NETWORK ENGINEER BLOG
読者になる
住所
出身
ハンドル名
FriendsNowさん
ブログタイトル
NETWORK ENGINEER BLOG
ブログURL
http://friendsnow.hatenablog.com/
ブログ紹介文
ネットワーク(Cisco)、仮想化(VMware)、ストレージ(NetApp)を中心としたインフラ関連の技術メモです。
自由文
-
更新頻度(1年)

17回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2015/04/09

FriendsNowさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 53,836位 圏外 53,944位 54,108位 54,360位 54,222位 54,276位 974,929サイト
INポイント 2 0 0 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 3 0 0 0 0 3/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 237位 圏外 224位 226位 225位 231位 232位 7,806サイト
IT技術メモ 44位 圏外 43位 47位 46位 47位 49位 1,091サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 99,030位 101,374位 101,875位 圏外 圏外 圏外 圏外 974,929サイト
INポイント 2 0 0 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 3 0 0 0 0 3/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 366位 367位 358位 圏外 圏外 圏外 圏外 7,806サイト
IT技術メモ 66位 67位 62位 圏外 圏外 圏外 圏外 1,091サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,929サイト
INポイント 2 0 0 0 0 0 0 2/週
OUTポイント 0 0 3 0 0 0 0 3/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,806サイト
IT技術メモ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,091サイト

FriendsNowさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、FriendsNowさんの読者になりませんか?

ハンドル名
FriendsNowさん
ブログタイトル
NETWORK ENGINEER BLOG
更新頻度
17回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
NETWORK ENGINEER BLOG
  • SQL Server 負荷試験と確認方法について

    SQL Server の CPU 負荷試験のためのクエリと、負荷の確認方法について紹介します。 こちらのサイトを参考にさせて頂きました。 CPU 負荷をかけるクエリと実行方法 SQL Management Studio で「新しいクエリ」をクリックします。 以下のクエリを実行します。 DECLARE @Str varchar(100) WHILE (1=1) BEGIN SET @Str = @@CPU_BUSY END実行例は以下のとおりです。 リソースモニターで "sqlservr.ext" プロセスの CPU 使用率上昇が確認できます。 CPU 負荷をかけるクエリの確認方法 パフォーマン…

  • ONTAP9.4 で各カウンタを取得するコマンド

    コントローラ単位 例)コントローラ単位で、CPU、メモリ、IOPS 関連のカウンタを1秒間隔で取得して表示 > set diagnostic *> statistics show-periodic -object system:node -instance cl-01 -interval 1 -counter cpu_busy|memory|read_ops|write_ops|total_ops|system_ops|read_latency|write_latency|total_latency|instance_name cl: system:node.cl-01: 7/5/2019 2…

  • Data ONTAP 7-Mode を Cluster-Mode へ変換する方法について

    NetApp の DataOntap のモードを、7-Mode から Cluster-Mode に変換する手順です。 ※この手順を使用すると、ディスク上のデータおよび、設定は保持されず、すべてのデータが失われます。1. 「クラスタフェイルオーバー」を無効にして、ノードを再起動し、LOADER プロンプトに移行 > cf disable ...クラスタ構成でない場合不要 > cf status ...クラスタ構成でない場合不要 > halt -f ...クラスタ構成でない場合「-f」は不要2. 環境変数変更 LOADER> set-defaults LOADER> setenv AUTOBOOT…

  • Zabbix 4.2 簡易構築手順

    基本設定 日本語キーボード配列設定 sudo dpkg-reconfigure keyboard-configurationGeneric 105-key (Intl) PC -> Japanese -> Japanese -> The Default for the keyboard layout -> No compose key と選択します。vi 互換モード OFF*1 touch ~/.vimrc vi ~/.vimrc set nocompatibleBackspace の有効化 vi ~/.vimrc set backspace=indent,eol,start ネットワーク設定…

  • Python 3.7.3(for Windows)のインストールについて

    Python のインストール 以下のサイトから、Python のインストーラーをダウンロードします。 https://www.python.org/ Downloads -> Windows -> Python3.7.3 を選択 ダウンロードしたインストーラーを実行し、インストールします。 "Add_Python 3.7 to PATH" を選択して、"Install Now" をクリックします。 コマンドプロンプトを管理者権限で実行し、以下を実行してヘルプが表示されれば OK です。 python -h パッケージのインストール Python では pip というパッケージ管理ツールを使用し…

  • VMware PowerCLI で Horizon 7 環境を制御する

    VMware PowerCLI を使って Horizon 7 環境を制御する手順を紹介します。 VMware PowerCLI 6.5.2 以降では、MSI 形式の提供は廃止され、PowerShell Garallry 経由によるインストールとなったようです。 MSI 形式の提供を廃止した理由は、リリース期間の短縮や、より新機能をタイムリーに提供するためとのこと。 参考: https://kogelog.com/2017/08/29/20170829-03/ https://www.powershellgallery.com/packages/VMware.PowerCLI/11.2.0.12…

