字と音声への原点回帰

  • ステイホームで経験したノウハウ4選

    今週は連続ツイート方式ではなく、Stayhomeの備忘録。GWはStayhomeでいろいろ試してみた。その経験で得たノウハウは以下のとおり。マイナンバーカード活用は、もっと簡易に申請できるように改善を期待したいし、多くの人がメリットを受けることができるようにしてほしい。<ステイホームノウハウ4選のポイント>・マイナンバーカードがやっと効果がでるようになってきた⇒これまではコンビニでの住民票等交付くらいしか活躍していなかった・将来お得なマイナポイントに備えておくべき⇒総務省HPはわかりにくく不親切。もっと使う人目線の情報アップを期待したい・オンライン同窓会は、やってみると意外といけてるが、事前準備がポイント・オンライン講演会はやり方次第でこれからの主流になる◆その①マイナンバーカードでの特別定額給付金申請○前提・...ステイホームで経験したノウハウ4選

  • たまには環境に甘えてみる

    連続ツイート方式第757回お届けします。(1)通常、環境には甘えてはいけないという雰囲気に包まれているが、たまには思いっきり振ってみて、環境に甘えてみると違う世界が見える。新型コロナのステイホームがまさにその機会。いつもと違うことができたり、やろうと思っていてできていなかったことが気持ち良く行動できるチャンス到来。(2)今年のGWほど、連休前にワクワクしない連休はなかった。しかし、いざ外出自粛となると割り切ってToDoが浮かんでくる。何をやろうかと計画を立てて、その結果を振り返って記録に残すだけで、これまでなかなかできていなかったことができるようになった。新型コロナ影響でそのチャンスがまだ続く。(3)我輩の場合は、やろうと思っていて先延ばししていたメルカリへの出品や、しばらく練習していなかった尺八を毎日練習でき...たまには環境に甘えてみる

  • 仕組み作りに魅かれる

    連続ツイート方式第756回お届けします。(1)将来を見据えて仕組み作りに汗をかいている人を見ると応援したくなるし、人間として魅かれる。目の前の今よりも未来の多くの人がハッピーになるようにお金と時間(考える時間含む)を投資している人は、自分の利己よりも利他を大事にして人を育てることを自然と重要視している。(2)GWに西野亮廣エンタメ研究所に申し込み、1年ぶりにオンラインサロンに参加した。キングコング西野さんのVoicyを半年前から毎朝聞いているが、日本最大のオンラインサロンを運営していて、多くの人が参加する理由がわかってきた。やっぱり利他で仕組み作りに徹しているからだ。(3)新型コロナの時代だから尚更多くの人はその魅力に魅かれる。西野さんに限らずに、リスペクトする人に共通していることは、人の育成に力点を置いている...仕組み作りに魅かれる

  • 成長するものと触れ合う

    連続ツイート方式第755回お届けします。(1)新型コロナのような苦難な時代を過ごすには、とにかく成長するものと触れ合う機会を多く作るといい。前進せずに変わらない日々に目が行くと滅入ってしまう。自分から身を置かなくても触れることがあるが、自分が行動して進歩するものと触れ合うと元気パワーをもらえるし、成長することができる。(2)目に見えて成長を実感できることとして子供の成長がある。成人になるまでは目に見えて1年、数ヶ月での成長を楽しませてもらえる。その他には建築物がある。巨大になればなるほど、長期にわたって建設されるが、数ヶ月の違いではあまり差が感じられなくても年のスパンでは大きな変化となる。(3)身近では北陸新幹線の建設工事。3年前には何もなかったところにコツコツと建設されて点が線でつながって伸びて行く。人間の力...成長するものと触れ合う

  • 手を出す経験がノウハウになる

    連続ツイート方式第744回をお届けします。(1)歳を重ねると老後のお金を考えるようになる。複数の収入源を確保した方が良いから、貯金はあきらめていろんなことにトライしてみた。新型コロナ影響でかなりのマイナスが出たが、長いスパンで考えれば勉強代だと思えば何とか心を穏やかになることができる。この経験は将来必ず活きる。(2)収入源確保としては、①せどり、②SNSで稼ぐ、③積立NISA、④AIロボット投資、⑤会社の確定拠出年金、にチャレンジしてきた。①せどりについては手間がかかりモチベーションが上がらずに断念した。②SNSは現在種まき中だが長いスパンで考えたい。③積立NISAは長期スパンでの稼ぎに期待。(3)④AIロボ投資は、コロナ前までは+10%まで稼いでくれていたが、コロナ影響で-20%まで落ち込んだ。現在何とか-7...手を出す経験がノウハウになる

  • 環境の変化がもたらすもの

    連続ツイート方式第753回お届けします。(1)ブログ投稿して15年経つが、初の誕生日の投稿。非常に環境の変化が激しい時期の誕生日となり、思い出深い1日となった。せめてもの救いは新型コロナ影響と他の災害等と重複していなくて良かった。これが大震災時の避難や豪雨等の避難時や大雪の寒い時期と重なっていないことが不幸中の幸い。(2)3密(密集、密接、密閉)を避けるためには田舎の特権を活かして、いつもの週末以上に一人で屋外に出る機会と時間が増えた。畑作業は通常時期以の時間を費やし、ランニングでストレス発散する。こういう時には一人で気分転換出来る趣味や楽しみがあるとありがたい。(3)仕事は田舎でも一気にテレワークが進み、WEB会議やビデオ会議やビジネスチャットのICT利用が当たり前になった。2年前にオンラインサロンで経験した...環境の変化がもたらすもの

  • 今だからこそ推進させたい

    連続ツイート方式第752回をお届けします。(1)新型コロナの影響は終息する気配がない。人類が思いっきり試されている。一人ひとりがうがい手洗いと3密(密閉、密集、密接)を避けることを徹底するしかない。あとは、こんな時だからこそ仕組みを見直したり、これまでやっていたことを棚卸して改善する方向に導きたい。(2)世の中の流れとしては、在宅勤務とオンライン学習。これは有無を言わずに定着するだろう。あとはこの機会にeスポーツとマイナンバーカードが一気に加速すればいい。まずは、eスポーツ。リアルなプロスポーツがことごとく中断しているからこそeスポーツが広がるチャンスだ。(3)細々とeスポーツの野球やJリーグをやっているが、テレビ放映したりすれば一気に流れが変わると思うし、ゲームに対する世の中の見方が変わる。特に子供の学校が休...今だからこそ推進させたい

  • 相手の目線になろうとする意識が大切

    連続ツイート方式第751回をお届けします。(1)新型コロナの影響で就職活動が数ヶ月前より大変になっている。1ヶ月前ならば採用数が絞られることなく内定できたのかもしれないが、ここ数日、数週間で事情が変わってきている。企業は業績を見据えて、採用数を減らす方向に走ってしまう。これがピンチと思うかチャンスと思うかは考え方次第。(2)我輩が学生の採用面談をやっていた頃を思い出した。学生自体の頑張りや会社に入ってやりたいことをアピールする学生はかなりの人がいた。そこでおーっと思った学生は、自分か会社に入ったら会社にこんなメリット、価値を提供できると明確に自信を持って熱く語る学生。この人間には魅かれた。(3)アドバイスされなくてもこれが地で出来る人間は貴重だ。これは採用活動に限った話ではない。恋愛相手に対して然り、職場や学校...相手の目線になろうとする意識が大切

カテゴリー一覧
商用