  • 仮想ディスクダイジェストの再計算について

    vCenter 上で「仮想ディスクダイジェストの再計算」というタスクが頻繁に発生し、この処理が発生している間、「ホストごとの読み取りIOPS」が高くなるという事象に遭遇しました。 「仮想ディスクダイジェストの再計算」は、View Storage Accelerator の関連処理となります。 View Storage Accelerator とは 仮想マシンのディスクデータをキャッシュする機能 ※ブートストーム発生時*1の IOPS を削減 View は各仮想ディスクファイルの内容にインデックスを付け、ダイジェストファイルに格納 仮想マシン実行時に、ESXi ホストはダイジェストファイルを読み…

  • VM のディスク容量を拡張(CentOS LVM)

    syslog サーバーの /var 領域を拡張する必要があったのでメモです。 仮想ディスクの拡張 事前に仮想マシンの電源はオフにする必要があります。現状60GBとなっています。 本例では160GBに拡張します。 var 領域の拡張 ディスク容量確認 # df -h Filesystem Size Used Avail Use% マウント位置 /dev/mapper/vg1-lv_root 15G 2.0G 12G 15% / tmpfs 1004M 0 1004M 0% /dev/shm /dev/sda1 291M 32M 244M 12% /boot /dev/mapper/vg1-lv_…

  • ONTAP9.4 AutoSupport 設定

    cDot で AutoSupport Mail を送信する設定です。 AUtoSUpport Mail についてはこちらをご参考ください。 AutoSupport の設定例 > system node autosupport modify -node cl-01 -state enable > system node autosupport modify -node cl-01 -mail-hosts 192.168.1.251 > system node autosupport modify -node cl-01 -to xxxxx@gmail.com > system node auto…

  • Postfix から Gmail へリレーする設定

    Gmail の設定 Gmail の設定で安全性の低いアプリを許可します。 Postfix と SASL インストール # yum install -y postfix # yum -y install cyrus-sasl-plain cyrus-sasl-md5 Postfix の設定 # vi /etc/postfix/main.cf myhostname = host.example.com mydomain = example.com myorigin = $mydomain inet_interfaces = all inet_protocols = ipv4 mynetworks …

  • GPO でドライブマップ

    ユーザー GPO により、ログオンしたサーバーでドライブマップを構成することが可能です。 GPO の場所と設定 [ユーザーの構成]-[基本設定]-[Windows の設定]-[ドライブマップ]で、以下のように設定します。 GPO を有効化した後、ログオンするとドライブマップが構成されています。 RDP 接続する場合 ドライブマップを構成したサーバーに RDP で接続すると、ドライブマップが表示されませんでした。 原因調査中ですが、ひとまず以下のポリシーを有効化することで、RDP で接続時にドライブマップが表示されることを確認しました。 [コンピューターの構成]-[管理テンプレート]-[Wind…

  • Horizon 7 RDSH URL コンテンツリダイレクション

    VMware Horizon 7 の新機能である URL コンテンツリダイレクションを試してみました。 VMware Horizon View 7 簡易構築手順の環境を使用しました。 クライアント端末から VDI に接続し、そこから RDSH で仮想ブラウザを使用する前提です。 View Agent のインストール 仮想ブラウザをホストする RDS サーバーに View Agent をインストールします。 リダイレクトを使用する場合は、コマンドプロンプトで以下を実行してインストールします。 VMware-Horizon-Agent-x86_64-7.6.0-9539447.exe /v URL…

  • VMware Horizon View 7 で RDSH 環境を構築

    以前掲載したVMware Horizon View 7 簡易構築手順の環境に追加で実装しました。 RDS サーバーインストール こちらの「RDS サーバーインストールの事前作業」を参考頂ければと思います。 アプリケーションのインストール 仮想化したいアプリケーションを RDS サーバーへインストールします。本例ではインストール済の Internet Explorer を仮想化しますので、省略します。 View Agent のインストール RDS サーバー上で以下のファイルを実行します。 VMware-Horizon-Agent-x86_64-7.6.0-9539447.exeConnectio…

  • Hrizon 7 Administrator で(みつかりません)エラー

    例えば、vCenter サーバーから仮想デスクトップを削除してしまった場合、接続サーバーまたは、View Composer のデーターベース上の不整合が発生し、「デスクトッププール」->「インベントリ」の仮想デスクトップで、以下のエラーとなる場合があります。 メンテナンスモード(みつかりません)この場合、KB2015112に記載されている、"接続サーバ上の ADAM データベースから仮想マシンを削除"を実施することで解決する場合があります。具体的な手順は以下のとおりです。 View Administrator で対象プールのプロビジョニングを無効化 いずれかの接続サーバーに、ドメイン管理者アカ…

  • cDOTで NFS マウントエラー

    久しぶりに触ったら、NFS マウントでハマってしまったのでメモしておきます。まず、以下のエラーでマウントに失敗 # mount -t nfs -v 10.1.1.21:/vol1 /mnt/test mount.nfs: timeout set for Wed Nov 28 08:50:58 2018 mount.nfs: trying text-based options 'vers=4,addr=10.1.1.21,clientaddr=10.1.1.251' mount.nfs: mount(2): Connection refused mount.nfs: trying text-ba…

  • GPO でログオフ時間を記録する方法について

    ドメイン環境化において、ユーザが端末からログオフした時間を、AD サーバーのイベントビューワーへ出力方法についてご紹介します。 ログオフスクリプトの作成 ログオフスクリプトはこちらを参考にさせて頂きました。 “\\AD01”は、スクリプトを配置する DC 名を指定します。 On Error Resume Next ' EVENTLOG_DC_NAME: イベントログを記録させたいDC名をUNCで指定 Const EVENTLOG_DC_NAME = "\\AD01" ' SCRIPT_PRE_MESSAGE: イベントログに書き込むメッセージの最初の文言 Const SCRIPT_PRE_ME…

  • ONTAP9.4 の重複排除効果監視について

    ONTAP Simulator 9.4 を使用したテスト環境の構築と、重複排除効果を監視する方法をご紹介します。 環境構築手順(簡易版) disk 追加~Aggr 作成 storage disk assign -all true -node cl-01 storage aggregate create -aggregate aggr1 -raidtype raid_dp -diskcount 20 -nodes cl -maxraidsize 28※root volume 拡張(オプション) ONTAP Simulator の初期セットアップ後、以下のエラーが出力される場合があります。 CRI…

  • OVF デプロイ時のエラーについて

    VCSA6.7 で OVF テンプレートをデプロイした際、以下のエラーが発生して失敗することがあります。 不明な理由で操作が失敗しました。この問題は、ブラウザが証明書を信頼できない場合に発生します。 自己署名証明書またはカスタム証明書を使用している場合は、下記の URL を新しいブラウザで開いて証明書を受け入れてから、操作を再試行してください。 https://"ESXi の IP アドレス" 対処方法 VCSA にアクセスして「信頼されたルート CA 証明書をダウンロード」をクリックします。 ダウンロードした zip を解凍すると、「.crt」と「.crl」のファイルが展開されますので、それ…

  • IPsec の暗号化アルコリズムについて

    IPsec の暗号アルゴリズムに TDEA を使用しているのを時折みかけますが、TDEA は、平文のデータを取得される脆弱性(sweet32)が確認されており、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)が可能な限り早期に TEDA から AES に切り替えていくことを推奨しています。https://csrc.nist.gov/News/2017/Update-to-Current-Use-and-Deprecation-of-TDEA NIST urges all users of TDEA to migrate to AES as soon as possible.AES は TDEA と比較し…

  • VMware Horizon View 7 簡易構築手順

    VMware Horizon View 7 の大まかな環境構築メモです。 こちらのサイトを参考にさせて頂きました。 前提条件 以下の OS/ソフトウェアバージョンを使用 VMware-VMvisor-Installer-6.7.0-8169922.x86_64 VMware-VCSA-all-6.7.0-9451876 VMware-Horizon-Connection-Server-x86_64-7.6.0-9823717 VMware-viewcomposer-7.6.0-9491669 事前準備として、対象のサーバをドメイン参加しておきます。 VMware View Connection…

  • VCSA6.7 で「503 Service Unavailable」エラー

    VCSA6.7 を再起動した際に以下のエラーが発生して接続できない事象がありました。結論は「自然回復」したのですが、回復まで10~15分程度と、結構時間がかかった(あせった)のでメモしておきます。再起動直後、以下のエラーが発生してアクセスできませんでした。 503 Service Unavailable (Failed to connect to endpoint: [N7Vmacore4Http20NamedPipeServiceSpecE:0x0000562eebf99a50] _serverNamespace = / action = Allow _pipeName =/var/run/…

  • VCSA6.7 インストール

    アプライアンスのデプロイ 任意の OS*1 に iso イメージをマウントして、以下の実行ファイルを実行します。 E:\vcsa-ui-installer\win32\installer.exeインストーラーが起動後、「インストール」をクリックします。 「次へ」をクリックします。 「使用許諾契約書の条項に同意します」にチェックし、「次へ」をクリックします。 「Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server」を選択して、「次へ」をクリックします。 デプロイターゲット情報を入力して、「次へ」をクリックします。 「はい」をクリックします。 仮想…

  • AD の GPO で Chrome を制御する

    グループポリシーでは「管理用テンプレート」を追加することで、設定項目を拡張することが可能です。 今回は、ドメインに参加している端末で、Google Chrome の設定を制御する例をご紹介します。 参考:@IT 管理テンプレートとは グループポリシーの設定項目には、「管理用テンプレート」というカテゴリーが用意されています。 ドメインコントローラーの「C:\Windows\PolicyDefinitions」に管理テンプレートを配置することで、グループポリシーの設定項目の拡張が可能です。 管理テンプレートはアプリケーションベンダーからも提供されており、拡張子.admx ファイルと関連ファイル/フ…

  • Linux の Traceroute について

    Linux の Traceroute では、ポートを指定して、ネットワーク経路上で該当ポートを使用する通信が許可されているかどうかを確認することができます。 Traceroute とは IP パケットの TTL*1を活用し、最初に TTL を 1 に設定して ICMP パケットを送信する。 1番目のルータが受け取った時点で TTL は1減算されるため、ルータは TTL の生存時間が過ぎたことを通知する”ICMP Time Exceeded (TYPE=11)"を自身の情報と共に返す。これを受けて、ホストは TTL を 2 にして送信、2台目のルータの情報を入手。これを繰り返すことで、目的のホス…

  • CentOS 7 の基本設定

    CentOS 7 の設定メモです。 インターフェースの設定 インターフェース名が従来の eth から ens という名前に変わっています。 インターフェースの自動有効化 nmcli c m ens33 connection.autoconnect yesインターフェースの設定確認 nmcli device show ens33インターフェースの IP アドレス設定 nmcli c modify ens33 ipv4.addresses 192.168.1.21/24インターフェースの Default Gateway の設定 nmcli c modify ens33 ipv4.gateway 1…

  • Internet Explorer 11 のプロキシ設定について

    SBC 方式で運用しているシンクライアント環境において、エンドユーザーが使用する Internet Explorer 11にプロキシを設定したいといった要望があり、調査した結果、GPO とレジストリの編集で対応可能な事がわかったので、紹介します。*1 Internet Explorer 11 のプロキシ設定は、グループポリシー(レジストリベース)で配布する事が可能です。 グループポリシーの設定 [ユーザーの構成] -> [基本設定] -> [Windows の設定] -> [レジストリ] 右クリックから[新規作成] -> [レジストリ項目]を押下する。 プロキシサーバーの有効化 以下のレジスト…

  • CentOS6.7 で Squid 構築

    CentOS6.7で Squid を構築した際のメモです。以下のサイトを参考にさせて頂きました。 5分で作る PROXY サーバー Squid 構築 Squid インストール # yum -y install squid設定編集 vi /etc/squid/squid.confコメントアウト # http_access deny all (59行目) # http_port 3128 (62行目)以下を最下行に追加 # ホストネーム"myproxy"を設定 visible_hostname myproxy # ポートを8080に指定 http_port 8080 # 接続を許可する IP"19…

  • エクスプローラーのツリーを非表示にする方法

    SBC 方式で運用しているシンクライアント環境において、エンドユーザーに、エクスプローラーのツリーを見せたなくといった要望があり、調査した結果、GPO とレジストリの編集で対応可能な事がわかったので、紹介します。*1 レジストリを直接編集する際の注意事項 レジストリを直接編集することは、マイクロソフト社は推奨しておりません。 当該レジストリを参照するほかのアプリケーションなどにおいて、意図しない動作が発生する可能性があり、かつ、実際にどのようなアプリケーションでどのような影響が発生するか等、その影響範囲を調査、確認することは非常に困難となるためです。 C ドライブ等の各種ドライブの非表示化 以…

  • Ericom Connect のプリンタリダイレクト機能について

    前提条件 以下の OS/ソフトウェアバージョンを使用 Windows Server 2016 Ericom Connect 8.2 Access Pad を使用 [設定]-[デフォルト]-[詳細設定]-[セッション構成]-[ネイティブクライアントの選択]で「Blaze」を指定 「EricomRDP」の仕様については、以下「EricomRDP の動作仕様」を参照 UPD*1のインストール 以下のサイトから、HP Universal Postscript(PS)Printing Driver をダウンロードし、 RDS サーバにインストールします。インストール方式は「ダイナミック」を選択します。H…

  • ユーザー証明書のエクスポートについて

    Windows 10の Internet Explorer 11において、証明書のエクスポートは、[インターネットオプション]-[コンテンツ]-[証明書]からできますが、PowerShell コマンドを利用して行うことも可能です。 証明書の拇印の取得 現在のユーザーの [個人] の証明書ストアに登録されている、各証明書の一覧を以下のコマンドで取得します。 Get-ChildItem -path Cert:\CurrentUser\My以下、出力例です。 PS C:\Users\tomo> Get-ChildItem -path Cert:\CurrentUser\My PSParentPath…

カテゴリー一覧
商用